世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:アジアニュース

    インドライオン



     『【3月6日 AFP】インド西部の森林にのみ生息する絶滅危惧種のインドライオン(アジアライオン)の生息数が、600頭以上に増加し、危機に歯止めがかかっていることが分かった。

     同国グジャラート(Gujarat)州の州首相が6日、明らかにし、大規模な保護キャンペーンの成果を称賛した。

     かつて西南アジア全体に生息していたインドライオンは現在、同州のギル野生生物保護区(Gir National Park and Sanctuary)にのみ生息。

     狩猟や生息地への人間の進出により数が減少し、2000年には「絶滅危惧種」に分類された。

     だがビジャイ・ルパニ(Vijay Rupani)州首相によると、周辺エリアでは最近の非公式調査で600頭以上を数え、2015年の調査で確認された523頭から増加していたという。

     ルパニ氏は「地元住民の支援もあり、ライオン保護のための私たちの努力が良好な結果を生んだ。グジャラートでのライオンの生息数は現在、600頭に達した」と述べた。

     1960年代後半には、インドライオンの生息数はわずか180頭のみと考えられていた。(c)AFP』


     ライオンと言えば、すぐにアフリカの大地を思い浮かぶ人が多いだろう。

     しかし、地球上にはアフリカだけでなくインドにもライオンが生息している。

     アジアライオンともいわれ、アフリカライオンとは少し違った特徴を持っている。

     インドライオンアフリカライオンに比べ小さめで、オスのたてがみも短い。 生息地も草原ではなく、森や林などで暮らし、狩りも集団ではなく単独で行うとされている。

     かつてはインドだけでなく、イランや中東アジアにも生息していたというアジアライオンだが、今ではインドのグラジャート州など極一部にしか生息していない。

     ただ、野生動物保護の意識が高まった結果、インドライオンの数も少しずつ増えているようである。  昔はベンガルトラとの共存もあったようだけどね。

     野生のライオンと虎が同時に見られる国というのも珍しいよね。
     本当にインド野生動物の宝庫だと思うな。



    ベトナム賭博解禁 

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000012-jij_afp-int


     『【AFP=時事】国民のスポーツ賭博が禁止されてきた社会主義国ベトナムで、こうした規制が緩和されることとなった。背景には闇で活況を呈する賭博市場の存在がある。

     ギャンブル愛好家たちは規制緩和の動きを歓迎している。  

     ベトナム国民は長年にわたってあらゆる賭博行為を禁じられ、国内には外国人限定のカジノが数か所あるだけだった。

     しかし大型スポーツイベントなどの前になれば違法カジノやオンライン賭博などで巨額の賭けが行われており、賭博禁止法はほぼないがしろの状態だった。

     こうしたなかでベトナム共産党は3日、試験的な政策として21歳以上の国民に国際サッカー連盟(FIFA)管轄のサッカー国際試合を対象とした賭博を認める方針を明らかにした。1試合の賭け金は100万ドン(約5000円)以下に制限される。

     このほか競馬やドッグレースでの賭けも認められる。政府は既に前月、国内のカジノなどでの自国民の賭博行為を3月中旬から認めると発表していた。【翻訳編集】 』

     社会主義国ベトナムカジノなど賭博が解禁される。 まあ賭博禁止法があったけど、実際は有名無実化していたという事情もある。

     賭け事で人生の歯車を狂わせたというベトナム人の話も以前記事にしたこともあるけど、時々店番が暇な時は賭けトランプをしている光景も目にするしね。

     闇に隠すと、増々悪質になって被害が増えるという発想もある。 違法扱いだと、何かあっても泣き寝入り。被害が増長される可能性も高いというわけ。

     合法化にして、限度額などを決めてやった方が、実情にあっているとベトナム政府は判断したんだろうね。

     1試合につき約5000円まどというと日本人には大した事ないと思うかもしれないけど、月収が2~5万円という人が多いベトナムではかなりの大金だ。

     しかも、1試合の賭け金だからね。 FIFAのサッカーの試合ワールドカップやヨーロッパチャンピオンズリーグなどだと何試合も興味深い試合が組まれるからね。

     あんまり歯止めにはなっていない気もするけど・・・。

     まあ試験的導入だから、その結果を踏まえてまた政策が変わってくるんだろうね。


     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    北朝鮮の新札

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000132-jij-kr


       『【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院の李丙※(※=王ヘンに其)院長は31日、国会の情報委員会で、北朝鮮で先週、5000ウォン紙幣の新札が発行され、デノミ(通貨呼称単位の変更)や資産没収ではないかと誤解した住民により、一部で買い占めなどの混乱が起こったと明らかにした。出席議員が明らかにした。

      北朝鮮は2009年のデノミで物価の高騰を引き起こし、経済が混乱した。

      李氏の説明などによると、旧札は故金日成主席の肖像が描かれていたが、新札は北朝鮮の名勝地、妙香山などに変更。

      新たに発行される1万ウォン札には、金主席と故金正日総書記が描かれる計画という。』


      北朝鮮で新札の5000ウォン紙幣が発行され、旧札と交換されているらしい。

       今回は新たに1万ウォン札が発行されるみたいだね。
      北朝鮮経済はガタガタのようなんだけど、1万ウォンを作るんだね。

       通常、新札に切り替えるのは偽札防止が主な目的だ。 何年も同じ紙幣を使っていると、偽札が出回る可能性が高くなる。 偽札防止国家防衛の最大項目だからね。

       もし偽札がどんどん出回れば、日本銀行が通貨量をコントロールして経済を刺激することが不可能になる。 何より偽札をつかまされて被害を被ったら、日本政府の信用問題にもなる。

      だから、新札には新たな偽造防止策が幾つか付け加えられることが多い。

      しかし、北朝鮮では事情が違っている。

     北朝鮮の新札発行の目的
    は、地下資産のあぶり出しだと言われている。

     つまり、北朝鮮で富裕層になった人は銀行などに預けず、どこかにお金を隠している。 新しい紙幣に変えることによって、新札しか使えないことにしてしまえば、隠していた資産も交換しなければならず、北朝鮮の経済の実態を把握しやすくなるというものだ。

      国によっては、数字に表れる表の経済と数字に表れない裏の経済が均衡していたりするようだからね。

     こんな事情があるから、新札を発行すると混乱するんだよね、北朝鮮では。

      2009年にデノミ地下資産あぶり出しのため紙幣を変えたが、それで北朝鮮経済は悪化し、貧しい人が何人も亡くなったと言われている。生活に直結してしまうのだ。

      今回も一部で買い占めがあったというが、それだけ見てもいかに北朝鮮国民北朝鮮政府を信用していないかわかるよね。

    カンボジアまんじゅうと国際交流

       http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=718&&country=6&&p=2


       『2014年7月20日、JICAカンボジア事務所が支援する、カンボジアと日本の高校生が開発した「カンボジアまんじゅう」の試食・即売会が、イオンモール・プノンペンで開かれた。

       自治体やNGOなどによる発展途上国での活動を、JICAが支援し共同で実施する「草の根技術協力事業」の一環として実施したもの。

      プレイベン州にある カンボジア日本友好学園の生徒9名と、徳島県立徳島商業高校の3名の生徒たちが協力して開発した「まんじゅう」は、地元のテレビ局にニュースとして大きく 取り上げられた。

      この試食即売会は、本格的な販売に向けてのマーケティング戦略として、一般消費者に、味や大きさ、販売価格についての調査をするもの。

     物珍しさもあっ て、プノンペン市民には好評で、用意した697個(1個1,500リエル・36円、販売487個、試食210個)の蒸し饅頭は、5時間30分ほどで完売。

      開発した高校生たちは、手ごたえを感じたようだ。

     イオンモール・プノンペンは、2014年6月30日にオープンしたカンボジア最大のモール

     スーパー「イオンプノンペン店」と190の専門店。1200 席のフードコートやレストラン、ヘアーサロン、リラクゼーション施設、シネマコンプレックス、スケートリンク、ボーリング場、アフタースクール(ダンス、 料理、英語、キッズジムなど)、テレビ局のスタジオなど。

     プノンペンのランドマーク的な存在だ。』  


      今、東南アジアはどんどん発展していっている。  

      カンボジアと言えば、ポルポト派の大虐殺カンボジア内戦時の地雷問題など悲しい話題が多かったが、今年イオンが進出したみたいだね。

       そして、このイオンモール・プノンペンは、カンボジアの首都プノンペンのランドマーク的な存在になったようだ。  


      そんなイオンモール・プノンペンで、プレイベン州にある カンボジア日本友好学園の生徒9名と、徳島県立徳島商業高校の3名の生徒たちが協力して開発した「まんじゅう」が販売された。

      カンボジアでのマーケティングを兼ねてのことだったが、無事完売したとのこと。

       国際協力というと凄く大きな事のように思う人もいるけど、こんな身近なプロジェクトもあるんだよね。   

      JICAの「草の根技術協力事業」なかなかいいじゃない。  

      日本とカンボジアの高校生が開発した「カンボジアまんじゅう」。  


      物珍しさとメディアが大きく取り上げられた影響もあるだろうけど、これをきっかけに「カンボジアまんじゅう」が有名になり、それに続く商品もできたらいいね。

      例え失敗しても、日本とカンボジアの高校生が協力したと言う経験はそれ以上に大きいと思う。

      日本の高校生カンボジアに興味を持っている人は正直多くないと思う。
      カンボジアを知っていても、自分達の方が技術が上で何か教えてやらないと、と上から目線で思っている高校生もいるんじゃないかな?


       今回の「カンボジアまんじゅう」は、同じ目線で見て考えて、一緒にいい商品を作ろうという気持ちからでしょ。 これって凄く大事なことだと思う。

      商品を開発するには値段や大きさ、味など様々は調査が必要だけど、そのマーケティング以外にも、異文化の人とどうやって協力していくかをたくさん学んだと思う。

       徳島県立徳島商業高校の3名の生徒たちは凄く貴重な体験をしたと思うな。


       日本とカンボジアの友好の未来の担い手候補だよ。 彼らにとって、カンボジアはちょっと特別な国になったはず。

       カンボジアだけに限らず、こういった草の根レベルの協力が身近なアジアから始まって、アフリカ、中南米、ヨーロッパなど世界中に広がっていくといいね。

      こういった草の根レベルの国際協力がどんどん出てきたら、日本の未来はとても明るくなると思うな。

      日本の高校生にとってもかけがえのない体験にきっとなるはず。
     

    台湾猛暑の意外な影響

       http://news.livedoor.com/article/detail/9060576/


       『桃園 19日 中央社)暑い日が続く桃園県では、今年初めから現在まで市民からの通報を受けて行ったヘビの捕獲数が1796件に上っており、1日あたり10匹となっている。

      このうち5月から現在までは1448匹で、1日あたり20匹近いヘビを捕獲していることになる。 同県消防局によると、県内の観音郷、平鎮市、大園郷ではコブラにかみつかれて負傷する人が度々出ており、復興郷でもタイワンアオハブが出没して市民がかみつかれるケースが報告された。

     ただし、いずれも命に別条はない。同県ではシュウダ、ニシキヘビ、コブラなどをよく見かけ、被害に遭うケースが多く、屋外・屋内を問わず生活の安全上、支障が出ているという。

      同局では、もしヘビにかまれたら傷口をきれいな水でよく洗い流し、指輪やブレスレット類を外し、傷口の上部(心臓に近い側)や下部を弾力のある包帯などで縛って細菌感染を避け、毒が体に広がらないようそのまま安静にして救急車を待つよう呼びかけている。』


       さすが熱帯の台湾
      猛暑になると蛇対策が必要になるんだね。

       桃園県では1日あたり20匹の蛇を捕獲しているんだって。 そのヘビというのも毒をもったコブラ等も含むってんだから、危険だよね。

      屋外だけでなく、屋内でも危険なんだってさ。 家の中にコブラが出てきても、なかなか対処しきれないね、一般人では。 台湾の人ヘビの捕獲に慣れているのかな???

      ヘビの被害が多いと、咬まれた時の対策も行き届いている。

      「傷口をきれいな水でよく洗い流し、指輪やブレスレット類を外し、傷口の上部(心臓に近い側)や下部を弾力のある包帯などで縛って細菌感染を避け、毒が体に広がらないようそのまま安静にして救急車を待つ」って使えるよね。

      とにかく毒が体に回らないように、動き回るのは避ける。 毒を吸い出すのもいいけれど、口の中に傷や虫歯などがある時は避けた方がいいね。

      そして毒を薄め、利尿作用を促すために水をたくさん飲むのがいいとされている。


      日本でもマムシやハブなど毒蛇はいるので、これを機に1つの参考にされたらいいんじゃないかな?

       山などでマムシに遭遇って機会も、この時期増えるだろうし。

       田舎に住んでいて、毒蛇対策が今にも必要という方には、こんなのも売っているみたい。

       アメリカ環境庁に認可されているというものらしいです。 興味のある方はチェックしてみて。

    このページのトップヘ