世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:アメリカ

    5Gが世界戦争へ?



      『米中の覇権争いが激しさを増している。

      一時は第二次大戦前と見紛うばかりの報復関税合戦に発展する様相を呈していた米中貿易摩擦は、摩擦解消へ向けた両国の交渉が山場を迎え、早ければ来週にも合意に達する可能性が出てきている。

        しかし、1970年代以降の日米貿易摩擦がそうであったように、これとていつまた再燃してもおかしくない。  安全保障面でも南シナ海などを舞台に両国のつばぜり合いが続いている。

     かと思えば、中国の通信大手ファーウェイの創業者の任正非氏の娘で同社のCFOを務める孟晩舟氏が、アメリカの依頼を受けたカナダ当局によってバンクーバーで逮捕され、これに対して中国が在中のカナダ人を次々と拘束するなど、報復とも思える措置に出たことで、米中間の覇権争いがいよいよ本格化してきたとの印象を持った方も多いだろう。


     いわゆる「帝国」というものがこの世に出現して以来、世界の覇権は圧倒的に軍事力に依拠していた。しかし、21世紀の覇権は意外なところに主戦場が移ってきているようだ。

     それが、次世代通信規格となる5G(第5世代移動通信システム)だ。  

     アメリカは昨年11月の孟晩舟氏の逮捕以前から、政府によるファーウェイの通信機器の利用を制限するなど、警戒感を強めていた。

     その背後に、5G関連の技術開発で世界をリードするファーウェイに基地局を始めとする基幹技術を握られてしまうことが、世界のヘゲモニーに喪失につながる懸念があるのだという。

     これまで1980年代に最初の携帯電話が登場して以来、移動体の通信規格は1Gから4Gへと、概ね10年ごとに次の世代へと進化を遂げてきた。

     当初はアナログで人間同士の通話を可能にするだけだった移動体通信も、2G以降はデータ通信が可能になりドコモのi-modeや携帯メールなどが普及した。

     そして、3Gから写真などより容量の大きなデータのやりとりが可能になったことで、インスタやフェイスブックなどのSNSに写真を投稿するユーザーが一気に増えた。

     かつては光バイバーでした実現できなかった1Mbps以上の通信が提供できるようになった最新の4Gでは、動画の視聴やテレビ電話の利用が可能になり、YouTuberなどを大量に登場させた。

     そして、いよいよ今年、5Gの時代が到来する。

     世代が1Gから5Gへと進化する中で、確かに通信速度は夢のように速くなった。しかし、なぜ突然5Gだけが、これを握った者が世界の覇権を握るというような壮大な話になっているのだろうか。


     「高速大容量」、「超低遅延」、「多数端末接続」の3つの特徴を持つ5GはIoT(Internet of Things=もののインターネット)の柱になると言われ、遠隔で手術が行われるようになったり、自動運転を実現するなど、すべての「モノ」がネットワークでつながれる時代を下支えする技術となることが期待されている。


     しかし、これが覇権の条件となる理由は必ずしも自明ではない。

     アメリカファーウェイにネットワークの基幹技術を握られると、その背後にある中国政府が世界のあらゆる情報を独占するようになってしまうとして、その危険性を喧伝し、同盟国にもファーウェイ製品のボイコットを呼びかけている。

     しかし、それはまさに4Gまでアメリカがやってきたことに他ならないことが、エドワード・スノーデンの内部告発などで明らかになっている。

     今のところアメリカの呼びかけに対して、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの、諜報活動についてUKUSA協定を締結しているいわゆる「ファイブアイズ」のアングロサクソン諸国に加え、日本とドイツがこれにファーウェイ製品の排除に歩調を合わせる姿勢を見ている。

     しかし、低価格で進んだ技術を提供できるファーウェイを排除するということは、より割高なインテルやクアルコムの技術を買わなければならないことを意味しているため、他の国々がアメリカの動きに同調するかどうかは未知数だ。

     元日銀の審議委員で米中の覇権争い問題にも詳しいエコノミストの木内登英氏は、中国はファイブアイズ以外の国々に対して、着実にそのネットワークを拡げており、気がつけば冷戦時代のようなファイブアイズを中心とするアメリカ陣営と、それ以外の中国陣営に世界が2分化される可能性が現実のものとなってきていると指摘する。


     例えば、ファイブアイズ諸国では利用できる携帯電話や家電が、それ以外の国では利用できないなどということが起きても不思議はない状況だというのだ。

     これまでの歴史を見ても、世界の覇権が移行する際に、ある程度の混乱が起きることはやむを得ないことなのかもしれない。

     政治学者グレアム・アリソンは、覇権の移行期には戦争が不可避となる「トゥキディデスの罠」が待ち受けていると言う。

     しかし、そこまでわかっているのであれば、なぜ人間の叡智をもって、不毛な争いを避けることができないのだろうか。

     さて、問題は日本だ。  地政学的に新たな覇権国家となる可能性が高い中国の、ごくごく近隣に位置する日本が、これまでの冷戦時のような発想で無条件でファイブアイズに付いていくことが日本にとって本当に得策なのかどうかは、慎重に考えてみる必要があるだろう。

     日本が2つの陣営の間を取り持つことで、日本にとっても地政学的なメリットがあり、世界にとっても無用な摩擦や不便益を避けることにつながるような、そんな役回りを日本が演じられる可能性はないのだろうか。』

     5G(第5世代移動通信システム)の技術世界覇権のカギを握っていて、戦争まで起こしかねない。  そんなシュミレーションがでてきている。

     実際に戦争に発展する可能性は低いだろうが、米ソ冷戦時代に戻るかのような米中覇権紛争が巻き起こる可能性は高い。

     米中が貿易摩擦で激しく応酬していることを見てもわかる。

     5G技術はIoT(Internet of Things=もののインターネット)の柱になると言われ、遠隔で手術が行われるようになったり、自動運転を実現するなど、すべての「モノ」がネットワークでつながれる時代を下支えする技術となることが期待されているからだ。

     世界のリーダーを自任してきたアメリカは、今世界覇権をもくろむ中国に過敏になっている。

     中国は資本主義の要素を取り入れて急激な発展を遂げたが、実際は共産党一党独裁国家だ。
     表面上は他にも政党があるが、野党の機能は全くない。

     何より中国の政治体制は法律の上に共産党がある状態だ。 アメリカはこれまでケータイ技術で世界をリードしてきていたが、5G技術中国のファーウェイが進んでいると言われている。

     だから、アメリカは焦っている。 これまでアメリカ人が得ていた甘い汁を中国に奪われるから。 いや、5G技術はデータ収集などこれまで以上に簡単になり、ファーウェーに主導権を握られると、バックの中国政府にデータを全部流される危険性がある。

     中国政府李克強首相が否定していたが、西側諸国でそれを真に受ける者はいない。

     なにせ中国企業中国政府のお墨付きがないと、生きていけない社会だから。 実際、資本主義のアメリカだって同じことをやっていたんだよね。

     スノーデン氏がアメリカの裏側を暴露したじゃないか、アメリカの巨大企業が政府の要請によって個人データを流していたって。


     表と裏の顔が違うのは、資本主義も共産主義も関係ない。ただ、共産主義国家の方が簡単にできるというだけの話。

     さて日本だが、どのように対処すればいいのだろう。 5G技術日本企業の名前が挙がらないのが寂しい・・・。

     ファーウェイを拒否すれば、アメリカのインテルなど性能が悪くて割高な技術を買わなくてないけなくなる。


     日本人アメリカは大丈夫だと勝手に妄想している人が多いが、現実にはアメリカ企業個人情報データアメリカ政府に流してきていた事実があり、今後は絶対にないという保証はどこにもない。

     政府関係者はともかく、日本の一般の民間企業はやはり安くて高性能を選ぶんじゃないかな? 

     だって、し烈なビジネス競争社会に生きて、利益を出さなければいけないんだから。
     一番いいのは日本企業ファーウェイに肩を並べるぐらいの5G技術を開発することなんだけどね。

        

    不法移民を支援する人々  

    『【9月2日 AFP】中南米からメキシコ国境を不法に越えて米国を目指す移民

     彼らを支えている女性たちがメキシコ・ベラクルス(Veracruz)州の村コルドバ(Cordoba)にいる。

     「十二使徒」と呼ばれる彼女たちは毎晩、アメリカンドリームを追い求め貨物列車に飛び乗った人々に、水や食料を投げたり手渡したりして彼らの危険な旅を支援している。

     ノルマ・ロメロ(Norma Romero)さんは23年前、コルドバで停車した貨物列車から降りてきた男性たちに助けを請われ、その言葉に中米のアクセントがあったことから、国境を越え米国を目指す人たちが同列車に乗っていることを知った。

     空腹だった彼らにパンと牛乳を渡したその日以来、23年間毎日、ロメロさんと「十二使徒」の仲間たちは、母国における貧困と犯罪組織の抗争を逃れてきた人々を助ける活動を続けている。

     しかし、この活動は一歩間違えれば非常に危険で、手の指3本を失いかけたボランティア女性もいるという。

     貨物列車は「ザ・ビースト(The Beast、野獣)」と呼ばれており、貨車の屋根などに飛び乗った人々は事故で手足を失ったり、死亡したりするほか、犯罪者や時には警察官に襲われることもある。  

     車上で食料を受け取った人々は「メキシコ!」「ありがとう!」と叫びながら、列車と共に夜の闇に消えていく。

     ロメロさんたちは、彼らが旅を続ける支えになれることに喜びを感じつつも、若者たちが母国を出て危険を冒さなければならないことに心を痛めている。

     ロメロさんの自宅は、貨物列車を降り一時的に同村に滞在する人々のシェルターになっている。

     移民に渡す水や食料は、地元商店などからの寄付でまかなっており、滞在者たちが料理や皿洗いを手伝う。

     貨物列車に乗っている全員に食料などが行き渡るわけではないが、ロメロさんは語る。少なくとも彼らは希望を持って旅を続けられると。』


     中南米諸国からメキシコを経由してアメリカ入国を試みる不法滞在者たち。

     でも、メキシコのベラクルスの村にはボランティアで彼らを支援する人達がいるという。

     アメリカへの不法入国はもちろん違法
     それどころか彼らはメキシコ入国自体も違法だから、メキシコ政府にとっても不法滞在者となる。   
     
     今のアメリカのトランプ大統領アメリカ・メキシコの国境に壁を作り、費用をメキシコ持ちにさせると発言するなど、違法入国者に厳しい態度を取っている。

     では、ロメロさん達は、どうしてそんな不法滞在者を支援しているのだろうか。

     記事には書いていないが、そこには複雑な事情がある。

     中米諸国は政情が不安定で、ホンジュラスなどのようにギャングが横行している国もある。
     彼らは親などを早く亡くした少年などを誘拐して、ギャング仲間にしたてあげ、違法行為を繰り返しているのだ。

     ギャング同士の抗争もあり、治安的にも悪いところもある。

     中米の多くの国は貧富の格差が大きく、貧しい者たちは生きていくのが苦しいという現状に置かれている。

     と言っても、政府など当てにならない。ここは日本人の感覚とは大きく違うところだろう。

     正直、いくら言っても取り上げてももらえないどころか、下手をすると迫害を受けるはめになってしまう。

     そんな彼らの夢はアメリカに入国して働くこと。
     アメリカに潜り込めて、働ければその仕送りで家族は裕福な生活が送れる。  

     逆に言えば、家族の生活状況を劇的に変えるにはそれぐらいしかないのかもしれない。

     でも、彼らにとって陸路でアメリカ入国を目指すのは命懸けだ。  
     
     大した旅行資金も持たず出発する。  
     メキシコだって不法入国だから、メキシコの警官や軍に見つかればすぐに国へ送り返される。  

     大体がこの記事の貨物列車などのような劣悪な状況の中に潜り込んでアメリカ国境を目指すのだが、食料や水も満足でない中、体調だって悪化しがち。

     国境まで行っても、アメリカに潜り込めるかどうかは運次第だろう。
     抜け道トンネルなど利用できれば別だろうけど。

     まあ、国を出発する時からアメリカまでの道案内役がいることが多いとは思うけど、彼らにお金を払っても成功するとは限らない賭けの面がある。

     なんとか、念願かなってアメリカに入れたとしても苦労の連続。
     不法滞在者だから、まともな職には就けない。

     アメリカ人が嫌がるいわゆる3Kの仕事しかない。
     それでも彼らはそれに耐えて家族に仕送りをする。  

     そういう事情を知っているからこそ、メキシコのどちらかと言えば貧しい部類の村の人達が支援しているのだろうと思う。  ある意味、彼らに自分達の姿を重ねながら。  

     密入国、不法滞在は法律的にはいけないことだ。

     ただ、法律が自分達の生活や権利を守ってくれない国って、中南米にはけっこうある。
     このままだと、いくら頑張っても夢さえ見られない事実。

     そこに、彼らを単なる犯罪者と切り捨てられない現実がある。


    米朝首脳会談中止の裏側 



    『【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が6月12日に予定されていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止した理由は、北朝鮮側の相次ぐ約束違反だったと米政府高官が24日、明らかにした。


     ホワイトハウス(White House)の高官は匿名で「(北朝鮮側の)度重なる約束違反米国をちゅうちょさせた」と述べた。

     この高官は「トランプ大統領は可能な限り外交交渉を続けていく意向だ」と述べた。

     トランプ大統領金委員長に宛てた会談の中止を伝える書簡の一言一句を口述筆記させたという。  

     高官は北朝鮮側シンガポールで行われる予定だった米国側との準備会合を無断欠席したことに言及し、「信義誠実の深刻な欠如」と指摘した。

    米国側はひたすら待ったが北朝鮮側は姿を現さなかった。北朝鮮側は連絡すらよこさず、われわれに待ちぼうけを食らわせたのだ」  

     ホワイトハウス北朝鮮米韓合同軍事演習に対する抗議と、南北閣僚級会談を突然中止したことも、北朝鮮米朝首脳会談に向けて約束したことの違反とみなしている。

     高官は北朝鮮が核実験場の廃棄への国際監視団の立ち会いを認めなかったことで、さらに信頼が損なわれたと指摘している。

    「(国際監視団を立ち会わせる)約束はほごにされた。代わりに記者団が招待されたが、(核実験場の廃棄が)完了したという科学的証拠は大して得られなかった」

    「(核実験場の廃棄が)事実であれば良いが、真相は分からない」 【翻訳編集】 AFPBB』



     トランプ大統領が、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を行わないと北朝鮮に通告した。

     既に1か月を切ってからのビックリニュースだが、スムーズにいかないだろうということは多くの人が言っていた。

     先ずアメリカのトランプ大統領アメリカ史上でもかなり個性が強い大統領で、西側と歩調を合わせることなどお構いなしの独裁者型大統領

     一方、北朝鮮の金正恩委員長は名実ともに独裁者として君臨している。
     そして、北朝鮮は今までも約束したことを守らないということは度々あった。

     米朝首脳会談トランプ大統領が受け入れて急遽朝鮮半島情勢が激変したが、今度はあっさりと中止を通告。

     北朝鮮の金正恩委員長国際制裁で孤立していたが、平昌オリンピックを契機に南北首脳会談を実現

     その南北首脳会談の前に、独裁者であったのに外交は全くしていなかった金正恩委員長中国の習近平氏に会いに出かけた。

     金正恩氏が世代世襲で北朝鮮トップになってから一度も首脳会談を行わず、中国の意向にそむいて核実験を繰り返す、中国にとっては厄介者になっていた。


     それが習近平氏の要請に応じて金正恩委員長が中国で会談してから、共産兄弟の絆の復活を果たした。

     中国は国連制裁に応じて北朝鮮の貿易に圧力を加えてきたが、独自に緩和したようだ。 中国としては北朝鮮の金王朝が崩壊して、アメリカの影響力がある国と国境を接することになっては一大事。

     習近平氏の内心では金王朝が崩壊しては困るし、そうかといって中国の意向を無視していても困る。それが中朝首脳会談で合意があったのだろう。北朝鮮中国を重視する方向転換をした。


     そして韓国の文大統領と会談した後も、中国へ出向いて習近平氏と再度対談。

     アメリカと中国の関係も貿易問題で微妙だし、中国の意向を大きく受ける形で米朝首脳会談を開こうとしていたようだ。

     それで、急に友好ムードから一転。首脳会談中止をちらつかせながら、アメリカに揺さぶりをかけていたのが、アメリカの逆鱗に触れたのではないかな?


     トランプ大統領にとっても中間選挙への大事なポイントとして米朝首脳会談をとらえていたいう報道もある。

     だから、北朝鮮としては、アメリカはこの歴史的な会談をキャンセルすることはないと踏んでいたのだろう。

     ところがトランプ大統領米朝首脳会談中止を発表して、北朝鮮側は大慌て。
     急いで米朝首脳会談は必要だというメッセージを出した。

     これはアメリカが与えた首脳会談のチャンスを事前準備欠席などで愚弄し、トランプ大統領を手玉に取ろうとした背景があるのだろう。

     
     中国も内心大慌てだろう。 米朝首脳会談で表面上でも成果を出させるために、今や北朝鮮の後ろ盾となった中国との米中貿易問題を棚上げさせざるを得ない状況を作り出し、仲介者としての中国の存在感を出させようとしていたと思われる。

     しかし、米朝首脳会談が中止となれば、そんな中国の仲介者としての存在など吹っ飛んでしまった。 中国としてはかなりの誤算ではないか?


     そして、この米朝首脳会談で仲介役と公言していた韓国

     結局、アメリカ北朝鮮寄りの考えを持つ文大統領を全く重視していなかったことを証明したね。

     これで韓国のメンツは丸潰れである。
     文大統領北朝鮮の金委員長からも当てにならない指導者としてのレッテルを貼られる可能性もある。


     普通の大統領、そうオバマ前大統領であれば国際情勢を鑑みて、首脳会談を受けなかったかもしれないし、受けたなら途中で中止などはしなかったのではないか?


     しかし、トランプ大統領は突然のイラン合意から脱退して西側同盟国からも批判を受けるような「型破りな大統領」だ。

     そのトランプ大統領の性格を中国、韓国、北朝鮮とも見誤ったということではないだろうか?

     北朝鮮との対話の窓口は続けると言っているトランプ大統領

     これは米朝首脳会談を有利に運ぶためのトランプ大統領からの金正恩委員長へのボディーブローなのだろうか?


     トランプ大統領、金正恩委員長ともにクセのある指導者。

     国際情勢もそうだが、かなり個性的な性格も計算に入れないと今後の展開が読めないね。

     今年に入って激動する朝鮮半島情勢

     日本も目が離せないし、きちんと正しい情報を得て、判断していくことが大事だね。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて [ 五味 洋治 ]
    価格:1620円(税込、送料無料) (2018/5/25時点)


    ブログネタ
    海外のニュース・トピックスいろいろ に参加中!
    正直者に福が来る

       http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=7715786&c=world


        『現金やトラベラーズチェック約4万2000ドル(約412万円)の入ったバックパックを米ボストン警察に届け出た50代のホームレス男性の善行に感動し、 「男性の人生を変える」手助けをしようと、寄付する人が全米で相次いでいる。

       18日までに寄付金は2698人から計6万8012ドル(約667万円)に達 した。ロイター通信などが伝えた。(時事通信)』  

      
        このホームレス男性の善行の詳細はこちらの記事。
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130917-35037294-cnn-int


        『(CNN) 米ボストンのショッピングモールで、ホームレスの男性が多額の現金やトラベラーズチェックの入ったバックパックを見つけてそのまま警察に届け出た出来事があり、男性の行動を称賛する声が広がっている。

        バックパックを見つけたのはボストンに住むグレン・ジェームズさん。中には現金2400ドル(約24万円)と3万6500ドル(約362万円)分のトラベラーズチェック、中国のパスポートなどが入っていた。

       ジェームズさんは通りかかった警察を呼びとめ、大金の入ったバックパックがあると説明。警察がショッピングモールの警備員に照会したところ、モール内にある家電量販店で男性客がバックパックの紛失を届け出ていたことが分かった。

        警察でこの客の身元を調べた結果、持ち主であることが確認された。もし見つからなければ大変なことになっていたところだったという。

        ジェームズさんはバックパックを警察に届けた時点で氏名を告げていなかったことから、警察やマスコミが数日がかりで行方を探し、時折利用していた宿泊施設の名を手がかりにジェームズさんを見つけ出した。

        警察は善行をたたえて表彰を予定している。 この経緯についてテレビ局の取材を受けた買い物客は、「今どきそんなことをする人がいるなんて見たことも聞いたこともない」「世の中にはまだ善人がいるんだと思った」と感嘆した様子だった。』



          アメリカではこの善行が、「今どきそんなことをする人がいるなんて見たことも聞いたこともない」など驚きの声として伝えられている。

         日本人ならそこまで思わなかったような気がする。

         以前やっていたテレビ番組によると2011年で警察に届けられた落し物金額は10億円を超えていたからね。それだけ日本はまだまだ世界的にみれば善行を行う人がいっぱいいるという事だ。

         このホームレスの男性は、大金を落としたバックパックを届けた時に名前を告げていなかったらしい。それで警察やマスコミが一生懸命探し出したらしい。

        その結果、ジェームズさんが見つけられたというわけ。 ジェームズさんの善行に感動した人が寄付をし、届けたバックパックに入っていた金額以上のお金になっている。

        落とした中国人はもし見つからなければ、大変な事になっていただろう。
     中国で400万円というと日本人が考えている以上に大金だ。

        想像するに、このホームレス男性、何もない暮らしをして修行僧のような気持ちになっていたのかもしれないな。物欲に執着する心が通常の人に比べほとんどなかったのではないか?

       それが逆にジェームズさんに大金を運んでこようとしている。 なんか人生何が起こるかわからないという見本のような出来事だね。

       欲を捨て正直に善いことを行った結果、更に善いことが起こる。

       ホームレスという社会から蔑まされた存在でも、善行は善行としてきちんと評価するアメリカ社会もなかなかのもんだ。

       常にこんな世の中にしていきたいね。

       精神的にきつい時でも自分がダメだと思わないで精一杯生きていると、どこかで運が向いてくる事をこのニュースは教えてくれているのかもしれないなぁ。

    このページのトップヘ