世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:アメリカびっくりニュース

    キスで新生児死亡

      http://news.livedoor.com/article/detail/13373255/



     『免疫機能が十分に発達していない新生児にとって、外部からのウイルス感染は注意が必要だ。

     このほど米アイオワ州で訪問者により口唇ヘルペスウイルスに感染したとされる赤ちゃんが、髄膜炎を発症し命を落とすという悲劇が起こった。

     両親は「お願いだから新生児にはキスしないで」と訴えている。

     『Fox 5 NY』『CNN』『Mirror』など英米メディアが伝えた。

     可愛いばかりについ頬や口元にキスをしてしまった訪問者によって、新生児がウイルス感染したというニュースはこれまでにも報じられてきたが、そうした軽はずみな行為によって生後18日の新生児の命が奪われるという取り返しのつかない悲劇が米アイオワ州で起こってしまった。

     過去のパートナーとの間にできた3人の子供を持つ母ニコル・シフリットさんは、現在のパートナーのシェーンさんとの間に4人目の子供となるマリアナ・リースちゃんを7月1日に出産した。

     ところがニコルさんとシェーンさんの結婚式が行われた7日、マリアナちゃんの容態が急変した。

     何も口にしなくなり、目を覚まさず呼吸が粗くなった娘を心配した両親は、結婚式を早めに切り上げてデモイン市のブランク子供病院へ連れて行った。

     そこでマリアナちゃんが口唇ヘルペスに感染していることが分かった。

     治療を受けていたものの容態が悪化したマリアナちゃんは10日にアイオワシティ大学病院へとヘリコプターで搬送され、数回にわたる輸血や懸命な治療が試みられたが、生後わずか18日で人生の幕を閉じた。

     ニコルさんは自身のFacebookで数回にわたりマリアナちゃんの様子を更新していたが、18日の朝「娘は父親の腕に抱かれて天使になりました。もう苦しむ必要はありません。サポートしてくれたみなさん、ありがとう」と投稿し、「娘のニュースが拡散して、この世に新しく生まれてくる赤ちゃんたちを守ってくれたら」という願いを綴っている。


     ヘルペスは医学専門サイト『Johns Hopkins Medicine』によると、バクテリア、カビなどあらゆる細菌によって引き起こされ、性行為によっても拡散するが、新生児の場合は出産時に母親から感染することもあるとされる。

     しかしニコルさんとシェーンさんがウイルス感染の検査をしたところ、2人とも陰性だった。

     それゆえにマリアナちゃんは、口唇ヘルペスなどを持つ医療従事者や見舞いに来てくれた人などからキスを通じて感染したのではと疑われている。

     「どのようにしてマリアナが感染したのかを断定することは困難です。でも、生まれたばかりの赤ちゃんに触れる時には十分注意が必要ということをみんなに理解してもらいたい」とニコルさんは話す。


     また、カリフォルニア州カラバサス小児科医院の医師タニア・アルトマンさんは「新生児がウイルスに感染することは一般的であってもそこから髄膜炎を発症するケースは極めて稀です。

     ですが生後2か月までは、ウイルスが体内に素早く広がり深刻な病を引き起こすこともあり得るので、非常に危険です」と述べている。

     
     ニコルさんとシェーンさんは、突然の悲劇に悲しみを堪えながら「どうか、新生児にはむやみやたらに触らないでください。触れたい場合は必ず両親に尋ねてください。新しく親になる人たちへ。どうか我が子を誰にもキスさせないでください」と世間に訴えている。


     現在、ニコルさん一家のために寄付金サイト「GoFundMe」のアカウントが設置され、ニュースを知った人々からはあまりにも早く旅立ってしまったマリアナちゃんの死を悼む声が相次いでいる。』


      新生児は生まれたばかりで免疫力も小さい。

      何気ない訪問者の行為が、新生児にはとんでもない災害をもたらす可能性があるという警笛を鳴らすニュースだった。

      日本人はキスをするという習慣はあまりないけど、海外ではキスやハグは親愛の情を表す手段。

      今回、アメリカで悲劇が起こったのは、訪問者のキスが原因だろうという。
      
      免疫力がない新生児
    をむやみに多くの大人が触らない方がいいということ。 祝福してくれた訪問者で我が子が亡くなると言う悲劇はこれで終わらせないとね。

      日本でも訪問者はないかもしれないけど、お母さんなどは赤ちゃんかわいさのあまり口づけをするかもしれない。

      でも、それは危険かも。 こんな事もあると認識しておくべき事だね。


    米・火事の原因にビックリ!

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00010001-giz-prod



     『けが人がいなくて良かったです。 「世界最大の太陽光発電所」として、2014年にカリフォルニア州に建設された、イヴァンパ太陽光発電所(Ivanpah Solar Electric Generating System)

     先日、その施設内で火事が発生してしまいました。しかもその理由が、自分で自分を燃やした、とのこと。

     アメリカ南西部のモハーヴェ砂漠に、4,000エーカー(約16平方キロメートル)という巨大な敷地を誇るこちらの発電所。

     火災の原因
    は、日光を反射する鏡である「ヘリオスタット」の方向違いで、施設内の塔に光が向けられていたのだそう。 火災は20分程度で消火されたボヤとのことですが、火が出たのは塔の上側3分の2、高さにして地上90m以上ということで、消防士の方々は大変だったようです。

     現在は一部の施設のみが稼働しており、復旧作業に追われているとのこと。

     こちらの発電所は、392メガワット、およそ14万世帯のエネルギーを賄う力を持ち、ガレージの扉ほどの大きさがあるヘリオスタットは、2枚1組で17万3500枚もあります。

     しかしそれでも、ここ数カ月は予定していたほどのエネルギーを生産できなかったため、7月31日までを目処に施設の増強を図っていたそうです。

     今回の火災がそれに関係しているのかは不明ながら、増強どころか減退してしまいましたね…。
     施設の広報担当者は、詳細な原因は調査中としていますが、鏡の角度であることは間違いないとのこと。

     昨年の2月には、ネバダ州にある太陽光発電所が誤って130羽の鳥を焼き殺してしまう、という事件もありました。エコなエネルギーとして注目される太陽光ですが、一歩間違えれば大惨事になることは、肝に命じておかなければいけませんね。)』  


     太陽光発電所の火事の原因は、何とその発電所だった。

     太陽光発電所太陽光パネルを使って電力を作るが、その際に日光を反射する鏡である「ヘリオスタット」の方向違いで、燃やしてしまったんだとか。

     施設内の塔に光が向けられていた反射板が原因で火事かぁ。

     太陽光って自然環境に優しいクリーンエネルギーだけど、使い方をちょっと誤ると、ダメージを負うという事だね。 ぼやで良かったよ。

     クリーンエネルギーだからと言って、街中には設定しずらいねぇ。

     家庭の電力をまかなうぐらいだったらいいけど、規模が大きくなるとそれなりの技術と注意が必要ということだ。反射板の角度をちょっと間違っても大惨事の可能性があるんだから。

     鳥を焼き殺してしまう事もあるということは、飛行機の離陸がある空港付近だと熱射砲のように飛行機を攻撃してしまうことも可能なんだろうか???

     一気に強烈な温度の光を当てられると、精密機器が壊れる可能性は大きいよね。反射板の角度違いで、飛行機墜落なんてシャレにならない。

     そう考えると、イヴァンパ太陽光発電所(Ivanpah Solar Electric Generating System)のように、巨大な砂漠でやるなど場所が限られてくるよね?


    企業広告が歴史的建造物に

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000022-jij_afp-int


     『【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)のイーストリバー(East River)沿いにあるペプシコーラ(Pepsi-Cola)の巨大看板が12日、ニューヨーク市歴史建造物保存委員会(NYC Landmarks Preservation Commission)での25年の議論の末、満場一致で歴史的建造物に認定された。 

     高さ約18メートル、幅約36メートルの赤いネオン看板は1936年、ロング・アイランド・シティ(Long Island City)の工業地域にあったペプシのボトリング工場の屋上に設置された。1993年の冬には暴風雨で損傷を受け、復元された。

     工場は1999年に閉鎖、2001年に売却、解体されたが、看板は保管され、工場近くに1998年に開設されたガントリープラザ州立公園(Gantry Plaza State Park)に移された。【翻訳編集】 AFPBB News』


      アメリカのニューヨークでペプシの看板が、なんと歴史的建造物に認定された。

     かつてペプシの工場があった所に出したペプシの看板
     そのペプシコーラ(Pepsi-Cola)の巨大看板が、ニューヨーク市歴史建造物保存委員会歴史的建造物に認定されたというニュース。

     それにしてもねぇ。 ペプシコーラコカ・コーラと並んで世界的飲料会社だけど、その1企業の広告である看板が歴史的建造物になるとは・・・。

      アメリカ恐るべし

      長い年月が経つと1企業の広告看板でさえ、歴史的建造物になるんだね。

     でも長い年月と言っても、たかが80年ぐらい。
      アメリカならではの決定だろうね。

     アメリカは国自体、新しいから。日本や中国など2000年を超える国から見ると、100年も経っていない1企業の広告看板が歴史的建造物になる事自体、驚きだよね。

     歴史と言う名を使う時点で、最低でも100年以上は経っていると思うのは僕だけ???

     世界には色々な考え方があるけど、満場一致で決定したという事は、ニューヨーカーはよほどペプシコーラの看板に愛着があるようだね。
     

    マヌケの容疑者

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-35076116-cnn-int



      『(CNN) 米オハイオ州で警察に指名手配された容疑者の男が、インターネットに掲載された手配写真が気に入らず、自分で撮った写真を警察に送り付けて差し替えを求める出来事があった。

     その後、この容疑者はフロリダ州で逮捕された。

     ドナルド・ピュー容疑者(45)は飲酒運転で摘発され、裁判所に出頭しなかったことから同州リマの警察に指名手配された。

     警察は同容疑者が器物損壊や放火などの事件に関与した疑いもあるとみており、フェイスブックに同容疑者の顔写真を掲載して一般からの情報提供を呼びかけた。

      ところがピュー容疑者はこの写真が気に入らなかった。

     そこで自撮り写真に「こっちの写真の方がいい。あれはひどい」という一文を添えて送りつけてきたという。 警察は最初の指名手配写真と並べてこの自撮り写真フェイスブックに掲載

     「この写真はピュー氏本人から送られてきた。同氏の協力に感謝する。ただ、リマ警察に来て事件について話をしてくれればもっと助かるのだが」とコメントしている。

      写真は6日に掲載されて以来、2000の「いいね」を獲得し、1500回あまり共有され、400を超すコメントが寄せられた。

     最初に公開された手配写真は11月に逮捕された時のもので、ピュー容疑者は笑顔を見せている。その理由について同容疑者は地元ラジオ局の取材に対し、「見苦しい顔写真は撮らせたくなかったから」と語っていた。

      フロリダ州エスカンビア郡の保安事務所は12日、ピュー容疑者を逮捕したとの情報をフェイスブック上に公開した。

     リマ郡の警察からは保安官事務所に対し、謝辞が送られている。』


      指名手配された容疑者の男のマヌケさに笑ってしまった。

     掲載された手配写真が気に入らず、自分で撮った写真を警察に送り付けて差し替えを求めたのだ。 おいおい。 手配されている人間にとって、現在の顔と顔写真があまり似ていない方がいいに決まっている。

     それを自撮りした写真を警察に送りつけるなんて・・・。

      写真にはどこで撮影したか、いつ撮影したか、どんなカメラで撮影したかなどの情報も入っている。

      けっこうその情報を消さないで、撮ったまますぐにブログやフェイスブック(Facebook)に写真を掲載してしまう人多いよね。

      それって普通の場合は問題ないかもしれないけど、よく知っている人にいっぱい情報を与えている事にもなっているのだ。

     もちろん消す事もできるけど、メールで送るという事はそこから手掛かりに結びつく可能性は高い。

      よほど自意識が高い人間だったんだろう。 でも、ネットのシステムデジカメシステムなどをよく知っていないと、こういうマヌケな事をしてしまうんだろうね。

      捕まるリスクより自分をよく見せる事の方が大事だったんだね。

        

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    アメリカとキューバ歴史的国交再開

       http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150721-00000012-nnn-int

       『国交正常化に向けて交渉を行っているアメリカとキューバは20日、双方の首都で大使館を再開させ、54年ぶりの国交回復が実現した。

      ワシントンのキューバ大使館では、再開を祝う式典が行われた。

      アメリカのケリー国務長官も、初めてワシントンを訪問したキューバのロドリゲス外相と会談し、国交回復を歓迎した。

      ケリー国務長官「歴史的に長く懸案だった一歩を、正しい方向に進み出した」  

      また、ケリー国務長官は、来月14日にキューバの首都ハバナを訪問すると発表した。


      これに対し、ロドリゲス外相は、両国関係の完全な正常化には「経済制裁の解除が不可欠だ」と改めて求めた。

      経済制裁の全面的な解除にはアメリカ議会の同意が必要だが、キューバの人権問題などを理由に野党・共和党を中心に反対は根強く、解除の見通しは立っていない。

      オバマ政権は引き続き、議会への働きかけを強める方針。』


       遂にアメリカとキューバの国交が再開された。

      冷戦時代キューバがソ連寄りの共産国になってからは、政治的にはアメリカと絶縁状態だった。
      キューバ危機
    なんてのもあった。

      東西冷戦
    が終了し、経済的に依存していたソ連ロシアに変わり、キューバは経済悪化に苦しめられてきた。必要な輸入が出来なくなっていたからね。

      キューバの国民性が陽気なだけに何とか続けられているが、日本人のような国民性だったら多くの自殺者が出ていたんではないかと思うくらいだ。

      時代は変わった。 資本主義と共産主義、そのどちらにも属さない第三勢力という構図は大きく様変わりし、中国やベトナムと言った共産国と言っている国も資本主義の原理を活用し、経済を発展させてきた。

       アメリカから経済制裁をされているキューバは支援してくれる同胞国が少なくなり窮地に立たされた。

       時代は変わった。


       キューバを牛耳っていたフィデル・カストロが政治の表舞台から姿を消し、その座を弟のラウル・カストロに移譲した。

       アメリカと国交がないとは言え、距離的に近いキューバでは命懸けでボートでアメリカのマイアミ辺りを目指した。 運良く辿り着いた人達はキューバ系アメリカ人になった。

       キューバアメリカとの国交で一番望むもの。 それは経済解除

      しかし、アメリカはキューバとの国交オバマ大統領主導で成し遂げたとは言え、キューバの経済解除を行うにはアメリカ議会の意向が大きく左右される。 オバマ大統領だけでどうこうできる問題ではない。

       だから、国交回復キューバ国民をぬか喜びさせるだけという報道もある。


       でもアメリカとキューバが国交を再開したということは、それでも大きな影響力がある。

      アメリカにとってはラテンアメリカ諸国(中南米カリブ海諸国)の反米勢力を抑える1つのきっかけになる。 ベネズエラやボリビア、パナマなど反米勢力国もけっこうあって、アメリカが昔から自分の裏庭と思っていた中南米での影響力が大きく低下していた部分もある。

       アメリカにとっては、中南米への影響力を少しは改善できるのではないか?

       キューバ国民にとってもとにかくアメリカと国交が開いたと言うことは、大きいだろう。 アメリカ製品もどんどん入ってくるだろう。今までは第3国経由だった物が直接入ってこれるようになる。


       メジャーリーグも大きな変貌を遂げるだろう。 亡命ではなくてキューバ選手を獲得できるようになるからだ。 キューバで野球は国技のようなもの。

      世界トップクラスの実力がありながら、政治的な問題でアメリカのメジャーリーグでは活躍できなかった

      今シーズンDeNAと契約を結んでおきながら来日しなくて問題になったユキリスを始め、今日本で活躍しているキューバ選手も來シーズンはメジャーリーグに移籍する可能性、高いんじゃないかな?

      キューバ政府も彼らがアメリカで大金を稼いで、キューバ野球界に貢献してくれることを願っていると思う。

      また、ドミニカ共和国でもそうだが、彼らにとって野球はスポーツと言うより貧困から抜け出すゴールデンロード

      ドミニカ共和国にはメジャー球団や日本の広島カープのように選手育成施設(野球アカデミー)があるが、国交再開後順調ならキューバも今後そのようになっていくと思う。

      人材的にはドミニカ共和国を上回るキューバだからね。


      とにかく、経済制裁解除だけに目が行きがちな日本の報道だけど、アメリカとキューバの国交回復の影響は色々な方面で決して小さくはない。

    このページのトップヘ