世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:インドびっくりニュース

    インドライオン



     『【3月6日 AFP】インド西部の森林にのみ生息する絶滅危惧種のインドライオン(アジアライオン)の生息数が、600頭以上に増加し、危機に歯止めがかかっていることが分かった。

     同国グジャラート(Gujarat)州の州首相が6日、明らかにし、大規模な保護キャンペーンの成果を称賛した。

     かつて西南アジア全体に生息していたインドライオンは現在、同州のギル野生生物保護区(Gir National Park and Sanctuary)にのみ生息。

     狩猟や生息地への人間の進出により数が減少し、2000年には「絶滅危惧種」に分類された。

     だがビジャイ・ルパニ(Vijay Rupani)州首相によると、周辺エリアでは最近の非公式調査で600頭以上を数え、2015年の調査で確認された523頭から増加していたという。

     ルパニ氏は「地元住民の支援もあり、ライオン保護のための私たちの努力が良好な結果を生んだ。グジャラートでのライオンの生息数は現在、600頭に達した」と述べた。

     1960年代後半には、インドライオンの生息数はわずか180頭のみと考えられていた。(c)AFP』


     ライオンと言えば、すぐにアフリカの大地を思い浮かぶ人が多いだろう。

     しかし、地球上にはアフリカだけでなくインドにもライオンが生息している。

     アジアライオンともいわれ、アフリカライオンとは少し違った特徴を持っている。

     インドライオンアフリカライオンに比べ小さめで、オスのたてがみも短い。 生息地も草原ではなく、森や林などで暮らし、狩りも集団ではなく単独で行うとされている。

     かつてはインドだけでなく、イランや中東アジアにも生息していたというアジアライオンだが、今ではインドのグラジャート州など極一部にしか生息していない。

     ただ、野生動物保護の意識が高まった結果、インドライオンの数も少しずつ増えているようである。  昔はベンガルトラとの共存もあったようだけどね。

     野生のライオンと虎が同時に見られる国というのも珍しいよね。
     本当にインド野生動物の宝庫だと思うな。



    インドで47人 落雷死

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000026-jij_afp-int


      『【AFP=時事】モンスーンを迎え各地で雨に見舞われているインドで、この2日間で落雷により少なくとも67人が死亡した。災害対策当局が22日、明らかにした。 

      6~10月のモンスーンのインドでは落雷はそれほど珍しいものではなく、今月始めにも南部の沿岸部で落雷の被害が出ていたが、今週に入ってからの被害者は特に多い。

     インドでは落雷による死者は年間数千人に上り、その大半は農作業中の人々だ。 

     インド国家犯罪統計局(National Crime Records Bureau)の最新データによると、2014年の落雷による死者は2500人超だった。【翻訳編集】 AFPBB Newsvcv』


      インドで何とカミナリによる死者67人。たった2日で。

      時々カミナリに打たれて死亡というニュースは耳にするけど、67人って多すぎ。

      まあ、インドの人口から見ると僅かなのかもしれないけど、日本人にはビックリの数字だよ。67人がたった2日でカミナリで死んだんだからね。

      日本だとカミナリで死ぬという事自体、珍しいことなんだけど。

      インドのモンスーン時期では年間数千人がカミナリで死んでいるらしい。それもビックリ!

      死と生が交差するインド

      でもなんかカミナリ対策できるような気がするんだけどな。
      2日で67人ってやっぱり多過ぎでしょ。
     

    解明カミナリの科学 [ 岡野大祐 ]
    価格:1944円(税込、送料無料)


     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
     魔女にされて殺害 インド


         http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000044-jij_afp-int


       『【AFP=時事】インド東部ジャルカンド(Jharkhand)州の村で、魔女の疑いをかけられた女性5人が村人の集団リンチで殺害される事件が起きた。

      警察は27人の身柄を拘束するとともに、5人の殺害を扇動したとみられる女1人の行方を追っている。

      事件があったのは州都ランチ(Ranchi)から30キロ離れた村。

     AFPの電話取材に応じた警察当局者によると、この村では最近子どもたちが相次いで死亡しており、村で医者を自称していた女が被害者の女性5人を名指しして、黒魔術を使ったせいだと非難したのが集団リンチの発端だったという。

      この女は事件後、姿をくらませており、警察では殺人の容疑で行方を追っているという。

     女性5人は7日深夜、魔術によって村に病や不幸をもたらしたと怒る村人らに髪をつかまれるなどして家から引きずり出され、棒や石で殴られたり刃物で切り付けられたりして殺害された。

     女性たちの家族は、「魔女だ、魔女だ」と叫ぶ村人たちを前になすすべもなかったという。

     被害者の1人の娘は日刊紙ヒンドゥスタン・タイムズ(Hindustan Times)に、「母はかつらを愛用していたが、その髪が子どもを犠牲にした黒魔術によるものだと村人は信じたようだ」と話している。【翻訳編集】 AFPBB News』


      インドの村ではこういう残虐な事件が時々起こっている。
       村では村の掟のようなものがあり、インドの司法の権限がきちんと届いていない所も多い。

      今回、インドのジャルカンド州の村魔女だと言われた女性5人が村人に殺害されたのだ。 非常に残酷な事件だ。 何せ家族の目の前で、村人に棒や石で殴り殺されたり、刃物で刺し殺されたりしたんだから。

      殺された女性の遺族達にも家族が殺されたトラウマが残る。村でその後生活していくわけだから、自分もいつか殺されると言う恐怖だってあるかもしれない。

      子供が相次いで死んだと言う事実を、黒魔術を使った魔女がいた為と村人をけしかけた自称医者を殺人罪で死刑にすべきだね。できれば村での公開処刑

     人道的な面から見るといくら犯罪者でもこんな事は許されないのはわかっているけど、インドの村の状況を考えるとそれぐらいしないと、魔女狩りはなくならないとも思う。

     インドやアフリカの国では時々こういう魔女狩りが行われているが、その原因を作った人物がきちんと罪を償ったと言う話はほとんど聞かない。

      何の根拠があって、5人が魔女だと言ったのか? どうして彼女達だったのか?  

     自称医者の女は問題が起こったら行方をくらましている。自分の発言がそういう殺人を引き起こすかもしれないとわかっていたはずだからね。

     インドは広いし、州を変われば住んでいる民族も違うが、都市に出ればそうそう簡単には見つからない。そういう矛盾をいっぱい抱えているのがインド社会だ。

      黒魔術を使ったという濡れ衣を着せられて、家族の前で殺された5人。 そして殺される場面を見ていながらどうする事もできなかった家族。 残された家族のほとんどは今後もこの村で生きていかなければならないだろう。

      加害者と被害者がどんな気持ちで同じ土地で暮らしていくんだろうか? 村の秩序も破壊する一件になる。


      これを根本的に解決するには教育と医療の充実しかない。 黒魔術を使うと言った迷信を信じるのは、体や精神に関する知識も乏しく、何かに責任を転嫁しないとやっていけないという精神状態があるんじゃないかな?

      一番大事なのは医療関係者を育てることだと思う。 今回のように自称医者というような偽者がでてくる背景を少しでも減らしていかないといけない。

      明らかに本当の医者ではない人間の言った事だが、知識がない村人はそれをそのまま信じてしまう。

      もし日本で同じ事が起こったとしても、自称医者女をみんながキチガイ扱いするだけで、誰も魔女だと言われた5人を殺したりはしないだろう。

      病気になって、日本だと大した病気ではないのに、インドの村では命を落とすという事も決して珍しい事ではない。 正しい医者や医療関係者がいれば、きちんと治療でき、その原因も説明でき、黒魔術などと言った事で誤魔化したりするケースは少なくなるだろう。

      インドの村では無医村も多い。そういう所では祈祷師が活躍しているケースが多い。ただ、この祈祷師も今回の自称医者のように黒魔術のせいにするケースがけっこうあるようだ。

      黒魔術は昔、日本でもあったようだけど、体の仕組みや医療知識も人々に浸透してきた結果、病気になって医者や薬ではなく黒魔術に頼る日本人は今ではほとんど皆無と言っていいだろう。


     インド医療の裾野の広がりが、長期的に見れば、こういう村の悲劇を食い止める事になると思うな。

     時間もお金もかかるから即効性はないが、将来を見越してインド政府には教育と共に地道に取り組んでほしいと切に願う。


    インド・公衆トイレでお金をゲット

       http://news.livedoor.com/article/detail/10211331/


      『【AFP=時事】インド西部グジャラート(Gujarat)州の最大都市アーメダバード(Ahmedabad)では、公共の場で排せつ行為に及ぶ人たちが後を絶たないことに頭を悩ませた市当局が、公衆トイレで用を足した市民に現金を払う「秘策」を考え出した。

       アーメダバード市内には300か所の公衆トイレがあるにもかかわらず、屋外で用を足す人が絶えず、市内の広場や塀沿いに小便の湯気が立ち上っていることも しばしばだ。

      そこで市当局は、公衆トイレを利用した市民には1回につき1ルピー(約2円)を支払うことを決めた。まず市内67か所の公衆トイレで試験的に 導入する。

      トイレ前で市の職員が直接、1ルピー硬貨を利用者に手渡すという。』  


       海外ではトイレ使用にお金を払うという国は欧米諸国を始め、けっこうある。
      アジアだって、ベトナムやラオスなどではトイレは有料な所が多い。


      掃除しているおばさんがきれいにしているならまだしも、こんな汚いトイレで金を取るのかよという所もある。   

      ところが、インドのアーメダバードではなんと公衆トイレを利用するとお金がもらえるという。  全く逆だよ。 トイレ使うならお金やるよという発想。  

      これってインド人のマナーの問題。   公衆トイレがあっても、広場の壁などに立ちション
      立ちションをしているのを見られる事にインド人は抵抗がない。  恥ずかしさがない。

      インドではけっこう有名な遺跡でもちょっとした陰になった部屋や壁には排泄物があることも珍しいことではない。    その臭いでせっかくの気分が台無しという事も珍しくない。  

      何の為の公衆トイレかという事になる。  

      という事で、グジャラート(Gujarat)州のアーメダバードではトイレに人々を行かせる秘策としてお金を払うという試みを始めた。

       僅かな金だけど、何回もトイレに行けば食事分ぐらいの金が溜まるかもしれないね。

      ただ、インドの公衆トイレはかなり汚い所も多いけどね。   インド人にマナーを根付かせるのは大変だ。色んな人種が混ざり合って暮らしている国、インド

      駅の地べたで寝ている人、多数。   インドへ行ったことがない日本人には、想像することさえ難しいかもしれない。  

      それにしても驚くべき発想だよね、インド人。   そのトイレ支払いの財源って税金なんだろうけどね。

       ただ、ちょっと気になるのが、トイレ前で市の職員が直接、1ルピー硬貨を利用者に手渡すということ。      
      何人トイレに来たかきちんと統計取っていないと、お金が余っても今日はたくさん来たといって市職員がお金を横領するんじゃないかな?   ちょっとした小遣いになったりして。  

      悪質な奴はもうお金がなくなったとか言って、お金を渡さず、自分の懐へなんてね。  

      ニューデリーなど北部のインドでは駅の受付職員でさえ、お金を誤魔化していたからね。   あれにはビックリした。

      手口は受け取った高額のルピー札をすぐ下に持って行き、別の小額札とすり替え、お金が足りないよとアピールする。  

      おかしいなと思いながらも、インドルピーは幾つか種類があるのでインドのお金に慣れていない外国人観光客は間違ったかなと新たにお金を出す。  

      その差額を自分の収入にするのだ。   

      インド実体験や見聞きした経験から、 アーメダバードのこのシステムがうまく機能するのか、甚だ疑問だけど、そう思うのは僕だけじゃないだろう。  
        

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    インドのスポーツ選手が集団自殺

        http://news.livedoor.com/article/detail/10088554/


        『【新華社】 インド警察当局は7日、「6日、集団トレーニングを行っていた女性スポーツ選手4人が集団自殺を図った。4人のうち、1人は既に死亡し、3人は救命処置中である」と明らかにした。

      これらの選手の親族の話によれば、集団トレーニングの際にはいつも、彼女らは監督やベテラン選手から言葉による侮辱などの虐待を受けていたという。

      事件はインド南部のケーララ州にある政府所属のスポーツトレーニングセンターで起こった。女性選手4人は6日夜、劇毒を含む果物を食べた後、仲間に発見されて病院に搬送された。

     だが、1人は7日午前に死亡した。 インドのスポーツ部門の関係責任者は「これらの女性選手がまだ若く、前途有望だった」と遺憾の意を表し「関係部門と関係者の責任を追究する」と強調した。』


      インドのケララ州で、集団トレーニングを行っていた女性スポーツ選手4人が集団自殺を図ったニュース。

      スポーツ選手が集団で自殺を選択するというショッキングな事件がインドで起きたのだ。

       その理由は、集団トレーニングの際にはいつも、監督やベテラン選手から言葉による侮辱などの虐待を受けていたというもの。 つまり、いじめだね。

       記事には何の競技で何歳ぐらいの選手だったのか書いていないので詳細はわからない。

       日本でも、体育会系のクラブでの体罰や暴力が問題視されているが、この記事では体罰というよりも言葉の暴力だったらしい。

       それにしても・・・。 1人だけでなく4人も同時に死のうと思うなんて、よほど毎日酷い事を言われ続けたんだろうね。


       しかも、監督も含まれていることに驚きだ。

      監督は集団トレーニングの意味がわかっているのだろうか? 監督の仕事はチームなり、個人なりの競技レベルを上げることだ。

      それがベテラン選手と一緒になって罵倒していたとなると、監督という仕事の意味を全く理解していない人間であった。

      時には叱る事も必要だが、選手との信頼関係が築けていなかったのは明白。そもそもその気があったのか?

      いや、人間としてもどうかと思うな。

     
    ただスポーツ選手も死ぬくらいなら、競技を辞めるなりできなかったのかな?
     そんな事も思いつかないくらい年が若かったか、もしくは精神的に参っていたか。

      それにしても、こういう事件は目にしたくないね。

      ただインドの出来事と片付けるのではなく、今一度、日本のいじめの現状にも目を向けてみるべきかもね。

    このページのトップヘ