世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:インドニュース

    インドの人権侵害

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000046-jij_afp-int



     『【AFP=時事】インド北部ウッタラカンド(Uttarakhand)州で、身分制度カーストの最下層ダリット(Dalit)の男性が製粉機を使ったことに腹を立てた教員が、口論の末、ダリットの男性を斬首した。警察当局が7日、述べた。

     インドではダリットの人たちへの攻撃が後を絶たない。

     PTI通信(Press Trust of India)によると、容疑者の教員は、ダリットのソハン・ラムさん(35)が製粉機を使ったことに腹を立て、製粉機を「不浄」にしたと非難したという。

     インドでは「不可触民」という考えが違法化されているものの、今でも一部のヒンズー教徒は、下層カーストの人との接触が不浄をもたらすと信じている。  

     警察本部長のスクビル・シン(Sukhbir Singh)氏はAFPに「ソハン・ラムさんは製粉機を使ったことによりののしられ、それに抗議したところ、鎌で襲われた」と語り、「容疑者を逮捕した」と述べた。  

     インドに深く根付いた社会階層の中で、かつて「不可触民」と呼ばれたダリットは、今も単純労働を担わされていることが多い。

     ダリットの人々は人口の16.6%、約2億人いるが、カーストによる差別が禁止されてから60年が過ぎた今でも迫害は続いている。【翻訳編集】 AFPBB News』

     インドの悲劇的な事件人権侵害の影がいつも見え隠れする。

     今回の事件もカースト制度による、明らかな人権侵害の殺人事件

     一番下の不可触民に属している人達が触った物は不浄のものとなる、と思っているインド人があまりに多い。 ダリットが飲んだ井戸ももう使えないとかと言う話も耳にしたことがある。

     でも、これって生まれた時にそういう階級に親が属していたと言うだけの話。 特にその人個人で何か悪いことをしたとか、人に迷惑をかけたという話ではない。

     だけど、ヒンズー教徒にとってカーストの階級は歴然として残っている。いくらインドの法律で禁止してもね。

     今回も不可触民であるダリットが製粉機を使っただけ。

     もしダリットが持ち主に断りもなく黙って使ったなら悪い部分もあるけど、それでも製粉機を壊したとか、とんでもない迷惑をかけたという話ではないよね。
     それを鎌を持って首をはねるとは、残虐極まりない。

     本来、宗教は人を救うためにあると思うんだけど、全くもって本末転倒だね。

     でも、インドではこれが特殊な事件でないことに心が痛い。

     よその国の文化や習慣、宗教をとやかく言うのは好きじゃないけど、やっぱり人間としてはずれていることは非難すべきだと思う。

     インド内部で変わらないなら、外部からの圧力も必要だと思うな。
     これは人間の尊厳にかかわることだよ。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    インド社会とカ-スト [ 藤井毅 ]
    価格:787円(税込、送料無料) (2016/10/8時点)


    インドで47人 落雷死

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000026-jij_afp-int


      『【AFP=時事】モンスーンを迎え各地で雨に見舞われているインドで、この2日間で落雷により少なくとも67人が死亡した。災害対策当局が22日、明らかにした。 

      6~10月のモンスーンのインドでは落雷はそれほど珍しいものではなく、今月始めにも南部の沿岸部で落雷の被害が出ていたが、今週に入ってからの被害者は特に多い。

     インドでは落雷による死者は年間数千人に上り、その大半は農作業中の人々だ。 

     インド国家犯罪統計局(National Crime Records Bureau)の最新データによると、2014年の落雷による死者は2500人超だった。【翻訳編集】 AFPBB Newsvcv』


      インドで何とカミナリによる死者67人。たった2日で。

      時々カミナリに打たれて死亡というニュースは耳にするけど、67人って多すぎ。

      まあ、インドの人口から見ると僅かなのかもしれないけど、日本人にはビックリの数字だよ。67人がたった2日でカミナリで死んだんだからね。

      日本だとカミナリで死ぬという事自体、珍しいことなんだけど。

      インドのモンスーン時期では年間数千人がカミナリで死んでいるらしい。それもビックリ!

      死と生が交差するインド

      でもなんかカミナリ対策できるような気がするんだけどな。
      2日で67人ってやっぱり多過ぎでしょ。
     

    解明カミナリの科学 [ 岡野大祐 ]
    価格:1944円(税込、送料無料)


     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    インドのスポーツ選手が集団自殺

        http://news.livedoor.com/article/detail/10088554/


        『【新華社】 インド警察当局は7日、「6日、集団トレーニングを行っていた女性スポーツ選手4人が集団自殺を図った。4人のうち、1人は既に死亡し、3人は救命処置中である」と明らかにした。

      これらの選手の親族の話によれば、集団トレーニングの際にはいつも、彼女らは監督やベテラン選手から言葉による侮辱などの虐待を受けていたという。

      事件はインド南部のケーララ州にある政府所属のスポーツトレーニングセンターで起こった。女性選手4人は6日夜、劇毒を含む果物を食べた後、仲間に発見されて病院に搬送された。

     だが、1人は7日午前に死亡した。 インドのスポーツ部門の関係責任者は「これらの女性選手がまだ若く、前途有望だった」と遺憾の意を表し「関係部門と関係者の責任を追究する」と強調した。』


      インドのケララ州で、集団トレーニングを行っていた女性スポーツ選手4人が集団自殺を図ったニュース。

      スポーツ選手が集団で自殺を選択するというショッキングな事件がインドで起きたのだ。

       その理由は、集団トレーニングの際にはいつも、監督やベテラン選手から言葉による侮辱などの虐待を受けていたというもの。 つまり、いじめだね。

       記事には何の競技で何歳ぐらいの選手だったのか書いていないので詳細はわからない。

       日本でも、体育会系のクラブでの体罰や暴力が問題視されているが、この記事では体罰というよりも言葉の暴力だったらしい。

       それにしても・・・。 1人だけでなく4人も同時に死のうと思うなんて、よほど毎日酷い事を言われ続けたんだろうね。


       しかも、監督も含まれていることに驚きだ。

      監督は集団トレーニングの意味がわかっているのだろうか? 監督の仕事はチームなり、個人なりの競技レベルを上げることだ。

      それがベテラン選手と一緒になって罵倒していたとなると、監督という仕事の意味を全く理解していない人間であった。

      時には叱る事も必要だが、選手との信頼関係が築けていなかったのは明白。そもそもその気があったのか?

      いや、人間としてもどうかと思うな。

     
    ただスポーツ選手も死ぬくらいなら、競技を辞めるなりできなかったのかな?
     そんな事も思いつかないくらい年が若かったか、もしくは精神的に参っていたか。

      それにしても、こういう事件は目にしたくないね。

      ただインドの出来事と片付けるのではなく、今一度、日本のいじめの現状にも目を向けてみるべきかもね。

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!
    殺人事件 オウムが証人

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000005-jij_afp-int


     『【AFP=時事】インド北部アグラ(Agra)で起きた殺人事件の容疑者が、被害者が飼っていたオウムの「情報提供」によって逮捕された。被害者の親族が27日、語った。

      オウムの飼い主だった55歳の女性は、今月20日にアグラ市内の自宅で何者かに刺殺され、自宅からは宝石類が盗まれた。

     親族らは、女性のおい(35)が近 くにいたり、誰かがおいの名前を口にしたりするたびに、ヒーラ(ヒンディー語でダイヤモンドの意)と名付けられていたこのオウムが動揺した様子になること から、疑いの念を持つようになった。

     女性の義理の兄弟によると、親族らはオウムの前でさまざまな名前を口にしてみたが、反応はなかった。だが、おいの名前が出ると、オウムは金切り声を上げ、異常な行動を取ったという。  親族らはこの情報を警察に通報。

     おいの手には女性の飼い犬にかまれた痕が確認され、凶器と盗まれた宝石類も発見されたため、おいは共犯者と共に逮捕・訴追された。

     アグラ市警の警視正もインドPTI通信(Press Trust of India)に対し、「容疑者の特定にオウムが大いに貢献した」と認めている。【翻訳編集】 AFPBB News』


     インドのアグラといえば、かの有名なタージマハールがある都市。そのインドのアグラ謎の殺人事件が起きた。宝石類も盗まれた強盗殺人事件だ。

     このアグラの殺人事件を解決した証人が、なんとオウムだった。

     このオウム、殺人場面を見ていたらしく、殺人者のおいの名前を言うと異常な行動を取ったという。それがきっかけでおいに疑いの目が向き、殺人事件が解決したというもの。

     凄いね。

     オウムは人間の言葉を真似できる事はよく知られているが、その発音と意味がきちんと分かっていたという事だよね?

     オウムってかなり賢いんだ。犯人の甥も、まさかオウムに見られている事が犯行を見破られるとは思っていなかっただろう。

     ただ、この甥もマヌケだとは思う。決して、犯人を擁護するつもりはないけど。

     凶器と盗まれた宝石類も発見されたって・・・。 インドできちんと凶器を捨てて処分していれば、先ず見つからないと思うんだけど。

     日本と違って、インドって道路は牛や人、自動車でごったがえし、路上や駅などでも平気で人が寝ている。

     川などに捨てたら、インド人警官は先ず探さないだろう。探すのはほぼ不可能だと思うしね。

     また、日本と違って凶器を誰がどこで買ったかなんて追跡するのもほぼ不可能だろう。もし路上の店などで凶器を買っていれば、よほど怪しくない限り、誰も覚えていないだろう。

     それに奪った宝石もどこかに隠しておいたり、さっさと売ってしまったりするんじゃないだろうか?

     犯行の痕跡を残さない為にもね。 

     殺人まで犯して手に入れたぐらいなら、もう少し計画性があってもいいと思うんだけど。推理小説を読み慣れている日本人からすれば、ある意味、このインド人の犯行常識を覆す犯行だよ。

     犯人が頭がいいとは言えない人間だったのも事実だ。

     インド人の発想日本人とは全く違っているからね。僕の好きな「インドな日々」でもそれは本当によくわかる。
    【送料無料】インドな日々新版 [ 流水りんこ ]

    【送料無料】インドな日々新版 [ 流水りんこ ]
    価格:714円(税5%込、送料込)


     この「インドな日々」って、自分が体験したインド体験から見ても面白いよ。日本人の常識が覆されるから興味がある人は読んでみてね。


      ま、いずれにしても今回の事件解決は、オウムのお手柄。

     同じ鳥を飼うならオウムだね(笑)。

     悪事はどこでばれるかわからない。

     この事件が、インドの馬鹿な凶悪事件の1つの歯止めになってほしいな。  

    このページのトップヘ