世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:オーストラリアびっくりニュース

    全て無料のスーパー出現

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000023-asahi-int  


     『オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。

     賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。

     まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。  

     無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」

     約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

     開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。


     運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」


     スーパーの客には代わりに寄付をお願いしており、開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。

     寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。』


     全てが無料のスーパーが出現!

     まさかそんなスーパーがと目を疑ったけど、支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」が主催していると聞いて納得。

     つまり、慈善団体として活動してきたからの視点だね。
     利益を度外視して、食料となる食べ物を無駄に捨てられている事実に注目。

     客に売れなくて商売にならないけど、ちゃんと食べられる物が世の中にはたくさんある。 日本もレストランなどで廃棄される食べ物はかなりの量になるはずだ。

     その一方で、世の中には貧困に苦しみ、食べ物がなかなか手に入らないという人もいる。

     そういう人達に業者からタダで食料をもらってきて提供。 そして、寄付を募って、そのお金を貧しい人を救済する事にお金を回す。

     いやー、儲け主義とは一線を引いたビジネスかもしれないね。

     純粋にビジネスとは言えないかもしれないけど、1つのモデルになるよね。

     世界初。 注目度もニュース性も抜群だ。

     開店時間は平日の午前10時から午後2時までと短いけど、貧困層にとっては大変助かるよね。

     世界では色々なビジネスが生まれているけど、NGO的視点から世の中を変える試み。 今後も注目だね。


      

    ブログネタ
    今話題のニュース に参加中!
    羊毛で動けなくなった羊

        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00010003-storyfulv-asia

        『オーストラリアの首都キャンベラ近郊で全身が大量の毛に覆われた羊が発見され、羊の命を救うために3日、毛刈りが行われた。

      毛を刈り取ったのは同国毛刈りチャンピオンのイアン・エルキンスさんで、チャンピオンとはいえどもその大量の羊毛に悪戦苦闘したという。

        刈り取り完了までに要した時間は約45分。刈り取った羊毛の総重量は40.5キロだった。

      英国動物虐待防止協会(RSPCA)は羊が5年以上もの長期間、毛を蓄えていたのではないかとみている。    救助された羊は「クリス」と名づけられ保護されたが、発見の経緯などクリスの詳細は不明。

      2004年には隣国ニュージランドで、6年以上も逃走していた羊の「シュレック」が発見され、刈り取られた羊毛の総重量は27キロを記録。これが世界記録になっている。

       非公式ではあるが40.5キロを記録したクリスの羊毛量は桁外れの数字だ。 (オーストラリア、キャンベラ 3日 画像:various/Storyful/アフロ)』


         オーストラリアで見つかった羊が自分自身の羊毛で命が危なくなっていた!
         全身が大量の羊毛で覆われた羊。刈り取った羊毛はなんと40キロ!!!

        40kgと言ったら子供一人分の重さだよ。どうやって今まで生きてきたんだろう。
        まあ、天敵がいないオーストラリアだから良かったけど、それだけ重いと動きが本当に鈍かっただろうね。

         でも逆にそれだけ羊毛に覆われていたら、襲われて噛まれても肉まで届かないかもね。

         2004年に隣国ニュージーランドで、刈り取られた羊毛の総重量が27キロを記録し。これが世界記録となっているようだけど、今回の40キロはそれをはるかにオーバー。 凄いね。

      放っておくと羊の毛って一体どれだけ伸びるんだろう???

      今までクリスが発見されなかったのが本当に不思議だね。

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    オーストラリア騒然、生首騒動

      http://www.xinhuaxia.jp/social/43684


      『ツイッターで掲載されている、オーストラリアの少年シリア人兵士の生首を持っている写真は、全豪を驚かせた。

     トニー・アボット首相も、「驚く」と表明した。

      AFP通信の11日付記事では、「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」に加わったオーストラリア人のKhaled Sharrouf氏は写真をツイッターにアップロードした。

     生首をもって「戦果を誇示している」7歳の少年はSharrouf氏の息子だ。 アボット首相は13日、オランダを訪問してABCに、写真はISISの「野蛮な本質」を見せていると批判した。

     デービッド・ジョンストン国防相は、 写真はオーストラリア政府がより厳しいテロ禁止法を導入する原因を語ったと指摘し、オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」オーストラリア 野党のリーダーであるビル・ショートン氏の話を引用して、全豪が驚愕に堪えないと伝えた。

     ショートン氏は、Sharrouf氏のような危険人物がどうして ビザを取得して出国したか、政府に説明するよう求めている。』  


      衝撃的な写真オーストラリアを騒然とさせている。

      父とシリアに渡った7歳の子供が、シリア兵の生首を持って平然と写真に写っているのだ。   戦果を誇示しているとあるけど・・・。   動物を仕留めた時と同じ感覚だろうか???

      人の生首を見るだけでも普通は怖がったりトラウマになったりする気がするけど、この少年は平然としているようにみえる。

     モザイクがかかっているからはっきりとはわからないが、口元などを見ても怖がって嫌々やっているようには見えない。  

      このオーストラリアの少年がなぜシリアにいるかというと、父親が、「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」に加わったから。

      この人物は3人の息子とシリアへ。 祖父がこの写真を見て涙していたという報道もあるが、家族でなくてもショックだよ。

      きっとオーストラリアにいれば、普通に小学校に行っていた事だろう。 父親が子供の運命を変えてしまった。恐るべき方向へ。

      普通、父親であれば、自分の子供をシリアのような危険な場所に連れて行くか?

      オーストラリア人でありながら、「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」に参加するくらいだから、思想的にかなり危険な人物である事はわかる。

      残念ながら今のシリアでは死体を見る機会も多いのかもしれない。

      が、それにしても7歳の子供が平然としてシリア軍兵士の生首を持てるようになっている精神状態に怖さを感じる。

     アサド大統領が妥協することなくシリアが内戦に陥って約3年。

     シリア内戦の悲劇はどんどん拡大している・・・。 全く関係がないようなオーストラリアの少年シリアに渡り、シリア軍兵士の生首を持って写真に写る。

     シリア軍兵士の家族が見たらどう思うだろう。

     憎しみは憎しみしか生まない。その憎しみが確実に広がっている。 もうこんな写真は見たくないね。

     この少年はこの父の元にいる限り、3,4年後には兵士になってシリア内戦の加害者になる可能性が非常に高い。 後々の人生にも影響してくること間違いなし。

      この写真の子以外にまだ2人息子がいるというから、子供だけでもオーストラリア政府でなんとかならないもんかね・・・。期待薄ではあるけど。

      ヨーロッパでもシリア内戦に参戦する若者がいると言われている。

      直接関係のない国にも影響するのが、今の戦争なんだね・・・。 そしてじわりじわりと奥深くまで浸透していく。

      早くシリア内戦が終わることを祈るだけだ。

    このページのトップヘ