世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:コロンビア

    コカインの原料を生産現場


    『【AFP=時事】貧困と生活必需品不足から逃れるために国を出たベネズエラ移民が、隣国コロンビア麻薬組織のためにコカの葉を収穫する仕事に就く例が増えている。

     コカ農園の労働環境は厳しく過酷で、違法なコカイン生産の一端を担っていることに一抹の不安を抱きながらも、給料の良さにひかれて多くのベネズエラ人が働いている。

     2人の幼い子どもがいるエドゥアルさん(23)は、2年前からコロンビアでコカを収穫する仕事を始めた。故郷への影響を恐れ、AFPの取材には本名ではなく仮名で応じた。


     エドゥアルさんはベネズエラ中部でバイクタクシーの運転手をしていたが、昨年130万%にも達したともいわれるハイパーインフレで貯蓄が目減りしたため、国境に近いコロンビアのカタトゥンボ(Catatumbo)地方にやって来た。

     当初は建設作業員をしていたが、今では中腰になってコカの葉を収穫している。 「一番つらいのは手だ」とエドゥアルさんは語る。

    コカの茂みをつかむと血が出る」と言いながら、布を巻き付けて保護していた水ぶくれだらけの手を見せてくれた。脚の痛みに耐えられなくなると、靴を脱いで、ぼろぼろの靴下にコカの葉をこすりつけるという。

     過酷な仕事だが、1か月144ドル(約1万6000円)を稼ぐ。建設現場で働いていた時の3倍だ。多くのベネズエラ移民と同じように、エドゥアルさんはぎりぎりの生活費を残して、稼ぎはすべて故郷の家族に送る。

     カタトゥンボは天然資源に恵まれているが、武力勢力がのさばり、左翼ゲリラ、麻薬組織、民兵、軍が入り乱れる流血の舞台となってきた。

     そのため働くには危険な場所で、かつてここに来るのはコロンビア人だけだった。

     だが、2016年頃から、ベネズエラ人とコロンビア人で仕事の奪い合いになっている。2017年以降、コロンビアの違法コカ農園の16.5%がカタトゥンボにある。


     同じくベネズエラ移民のナイケジ・デルガド(Naikelly Delgado)さん(36)は2016年、姉妹でコロンビアのパセジ(Pacelli)に来た。

     以前は石油化学業界で働いていたが、パセジでは調理師の仕事を見つけた。だが、もっと稼ぐためにコカ畑で働くようになった。

     デルガドさんは「邪悪なことに手を染めている」ことに罪の意識を感じており、神に許しを乞うていると言う。


    祖国のクーデターを切望  


     家族を恋しく思いながら、肉体的につらい仕事をしているコカ農園の労働者たちの間では、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領に対する軽蔑の念が強まっている。

     彼らは以前は、故ウゴ・チャベス(Hugo Chavez)前大統領の後継者であるマドゥロ氏を支持していたが、今ではマドゥロ氏の退陣を望んでいるという。

     「彼らが私たちの生活を壊さなければ、国を離れることも、家族と離れ離れになることもなかった」「私たちは…クーデターか何かが起こればいいのにと切望している」

      そう語るエンディ・フェルナンデス(Endy Fernandez)さん(36)は、ベネズエラでは乳製品を売ったり、建設現場で働いたりしていたが、2017年に国境を越え、16時間歩いてパセジにたどり着いた。

     人口3200人の小さな町パセジには、2016年以降、約1000人のベネズエラ人が移住している。その大半は地元住民に代わってコカ農園で働いていると、共同体のリーダー、ヘルソン・ビジャミサル(Gerson Villamizar)氏は言う。


     大抵のベネズエラ人はここで働いても家族に仕送りしてしまうため、「(地元)経済は活性化しない」とビジャミサル氏は語った。

     またベネズエラ移民は厳しい法律に従わなければならず、コカ農園で働くにもコロンビア人の推薦状が必要となる。

     これまでに、窃盗、殺人未遂、薬物使用などで国外退去となったベネズエラ人は約100人に上る。

     だが、それでも「この仕事を見つけることができてよかった」とフェルナンデスさんは語る。「他にどうしろと言うんだ?」』  


      世界的に悪名高いコロンビアの麻薬

      コロンビアは昔から左翼ゲリラ、右翼ゲリラ民兵などが入り混じり、コロンビア政府と紛争を演じてきた国。  そして、カリやメデジンで麻薬組織が活発に活動していた。

      一方、ベネズエラは石油が出ることもあり、OPEC(石油輸出国機構)の一員として南米では高所得国家として君臨していた。

      今と違ってベネズエラの方が、コロンビア人の入国に目を光らせていた。
      それが 時代と共に逆転したようだ。

      ベネズエラチャベス大統領時代から反米色を強くし、マドゥロ政権経済は破綻。  

      しかし、多くのベネズエラ人コロンビアに行って、コカインの原料となるコカ栽培に手を出しているのが衝撃的だった。

     記事に出てくるデルガドさんのように、「邪悪なことに手を染めている」ことに罪の意識を感じており、神に許しを乞うていると言う人もいる。  

     これは悪いことだとわかっていても、生活するためには仕方がないという心境なのだろう。

     ベネズエラからコロンビアに来た移民も、ベネズエラ自国にまともな仕事があって生活できれば多くのベネズエラ人がこんな所には来なかったろう。

     政治を誤り、ベネズエラ経済を破綻させたマドゥロ大統領ベネズエラだけでなく、世界中で薬物中毒者を作り出す手助けを間接的に行っているという事だ。

     かつてコロンビアで一部のコロンビア人から各ゲリラが支持されていた理由は、お金をもたらしてくれるからだった。

     特に地方の貧困層には、コロンビア政府は何もしてくれなかった。誰も自分達の生活に目を向けてくれなかった。 そんな所にゲリラが入り込み、コカ栽培コカイン精製などの仕事をやらせた。

     貧困層の生活は良くなった。 他の作物より現金が多くもらえるコカを農民達も作っていったのは当然の帰結だった。

     コロンビアのコカイン精製にはそんな経緯がある。


     今、コロンビア人からベネズエラ人にそれが変わっていっているが、負の構造は同じだろう。

     逆にベネズエラ人だと厳しい法律に従わなければならず、コカ農園で働くにもコロンビア人の推薦状が必要となるということだから、コロンビア人以上に搾取されている可能性は高い。

     1か月に1万5千円にも満たない仕事が、ベネズエラ人にとっては良い仕事になって、その結果、人間をダメにするコカイン作りを手助けし、悪の麻薬組織だけ金儲けしている現実をしっかりと認識しなければならない。

     一国の経済破綻は、麻薬組織にとっては絶好のターゲットとなることをね。


       

    コロンビア元ゲリラ兵士の再就職先



     『[ミラバジェ(コロンビア) 12日 ロイター] - 南米コロンビアで、かつて左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」に所属していた元兵士ら9人が、現在はアマゾンのジャングルで観光客を相手にラフティングのガイドをしている。

     コロンビア政府とFARCは50年以上にわたる内戦の終結に向けた和平合意を2016年に締結。

     合意の一環として、元戦闘員など1万3000人近くが社会復帰プロセスに参加している。

     FARCに13年所属し、現在はラフティングのガイドを務める男性(34)は「内戦中はこの地域には銃弾や爆弾が常にあったが、今では大きく変化した。たくさんの人が滝や山、川を目指してやって来る」と語った。

     この男性と他の元戦闘員8人は、200時間のガイド研修を受け、国際ラフティング連盟のガイド認定を取得した。


     国連コロンビアミッションの幹部は元ゲリラの社会復帰について、「こうした取り組みの支援を続ける必要がある」と述べた。

     またコロンビアのドゥケ大統領は、観光業が経済の新たなけん引役になる可能性があるとの見解を示している。』


      かつてのコロンビアは危険な国として南米でも有名だった。

      左翼ゲリラ、右翼ゲリラ、コロンビア政府軍など色々な勢力が入り混じって内戦を繰り広げてきた。

      ゲリラはメデジン・カルテルなど麻薬組織とも繋がっていて、問題は複雑だった。

      最近は右翼左翼とも政府との停戦に合意するようになってきて、少しは落ち着いてきた。

      反政府勢力の中で左翼のコロンビア革命軍(FARC)と名をはせた組織がある。
      コロンビア政府との和平合意を経たのちのそのFARCの元ゲリラ兵士の再就職先をニュースにしている。

      再就職というか、コロンビア社会への復帰というか。 それがなんとラフティングガイドを言うからビックリ!

      かつてコロンビアゲリラと言えば、外国人などを誘拐して身代金を取るなどのイメージがあったが、今や観光客相手に仕事をしているというんだから。

      変われば変わるもんだね。 時代の変化は恐ろしいくらいだ。

      でもゲリラ兵であれば、アウトドアスポーツなどはある意味、お手の物だろう。


      観光は日本でも注目されている通り、経済効果が高い。
      こういうゲリラ兵コロンビア社会に絶望して、再び銃を持たないように支援する必要性はあるね。


      結局、更生したくてもコロンビア社会で受け入れられず、再び反政府活動をしたり、犯罪に手を染めたのでは意味がない。

      まだ完全にコロンビアからゲリラがいなくなったわけではないのだから。
      社会復帰を支援することは、直に自分達の安全にもかかわってくることだよ。



    日本の勝利はアジアの歴史を変えた

        https://the-ans.jp/news/26913/  


    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアに2-1で勝利した。

     2010年の南アフリカ大会で敗れていた相手に雪辱し、2大会ぶりの白星を挙げた。

     この勝利はアジア勢にとっても悲願だった。

     英国のデータ分析会社「オプタ」の公式ツイッターによると、アジア勢南米勢を相手にW杯で過去に17度戦っているが、3分け14敗で未勝利。

     全く歯が立っていなかったが、18試合目にして日本がついに高い壁を破った。

     日本は過去のW杯で南米勢と4度対戦し、1分け3敗。5度目の対戦で初白星を手にした。』  


      日本中がコロンビア戦の大金星に酔いしれた。

      実はこれ、日本だけの快挙じゃなかった。アジアの快挙でもあったのだ!
      アジア勢が南米勢をW杯で破った史上初の試合でもあったのだ。

      ロシアワールドカップ日本の初戦は、格上の南米コロンビア
      前回のブラジルワールドカップでもコロンビアとは第3戦に戦い、大差で負けている相手だった。

      しかも、今回はワールドカップ2か月前にハリルホジッチ監督を解任

      西野監督に急遽変わったが、最後の練習試合のパラグアイに勝つまで、今年に入ってから勝利が全くなかったのだ。

      それどころか、得点もほとんど取れていない状態が続いた。

      しかも西野監督が選んだのは、前回のブラジルW杯で主力だった選手が主だった。

      中島久保と言った若いストライカーを選ばなかったので話題性にも乏しかったし、今年に入ってからの得点力不足も露呈し、ワールドカップ直前の日本でもサムライブルーの前評判はかなり低かったというのが正直なところ。

      ところがである。
      試合展開は意外なものとなった。

      選手の自主性を重んじ、選手のコミュニケーションを大事にした日本は、徐々にチームとしてまとまってきた感はあったね。

      リオオリンピックの陸上男子400mリレーや今年の平昌オリンピックのパシュートのように、日本人の特性として自己犠牲ができるのでグループ競技には強い。

      1+1=2ではなく、3にできるぐらいのメンタリティーがある。

      3分で相手コロンビアのDFが一発退場となったラッキーな局面となったとはいえ、ボールを支配して終始押し気味に試合を続けていたよね。

      ファルカオ、ハメスと言った世界トップクラスのFWに仕事をさせなかった守りは褒められてしかるべし。

      南米と言えば、ブラジル、アルゼンチンと言った、W杯優勝を何度も成し遂げている強豪国と対戦して勝ち上がってからようやくワールドカップに出てくる。

      メッシ率いるアルゼンチン南米予選で消えるかもしれないという危機的状況もあったのだ。

      そんなレベルが高い南米の国々。 その南米アジア勢は何度挑んでも、厚い壁に跳ね返されてきた歴史がある。

      その歴史を打ち破り、新たな歴史サッカー界に刻んだのである。

      ただマスコミは「奇跡」を言う言葉をやたら使いたがるが、西野監督にはそれなりの勝利の青写真が描かれていたと思う。

      奇跡ではなく、西野監督の戦略が見事はまったという感じ。

      個々の能力や特色をよく観察し、対戦相手によってベストの組み合わせを考えた努力が実を結んだんだよね~。


    このページのトップヘ