世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:ビックリニュース

    【フランスのキツネネコ】

    『どうみてもネコ科にしか見えないのだが、従来のネコ科ではないという。
     地中海に浮かぶフランス領の島、コルシカ島で、かねてから地元民の間で姿を見られていた野生生物が調査のために捕獲された。 

     この生物、キツネとネコの両方の特徴を持っており、地元では「キツネネコ」と呼ばれているそうだ。DNAが従来のネコ科とは異なるため、フランス狩猟野生動物保護局では新種であると主張している。

    キツネのような尻尾と長い胴体が特徴の「キツネネコ」】  

     今回、公表された「キツネネコ」と呼ばれているこの野生動物、顔だけを見る限り猫のようだが、大きく広がった耳と尻尾の黒い縞模様を含め、複数の身体的特徴がキツネにも似ているという。

     6月11日、フランス狩猟野生動物保護局スタッフがキツネネコを両手で抱えた写真数点がメディアに公開されたが、脚と胴体がとても長いことがわかる。

     その長さは約90cmもあり、他の特徴と併せて地元の人々からもキツネネコと呼ばれていたそうだ。  
     しかし一方で、柔らかい絹のような毛並みと顔の特徴が飼い猫のそれであることを専門家は指摘している。

    キツネネコ

     











    【当局は「新種」と主張】  
      当局いわく、この生物は長い間コルシカ島に生息していたが、夜行性で活動が非常に目立たなかったことから、島に生息している全てのキツネネコの生態を記録するのは困難だったようだ。

      このキツネネコは、ヨーロッパに生息するヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから、当局は新種と主張し「特別な発見」と話している。  

     今回、16匹のキツネネコを特定し、メスを含む12匹を捕獲。中には首に識別番号が記録されたチップをつけている4~6歳のオスのキツネネコの姿もあった。

     このオスは、既に何度か捕獲されているキツネネコで、他のオスと戦ったのか、緑色と茶色の目が損傷していることが今回の調査でわかったそうだ。

     捕獲された全てのキツネネコは、当局のスタッフにより素早く調査された後、再び自然へ解放されたということだ。  

     コルシカ島の生態系の中で、キツネとネコが交配した?というわけではなさそうだ。

     従来のネコのDNAとは異なるものの、キツネのDNAが発見されたわけでもなさそうだから、外見的な特徴からキツネネコと名付けられたのだろう。

     なのでキツネ関係なしに、ネコの新種である可能性はあるということだ。』

      にしては体長やしっぽが長いみたい。  

      フランスのコルシカ島と言えば、かの有名なナポレオンの生誕地

      地中海に浮かぶ島で、元々はジェノバの支配下で現在のイタリアに属していたが、売却によりフランス所属へ。

      そんな歴史のあるコルシカ島で「キツネネコ」と言われてきた猫が新種ではないかと言う話。

      ヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから新種だと主張しているようだが、正式に猫の新種となるのか。 興味あるな~。

    和牛精液密輸問題 



     『日本から和牛精液が不正に持ち出され、中国に渡りそうになった事件が、中国国内で物議を醸している。

     中国メディアが相次いで取り上げている他、意見を投稿できるウェブメディアには読者のコメントが殺到。

      精液の流入を歓迎するような意見がある一方で、防疫上の観点から懸念の声が上がる。

      中国本土や香港で日刊紙を発行する新聞社などが取り上げた。

      香港の大手新聞社、星島日報は自社のニュースサイトで「日本男性が和牛精液を密輸入 中国税関で差し止め」との見出しで記事を掲載。中国の検疫で流入を食い止めたと伝えた。

      こうした記事を基に、中国のウェブメディアで拡散。読者のコメントが投稿できるサイトには、さまざまな意見が寄せられている。

      北京市在住の読者は、中国の富裕層が1キロ1000元(約1万6000円)する神戸牛を好んで食べる実情も踏まえ、「中国で和牛精液が手に入れば、(中国産和牛の生産ができて)必ず日本の和牛に勝てる」と流入を歓迎するようなコメントをした。

     一方で、流入を懸念する意見もあった。日本で2001年にBSEが発生してから、中国は防疫のため、日本産牛肉の輸入を禁止。現在も再開のめどは立っておらず、日本の畜産物に対する警戒感が根強く残っている。


      こうした背景から、江蘇省の読者は和牛精液流入をリスクと捉え、「中国の母牛が災難を受けないでよかった」と安堵(あんど)する意見を寄せた。

      中国の大手インターネット交流サイト(SNS)の「微博(ウェイボー)」でも、不正輸出を取り上げた投稿に300件を超えるコメントが付くなど注目を集めた。』

     
      和牛精液が中国に持ち出されそうになった事件。
      これには多くの問題が潜んでいる。

      先ず、中国人富裕層を始め中国人の中で和牛の肉の味が浸透し人気があるにもかかわらず、中国政府が日本産牛肉の輸入を禁止していること。

      これまでにも中国と国境を接するラオスベトナムなどを経由して産地を偽装して、中国国内和牛肉を持ち子もそうとした事件も起きている。

      中国政府が和牛輸入解禁すれば問題は一気に解決するんだが。


      もう1つ大きな問題は世界のブランドになりつつある和牛の精液が勝手に密輸されようとしたこと。 これは中国側の検疫検査で発覚したが、日本での持ち出しはノーチェック状態。

      精液って液体扱いじゃないのかな? 小さい容器で化粧品などに偽装していた?

      結果として和牛の血統は守られたわけだけど、今後もそういう事が起きるかもね。
      ただ、精液だけで日本と同じ品質の和牛の肉ができるとは思わないけど。


      それでも、日本の農家が大事にしてきた血統が勝手に無断で持ち出されようとしたところに管理体制の甘さも感じるな。

      神戸牛や松坂牛など既にブランド品になっている和牛の肉

      海外でも人気が出ているだけに、海外販売に力を入れている所もあるみたいだけど、管理体制だけはしっかりしないと。

      産業スパイなどが活動する現代において、日本の入出国管理のチェック体制にも警笛を鳴らした事件になったね。


    農家が飛行機を作るという発想



    『【AFP=時事】中国北東部・遼寧(Liaoning)省にある畑のど真ん中に、エアバス(Airbus)A320型機の原寸大レプリカが置かれている。

     同省開原(Kaiyuan)の農家である朱躍(Zhu Yue)さんは、飛行機を飛ばすというかなわぬ夢の代わりに、飛行機を自ら造ることにしたのだ。

     まもなく完成するレプリカは、小麦畑に囲まれた滑走路の断片に半永久的に駐機することになる。  

     朱さんは中学校を中退してタマネギとニンニクを栽培する農家となり、その後、工場で溶接の仕事も始めた。

     だが昨年になって、飛行機を飛ばせる日が来ることはないかもしれないと考えたという。


     朱さんはAFPに対し、「中年に至り、飛行機を買うことはできないが造ることはできると気付いた」と語った。

     朱さんはそこで、260万元(約4200万円)以上の蓄えを投じ、80分の1スケールの模型を作り始めることからプロジェクトをスタート。  

     寸法を測ったり、ネットに上がっている写真を研究したり、たくさんの失敗を重ねたりしながらも、朱さんは60トンもの鉄を使って機体や主翼、コックピット、エンジン、尾翼などを造り上げた。

     自家製エアバス機が空へと飛び立つことは当面なさそうなので、朱さんは機体を「食堂機」として利用することに決めた。

    「レッドカーペットを敷くので、食べに来た客の誰もが国家元首のような気分を味わえるはずだ」と朱さんはアピールする。

     A320型機では通常、156の客席が用意されているが、朱さんの飛行機内には、「ファーストクラス」の客席が36席設置される。

     ただこの店で出すメニューについては、ハンバーガーとフライドポテトにするか、または地元の人々が好みそうな定番の中華料理にするかで決めかねているという。【翻訳編集】 AFPBB News』


     中国人の農家が飛行機を飛ばすことを諦め、自分で飛行機を作ることにしたニュース。
     その作った飛行機は食堂になるらしい。

     それにしても中国人の農家であるにもかかわらず、夢があって、その実現に尽力するのは素晴らしいね。

     60トンもの鉄を使って、エアバスの模型を作ったみたいだね。 4200万円の大金をつぎ込んだらしい。

     中国の経済が発展してきっとはいえ、4200万円は中国人にはなかなか手に入れられない大金だよ。それだけ飛行機への思いが強いんだろうね。

     ただ、畑のど真ん中に置いていて、レッドカーペットを敷いたからと言って国家元首の気分が味わえるかというと甚だ疑問だけどね。

     そもそもそこに食堂をオープンして、どれだけの人が来るのか?

     夢はでっかいけど、経営面についてはあんまり考えられていないようだなー。
     というより、食堂はおまけなんだろうね。

     でも、そういう自分の夢を持って、それに向かって努力していく姿勢は見習わなければいけないな。


    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    中東難民問題と日本

       http://news.livedoor.com/article/detail/10588296/


      『内戦で居場所を失ったシリア難民が続々とヨーロッパに流入する中、ドイツをはじめとす る西欧諸国だけでなく、アメリカ、オーストラリア、南米諸国なども続々と難民受け入れの拡大を表明している。

      そのなかで、日本が認めたシリア人の亡命申請 はわずか3人。日本の受け入れ体制は世界最低レベルだ、と海外メディアの批判が集まっている。

      ◆シリア難民の認定は累計で3人、住居提供はゼロ  

      これまでに日本に難民申請したシリア人は60人で、そのうち認められたのは3人。30人が「人道上の理由」により、長期滞在許可を得ているという。

      昨年は ネパール、ベトナム、タイなどを中心に過去最高の合計5000件の難民申請を受け、11件を認めた。

      英ガーディアン紙
    は「対照的に、アメリカは2013年 に2万1171人の難民の亡命を受け入れた。ドイツは1万915人、フランスは9099人だ」と、日本の難民受け入れ数が他国と比べて極端に少ないことを 強調している。

      同紙はさらに、「亡命に厳しい韓国ですら、57人の申請を認めた」と記す。

      また、国際人権NGOアムネスティ・インターナ ショナルによれば、日本がシリア難民に提供している住居は「ゼロ」だ。主要国で住居提供を全くしていないのはほかに、ロシア、シンガポール、韓国だけだと いう。

     
      その一方で、各メディアは、今年1月に安倍晋三首相が訪問先のエジプトで、「イスラム国」(IS)との戦いの被害を受けた中東諸国に2億ドルの人道 支援を約束したことを指し、「資金援助面ではアメリカに次ぐ2位」だという事実も紹介している。

      とはいえ、英インデペンデント紙は、 「2014年に11人の亡命申請を認めた日本」が、「さらに難民に対する制約を強化するかもしれない」と、皮肉を込めて報じている。

     同紙は、日本は今、申請が通らなかった人たちの国外退去処分の強化や、再申請の制限、新規申請者の事前審査などを盛り込んだルール改正に着手しているとしている。

     法務省の担当 者は同紙に「日本に来る難民の数を増やしたり減らしたりしようとしているわけではなく、本当の難民を迅速に見極めようとしている」と、戦争・紛争から逃れ てきた難民ではない、いわゆる“経済難民”の排除が目的だとコメントしている。


     ◆800万戸の空き家に全シリア難民の2倍を収容?  

      各紙の論調は、こうした日本の「金は出すが直接支援はしない」という姿勢に概して批判的だ。ガーディアンは「低い認定率は恥ずべきことだ」「責任を直視せ よ」といった識者コメントを紹介。

     インデペンデントは、先週、難民ら約100人が受け入れを求めてデモを行ったことを参加者の怒りのコメントと共に紹介し ている。

     また、ワシントン・ポスト紙(WP)日本人の一部からも「なぜヨーロッパのように受け入れないのか」という声が高まっていると する記事を掲載している。

     同紙は、より積極的に支援すべきだとする毎日新聞の社説や「世界は彼らに背を向けようとしている。日本も背を向けたままで良いの か?」という中東を専門とするフリージャーナリスト、川上泰徳氏のツイートなどを紹介している。

     WPはさらに、少子高齢化が進む日本で 「年金や健康保険を今後いったい誰が負担するのか?」と移民受け入れの必要性を暗示する。

     また、「日本には既に800万戸の空き家がある」と報じた最近の ニューヨーク・タイムズ紙の記事を引き合いに、難民の生活の場は十分にあると指摘。

     日本在住のテクノロジー・ジャーナリスト、ティム・ホルニャク氏の次の ようなツイートを取り上げている。「全シリア難民の2倍以上を収容できる空き家がある日本が、2014年にたった11人の亡命申請しか受け入れなかったの は正気の沙汰ではない」


     ◆世界の中で日本は……  

      では、実際に日本はどれくらい「最低レベル」なのか。豪シドニー・モーニング・ヘラルド紙が各国の受け入れ状況をまとめている。

     (ヨーロッパ)

     ・ドイツ
    =今年だけで80万人を受け入れることを表明。
     ・フィンランド=今年の受け入れ予定を昨年の3600人から3万人に増やした。
      ・ハンガリー=今年14万人以上が入国。その多くがドイツに移動中。南部セルビア国境に高さ3.5mの「壁」を築き、今月15日までに国境を閉鎖するとしている。
      ・フランスオランド首相が今後2年間で2万4000人分の受け入れを表明
     ・イギリスキャメロン首相が5年で2万人の受け入れを表明
     ・バチカンフランシスコ法王が全教区に最低1家族を受け入れるよう要請
     ・スウェーデン=今年7万4000人を受け入れる
     ・イタリア北アフリカから渡ってきた12万人を受け入れ
     ・トルコ=世界最多の190万人以上のシリア人が国境を超えて来ている。その約3分の1が政府運営のキャンプで暮らしているが、他は拡散している。


      (中東

     ・レバノン=110万 ~150万人の認定・非認定難民を受け入れ
     ・ヨルダン=政府は140万人のシリア人を受け入れているとしているが、国連の調べでは約63万人という数字も
     ・カタール、UAE、サウジアラビア裕福な湾岸諸国が援助の手を全く差し伸べていないという批判が人権団体から寄せられている
     ・イスラエルシリアと国境を接する国で唯一シリア難民を受け入れていない。


     (その他)

     ・オーストラリア=1万2000人のシリア難民受け入れを表明
     ・アメリカ=来年までに最低1万人のシリア難民受け入れる。来年は難民受け入れをトータルで5000人増の7万5000人とする。
     ・ベネズエラマドゥロ大統領が2万人受け入れ準備を命じる。
     ・ブラジル=昨年1405人を受け入れ、今年も「門戸を広げる」と表明。
     ・日本=昨年、シリア難民を含む5000人が亡命申請し、受け入れたのはトータルで11人(シリア人は累計で3人)。さらに基準を厳しくすることを検討中。』  


      今ヨーロッパで難民問題が大きな課題となっている。  

      シリア内戦が終結しない中、命を賭けてシリアを脱出している難民達。アフガニスタンやイラクも同様の状態だ。

       あまりに難民の数が増えて難民キャンプでは対応ができなくなっている。

      中東難民の多くの目的地はドイツ。   

      シリア難民家族を追ったCNNのニュースによると、海を渡った時は船に水が入ってきたり、赤ん坊や小さい子供がいるので自分の物は衣服ぐらいという悲惨な状況で旅してきている。
      ほとんど眠らずに歩き続けたことも。   

      そのシリア難民家族は無事ドイツに到着したが、今はそこまでの道が閉ざされつつある。  

      ドイツに着くまではトルコ、ギリシャ、セルビア、ハンガリーなどの国を通過する必要があるが、ハンガリー政府はあまりの数の難民が不法に入国してくるのに業を煮やし、フェンスを作成し始めた。

       難民キャンプは刑務所のようだという話も聞くので、シリア難民も決して難民キャンプに行こうとしない。   
      実は難民とは言え、彼らはかなりお金を払っているようだ。   難民を目的地に誘導するブローカーに。   多くのシリア難民が100万円近くは用意してシリアを脱出しているのではないかな?

      難民とは言え、シリアで1年ぐらいお金を貯めてシリアを脱出した人が多いと思う。

      難民と言うとすぐに着の身着のままで脱出と言うイメージがあるかもしれないが、今の難民はそうではないようだ。  

     そりゃそうだよね。無一文でトルコやギリシャへ行ったとして、誰がドイツ行きを助けてくれるだろうか? よほど運が良くない限り、そんな保障があるわけないよね。

     ギリシャなどEU内の債務問題を抱えてそれどころじゃないしね。  

     だから、これだけ多くの難民をかもに甘い汁を吸っている悪徳ブローカーもけっこういるんじゃないかな?  

     難民の立場は弱い。滞在していれるだけで、多くの難民はVISAなど持っていないだろうから、それだけで逮捕される要件になる。 足元を見られる事もあるだろう。

     それでも無事ドイツに着ければいいが、かなりの難民がその途中で命を落としたり、拘束されたりしている。

      そういう状況下で、EU内で難民受け入れが大きな問題になっている。 難民問題政治的問題も絡む。

      国土が大きいロシアシリアのアサド大統領と仲が良いから、シリア難民の受け入れはしないだろう。

      中国も自国の人口が多い上、イスラム教である中東難民はまず受け入れないだろう。
      中国政府で問題視しているウイグル族がイスラム教徒という事もあるしね。

       それに豚肉を食べないイスラム教徒のシリア難民にとっても、豚肉をあちこちで使う中国に住むことは先ず望まないだろう。

      後、国土が大きいところと言えば、カナダがどのような受け入れを表明するかが気になるところ。

      ヨーロッパ以外にも南米など難民受け入れを表明している国が出てきているが、そんな中、日本の難民受け入れ数が異常に低いことが海外批判の対象になっている。

      日本政府はこれまでも難民受け入れに非常に消極的だった。

      日本は国土が小さい。しかし、単純労働など働き手がなくなってきている状況である。 難民や移民受け入れと言うと悪い面ばかり強調されるけど、良い面もあるのだ。

      単純労働者確保と言う面でもそうだし、税金だって当然入ってくるし、国内消費も伸びる。

     また、彼らが隣人になることによって、シリアの事、中東の事、イスラム教の事など異文化を学ぶチャンスが増える。

     難民の子供が日本で育つと、日本とシリアとの架け橋になってくれる可能性だって高くなる。

      異文化と接する事で、新しい発想が生まれやすくなり、社会も活性化する。

      もちろん、IS(イスラム国)というテロリスト関係者が入ってくる可能性があるから、審査は慎重にしなければならないとは思うけど、もう少し難民受け入れ数を増やしてほしいと思うな。

     シリアなどに中東に直接人道支援金を渡すだけでなく、少しお金を使う方法を見直してみては? ある意味、お金の使い方も上手くアピールして、海外諸国を納得させるような戦略を練らないといけないんじゃないかなぁ。

     概して日本政府はそういうのが下手だからね。


     実は今、難民が世界で大注目されているのだ。
     シリア難民だけじゃない!

     
     アジアではミャンマーで虐待されていると言うロヒンギャの難民マレーシアやタイ、インドネシアで問題になっている。

      ヨーロッパ、特にイタリア辺りではシリアなどの中東難民ではなく、アフリカからのボートピープルが押し寄せている。 そういったアフリカ難民の対応も大変だ。

      日本は世界の貿易で成り立ってきた国。 食料だって今輸入がストップしたら、日本の人口を支えきれない。食料自給率を見ても明らかだね。

      これからも世界の国々との関係はとても大切なのだ。

       世界が難民問題に注視している中、あくまでも日本は難民を受け入れないと言う姿勢を続けていれば、将来的にマイナスになって返ってくると思う。

      「ヨーロッパは難民問題で大変だね」ではなく、日本人ももう少し難民問題についてもっと注目してほしいな。

     
      昔からあちこちで戦争や紛争が起こるたび、難民は発生してきた。 大きく人生の歯車が狂ってきた。各国政府にしてもそうだ。

      もちろん、今回もシリア内戦がなければ、こんなに長く続かなければ、こんな大量の難民ヨーロッパに発生しなかったはずである。

     いつまで経っても終わらないシリア内戦。 家族を奪われ、家を破壊され、自分の命も危険にさらされてきたら、人間の本能として一か八かで逃げるよね。

     希望がなくなれば生きられない。

     早くシリア内戦が終わる事を祈るよ。
            

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    韓国のびっくり○整形

        http://news.livedoor.com/article/detail/10522034/  


        『整形大国・韓国では、声の整形が流行中だ。ただし、その目的は、美ではなく、うまく声の出ない状態を脱するための「治療」だ。

      ソウル市内の耳鼻咽喉科『イェソン音声センター』のキム・ヒョンテ院長は言う。 「声 の整形には、もともとの声質などに応じてさまざまな治療方法があります。

      例えば、声帯が麻痺して、声がかすれる場合には、生体保形物質を注射で注入して声 帯のボリュームを回復させます。

     また声帯の筋肉が痙攣して声が震える症状の場合は、その部分にボトックス注射をして症状を抑えます。どちらの場合も、皮膚 にメスを入れる必要はないので、傷跡は残りません」

      韓国では、治療方法のひとつ、ボトックス注射を行う人が増えているという。

      「費用は30万~40万ウォン(約3万~4万円)が相場です。時間は10分から20分と短い。注射の効果は長くは続かないので、1、2か月ごとに打ち直さないといけません」(医師で医療ジャーナリストの森田豊さん)

      変えた声を保ち続けるには、費用も手間もかかるが、この整形を望む人は後を絶たない。

      「性転換を希望する男性が受けるケースが多い。低い声を高くすることで、より女性らしくなれるんです」(韓国在住の整形コーディネーター・チョウ・ウネさん)  

      
      さらに、近年では、そうした事情とは別の理由で整形する人が増加中だ。 「歌手やアナウンサー志望者が声をきれいにするために施術します。また最近は就職活動中の若者も受けています」(森田さん)

      就職難が深刻化している韓国では、就職のための顔の整形は当たり前。面接官に好印象を与えるための、口角を上げるプチ整形、通称「微笑み整形」が一般化しつつある。

      内定を勝ち取るため、顔に続いて、声も整形するというわけだ。

       とはいえ、実際に整形を受けるにあたっては、声の治療や経験の少ないドクターの施術を受けない、などの注意が必要だ。 「最悪の場合、声が出なくなることもあります。病院選び、手術の危険性などをしっかり勉強する。気軽な気持ちで受けてはいけません」(森田さん)

      声の悩みを解決するための整形が新たな声の悩みを生む――などということのないように、慎重になるべきだろう。』  


      韓国人顔を整形するのはもうかなり有名になっているが、なんと声まで整形するという。  

      いやはや、生まれたままの状態で過ごしている韓国人ってごく僅かなのかな?

       大人になって同窓会などに行っても、誰が誰だかわからなかったりして(笑)。
       整形した顔が、別の級友に似ていて間違えられたりする事も起こるんじゃないかな?

      記事では就職難で顔整形といっているが、韓国経済がけっこう良かった時代でも韓国人の顔の整形はされていたから、顔整形は就職難が原因ではない。 ただ、韓国経済悪化学生の顔整形に拍車をかけたかもしれないけどね。


      そして今、顔整形に続いて声整形が流行り始めていると言う。 声整形って日本人には耳慣れないが・・・。 アナウンサーや歌手志望の学生にも人気とか書いてある。

      だけど、韓国人の学生って馬鹿なの??と本気で思ってしまうな。

      声整形の注射の効果
    は長く続かないので、1、2か月ごとに打ち直さないといけないようなんだけど。

       変えた声を保ち続けるには、費用も手間もかかるし、せっかくアナウンサーや歌手になれたとしても、効力が切れると注射しないといけない。

       どのように効力がなくなるのかわからないけど、アナウンサーの声が以前と全然違っていたら視聴者も戸惑うんじゃない?歌手だと致命的だと思うんだけど。

      まあ、それ以前にテレビカメラの前に立たせてもらえないかもしれないが・・・。


      アナウンサーや歌手になれたとして、嘘の声で成り上がると、その効力が切れるとそれと共にその地位も奪われるんじゃないのかなぁ???

       そういう人は20代前半からずっと注射を打ち続けるのだろうか? もちろん声整形の手術の危険性もあるようだけど。 僕なんかは副作用の方が怖いけどな。


      こういう記事を見ると、韓国人って目先の事さえ良ければ後はどうにか誤魔化せると思っている人が多いのかなと思ってしまう。

      中にはこういう人がいるという程度なら別に驚かないが、学生に人気になってきていると言われるとちょっとね・・・。

      今後、韓国人とビジネスする時などには参考になるかも。

      顔整形や声整形
    して入社したした、その人物が偉くなったとしたら、ビジネスの場においてもその場しのぎの説明で誤魔化すようになるんでは?? そうなったら、韓国企業はお終いだね。

      顔整形が当たり前と言うことは、企業の面接官も見た目重視で、そういう事をしない学生を積極的に取る企業はないんだろうか??? 見た目以外の他の面重視というか。


      プチ整形とはいえ、顔整形に失敗して悲惨な目に遭ったニュースなども時々目にするんだけどね・・・。 見方によっては、韓国企業も学生にそういうリスクを取れと奨励しているようにも取れるけどな・・・・。

      韓国人みんながそうだとは思わないけど、そういう傾向があるという事は言えるんじゃないかな?

      この整形1つとっても、韓国社会、韓国人の考え方が垣間見えるね。

    このページのトップヘ