世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:フランスニュース

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    フランスのジャパンエキスポ

     http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140703/wor14070311130017-n1.html


     『世界最大規模の日本ポップ文化の祭典「ジャパンエキスポ」が2日、パリ郊外で開幕した。今年は東京・神楽坂の芸者が初めて参加、舞を披露した。

     コスプレ姿の若い来場者であふれる会場はアニメ、ゲームの展示だけでなく、生け花や折り紙、和太鼓といった日本の生活文化や伝統芸能を紹介するコーナーも数多い。

     芸者の千佳さんは「フランス人が興味を示してくれうれしかった。気持ち良く踊れた」と話した。観客のフローランス・モーリンさん(30)は「日本の美をよく表していると思った」と感激していた。

     今年で15回目を迎えたジャパンエキスポは会期が1日延びて5日間となり、過去最多となる約26万人の来場を見込んでいる。』


      世界最大規模の日本ポップ文化の祭典「ジャパンエキスポ」フランスのパリ郊外で始まった。文化都市として世界的に有名なフランス、パリ郊外で、日本の紹介に関心を持ってもらっているというのは日本にとって大きな意義がある。

     日本ポップ文化の祭典「ジャパンエキスポ」に関心がある人というと、アニメやゲーム好きでコスプレに身を包んだ若者というイメージが強いかもしれない。

     しかし、フランスの日本ポップ文化の祭典「ジャパンエキスポ」が、色々なヨーロッパの人日本文化に触れる貴重な機会となっているのは間違いない。

     日本の伝統文化などを紹介するコーナーも人気のようだ。きっかけは何であれ、日本に関心を持って、日本の実情をよく理解していくれる親日家を作ることは、今後の日本の外交政策にとっても非常に重要なことだ。

      海外に出ると、日本人は非常に評価されているという気がする。韓国や中国など反日のイメージが強い国でも、日本に親近感を持ってくれている人もけっこういる。

     アニメや芸能関係については、政治的な壁はない場合も多い。AKB48総選挙で1位になった「まゆゆ」が中国人の票をたくさん得ていた事はよく知られていることだ。
      
       まゆゆAKB48総選挙1位の秘密


     ただ、政治的外交面から見ると、日本はメディア戦略が大きく遅れている気がする。

     K-pop韓国ドラマの影響で、韓国に興味を持つようになったアジアの人は多い。

     韓国政府
    がバックアップし、東南アジアなどに韓国ドラマがあふれた結果、韓国について知っている人は一昔前に比べ格段に多くなった。

     その結果、過去の歴史にどういう事があったというに固執するよりも、現在の生活の方に興味がわき、未来志向の人を育てている気がする。

      これからの戦争は武器を持って戦うだけでなく、メディア戦争だという人もいる。実際にあったことかどうかよりも、メディアを通じて人々を納得させた物が真実になることもあるという意味でだ。世論を形成する過程で、メディアは大きな力を持っている。


      その点、韓国や中国日本より一枚上手だと思う。自国に都合のいいニュースを流し続けた方が、どうしても有利になる。

     戦後70年近く経ってから、実際に直接的には関係のない土地アメリカに、慰安婦像の設置がされ始めたのはそんなメディア戦略もあると思う。

     普通に考えれば、戦後半世紀以上経ってから、どう考えても直接関係のない土地に、日本を批判する慰安婦像が建てられるというのはちょっと異常だよね。政治的には日本はアメリカの同盟国でもあるわけだし。

     韓国国内で建てられるというのとは、意味合いが違うんだよ。もちろん、アメリカ韓国系移民が増えて、アメリカ議会韓国の主張を通しやすくなった事も挙げられるけどね。


     そんな???な事で対立するのを防ぐためにも、日本文化日本の生活様式、考え方を世界に人に知ってもらうのはとても大事なことだ。

     日本のファンを作っておけば、危うい方へ流されるないようにする防御になる。メディア戦略で遅れている感がある日本にとって、こういうジャパンエキスポは貴重な広報活動だ。

      日本政府には重要性がわかっていない人が多いように思われるけど、特に言語、日本語を学んでくれる人は大事にしないといけない。

     日本語
    の中には、必ず日本の生活環境日本人の考え方が含まれているからだ。それを自分から学んでくれている人達なんだよ。

      言語を学ぶと言うことは、その国に関心を持ち、その国の人の考え方を理解しやすくなる。だからこそ、フランスや中国は政府がバックアップして、言語政策を世界に展開してきた。


     言語に関する 一例を示せば、日本語には天候に関する表現が多い。

     雨一つとっても、大雨、小雨、時雨、五月雨、霧雨、細雨、にわか雨、通り雨、天気雨、風雨、豪雨、長雨、春雨、梅雨、雷雨、秋雨、氷雨と雨のつく言葉は沢山あるし、スコールや夕立など雨がつかない言葉まである。

     それって、日本人にとってどんな雨か、いつ頃の雨か、知る必要があったからだろう。

     日本は四季があるが、熱帯地方のように放っておいても食べ物の実がなる気候ではない。主食の米は、春に田植えをし、秋に収穫するまでにやる事がたくさんある。

     もうすぐ収穫という時に台風が来て、これまでの苦労を水の泡にするだってあったわけだ。雨が降らなければ作物は枯れてしまうし、逆に豪雨に降られても、作物はダメになってしまう。

     つまり日本人は自然をよく観察していないと生きていけない環境だったとも言える。関心が高い物には細かい情報が必要となり、言葉も増えていく。

     
     モンゴル語には馬に関連する言葉が非常に多いそうだ。

     モンゴル族騎馬民族として生きてきたから、馬は非常に重要な交通手段だった。どんな馬なのか、細かく知っておく必要があったのだろう。

     言葉って、関心が高い物で分けられている。

     
     日本語の表現だって、外国人にとって最初は理解が難しいものがある。それは日本人の考え方を知らないと?になってしまうからだ。

     「カルロスはマリアにプレゼントをあげた」と「カルロスは私にプレゼントをくれた」などは、外国人にはあまり馴染みがない違いだと思う。

     多くの言語では「あげる」に相当する言葉だけで対応しているのではないだろうか? 日本語のように動詞が変わる言語は僕はほとんど聞いたことがない。

    「くれる」を使う時は、私自身もしくは私のグループ(私が身内や仲間と捉えているグループ)にしか使えない。私の妹や僕の父には使えるけど、全く見ず知らずの人に「くれる」は使えない。

     その場合は「あげる」だ。

     はっきり言って「あげる」と「もらう」だけでも言語表現としては成り立つと思うけど、「くれる」を使うのは、日本人のうちと外の意識があったからじゃないかな?


     要するに言語を勉強することは、その国の生活環境や考え方などにも触れると言うことなんだよ。
     熱帯地方や砂漠地方に暮らす人にとって、日本人のように雨を細かく分析して言葉を作成する必要はない。


     日本のアニメは日本を本当に救っていると思うんだよね。
     世界中に人気の日本のアニメを見ていると、当然そこここに日本の習慣や生活環境が描写されている。

     日本アニメへの興味から日本語を勉強し始めた、日本に興味を持ったという外国人の若者は非常に多い。

     フランスのジャパンエキスポは5日とこれまでより1日増え、過去最大の入場者が予想されている。

     このジャパンエキスポの規模をもっと世界中に広げて、日本との友好的な関係作りに寄与してほしいと切に願う。
     

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!
    ルーブル美術館に羊が入場

      http://news.livedoor.com/article/detail/8682223/


     『フランスの農家が28日、パリのルーブル美術館に羊の群れをけしかけ、政府の農業政策に抗議した。

     世界的観光名所のルーブル美術館に、10頭あまりの羊と農家の人々が現れ、観光客らが驚く中、美術館に入って行った。

     これは農業の大規模化をはかるEU(ヨーロッパ連合)の政策フランス政府が近く同意する見通しで、小規模農家などでつくる団体がこれに抗議したもの。

     集まった人々は、農家が美術館の絵の中にあるような時代遅れの存在ではなく、質の高い商品を作ることができるとして、大規模化反対を訴えていた。』

      ルーブル美術館と言えば、世界で最も有名な美術館。日本人でもルーブル美術館の名前を知らない人はほとんどいないだろう。

     フランスのパリにあるルーブル美術館には、教科書にも載っている有名な絵をたくさん所蔵している。

     モナリザ、ナポレオン1世の戴冠式、ミロのビーナスなどそうそうたる作品が展示されている。

     その超有名なルーブル美術館になんと羊の群れを連れ込んだ。 

     フランスの小規模農家フランス政府の農業政策に反対したパフォーマンスだとか。
     農家が美術館の絵の中にあるような時代遅れの存在ではないという事をアピールしたかったようだけど・・・。

     それにしてもルーブル美術館ってパリの真ん中にあるんだよ。

     近くに農家があるわけじゃない。そこまで羊の群れを連れて行ったということが逆にビックリ!車に乗せて近くまで行ったのだろうか???

     それにしても農業政策の反対の方法にも色んな方法があるね。確かに世界的有名なルーブル美術館に羊を入れれば、世界的なニュースになるから主張が伝わるよね。
     

    ブログネタ
    サッカー全般2 に参加中!
    フランスW杯出場でヌード天気予報

       http://www.afpbb.com/articles/-/3003661?ctm_campaign=txt_topics

       『【11月21日 AFP】代表チームが2014年サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)の出場を決めて祝福ムードが広がるフランスでは、出場決定の暁にはヌードで天気予報を伝えるという公約を果たした女性キャスターが現れた。

     記録的な失業率、税の引き上げ、犯罪者の増加がパリ(Paris)に暗い影を落とす中、フランス代表がウクライナ相手に気迫溢れる大逆転劇を演じてW杯出場を決めた翌日の20日は、国民が一体となりすべてを忘れて喜びに沸いた。

      欧州予選プレーオフ第1戦で0-2と敗戦を喫したレ・ブルー(Les Bleus、フランス代表の愛称)は、19日に行われた第2戦で3-0の勝利を挙げ、史上初の逆転劇を飾った。

      この時、ドリア・ティリエ(Doria Tillier)さんは歓喜する一方で追い込まれていた。ティリエさんは、多くの専門家も厳しいとみていた逆転をフランス代表が果たした場合、テレビ局カナルプリュス(Canal Plus)の天気予報コーナーにヌードで出演すると宣言していた。

      前半34分にカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)がチーム2点目を決めて合計スコアで並ぶと、ティリエさんは自身のツイッター(Twitter)アカウントに「大変!フランスが2-0でリード。だんだん憂鬱(ゆううつ)になってきた」と投稿した。

     運命の天気予報コーナーが始まり、元モデルのティリエさんは実際にヌードではなく、フランス語で裸を意味するポワル(Poil)という名称の村から出演して難を逃れたかに思われた。

      しかし、最後はしっかりとヌードになり、現場の草地を走り抜ける姿を離れたカメラが映し出した。(c)AFP』


       フランスブラジルワールドカップ出場を決めてヌード天気予報が実現した。

       そもそもどうしてこんな事になったのか?

       フランスといえば、1998年の地元フランスのW杯で優勝した実績もあるワールドカップの常連。 そんなワールドカップ常連国のフランスが出場を決めて、どうして美女がヌードになったのか。

      それにはフランス代表チームの苦悩があったのだ。

       フランスサッカーチームのユニフォームの青からついている愛称「レ・ブルー」。


      このレ・ブルーが前回の南アフリカW杯ヨーロッパ予選でプレーオフになんとか勝ってワールドカップに出場したものの、監督と選手の意見が衝突してチームはバラバラになった。

       結局、惨めな内容で1次リーグ敗退となり、チームの内紛問題も勃発。フランス国内でもかなり叩かれた。

      そして今回。フランスリベリなど世界トップ選手もいるのに、またもやプレーオフへ。ブラジル行きのチケットはウクライナとの勝者となった。

       ところが、このレ・ブルーはなんとアウェーでウクライナで0-2で負けてしまった。 これまでヨーロッパの予選で2点差を付けられてワールドカップに出場したチームはいない。

      つまり、それほど今回フランス代表は追い詰められていたのだ。 正直僕も今回は難しいのではないかと思っていた。

       2点あるという事は、ウクライナは守備を固めてくる可能性が高い。欧州ワールドカップ出場を争うくらいの国に守備的に守られたら、そうそう点は取れない。

      それに先にウクライナに点を入れられれば、4点取らなくてはいけない。先取点は絶対で、それも早い時間帯に取らないとフランスの勝ちは厳しくなる。

       だから、ドリア・ティリエさんはこれぐらいの勇気が必要だという事でヌード宣言をしたのだ。まあ、半分はフランス代表が勝てないと思っていたのかもしれないが・・・。

       ところがフランス代表レ・ブルーは地元の声援を受け3-0で勝ち、世紀の大逆転劇でワールドカップ出場をつかんだのだ。ビックリ!

      で、ヌード天気予報はどうなったかというと、スタジオではなく草原で全裸になって走り回っていたけど、その動画を見ても小さくてよくわからない。まあ、何も着ていないんだろうなという程度。

      でも、会場からは拍手が起こっていた。 これが日本のテレビ局だったらどうだろう。

       いくら遠くから撮影してあまり裸だとよくわからないとはいえ、天気予報が流れている隣で全裸を放映するのは無理だろう。

      フランスでは、ヌード宣言通り実行したとドリア・ティリエの評価は上がったらしいけど。

      これも異文化だよね。

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!
    アルプス登山で大金持ち?

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000029-jij-eurp

       『【パリ時事】フランス南東部アルプス山脈の最高峰モンブラン近くの氷河で、宝石の詰まった金属製ケースを登山家が発見した。AFP通信が26日、警察関係 者の話として報じた。

      ルビー、サファイア、エメラルドなど総額13万~24万6000ユーロ(約1700万~3300万円)と推定され、20世紀半ばに付近で墜落したインド旅客機に積まれていたとみられる。

     警察関係者によると、ケースに「インド製」と記された袋も入っていたため、登山家は墜落機の荷物と考え地元警察に届け出た。

     仏当局がインド側に連絡しているが、持ち主が特定されない場合、フランスの法律に基づき、発見した登山家に引き渡される可能性もあるという。』

      登山家がヨーロッパのアルプス山脈の最高峰モンブラン近くを歩いていて、宝石ケースを見つけた。

      その宝石ケースの中には最低でも1700万円の宝石が入っていたらしい。 20世紀半ばに墜落したインド旅客機の残骸の一部だという。

      フランス当局がインド側に連絡を取っているとの事。 しかし、アルプス山脈インド旅客機が墜落したのが20世紀半ば。 既に50年以上経っている。


      それに飛行機が墜落したという時点で、持ち主は荷物の事は諦めるのではないか?

      アルプス山脈に墜落して捜索が行われただろうが、それで宝石が発見されなければ普通諦めるよね?

      それに保険をもらっているかもしれないしね。 保険がなくても、これだけの宝石を持っていたのなら、かなりの大金持ち。 それほど気にしていないかも。

      それに持ち主自体がなくなっている可能性も高いよね。

       持ち主が現れる確率はかなり低いように思われるなぁ。

      そうなるとフランスの法律に基づき、発見した登山家に引き渡される可能性も。 日本でも遺失物の扱いで似たような結果になるだろうね。気になる方はこちら。
     

      アルプス登山で、いきなりお金持ちに。 その可能性が高くなってきた???

      ま、人生何があるかわからない典型的な例だね。 アルプス登山をしていて何千万円の価値のある宝石を発見するなんて一体誰が思うだろう?

       世界のビックリニュースだね。

    このページのトップヘ