世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:ブラジルびっくりニュース

    絶滅危惧語と斬首事件

     http://news.livedoor.com/article/detail/12480076/



      『南米アマゾン川流域の奥地に住む100もいると言われる部族。

     敵とみなせば矢を放ち、文明とは程遠い石器時代さながらの生活を今なお送っている未接触部族も多いとみられ、それぞれ独自に使用してきた言語がある。

     ペルーで確認されたレシガロ語もそのひとつであったが、これを話せる最後の1人と言われた女性が何者かによって殺害されてしまった。

     アマゾン奥地で暮らしていたレシガロ族が使用してきたレシガロ語が、残念ながらついに消滅した。それを話す最後の1人といわれたローザ・アンドラーデさん(67)の斬首遺体がこのほど熱帯雨林内の自身の住居で発見され、兄弟もすでに他界しているため、これでレシガロ語人口はゼロになってしまったと『survivalinternational.org』が伝えている。

     
     コロンビアとペルーの国境付近は19世紀終わりごろから天然ゴムの栽培が活発だが、ローザさんは奴隷としてその栽培や労役にあたってきた「オカイナ族」とともに暮らしてきた。

     彼女のレシガロ語は母親から受け継がれたもので、レシガロ族は支配者による暴力やゴムノキ盗難を目的とする外部からの侵入者により次々と殺されていったという。

     そのコミュニティの人々はローザさんも同様のケースで殺害されたと疑っているが、警察側は証拠不十分につき立件は難しいとしている。

     またオカイナ族であった父親により、ローザさんはコロンビアの方言として細々と伝わる「オカイナ語」も堪能であった。

     国際連合教育科学文化機関(以下UNESCO)により“消滅危機言語=重大な危険”と指定されたこの言語の話し手としてもローザさんは広い語彙と知識を持ち、コロンビア政府の依頼で子供たちに歌を数々聞かせるなど実に貴重な存在であったという。

     世界に6,000もあると言われる言語のうち、なんと5,000がこうした先住民族のもの。

     しかし2週間に1つの割合で消滅しているといい、UNESCOは2,500ほどの消滅危機言語を挙げている。

     危機の度合いは「脆弱」「危険」「重大な危険」「極めて深刻」「消滅」として示されるが、レシガロ語は早くからその「極めて深刻」と指定されていた。』


     アマゾン奥地のペルーで確認されたレシガロ語を話す女性。
     レシガロ語は絶滅危惧語だと言われていたらしいけど、それより衝撃的だったのは何者かに自宅で斬首されたということ。

     この21世紀に入っても、アマゾン奥地では未開のような生活を送っている人達がいるということなんだろうね。 それにしても、残念だね。

     レシガロ語は話者が1人となった時点でコミュニケーションを取る言語としての機能は失われている。

     ただ、そういう言語があり、言語体系とか語彙などの研究は、他の言語との比較などで参考になるものだったかもしれない。 1人になった時点で、もっともっと協力してもらえていたら良かったのにね。

     ネット社会が発達し、世界中のニュースがネットを通じて瞬時に伝わるようになった現代で、こうした石器時代のような生活を送っている民族がいるということに少なからずショックだね。

     アマゾン奥地では敵とみなされれば、いまだに平気で人殺しもされるということか・・・。
     自宅で斬首って、どう考えても相手がやってきたという事だよね。

     ローザさんのご冥福をお祈りするとともに、こうした無意味な殺人が今後アマゾンでなくなるように祈りたいと思う。


    ブラジル代表よりエッチ?

      http://news.livedoor.com/article/detail/11894896/



     『リオデジャネイロ五輪女子シンクロ高飛び込みで最下位に終わったブラジルペアが、試合前夜に「男性問題」をめぐりけんかしていたことが発覚した。

     ペアの1人が試合前夜、選手村の自室に同国の男子選手を連れ込んだことからトラブルになったようだ。

     仲違いしたのはブラジルペアのイングリッド・オリベイラ(20)とジョバンナ・ペドロゾ(17)。9日に行われた競技ではまったく息が合わず、出場8組中8位に終わった。試合後、ペアを解消すると発表した。


     地元のオ・グローボ紙によると、オリベイラは試合前夜、同室のペドロゾを部屋から追い出し、ブラジル代表のカヌーの男子選手(23)を連れ込んだ。

     別の部屋で就寝するはめになったペドロゾは怒り心頭で、仲違いしたまま翌日の試合に臨むこととなった。  

     同紙によれば、オリベイラはその美貌から国内では非常に有名な選手で、自身の会員制交流サイト(SNS)には12万人のフォロワーがいるという。

     一方、一夜を過ごした男子選手は10日のカヌー・スラローム男子カヤックシングルで、6位に入賞を果たした。  

     オリベイラは同紙の取材に「私たちはけんかして会話もしなかったが、母国開催のオリンピックというまたとない機会だったので、競技には参加した」と話した。

     ペドロゾは「私は飛び込みをしたかったが、彼女は別のことをしたかった」と不満を述べた。

     ブラジル国内ではオリベイラに対し「この子は女優かモデルになるべきだ。ブラジル代表という責任感は持っていない」などと批判の声が上がっているという。(五輪速報班)』


     今回のリオデジャネイロ・オリンピックでは競技以外で次々に話題が出てくるね。 それにしてもオリベイラってどういう神経をしているんだろう?

     オリンピック競技前日。 ペアのジョバンナを部屋から追い出して、カヌー選手を招き入れたそうな。 ジョバンナが怒るのも無理はない。

     ブラジル人は性に関して大ぴらだけど、さすがに4年に1度のオリンピックの前日にそういう事するか? 日本人の常識では考えられないね。 日本だったら批難集中で、即帰国処分だろう。

     しかも母国ブラジル開催のオリンピックだ。 オリンピックは4年に1度。それでも競技人生から考えれば非常に長い4年。母国開催オリンピックなんて、いくら望んでも人生で早々めぐり合わせられるもんでもない。

     極一部の選手だけがかなえられる夢。

     だけど、オリベイラは自らそれをぶち壊した。 美貌だそうだけど、こんな奴が女優やモデルになったとして応援したくなるのかな???

     一緒にペアを組んできたジョバンナに対する配慮が全くない、ただのわがまま娘だろ。 人間的にクズだと思うな。

     それにしても何で競技前日にそんな行為を行うのか、頭の中を疑うよね。終わってからならまだしもね・・・。  さすがに今回はブラジル人ブラジル代表としての自覚がないと断罪しているけど。

     ブラジル代表カヌー選手もカヌー選手だ。普通の感覚なら、明日競技でペアの子を追い出すなんてマズいと思うだろう。それにオリベイラは有名な女だったようだから、オリベイラファンから自分自身にも危害が加わる可能性もあるんじゃないか?


     いずれにせよ2人の常識はずれな行動は、ブラジルだけでなく世界中からも非難を受けるだろうね。  オリベイラが女優やモデルとして活躍したくても、世界的に見ればダーティーイメージがついた気がするけどなぁ。
    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

    ブラジル人の処世術 [ 武田千香 ]
    価格:820円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)


    ブラジル大統領の停職確定

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000140-jij-int


    『【ブラジリア時事】ブラジル上院(定数81)は12日、ルセフ大統領に対する弾劾裁判の開始を賛成多数で決めた。  

     ルセフ氏は最大180日間の停職となり、同日中に大統領府を去る。ブラジルの大統領が弾劾に問われ、停職となるのは1992年のコロル大統領(当時)以来。

     テメル副大統領が暫定政権を率いる。

     ルセフ氏は今後、最高裁長官をトップとする弾劾法廷で裁かれ、証人喚問などを経て上院の3分の2が賛成すれば罷免される。

     ルセフ氏は上院での採決前、「2018年末に終わる任期の最後の日まで戦い続ける」と徹底抗戦の構えを示しており、弾劾裁判は数カ月続く見通し。

     政治混乱を背景に不安定な社会情勢が続いており、暫定政権が難局打開に行き詰まれば、約3カ月後に迫ったリオデジャネイロ五輪に影響を及ぼす可能性もある。

     スポーツ相を含むルセフ政権の閣僚28人は辞任

     テメル氏は12日中に暫定内閣を発足させ、1930年代以降で最も深刻とされる不況からの脱却に最優先で取り組む。

     機能不全が続いた政治の安定と、ルセフ氏弾劾をめぐり対立を深めた国民の融和も大きな課題となる。』


     ブラジルの政治が混迷している。

     何と現職大統領のルセフ大統領が弾劾裁判にかけられるため、停職が決定した。

     ブラジルは今年の夏にリオデジャネイロオリンピックを控えているが、その大事な時期に現職大統領が裁判にかけられ、副大統領のテメル氏が政権を担う事になった。

     そしてリオ五輪の担当でもあるスポーツ相も辞任。数か月後に迫ったオリンピックという世界的大イベントの前で担当大臣が変わるという大失態。

     まあ、ブラジルに限らず、中南米の国はトップが変わると、その組閣していた担当大臣みんな変わるというのは当たり前。 自分のやりたいように側近を固めるからね。

     だから、トップが変わると、進められていたプロジェクトがストップするなんて事もよくある話。

     さすがにオリンピックがなくなる事はないけど、これまでの話が通じていないなどの支障は出てくると思う。

     それでなくても、ジカ熱など不安要素もあるブラジル

     中南米の国にサッカーワールドカップとオリンピックを続けて任せた事自体、失敗だよ。危険が多すぎた。

     もちろん、それが決定したのは数年前の話だから、当時は南米の産業国として、南米の大国としてブラジルに期待したのだろう。 だけど、欧米や日本などのような先進国と違って、中南米ではこういうリスクは常にあるということ。

     サッカーワールドカップの時もスタジアム建設が遅れたり、ワールドカップの多額の予算にブラジル国民が怒って、もっと福祉を充実させろとデモが起きたりしたのは記憶に新しいこと。

     ブラジルの政治的混迷は、治安悪化も誘発する。ましてや、ルセフ大統領は弾劾裁判でも徹底抗戦の構え。 暫定政権のテメル政権が上手くコントロールできるかどうかは、神のみぞ知るだね。

     ブラジルの景気は最悪に近いらしい。

     そうなると、リオ五輪目当てにきた世界中の観光客犯罪の格好のターゲットだよね。世界中から旅行者がやってくるんだから。

     ジカ熱、政治不安、犯罪多発

     もしかしたら、ブラジル政治リオデジャネイロオリンピックなど構っていられないという感じなのかもしれない・・・。

     中南米でのビッグイベントは、こういう事も起こると想定しながら進めないといけないね。

     リオ五輪
    に行かれる予定の方は、くれぐれも気をつけてくださいね。
     ただ、ブラジルは様々な文化が入り混じっていて、音楽もスポーツも楽しめる国なのは確かです。


    ブラジルの笑える強盗

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-35081023-cnn-int


      『(CNN) ブラジル南部サンタカタリーナ州の銀行に12日までに、全身をアルミホイルで覆った2人組が侵入した。

     警報装置のセンサーをかわすためのカムフラージュだったようだが、防犯カメラにはその姿がはっきりと映っていた。

     同州の軍警察によると、2人組は9日深夜、ブラジル銀行の支店に侵入した。アルミホイルでセンサーをかわせると考え、壁を壊して中へ入ったが、防犯カメラの存在には気付かなかったようだ。

      店内の中央金庫付近で地面をはう2人組の姿は中央管制室の画面に映し出され、スタッフがただちに警察へ通報した。

     警察の報道官はCNNに「現場から電気ドリルなどの道具が見つかった。犯人は金庫破りをたくらんでいたが、手ぶらで逃げたようだ」と語った。

     2人組にはさらに1~2人の共犯者がいて見張り役を務め、パトカーが来ることを伝えたとみられる。

      この事件に関連して、10日までに少なくとも1人の男が近くの林で見つかり、拘束された。男には強盗の前歴があるという。

     リオデジャネイロでは過去に、体温を感知されないようアルミで体を覆ったグループが、数カ所の現金自動出入機(ATM)から現金を盗み出す事件が起きていた。』


     ブラジルの銀行強盗の話だけど、何とも間抜けな話。

     アルミホイルで体温センサーを考えているのに、肝心な監視カメラも事を忘れるなんて!普通、どこでも監視カメラでモニターしているでしょ。

     銀行の金庫なんだから。しかも1人の間抜けな強盗の犯行じゃない(笑)。

     強盗は2人組で、見張り役もいたという。という事は3、4人ぐらいのグループだよね?
     その中の1人も監視カメラの事を考えなかった???

     ある意味ビックリだよね。

     でもブラジルではほとんど教育を受けていない輩もいて、日本人と違って先ず考えずに行動というパターンも多い。日本人は色々な事を予測して、行動に移すというパターン、良い悪いは別として。

     ブラジル人は先ずは行動が先ということも。今回はどこかで体温センサーがあるからと言う情報を聞きつけて対策は練ったが、監視カメラの情報は誰も得られなかったんだろうね。

      世界には色々な事件があるね。

     ブラジルはある意味、こんな発想の国。日本人の発想とは違う事も多い。
      「顔隠して尻隠さず」みたいな。


     リオ五輪を見に行く予定のある人は、窃盗や強盗に気を付けてくださいね。
     
    るるぶブラジル・アルゼンチン

    るるぶブラジル・アルゼンチン
    価格:1,620円(税込、送料込)

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    ペットも婚活の時代

        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00001702-mbrasiln-s_ame


        『中小企業支援機構(SEBRAE)ニュービジネスコンテストでの優勝企画

      古今東西、飼い主からは、わが子同然の愛情を注がれるペット。より情の深いブラジル人ならではの悩みもあるようだ。

      自分になついてくれるのはうれしいけれど、ふさわしい相手と出会って幸せになってほしい、でも出会わせ方が分からない、と頭を悩ませる飼い主も多いという。

      そんな悩みを解消するため、ブラジリアに住む4人の起業家がペット用婚活サイトを開設し、話題になっている。

      TVグローボが6月28日、番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、ブラジリア在住の4人の若い起業家が立ち上げたウェブサイト「パール・ペッチ(Par Pet)」が動物たちのキューピッド役を果たしているという。

      サイトの仕組みは、まず、ペットの「恋人」を探したい飼い主がペットの種類、大きさ、毛並みの色、気質などの基本情報を登録し、探す相手の種別を選ぶ。

      サイトの使用料もサイトから行う仕組みで、サービスを利用する飼い主はサイトのサービスに見合うと思った金額を自分で決めて払うことになっている。

      「パール・ペッチ」はブラジリアで開催された中小企業支援機構(SEBRAE)ニュービジネスコンテストで優勝している。

      コンテストにエントリーしたのは50組だった。起業家たちがこのサイトに投資した額はたった700レアル(約2万8000円)で、サイトの開設と商標登録の費用のみだったという。

      「パール・ペッチ」には希少なインコも登録されており、すでに1万5000人が閲覧しているという。

     ブルドッグのブルーノとダイアもこのサイトで知り合った。最初は緊張していた二匹も時間が経つにつれて意気投合、一日の終わりにはすっかり相手を気に入った様子だった。

      「今は一人で寂しい思いをしているペットに、一緒に楽しい時間を過ごせる相手を見つける手段を提供できるのは喜ばしいことです」起業家の一人、ブライアン・ディシットルさん)


       ブラジルでは犬の婚活サイトが登場。 中小企業支援機構(SEBRAE)ニュービジネスコンテストでの優勝企画となった。

       ペットは自分に懐いて癒してくれるだけで満足する人が大半ではないかな?

       基本的にペットを飼っている人からの人間視線で物事を捉えるけれど、ブラジル人はちょっと違うようだ。 自分に懐いてくれるだけでなく、ペット自身も恋をして幸せになってもらいたいと考える人がけっこういるようなのだ。 凄いよね。

      ペット飼うだけでもお金がかかるし、ペットが恋をしてしまえば、自分から離れていく可能性だってある。

       それでもペットの幸せを祈って、ペット婚活サイトにお金を払ってまでパートナーを探しているんだね~。 他の国、とりわけ日本だとどうだろう? 同じようにペットの婚活サイトを作ったとして需要はあるのだろうか?

      ブラジル人のちょっと違った視点にはほっこりするね。 ただ、ブラジルはファベーラというスラム街も存在している。

      サッカーワールドカップは終わったけど、来年はリオデジャネイロオリンピックが控える。

       公共事業などの投資で潤っている面はあるだろうけど、これをきっかけにしてスラム街の改善にも目を向けてほしいな。

       ペットの婚活するほどやさしいブラジル人なら、もっと最底辺で暮らしている人間にも目を向けてほしいな。 まあ、実際にブラジルに住んでいると犯罪を犯す確率が高い人間に目を向けよと言ってもなかなか難しい面もあるかもしれないけどね。

      自分の身に危険を及ぼすような人間には関わりたくないというのもよくわかる。

       治安などで日本とは全く違った環境で暮らしているブラジル人の常識日本人の常識とは全く違っているからね。

      それでも、やっぱり目を向けてほしいんだな。

       ペット婚活サイトの収益の一部をファヴェーラ改善に役立てる資金にするとかね。

      ブラジル
    でヒットしたファべーラを舞台にした小説
      

    このページのトップヘ