世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:ブラジルワールドカップ話題

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    ブラジルの危機

      http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140709-00050136-yom-int


      『【リオデジャネイロ=吉田健一】サッカー・ワールドカップ(W杯)で8日、ブラジル代表が歴史的大敗を喫したことは、同国の政治や経済にも深刻な影響を広げそうだ。

      ルセフ大統領は大会の成功を10月の大統領選への弾みとしたい考えだったが、巨額の開催費を投じたことへの批判が再燃するのは避けられない。

     W杯用に建 てられた各地のスタジアムは「負の遺産」となる懸念もある。失意の国民が2年後のリオデジャネイロ五輪に向けて結束できるかは未知数だ。


     ◆大統領にブーイング  ブラジルが5点差を追う前半終了間際。沈滞ムードに包まれたベロオリゾンテ・ミネイラン競技場で突然、ルセフ氏を名指ししたブーイングが約3分間続い た。

     「歴史的屈辱」とまで評された試合への怒りが、W杯に110億ドル(約1兆1000億円)という史上最大規模の巨費を投じた大統領への不満に転じたと みられる。

     ブラジルでは、6月12日のW杯開幕直前まで各地でデモやストライキが相次いでいた。教育や医療といった社会問題を置き去りにしたままW杯の開催準備を急いだルセフ政権への不満からだ。

     ただ、代表チームが勝ち上がるにつれ、批判は減っていった。  世論調査でも、ルセフ氏の支持率は昨年11月の47%から6月上旬には34%まで落ち込んだが、7月の最新調査では38%に持ち直していた。

      ルセフ氏はさらに観戦で訪れる各国首脳らと“W杯外交”も展開。大会成功を15日に開かれるBRICS首脳会議につなげて政権を浮揚させる狙いもあったが、大敗に水を差された。

     10月の大統領選に向けた選挙戦は6日から始まっている。野党が政権批判を強めるのは確実だ。地元紙幹部は「優勝を逃した結果、政府批判は国民レベルでも再燃する」と予測する。』


       ブラジルのサッカー代表セレソンが、準決勝でドイツに歴史的大敗をしたことで、ブラジルの政治に大きな影を落としている。

     ブラジルではサッカーは国民的スポーツ。 しかし、今回のワールドカップブラジル大会には、ブラジルの社会問題に目をつむり巨額の費用をワールドカップ開催に投じてきた。

     W杯開催前から、ブラジル各地でデモが起きていたのはご存知の通り。

      これがブラジル地元開催で、ブラジル代表セレソンが優勝を飾ればこういった不満もある程度抑えられたはずだ。

     サッカーワールドカップのブラジル開催は2度目。 前回は決勝戦でウルグアイに負けて「マラカナンの悲劇」と言われていた。

      ブラジルは世界最多のワールドカップ優勝を誇っているが、地元ブラジルでの優勝ブラジル国民の悲願でもあった。 その夢が準決勝で敗れたのもさることながら、その負け方が酷すぎた。

      自他共にサッカー大国と認めるブラジルが、よもやの7失点。 歴史に名を残す屈辱的な負けになった。

      単なる敗戦以上にこの怒りや悲しみは深い。 ブラジルを始め一部の国では、ワールドカップで負けると暴動が起こったり、死者が出たりするのは毎回のこと。 突然暴徒化するサポーターは手に負えなくなるからね。

      だから、ワールドカップの試合は単なるサッカーの試合以上の影響があることをみんな知っている。政府関係者を始め、現場を仕切る警察なども緊張の面持ちでサッカーの試合を見ているはずだ。

      今回もブラジルでバス20台以上が燃やされたり、商品略奪が起こったりしたと報道されている。

     それにしても、タイミングが悪すぎるね。

     地元優勝の期待がかかっていたところで、今まで他の国でも聞いた事がないような大敗。 ぶざまな試合を一番見せてはいけない場面でやってしまったのだ。

      これでブラジル国民サッカー大国のプライドがズタズタに引き裂かれてしまった。

     これまでのブラジルスター選手も、あまりにショックだと思う。 サポーターの怒りや不満は、ブラジルワールドカップを推進して巨額なお金を投資してきたブラジル政権に向けられるだろう。

     ワールドカップが終わって、各地のスタジアムが採算が取れずに重荷になってきて、社会保障などが思ったように改善されないようだと、ルセフ大統領がかなり激しい非難の的となるのは間違いない。

      今年のブラジルは大統領選を始め、州知事選や上下両議員の選挙が行われる。 ブラジルの歴史的大敗は、単なるサッカーの試合で代表が負けただけではない。


      日本ではワールドカップでぶざまな試合で負けて帰っても空港で歓迎されるくらいだけど、ブラジルでは全く状況が違っていて、政治問題にも大きく影響してくる。

      このブラジルの選挙結果、ひいてはブラジル将来に、このブラジル代表セレソンの敗戦は影響してくるのだ。 ルセフ大統領ブラジル国民に「ワールドカップは成功だった」と納得させることはできなくなったからね。


      ルセフ大統領にとっては正に悪夢だ。 ルセフ大統領セレソンの歴史的大敗に地団太を踏んでいることだろう。

      攻守の要、ネイマールシウバが試合に出られなかったとしても、サッカー王国ブラジルが誰も予想もしなかったまさか、まさかの歴史的大敗だからね。

     単に負けでもブラジル政権には影響が出るだろうに、今回は言い訳できない歴史的大敗

      ブラジル代表が6分間に4点を取った事はこれまでにあっただろうが、逆に取られた事なんてなかっただろうからね。 しかも、それがブラジル中、世界中が注目していたワールドカップの地元の試合で起こってしまった悲劇。


     これで3位決定戦でブラジルオランダに勝ったとしても、ブラジル国民のショックは癒されないだろう。

      しかし、この試合でオランダのロッベンやスナイダーなどにどんどん点を取られて負けるようだと、ブラジルの治安は一気に悪化する。それは間違いない。

      アルゼンチン対ドイツの決勝戦にもその影響がくるかもしれない。

      ブラジルサポーターにとっては、ブラジル人が一番のライバルと思っているアルゼンチンが決勝に進んでいることも、大きな不満材料になっているからね。

      3位決定戦はこれ以上、ブラジルの治安悪化を招かないためにも、セレソンオランダ相手にすっきりした勝ちが求められる。絶対に勝たなければならない。それも圧倒的な勝ち方で。

      しかし、そうやって勝ったとしても、ルセフ大統領にいっそう厳しい目が向けられる事は間違いないし、暫くは怒りが収まらないブラジルサポーターの暴動にも気をつけないといけない。

      ただ、オランダ戦のブラジルの戦いは、サッカー王国のプライドを取り戻し、治安悪化を食いとめる重要な試合になる。 単なる消化試合ではないのだ。

      精神的ショックを受け、攻撃の要エース、ネイマールを欠く中、どこまでスコラリー監督がチームを立ち直せるか。

     かなり難しい仕事ではあるが、ブラジル国民はもちろん海外からの観光客にも影響してくるからね。頑張ってもらわないと。

     
      ブラジルなど中南米、アフリカの一部の国では、サッカーの国際試合は他のスポーツとは違って、国を揺るがすくらい大きな意味があるんだよね。

    ブログネタ
    ワールドカップ2014ブラジル大会へ向けて に参加中!
    ブラジルW杯と黄熱病

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00000022-rcdc-cn


     『2014年6月5日、韓国のポータルサイト・ネイバーによると、黄熱病予防接種の副作用により、サッカー韓国代表の主力選手が続々と体調不良に襲われている。鳳凰体育が伝えた。

      ブラジルのW杯開催地では少なくとも5カ所が世界保健機関(WHO)によって黄熱病の危険地域に指定されている。

      そのため、26日、韓国サッカー協会は選手たちに黄熱病の予防接種を実施した。

      だが、ワクチンによる副作用により体調不良を訴える選手が続出、29日に行われたチュニジアとの親善試合は0対1で敗戦した。

     その後、体調不良に見舞われた選手はさらに増加している。主力選手のキ・ソンヨン、イ・ボムヨン、イ・ヨン、イ・チョンヨンに続き、今夏ドルトムントへの移籍を決めたチ・ドンウォンも風邪、嘔吐(おうと)などを訴えている。

      黄熱病の予防接種を受けると、20~30%の人に発熱、頭痛、筋肉痛などの症状が出ると言われており、体調によって3~14日間継続するという。

      W杯本番まで韓国代表に残された時間は残りわずかだ。(翻訳・編集/岡本悠馬)』


       ブラジルワールドカップに参加する韓国代表チーム黄熱病予防接種の副作用に苦しんでいるらしい。

     ブラジルは国土が広く、熱帯気候が多くを占める。

     黄熱病
    というのは、蚊を媒体とした黄熱ウイルスの感染症で、発熱や黒色の嘔吐などの症状が現れる中南米アフリカなどの風土病である。

     野口英世が研究していた事でも知られているね。

     黄熱病の流行地域や国へ行く場合は、イエローカード(国際予防接種証明書)が必要になる。

     イエローカード
    というのは、黄熱病のワクチンを接種したという黄色い証明書のことだ。つまり、黄熱病の病原体を弱くしたものを体に打って、体内に抗体を作り、抵抗力をつけたという事だ。

     ところが、ワクチンといえども、黄熱病の病原体を体に入れるわけだから、人によっては体調を崩すことがある。

      それにしてもねぇ・・・。

      韓国代表チームを預かっている組織はマヌケだとしかいいようがない。


      僕もイエローカードを持っていたからわかるけど、イエローカードの有効期限は10年なのだ。だから、W杯直前に黄熱病ワクチンを打つ必要は全くない。

      韓国代表候補全員にオフの時に前もって打たせておけばいいし、イエローカードを持っていないサッカー選手、関係者は、少なくともブラジルワールドカップ韓国代表発表があってからすぐに打つべきだろう。

      調べたらサッカー韓国代表発表は5月8日だった。

      少なくともワールドカップ開催1ヶ月前には済ませておくべきものじゃない?

      もしかしたら、韓国チームが実施した予防接種黄熱病だけじゃなかったのかもしれない。その場合、予防接種を打つ順番をよく調べておかないといけない。

      この予防接種を打ったら何日か何週間かは、他の予防接種ができないとかがあるからだ。

      順番を間違えると、日数が余計にかかってしまう。

      それにしてもねぇ。

      多額の金をかけて韓国代表チームを強化しているだろうに、ワールドカップ直前の大事な調整時期に選手を病気にさせてどうする!

      もう馬鹿としかいいようがないねぇ。

      主力選手がブラジルワールドカップの第1試合に間に合わなかったらシャレにならないだろうに。まあ韓国の初戦は6月18日だから日本に比べれば比較的余裕があるが、初戦の相手はロシアだ。

      2戦がアルジェリアで、3戦がベルギー。この組はベルギーが頭1つ抜けているから、韓国ロシアと予選突破のもう一枠を争う感じだろう。その大事な初戦がロシアなのだ。

      それでなくても、ワールドカップは独特の雰囲気があり、緊張をすると思うのだが。

      ワールドカップ開幕までには体調が戻ったとしても、選手としては病み上がりだし、ゲーム勘など調整不足の不安が常につきまとってしまう。

      ブラジルは高温多湿の厳しい環境のところもあるから通常でも体調をベストに保つのは難しい。

      何より主力選手が体調を崩せば、チーム戦術などの確認や連携向上などの練習ができないんだよ。つまり、チーム全体も不安な状態で初戦のロシア戦を迎えなければいけないということ。

      ちょっとした連携ミスで勝敗が決まるワールドカップ

      韓国代表チーム
    は、ワールドカップ開幕前から自滅しているようなもんだよ。


      ただ、そうは言ってもアジア代表なんだから頑張ってもらわねばね。アジアチームのブラジルワールドカップ成績で、次回のアジアの出場枠などが調整されるからだ。

      アジア枠が減らされれば、日本だって次回のワールドカップ出場が苦しくなる。

      それに日本と同じアジア代表として、他の地域の国にボロ負けするのを見たくはない。

      とにかく体調を崩しているキ・ソンヨン、イ・ボムヨン、イ・ヨン、イ・チョンヨン、チ・ドンウォンの早い回復を願うしかないね。

       日本でも活躍した洪 明甫(ホン・ミョンボ)韓国代表監督も頭が痛いだろうな。

      サッカーでダジャレを言えば、正に体調管理ミスのイエローカードだよ。
     

    このページのトップヘ