世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:メキシコ

    不法移民を支援する人々  

    『【9月2日 AFP】中南米からメキシコ国境を不法に越えて米国を目指す移民

     彼らを支えている女性たちがメキシコ・ベラクルス(Veracruz)州の村コルドバ(Cordoba)にいる。

     「十二使徒」と呼ばれる彼女たちは毎晩、アメリカンドリームを追い求め貨物列車に飛び乗った人々に、水や食料を投げたり手渡したりして彼らの危険な旅を支援している。

     ノルマ・ロメロ(Norma Romero)さんは23年前、コルドバで停車した貨物列車から降りてきた男性たちに助けを請われ、その言葉に中米のアクセントがあったことから、国境を越え米国を目指す人たちが同列車に乗っていることを知った。

     空腹だった彼らにパンと牛乳を渡したその日以来、23年間毎日、ロメロさんと「十二使徒」の仲間たちは、母国における貧困と犯罪組織の抗争を逃れてきた人々を助ける活動を続けている。

     しかし、この活動は一歩間違えれば非常に危険で、手の指3本を失いかけたボランティア女性もいるという。

     貨物列車は「ザ・ビースト(The Beast、野獣)」と呼ばれており、貨車の屋根などに飛び乗った人々は事故で手足を失ったり、死亡したりするほか、犯罪者や時には警察官に襲われることもある。  

     車上で食料を受け取った人々は「メキシコ!」「ありがとう!」と叫びながら、列車と共に夜の闇に消えていく。

     ロメロさんたちは、彼らが旅を続ける支えになれることに喜びを感じつつも、若者たちが母国を出て危険を冒さなければならないことに心を痛めている。

     ロメロさんの自宅は、貨物列車を降り一時的に同村に滞在する人々のシェルターになっている。

     移民に渡す水や食料は、地元商店などからの寄付でまかなっており、滞在者たちが料理や皿洗いを手伝う。

     貨物列車に乗っている全員に食料などが行き渡るわけではないが、ロメロさんは語る。少なくとも彼らは希望を持って旅を続けられると。』


     中南米諸国からメキシコを経由してアメリカ入国を試みる不法滞在者たち。

     でも、メキシコのベラクルスの村にはボランティアで彼らを支援する人達がいるという。

     アメリカへの不法入国はもちろん違法
     それどころか彼らはメキシコ入国自体も違法だから、メキシコ政府にとっても不法滞在者となる。   
     
     今のアメリカのトランプ大統領アメリカ・メキシコの国境に壁を作り、費用をメキシコ持ちにさせると発言するなど、違法入国者に厳しい態度を取っている。

     では、ロメロさん達は、どうしてそんな不法滞在者を支援しているのだろうか。

     記事には書いていないが、そこには複雑な事情がある。

     中米諸国は政情が不安定で、ホンジュラスなどのようにギャングが横行している国もある。
     彼らは親などを早く亡くした少年などを誘拐して、ギャング仲間にしたてあげ、違法行為を繰り返しているのだ。

     ギャング同士の抗争もあり、治安的にも悪いところもある。

     中米の多くの国は貧富の格差が大きく、貧しい者たちは生きていくのが苦しいという現状に置かれている。

     と言っても、政府など当てにならない。ここは日本人の感覚とは大きく違うところだろう。

     正直、いくら言っても取り上げてももらえないどころか、下手をすると迫害を受けるはめになってしまう。

     そんな彼らの夢はアメリカに入国して働くこと。
     アメリカに潜り込めて、働ければその仕送りで家族は裕福な生活が送れる。  

     逆に言えば、家族の生活状況を劇的に変えるにはそれぐらいしかないのかもしれない。

     でも、彼らにとって陸路でアメリカ入国を目指すのは命懸けだ。  
     
     大した旅行資金も持たず出発する。  
     メキシコだって不法入国だから、メキシコの警官や軍に見つかればすぐに国へ送り返される。  

     大体がこの記事の貨物列車などのような劣悪な状況の中に潜り込んでアメリカ国境を目指すのだが、食料や水も満足でない中、体調だって悪化しがち。

     国境まで行っても、アメリカに潜り込めるかどうかは運次第だろう。
     抜け道トンネルなど利用できれば別だろうけど。

     まあ、国を出発する時からアメリカまでの道案内役がいることが多いとは思うけど、彼らにお金を払っても成功するとは限らない賭けの面がある。

     なんとか、念願かなってアメリカに入れたとしても苦労の連続。
     不法滞在者だから、まともな職には就けない。

     アメリカ人が嫌がるいわゆる3Kの仕事しかない。
     それでも彼らはそれに耐えて家族に仕送りをする。  

     そういう事情を知っているからこそ、メキシコのどちらかと言えば貧しい部類の村の人達が支援しているのだろうと思う。  ある意味、彼らに自分達の姿を重ねながら。  

     密入国、不法滞在は法律的にはいけないことだ。

     ただ、法律が自分達の生活や権利を守ってくれない国って、中南米にはけっこうある。
     このままだと、いくら頑張っても夢さえ見られない事実。

     そこに、彼らを単なる犯罪者と切り捨てられない現実がある。


    フラワーフェスティバル(広島)

      https://www.asahi.com/articles/ASL533HWCL53PITB002.html



    『「世界へとどけ花と平和のメッセージ」をテーマに、ひろしまフラワーフェスティバルが3日、広島市中区の平和記念公園や平和大通り一帯で始まり、大勢の人でにぎわった。  

    花の総合パレード」には111団体約8700人が色とりどりの衣装で登場、沿道を盛り上げた。

     大学2年の石原亜沙比さん(19)は「お客さんと一丸となって踊れた。広島から世界にダンスを発信したい」と話していた。

      開園35周年を迎えた東京ディズニーリゾートからミッキーマウスも参加。

     叔母と訪れた広島市西区の小林凜花さん(10)は「ミッキーを見に来た。間近で見られてよかった」と笑顔だった。

     4日は東京オリンピック新種目のスポーツクライミング体験などができる「ひろしまストリート陸上プラス」、5日は「きんさいYOSAKOIパレード」などがある。(大滝哲彰)』


      毎年、広島市では5月3日から5日までのGW3日間、フラワーフェスティバルが開催される。

      文字通り「花の祭典」で、平和を祈っているお祭りだ。
      歌やダンス、神楽などが各ステージで、様々なパフォーマンスが行われる。

      今年行ってみたけど、目を引いたのがメキシコのグァナファトから来たバンドと踊り

      国際色豊かな祭典とはいえ、どうしてもアジア中心となりがち。
     そんな中、常連になったブラジルのサンバチームに加わったラテン系

      実は広島県メキシコのグァナファトと友好提携を結んでいるのだ。

     そんな縁で、やってきたメキシコの音楽家や踊り子たち。
      あまり馴染みがないメキシコの文化を日本人が学べる良い機会となった。

     メキシコは親日国だからね。 P_20180504_160211

    ブログネタ
    海外ニュース4 に参加中!
    メキシコの被爆したかも事件

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-35041045-cnn-int

        『(CNN) メキシコ放射性物質を積んだトラックが奪われた事件で、トラックが発見された付近に住む住民6人が被爆した恐れがあるとして入院していたが、6日に行われた検査の結果、全員被爆していないと判明し、間もなく退院することが分かった。

       メキシコ国営メディアイダルゴ州衛生当局者の話として、2日にメキシコ市近郊のテポハコ放射性物質コバルト60と医療機器を積んだトラックが奪われてから12時間の間に大人5人と16歳の少年の計6人がコバルト60と接触したようだと報じていた。

       またメキシコ当局は5日、盗まれた放射性物質をすべて回収したと発表した。

      しかし、トラックを奪った犯人を発見したか否かについては明らかにしなかった。
       トラックは5日夕方、医療目的で使用されていた放射性物質とともに奪われた場所から約40キロ離れた場所で発見され、トラックに積まれていた放射性物質もすべてトラックと同じ場所で発見された。

       メキシコ当局は、強盗団は恐らく被ばくしており、いずれ治療のために姿を現すとしているが、今のところ容疑者を拘束したとの明確な発表はない。

      しかし、入 院中の6人に関する新聞報道によると、25歳の男性と16歳の少年が連邦警察に拘留されているという。拘束理由は書かれていないが、間もなく内務省が詳細 を発表するとしている。

       またこの2人の容疑者が入院中の6人の中に含まれているかも定かではなく、イダルゴ州政府筋もこの点について言及を避けた。』


      メキシコ放射性物質を積んだトラックが奪われて、それがトラックと共に放置された事件で6人が被爆したという。 この放射線物質は医療用のコバルト60。

      コバルト60とは知らずに犯人はトラックを強奪したらしい。

       奪ったはいいが、放射線物質コバルト60であると知らなかった為、自分も被爆した可能性が高いという。

      まあ、それはそれで自業自得とも言えるけどね。 ただ、最悪の事態は避けられたようだ。付近の住民で被爆したと疑われた人達は被爆していないとの事だった。

       全く関係ない人々が知らぬ間に被爆したらとんでもないところだった。 放射線物質の脅威は直接目に見えないからね・・・。 まさか、身近な所にそんな危険な放射線物質があるなんて夢にも思わなかっただろう。

       ただ、そのトラックが乗り捨てられていた場所は放射線汚染はないんだろうか???

      後で知らずに付近を通って被爆という可能性はないのだろうか?
      広島・長崎の原爆福島の原発事故を経験した日本に生まれたものとしては、後々の影響が非常に気になる。

       乗り捨てられたトラックの付近がどのようなところか知らないが、農作物や家畜を育てていたら食の安全性も脅かされるかも。

      まあ医療用のコバルト60だから、原発事故のように酷いものではないのかもしれないけど、非常に気になるところ。

       万が一、付近を通って被爆したりしたら、後々まで後遺症に苦しむ可能性が高いからね。

       犯人はとんでもない事をしたもんだ。 今拘束されている2人がちょっと怪しいかもね。

       犯人は一番被爆している可能性が高い。 すぐに症状が現れるのかどうか知らないけど、体に変調をきたしたら病院にいかざるを得ないだろう。

      そのまま放っておけば死んでしまうかもしれないしね。

      今回のニュースを見てテロリストが変な事を思いつかなきゃいいけど。
      こういうのって目に見えない恐怖があるから嫌だよね。

    ブログネタ
    海外ニュース4 に参加中!
    メキシコ火山の影響

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000010-jij_afp-int



     『【AFP=時事】メキシコの首都メキシコ市(Mexico City)近郊のポポカテペトル(Popocatepetl)山が再び噴火し、メキシコ市国際空港では4日、北米発の航空便で欠航が相次いだ。

       空港当局がテレビで発表したところによると、メキシコ発着便の運航を見合わせたのはアメリカン航空(American Airlines)、USエアウェイズ(US Airways)、デルタ航空(Delta Airlines)、アラスカ航空(Alaska Airlines)の4社。

      また、AFPの取材に対し空港広報担当者は、メキシコと米国を結ぶ航空便の欠航は合わせて47便に上っていると話した。

      ポポカテペトル山では5月から火山活動が活発化し、特に過去27日間は避難命令発令の1歩手前にあたる「黄色フェーズ3」まで警戒レベルが引き上げられている。

      メキシコ国立防災当局の最新報告によれば、ポポカテペトル山は24時間前から白煙や火山灰を噴き上げており、周辺地域では直近の12時間にわたって火山性地震が観測されている。【翻訳編集】 AFPBB News』  


       メキシコのポポカテペトル(Popocatepetl)山が噴火した。  

      ポポカテペトル(Popocatepetl)山は、プエブラ州にあり、首都メキシコシティに近い。

      噴火した火山は大量の黒煙を撒き散らす。飛行機にとっては致命的な状況になる。
      だから、メキシコ市国際空港発着便はもろに影響を受ける事になった。

      アメリカン航空(American Airlines)、USエアウェイズ(US Airways)、デルタ航空(Delta Airlines)、アラスカ航空(Alaska Airlines)メキシコ発着便の運航を見合わせたのは、アメリカと結ぶ航空会社。 

      このアメリカから結ぶ航空会社が運航を見合わせるという事は、大影響なのだ。

      アメリカ人だけの問題じゃない。例えば日本からメキシコに行く場合、90%以上はアメリカ経由で行く。  つまり、アジアからメキシコに行く場合はほとんどがアメリカ経由アメリカの航空会社を使うのだ。

      それが運航停止になればビジネス関係にも大きな影響は出るだろう。 

      まあ、他のメキシコの空港を利用して入る方法もあるけど、メキシコの国土は広いからね。

      ところでこのポポカテペトル山メキシコで第2目に高い山なのだが、メキシコの日系人の間では1番高いオリサバ山よりよほど人気がある。

      それはなぜか?

      実は ポポカテペトル山は最近世界遺産に登録された日本の富士山に似ているのだ。

      日本人の血を引く日系人日本人にとっては、日本を思い出させる。それがポポカテペトル山なのだ。山頂に雪をいだく ポポカテペトル山メキシコ富士として親しまれている。

      その ポポカテペトル山が噴火

      火山は噴火によって、山の形が変わる事がある。


      僕はメキシコのビジネスの影響もさることならが、噴火によりこのポポカテペトル山の形が変わる事がかなり気になっているのである。

       ポポカテペトル山に大噴火が起こりませんように!
     

    このページのトップヘ