世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界のありえない話

    ベネズエラ ハンバーガー約2万円

     http://www.afpbb.com/articles/-/3087876



     『【5月21日 AFP】深刻な経済危機に見舞われているベネズエラでは現在、ハンバーガー1個は、1ドル=10ボリバルの公式レートで、1700ボリバル=約170ドル(約1万9000円)で販売され、ホテル1泊の料金は6万9000ボリバル=約6900ドル(約76万円)となっている。

     だが経済危機を受け導入された為替管理の下で設定された公式レートで値を付ける商人などもちろんいない。実際にやりとりされているのはブラックマーケットのレート、1ドル=1000ボリバルだ。

     通貨ボリバルのハイパーインフレにより、経済の大半が輸入品と原材料に依存する国での生活は著しく高くつく。中流層でさえも大部分が貧困に滑り落ち、ハンバーガーもホテルも手が届かなくなっている。

     首都カラカス(Caracas)の中流地区チャカオ(Chacao)では、オフィスワーカーたちができる限り安あがりの昼食を求めて、ナッツ販売店の前に列をつくっているが、隣のレストランはがらがらだ。

     ある化粧品店の女性は「誰も何も買ってない。食べ物だけね」と語った。客の男性はひげそりの刃を買うのにデビットカードを使っていたという。

     外資系チェーンなどの店舗が入った高級ショッピングセンターでは、ほとんどの販売員たちが暇を持て余しているのをよそに、1軒の薬局に約200人の列ができている。

     何を買うために並んでいるのかは、並んでいる本人たちも分かっていない。だが、ここに並んで、その日配達される歯磨き粉といった衛生用品などを、大抵は数分で、品切れになる前につかみ取るのはもはや日課だという。(c)AFP/Marc BURLEIGH』


     今、ベネズエラが貧困の危機にあえいでいる。

     かつては南米で石油が出るという事で、どちらかとリッチな国だったが、今や経済が破綻

     反米路線を取っていたが、それなりにベネズエラをコントロールしていたチャベス元大統領が亡くなってから、ベネズエラ経済はどんどん悪化しているみたいだね。

     ハンバーガー1個約2万円の高値になっているんだってさ。 もちろんそれは実質価値が2万円という事ではない。

     ベネズエラ政府が公式レートで言っているレートで計算してのもの。 1ドル=10ボリバル。でも実質価値は1ドル=1000ボリバル。

     100倍もの違うレートを言っている時点で、プライドだけ高くて経済などを何も考えていないベネズエラ政府の無能ぶりが見て取れる。かつて軍事政権のミャンマーがそうだったね。

     ボリバルは周辺のコロンビアやブラジルぐらいしか両替してくれない事態になっているんじゃないかな? だんだん紙切れになってくる感じだね。

     レストランやショッピングセンターがガラガラって・・・。そこで働く従業員の給料だって払えない状態だろう。 ビックリなのは、何を並んでいるかわからない列にとにかく並ぶようになってきていること。

     日用品まで品切れになる事態になっているらしい。

     ベネズエラはエンジェルフォールと言う世界一長い滝があるので、観光客にも人気だけど今は控えた方が良さそうだ。

     こういう時、外国人は格好のターゲットにされるから。 強盗に遭う可能性も高まるし、警官などに職務質問されてたかられる可能性も高くなってくる。

     それにしても、かつての南米経済をリードするような存在だったベネズエラが、ここまで深刻な経済危機に陥るとはね・・・。

     中南米はあっという間に、経済が悪化したり、暴動が起きたりするから気をつけないといけないね。


    ブログネタ
    痛いニュース に参加中!
    9ヶ月の赤ちゃんが殺人共犯者

       http://news.livedoor.com/article/detail/8706933/  

    パキスタンでこのほどたった生後9か月という男の赤ちゃんに対し、殺人に加担した容疑がかけられてしまった。「この国には人権以前に常識というものがあるのか」と、世界中の人権擁護団体が呆れ返っている。

     一体この子は何をしたというのであろうか。

      気難しそうな表情をみせる大人たちの目の前に広げられているのは、何やら難しい文言が並んでいる何枚もの書類。

     これは3日、『WorldNews.tv』が“BIZARRE! 9-month-old booked for murder in Pakistan appears in court”というタイトルでYouTubeに投稿した動画のスクリーンショットである。

     祖父のヒザの上でミルクの入った哺乳瓶をくわえているこの赤ちゃんは、生後9か月のムハンマド・モーサ・カーン(Muhammad Mosa Khan)君。この子がある殺人事件の共犯者として起訴されてしまったのだ。

      3日、パキスタン・パンジャーブ州の裁判所に出廷するよう命じられたムハンマド君

     しばらくは大人しくしていたが、書類に「拇印」を押すよう求められ、大人たちがムハンマド君の小さく柔らかい指を書類にギュッと押し当てると、さすがに泣き出してしまった。

     パキスタンの英紙『The Nation』はさらに仰天するような話を伝えている。

     まだ歩行も会話も出来ない月齢でありながら、ムハンマド君にはなんと「余罪」まで疑われていたのだ。ラホール東部のある町で起きたガス撒き強盗事件、警察官に向かって投石した事件、国政に口出しをする反乱分子

     このような言葉を並べられて、ただ呆れるばかりだったという。
     「4月12日までは保釈」と決定したが、いったん振り上げた腕を警察は意地でも下ろさない可能性がある。

     とはいえ彼らがはなはだしい見当違いを起こしていることは間違いなく、これにはパンジャーブ州知事の補佐にあたる主席大臣が介入を決定。

     なぜこのような事態が起きたのか詳しい調査を進めるもようだ。(TechinsightJapan編集部 Joy横手) 』


      パキスタン独裁国家とまでは言えないけど、こんな馬鹿な事を堂々とするパキスタン警察は世界に信用できない事をアピールしているね。

     生後9ヶ月の赤ちゃんが殺人事件の共犯者として起訴されたという。

     それだけでも驚きだが、ラホール東部のある町で起きたガス撒き強盗事件、警察官に向かって投石した事件、国政に口出しをする反乱分子の余罪も疑われているという。

     歩行も会話も出来ない赤ちゃんをどのようにしたら、犯罪の共犯者として立件できるのだろうか?
     赤ちゃんが行った具体的な犯罪行為を教えてもらいたいもんだ。

     明らかにパキスタン警察の間違いであるにもかかわらず、パキスタン警察は自分達のミスを認めない。警察のメンツがあるのはわかるが、これは度を越しているどころか、人権侵害だ。

     これって、パキスタンの国としての評判をかなり貶めた。

     つまり、パキスタン警察に睨まれたら、真実かどうかは問題ではなく、色々理由をつけて犯罪者にされる可能性があるという恐怖が世界の人に知れ渡った。

     パキスタン警察に常識は通じないと。

     犯罪が真実かどうかよりも、パキスタン警察のメンツの方が優先される社会。

     それを堂々と公にできる環境。パキスタン人からも信用されないだろう。まあ、日本人のように警官を一応頼りにしている国民は、意外と世界では少ないかもね。

     世界には悪徳警官も数多くいるけど、ここまで酷いケースはなかなかない。

     さすがに今回はパンジャーブ州知事の補佐にあたる主席大臣が介入するらしいけど、しっかり原因を突き止めて、9ヶ月の赤ちゃんを無実の罪に貶めようとした人間をしっかりと処罰してほしい。

     パキスタンでは元パキスタン大統領のムシャラフ氏も罪に問われているが、権力を持った人間の怖さって、日本も反面教師にしてしっかり学ばないとね。

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!
    2歳の男子が出産した話の裏

       http://www.crank-in.net/kininaru/news/27130


    中国の病院で、医師団が2歳の男の子シャオ・フェンくんのお腹がいつもより膨らんでいるのを見つけた。

     不審に思ってX線で検査したところ、実質的に妊娠状態であることが判明! 手術をすることになった。

      どうやらシャオくんは、まだ母親の子宮内にいた時に、一緒にお腹の中にいた20センチ台の双子の未成熟な胎児を自分の体内に吸収していたのだという。

     シャオくんは、手術の結果、無事体内の胎児を取り出されたという。』

     2歳の男子が出産!? 正にありえない話。 

     性別的に男が出産もありえないし、2歳の子供が出産ということもありえない。

     しかし、実際X線で検査したところ妊娠状態だったことが判明したという。

     母親の子宮内にいた時に、一緒にお腹の中にいた20センチ台の双子の未成熟な胎児を自分の体内に吸収していたのだというけど、そんな事が起こりうるんだね。

     シャオ君はこの胎児と2人分の命をしっかり生きていってほしいな。

     ところで、この取り出された胎児はどのような扱いになるのだろう?

     流産と同じなのだろうか???

    このページのトップヘ