世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界のニュース

    タイ新国王が恩赦

     http://news.livedoor.com/article/detail/12407516/



     『【バンコク時事】タイワチラロンコン新国王は11日の官報で、受刑者に恩赦を与えると発表した。1日の即位を受けて実施するもので、地元メディアが12日伝えたところでは、恩赦で釈放される受刑者は3万人に上る見込み。

     恩赦の対象となるのは、微罪で3カ月未満の禁錮刑判決を受けた者や健康問題を抱える受刑者ら。タイ紙バンコク・ポスト(電子版)によると、10万人前後が恩赦を受け、うち3万人が釈放され、7万人が減刑される見通し。』


     プミポン国王が逝去されたタイで新国王、ワチラロンコン国王が恩赦を発表した。
     対象となる受刑者は、3カ月未満の禁錮刑判決を受けた者や健康問題を抱える受刑者らしい。

     重罪受刑者は該当しないようだ。 それだけでも10万人が恩赦だって。 それが多いと見るか、少ないと見るか。

     とにかく、健康問題を抱える受刑者にとっては大いに感謝すべき恩赦だろう。 刑務所内と外部に出られるのとでは全然違っているだろうからね。

     中には残り少ない人生の受刑者もいるかもしれない。そんな受刑者にとって、家族などと会える機会が与えられたのは非常に嬉しいことに違いない。

     さて、長年タイを統治してきたプミポン国王が逝去され、ワチラロンコン国王になったけど、今後タイがどのように変わるのか。これからも注目していきたい。


    ブログネタ
    いま話題の人 に参加中!
    頭蓋骨の半分を失った男

         http://news.livedoor.com/article/detail/8749664/


     『昨年、ルーマニアに住む当時建設作業員のElvis Romeo Lingurar氏は、解体工事の作業中、バランスを崩し6フィート(約2m)の高さから転落。

     コンクリートの床にたたきつけられ頭蓋骨を骨折し、その影 響から彼は頭蓋骨の半分を失ってしまったと、イギリス大衆紙のデイリー・メールが現地15日に報じている。

      Lingurar氏は事故後、病院に搬送されたそうだが、落ちた衝撃がすさまじかったため、左頭蓋骨は粉砕していた状態。

     そのため治療にあたった神経外科医らは砕けた骨を取り除くしかなく、術後数日の昏睡状態を経て、奇跡的に目を覚ましてからもしばらくは意識がもうろうとした状態。

     2週間後の退院時、包帯を外した自分の姿を初めて確認し、怪我の重さをようやく理解したのだという。 

     現在Lingurar氏の頭は、薄い皮膚のみでカバーしている状態。そのためちょっとした衝撃にも耐えられず、仕事にはつけない状況。

     人工頭蓋骨を埋め込む手術を希望しているが900ポンド(日本円で約15万5千円)が支払えないため手術を受けることができないとして、自分の境遇を多くの人に知って貰い支援を求めるため、今回メディアの前に出ることを決めたのだそうだ。

     彼を取材したジャーナリストのAlex Prunean氏は記事の最後で「彼は頭蓋骨を取り除いていなければ間違いなく死んでいたでしょう。そして治療する方法があるにも関わらず、彼は貧しくそれを受けることができない」と説明し、広く支援を求めている。』


      ルーマニアでは残念ながら労災のようなものはないらしい。
     解体工事中に頭蓋骨を骨折したんだから、日本だと少なくとも労災認定がおりるだろうに・・・。

     実際にこのURLでは頭蓋骨半分の写真だけでなく、Lingurar氏本人が動画にも出ている。
        頭蓋骨を半分失った男性


     人工頭蓋骨を埋め込む手術の為の寄付を求めているという。頭蓋骨を撤去しなければ死んでいたというんだけど、その痛々しい姿を見ると何とも言えなくなるね・・・。

     見た目だけの精神的な不安もさることながら、実際に生きていく上で人工頭蓋骨がないと、ちょっとした衝撃に耐えられないので、常に死の危険と隣り合わせという事になる。

     治療法はあっても、その手術をするお金がない。富める者と貧者との差がここでも付きまとう。

     恐らく本人は異常な形をした姿を世界にさらしたくはなかったと思うけど、自らメディアに出たのは他に手術費を得る方法がなかったからだろう。

      Lingurar氏の望みがかなえられるといいね。

     そして、労災の概念もルーマニアに根付かせてほしいな。
     今後、このような事にならないように。

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!
    ルーブル美術館に羊が入場

      http://news.livedoor.com/article/detail/8682223/


     『フランスの農家が28日、パリのルーブル美術館に羊の群れをけしかけ、政府の農業政策に抗議した。

     世界的観光名所のルーブル美術館に、10頭あまりの羊と農家の人々が現れ、観光客らが驚く中、美術館に入って行った。

     これは農業の大規模化をはかるEU(ヨーロッパ連合)の政策フランス政府が近く同意する見通しで、小規模農家などでつくる団体がこれに抗議したもの。

     集まった人々は、農家が美術館の絵の中にあるような時代遅れの存在ではなく、質の高い商品を作ることができるとして、大規模化反対を訴えていた。』

      ルーブル美術館と言えば、世界で最も有名な美術館。日本人でもルーブル美術館の名前を知らない人はほとんどいないだろう。

     フランスのパリにあるルーブル美術館には、教科書にも載っている有名な絵をたくさん所蔵している。

     モナリザ、ナポレオン1世の戴冠式、ミロのビーナスなどそうそうたる作品が展示されている。

     その超有名なルーブル美術館になんと羊の群れを連れ込んだ。 

     フランスの小規模農家フランス政府の農業政策に反対したパフォーマンスだとか。
     農家が美術館の絵の中にあるような時代遅れの存在ではないという事をアピールしたかったようだけど・・・。

     それにしてもルーブル美術館ってパリの真ん中にあるんだよ。

     近くに農家があるわけじゃない。そこまで羊の群れを連れて行ったということが逆にビックリ!車に乗せて近くまで行ったのだろうか???

     それにしても農業政策の反対の方法にも色んな方法があるね。確かに世界的有名なルーブル美術館に羊を入れれば、世界的なニュースになるから主張が伝わるよね。
     

    ブログネタ
    海外ニュース4 に参加中!
    メキシコの被爆したかも事件

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-35041045-cnn-int

        『(CNN) メキシコ放射性物質を積んだトラックが奪われた事件で、トラックが発見された付近に住む住民6人が被爆した恐れがあるとして入院していたが、6日に行われた検査の結果、全員被爆していないと判明し、間もなく退院することが分かった。

       メキシコ国営メディアイダルゴ州衛生当局者の話として、2日にメキシコ市近郊のテポハコ放射性物質コバルト60と医療機器を積んだトラックが奪われてから12時間の間に大人5人と16歳の少年の計6人がコバルト60と接触したようだと報じていた。

       またメキシコ当局は5日、盗まれた放射性物質をすべて回収したと発表した。

      しかし、トラックを奪った犯人を発見したか否かについては明らかにしなかった。
       トラックは5日夕方、医療目的で使用されていた放射性物質とともに奪われた場所から約40キロ離れた場所で発見され、トラックに積まれていた放射性物質もすべてトラックと同じ場所で発見された。

       メキシコ当局は、強盗団は恐らく被ばくしており、いずれ治療のために姿を現すとしているが、今のところ容疑者を拘束したとの明確な発表はない。

      しかし、入 院中の6人に関する新聞報道によると、25歳の男性と16歳の少年が連邦警察に拘留されているという。拘束理由は書かれていないが、間もなく内務省が詳細 を発表するとしている。

       またこの2人の容疑者が入院中の6人の中に含まれているかも定かではなく、イダルゴ州政府筋もこの点について言及を避けた。』


      メキシコ放射性物質を積んだトラックが奪われて、それがトラックと共に放置された事件で6人が被爆したという。 この放射線物質は医療用のコバルト60。

      コバルト60とは知らずに犯人はトラックを強奪したらしい。

       奪ったはいいが、放射線物質コバルト60であると知らなかった為、自分も被爆した可能性が高いという。

      まあ、それはそれで自業自得とも言えるけどね。 ただ、最悪の事態は避けられたようだ。付近の住民で被爆したと疑われた人達は被爆していないとの事だった。

       全く関係ない人々が知らぬ間に被爆したらとんでもないところだった。 放射線物質の脅威は直接目に見えないからね・・・。 まさか、身近な所にそんな危険な放射線物質があるなんて夢にも思わなかっただろう。

       ただ、そのトラックが乗り捨てられていた場所は放射線汚染はないんだろうか???

      後で知らずに付近を通って被爆という可能性はないのだろうか?
      広島・長崎の原爆福島の原発事故を経験した日本に生まれたものとしては、後々の影響が非常に気になる。

       乗り捨てられたトラックの付近がどのようなところか知らないが、農作物や家畜を育てていたら食の安全性も脅かされるかも。

      まあ医療用のコバルト60だから、原発事故のように酷いものではないのかもしれないけど、非常に気になるところ。

       万が一、付近を通って被爆したりしたら、後々まで後遺症に苦しむ可能性が高いからね。

       犯人はとんでもない事をしたもんだ。 今拘束されている2人がちょっと怪しいかもね。

       犯人は一番被爆している可能性が高い。 すぐに症状が現れるのかどうか知らないけど、体に変調をきたしたら病院にいかざるを得ないだろう。

      そのまま放っておけば死んでしまうかもしれないしね。

      今回のニュースを見てテロリストが変な事を思いつかなきゃいいけど。
      こういうのって目に見えない恐怖があるから嫌だよね。

    ブログネタ
    ヨーロッパ に参加中!
    アンドルー王子が宮殿で職務質問

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000001-jij_afp-int


      『【AFP=時事】英ロンドン警視庁は8日、市内中心部のバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の庭を散歩中だったエリザベス女王(Queen Elizabeth II、87)の次男アンドルー王子(Prince Andrew、53)に対し、武装警官2人が職務質問を行っていたことを認めた。

       警視庁報道官の説明によると、4日午後6時(日本時間5日午前2時)ごろ、制服警官2人が宮殿の庭にいた王子に近づき、身分証明書の提示を求めた。

      王子の身分証明書は有効と判断され、「武器や武力の行使はなかった」という。


      宮殿ではこの2日前、厳重な警備を突破して侵入した男の身柄が拘束されている。男はフェンスをよじ登って宮殿内に入り、強盗と侵入、器物損壊の容疑で逮捕された。 宮殿の外でも、共犯とみられる男の身柄が拘束された。

      警察はこの侵入事件を踏まえ、宮殿の警備体制を強化していた。一方、警官らが王子に銃を突きつけ、地面に伏せるよう大声で指示したとする一部報道については否定した。

      バッキンガム宮殿は、コメントを拒否している。

       事件当時、宮殿に王室一家はいなかった。現在女王は避暑のため、スコットランドのバルモラル城(Balmoral Castle)に滞在している。

       宮殿への不審者の侵入は、女王が就寝中の寝室に無職の男が押し入った1982年以来の重大な警備ミスとされる。この男は宮殿の壁と雨どいをよじ登って寝室に侵入し、女王に10分間も話しかけた後、女王に通報された。【翻訳編集】 AFPBB News』  


       イギリスのアンドルー王子バッキンガム宮殿ロンドン警視庁の武装警官から職務質問を受けた。

        これにはビックリ。でも、以前にはエリザベス女王の寝室に入った輩がいるという。これにはもっとビックリ。
        これが悪党だったら、エリザベス女王は殺されていたかもしれないんだから。

       ロンドン警視庁は一体どんな警備をしていたのか。   

        防犯設備が発達した今はそんな事はないだろうと思っていたが、なんと2日前にバッキンガム宮殿に強盗が侵入したらしい。 

       バッキンガム宮殿は広いけど、強盗が侵入したとなると警察にとっては大ミスだね。 幸いエリザベス女王スコットランドのバルモラル城で避暑中だったらしいけど。

      それで今度はバッキンガム宮殿の警備を強化したのだろうが、いくらなんでも王子に職務質問なんて。しかもバッキンガム宮殿内を散策していたところを。

      これも強盗侵入に匹敵するロンドン警視庁の大失態だよね。 これには大きなミスがあった。

      バッキンガム宮殿に現在誰が滞在しているかを警備している警官が全く理解していないということ。これって・・・・。 普通の大邸宅を警備している警備員は、その邸宅の主が在宅かどうかはもちろん、誰が訪れているかはきちんと管理しているはずだ。

      バッキンガム宮殿を警備していた警察官はそれができていない。 王子がいるかどうかをバッキンガム宮殿内を警備している人間が知らない事自体、統率力が取れていないということ。公道で質問したわけじゃないんだからね。


      アンドルー王子もビックリしたんじゃないかな。 バッキンガム宮殿の中を散策していたら、職務質問をされるんだから。 身分証明書を提示させられた挙句、それが有効と判断されてようやく解放・・・。

       普通、身分証明書提示の前にアンドルー王子の顔ぐらい知っているだろうから、王子が滞在しているかどうか管理している所に連絡を取るのではないか?

      そっくりさんの可能性があるから確認自体は大事だとは思うけど。

      もしバッキンガム宮殿の警備にあたる警官が王室のメンバーの顔さえも知らないというなら、それはそれで世界中に恥をさらす事になるだろう。

      大体、いきなり宮殿内で身分証明書の提示って、王子に対して失礼ではないのか?

       日本の皇室に対する感情とは違っているとは思うけどイギリスでも問題になったという事は、さすがにおかしいと思うイギリス人が多くいたという事だろう。

       それにしてもアンドルー王子が身分証明書を持ち合わせていなかったりしたらどうなったのだろう?
      庭を散策するのに身分証明書が必要とは誰も思わないだろうから、その可能性だってあったわけだよね。

       それにしてもイギリス警察は失態の連続だね。

    このページのトップヘ