世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界のビックリニュース

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    葬式の考え方

        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-00010000-reutv-cn



         『日本でも戦前までは一部地方で見られた葬式の時に雇われる泣き女

         この習慣は韓国や中国、台湾では今でも変わらないようだが、台湾南部では泣き女だけではなく、高校のブラスバンドと見間違うようなミニスカート姿の女性のバンドが、陽気な曲を演奏して死者を送り出す習慣が残っている。

        中国や台湾では、葬式が賑やかであればある程、死者に対する愛情が深いと理解されるしきたりがあり、そのために遺族は費用を惜しまない。』


          身内が亡くなった時に行う葬式は世界中であるみたいだけど、その葬式の捉え方は様々だなぁと思う。

         葬式の時に雇われる「泣き女」の習慣は、韓国や中国、台湾では今でもあるんだね~。

      前回、世界の変わったサービスの中で、中国の「墓参り代行サービス」で業者が代わりに墓掃除して、お参りして泣いてくると書いてあったのにビックリしたけど、こういう泣き女を雇う習慣があるなら納得だね。
         世界の珍サービス・中国の墓参り代行サービス


      今回の台湾の葬式ではミニスカート姿の女性のバンドが、陽気な曲を演奏して死者を送り出す習慣が動画にアップされている。

       日本人にとっては葬式というより、何かのおめでたいイベントのよう。 日本のお葬式でそんな事やったら、たいていの場合、不謹慎だと大目玉を食らうだろうけどね。

       世界には色々な葬式があって、ジャマイカの葬式などダンスパーティーのように賑やかに飲んで踊る。 悲しくなるのではなく、楽しく賑やかに踊ったりして死者を送るという考え方だ。

      身内や友人が亡くなると悲しいのは当然だが、残った人がいつまでも悲しんでいては亡くなった人も浮かばれないかもしれないしね。

      台湾南部もそういう考え方なのだろう。
      ただ、このニュースでちょっとよくわからない事が・・・・。

      ジャマイカの葬式など徹底的に陽気に踊るというのはわかるけど、台湾の場合は陽気なブラスバンドだけでなく、泣き女も雇うんだろう??

       死者を陽気に送り出したいのか、はたまた思いっ切り泣いて悲しみを忘れたいのか、どっち??? って聞きたくなってしまう。

      両方にお金をかけてまで他人を呼んで葬式を盛り上げる
      その台湾南部の人の気持ちがよくわからない・・・。

      葬式が賑やかであればある程、死者に対する愛情が深いと理解されるしきたり中国、台湾ではあると記事にあるけど、笑おうが泣こうがとにかく大きい声で賑やかにする事が重要ということだろうか???

       日本と韓国、中国、台湾は同じ東アジアに属し共通点も多いが、こういう人生の節目では考え方が全く違っていたりするんだなぁ。  

       カルチャーショックを受ける人もいるかもね。
     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    メキシコ驚愕事件

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141109-00000012-jij_afp-int


      『【AFP=時事】メキシコ南西部ゲレロ(Guerrero)州イグアラ(Iguala)市で今年9月26日に6人が殺害され教員養成大学の学生43人が行方不明になっている事件で、容疑者の麻薬組織「ゲレロス・ウニドス(Guerreros Unidos)」のメンバー3人が43人を殺害し、遺体を焼いて川に捨てたと供述したことを受けて、メキシコはここ数年で最悪の大量殺人事件に直面している。


      3人の容疑者は、麻薬組織とつながりのある警察からイグアラとコクラ(Cocula)の町の間の場所で学生たちを引き渡されたと供述している。

      録音された供述の中で容疑者らは43人を2台のトラックに乗せて近くのごみ埋め立て処分場に運び、そこで43人を殺害して燃料や木、タイヤ、プラスチックを使って14時間にわたって遺体を焼いたと話している。

     学生たちがイグアラに来ていたのは資金集めのためだった。これは「とりで」と呼ばれる左派行動主義の学校でよく行われる活動だ。

     学生たちは4台のバスに分乗して大学があるアヨツィナパ(Ayotzinapa)に帰る途中に襲撃された。

     当局は、事件当時イグアラ市長だったホセ・ルイス・アバルカ(Jose Luis Abarca)容疑者が、妻のスピーチを妨害されることを恐れて、警察に学生たちの襲撃を命じたとしている。

     警察官たちは学生たちが分乗していたバスに向かって発砲し、学生3人と近くにいた3人が死亡した。

     この事件でこれまでにアバルカ容疑者とその妻のマリア・デ・ロス・アンヘレス・ピネダ(Maria de los Angeles Pineda)容疑者、警察官36人、ゲレロス・ウニドスのメンバー数人など74人が逮捕されている。

      供述内容が事実ならば、2006年以降8万人以上が死亡し、約2万2000人が行方不明になっているメキシコの麻薬組織に対する闘いの中で最悪規模の大量殺人となる。

     メキシコのエンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領は同国でまん延している殺人の連鎖をようやく抑え込みつつあると主張していたが、今回の事件でメキシコは国際的に批判され、ペニャニエト政権に最大の危機をもたらしている。

      学生たちが通っていたアヨツィナパの教員養成大学では、行方不明になっている学生の家族や親族がDNA鑑定の結果が出るまでは学生たちが殺害されたとは信じないと、疲れ果てた様子で話した。

     行方不明になっている学生のおじだというメリトン・オルテガ(Meliton Ortega)さんは、「政府は供述だけに基づいて事件の幕引きをしようとしているのではないか。非常に無責任だ。確定した事実はまだ何もない」と述べた。

    【翻訳編集】 AFPBB News』  


      メキシコの大学生が襲撃されて行方不明になっている事件。

      その全貌が明らかになるにつれ、メキシコの闇の深さに驚かされる。 メキシコアメリカなどに麻薬をさばく巨大麻薬組織がいくつかある。シナロアなどが有名だが、今回事件のあったのはゲレーロ

      先ず学生を襲ったが警察だったことにビックリ。なぜ彼らを襲う? その発砲時点で3人殺されている。警察が殺人鬼になった瞬間だ。

      その理由というのが、事件当時イグアラ市長だったホセ・ルイス・アバルカ(Jose Luis Abarca)容疑者の妻のスピーチを妨害されることを恐れてのことだというからもう開いた口が塞がらない。

      まあ、その妻は麻薬組織と繋がっていたという報道もあるけどね。

      事実なら、市長が警察に学生たちの襲撃を命じて殺したのだ。 しかも、妻のスピーチ妨害という単純な理由で。

      これって言論の自由も暴力で奪う卑劣な手段だろう。

      従う警察も警察だが、そんなに驚きはしない。メキシコの警察は腐っているところも多いからだ。 今回も警察が麻薬組織と繋がっていたりもしている。

       警官にしてみれば、麻薬組織と仲良くしていれば金銭的にもおいしい思いができるが、逆に対立すれば自分の命が危ない。

      事実、メキシコでは誰も警官のなりてのいない町が出てきたことだってあったのだ。

     1人で巨大麻薬組織には刃向かえないのも事実。 しかも、市のトップ、市長も腐っているとなれば、政治権力的にもどうすることもできない部分がある。

      だからと言って、メキシコの警官みんながみんなこういう事をするわけではない。 今回の事件は、酷過ぎる。

      麻薬組織「ゲレロス・ウニドス(Guerreros Unidos)」のメンバー3人が警官から引き渡された学生43人を殺害し、遺体を焼いて川に捨てたといんだからね。 どこまで腐っているんだ・・・。


      自分に都合の悪いものは手段を選ばず排除。
       自白しているのがほぼ事実だろうと思う。

       正義がどこかに行ってしまった州、ゲレーロ

      エンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領がどこまで根を絶てるか、要注目だね。

      エンリケ・ペニャニエト大統領にとっても、国際的批判を浴び、政権の危機に立たされているからね。

    ブログネタ
    海外の呆れたニュース に参加中!
    犬を観客席に投げてレッドカード

      http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130612-00000870-fnn-int


         『アルゼンチンのサッカー場で、まさかの出来事が起きた。

      サッカーの試合中に1匹の犬が迷い込んだが、1人の選手が犬の首をつかみ、客席のフェンスに向かって放り投げてしまった。

       犬はすぐに立ち上がり、走って逃げていったが、この行動に怒った観客からは、ごみが投げられ、相手チームは選手に詰め寄り、試合は一時中断した。

       犬を投げた選手は、審判からレッドカードを出され、退場処分となった。』


       このアルゼンチンのサッカー場で起きた犬放り投げ事件。  

       いや~、このアルゼンチンから届いた画像を見ているととんでもないね。

       ローカルなアルゼンチンのサッカー場とは言え、犬がグランドの迷い込んでくる事にもビックリだけど、その犬の首を捉まえた選手がなんと観客席に向かって放り投げたんだから。

       これがけっこう大きい犬。  

       その為、犬は観客席に届かず、フェンスに当たってグランドに投げ出された。

       幸いすぐに立ち上がって、逃げて行ったけどね。  
       しかし、それを見て怒った観客からゴミは投げられ、相手チーム選手が大勢取り囲む不穏な自体に。 

       そして審判はその選手にレッドカードを出して退場にした。  

       こんな態度を取る選手はその試合だけでなく、サッカー界からのレッドカードだろう。  

      けっこう大きな犬を両手で持って観客席に投げ入れようとした意図がわからない。
      まあ、好意的に見れば、グランドに迷いこんできた犬をグランドから出したかったのだろうと言う見方もできる。しかし、その方法がね・・・。

       動物愛護団体からは確実に抗議がくるだろう。  

      観客席に入っていたら、コンクリートに当たって犬は後遺症を患う大怪我をしたかもしれない。
      万が一、人に当たっていたらこれまた観客が大怪我をしていたかもしれない。

      この選手がサッカー界に復帰するのに、動物愛護のボランティア○日などの義務付けて欲しい気持ちだ。罰金などではなく、動物に対しての気持ちを育てる。

       残念ながらラテンアメリカ諸国を旅行していると、犬がよく車に轢かれていたりする。   

      そういったお国の事情があるからこそ、少し考えてもらい問題だね。

      動物虐待は、子供虐待家庭内暴力(DV)とも繋がると言っている教授もいる。
      だとしたら、動物愛護を進めて動物への適切な対応を身につけると、中南米での犯罪も少しは減るんじゃなかなぁ。  

      
     
      アルゼンチンサッカー場で起こった事がどんな感じだったか気になった方。今なら上のURLをクリックすれば、フジテレビの画像が見られますよ。

    ブログネタ
    中国の社会ニュース に参加中!
    毒ヨーグルト殺人事件

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130502-00001243-yom-int

     『【北京=竹内誠一郎】中国河北省の地元紙「河北青年報」(電子版)によると、同省石家荘市平山県で、幼稚園の通学路に置かれていたヨーグルトを飲んだ5歳と6歳の女児2人が、4月24日から5月1日にかけ、相次いで死亡した。

      警察当局は、別の幼稚園の園長が、ヨーグルトに殺そ剤を投入し、通学路に置いていたとみて調べている。

     女児2人の祖父が、通学路に落ちていた瓶詰めのヨーグルトを拾い、持ち帰って2人に飲ませた。二つの幼稚園は、園児の勧誘を巡って対立していたという。』

      中国河北省石家荘市で起きたヨーグルトに毒が入っていて幼児が死亡した事件。

      毒入りヨーグルト事件の真相はかなり醜悪な人間模様を浮かび上がらせている。

       別の幼稚園の園長が毒入りヨーグルトを通学路に置いたらしい。これが本当なら背筋がゾッとするね。

       本当だとして、この毒入りヨーグルト事件では2つの事にビックリした。

       先ずは、幼稚園の園長が通学路に毒入りヨーグルトを置いたという事。   
      幼稚園という所は、大切なよそ様のお子さんを預かって教育するところ。その園長が路上に毒入りヨーグルトを置くとは・・・。

       まあ特定の誰かを狙ったわけじゃないけど、これって日本だと未必の故意で殺人罪だと思うけど・・・。  

       未必の故意というのは、罪を犯そうとして積極的に行為を行なったのではないけれど、自分の行為からそのような結果が発生するかもしれない(この場合だと誰かがヨーグルトを飲んだら死亡者が出るかもしれない)とか、そのような結果が発生しても仕方がないなと考えたりした故意のこと。   

       中国の法律に「未必の故意」のような考え方があるかどうか知らないけどね。

       毒を入れたヨーグルトを路上に置くという事は、誰かが間違って飲むと死亡する可能性があるのをわかってやっている事にはなるよね?  

      まだ、物事が良くわからない園児の目につくような飲食物に毒を入れておくのは非常に悪質だと思う。


      2つ目に信じられないのは、祖父がヨーグルトを持って帰って園児に飲ませたという事。

       道端で拾ったものは何が入っているかわからないし、危ないから飲ませないように注意をするのが普通じゃない? 

       それが保護者だと思うんだけど、この祖父は自ら拾って持ち帰り、園児に毒入りヨーグルトを飲ませたと言うんだから、日本の常識だと保護者失格。

      その結果、園児が亡くなったんだから、悔やんでも悔やみきれないのではなかろうか?

      それにしても、中国では一般人が、まだ道端に落ちている飲食物でも食べたり、飲んだりしているのだろうか?

      とにかく、2つの信じられない出来事が重なって2人の園児が亡くなったのだ。どちらか一つでもなかったら、園児は死ななかった。

      それにしても、園長の精神構造は一体どうなってんの?

     ライバルの幼稚園児を殺したら、自分の幼稚園の評判が良くなると思ったんだろうか?
     
     恐らく、ライバルの幼稚園で不審死が続くから危ないという悪評を狙ったのだろうけど、その犯行が見つからないと言う事が前提となっている。いくら何でもそれはないよね。

      それに自分がやった事がわかれば、自分の幼稚園は破滅だとは思わなかったのだろうか?

      毒入りヨーグルトを置くという事は、咄嗟に出た行動ではない。人間が怒りなどでカッとなって、起こした行動ではない。

      考えが変わればいくらでも、毒入りヨーグルトを捨てることができたはず。これは計画的な犯行なのだ。

      そんな幼稚園の園長がいる事自体、背筋がゾッとするよね?
      金の為?なら園児も殺す。

       中国ではこの事件、どのように受け止められているんだろうか?

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!

    イギリスの初デート保険って知ってる?

     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130411-00000010-rnijugo-life



     『「なんて無駄なお金と時間を使ってしまったんだろう…」

      新たな出会いを期待して合コンに出かけたものの、男たちの振る舞いにがっかり。収穫どころか、不愉快な気分にさせられた――そんな砂を?むような思いをしたことのある女性、少なくないのでは?

      実はこの手の失敗談、どうやら万国共通の様子。

      イギリスでは「初デート」でも似たような“事故”が起こりがちのようで、そんな“事故”のリスクに備える保険も登場しているのだとか。

       いわば「初デート保険」ともいうべきこの保険商品、「楽しみにしていた彼との初デートがあまりにもひどかった場合、それにかかった費用は全部うちがもちます」というなんともユニークなもの。

      対象者は女性限定ですが、これがなかなか好評なようで、男性としては微妙な心境。

      ですが、保険の申請を求める女性たちが初デートで連れていかれた場所を聞くと、確かに同情したくなるようなケースが多々…。

      「下水処理場」「刑務所」「ストリップクラブ」など、もはや“事故”といっても差し支えないレベルから、「いきなり母親のところに連れていかれた」「マク ドナルド」のように『なぜわざわざ初デートで?』というレベルまで、いずれにしてもいい大人が初デートで選ぶ場所とは思えません。

       保険会社の幹部はこう話します。 「世の女性たちが自分にベストマッチした相手を探す際に発生するコスト(リスク)を下げたかったのです。まるで事故のような初デートに、無駄なお金を使ってしまった人はかなり多く、今後は隠れた需要も掘り起こしていくつもりです」


       もっともこの保険、「男性にこそ必要じゃないか!」と思った人も少なくないのでは? 期待した初デートで思い切って散財したのに収穫はゼロ…なんて痛手 は、むしろ男性陣にこそありがちな話。

      保険商品として成立するかは未知数ですが、ぜひ日本の保険会社の皆さんには男性向けデート&合コン保険の検討を願い たいものです。』


      イギリスでは初デートの時の金銭的損害を保証しようという「初デート保険」があるという。

      「楽しみにしていた彼との初デートがあまりにもひどかった場合、それにかかった費用は全部うちがもちます」というなんともユニークなもので非常に面白い発想だとは思うけど・・・。

      確かに大した理由もなく「下水処理場」「刑務所」「ストリップクラブ」に初デートで行くのはどうかと思うよね。

      まだ、相手の趣味などがよくわかっていない初デートの時に刑務所に連れて行かれるとビックリするよね。犯罪者に知り合いが多いのかと疑われちゃうんじゃないかな?

      ストリップクラブもそこへ女性を連れて行く事自体、どうなんだろう?
      初デートでなくても、抵抗がある女性の方が多いんじゃないかな?

      これらは初デートがあまりに酷かった場合に該当するかもしれないけど、マクドナルドへ行ったぐらいでも保険が適用されるのかな??

      ただ、日本的な感覚で言うと、この初デート保険は女性よりも男性の方に多くの需要がある気がするけど。

      「事故のような初デートに、無駄なお金を使ってしまった人はかなり多く、今後は隠れた需要も掘り起こしていくつもりです。」と保険会社の人は話しているが、なぜ女性限定なのだろう???

      最近は割り勘も増えてきたようだけど、日本では男性の方が全部お金を払うというイメージを持っている人も多いと思う。お金を払わなかったと言う初デートをした女性も多いのでは?  

      そう考えると、金銭的に初デートで損害を被るのは女性より男性の方が多いと思うんだよね。少なくとも日本では。

      せっかく初デートコースを設定していても、女性の都合で行き先変更になったり、食事代はもちろん、プレゼントまで買わされたりした男性もけっこういるのでは?

     それでも彼女との初デートが楽しければ全然問題ないのだが、中には散財させられただけですぐに別れたと言うケースだって・・・。 

      まあ、この初デート保険の舞台はイギリスなんだけど、英国では初デートは女性がおごる習慣があるのだろうか??? もしそうなら、僕なんか喜んでイギリス旅行を計画しちゃうよ(笑)。


      この記事には書いていないけど、気になるのは初デート保険の保険料

      初デート保険を受け取るには、保険料が必要だろうけど一体いくら払うのかな?     
      この初デート保険人生の初デートのみの1回きり? それとも、デートの相手が代われば、その相手とは初デートという事で何回でも利用できるのかな??

     ベストの相手を選ぶという視点から言えば後者だろうけど、そうなら、ただの男友達でも彼氏だと言う事にして、初デートでこんな被害を受けたと報告して初デート保険詐欺のような悪用する女性も出てきそう・・・。

      それに保険が保証する金額もどうなっているのか興味があるよね。

     いくらまでならOKなんだろう? そして、その初デートで損害を被ったという被害額はどのように計算されるのだろう?? 

      デートの時の領収書を取っていちいち取っておくのかな?  
      個人的な感覚では行く先々で領収書をもらっている人とのデートって、それだけでも興ざめ思想だけど、女性の方はどうなんでしょうね?

      初デート保険について、この記事だけだと色々わからない事が多いすぎるね。

      「初デート保険

      話題性があって面白い記事だとは思うけど、もう少し踏み込んだ紹介をしてもらえるともっと楽しくなるし、日本人もビジネスヒントがもらえると思うんだけどなぁ。
      
     

    このページのトップヘ