世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界の怖い話

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    世界の人身売買

     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-35069369-cnn-int

       『(CNN) マレーシア警察によると、同国北部のタイ国境付近で新たに、人身売買の被害者とみられる24人の遺体が埋められているのが見つかった。

       当局者らによれば、遺体は22日、北部ペルリス州ワンケリアン地区で発見された。すべて隣接するケダ州の病院へ運ばれ、解剖が行われている。

       この一帯の密林には人身売買業者がかなり前から収容所を設置していたとみられ、被害者とされる遺体が相次いで見つかっている。

      5月には同じ地区で139の集団墓地と28の不法キャンプが見つかった。密林から切り出した木で囲いを設け、最大300人を収容していたとみられる。

       国境を越えたタイ側でも最近、人身売買の取り締まり作戦で複数の収容所や集団墓地が見つかり、数人が逮捕された。

      収容所が長期間にわたり当局に見つからないまま存続していたことに対しては、取り締まりの甘さを指摘する声が上がっている。』


      日本では人身売買なんて聞くと、はるか昔の話と思っている人も多いかもしれない。 しかし、現実はアジアアフリカでは今でも普通に人身売買が行われている。

       今回、マレーシアとタイ国境付近で密林の中で不法キャンプや収容所、墓地などが見つかった。人身売買組織のものと見られている。

      それにしても、マレーシアやタイで多くの人身売買関連施設が見つかったというのはちょっとショックだな。 マレーシアもタイ東南アジア諸国の中では順調に経済発展してきた国。

       そのマレーシアとタイの国境付近にこういう人身売買施設がたくさんあって、今まで発見されなかった事にショックを受けた。

       人身売買をされた人達は買い手がつかなかったり、病気など何らか不都合なことが起こったら、容赦なく殺されていたんだろうと思う・・・。何とも言えない人生だね・・・・。

       どこの国から連れてこられてどこに売られようとしたのか? 収容施設の発見だけでは何も解決しない。

     
       その1つと見られているのが、ミャンマーからの難民ミャンマーは仏教国だけど、イスラム教を信仰する少数民族もいる。ロヒンギャだ。

       彼らはミャンマーの軍事政権時代から迫害され、無国籍の人が多いと聞く。 迫害から逃れるため隣国のバングラデッシュやマレーシア、インドネシアに難民化して逃れる。

      ロヒンギャの人は同じイスラム教を信仰するマレーシアやインドネシアを頼った。 当初は受け入れてきたマレーシアもその難民の数が増えるにしたがって、受け入れなくなってきた。

       正直、難民を受け入れるのは金もかかるし、大きな負担を強いられる割にメリットはほとんどないのが実情だからね。 言葉も話せない、教育水準も高くない難民を多数生活させるのは大変なのは理解できる。

       人道上の問題があり、マレーシアとタイでも大きな問題となってきている。 ボートピープルとしての難民。そこで難民ビジネスが起こっていたと言われる。

       色々な所に、タイの軍のお偉いさんまで関わっていたといわれる難民ビジネス人身売買組織は裏だけど、表の顔の奴ともつながった巨大ビジネスとなっていた可能性がある。

       ロヒンギャ難民について、もう少し詳しく知りたい人はこちらをチェック。 けっこうショックを受けるかもしれないけど。 ロヒンギャ難民問題


      今回の人身売買の被害者の中にもロヒンギャの人が混ざっている可能性は高い。 その他、東南アジアには人身売買問題はまだまだ転がっている。それが現実。

      人身売買組織を壊滅しなければ、また別の所で似たような事が起きるだろう。ただ、厄介なのは裏の組織だけではなかなかここまでできないだろうということ。

       いくら国境付近の密林だからといっても、何百という不法キャンプや収容所があったのに、長年話題にならず、発見されなかったのは見て見ないふりをして自分の懐を潤してきた羊の仮面をかぶった狼達がいるからだ。

      証拠はないけど、その可能性は非常に高い。
       それが軍なのか、政治家なのかはわからないけどね。

       今回の発見などは、国際的な人道支援ロヒンギャなど少数民族の悲劇を世界が注目し始め、難民受け入れ拒否などマレーシアやタイに鋭い視線が集まり始めた影響だと思う。

      マレーシア、タイ両国とも、そういう国際的な対応で厳しく取り締まりをし始めた結果、今続々とこういう人身売買収容施設、不法キャンプ、今回のような遺体発見がニュースになり始めた気がするな。

      人身売買組織まで摘発してこそ、本当の解決になるんだけど、そこまでいけるか?

       今後のマレーシア、タイ両国の対応に要注目だね。

    ブログネタ
    中国の社会問題 に参加中!
    中国の怖い寄生虫の話

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140223-00000022-rcdc-cn

     『2014年2月21日、中国紙・貴陽晩報によると、めまいと視力低下に悩む青年の大脳には、なんと19匹の寄生虫がいた。

     彼の大好物のブタの生き血が原因だという。

      今月18日、広西チワン族自治区出身の若者が貴州省貴陽市の省第2医院を訪れた。

     彼はめまいと脱力感、視力低下を訴えていた。そこで彼の頭部をCTスキャンしたところ、大脳内に19匹の寄生虫がいることが判明。診察した外来担当の王医師は、神経嚢虫症と診断した。

      神経嚢虫症は、有鉤条虫に寄生されたブタの肉や血を、完全に火を通さずに摂取することで、人に感染する。これらを食べた人間の血に幼虫が入り、巡り巡って脳に達するという。

     早期発見の場合は投薬などで完治できるが、発見が遅れると脳組織や大脳中枢が侵され、頭痛や脱力、運動機能障害などの症状が出る。

     重症の場合はてんかんや失明を引き起こし、死に至る危険性もある。 貴州省のある地方では、ブタの生き血を「甜湯血」と呼び、現地の人々はこれを好んで食すという。

     この青年も、「ブタの生き血が好物だ」と話している。

     王医師は「生のブタ肉は絶対に食べない。生き血も飲まない。ブタ肉は完全に火を通すこと」と市民に呼びかけている。(翻訳・編集/本郷)』

     他国の食文化をどうこういうのは気が引けるけど、脳に寄生虫がいるようになる豚の血は止めた方がいいと思うよね。

     知らなかったけど、貴州省のある地方では、ブタの生き血を「甜湯血」と呼び、現地の人々はこれを好んで飲むところがあるんだね。

     動物の血が悪いとは言わないけど、使い方を考えないと・・・。豚肉だって栄養的には優れているけど、しっかり火を通さないといけないとは言われているよね。それを豚の生血では・・・。

     豚の血を飲むのが美味しいと感じる中国人がいるんだね。

     中国には色々な地域があるというのが本当によくわかる。

     上海
    広東など発展した地域ばかりじゃないことは、ちょっと中国の田舎に行くとすぐにわかるんだけど、ブタの生き血を「甜湯血」といって人気があるのにはビックリだね。

     神経嚢虫症という病気も初めて聞いたよ。脳組織や大脳中枢が侵され、頭痛や脱力、運動機能障害などの症状が起こるなんて。もっと症状が進むと、死に至るんだよ・・・。

     王医師は「生のブタ肉は絶対に食べない。生き血も飲まない。ブタ肉は完全に火を通すこと」と市民にアドバイスしているけど、昔からの慣習はなかなか変わらないんだよね~。

     でも、知らないうちに自分の脳に寄生虫がいるんなんて怖いなぁ。豚の血を好む人ってそういう恐怖感ってないんでしょうかね?

     医食同源という中国伝統の食生活感をもっとリスペクトした方がいいね。
     
      

    ブログネタ
    海外ニュース4 に参加中!
    充電中iPhone5で感電死

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130715-00000007-scn-cn



       『南方航空で客室乗務員をつとめる23歳の女性がiPhone5を充電したまま電話をかけて感電死した事件が中国で幅広い注目を集めている。中国国際放送局が報じた。

       iPhoneを充電しながら通話をしていた中国人女性が感電死した事故を受けて、アップル社はこのほど声明を発表し、「不幸な事故に深く心を痛めており、遺族に深い慰問の意を示す」としたうえで、事故の徹底的調査を行うと同時に、関係機関の調査に全面的に協力していく考えを示した。  

      同事件について、中国消費者権益会は「CCC認証(中国政府が安全基準を満たしているか審査・認定する制度)を得ていない充電器には大きな潜在的リスクがある」として、使用しないよう消費者に警告した。(編集担当:村山健二)』  



       中国の南方航空で客室乗務員をつとめる23歳の女性が、iPhone5を充電したまま電話をかけていて感電死する事件が起きた。

        iPhone5で感電死という衝撃的な事件。

        iPhone5を生産しているアップル社は徹底調査を行うという。  そりゃそうだよね。 

       アップルのiPhoneは日本を始め、世界中で使われているんだから。
       中国だけの問題じゃ済まない。世界中の、iPhone5使用者にとっては他人事じゃないのだ。

          

        感電死した理由はまだ解明されていないが、南方航空の客室乗務員のこの女性がiPhone5専用の充電器を使っていたかどうかが1つの大きなポイントだろう。

        というのも、中国では類似品が市場に出回っている。充電器も例外ではない。  


       アップル社iPhone5用に出している充電器で感電死したとなれば、世界のiPhone5ファンを揺るがす大問題になるが、許可されていない安物の充電器を使っていたとなればそれは自業自得という事になるだろう。


       だからこそ、中国消費者権益会が「CCC認証中国政府が安全基準を満たしているか審査・認定する制度)を得ていない充電器には大きな潜在的リスクがある」と警告を鳴らしているのだと思う。

       許可されていない類似品は外見は似ていても中身は全然違う事が多い。

       最初は問題なく充電で来ていても、時間が経つにつれて不具合が生じる事も珍しくない。

       とりあえず、アップル社の原因究明を待つとして、メーカーが指定していない付属品は使わないように気をつけないとね。    

    このページのトップヘ