世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界びっくりニュース

    フランス出身者がジョージアの大統領へ


     『【モスクワ=小野田雄一】南カフカスジョージア(グルジア)で28日、マルグベラシビリ大統領の任期満了に伴う大統領選の決選投票が実施された。

     イタル・タス通信などによると、開票作業は29日に終了し、与党「ジョージアの夢」の支援を受けたフランス出身のズラビシビリ元外相(66)が約6割の支持を集めて勝利。

       同国初の女性大統領が誕生する見通しとなった。  

     10月28日に行われた第1回投票の結果、ズラビシビリ氏と、野党連合の支援を受けたワシャゼ候補が決選投票に進んでいた。

     同国では実権は首相に集中され、大統領は象徴的存在の意味合いが強いとされる。

      ズラビシビリ氏の勝利を受け、ロシア上院コサチョフ外交問題委員長は「ズラビシビリ氏は経験豊富で実用的な政治家だ。

    ジョージアの)対露政策が急激に変化するとは考えにくいものの、少なくとも両国の対話空間が縮小することはないだろう」などとし、2008年の紛争以降悪化している両国関係の改善が必要だとの認識を示した。』

     旧ソ連ジョージアの大統領初の女性大統領が誕生した。以前はグルジアと呼んでいた国のことだ。

     女性初というだけではない。 彼女、ズラビシビリ氏はフランス出身者

     ズラビシビリ氏は、フランスに亡命したジョージア人の家系で、駐ジョージア仏大使を務めていた2004年に当時のサーカシビリ大統領によって外相に起用されたという経歴を持つ。

     フランス大使だった人間が別の国の大統領・・・。

     まあ、国籍というのは国によって考え方が違い、日本は二重国籍を認めていないので日本人国籍は1つと思っている人が多いが、実際の世界ではそうではない。

     二重国籍を持っている人も珍しくはない。

     とはいえ、いくら祖先がジョージアから亡命した家系とはいえ、一度フランス大使として働いているということはフランスの為に働いていたということ。

     それがジョージアの外相に抜擢自体されること自体、日本人にはなかなか理解が難しいところだ。

     まあ、ジョージアの大領領というのは象徴みたいなもので、実際は首相が権力を持っているみたいだけど、世界には色んなケースがあるということだね。


    遺伝子から犯人逮捕 



     『【シリコンバレー時事】米国遺伝子データから家系図を調べるサイトを手掛かりに、過去の凶悪犯罪の容疑者逮捕につながるケースが相次いでいる。

     膨大な遺伝子データの活用により、迷宮入りしていた事件の解決に期待が寄せられる半面、プライバシー侵害への懸念も出ている。

     きっかけは今年4月、カリフォルニア州で1970~80年代に発生した連続殺人・性的暴行事件で、元警官の男が逮捕されたことだ。

     「黄金州の殺人鬼」と称された犯人による一連の事件は30年以上、未解決のままだった。

     捜査当局は、遺伝子データの共有サイト「GEDマッチ」に、犯行現場に残されたDNAを登録し、男の親類にたどり着いた。

     年齢や居住地から対象を絞り込み、男の遺留物から採取したDNAと照合、急転直下の逮捕劇となった。これ以降、各地の未解決事件で同様の手法が試みられ、次々と容疑者の特定に結び付いた。


     移民社会の米国では、自分のルーツへの関心が高く、DNA解析による家系図作成を手掛ける民間サービスが広がりつつある。

     500万人以上が利用する「23アンド・ミー」をはじめ商用サイトの多くは、裁判所の命令などがない限り捜査機関に情報を提供しない方針を掲げる。

     一方、GEDマッチは、誰でも自由にデータを登録して系図を調べられるようにすることを目指した。捜査機関による利用について、創設者の一人は米メディアの取材に「心地悪い」と困惑。

     サイトには、登録したデータが犯罪捜査に使われる可能性があることを明記した。

     潜在的な病気の情報なども含む遺伝子データは、捜査機関だけでなく、製薬企業や保険会社に商業利用される可能性もある。

     遺伝子検査サービス向けに指針を策定した非営利団体「フューチャー・オブ・プライバシー・フォーラム」は「業界が個人のプライバシーに及ぼすリスクを認識し、対処することが不可欠だ」と指摘している。』  


     アメリカで迷宮入りだった殺人事件の犯人が逮捕された。  
     そのきっかけがDNAの遺伝子家系図だった。  

     「黄金州の殺人鬼」と言われて世間を騒がせた事件は30年以上未解決だった。
      それが遺伝子データから家系図を調べるサイトを手掛かりに犯人逮捕までいったのだ。

      警察からしてみれば、この遺伝子データは犯人逮捕だけでなく、今後の犯罪抑止力にも貢献する素晴らしいものに映るに違いない。

      確かに犯罪者を野放しにすることを考えればそれもわかる。
      ただアメリカって30年経っても時効にはならないんだね。

      まあ、それはさておき、怖いのは遺伝子レベルの個人データ

      プライバシーに考慮して秘匿という所もあるようだけど、GEDマッチは、誰でも自由にデータを登録して系図を調べられるようにすることを目指したものだった。

      それを警察が利用したところ、あっという間に犯人を検挙できたのだった。  

      誰でもできるというのが怖いところ。   
      遺伝子を調べれば、なりやすい病気やアレルギーなども他人に簡単に知られてしまうかもしれない。  

      逆にそれが犯罪に繋がらないとも限らないよね。

      技術の進歩とともに、プライバシー保護の観点も考えていかなければならない問題だろう。
      悪用されると非常に怖いよね。  


    大使館に66億円分のコカイン

        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000015-jij_afp-int



     『【AFP=時事】アルゼンチンの治安省は22日、警察が首都ブエノスアイレスロシア大使館からコカイン約400キロを押収し、5人を逮捕したと発表した。

     パトリシア・ブルリッチ(Patricia Bullrich)治安相は記者会見で、コカインは大使館別館で見つかったと述べた。末端価格で5000万ユーロ(約66億円)相当だという。

     容疑者らは、外交特権第三者には開封できないクーリエと呼ばれる外交行嚢(こうのう)を利用し、欧州に持ち出そうとしていたという。 


     ロシア大使が2016年12月、薬物を発見したとロシアアルゼンチンの警察当局に通報したことを受け、両当局がおとり捜査を行っていたという。

     捜査では、コカインの袋16個の中身を小麦粉とすり替え、監視装置を設置して持ち出すまでの動向をチェックしていた。  

     ブルリッチ氏によると、捜査の結果「麻薬犯罪グループ」の一味としてアルゼンチンで2人、ロシアで3人の容疑者を逮捕した。

     アルゼンチンで逮捕された1人は、アルゼンチン国籍を取得したロシア人ブエノスアイレスの警察官だったという。

     押収されたコカインは「非常に純度が高い」もので、ロシアに送られる手はずになっていたという。

     その後さらに密輸の首謀者とみられる人物の生活基盤があるドイツにも運ばれる可能性が高かったとブルリッチ氏は説明し、「ドイツ警察が逃走中の容疑者を逮捕してくれると確信している」と述べた。  
     捜査当局では、コカインコロンビアペルーで製造されたとみている。【翻訳編集】 AFPBB News』


     アルゼンチンのロシア大使館コカイン押収というショッキングな事件
     そのコカインも400キロ、66億円分というから、もうすぐに密売組織の仕業だと一発でわかるね。

     それにしてもね~。 外交特権で第三者には開封できないクーリエで送ろうとしたんだから、ロシア政府の中にも密売組織の連中が潜んでいたということだろう。

     ロシア大使コカインについて何も知らずに報告したから発覚したんだろうけれど、そうでなければこの事件は闇に葬られていたんだろうな。

     何より外交特権が使える人間が関わっていたというのは相当な衝撃だ。
     もう一つ、アルゼンチンで逮捕されたのがブエノスアイレスの警官だったという事実もびっくりだよね。

     南米旅行したことがあるので、南米の警察は全く信用できないとわかっていたけれど、この事実は衝撃だったよ。

     何よりもロシア人からアルゼンチン人になって、ブエノスアイレスの警官になって悪事を働いた。
     日本人には信じられないよね。


     ここでちょっと南米の警察事情をちょっと。 南米の警官は給料は一般的に安いけれど、危険度はメチャクチャ高い。

     多くの南米の国の強盗は銃やナイフを持っていて、平気で人を殺す。殺すことに躊躇しない。 警官だって、組織に歯向かう奴は平気で殺される世界だ。

     日本のように命の危険にさらされることはほとんどない警官の状況とはわけが違う。 そんな状況だったら、警官になりたいと思う人は少ないだろう。

     今は影を潜めているけど、南米にはペルーやコロンビアのようにゲリラなどもいたし。

     だから、正義感を持って警官になるというより、他にいい仕事がなくて警官になっているのが現状じゃないかな?

     正直、南米旅行していた時には、警官の悪評もけっこう耳にしたからね。 だからアルゼンチンでも、国籍を取ってしまえば簡単に首都の警官になれるのかもしれない。


     さて、もう1つ大きな問題がある。
     アルゼンチンコカインの生産地ではない。

     記事にあるように、ペルーかコロンビアから運ばれてきた可能性が高い。 コロンビアなどだとアルゼンチンから相当距離がある。 コロンビアから空輸されたのも外交特権を使った可能性が高いね。

     アルゼンチンのロシア大使館に勤務していた人間が密輸組織に属していたか、協力してうまい汁を吸っていたということだろうね。

     大使は何年かごとに代わるから、もしかして前ロシア大使が関係していたのかも???

     こんな事件って、実は世界中のあちこちで起きている可能性もあるね。密告がなければ、発覚しないだろうし。

     大体、大使館って治外法権があるから、アルゼンチン警察が勝手に許可なく大使館の中を捜査するなんてことできないからね。

     国を動かす立場の人間のスキャンダル
     ロシア政府もよくニュースを発表したと思うよ。


     

    マスコミ閉鎖のベネズエラ

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000030-jij_afp-int



    『【AFP=時事】ベネズエラの報道機関の主要労組である「SNTP」は27日、同国で今年、新聞社やテレビ・ラジオ局など70のメディアが閉鎖に追い込まれた上、記者に対する暴行も増加したと発表した。

     同組合はニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)政権報道機関を「封殺」しようとしていると非難している。  

     SNTPによると、ここ1年でラジオ局46社、テレビチャンネル3局、新聞およそ20紙が閉鎖され、さらにジャーナリストに対する暴行が498件、逮捕が66件あったという。

     ベネズエラハイパーインフレに加え、食料・医療品など、慢性的な生活必需品不足に陥っているが、同組合はマドゥロ政権が悪化する経済や社会状況への不満をどんな犠牲を払ってでも抑え込もうとしていると指摘している。  

     また、暴行のほとんどは今年4月から6月にかけて行われた反政府デモで発生し、組合によるとデモで死亡した125人のうち約7割は警察か軍隊の手で殺害された。

     一方で2016年は、メディア関係者に対する暴行が26.5%上昇し、報道従事者らに対する侵害行為は360件発生していたという。【翻訳編集】 AFPBB News』

     かつて南米では裕福な国家だったベネズエラが苦しんでいる。
     石油生産で潤ってきたベネズエラだが、最近はハイパーインフレで経済は破綻してきている。      
     カリスマだった反米のチャベス大統領が死去して以来、ベネズエラからはあまり良いニュースが伝わってこないね。  
     
     そして、現政権のマドゥロ大統領は経済や社会の不満をマスコミを押さえつける事で抑え込もうとしているようだ。

     それにしても、ここ1年でラジオ局46社、テレビチャンネル3局、新聞およそ20紙が閉鎖され、さらにジャーナリストに対する暴行が498件、逮捕が66件あったって酷くない?

     ラジオ局46社閉鎖ってどれだけ残ってるの?って感じ。  
     新聞も20紙だって・・・。  ニュースがベネズエラ国民に知れ渡らないようにしているのだろう。

     でもね、昔と違ってインターネットの時代
     スマホで簡単に写真が撮れる時代。

     いくらマスコミを抑えたって、反発されるだけかも?

     経済や社会不満を取り除く努力が優先されるべきで、マスコミを無理矢理閉鎖したからと言って、完全に抑える事などできない世の中なのにね。

     マドゥロ政権の方向性が間違っている。

     経済で言えば、反米を掲げ、石油にかなり頼っていた部分が大きかったのではないかな?

     実際、自国通貨のボリバルの価値は下がり続けているので、ビットコインなどの仮想通貨が流通するようになった国。

     南米って独裁者のリーダーで動いてきた歴史もあるけど、マドゥロ大統領にはそれが備わっているようには見えないんだよなぁ。    


    全て無料のスーパー出現

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000023-asahi-int  


     『オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。

     賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。

     まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。  

     無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」

     約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

     開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。


     運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」


     スーパーの客には代わりに寄付をお願いしており、開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。

     寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。』


     全てが無料のスーパーが出現!

     まさかそんなスーパーがと目を疑ったけど、支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」が主催していると聞いて納得。

     つまり、慈善団体として活動してきたからの視点だね。
     利益を度外視して、食料となる食べ物を無駄に捨てられている事実に注目。

     客に売れなくて商売にならないけど、ちゃんと食べられる物が世の中にはたくさんある。 日本もレストランなどで廃棄される食べ物はかなりの量になるはずだ。

     その一方で、世の中には貧困に苦しみ、食べ物がなかなか手に入らないという人もいる。

     そういう人達に業者からタダで食料をもらってきて提供。 そして、寄付を募って、そのお金を貧しい人を救済する事にお金を回す。

     いやー、儲け主義とは一線を引いたビジネスかもしれないね。

     純粋にビジネスとは言えないかもしれないけど、1つのモデルになるよね。

     世界初。 注目度もニュース性も抜群だ。

     開店時間は平日の午前10時から午後2時までと短いけど、貧困層にとっては大変助かるよね。

     世界では色々なビジネスが生まれているけど、NGO的視点から世の中を変える試み。 今後も注目だね。


      

    このページのトップヘ