世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界ビックリ事件

    7人殺人で終身刑

     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170611-00000019-ann-int


    『去年、アメリカ南部鎖につながれた女性が警察に保護された事件で、女性が救出される瞬間の映像を検察が公開しました。

     金属のコンテナの入り口がのこぎりで開けられます。

     この映像は去年11月、サウスカロライナ州の農場にあるコンテナから女性が保護された時の様子です。

     捜査員が踏み込むと、首を鎖でつながれている女性が見つかりました。女性は、交際相手の男性とともに約2カ月前から行方が分からなくなっていました。

     捜査員:「連れは?」  女性:「チャーリーのこと?彼が撃ったわ」  捜査員:「誰が?」  女性:「トッド・コールヘップがチャーリー・カーバーの胸を3発撃った」


     女性の証言をもとに逮捕・起訴された農場の所有者のコールヘップ被告は、女性の誘拐・監禁のほか、これまでに7人を殺害したことなどを認めています。

     すべての罪を認める代わりに死刑は免れ、先月26日の公判で終身刑を言い渡されました。』


     アメリカ鎖につながれた女性が保護された事件で驚愕の事実。

     交際相手と誘拐されて、男性は殺されたらしい。

     それで、自分はコンテナに首を鎖でつながられて生きた心地もしなかったのではないだろうか。   動物じゃないのに、鎖で首をつながれて・・・。  

     でも、もっと衝撃的だったのは終身刑という判決。

     日本人には信じられない判決ではないかなぁ・・・。
     大体カップルを誘拐して彼氏の方を殺しただけでも重罪なのに、なんと合計で7人も殺しているんだよ。  

     7人殺しているのに、すべての罪を認めたら死刑を逃れるんだから。

     もちろん、世界には死刑を認めない国だってあるんだけど、それにしても何とも。

     国が変われば、法律も変わるっていう典型的な例だね。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    死刑と正義 [ 森炎 ]
    価格:820円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)


     

    「中国の衝撃的な遺体」


      『【AFP=時事】中国で先月強制的に解体された家屋のがれきの中から7日、この家屋に住んでいた60歳の女性の遺体が収容された。新京報(Beijing News)が8日、報じた。

     遺体で見つかった女性の息子によると、先月、突然約100人の男たちがやってきて、住んでいた一家を別々の車に押し込んで連れ去った。一家は家屋の解体が終わるまで拘束されていたという。

     解放後、家族は母親がいないことに気付き、町中に張り紙を貼って行方を捜していたが、6日から業者を雇って家屋のがれきを掘り起こしたところ、7日になって遺体が見つかったという。

     行方が分からなくなる以前、母親の健康状態に問題はなかったという。  

     この数十年で急速に都市化が進んだ中国では、地方部の建物などの解体の際、補償金をめぐって地元政府当局者と住民が衝突することが常態化している。【翻訳編集】 AFPBB News』 


     中国では政府のトップダウン命令で、住んでいた家からの立ち退きも珍しくない。

      ただ、純粋に長年住んでいた家から立ち退きたくない人もいるだろうが、中国の地方政府との立ち退き料が抑えられて動きたくないという人もいるだろう。

     実際、土地の値段が上がったので立退料がたくさんもらえればいいけれど、安い立退料で不便な所に引っ越しさせられたらそりゃ住民だって反対するだろう。

     それでも、先月中国で強制的に解体された家屋のがれきの中から、この家屋に住んでいた60歳の女性の遺体が収容されたというニュースは衝撃的だった。

     この家は周りは全部立ち退き、最後周りに道路を造られても1軒だけ残っていた家。

     それを遂に政府が強制的に立ち退きをさせたという。突然約100人の男たちがやってきて、住んでいた一家を別々の車に押し込んで連れ去った。

     そして、一家は家屋の解体が終わるまで拘束されていたと言う。明らかな人権侵害だ。そして勝手に住んでいた家を破壊。もう凄いね・・・。開いた口が塞がらないよ。

     それだけじゃない、そのどさくさに紛れて母親がいなくなったと言う。そして・・・。何と瓦礫の中から母親の遺体が見つかったという。

     おいおい。年老いた母親だろう。60才の女性だ。人がいたら助け出すだろう。無理にでも連れ出すだろう。

     100人もいたんだぜ。中国人は数を大げさにいう事もあるから半分と仮定しても、50人だ。それでどうして中に人がいるのがわからない??

     要は人がいるのかどうかも確認せずに、無理矢理取り壊しを行ったとしか思えないね。

     これって人殺しじゃないのか?ちょっと怖すぎる。

     いくら共産主義の中国と言えども、ここまで酷い話は聞いたことがない。日本だったら殺人容疑に切り替えて捜査されるだろう。

     国が変われば法律も変わるけれど、こういう事件を見ているとちょっと青ざめちゃうね。
     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    インド・ビハール州の信じられないカンニング

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000033-asahi-int&pos=2


       『インド北部ビハール州で、試験を受けた生徒約520人が、家族などの手伝いを受けてカンニングしたとして退学処分となった。複数の地元メディアが20日、伝えた。

       日本の高校1年生にあたる10年生が受ける10年生終了試験というもので、インドでは「後期中等教育」に位置づけられる11年生に進級するのに必要。

      今月中旬にビハール州パトナ近郊で行われた試験で、カンニングペーパーなどを手にした生徒の家族らが校舎の外壁をよじ登る写真や、監視役の教師が見て見ぬふりをするなかで堂々とカンニングする生徒の映像がネット上などに流出。国内で激しい批判が噴き出していた。

      インドでは受験競争が激しく、特に都市部では名門大学への進学を目指すため私立学校に子どもを入れ、塾にも通わせる親は珍しくない。

      一方、ビハール州などでは公立学校が予算不足などで機能せず、教師が親から賄賂を受け取るといったことも起きており、今回もこうした背景があるのではとみられている。(ニューデリー=貫洞欣寛)』  


      インドのビハール州で信じられない光景が繰り広げられた。

      カンニングなのだが、日本人が考えるカンニングの域をはるかに超えている。

      普通カンニングというと、先生に見つからないようにこっそりやるものだが、こちらは堂々と。というより、これってカンニングじゃないのではと思うほど。  

      そもそも教師もカンニングをやめさせようという意識がない。インドは賄賂が普通に行われているが、これもそう。  

      映像で撮られているにもかかわらず、全く注意しない教師。  とりあえず、仕事だからそこにいるというだけ。
    人形と変わらない。


       それにしても、ビックリなのが家族関係者。塀をよじ登り、カンニングペーパーを渡している。

      う~ん、そこまでするくらいなら、本人にこっそりどこかに持たせた方がいいんじゃないか? インド人の発想がわからない。

       しかも、4階、5階までよじ登っている人もいる。落ちたら大怪我をすること間違いなし。大体、そうやってカンニングペーパーを渡していたら、明らかに不正していることをアピールしているもんだけどな。

       しかし、インド人の発想は違うらしい。  それは1人や2人ではなく、何十人ものインド人が壁によじ登って教室の窓からカンニングペーパーを渡しているんだから。

      一見、ロッククライミングの練習か何かかと思ってしまうよ。  映像を見たい方はこちらをクリック。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00010003-afpbbnewsv-int&pos=2


       しかし、カンニングペーパーには何が書いてあるんだろう?  テストをいち早くどこかから入手した人が答えを書いて渡しているんだろうか? 

      インドも教育熱心な人がいるというのはわかったが、こんな事をしても実際に学力はつかないのにね・・・。

      大学までなんとか潜り込めれば、またカンニングで卒業はできるのかな?  なんか真面目にやっている人が馬鹿を見る一幕。  


      インドってハチャメチャで面白い所もあるけど、発想の原点から明らかに日本人と違っていると思うこともしばしば。  


      実際、インドを旅していて本当にそう感じた。  

      日本人インドに行ってカルチャーショックを受けない人はいないと思う。  それが心地良いと思う人がインドを好きになり、生理的に受け付けないという人がインドを嫌いになる。

      インドを好きか嫌いかという質問をすれば、その答えからある程度その人の性格が見えてくる。

     インドって、好きか嫌いかどっちかに分かれ、どちらでもないという中間層は他の国に比べて少ないからね。
     
      インド人と結婚した漫画家、流水りんこ。  

      身近に起きたインド人との発想の違いなどが描かれていて、面白い。

      漫画なので気楽に読めるし。肩肘はらずに異文化理解できます。    

    このページのトップヘ