世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:世界仰天ニュース

    仰天! FBIとIS(イスラム国)勧誘員が結婚

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-39789422-bbc-int


     『米連邦捜査局(FBI)は2日、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)を取り調べていたFBI通訳が、シリアへ渡航し、捜査対象だったIS勧誘員とひそかに結婚していたことを正式に認めた。


     FBIはBBCニュースに対して、この事態を受けて「安全保障上の危険性を特定して削減するため、様々な分野でいくつかの対策を講じた」と説明した。

     FBI通訳だったダニエラ・グリーン元服役囚(38)が2014年にFBIに嘘をついてシリアでIS勧誘員と結婚し、米国に帰国後に有罪となり2年間服役していたというニュースは、米CNNが1日に最初に報道した。

     米裁判所は当初、グリーン元服役囚の件について情報公開を禁止したものの、連邦裁判所の記録公開に伴い、1日に初めて明らかになった。

     グリーン元服役囚の結婚相手は、、ドイツ人でラップ歌手からIS勧誘員に転じたデニス・カスパート容疑者。

     米政府は2015年2月、カスパート容疑者を特別指定国際テロリスト(SDGT)に指定した。 同容疑者はISのプロパガンダ映像で、切り落とされたばかりの人の頭を手にしていた。

     CNNによると、FBIのデトロイト支局で働いていたグリーン元服役囚は2014年1月、カスパート容疑者の取り調べを担当するようになった。

     ドイツ語が堪能な通訳だった元服役囚はその6カ月後、カスパート容疑者と結婚するためシリアへ渡った。 チェコスロバキア生まれの元服役囚は、FBIの上司に対し、ドイツにいる両親に会うため旅行を計画していると話していた。

     しかし実際にはトルコへ渡り、地元IS関係者の助けを借りてシリアへ入国したとCNNは伝えている。 元服役囚は当時、米国軍人と結婚していた。


     2014年6月にシリアに到着して間もなく、元服役囚はカスパート容疑者と結婚したとされている。 カスパート容疑者は、ラッパーとしては「デソ・ドッグ」を名乗っていたが、ISに加わり「アブ・タルハ・アル・アルマニ」を自称していた。


     一方で元服役囚は、結婚から間もなく、新しい夫について考え直すようになったようだ。 CNNによると、グリーン元服役囚は米国にいる人物に、「今回は本当にヘマをしてしまった」と書き送った。さらに翌日には、「もうおしまい。戻れないし」と書いている。

    「とても厳しい環境にいて、ここでどれくらいもつかわからないけど、もうどうしようもない。何もかももう手遅れ」 しかしシリアに到着して1カ月たたないうちに、元服役囚は米国に戻った。どのようにIS支配地域から脱出できたのかは、明らかになっていない。


     CNNによると元服役囚は、FBIの捜査対象になっていることをカスパート容疑者に教えたと、認めている。

     元服役囚は2014年12月、「国際テロに関わる虚偽報告」をした罪を認め、連邦刑務所で2年服役した後、昨年夏に釈放された。

     現在は、ホテルで働いているというが、場所は明らかにされていない。 CNNが入手した裁判書類によると、検察側はグリーン元被告の行為を「とんでもない」ものだと批判し、「厳罰」相当だと主張。

     しかし、比較的短い刑期が言い渡されたのは、当局に対し「重要で、長期にわたる、相当な」協力をしたためだと検察は説明している。

     弁護を担当したショーン・ムーア弁護士は、元服役囚が「聡明でハキハキと話し、明らかに世間知らず」で、「心から後悔している」とCNNに述べた。

     弁護士はさらに、「とうてい自分の手に負えないことに関わってしまった、単なる善意の人だった」と話した。』


     FBI通訳が捜査対象だったIS勧誘員とシリアで結婚したというニュース。

     いわば、アメリカのFBI要注意人物としてマークしていた人物と、嘘をついてシリアで結婚していたなんてビックリ仰天!

     アメリカは移民国家だけに、アメリカ人と言えどもルーツが色んな民族がいる。 このグリーンさんはチェコスロバキア出身だったらしい。

     それにしてもね~。

     恋は盲目というか・・・。

     しかも、当時、米国軍人と結婚していたというから、更に仰天。 それって、不倫だよね? というか、二重結婚状態だったんじゃないの???

      まあ、IS勧誘員だから言葉巧みにシリアにおびき寄せたんだろうけどね。それにしても、グリーンさん、世間知らずというか、何と言うか・・・。生首を持っていた人物の所へ行って後悔するなんて。


     逆に言えば、テロリスト軍団である「イスラム国」の勧誘員だけあって、そのコミュニケーション能力は突出したものがあるんだろうね。 どんな心理状態にして、相手に行動を起こさせるのか。

     いわば、敵対している人物を好きにさせ、行動を起こさせるのは並大抵の能力じゃないと思うな。
     そのコミュニケーションスキルについては興味ある。

     グリーンさんは、シリアに行って初めてヤバいと気付いたようだ。 ただ、不思議なのは1か月でアメリカに戻れているという点。

     逆スパイにされてきたんじゃないだろうな、と疑ってしまう。 通常、IS戦闘員に加わったたり、結婚したりすると、元々の家族からも連絡ができなくなり、イスラム国から抜け出すのは至難の業だと言われているんだけどね。

     相手はテロリストだけあって、脱走すれば射殺ということにもなりかねない。

     それが、結婚までしておいて、1か月ぐらいで元の国へ戻れるだろうか? 一番考えられるのは、スパイやIS支援者としてアメリカで活動する任務を持って帰ったのではないかということ。

     ま、当然アメリカでもそれは調べられているとは思うけど。 ただね、誰も人間の心の奥まではのぞけないからね・・・。

     2年の刑期で出てきているけど、ちょっと怖い気がするのは僕だけ?


    ブログネタ
    サッカー全般2 に参加中!
    仰天! 8部リーグからプレミアへ

       http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010015-footballc-socc



       『イングランド8部リーグ所属選手が、プレミアリーグのクリスタル・パレスへ移籍するという大出世があった。3日の英国放送『BBC』が伝えている。

      C・パレスに移籍したのはイングランド8部の南部リーグ、バートン・ローバーズに所属していたFWケシ・アンデルソン

      同選手は2部のブレントフォードのテスト生として、先週のテストマッチに出場。同試合でC・パレスU-21を相手に360秒でハットトリックの離れ技をやってのけたという。

      その活躍がC・パレスの目に留まり、すぐさま契約に至ったという。

      アンデルソンはまだ19歳であり、今後の成長に期待がかかる。』


      人生どこでチャンスがやってくるかわからないね。
      正にチャンスは突然やってくる。

       イギリスの8部リーグのサッカー選手が、なんとマンチャスターユナイテッドチェルシー、アーセナルなど世界的な有名なクラブが集うイギリスの最高峰プレミアリーグに大出世したのだ。

       日本で言うなら、地方のほとんどの人が知らない草サッカーレベルのチームでサッカーをしていた選手が、日本サッカー界のトップリーグ、J1のチームと契約するようなもの。

     サッカー大国のイギリスの場合、これよりまだ凄いイングリッシュドリームだ。


       でもレベルが違いすぎるリーグで活躍したからといって、どうしてプレミアリーグのチームと契約できたのか、不思議だった。

       2部のブレントフォードのテスト生として、先週のテストマッチに出場し、同試合でC・パレスU-21を相手に360秒でハットトリックの離れ技をやってのけたんだね。

      8部のサッカー選手でも2部のチームのテスト生になれるんだね。そしてテスト生でもすぐに使ってもらえる。
      イギリスではこんな事がされているんだ。

      ただ、それにしても凄い。すぐにハットトリックを達成だからね。。

       サッカーに詳しくない人の為に一応説明しておくと、ハットトリックというのは1試合で同じ人が3点取ること。 サッカーの試合は大抵1点とか2点で勝敗が決まることが多い。

       サッカーで3点取れば大体は勝てる。 それを1人で3点取るのだから、ハットトリックできるFW選手はその中でも凄いのだ。 それを360秒で達成・・・。

      360秒と言えば6分。サッカーの試合は45分ハーフで、計90分。 ハットトリックでも凄いのに、それを僅か6分でやってのけたんだぁ。

       それだけのパフォーマンスを見せられると、クリスタル・パレスも放っておけなくなるよね。 何せ相手は自分のチーム、クリスタル・パレスの21歳以下のチーム

      つまり、U-21と言えばもうすぐプレミアリーグで活躍できると言うレベル。その相手に簡単にハットトリックを達成した。

      しかもケシ・アンデルソン選手は19歳。 U-21チームの選手よりも若い。 ケシ・アンデルソン選手に限りない可能性を見たのだろう。

      それにしても、サッカー選手としてビックリ仰天の大出世。 このニュースを見て、いつどこにチャンスが転がっているかわからないね。

       チャンスがあっても毎日きちんと鍛錬していないと、そのチャンスは素通りしてしまう。
       チャンスを掴むには、日々の過ごし方の大事だなぁと思った次第です。

       無名の田舎のおばさんだったスーザン・ボイルが47歳で、歌手になり、世界的に有名になったのを思い出した。

      だれが47歳を過ぎて歌手になれると考えただろうか?


      それが世界中で有名になったんだから、世の中わからないよね。

       でも、そのチャンスを掴むまでに、ケシ・アンデルソン選手スーザン・ボイルが影で努力していたのは言うまでもない。

      その努力がなければ、チャンスも目の前をスッーと通っていって気がつかないのだろう。


    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    献血と入試の驚く関係

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00050137-yom-int


       『【上海=鈴木隆弘】中国浙江省浦江県で、親が計4リットル以上の献血をすれば、子供の公立高校入試の得点を加点する規定が発表された。

      献血促進のためとしているが、「保護者が健康を顧みなくなる」などの批判も出ている。  

     7月に発表された規定では、4リットルの献血で1点、6リットルでは2点、8リットルでは3点が加点される。試験は630点満点だが、合否線上の子供は数点の加点が結果を左右する可能性もあるという。

      9月24日付の中国紙・銭江晩報(電子版)によると、成人は半年に1回、400ミリ・リットルの献血ができる。加点基準となる4リットルまでには少なくとも5年が必要となる。

      当局は実施を最終決定したわけではないとしている。中国のインターネットサイトでは「子供のために頑張る」という保護者の意見もある一方で、「不公平を生む」「受験を保護者に押しつけるな」などと批判的な声が多い。』


      中国の中国浙江省浦江県で発表された献血促進策

      なんとその促進方法とは、子供の入試の点に4リットルの献血で1点、6リットルでは2点、8リットルでは3点が加点されるという仰天施策。

        おいおい。


      親の献血と子供の学力とどういう関係があるんだ?

      中国のように人口が多い国では、1点と言っても何十人、何百人と同じ点数がいる可能性がある。3点違えば、1000人ぐらい順位が違ってくるかもしれない。

      だけど、子供の入試にどうして親の献血が出てくるのか、日本人には理解できないね。 親の力を借りてとなると、それが子供の将来にとって果たしていいことなのかどうか?


       また、家庭の事情で親が献血できない場合、本来は合格するはずだった学生が不合格になる可能性がでてくる。

       親にとっても危険だ。

       成人は半年に1回、400ミリ・リットルの献血ができるが、1点取るのに5年かかる。 そんな時間はないと思えば、少々無理してでも1年にもっと献血する親が絶対に出てくる。

      親の健康を害する要因にもなる。


      お受験は親が必死というのは日本も同じだから、「子供のために頑張る」という保護者の意見もあるのもわからんでもないが、ちょっと頑張り方が違うだろと思う。

      そもそも本人以外の力で点数をつける事そのものが、僕にはよくわからない。

       まだ、本人に清掃などのボランティアをさせて加点する方が自立心を育てる意味でもいいと思うけど。

       大体、親が献血していなくて落ちたら、親が献血していたら受かっていたはずだというわがまま小僧が絶対出てくる。 中国の親の中にはビックリするほど子供を甘やかしているのを見かけるが、こういう制度はますますそういう事を助長するような気がするな。

      一人っ子政策の馬鹿息子をひたすら甘やかしてダメにしている馬鹿親がいかに多いか。

       中国社会の中にも批判的な声が多いのはまだ救いだけどね。

    ブログネタ
    海外驚きニュース! に参加中!

    イギリスの初デート保険って知ってる?

     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130411-00000010-rnijugo-life



     『「なんて無駄なお金と時間を使ってしまったんだろう…」

      新たな出会いを期待して合コンに出かけたものの、男たちの振る舞いにがっかり。収穫どころか、不愉快な気分にさせられた――そんな砂を?むような思いをしたことのある女性、少なくないのでは?

      実はこの手の失敗談、どうやら万国共通の様子。

      イギリスでは「初デート」でも似たような“事故”が起こりがちのようで、そんな“事故”のリスクに備える保険も登場しているのだとか。

       いわば「初デート保険」ともいうべきこの保険商品、「楽しみにしていた彼との初デートがあまりにもひどかった場合、それにかかった費用は全部うちがもちます」というなんともユニークなもの。

      対象者は女性限定ですが、これがなかなか好評なようで、男性としては微妙な心境。

      ですが、保険の申請を求める女性たちが初デートで連れていかれた場所を聞くと、確かに同情したくなるようなケースが多々…。

      「下水処理場」「刑務所」「ストリップクラブ」など、もはや“事故”といっても差し支えないレベルから、「いきなり母親のところに連れていかれた」「マク ドナルド」のように『なぜわざわざ初デートで?』というレベルまで、いずれにしてもいい大人が初デートで選ぶ場所とは思えません。

       保険会社の幹部はこう話します。 「世の女性たちが自分にベストマッチした相手を探す際に発生するコスト(リスク)を下げたかったのです。まるで事故のような初デートに、無駄なお金を使ってしまった人はかなり多く、今後は隠れた需要も掘り起こしていくつもりです」


       もっともこの保険、「男性にこそ必要じゃないか!」と思った人も少なくないのでは? 期待した初デートで思い切って散財したのに収穫はゼロ…なんて痛手 は、むしろ男性陣にこそありがちな話。

      保険商品として成立するかは未知数ですが、ぜひ日本の保険会社の皆さんには男性向けデート&合コン保険の検討を願い たいものです。』


      イギリスでは初デートの時の金銭的損害を保証しようという「初デート保険」があるという。

      「楽しみにしていた彼との初デートがあまりにもひどかった場合、それにかかった費用は全部うちがもちます」というなんともユニークなもので非常に面白い発想だとは思うけど・・・。

      確かに大した理由もなく「下水処理場」「刑務所」「ストリップクラブ」に初デートで行くのはどうかと思うよね。

      まだ、相手の趣味などがよくわかっていない初デートの時に刑務所に連れて行かれるとビックリするよね。犯罪者に知り合いが多いのかと疑われちゃうんじゃないかな?

      ストリップクラブもそこへ女性を連れて行く事自体、どうなんだろう?
      初デートでなくても、抵抗がある女性の方が多いんじゃないかな?

      これらは初デートがあまりに酷かった場合に該当するかもしれないけど、マクドナルドへ行ったぐらいでも保険が適用されるのかな??

      ただ、日本的な感覚で言うと、この初デート保険は女性よりも男性の方に多くの需要がある気がするけど。

      「事故のような初デートに、無駄なお金を使ってしまった人はかなり多く、今後は隠れた需要も掘り起こしていくつもりです。」と保険会社の人は話しているが、なぜ女性限定なのだろう???

      最近は割り勘も増えてきたようだけど、日本では男性の方が全部お金を払うというイメージを持っている人も多いと思う。お金を払わなかったと言う初デートをした女性も多いのでは?  

      そう考えると、金銭的に初デートで損害を被るのは女性より男性の方が多いと思うんだよね。少なくとも日本では。

      せっかく初デートコースを設定していても、女性の都合で行き先変更になったり、食事代はもちろん、プレゼントまで買わされたりした男性もけっこういるのでは?

     それでも彼女との初デートが楽しければ全然問題ないのだが、中には散財させられただけですぐに別れたと言うケースだって・・・。 

      まあ、この初デート保険の舞台はイギリスなんだけど、英国では初デートは女性がおごる習慣があるのだろうか??? もしそうなら、僕なんか喜んでイギリス旅行を計画しちゃうよ(笑)。


      この記事には書いていないけど、気になるのは初デート保険の保険料

      初デート保険を受け取るには、保険料が必要だろうけど一体いくら払うのかな?     
      この初デート保険人生の初デートのみの1回きり? それとも、デートの相手が代われば、その相手とは初デートという事で何回でも利用できるのかな??

     ベストの相手を選ぶという視点から言えば後者だろうけど、そうなら、ただの男友達でも彼氏だと言う事にして、初デートでこんな被害を受けたと報告して初デート保険詐欺のような悪用する女性も出てきそう・・・。

      それに保険が保証する金額もどうなっているのか興味があるよね。

     いくらまでならOKなんだろう? そして、その初デートで損害を被ったという被害額はどのように計算されるのだろう?? 

      デートの時の領収書を取っていちいち取っておくのかな?  
      個人的な感覚では行く先々で領収書をもらっている人とのデートって、それだけでも興ざめ思想だけど、女性の方はどうなんでしょうね?

      初デート保険について、この記事だけだと色々わからない事が多いすぎるね。

      「初デート保険

      話題性があって面白い記事だとは思うけど、もう少し踏み込んだ紹介をしてもらえるともっと楽しくなるし、日本人もビジネスヒントがもらえると思うんだけどなぁ。
      
     

    このページのトップヘ