世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:南米ニュース

    コカインの原料を生産現場


    『【AFP=時事】貧困と生活必需品不足から逃れるために国を出たベネズエラ移民が、隣国コロンビア麻薬組織のためにコカの葉を収穫する仕事に就く例が増えている。

     コカ農園の労働環境は厳しく過酷で、違法なコカイン生産の一端を担っていることに一抹の不安を抱きながらも、給料の良さにひかれて多くのベネズエラ人が働いている。

     2人の幼い子どもがいるエドゥアルさん(23)は、2年前からコロンビアでコカを収穫する仕事を始めた。故郷への影響を恐れ、AFPの取材には本名ではなく仮名で応じた。


     エドゥアルさんはベネズエラ中部でバイクタクシーの運転手をしていたが、昨年130万%にも達したともいわれるハイパーインフレで貯蓄が目減りしたため、国境に近いコロンビアのカタトゥンボ(Catatumbo)地方にやって来た。

     当初は建設作業員をしていたが、今では中腰になってコカの葉を収穫している。 「一番つらいのは手だ」とエドゥアルさんは語る。

    コカの茂みをつかむと血が出る」と言いながら、布を巻き付けて保護していた水ぶくれだらけの手を見せてくれた。脚の痛みに耐えられなくなると、靴を脱いで、ぼろぼろの靴下にコカの葉をこすりつけるという。

     過酷な仕事だが、1か月144ドル(約1万6000円)を稼ぐ。建設現場で働いていた時の3倍だ。多くのベネズエラ移民と同じように、エドゥアルさんはぎりぎりの生活費を残して、稼ぎはすべて故郷の家族に送る。

     カタトゥンボは天然資源に恵まれているが、武力勢力がのさばり、左翼ゲリラ、麻薬組織、民兵、軍が入り乱れる流血の舞台となってきた。

     そのため働くには危険な場所で、かつてここに来るのはコロンビア人だけだった。

     だが、2016年頃から、ベネズエラ人とコロンビア人で仕事の奪い合いになっている。2017年以降、コロンビアの違法コカ農園の16.5%がカタトゥンボにある。


     同じくベネズエラ移民のナイケジ・デルガド(Naikelly Delgado)さん(36)は2016年、姉妹でコロンビアのパセジ(Pacelli)に来た。

     以前は石油化学業界で働いていたが、パセジでは調理師の仕事を見つけた。だが、もっと稼ぐためにコカ畑で働くようになった。

     デルガドさんは「邪悪なことに手を染めている」ことに罪の意識を感じており、神に許しを乞うていると言う。


    祖国のクーデターを切望  


     家族を恋しく思いながら、肉体的につらい仕事をしているコカ農園の労働者たちの間では、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領に対する軽蔑の念が強まっている。

     彼らは以前は、故ウゴ・チャベス(Hugo Chavez)前大統領の後継者であるマドゥロ氏を支持していたが、今ではマドゥロ氏の退陣を望んでいるという。

     「彼らが私たちの生活を壊さなければ、国を離れることも、家族と離れ離れになることもなかった」「私たちは…クーデターか何かが起こればいいのにと切望している」

      そう語るエンディ・フェルナンデス(Endy Fernandez)さん(36)は、ベネズエラでは乳製品を売ったり、建設現場で働いたりしていたが、2017年に国境を越え、16時間歩いてパセジにたどり着いた。

     人口3200人の小さな町パセジには、2016年以降、約1000人のベネズエラ人が移住している。その大半は地元住民に代わってコカ農園で働いていると、共同体のリーダー、ヘルソン・ビジャミサル(Gerson Villamizar)氏は言う。


     大抵のベネズエラ人はここで働いても家族に仕送りしてしまうため、「(地元)経済は活性化しない」とビジャミサル氏は語った。

     またベネズエラ移民は厳しい法律に従わなければならず、コカ農園で働くにもコロンビア人の推薦状が必要となる。

     これまでに、窃盗、殺人未遂、薬物使用などで国外退去となったベネズエラ人は約100人に上る。

     だが、それでも「この仕事を見つけることができてよかった」とフェルナンデスさんは語る。「他にどうしろと言うんだ?」』  


      世界的に悪名高いコロンビアの麻薬

      コロンビアは昔から左翼ゲリラ、右翼ゲリラ民兵などが入り混じり、コロンビア政府と紛争を演じてきた国。  そして、カリやメデジンで麻薬組織が活発に活動していた。

      一方、ベネズエラは石油が出ることもあり、OPEC(石油輸出国機構)の一員として南米では高所得国家として君臨していた。

      今と違ってベネズエラの方が、コロンビア人の入国に目を光らせていた。
      それが 時代と共に逆転したようだ。

      ベネズエラチャベス大統領時代から反米色を強くし、マドゥロ政権経済は破綻。  

      しかし、多くのベネズエラ人コロンビアに行って、コカインの原料となるコカ栽培に手を出しているのが衝撃的だった。

     記事に出てくるデルガドさんのように、「邪悪なことに手を染めている」ことに罪の意識を感じており、神に許しを乞うていると言う人もいる。  

     これは悪いことだとわかっていても、生活するためには仕方がないという心境なのだろう。

     ベネズエラからコロンビアに来た移民も、ベネズエラ自国にまともな仕事があって生活できれば多くのベネズエラ人がこんな所には来なかったろう。

     政治を誤り、ベネズエラ経済を破綻させたマドゥロ大統領ベネズエラだけでなく、世界中で薬物中毒者を作り出す手助けを間接的に行っているという事だ。

     かつてコロンビアで一部のコロンビア人から各ゲリラが支持されていた理由は、お金をもたらしてくれるからだった。

     特に地方の貧困層には、コロンビア政府は何もしてくれなかった。誰も自分達の生活に目を向けてくれなかった。 そんな所にゲリラが入り込み、コカ栽培コカイン精製などの仕事をやらせた。

     貧困層の生活は良くなった。 他の作物より現金が多くもらえるコカを農民達も作っていったのは当然の帰結だった。

     コロンビアのコカイン精製にはそんな経緯がある。


     今、コロンビア人からベネズエラ人にそれが変わっていっているが、負の構造は同じだろう。

     逆にベネズエラ人だと厳しい法律に従わなければならず、コカ農園で働くにもコロンビア人の推薦状が必要となるということだから、コロンビア人以上に搾取されている可能性は高い。

     1か月に1万5千円にも満たない仕事が、ベネズエラ人にとっては良い仕事になって、その結果、人間をダメにするコカイン作りを手助けし、悪の麻薬組織だけ金儲けしている現実をしっかりと認識しなければならない。

     一国の経済破綻は、麻薬組織にとっては絶好のターゲットとなることをね。


       

    世界最短の国際線



     『(CNN) 南米ベネズエラ北部沖のカリブ海に浮かぶオランダ自治領アルバベネズエラのプント・フィホの間をわずか8分間で結ぶ航空路線がこのほど新たに開設され、CNNの調べによると国際線の商業路線としては世界最短となった。

     アルバベネズエラを隔てる距離は15マイル(約24キロ)。
     アルバのベアトリクス女王国際空港プント・フィホの空港との間は51マイル(約82キロ)。

     ベネズエラ政府と提携し、月曜、金曜の週2便の定期運航を先月18日に開始したのはアルバ航空。使用機材はボンバルディア社製のCRJ-200LR型機


     アルバからオランダ自治領キュラソー米マイアミなどへの接続便にもつながる。 航空料金は215米ドル(約2万3400円)からで、1分当たり27ドルの計算になる。

     ベネズエラ政府は今年1月、アルバやキュラソーなどのオランダ自治領に対し3カ月の経済封鎖を実施。

     ベネズエラのマドゥロ大統領アルバなどがベネズエラの天然資源を収奪し、闇市場で売り払っているとの理由を示していた。

     ベネズエラ、アルバ間の交通手段の規制は続いていたものの、双方の関係は最近改善の兆しが見えていた。』


      カリブ海に浮かぶオランダ自治領アルバ
      地図を見てもらえば わかる通り、ベネズエラから目と鼻の先だ。

      余談だが、ワールドベイスボールで毎回ヨーロッパ代表として出てくるオランダ

      オランダ本国野球よりも断然サッカーが人気で、ワールドカップでも準優勝したりしている強豪国。

      そんなオランダがなぜ野球も強いかというと、このカリブ海に浮かぶ島々オランダ領でここでは野球が盛んだからだ。


      さて距離は短くても一応、国際線ベネズエラからオランダへ。

      オランダ自治領アルバベネズエラのプント・フィホの間をわずか8分間で行くらしい。
      8分って、飛び立ってシートベルトして一息入れたら、もう着陸態勢って感じじゃない?

      たった8分の飛行だけど、なんと料金は2万円以上!
      メチャ高!

      ベネズエラは今経済危機に瀕して国家版仮想通貨ペトロを作ったりしている国だけど、きっと金持ちが乗るんだろうな。

     でも、国際線ということは2時間ぐらい前に来て、パスポートチェックなどもするのかな?

     飛行時間は8分でも、実際はかなり時間を取られる???

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    人生を変える南の島々。(南北アメリカ&ハワイ編) [ 高城剛 ]
    価格:2138円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)


    ウルグアイで大麻合法化

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000026-jij_afp-int



     『【AFP=時事】南米ウルグアイの大統領府は6日、嗜好(しこう)品としてのマリフアナ(乾燥大麻)の販売を今年7月に解禁すると発表した。

      登録したウルグアイ国民と同国永住者は薬局で購入できるようになる。嗜好品としてのマリフアナが市販されるのは世界で初めて。

     ウルグアイでは2013年にマリフアナの栽培と販売、消費を完全に合法化する画期的な法案が可決されており、今回の措置はその施行で最後の仕上げとなる。  

     薬局での販売はこの法律の最も革新的な(そのため物議を醸している)点だが、これまで保留され、解禁に向けた明確な日程も示されていなかった。  

     タバレ・バスケス(Tabare Vazquez)政権はこうした状況に終止符を打ち、国家薬物審議会のトップを兼任するフアン・アンドレス・ロバジョ(Juan Andres Roballo)大統領府副長官は記者会見で、薬局での販売解禁は「7月の第2週」をめどに行われると明言した。

     法律ではマリフアナの購入希望者に国への登録を義務づけており、所定の手続きを満たしたうえで購入が認められる。1か月の購入上限量は40グラムまでとなっている。  

     ロバジョ副長官によれば、登録できるのはウルグアイ国民と同国の永住者のみ。登録は5月2日まで受け付ける。  

     国家薬物審議会のディエゴ・オリベラ(Diego Olivera)事務局長によれば、マリフアナは1グラム当たり1ドル30セント(約145円)で5グラム入りと10グラム入りのパックで販売されるが、当面は5グラムパックのみの販売となる。

     売り上げの一部は政府の薬物使用防止プログラムに充てる予定だ。

     人口約340万人のウルグアイで、マリフアナの常習者は約15万人いると推定されている。【翻訳編集】 AFPBB News』


     南米のウルグアイマリファナ(乾燥大麻)が合法化された。 登録すれば、堂々と薬局で買えるらしい。世界初の試みだ。

     日本のように違法薬物に厳しい国からすると、嗜好用として大麻が売り出されるなんてビックリ仰天の出来事。医療用ならまだわかるんだけど。

     1か月のマリファナ購入量の上限を決めても、仲間からもらって重症になることなないのかな??

     このニュースを聞いて、じゃウルグアイへ。と思ってもダメ。 ウルグアイ国民と永住者でしか登録できないようだからね。

     大麻を違法とするよりも、合法化した方がメリットがあると判断したんだろうね。

     ウルグアイの試みが世界にどのような影響を与えるのか?

     注目していきたいね。


    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    ブラジルの危機

      http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140709-00050136-yom-int


      『【リオデジャネイロ=吉田健一】サッカー・ワールドカップ(W杯)で8日、ブラジル代表が歴史的大敗を喫したことは、同国の政治や経済にも深刻な影響を広げそうだ。

      ルセフ大統領は大会の成功を10月の大統領選への弾みとしたい考えだったが、巨額の開催費を投じたことへの批判が再燃するのは避けられない。

     W杯用に建 てられた各地のスタジアムは「負の遺産」となる懸念もある。失意の国民が2年後のリオデジャネイロ五輪に向けて結束できるかは未知数だ。


     ◆大統領にブーイング  ブラジルが5点差を追う前半終了間際。沈滞ムードに包まれたベロオリゾンテ・ミネイラン競技場で突然、ルセフ氏を名指ししたブーイングが約3分間続い た。

     「歴史的屈辱」とまで評された試合への怒りが、W杯に110億ドル(約1兆1000億円)という史上最大規模の巨費を投じた大統領への不満に転じたと みられる。

     ブラジルでは、6月12日のW杯開幕直前まで各地でデモやストライキが相次いでいた。教育や医療といった社会問題を置き去りにしたままW杯の開催準備を急いだルセフ政権への不満からだ。

     ただ、代表チームが勝ち上がるにつれ、批判は減っていった。  世論調査でも、ルセフ氏の支持率は昨年11月の47%から6月上旬には34%まで落ち込んだが、7月の最新調査では38%に持ち直していた。

      ルセフ氏はさらに観戦で訪れる各国首脳らと“W杯外交”も展開。大会成功を15日に開かれるBRICS首脳会議につなげて政権を浮揚させる狙いもあったが、大敗に水を差された。

     10月の大統領選に向けた選挙戦は6日から始まっている。野党が政権批判を強めるのは確実だ。地元紙幹部は「優勝を逃した結果、政府批判は国民レベルでも再燃する」と予測する。』


       ブラジルのサッカー代表セレソンが、準決勝でドイツに歴史的大敗をしたことで、ブラジルの政治に大きな影を落としている。

     ブラジルではサッカーは国民的スポーツ。 しかし、今回のワールドカップブラジル大会には、ブラジルの社会問題に目をつむり巨額の費用をワールドカップ開催に投じてきた。

     W杯開催前から、ブラジル各地でデモが起きていたのはご存知の通り。

      これがブラジル地元開催で、ブラジル代表セレソンが優勝を飾ればこういった不満もある程度抑えられたはずだ。

     サッカーワールドカップのブラジル開催は2度目。 前回は決勝戦でウルグアイに負けて「マラカナンの悲劇」と言われていた。

      ブラジルは世界最多のワールドカップ優勝を誇っているが、地元ブラジルでの優勝ブラジル国民の悲願でもあった。 その夢が準決勝で敗れたのもさることながら、その負け方が酷すぎた。

      自他共にサッカー大国と認めるブラジルが、よもやの7失点。 歴史に名を残す屈辱的な負けになった。

      単なる敗戦以上にこの怒りや悲しみは深い。 ブラジルを始め一部の国では、ワールドカップで負けると暴動が起こったり、死者が出たりするのは毎回のこと。 突然暴徒化するサポーターは手に負えなくなるからね。

      だから、ワールドカップの試合は単なるサッカーの試合以上の影響があることをみんな知っている。政府関係者を始め、現場を仕切る警察なども緊張の面持ちでサッカーの試合を見ているはずだ。

      今回もブラジルでバス20台以上が燃やされたり、商品略奪が起こったりしたと報道されている。

     それにしても、タイミングが悪すぎるね。

     地元優勝の期待がかかっていたところで、今まで他の国でも聞いた事がないような大敗。 ぶざまな試合を一番見せてはいけない場面でやってしまったのだ。

      これでブラジル国民サッカー大国のプライドがズタズタに引き裂かれてしまった。

     これまでのブラジルスター選手も、あまりにショックだと思う。 サポーターの怒りや不満は、ブラジルワールドカップを推進して巨額なお金を投資してきたブラジル政権に向けられるだろう。

     ワールドカップが終わって、各地のスタジアムが採算が取れずに重荷になってきて、社会保障などが思ったように改善されないようだと、ルセフ大統領がかなり激しい非難の的となるのは間違いない。

      今年のブラジルは大統領選を始め、州知事選や上下両議員の選挙が行われる。 ブラジルの歴史的大敗は、単なるサッカーの試合で代表が負けただけではない。


      日本ではワールドカップでぶざまな試合で負けて帰っても空港で歓迎されるくらいだけど、ブラジルでは全く状況が違っていて、政治問題にも大きく影響してくる。

      このブラジルの選挙結果、ひいてはブラジル将来に、このブラジル代表セレソンの敗戦は影響してくるのだ。 ルセフ大統領ブラジル国民に「ワールドカップは成功だった」と納得させることはできなくなったからね。


      ルセフ大統領にとっては正に悪夢だ。 ルセフ大統領セレソンの歴史的大敗に地団太を踏んでいることだろう。

      攻守の要、ネイマールシウバが試合に出られなかったとしても、サッカー王国ブラジルが誰も予想もしなかったまさか、まさかの歴史的大敗だからね。

     単に負けでもブラジル政権には影響が出るだろうに、今回は言い訳できない歴史的大敗

      ブラジル代表が6分間に4点を取った事はこれまでにあっただろうが、逆に取られた事なんてなかっただろうからね。 しかも、それがブラジル中、世界中が注目していたワールドカップの地元の試合で起こってしまった悲劇。


     これで3位決定戦でブラジルオランダに勝ったとしても、ブラジル国民のショックは癒されないだろう。

      しかし、この試合でオランダのロッベンやスナイダーなどにどんどん点を取られて負けるようだと、ブラジルの治安は一気に悪化する。それは間違いない。

      アルゼンチン対ドイツの決勝戦にもその影響がくるかもしれない。

      ブラジルサポーターにとっては、ブラジル人が一番のライバルと思っているアルゼンチンが決勝に進んでいることも、大きな不満材料になっているからね。

      3位決定戦はこれ以上、ブラジルの治安悪化を招かないためにも、セレソンオランダ相手にすっきりした勝ちが求められる。絶対に勝たなければならない。それも圧倒的な勝ち方で。

      しかし、そうやって勝ったとしても、ルセフ大統領にいっそう厳しい目が向けられる事は間違いないし、暫くは怒りが収まらないブラジルサポーターの暴動にも気をつけないといけない。

      ただ、オランダ戦のブラジルの戦いは、サッカー王国のプライドを取り戻し、治安悪化を食いとめる重要な試合になる。 単なる消化試合ではないのだ。

      精神的ショックを受け、攻撃の要エース、ネイマールを欠く中、どこまでスコラリー監督がチームを立ち直せるか。

     かなり難しい仕事ではあるが、ブラジル国民はもちろん海外からの観光客にも影響してくるからね。頑張ってもらわないと。

     
      ブラジルなど中南米、アフリカの一部の国では、サッカーの国際試合は他のスポーツとは違って、国を揺るがすくらい大きな意味があるんだよね。

    ブログネタ
    海外の一般的なニュースはここで! に参加中!
    ブラジルの軍事政権遺産

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00010003-saopaulo-s_ame


     『サンパウロ州歴史・文化・考古学・工芸遺産・観光保護審議会は1月27日、軍事政権時代に拷問の舞台となっていたサンパウロ市内の建物を歴史的建造物に指定することを全会一致で決定した。
     28日付の地元紙(電子版)が報じた。

      現在は市民警察の第36地区警察署として使われているこの建物は、日系人日本人が多く住むパライゾ駅近くのツトイア街沿いにある。

     軍事政権下の当時のブラジルでは、共産主義者政府を批判した疑いをのある人々拷問にかけられ、投獄されたり国外追放されることが日常化していたが、その中心的な役割を果たしたのが「ドイ・コジ(DOI-CODI)」と呼ばれた秘密警察だった。

     「ブラジルの暗黒時代を象徴する政治的性格を持っている」として歴史的建造物に指定されたこの建物は、ドイ・コジのサンパウロ市本部だった。

     ここで行われた拷問による死亡事件の中で最も有名なのは、ジャーナリストのブラジミール・ヘルツオグ氏が暗殺された1975年の事件で、64~85年の21年間にわたり続いたブラジルの軍事政権の中で最も暴力的だったエルネスト・ガイゼル政権時に起こった。

      共産主義思想を広めたという容疑でユダヤ系ブラジル人記者のヘルツオグ氏をドイ・コジが逮捕し、激しい拷問にかけて死なせた後で窓枠につないだベルトを首に巻きつけてぶら下がっている同氏の写真を公表し、マスコミには拘置中の自殺として発表した。

      また鑑識医院の日系人元医師ハリー・シバタ氏(87)が自殺という検視結果を出したものの、写真を見た人々から「自殺にしては不自然だ」という意見が出たため、ドイ・コジによる暗殺疑惑が浮上した。

     同氏の両足は地面に触れており、窓枠の位置が非常に低かったことから、首つりによる窒息死は不可能だというのが主な理由だった。

     また、死体が生前の容貌をとどめていないほど損傷していたことも、ドイ・コジの拷問による暴行死を示唆していたという。

     サンパウロ州検察局は78年、国に対して異例の有罪判決を下し、これをきっかけに軍事政権打倒の士気が国民の間で不可逆的なものとなり、85年にサルネイ政権による民政移管へとつながった。』


     南米アルゼンチンチリ軍事政権があったが、ブラジルの軍事政権はあまり日本で知られていなかったんじゃないなかな?

     ブラジルだけでなく軍事政権では拷問の歴史がある。

     でもサンパウロにこんな秘密警察の建物があるとは知らなかった。現在は市民警察の第36地区警察署になっているなんてね。

     昔の秘密警察の拷問所では拷問をかけて殺していても自殺にするなどはどこでもよく聞く話。

     そういう社会にしてはいけないんだ。

     ブラジルは今年ブラジルでサッカーワールドカップを開催し、次にはリオのオリンピックも控える。国際的大イベントが目白押しのブラジルだが、社会的には不安材料もたくさん出ている。

     サッカー国民的スポーツブラジルで、そのサッカーワールドカップより社会福祉などを要求する勢力がある。それほど格差社会になっているということ。

     現在のブラジルにはバスへの放火なども頻繁に起こっているらしい。 

     そういう社会に戻らないようにという思いも込めて歴史的建造物に指定したのかな?
     
     

    このページのトップヘ