世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:朝鮮半島情勢

    日本行き「タイルート」の脱北

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00010006-houdouk-kr


     『核とミサイルの開発を続け、世界情勢を緊張させている北朝鮮
      その一方で、市民の生活はひっ迫し、結果、脱北者が急増している。

      この数か月、特に増えているのがタイ経由の脱北だ。 FNNはそのルートを徹底取材した。

     「脱北成功」の瞬間 ピックアップトラックの荷台から軽い足取りで降り立つ女性たち。 これは今月21日、北朝鮮出身の女性6人が脱北に成功した瞬間だ。

     「暮らしが大変だから…お腹がすいてつらいから出てきた」と記者に語った女性。 女性たちは中国、ベトナム、そしてラオスを経由してタイに密入国した。

     タイ警察に保護されると、人道的観点から北朝鮮に送り返されることはないため、実質「脱北成功」だ。

     女性は「夜中に山道を登るのがとても危険だった。泥で滑りやすく、全身を浸かりながら川を渡った。死ぬ覚悟で神様に祈った」と語った。

     「日本に行きたい」脱北者 母親への思い

     ほとんどの脱北者韓国を目指す中、我々は「日本に行きたい」という脱北男性のAさん(22歳)に出会った。 Aさんは、メコン川を渡り、タイにたどり着いたときは、自然と涙があふれ出たと語る。

     今月初め、日本政府が手配したビザを得て、極秘裏に日本に渡り、母親との再会を果たしました。

     当局者によると、これまで日本に入国した脱北者は「100人以上」いるという。

     しかし、本人、そして北朝鮮に残してきた家族に危険が及ぶ恐れがあることから、詳細が明らかになったケースは極めてまれです』  


      北朝鮮の経済悪化脱北者が増えているのは知っていた。
      それも中国を経由してタイまで陸路で行くのが一般ルートということも。

      タイまで来れば、タイ政府は北朝鮮に送り返す事がないので脱北成功ということになる。

      それから、ほとんどの脱北者韓国を目指すわけだが、中には日本を目指す脱北者たちがいるらしい。  

      この記事の脱北者の男性は「母に会いたい」という。  

     以前、北朝鮮は「地上の楽園」ということで、韓国や朝鮮人と結婚していた日本人女性が多く北朝鮮に渡った。 日本政府も特に止めていなかったようだしね。

     しかし、実際は「地上の楽園」どころか、「地上の地獄」が待っていた。

     物質的なものだけでなく、言論や衣食住の自由もほとんどなかったようだ。 それでも金日成時代は配給があったりしていたが、今の北朝鮮では配給もほとんどされていないらしい。

     この間、韓国に亡命した兵士でさえ満足に栄養が取れないばかりか、体内に多くの虫がいたとニュースになっていた。それほど北朝鮮の一般の食糧事情は悪いということ。

     それで、何とか北朝鮮の家族に黙って、日本へ命からがら帰国した人もいるのは知っていた。
     その子供達が後を追ってきたと言うことだろう。

     ただ、問題は日本社会は北朝鮮からの亡命に冷たいということ。

     実際は北朝鮮亡命者には何の罪もないけれど、日本人拉致問題やミサイル実験などで日本人のほとんどが北朝鮮を嫌っているのも事実。

     そんな中、北朝鮮から来たとはなかなか言えない。 また、わかると日本にいる北朝鮮スパイ脱北者自身が命を狙われる可能性だってある。

     だから、秘密裏に行われていたんだろうけど、日本に入国した脱北者は「100人以上」というのはちょっとビックリだね。

     1億2000万のうちの僅か100と言えば全然大したことはないんだけれど、やっぱりそれだけの人間が韓国ではなく、日本を目指していたというのはビックリだよね。

     日本政府は鎖国政策で有名で、基本的に難民は受け入れない方向を保っている。

     中東やアジアの難民だって年間に僅かしか認めていないのを考えると、けっこうな数字ということになるかもしれない。

     金正恩体制が核をかざして暴走するのも困るけど、ずっとこの金正恩体制が続いたり、急激に崩壊しても困るという現状が浮き彫りになってくる。

     大量の脱北者が船で日本へなだれ込んで来たら、どのような対応になるのだろうか。

     ただ、一般の脱北者に罪はない。

     彼らの意志で核開発したり、裏で悪いことをやっているわけではないのだから。
     生まれてきた場所が悪すぎたというだけだよね。。。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    7つの名前を持つ少女 ある脱北者の物語 [ ヒョンソ・イ ]
    価格:2376円(税込、送料無料) (2017/12/26時点)


      

    板門店からビックリ仰天亡命

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000063-mai-int



    『【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍の兵士1人が13日午後3時半(日本時間同)ごろ、南北軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA)から、韓国側に逃げ込んだ。

     兵士は逃げ込む際に北朝鮮側からの銃撃で肩などを負傷し、韓国側が直ちに国連軍のヘリコプターで病院に搬送した。容体は不明。

     韓国軍によると、数発の銃声が聞こえてから数分後、軍事境界線から南に約50メートルの地点で、血を流して倒れている北朝鮮軍兵士を発見した。

     北朝鮮側の監視所から、韓国側施設「自由の家」に向け亡命したとみられる。韓国側は当初、越境に気がつかなかったことになり、監視態勢の問題を指摘する声も出ている。

     合同参謀本部は「北朝鮮軍の挑発可能性に備えて、警戒態勢を強化した」とのコメントを出した。  警備の厳しいJSAを通じての亡命は異例。

     板門店での北朝鮮軍人の亡命は、1998年2月と2007年9月に発生している。  

     
     一方、韓国軍関係者は13日の定例記者会見で「北朝鮮軍は現在、通常の野外訓練を展開している」と述べた。来月に冬季訓練を行う準備も確認されているという。


     ◇板門店 南北と中立国が管理、停戦委など設置
     板門店は、1953年7月の朝鮮戦争の休戦協定を受け、韓国と北朝鮮、中立国監視委員会などが管轄する共同警備区域(JSA)がある場所だ。

     広さは東西約800メートル、南北約400メートル。

     南北軍事境界線上には中立国監視委員会軍事停戦委員会などの施設を設置。境界線の北側は北朝鮮軍、南側は韓国軍が警備に当たっている。

     北朝鮮側には「板門閣」「統一閣」、韓国側には「自由の家」「平和の家」など会議が可能な施設がある。

     南北関係が良好な時には軍事ホットライン開設などを話し合う南北将官級協議や、開城工業団地の運用に関する実務協議が開かれ、当局者が相互訪問してきた。

     韓国メディアによると、JSAの北朝鮮軍兵士は朝鮮労働党への忠誠心が高い家庭の子息が選抜されるという。

     2000年に韓国で大ヒットしたJSAを警備する南北兵士の友情を描いた映画「共同警備区域-JSA」は当局の承認を受け、初めて北朝鮮に公式に進出した映画となった。』


     ある程度、韓国事情に精通しているならビックリのニュースだろう。

     南北軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)から北朝鮮兵士が韓国へ亡命したのだ。

     板門店は外国人が韓国側から観光に訪れるところでもある。

     北朝鮮からの亡命と言えば、中国国境を抜けて、それからタイなどの東南アジアに逃げるルートが一般的だ。 もちろん、案内役などは裏の組織国際人道支援者などが協力する。

     当然、見つかれば本国北朝鮮に送り返されて、殺されたり、収容所送りになると言われている。かなりのリスクが伴う。

     ただ、板門店ルートはそれ以上のリスクだ。 当然、銃を持った兵士が南北共に監視している。
     北朝鮮側には地雷も埋められているとも言われている。

     今回のように亡命しようとすると、銃弾がとんでくる。 韓国側に入ったからと言って、どうなるか。

     今回は倒れていたので病院に搬送ということになったが、これが銃を持って国境を越えてきたらどうなったか。 韓国兵士に銃撃される可能性大ではないだろうか。

     なによりも厳重警戒している中を強行突破するのは非常に難しいことだ。 それをやった。

     中国経由だと北朝鮮から亡命したのかどうかは、中国など外国で捕まらないとなかなかわからない。 しかし、板門店からの兵士の亡命は、氏名、年齢、出身地など全てわかってしまう。

     北朝鮮は連体責任を取らせる国で、兵士が亡命などしたら、その家族や親戚なども収容所送りになると言われている。

     いわば、残された家族を人質にして精神的なプレッシャーを与え、亡命を防ぐ狙いがある。

     そして、なにより韓国の目の前を警備する兵士は、軍の中でも出生が金王朝に忠実な兵士を選ぶと言われている。 兵士に中でも生まれ育った家庭環境が優秀だと認められた兵士を配置らしいのだ。

     まあ、考えてみれば当たり前の事だよね。

     目の前だから、韓国の様子などにも触れることが多い。 国境警備している兵士がもし集団で韓国亡命などしたら、金正恩氏はメンツが丸つぶれになるだけでなく、国境警備もガタガタになってしまう。

     そんな色々な関係で板門店から亡命する兵士は先ずいなかった。 成功する可能性も低いしね。

     だから、長い歴史の中で過去わずか2回しか板門店からの亡命事件は起きていない。

     今回それでも今回板門店から韓国へ亡命しようとしたということは、かなり北朝鮮内部事情が厳しくなっていると言えるだろう。

     体制を絞めつけても、最近はネットなどが発達し、最近は隠れて色々な情報が入りやすくなっている。北朝鮮韓国との比較で、絶望的になってきているのではないか。

     特に兵士の亡命と言うのは、北朝鮮の金正恩氏にとっては大きな痛手だろう。 単なる一人の人間が亡命と言う以上のものがある。

     アメリカ、韓国との開戦も噂される中、北朝鮮兵士のこうした行為は大きな事件だと言えるね。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    さらば愛しのピョンヤン 北朝鮮エリート亡命者の回想 [ 趙明哲 ]
    価格:1944円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)


    魚雷を回収

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000003-cnippou-kr

     『27日午前6時10分ごろ、慶尚北道盈徳(キョンサンブクド・ヨンドク)の東方1マイル海上で操業中だった漁船の網に魚雷がかかったという通報が海洋警察に寄せられた。

     通報した船員は「午前4時ごろに網を引き上げたら兵器のようなおかしな物体が見つかり海洋警察に通報した」と話した。

     魚雷は赤い色で長さは7メートルほど、重さは1.5トンだ。

     海洋警察は通報を受けすぐ軍部隊に通知し、韓国軍当局は午前8時20分ごろに盈徳の丑山(チュクサン)港で魚雷を回収した。

     見つかった魚雷国防科学研究所が開発した練習用のものと明らかになった。』   

     何と魚雷韓国の漁船の網にかかったと言うニュース。  
     メチャ怖いなー。  

     魚を引き上げたかと思いきや、1.5トンの魚雷だったって。

     その魚雷って国防科学研究所が開発した練習用のものだったらしいけど、海では密かに色んなことがされてるんだねー。  

     不発弾と同じく爆発する危険性ってなにんだろうか???

     北朝鮮情勢で緊迫している朝鮮半島。  

     色々軍事訓練が密かに行われているんだろね。  
     

    北朝鮮の偽札の目的

      http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160504-00000031-jnn-int


      『精巧に作られた偽の北朝鮮紙幣が、韓国で大量に見つかりました。  故・金日成(キム・イルソン)主席の肖像画が描かれた北朝鮮で最高額の紙幣

      2日、ソウルの古物商に現れた男女2人が、この紙幣が印刷された大量のシートを「紙くず」だとして持ち込み、およそ5000円を受け取りました。

      「違う番号がふられ、透かしもあって、大量流通を目的とした偽札とみられる」(韓国 大手銀行職員

      額面で3億3000万円相当のこのシートは、精巧に作られた偽札であることが分かり、韓国の情報機関が調べています。(04日11:11)』

      北朝鮮の偽札韓国で発見された。

      米ドルなどの偽札を北朝鮮が作っているというニュースは見た事があるが、北朝鮮の紙幣の偽札と言うのは聞いたことがない。

       これは誰が作成したかが大きなポイントだろう。

      換金用として北朝鮮政府自ら偽札を作っていたとは考えにくい。

      それなら、いくらでも本物の北朝鮮札を印刷すればいいだけの事。独裁国家の独裁者である金正恩氏がわざわざ偽札を作るという説明はつけにくいよね?

      それに換金目的なら、北朝鮮札ではなく米ドルやユーロ、日本円など国際的通貨の偽札を作るだろう。
      大体、北朝鮮の紙幣が換金できる所って非常に限られている。


      となると、北朝鮮偽札を作って北朝鮮経済を混乱させたいというグループがいたと考える方が自然じゃないかな?

      朝鮮半島情勢はかつてないほど緊張に向かっている。

      独裁者金正恩氏は対外関係など目もくれず、国内で天狗になっている。
      これまで金日成主席、金正日総書記と独裁世襲が行われていたが、少なくとも金日成主席、金正日総書記の2人は外国との関係にも気を配っていた。

      数少なかったとはいえ、同盟国のトップの何人かとは非常に仲が良かった。2人とも中国やロシアは重要視していた。 ところが、この若い金正恩氏は内弁慶。全く外に出ない。対話もない。

     中国とのコネクションがあった叔父の張成沢氏の処刑で、中国からも一気に不信感を買ったまま。自分で好転させる気は全くないようだ。

     かつての同盟国である中国からも経済制裁を容認されるような関係悪化。

     それでも核開発を進めているだけに、闇に包まれた思考回路を全て読むのは難しく、恐怖も感じる。

     そんな状況下での韓国で発覚した北朝鮮札偽札事件北朝鮮との取引偽札を使って、さらなる経済的ダメージを狙ったのだろうか?

     でも北朝鮮の偽札をわざわざソウルの古物商に売ったということは、そういう事が陰で行われているという事を公にしたかったんだろう。このようにニュースになるからね。

     じゃないと、5000円ぐらいで売りにいかないだろう。偽札が失敗作だったとしても、自分達で処分すると思う。

     水面下でも色々情報戦が渦巻いているようだね。
     闇に包まれた部分が多い分、注目していかないといけないな。
     

    「金正恩の北朝鮮」と日本 [ 辺真一 ]
    価格:799円(税込、送料無料)


    このページのトップヘ