米朝首脳会談中止の裏側 



『【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が6月12日に予定されていた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止した理由は、北朝鮮側の相次ぐ約束違反だったと米政府高官が24日、明らかにした。


 ホワイトハウス(White House)の高官は匿名で「(北朝鮮側の)度重なる約束違反米国をちゅうちょさせた」と述べた。

 この高官は「トランプ大統領は可能な限り外交交渉を続けていく意向だ」と述べた。

 トランプ大統領金委員長に宛てた会談の中止を伝える書簡の一言一句を口述筆記させたという。  

 高官は北朝鮮側シンガポールで行われる予定だった米国側との準備会合を無断欠席したことに言及し、「信義誠実の深刻な欠如」と指摘した。

米国側はひたすら待ったが北朝鮮側は姿を現さなかった。北朝鮮側は連絡すらよこさず、われわれに待ちぼうけを食らわせたのだ」  

 ホワイトハウス北朝鮮米韓合同軍事演習に対する抗議と、南北閣僚級会談を突然中止したことも、北朝鮮米朝首脳会談に向けて約束したことの違反とみなしている。

 高官は北朝鮮が核実験場の廃棄への国際監視団の立ち会いを認めなかったことで、さらに信頼が損なわれたと指摘している。

「(国際監視団を立ち会わせる)約束はほごにされた。代わりに記者団が招待されたが、(核実験場の廃棄が)完了したという科学的証拠は大して得られなかった」

「(核実験場の廃棄が)事実であれば良いが、真相は分からない」 【翻訳編集】 AFPBB』



 トランプ大統領が、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を行わないと北朝鮮に通告した。

 既に1か月を切ってからのビックリニュースだが、スムーズにいかないだろうということは多くの人が言っていた。

 先ずアメリカのトランプ大統領アメリカ史上でもかなり個性が強い大統領で、西側と歩調を合わせることなどお構いなしの独裁者型大統領

 一方、北朝鮮の金正恩委員長は名実ともに独裁者として君臨している。
 そして、北朝鮮は今までも約束したことを守らないということは度々あった。

 米朝首脳会談トランプ大統領が受け入れて急遽朝鮮半島情勢が激変したが、今度はあっさりと中止を通告。

 北朝鮮の金正恩委員長国際制裁で孤立していたが、平昌オリンピックを契機に南北首脳会談を実現

 その南北首脳会談の前に、独裁者であったのに外交は全くしていなかった金正恩委員長中国の習近平氏に会いに出かけた。

 金正恩氏が世代世襲で北朝鮮トップになってから一度も首脳会談を行わず、中国の意向にそむいて核実験を繰り返す、中国にとっては厄介者になっていた。


 それが習近平氏の要請に応じて金正恩委員長が中国で会談してから、共産兄弟の絆の復活を果たした。

 中国は国連制裁に応じて北朝鮮の貿易に圧力を加えてきたが、独自に緩和したようだ。 中国としては北朝鮮の金王朝が崩壊して、アメリカの影響力がある国と国境を接することになっては一大事。

 習近平氏の内心では金王朝が崩壊しては困るし、そうかといって中国の意向を無視していても困る。それが中朝首脳会談で合意があったのだろう。北朝鮮中国を重視する方向転換をした。


 そして韓国の文大統領と会談した後も、中国へ出向いて習近平氏と再度対談。

 アメリカと中国の関係も貿易問題で微妙だし、中国の意向を大きく受ける形で米朝首脳会談を開こうとしていたようだ。

 それで、急に友好ムードから一転。首脳会談中止をちらつかせながら、アメリカに揺さぶりをかけていたのが、アメリカの逆鱗に触れたのではないかな?


 トランプ大統領にとっても中間選挙への大事なポイントとして米朝首脳会談をとらえていたいう報道もある。

 だから、北朝鮮としては、アメリカはこの歴史的な会談をキャンセルすることはないと踏んでいたのだろう。

 ところがトランプ大統領米朝首脳会談中止を発表して、北朝鮮側は大慌て。
 急いで米朝首脳会談は必要だというメッセージを出した。

 これはアメリカが与えた首脳会談のチャンスを事前準備欠席などで愚弄し、トランプ大統領を手玉に取ろうとした背景があるのだろう。

 
 中国も内心大慌てだろう。 米朝首脳会談で表面上でも成果を出させるために、今や北朝鮮の後ろ盾となった中国との米中貿易問題を棚上げさせざるを得ない状況を作り出し、仲介者としての中国の存在感を出させようとしていたと思われる。

 しかし、米朝首脳会談が中止となれば、そんな中国の仲介者としての存在など吹っ飛んでしまった。 中国としてはかなりの誤算ではないか?


 そして、この米朝首脳会談で仲介役と公言していた韓国

 結局、アメリカ北朝鮮寄りの考えを持つ文大統領を全く重視していなかったことを証明したね。

 これで韓国のメンツは丸潰れである。
 文大統領北朝鮮の金委員長からも当てにならない指導者としてのレッテルを貼られる可能性もある。


 普通の大統領、そうオバマ前大統領であれば国際情勢を鑑みて、首脳会談を受けなかったかもしれないし、受けたなら途中で中止などはしなかったのではないか?


 しかし、トランプ大統領は突然のイラン合意から脱退して西側同盟国からも批判を受けるような「型破りな大統領」だ。

 そのトランプ大統領の性格を中国、韓国、北朝鮮とも見誤ったということではないだろうか?

 北朝鮮との対話の窓口は続けると言っているトランプ大統領

 これは米朝首脳会談を有利に運ぶためのトランプ大統領からの金正恩委員長へのボディーブローなのだろうか?


 トランプ大統領、金正恩委員長ともにクセのある指導者。

 国際情勢もそうだが、かなり個性的な性格も計算に入れないと今後の展開が読めないね。

 今年に入って激動する朝鮮半島情勢

 日本も目が離せないし、きちんと正しい情報を得て、判断していくことが大事だね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて [ 五味 洋治 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/5/25時点)