日韓関係の益々悪化



『政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。

   いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。

 政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度ホワイト国」から韓国を除外する。

 7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。

 ホワイト国安全保障日本友好国と認める米国英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。  

 輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。

 日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。

 フッ化ポリイミドレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。

 規制が厳しくなれば、半導体大手のサムスン電子や薄型で高精細なテレビで先行するLGエレクトロニクスなど韓国を代表する企業にも波及するとみられる。

 いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。

 経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。』


 日韓関係はここまで悪化したかという感じ。
 隣国である韓国は、歴史を見ると色々な問題を抱えながらもそこそこの関係は保ってきた。
 2002年には日韓でサッカーワールドカップを共同で開催もした。

 一時は韓流ブームで、韓国に親近感を覚えていた日本人も多かった。

 ところが、李明博政権、朴槿恵政権と少しずつ中国寄りになり、それと共に日本軽視が目立つようになってきた。

 そして文政権国際ルールを全く無視した対応が目立ち、交渉相手にもならなくなった。

 従軍慰安婦問題、徴用工訴訟など文政権になって、信じられない対応が続いたからね。
 北朝鮮偏重外交政策をして、米朝の仲介役とか自任していたが、アメリカ、北朝鮮両国からダメ出しを出された文政権

 韓国マスコミも最近ではヤバいと言う論調が少しずつ出てきたが、米朝会談前日本外しでいい気になっていたしね。 それでも深刻度がわかっていない韓国人もまだまだ多いようにみえる。

  大体、これらって最近起こったこと?
 戦時中の話でしょ。

 今年は2019年。終戦は1945年。 既に74年経っている。 年号も昭和から平成、今は令和。

 その間、いくつもの日韓の政府が話し合い、一応の決着を見てきたはずだった。

 それを韓国経済が低調になってお金が手に入るとなると、過去を蒸し返してくる態度には、ほとんどの日本人だけでなく、世界の人からも信用されなくなっている。

 今まで日本人韓国との関係を損なうのを恐れて、ある程度融通してきた面もあるが、それを悪用された感じだね・・・・。

 自己主張だけして、相手を悪く言うだけの姿勢では一向に事態は進展しない。 それさえもわかっていない現在の韓国政府

 今回の制裁は仕方がないのかもね。
 ただ、韓国だけでなく、日本の企業にも影響があるのは事実。

 1民間企業の視点から見れば、顧客サービスが著しく低下し、売り上げも落ちるだろう。
 それでも国際政治的視点から判断したと言うこと。

 個人的には韓国は隣国だけに仲良くしてほしいという気持ちもあるんだけど、今の韓国政府相手では仕方がないんだろうね。 あまりに酷すぎる。