無事、内定を頂きました

非常に辛かった就職活動でした。
氷河期と言われながらも就活を体験したことの無い俺は、雲をつかむような思いで就活をしていました。

そして先日、ついに内定をいただけました。
第2志望ですが、自分にはもったないくらいの大手企業から内定をいただけました。
とりあえず、卒業後の進路は見つかりました。
残る第1志望に向け、頑張りたいと思いますがひとまず落ち着きました。

思えば俺は大手病でした。
気づけば大企業ばかり残っていましたが、くじけない気持ちでがんばれました。

応援して頂いたみなさん、ありがとうございました。

大学新入生のみなさんおめでとうございます

大学に久々に行きましたが新入生で溢れていました。
みんな笑顔で初々しく固まって歩いていて、若いな〜と感じますね。
そんな新入生を見ていると大学生活をやり直したいなと思います。

なんか小学校、中学校、高校とそういう風には思いませんでしたが大学だけはそう感じましたね。
最後のモラトリアム期間だからかもしれません。

大学は案外詰まんないところかもしれません。
しかし、大学生活は案外面白いこともあるので頑張ってください。

そして未だ内定なく。


やりたいこと

>5. うーん
>2010年03月18日 23:52
>大手に入ることが幸せとは限らないよ。
>だいたい就活のために学生生活送るって空しくない?
>大学生のうちはなんでもいいから自分のやりたいことを精いっぱい頑張れば
>いいと思うよ。っていまさら遅いかww

大手に入ることが幸せとは限らないというのは、最近分かりました。
説明会や事業内容を見ていて、「この企業に入ったところで、自分には合わないな。」というのを感じることがあります。
と言いつつもある程度の安定や挑戦を考えると大手に目が行ってしまいますがね。

就活のために学生生活を送るというのはもう日本のシステムですよね。
虚しさを感じながらもどうすることもできません。
ただ、就活を始めるのが早いから有利というのはないと自ら実証しました^o^
結局のところネタや実績を作る方が重要だったのです。

自分のやりたい事・・・
強いて言えば、FPSで日本一になりたいですね。
ま、こんなことそうそう評価される社会じゃないですが。
韓国だったら受け入れてくれるニカ?
あとは株とかのトレーディングやってみたいです、ていうか今年はやります。

そのためにも早く僕に内定をください。

・もしもこのまま内定が無かったら
1.公務員試験
 様々な業界や企業があり、利益を追求する民間がいいです

2.あくまで就活
 もう1年続けて取れるものなのだろうか?
4年生の就活ってどうなんでしょう?

3.フリーター
 正社員としてスキルを積みたい・・・

将来的には起業とかしてみたいけど結局のところ人脈も金もスキルもないから正社員として働きたい。
そのためなら週1日休みがあって、成長できる環境なら徒歩5分のアパートに住んで仕事に没頭したいです。
ですが、どうやら今の私ではその舞台に立つことすらなかなか認めてもらえない現状らしいです。

どうやらマジでデイトレーダーとして生きていくしかないようだな。

しかし今日も面接へ。

日記 3月26日

午前、午後と2回面接を受けた。
どちらも2次面接だが手応えは真逆だった。
まあ、志望度高い方が手応えアリだったからよしとしよう。
もしそこが通れば次回最終なので嬉しいのだが。

帰ってきて明日あさってが休みなのでボーッとしてた。
なんというかただボーッとしてるだけで幸せ。
土日が休みだと思うとメチャメチャゆったりできる。

そして同期の友達と焼肉を食べに行った。
彼も相当苦労しているらしい。

しかし、この焼肉を食べビールを飲んでいるのが絶頂なのだ。
この絶頂をもっと味わうために苦労している。
内定をもらった時にはエクスタシーは最高潮になるだろう。

既に就職している友達には、一夜で10万円おごってもらえることを約束してもらった。
正直結構辛かったので励みになった。
自分の非力さと人の温かみのありがたさを改めて実感した。

どうやら人は現実を知って始めて周りが見えるらしい。


夢も希望もありません

必死に就職活動してて、早く働きたいなぁと思います。
でも多分その気持ちも、社会人になったら現実を知って失せるのだろう。

私自身は仕事を充実させ、稼いでいきたいと考えています。
なぜかと言えば、他にすることもないというのが本音だからです。
たくさんお金を稼げば、自分の人生の何かが変わりそうな気がします。
そうでなければ、何も得ず一生を終える気がします。

みなさん何を考えて大人になり、どのように人生を過ごしているのでしょうか?

正直、これから先何のために生きていくんだろうという疑問を抱いています。
まあそれを見つけるために働くわけですが・・・。

今自分が死のうが50年後に自分が死のうが、大して差がないんじゃないかと思うのはおかしいのかな?
せいぜい日本への納税が数億変わるくらいしか、変化がないんじゃないかと思います。

生きていくって、本当に大変なことですよね。
法律で自殺を選択する権利があったら、ちょっと考えてしまいます。


まあこんなこと面接で喋ったら間違いなく危険思想なので絶対に話しません。
最近になって自分がメンヘラじゃないかと思ってきた。
ま、でも曲がりなりにも社会生活を営めてはいるので良かったです。


就職活動を勝ち抜くために

「社内で慎重に選考させていただきました結果、貴意に沿いかねることとなりました。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 」

あと何回この屈辱を味わうのだろう。
いや、終わりがあればまだいいのだけれど・・・。

そう思いつつ、次の説明会、選考を予約する。

続きを読む
良心カウンター
名前:最後の良心
*アクセスランキング*
*広告*


ブログパーツ