おやじの気になるちゃんねる

2ちゃんねる系のまとめブログです。 主にニュース、時事ネタを取り扱っています。 ゆるーいかんじで、いらっとしないまとめを目指しています。

【ゲーム条例】香川県「スマホ平日60分」県条例素案

1: 名無しさん 2020/01/11(土) 17:32:16.68 ID:x2mUOJ/z9

「スマホ平日60分」県条例素案
01月10日 17時25分
全国に先駆けてゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の制定を目指す香川県議会は10日、素案を初めて委員会に示し、18歳未満の子どもを対象にスマートフォンなどの使用を平日は60分を上限とするなどの内容について意見を交わしました。

ゲームやネットの依存症対策を盛り込んだ条例の制定を目指す県議会は10日、委員会を開き、初めて素案を示しました。

素案では18歳未満の子どもを対象に依存症につながるようなスマホやパソコン、ゲームなどの使用を1日あたり平日は60分、休日は90分を上限とするとともに、夜間の使用は中学生以下の子どもは夜9時まで高校生などは夜10時まででやめるルールを守らせるなどとしています。

また、素案には依存症に対する適切な医療が受けられるよう県が体制を整備することや依存症の知識をもつ人材を県が養成することなども盛り込まれています。

委員会では内容について意見を交わし、基本的な方針を確認しました。

県議会では素案の一部の文言を修正したうえで県民から広く意見を募り、来月開く定例の本会議に条例案を提出する方針です。

条例が制定されれば都道府県の条例としては全国で初めてのゲーム依存症に特化した条例としてことし4月から施行されることになり条例でスマホなどの使用時間を制限することの是非や実効性が問われそうです。

【親は「賛成」 子どもは「反対」】
18歳未満の子どものスマホなどの使用時間を制限する条例の素案について高松市で聞きました。

小学4年生の娘をもつ母親は、「賛成です。どうしても親は忙しい時にスマホで我慢してねと言ってしまうことがあるので家庭でも気をつけるが、条例でも決めてほしい」と話していました。

また、中学2年生の娘をもつ母親は「スマホを使いすぎると、依存症になるので、時間は制限したほうが良いと思います。1時間で終わらせて勉強を熱心にしたほうが良い」と話していました。

子どもたちの間からは否定的な意見も聞かれました。高校3年生の男子生徒は「長い時は1日に2時間ぐらいスマホでゲームをやっています。1時間に制限することは厳しいし、困ります」と話していました。

また、小学4年生の女の子は「スマホで1時間しかゲームができないのは短いと思います」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200110/8030005573.html


関連スレ
【ゲーム条例】大山一郎香川県議長「スマートフォンは完全にインターネットと同じ機能を持っております」★3
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578666226/


続きを読む

【全国体力テスト】大阪府の小学生男子は45位  兵庫・大阪低迷

1: 名無しさん 2019/12/24(火) 07:37:52.26 ID:q2OnW2Zs9

全国の小中学校で行われた体力・運動能力テストの結果が23日、公表され、近畿では兵庫県や大阪府などで全国平均を下回っていることがわかった。

 全国の小学5年生と中学2年生を対象に、スポーツ庁は毎年、50メートル走や反復横とび、握力などの調査を行っている。

 今年度の体力合計点は、兵庫県の中学生男子が47都道府県中46位、小学生と中学生の女子がそれぞれ45位、大阪府も小学生男子で45位と大きく低迷していることがわかった。

 大阪府教育庁保健体育課の田中実課長「運動時間が減っていることやテレビ、スマホを見る時間が増えていることが下がっている要因になっている」

 大阪府は改善策として、早ければ来年度から小学校で独自の体力テストを始め、子どもたちの体力面での課題をつかんで体育の授業に生かしたい考え。

12/23(月) 19:16配信
読売テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000055-ytv-l27


続きを読む

【サンタへ】娘「今年のクリスマスはげん金にしてください」

1: 名無しさん 2019/11/25(月) 21:01:16.40 ID:Dp3s64TC9

11/25(月) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-11001900-maidonans-life

クリスマスまであと1カ月。小さな子どもを持つ親はそろそろ「サンタさんに欲しいプレゼントを手紙に書いたら?」などと促している時期ではないでしょうか。Twitter上には子どもがサンタさんにおねだりしたあるプレゼントをめぐって、話題になっています。

Mori Michi(@moritsuu)さんが24日に「娘のクリスマスプレゼントの希望。育て方を間違ったかもしれん。」とともに娘さんが書いた手紙の写真を投稿しています。「さんたさんへ 今年のクリスマスはげん金にしてください。なるべくたくさんおねがいします。(かわいいふくろに入れてね)」と確かに切なくなる内容でした。

これに対してリプ欄には「サンタさんのプレゼントで現金はないんだよと。現金が欲しいとお願いしたらサンタさんはとても困るし」と否定派の意見は少数でした。

「まさしく現実的な答えでは 子育て成功だと思いますよ」「楽しくて現実性のあるお子さんですね。未来が楽しみです」「げん金で両親にプレゼントを買うためだよ」と肯定する意見の方が多く見受けられました。

ほかに「『どうしてたくさんのお金が欲しいの?』って聞いてあげたら如何でしょうか。そこからはもう親から子供へ堂々と話し合いながらプレゼントを決めてあげると良いんじゃないでしょうか」「大事なのは、その金で何がほしい、何がしたいかよね」とアドバイスを送る人もいました。サンタを信じている小さな子どもに、クリスマスプレゼントとして現金はありかなしか、答えを出すのは難しいかもしれません。

以下ソースで


続きを読む

【創作新聞】祖母がテレビで韓国のニュースを見るたびに悪口を言うんですが・・・

1: 名無しさん 2019/11/17(日) 19:12:54.95 ID:9WI0emSt9

◆ テレビに同調、近隣国の悪口言う祖母 尊敬していたのに

(悩みのるつぼ) 相談者

 同居する80代の祖母が、ある近隣の国について、いつもバカにするようなことを言うので困っています。

 祖母は戦争中に親の仕事の関係でその国に暮らしており、終戦で日本に帰る際、嫌な目にあわされたそうです。「自分や家族はその人たちに親切にしていたのに、裏切られたようで心外だ」と語ります。

 私にはその国の知り合いもいるので仲良くしたいと思っていますし、戦争で反省すべきところは反省し、お互いを受け入れて仲良くやっていくのが両国のために重要だと思っています。

 ところが祖母は聞き入れてくれません。テレビでそういう話題が出てくるとすぐ「変な民族」とか「見るのも嫌」とか悪口を始めます。特に最近はテレビでわざわざその国を悪く言うことがはやっているせいか、同調して以前よりも悪口を言うことが多くなった気がします。

 最近ではそういう祖母を見るたびに嫌な気持ちになります。私のことをいつもかわいがってくれて、頭もよく、ずっと大好きで尊敬していました。しかし、これではネトウヨと同じです。最近では顔を合わせるのも避けたくなってきました。

 祖母が悪口をいうのを止められないか母に相談しても、「もう年だから考えを変えさせるのは難しい」と言われました。何か良い方法はないか、アドバイスをいただけないでしょうか?

■回答者 歌手・俳優 美輪明宏…

☆続きは有料記事なので、無料記事のみ引用しました
https://www.asahi.com/articles/ASMBT4FY3MBTUCLV00G.html


続きを読む

【価値観の違う国】パトカーで果敢に校門突入し受験生を送り届けた2人の韓国の警官

1: 名無しさん 2019/11/14(木) 23:54:10.98 ID:CAP_USER

2020学年度の大学修学能力試験(修能)が行われた14日。午前8時12分ごろ、修能の試験会場になっているソウル市中区の梨花女子外国語高校の校門で「コン」という音がした。受験生を乗せたパトカーが、車両が進入しないよう半分閉められた校門の間をギリギリで通過した。校門前で状況を目撃した取材陣の間では、警察の果敢な判断に「おおお」という声が上がった。

 受験生の輸送作戦に成功した主人公は、ソウル麻浦警察署・弘益地区隊(交番)所属のパク・ウソク警長とチャン・ジンミョン巡警だ。二人は「パトカーが傷つくだろうとは思ったが、ひとまず受験生を送り届けなければという思いでアクセルを踏んだ」と話した。

 この受験生が警察に支援を要請したのは午前7時45分ごろ、麻浦区ワールドカップ競技場だった。受験生はパトカーを待ちながらも不安だったため、一度父親の車に乗ってソウル地下鉄6号線の合井駅(麻浦区)まで移動した。その後、8時3分ごろ合井駅でパトカーに乗車。合井駅から試験会場の梨花女子外国語高校までの最短距離は5.8キロあるが、入室完了時間まで残りわずか7分しかなかった。通常は20分以上かかる道のりだった。

 パク警長は「行き先を聞いて、時間までに到着できるか確信は持てなかったが『とにかく行ってみよう』と思った」として「サイレンを鳴らしてバス専用車線を利用し、スピードを上げた」と話した。渋滞している場所で拡声器で「受験生が乗っている」と放送すると、前方の車は道を空けてくれたという。

 しかし、時間の流れは早く、忠正路駅を通過したのが午前8時8分だった。もう間に合わないと思った受験生は、パトカーの後部座席で涙を流し始めた。パク警長は「生徒はほぼ諦めたかのように泣いていた。しかし『行ってみよう』となだめて先を急いだ」と話した。

学校の正門に着いたのは、入室完了時間が2分すぎた午前8時12分だった。車両の進入が禁止されている正門は、車1台ほどの幅が開いていた。パク警長は「『後で言えばいいだろう』と考えてとりあえず中に入った」として「正門前で降りて走れ、という訳にもいかないだろうから」と話した。

 結局、パトカーの左側のドアが正門の一部にぶつかった。パトカーは停止せずに校庭を横切り、試験会場の前で受験生を降ろした。会場に向かうべきか感謝の気持ちを伝えるべきかとまごまごしていた受験生に対し、パク警長とチャン巡警は「早く行って。試験頑張れよ」と言って励ました。

 2人が、初めて会った受験生のために力を尽くした理由は、他人事とは思えなかったからだという。「警察試験に向けて準備していたとき、本当に切羽詰まっていた。その時のことを思い出した。私もそのとき、切迫した気持ちで準備をして受験しに行ったが、受験生がワンワン泣くのでその気持ちが痛いほどよく分かって、後先考えずに車を走らせた」

 受験生を降ろして出てきた警察官たち対し、取材陣は拍手を送った。「褒められるようなことではない」と照れ臭そうにしていたパク警長とチャン順警は、見送った受験生が入室して試験を受けているという話を聞くと、ほっとして笑顔を見せた。その上で「落ち着いた状態で試験を受けなければならないのに、あんなに泣いて大丈夫だろうか」と話した。

 校門の一部が破損した梨花女子外国語高校側は「破損の程度もひどくなく、公務のために起きたことなので、学校の方で修理する」として、警察には補償を要求しない予定だ。

クォン・オウン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/14/2019111480256.html
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 2019/11/14 22:55


続きを読む

記事検索
Twitter プロフィール
年齢は聞かないで!
最新コメント
アクセスランキング
クロムの成分特徴

2chまとめ ブログランキングへ
メッセージ
RSS