1: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:31:23 ID:???

【メディア裏通信簿】
「美しい日本が好き」は排外主義なのか? 朝日新聞の奇妙な論理にあんぐり… TBS役員のいう「奴ら」って?

教授 日本の美しさを愛するというのは、右翼や排外主義への道なんですかね。

編集者 藪から棒に、何のお話ですか。

教授 朝日新聞の2月3日付朝刊で、早川タダノリさんという編集者が
「『美しい日本』が好き、というメンタリティーは、『この美しい日本を汚すやつは許せない』に転化しかねない」
「『反日』『売国奴』という呪文は…『汚れ』を排除し、漂白したいという欲求をはらんでいるように思えます」
と語っていたんです。安倍晋三首相が『美しい国へ』という本を出しているから、
政権批判のために言っているのでしょうが、政権を憎むあまりに日本の美しさを愛する感情まで否定するというのは、馬鹿げていませんか。

先生 川端康成の「美しい日本と私」というノーベル文学賞を受賞した時の芸術的スピーチも危険ということになるなあ。

編集者 永井荷風も欧米から帰国して、日本の美しさに着目した作品をいくつも書きましたが、
彼らにも右翼や排外主義者に通じるものがあるというんですか、その人は。

教授 早川氏は「『美しい日本』というシンボルによって人々が糾合され、動かされようとしている」といって、
具体的に、憲法改正へ動く百田尚樹氏や津川雅彦氏の「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の活動を批判するんですね。
確かに「美しい日本」が政治目標となっているのは事実としても、その後の論理が飛躍しているんです。

 まず、代表発起人の鍵山秀三郎氏がトイレ掃除を通じて心を磨く活動をするNPOに関わることに
「会の活動は、善意に基づいた、掃除という文句なしの善行です。…でも、もやもやするんです」と異を唱えるんですが…。

編集者 なんで、もやもやしちゃうんですか。トイレ掃除が嫌なら、この人だけ汚いトイレでウンコすればいいんですよ。

教授 (笑)彼はこう続けます。「例えば鍵山氏ら有志は、在沖縄の米軍基地に反対する人たちが基地のフェンスに
結んだテープなどを除去する活動にも参加しています。政治的な表現行為は、街を汚すというだけで、取り除かれるべきなのか。
『美』は果たして、いかなる時も正義なのでしょうか」と。

女史 反安倍、反基地のために、「美しさ」という価値そのものまで、疑っちゃってんだ。そんなワケ分からないこと言わずに
「僕は左翼だから、安倍も、日本を守る基地も嫌いです」と正直に言えばいいのにね。
でも、最近、左翼の人って「浄化」という言葉をプッシュするね。「保守が社会を浄化しようとしている」とか言って、
要はナチスの「民族浄化」を連想させようとしているんだよね。

続き 産経ニュース 全18ページ
http://www.sankei.com/entertainments/news/160311/ent1603110010-n1.html


13: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)08:36:40 ID:die

>>1
根本的な勘違いをしてる。
「美しい日本を汚す奴は日本人であっても許さない」が正しい。
つまり、排外主義とは関係ない。


2: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:41:55 ID:06V

日 本 の 左 翼 =「朝 鮮 人」ですからね

日本が大嫌い、美しい日本など滅ぼしたい
これがサヨク朝鮮人


3: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:45:03 ID:06V

■朝鮮通信使の手記
> 1764年1月28日 京都
>街の繁栄では大阪には及ばない。しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
>山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
>この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
>悔しい。
>「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
>悔しい。
>この犬にも等しい輩を、みな悉く掃討し、
>四百里六十州を朝鮮の国土とし、朝鮮王の徳を持って、礼節の国にしたいものだ。

http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-29.html


4: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:46:24 ID:5QK

東海道新幹線に乗ると見える車外の風景のように
醜い日本も好きです


5: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:48:19 ID:sV6

日本死ねには食いつかないのに
こういう言葉には攻撃的に絡んでくるとか何モンだよw


7: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)06:52:02 ID:6dQ

坂本直柔「今一度、日本を洗濯したい」

これもダメなのか?


8: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)07:02:22 ID:xm3

とすると、記者が自称コスモポリタンであるらしい某新聞は、
国家と国家を守ろうとする人々を攻撃する存在に転化しかねない?

いや既に転化してるやんw


9: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)07:40:45 ID:OK9

美しい日本と言われると、放射能やら不法投棄やらでバッチイ祖国への悪口だと感じてしまうんでしょう。


11: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)07:46:04 ID:erx

「日本死ね」は民族浄化そのもの


12: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)08:12:07 ID:jbj

美しいパヨクを目指せ


14: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)11:29:40 ID:r22

日本を綺麗にしたい
密入国グループを排除して


15: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)11:50:37 ID:WgT

仮定を元にして張った論で熱くなる。
熱くなった自分は正義なんで、正義を揺るがす仮定は事実に格上げされる。
隣の国の人たちがよくやってる遊びだよね。


16: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:04:52 ID:Jpp

朝日新聞は、戦前戦中は論説委員が「ナチスを模範にせよ」という論陣を張り、
戦後ドイツではナチスに協力した新聞社はすべて占領軍によって解散されたが、
1945年8月14日の社説で本土決戦を主張した朝日新聞は、
その翌週から「平和国家」の建設をとなえる論調に転向し、GHQの情報操作に協力。

朝日新聞は「戦後70年謝罪談話」を出せ
http://agora-web.jp/archives/1643471.html


17: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:06:05 ID:Ou8

朝日は日本の「敵」ですから。
敵に何を期待しているんだか。


20: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:22:18 ID:nkl

治安の良い住みやすい国に

居心地の悪さを感じる人達が居るんですね?


21: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:27:36 ID:Gjd

この美しい日本を汚す害国人は、日本から出て行け!
サーチナ見ると、観光に来た中国人は、日本の美しさにびっくりしている。
日本の美しさも、日本の観光の目玉なんだ。


22: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:34:42 ID:c81

むしろ日本人同士の方が身内意識もあって、見る目が厳しくないか?
外人はしゃーねぇなって割と諦めるの早いよ。


23: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)12:59:18 ID:uFY

朝日新聞は従軍慰安婦捏造報道の様に
日本の名誉を傷つける報道、行動は大好きですが
日本の名誉を高める報道、行動は嫌いです。


24: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)13:53:43 ID:uUV

というか、朝敵でもあるんだから排外主義でも何でもない
除かれるべき敵


25: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)14:51:15 ID:Nd6

ブサヨはインテリ気取ったり外面を特に気にするからな


26: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)14:54:40 ID:BE7

はっきり言ってしまえばいいのに。

「朝日やサヨクの本音は、日本破壊だ。」と

サヨクが口にする、右傾化、軍国主義、護憲、人権、弱者への配慮、なんてのは
日本破壊のための「手段に過ぎない」と。

だから、特亜の軍国主義には一切非難しないし、
護憲を謳いながら、天皇制に反対するし
人権を主張しながら、犯罪被害者ではなく加害者の人権だけを主張するし

言動に矛盾があるのは、言葉が建前で、本音は別にあるからなんだよ。


27: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)14:58:13 ID:vBe

日本は日本人のものです。
顔立ちが似てるからという理由で乗っ取ってなりかわろうとする連中の
排除を考えるのは日本人として当然のこと。
レイシストでもなんでもないわな。
顔で判断できる欧米とは違う。


29: おやじの名無しさん 2016/03/12(土)15:25:47 ID:Ou8

日本に憧れている外国人にはこう言ってあげよう。
「日本のことを、最高級ホテルと思ってください。
 日本に旅行者としてくるとき、あなたは最高級ホテルの客です。
 それはもう夢のような経験ができるでしょう。
 しかし、日本に永住、さらには日本に帰化しようとするときは
 あなたは最高級ホテルの客ではなく、従業員にならねばなりません。
 最高級ホテルの従業員は、そんなに楽なものではないと知るでしょう」


~おやじの 超 気になる記事~