1: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)13:54:07 ID:???

カリフォルニア州サンディエゴにあるトマスジェファーソン法科大学
(Thomas Jefferson School of Law)を8年前卒業した女性が、
卒業して州の司法試験を合格して弁護士資格を取得したのにも関わらず、
就職できなかったのは、大学が広告で掲載していた謳い文句と違うとして
大学を相手に詐欺で提訴したことが判った。

この女性は、アンナ・アラバーダ(Anna Alaburda)さん(37)となる。

アラバーダさんは、大学が雑誌等に掲載していた高い就職率に惹かれて、
2004年にこの大学に入学。最終的に学費ローンから10万ドルの費用を借りることで
卒業を果たすと共に、カリフォルニア州の司法試験にも合格して弁護士の資格を得た。

しかし、弁護士の資格を活かせる法律事務所などの就職口を探しても
見つからなかったことから今回の提訴に至った。

アラバーダさんはがトマスジェファーソン法科大学に入学した当時、
大学側は雑誌等に就職率は90%以上という広告を掲載していたが、
実際は60~70%台で推移していたものとみられている。

続き businessnewsline
http://www.businessnewsline.com/news/201603110419490000.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 39◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1457302274/580
no title


2: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)13:58:35 ID:rBK

さすがメリケン国


3: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)13:58:51 ID:pJp

自分で企業すればええやん。


4: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)13:59:56 ID:YvT

>>3
そのための実績作りじゃないのか?


7: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)14:06:07 ID:pJp

>>4
弁護士資格は取ってるんだから、余所で修業するしないはこの人の判断でしょ。
弁護士という職には就いてるしね。


8: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)14:12:06 ID:sQh

>>7
この訴訟に勝ったあと「私は出身の法科大学に勝訴しました」という
謳い文句で弁護士事務所を開設するってことだろ


5: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)14:01:46 ID:JYC

すみませんと誤って、卒業資格取り消せばいいんじゃね?


6: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)14:04:27 ID:ncz

就職出来なかった 訴え!!


9: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)14:15:59 ID:QjE

就職率90%って広告出しておいて実質60~70%なら
そりゃ訴えないといかんわ


10: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)15:01:39 ID:Cpy

法科大学「この訴訟こそが真の卒業試験だ」


12: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)15:49:54 ID:wmp

>>10
なんかかっこいいw


11: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)15:35:15 ID:mKk

てか、その謳い文句に小さく(リーマンショック以前の実績)とか
注釈はなかったんだろうか
なんでも訴える国の法科大なんだから、自分の逃げ道作らなかったんならアホすぎない?


14: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)16:47:52 ID:sQh

就職率90%以上(ベストエフォート)


15: おやじの名無しさん 2016/03/13(日)17:38:27 ID:zUG

> 大学側は雑誌等に就職率は90%以上という広告を掲載していたが、
> 実際は60~70%台で推移していたものとみられている。

これは大学側がアウトな気がする
日本だと訴えた女性側を叩く流れになると思うが


~おやじの 超 気になる記事~