おやじの気になるちゃんねる

2ちゃんねる系のまとめブログです。 主にニュース、時事ネタを取り扱っています。 ゆるーいかんじで、いらっとしないまとめを目指しています。

ニュース

【緊急速報】北朝鮮がミサイルを発射→いつも通り失敗

1: おやじの名無しさん 2017/04/29(土) 06:10:52.04 ID:CAP_USER9

TVが報じました。

*+*+ 2ちゃんねる +*+*
no title
 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


937: おやじの名無しさん 2017/04/29(土) 06:23:20.29 ID:VgNqyA3W0

<速報>

韓国、聯合ニュースが韓国軍の話として

「北朝鮮が弾道ミサイル発射も失敗」>NHK


続きを読む

タバコ1日40本吸う2歳児ヘビースモーカー少年の現在

1: おやじの名無しさん 2017/04/27(木) 22:16:56.15 ID:CAP_USER9

2010年、わずか2歳の男の子がタバコをおいしそうに吸う様子を収めた写真と動画がネット上を席巻した。
インドネシアの貧村に住むアルディ・リザルくんは、1日に40本のタバコを消費するヘビースモーカー。

その貫禄のある体型と、あまりにも堂に入った吸い方が話題となり、日本でも様々なニュースで取り上げられた。
Daily Mailが、9歳になった彼の今を報じている。

リザルくんは有名になった2年後、インドネシア政府の援助を受けてリハビリを行い禁煙に成功。
しかし、その反動で過食傾向に陥り、脂肪たっぷりのジャンクフードばかり食べ、
1日にコンデンスミルクを3缶平らげるようになってしまったという。

5歳の時点で平均よりも6キロ重い24キロにまで太り、食べ物欲しさに頭を壁にぶつけて泣き叫ぶ息子を、
両親はようやく栄養学の専門家のもとへ連れて行った。

新鮮なフルーツと野菜を中心とした食生活に切り替え、厳しいダイエットプログラムを遂行したリザルくんは、
現在4年生の平均体重に落ち着いている。
タバコはもう手にすることはなく、友達とよく遊び、学校での成績も優秀だという。

http://jisin.jp/serial/%E3%A8%E3%B3%E3%BF%E3%A1/hollywood/28678

映像
https://www.youtube.com/watch?v=AdSYfpCBo-c


https://www.youtube.com/watch?v=Pzs-TvmxLUg



現在
no title


続きを読む

【福○通運】店にトラックで突っ込んで「サイン下さい」→店員が殴られる

1: おやじの名無しさん 2017/04/27(木) 10:03:41.39 ID:CAP_USER9

 26日午後、栃木県宇都宮市でトラックが店舗に突っ込む事故があった。

 警察などによると、26日午後4時半すぎ、宇都宮市ゆいの杜にあるバイク用品販売店に2トントラックが突っ込んだ。トラックの運転手にケガはなかった。

 事故の後、店の従業員が運転手とトラブルになり、従業員が運転手に殴られて軽いケガをした。

 従業員「(事故の後)荷おろししてサインくださいみたいな感じできたんで、うちのスタッフが、ちょっとおかしいんじゃないのって話をしたら急に暴れ出して」

 警察は運転手の40代の男を傷害の疑いで現行犯逮捕し、状況などを調べている。

日テレ
http://www.news24.jp/articles/2017/04/26/07359976.html
2017/04/27(木) 03:15:36.72
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493230536/


44: おやじの名無しさん 2017/04/27(木) 10:14:20.47 ID:BYD8G5Uh0

荷下ろしたんでサインください
no title

no title


続きを読む

【インドネシア】ジャワ高速鉄道に「日本の費用と鉄道技術が必要」

1: おやじの名無しさん 2017/04/24(月) 15:15:58.56 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010000-jindepth-int

https://amd.c.yimg.jp/amd/20170422-00010000-jindepth-000-1-view.jpg

【まとめ】
・インドネシア政府、高速鉄道計画で日本に発注の意向。
・先に受注した中国の建設計画大幅遅れが背景に。
・政治的要因残るも日本はこのチャンスを活かせ。

■インドネシア政府、日本と共同調査の意向

インドネシア政府はジャワ島西部の首都ジャカルタから東部のスラバヤに至る鉄道(約730キロ)の高速鉄道計画について今年5月からその実現可能性などを環境や資源など各種要因に基づいて調べる「事業可能性調査(フィージビリティー・スタディ=FS)」を開始する方針をこのほど明らかにし、インドネシアの国鉄(KAI)、科学技術応用評価庁(BPPT)とともに日本と共同で調査を実施したい、との意向を明らかにした。

インドネシアの鉄道高速化計画に関してはジャカルタからバンドンまでの約140キロ区間に関して2015年9月に日本との激しい受注競争の結果、中国が受注に成功したものの、その後の建設計画は予算増大や土地取得の遅れなどから大幅な「計算違い」が生じている。このため「中国ではなく、今度こそは日本に発注したい」と中国への落胆と日本への期待が政府部内で強くなっていることが背景にあるといわれている。

ルフット・パンジャイタン調整大臣は「インドネシアの高速鉄道化には日本の費用と鉄道技術が必要」として、5月からのFSを11月ごろまでには終了して、日本への発注で年内には合意する方向で政府部内の調整を進める方針を示した。

日本側も1月にジャカルタを訪問した石井啓一国交相がルフット調整相、スマディ運輸相などとの会談で「高速鉄道計画への協力」の姿勢を示しており、すでに両国政府間ではある程度の協力体制ができていたことも今回のFSへの日本の参加の布石となっていたとみられている。

■一向に進まぬ中国の建設計画

ジャカルタ~バンドン間の高速鉄道計画では受注競争で新幹線による鉄道建設の実績、鉄道運航の安全性で日本の圧倒的優勢が伝えられていたが、中国側が最終段階で「日本のものと酷似した事業計画書を提出」するとともに建設に関する「インドネシア政府の費用負担をゼロ」とし、「事業が失敗した際の債務保証も求めない」という異例の案を示したことで逆転、中国が受注した経緯がある。

しかし、2016年7月に建設許可が下りて以来鉄道計画はほとんど進捗しておらず、2017年12月までに確保が必要となる約600ヘクタールの土地の収用もほとんどが手付かずの状態といわれ、2019年5月の開業を絶望視する声があちこちから出始めている。

2016年には建設予定地とするジャカルタ郊外の土地で中国人労働者が工事を開始したところ、そこがインドネシア空軍の管理地で空軍の許可もなく、さらに中国人労働者のビザに問題があったことが発覚するなど計画そのものだけでなく、建設工事の進め方でも「杜撰さ」が露呈、中国への信頼性が大きく揺らいでいた。

4月15日には建設に要する経費が当初の55億ドルから59億ドルに膨れ上がるとの見通しが示された。もっとも費用をインドネシア側は負担する訳はないが、増大した費用の負担を中国がどうするのかは不安なところ。中国の受注にジョコ・ウィドド大統領を最終決断させるのに大きな役割を果たしたとされるリニ国営企業大臣は「高速化路線に建設予定のトンネル工事で変更が生じた結果の費用増加だが、中国開発銀行が問題ないとしているので心配はない」とマスコミに説明、予定通りに建設計画が進むとの楽観的見方を表明した。

■政府部内の対立・確執が影響

「日本優勢の受注競争を最後にひっくり返した」のはこのリニ大臣といわれ、その背景には日本を推していた与党「闘争民主党(PDIP)」の党首、メガワティ元大統領とリニ大臣の確執、さらにジョコ大統領とメガワティ元大統領との不仲説も影響したといわれている。

内閣改造でリニ大臣の更迭をPDIPが求めたもののジョコ大統領が拒否したとされ、「ジョコ大統領、リニ大臣」と「メガワティ元大統領、PDIP」を巡る構図は基本的に前回の受注時とは変わっていない。

以下ソース

1:2017/04/23(日) 08:13:46.01

※前スレ
【国際】ジャワ高速鉄道、中国から日本へ 一向に進まぬ中国の建設計画 「日本の費用と鉄道技術が必要」★5
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492930567/


続きを読む

【インドネシア】スシ海洋水産相、日本に中古海洋レーダー6基の無償支援を要請…違法漁船の監視、取り締まりを強化

1: おやじの名無しさん 2017/04/25(火) 01:00:21.91 ID:CAP_USER9

違法漁船の監視、取り締まりを強化するため、海洋水産省が日本メーカー製海洋レーダーの設置を検討している。
日本政府の無償支援で設置を実現したい考えだが、レーダーは1基200万ドルと高額。
10~14日に訪日したスシ・プジアストゥティ海洋水産相は「(日本側には)中古レーダーを少なくとも6基、支援してほしいと要請した」という。

同省によると、スシ海洋水産相は訪日中の12日、大手通信機器メーカーの日本無線(本社・東京都中野区)の荒健次社長らと会い、高性能レーダーについて話し合った。
荒社長はインドネシアの海洋保全や水産業発展に必要な技術を提供するとした上で、「インドネシアが天然資源を保護することにより、日本もエビや魚などの輸入品を得られている。
監視レーダーシステムの整備に貢献したい」と話したという。

海洋レーダーの監視範囲は最大半径150キロ。
海洋水産省は、中国やフィリピンなどの密漁船が出没するリアウ諸島州ナトゥナ諸島沖、北マルク州モロタイ島、西パプア州ラジャ・アンパット、パプア州アスマット県沖のアラフラ海、アチェ州ウェ島サバンなどに設置したい考え。
同省によると、日本政府は過去にも海洋レーダーを支援しており、現在は東南スラウェシ州ワカトビ県で活用されている。

日本無線はインドネシアに6の現地代理店を持ち、約3200人のインドネシア人が働く。
また国際協力機構(JICA)の事業で、海岸局設置に伴う通信システムの導入・整備に携わったほか、防災スピーカーの導入なども行った。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/34729.html


続きを読む

記事検索
Twitter プロフィール
年齢は聞かないで!
最新コメント
アクセスランキング
クロムの成分特徴

2chまとめ ブログランキングへ
メッセージ