2007年11月14日

【国際】ベルギー:日本大使館の盗難PCに個人情報1万3千件

【国際】ベルギー:日本大使館の盗難PCに個人情報1万3千件


【ブリュッセル福原直樹】在ベルギー日本大使館で今月発生した盗難事件で、盗まれたパソコン内に、 在留邦人届けや旅券情報などの個人情報・約1万3000件が入っていたことが、13日わかった。 発生後数日後に、個人情報の入ったパソコンなど、新たに2台の盗難が判明したという。 同大使館は、「パスワードなどで、情報は保護されており、簡単に取り出せないはずだ」としている。 大使館関係者によると、盗まれたパソコンは当初、9台とされたが、その後の調査で2台増え計11台と判明。 また、この2台のうち1台など、領事部用パソコン3台に、▽在留邦人届け約1万件▽在外選挙人登録約1400件 ▽旅券発行記録約1300件−−が入っていたことも、わかった。 大使館によると在留邦人届けは年齢、氏名、住所や勤務先などで、帰国者のものも含め、かなり前から 保存されていた。一方、旅券情報は領事部発効のものに限られるが、顔写真は含まれていない。 盗まれたパソコンの内訳は、領事部用3台のほか、外務省の内部情報接続用3台▽インターネット接続用2台 ▽予備3台−−だった。 事件は3日未明、警察からの連絡で発覚。ブリュッセル中心部のビル(7階建て)6階にある同大使館の 領事部ドアが壊され、パソコンが盗まれた。 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071114k0000e040041000c.html


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/newsscrap2ch/50780643