自転車保険について

自転車の保険


車に乗る際、保険に入らなくてはならないという事は、結構皆さん知っておられるかと思います。
自動車保険に関しては、自動車を購入する時点で加入を求められますし、自動車と縁がない人でも、自動車事故の危険性を知っている限り、保険の存在は想像に難くないでしょう。

では、自転車に関してはどうでしょうか?
自転車に乗っている人は全国に沢山いますが、その中で、自転車に保険があるかどうかという事を考えた事のある日とはほとんどいないのではないでしょうか。
というのも、自転車を購入する際、保険に関して言及される事がないからです。
この時点で、自転車と保険には全く繋がりがないと判断してしまうのも無理はないでしょう。

しかし、それは間違いです。
自転車にも保険があります。
それも、自動車保険とほとんど変わらない、しっかりした保険です。

では、何故保険を勧められないかというと、義務ではないからというだけではありません。
単純に、加入者が少ないからです。
自転車は自動車と違い、相手に対して大怪我をさせたり、非常に高額な弁償金を支払うというリスクがほとんどありません。
保険は、自分怪我した場合よりも怪我をさせた場合、損害を与えた場合を想定して加入するケースが多いので、自転車の保険にはあまり意義を見出せない、という人が多く、結果的に加入を進める動きもない、というのが現状です。

しかし、自転車と一言で言っても、その全てが一般的な自転車とは限りません。
電動自転車やロードバイクも自転車のカテゴリーに入ります。
そして、これらの乗り物は、事故を起こし、相手に大怪我をさせたり、自分が大怪我をする可能性がかなり高いのです。

これらの乗り物を利用する人は、保険についてしっかりと検討しておきましょう。



自転車保険の対象


自転車に乗っている人は数多くいますが、自転車に保険がある、という事を知っている人はあまり多くないかと思います。
自転車と保険というのは、自動車と保険のように密接な関係とはいえず、加入義務もないので、どうしても知識として頭に入ってくる機会がないので、仕方のない事です。

しかしながら、近年自転車に関する事故が増えてきている事、電動自転車やロードバイクが人気を博してきた事で、自転車の保険が見直されています。
ここではその自転車の保険について、色々とご説明します。

まず、原則的に自転車の保険は強制ではありません。
自動車の場合は自賠責保険に加入する義務がありますが、自転車にはそういった保険はありません。
よって、加入する保険は全て任意という事になります。

その中で、加入できる保険は傷害保険と個人賠償責任保険です。
傷害保険は自分の怪我に対する補償で、個人賠償責任保険は怪我を負わせたり損害を与えた相手に対する補償です。

自動車で言う車両保険のような、自転車が事故によって故障した場合の保険というのは現在あまり扱われていません。
というのも、自転車は高価な物もありますが、多くは安価で、1万円を切るような値段の物もザラなので、保険を掛ける意味があまりないからです。
また、盗難なども頻繁にあるので、保険としての旨みがあまり機能しないというのも理由の一つとして挙げられるでしょう。

まとめると、自転車の保険は、事故件数の多さ故に、その被害は多く出るものの、自転車自体は価格がお手頃なので、保険の対象となるのは人体や、自転車によって傷つけられる財産に特化する、という事です。



原動付自転車と自転車の違い


原動機付き自転車と自転車には、大きな違いがあります。
それは、保険加入義務の有無です。
原動機付き自転車は自動車同様自賠責保険に加入する義務がありますが、自転車にはその義務はありません。

電動自転車の購入を検討している人には、ここで一つ疑問に思う事があるかと思います。
電動自転車は果たしてどっちの部類に入るのか、という事です。

電動自転車には、二つの種類があります。
一つは通常タイプの電動アシスト自転車、もう一つはフルアシストタイプの電動自転車です。
通常の電動自転車は、法律上自転車としてみなされるので、保険加入の義務はありません。
では、フルアシストタイプの電動自転車はどうでしょうか?

法律上、自走機能があり、人力より強い動力で動く乗り物は原動機付きとみなされます。
よって、この場合は自賠責保険の加入義務が生まれます。
通常の電動自転車は電力が人力を超えないよう設定されているので、原動機付とはみなされないのです。

電動自転車を購入する場合は、その自転車がフルアシストなのか、そうではないのかをしっかり確認する必要があります。
フルアシスト電動自転車で公道を走るには、保険の加入だけでなく、免許の所持や公道を走る許可が必要だからです。
通常の自転車と同じ感覚で乗りたい人は、フルアシストタイプではなく通常の電動自転車を購入するようにしましょう。
フルアシストタイプの電動自転車に普通の自転車と同じ感覚で乗っていては、つかまってしまう可能性すらありますから。



原動付自転車の保険と自転車の保険


原動機付き自転車は、原則として保険に加入しなければなりません。
加入義務のある保険は、自賠責保険です。
この自賠責保険とは、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
自動車保険の一種です。

自賠責保険は損害保険で、交通事故が発生した場合に被害者に対しての入院費や弁償費、慰謝料などの支払いに対する補償を行います。
つまり、自分の損害ではなく相手の損害に対しての保険です。
この保険に加入する事が、原動機付き自転車を運転する為の条件の一つなのです。

では、自転車の保険には自賠責保険はあるのでしょうか?

厳密に言うと、ありません。
というのも、先述の通り、自賠責保険は自動車保険です。
自転車は法律上自動車とはみなされていないので、自動車保険に加入する事はできません。

となると、自転車の保険には損害を与えた相手に対して補償する保険はないのかという事になりますが、実際にはちゃんとあります。
個人賠償責任保険がこれに相当します。
自転車保険に加入すると、自動的にこの個人賠償責任保険に加入する事になります。

もちろん、義務はありませんので、加入しなくても運転はできます。
電動自転車においても、原動機付き自転車と同等の扱いであるフルアシストタイプではない限り、保険加入の義務はありません。

しかし、電動自転車はかなりスピードを出せるので、保険に加入する事は必要かと思います。
状況によっては、かなり大きな事故になってしまう可能性があるからです。
そうなって、保険に入っていないとなると、自分の財産では支払えないほどの額を請求されるといったケースに陥ってしまいかねません。

電動自転車を運転するのなら、例え義務ではなくても、自転車保険に加入する事をオススメします。



原動付自転車の保険料と自転車の保険料


原動機付き自転車は、保険加入の義務があります。
その義務に相当する保険は、自賠責保険です。
では、この自賠責保険にはどれくらいの保険料が必要となるのでしょうか?

原動機付き自転車のサイズによっても異なりますが、基本的には、契約期間が1年の場合は7,940円、2年で10,630円、3年で12,650円、4年で15,100円、5年で17,510円となっています。
大体軽自動車の1/2、普通自動車の1/3くらいと考えて良いかと思います。
それでもやはり結構な額が掛かります。

任意保険に加入した場合は、更にその分の保険料が追加されます。
任意保険は会社や選択するプランによって保険料は大きく異なります。
対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、各特約、最大支払金額、支払期間など、自賠責保険と比較してかなり補償を広く行えますが、その分保険料はかなり高くなります。

これに対し、自転車の保険料は幾らくらいかというと、大体自転車総合保険の相場が年間2〜3,000円くらいです。
原動機付き自転車と比較し、かなり安価である事がおわかりになるかと思います。
個人賠償責任保険もほぼ同じくらいの金額ですので、個人賠償責任保険単体での加入を考えている場合でも、負担が増えることはほとんどないでしょう。

電動自転車など、通常の自転車と比べて事故の確率が高い自転車については、保険加入希望者がかなり多いようです。
原付と比較してかなり保険料が安い事もあり、気軽に加入しやすいという事も、加入者を増やす要因となっているのでしょう。