2005年12月16日

生還。

どうもみなさまこんばんは。あたしです。生きてます。


昨日とうとう卒業論文を提出してきました。
いやー、もうほんとぎりぎりでしたね。昨日は朝六時までかかってしまいました。
睡眠1.5時間で大学へ行き、論文を製本し、提出し、部室でうとうとしていたら周りから「意地はらずにもうかえれば?」とか言われましたが、粘りに粘って飲み会にも参加。しかも一次会も二次会も。がんばったぁー。まだまだ若い!!苦笑(こういうこと言ってる段階であんま若くない、とか言われそう・・)

そうです、幾ら疲れていても打ち上げに行かないわけにはいきません。
「遠足はおうちにかえるまでがえんそくです」っていうけど、「卒論も、ビールで乾杯するまでが卒論」なのです。はい。


今回は卒論を二本書くという、神懸かり的に無謀な暴走行為に明け暮れたわたくしでありました。無謀だって、ほんと。気づいとけ自分。。

無謀なことにチャレンジするのは、まあいつものことですが、今回は本当に、自分のキャパがどんくらいのものなのか、イイ意味でも悪い意味でもよっく分かった気がします。

もちろん自分を限界まで追いつめて、越えられた部分もあったし、無理な部分もあって。でも、良い経験ができたと言うことに間違いはなさそうです。


学ぶことはホントにたのしいとおもった。いまさら(苦笑)。
何が楽しいって、黙々本読んでるとき、じゃなくて(苦笑)。何かと何かのつながりを発見した瞬間が、凄く楽しい。

「あ、この年のこの動きとこの動きは関連あるかも!」
「あ、この時代にこれが起こったことは、○○の原因になっていそう!」

あと、まさに自分が欲しかった文献が見つかった瞬間の興奮するかんじとか。
「これだぁぁ!!」みたいな。

主専攻と副専攻と、全然違う内容を書いてみて、でも最後に副専攻の参考文献のトビラに、主専攻の方でさんざん引用した作家の言葉が書いてあったのを発見したときはとても感動しました。「あー、なんだ、つながってたんじゃん」って。

よのなかの色んな事は、いろんなかたちで、色んな場所で、つながっているんだろうなあ。それが普段は意識されていないだけなんだ。


今年もはやいものでもう暮れですね。
今年は凄く「学んだ」年でした。今までで一番成長した一年だった気がする。
学術的にも、人間的にも、新発見がいっぱいで。今まで知らなかった自分に沢山で会えました。

というわけで、これからもたまに更新していきます(卒論終わっても、「たまに」しか更新しないという、ナマケモノ・・)

最後に、いつもすばらしい授業を創ってくれた先生と仲間達、一緒にお酒のみに行って楽しい時間を過ごさせてくれる友達達、なんだかんだで面倒見の良い家族のみんな、いつも私のことをすごく心配してくれた人に、お礼を言いたいです。

ほんとうにありがとーー!!お陰様でひとやまこえたよ。わーい!
newswing03 at 23:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年11月16日

はじめてのばとん。

いや、もう細かいことは聞かないで下さい、とにかく忙しい(泣)

とにかくばとんだよ。ゆめばとんだって。



■1■小さい頃、何になりたかったですか?

芸術志向が凄く強かったですね。
初めになりたいと思ったのがピアニスト。で画家。バレリーナ。その次が小説家でした。ピアニストとダンサーくらいはまあ小さい頃の夢としてはまずまずでしょうが、後の二つはね・・・・ちょっとヘン?
でもウチの弟なんぞは「将来はネズミになりたいー」などと言っていたので、そんなんよりはマシですかね?


■2■その夢は叶いましたか?

いいえ。

高校に入るくらいまで自分は美術関係の仕事をするんだと信じていました。
でも進学校に入っちゃったら、なんか運命が変わっちゃった・・・汗。
勉強するのに忙しく。特進クラスにはいってたから、部活動も自由には入れなくて。美術の先生に「なんで美術部に入らないの?」って聞かれたけど、いつしか、そう言う状況じゃなくなってた(苦笑)。


■3■現在の夢は何ですか?

とりあえず、きれいに年を重ねていきたいですね(笑)。
25になった自分、30になった自分、40になった自分、身近な友人や自分のパートナーに、それぞれ違った良さを発見してもらえるよう日々目標を持って暮らしていきたい。

もちろんスタンダードは変わらないでしょうけど、同じであり続けるためには、やはり変わり続けなければならないとおもう。周りの状況もどんどん変わって行くわけだし。


■4■宝くじで3億円当たったらどうしますか?

うーん、どっかに家を買う気がするなあ。どっかちょっとした田舎か、海外に。
ふらっと気が向いたらいつでも行けて、自由に使えて居心地良い、みたいな場所が欲しいですね。

どうせ宝くじなんだし〜 あんまり現実的なことには使わない気が(笑)。
お金は労働で稼ぐのがやっぱり一番!ははは・・・。


■5■あなたにとって夢のような世界とはどんな感じですか?

そうだなあ。人類皆兄弟、みたいな世界じゃないでしょうか(笑)。


■6■昨晩見た夢は何ですか?

最近見たのは・・・あんまりいいやつないなあ。。蛇の夢とか・・・・(明らかにせっぱ詰まってる・・・苦笑)、でも蛇の夢って、縁起いいらしいですね!お金が貯まるとか。ほんとかなあ。

あと、装着していたソフトコンタクトレンズが、はずしてみたら以上にばかでかくなっていて、「なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!!」と思う夢とか・・・。スゴイ大きさになってましたよ。小学校の頃良く黒板に張ってあったマグネットくらいの大きさになってた・・・・。


■7■この人の夢の話を聞きたいと思う5人は誰にしますか?

えっと、このページ見た方で、「あっぜったい自分はこの記事最初に見た5人に入ってるな」と思った方、やってください(笑)。


以上。なんかつまらん回答で失礼しました〜

newswing03 at 15:39|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年10月04日

聖人来ぬ。

昨日のゼミに、そこの卒業生でもあり、最近ハーバードの院も修了して帰ってきたという人が来てお話をして下さいました。

彼は教育学部卒で、アフリカの教育と政治についての研究をし、それがきっかけになって紛争解決や貧困問題に興味を持ち、進学を決意。色んな学部を探した結果、ハーバードに行くことにしたらしい。更に来週からはタンザニアにてNGOに参加するそうです(エイズの孤児を扱う孤児院で働くんだって)。

こういう人の話聞いていると、私たち一般人としてはちょっと胸が苦しくなるようなところありますよね。
「あー彼は本気でなんとかしなくちゃっておもってんだな・・・。自分に何が出きるか分からないけど、とにかく何かしなくちゃて思ってるんだよね、偉いなあ・・・・」みたいな感じで。

でも彼は全然押しつけがましいところがないというか、きちんと日本人の日本人的な暮らしも認めつつ、「自分はたまたまこれがやりたいから」っていう奉仕の気持ちでムズカシイことに取り組んでいて。彼の開かれた価値観には脱帽するものがありました。



ゼミの後はインド料理屋で懇親会。
雑談もいっぱいしたし、自分たちが卒論書いてる中で思ったことや、ゼミの内容、海外で学んだこと、外国で受けた忘れられない親切、etcetc・・・と、3〜4時間も話し込んでしましました。たまには真剣にこんな話もいいね(笑)。

うちのゼミは、先生もすごく開かれた視点と豊富な知識量、学者ならではの鋭いカンもお持ちで尊敬しているけど、参加しているみんなもとても熱心で(ガリベンって訳じゃないんだけど、すごく関心が深いんです)、ホント、周りじゅうみんなが先生!!あーあたし幸せ。みんな、あたしをどんどんかしこくして!って感じ(笑)。まあギブアンドテイクの世界だから、私も頑張らなくてはならないんですが・・・・。


タンザニアに旅立つ彼を応援しつつも、やっぱあたしは行けないなあ、と思うのも現実。とりあえず今の私がすべきことは、興味関心を持ち続けることくらいかなー??問題を放っておくのは罪なことかも知れないけど、無知はもっと罪なのかなって。
常にアンテナは張っておきたいな。
newswing03 at 23:05|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年09月28日

Parisいきたい。バリじゃないよ(苦笑)

はあぁ!?帰ってきたばっかじゃん!?、って思いますよね(汗)。
そう、でも帰ってきたら必ずまた行きたい、って思ってしまう。

学生になってからもう3回ヨーロッパに行きましたが、帰国するときまって、むこうと凄い距離を感じて、無性に恋しくなります。日本もご飯も日本酒も大好きだけどさ(笑)。

しかし、何で1年暮らしたグルノーブルでもなく、1ヶ月過ごしたランブイエでもなく、2週間いたイギリスでもなく、パリに行きたくなるのか?・・・・・これに関してはもうよく分かりません。



今回の滞在の最終日前日、ホテルのマダムが声をかけてきました。
なんでも明日その通りのちょっとしたお祭りがホテルの前であるから、よければ来てよ、とのこと。しかも聞けば年に二回しかやってないパーティーらしい。そんなのに偶然立ち会えるなんて幸せ!!
そういうのには進んで飛び込むようにしている私はもちろん翌日参加することを決めました。

こういうときいつも思うのは、どうして外国の人たちってこんなにおもてなし上手なんだろう!?ってこと。主催者側もちゃんと楽しんでいるのが分かるからゲストも安心して楽しめます。

夕方にぞろぞろご近所から集まってくる人々。道路の脇にテーブルを出して、持ち寄ったお料理やお酒を並べて。あとはもう適当にしゃべるだけ。いつ始まるともなく宴会スタート。

いやー、こんなご近所づきあいが今でもあるのねえ、と私が言うと、近所のおじさんは

「俺たちだって隣の通りの奴は顔も知らんよー!!でもさ、パリジャンってのは自分の住んでる通りを凄く大事にしてるんだ。いくらパリが大きく成長したって、俺たちが相変わらず小さなコミュニティーの中で暮らしてるっていう感覚はなくなりゃしないね」

と言っていました。なんかあったかみのある都会って感じで、しみじみ良いなあと思いましたよ。

アート、モード、建築、人情・・・・
色んな意味で沢山の人々を魅了する街。
人々の思いがつもりにつもることで、ますますその魅力に磨きが掛かっていくのかも。そして私もいつの間にかそのファンの一人になってしまってるんですね(苦笑)なんか悔しいなあ。
newswing03 at 11:35|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年09月19日

リターン。

日本に帰ってきました、とうとう。
イギリスを出てからフランスへ移動、一週間、数冊の本を探してうろうろして、くったくたになって帰ってきました。ほんとぼろ雑巾みたいだよもう(苦笑)。


実は出発前、卒論関係で面白い事例を文献で見つけて、そのことがもっと詳しく知れるであろう文献をフランスで探していたのです。

これがまた大変だった。。。

出来たら意中の文献は購入したいと思い、本屋を回るも絶版になっててみつからないし、古文書館の資料は古すぎるし、絶版図書専門店に行ってもなぜか探してる文献はないし、昔通っていた大学の図書館にはあったけどかりられてるし・・・・・。

結局パリの図書館を紹介してもらって、とうとう発見★★★

感動でしたっ

結局100ページくらいコピーして帰ってきました。
使えると良いなあ・・・・。

ところで、パリの図書館に入るのは初めてだったんですが、すごいです、威厳と迫力が。冗談じゃなくハリーポッターの世界でした。

薄暗くて、馬鹿に天井が高く、壁面にはずらーーーーーーーーっと蔵書が並び、フロアには同じ形の木の椅子と長テーブルがずらーーーーーーっとならび。
テーブルの上には緑のキノコ型ランプがずらーーーーっと立っていて。

ああ、パリの学生はこんなところで勉強してるんだ・・・・!と感動。

いつかおばさんになって機会が作れれば、もう一度フランスで、パリで学生やりたいなあ!!!と真剣に思いました。いやーもうやみつきだ(笑)。
newswing03 at 16:42|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年09月10日

アイム・フロム・ジャパン。

お久しぶりです。ヨーロッパへ渡って早2週間が過ぎようとしています。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私はすこぶる好調に暮らしております。
黙っていればどんどん無愛想になっていく私も(苦笑)、ヨーロッパに来ると笑顔が増えます。だってスマイルしてないと損しちゃうから・・・・。
つい今しがた最後の授業(イギリスでちょっとした語学研修を受けていました)が終わったところ。明日フランスへ移動します。

2週間前にきたばっかりとは思えないくらい素敵な友達と思い出がたくさんできて、何てラッキーだったんだろうとつくづく神様に感謝しているところ。

しかもここはとても日本人が少ないので、ここ2週間本当に日本語を喋らずに過ごしました。おかげで更新しようにも、イマイチ文章に弾みがつきません(苦笑)。



ところで、ヨーロッパ人が日本人に会うと必ず自分の知っている日本語単語を言おうとするじゃないですか。もちろんわれらがホストファミリーもトライしようとするわけですよ。うんうん、何を知ってるのかしら、スシ?サムライ?ゲイシャ・・・?
と構えていた私に、開口一番彼らが言った単語は。

「KITAMAKURA・・・・・!!(北枕)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何故ッ!!!!!!!!????

問い詰めてみたところ、彼らは小説でこの言葉を知ったらしいです。
でもイマイチ意味分かっていなかったので説明するのが大変(泣)。初日から北枕の意味を英語で説明するなんて・・・・・!!

結局ポインテッド・ノースのヘッドは死人を意味するからよくないんだ、日本人はノースポインテッドヘッドで寝るのはなるべく避けるんだ、どうでもいいけど、この単語ハッピーワードじゃないよ、とかなんとか言っておきました(苦笑)。
通じてるのかなあ・・・・。



ここへ来て、今まで気付いていなかった、「フランスに1年滞在した事の収穫」も新たに発見できました。それは、以前より明らかに「よそのにんげんたち」とコミュニケーションを図るスキルがあがっているという事。

英語ができるとかできないとか、フランス語ができるとかできないとか、そういうことではなくて。にんげんとしてどういうスタンスで未知の人々と向き合うか、といったような事。これがいつの間にか楽にできるようになっていることに気付いて、やったねー、むふふ、と一人ひそかに喜んだのでした(笑)。

ラテンのノリにも臆することなく飛び込んでいけるし。
トルコ人たちに、「おまえはにほんじんじゃないだろう!!みためだけだな!」と言われる始末。日本料理を作ってあげて、これでも日本人なのよ!ってところもアピールしましたが。

これからもっと磨きをかけて、グローバルに通用するスタンスと、確かなナショナリティー、バランスよい人間を目指したいものです。
newswing03 at 00:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

振り返ってみれば。

振り返ってみれば、凄い夏です。今のところ。

とにかく時間的・体力的・経済的全ての面において、これほどカツカツな夏は初めて(苦笑)。ここ2週間位を振り返ると

花火→バイト→旅行→バイトバイト→飲み→バイト→飲み→内定先バイト→キャンプ→内定先バイトバイトバイト・・・・ってかんじ。

特に内定先バイト→キャンプ→内定先バイト、は、バイトの日が5時半起きなので、睡眠時間が凄いことに。三日間で10時間寝てない、とか。。。よくこなしたもんだ。そもそも計画としてオカシイ(苦笑)。

内定先バイトはなんとか終了しました。
ここでは名前出せないけど、TVで見たことのある超!高級クラブのママさんとかに手紙出したりしてました。いやー、びっくり。
私が書いた郵便番号見てくれたかしら、ママ。

そして今週末からヨーロッパへと旅立ちます(うそだろー!?)。
3週間ほど日本を離れます。なんだか準備不足で様々不安だけど、とにかくまとまった時間、今の居場所を離れてゆっくりするのは、色んな意味で自分にとってプラスな気がする。
久々のヨーロッパ。あの空気をいっぱい吸ってきます。

そんなわけで、何か連絡などある方は、携帯のアドレスの0610ってところまで+@hotmailのアドレスによろしくでーす。

無事かえってこれますように・・・・・・・。



newswing03 at 21:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

カウンター飲み。

ゼミで知り合った友人と飲んできました。初めは4人来るはずだったのに、いろいろ事情があって結局2人に・・・・・。

そんなわけで、初めて一緒に飲みに行ったのに、女二人、カウンターで飲むこと4時間、というなかなかアツいスタイルになってしまいました(笑)。
でもこんなのもいいものですね。これくらいの年代の二人が集まったら話題もつきないし、深々と話し込んでしまいましたよ。

実は明日も別の女の子とデート。近頃女の子にモテモテな私(笑)。

海外研修も近づいていますが、帰ってきたら真剣にお酒を勉強しようと(イヤ、飲む方じゃないぞ!ウンチクとかの方ね・・・・。苦笑)密かに画策中。だれか何から始めたらいいのか教えて下さい・・・。
newswing03 at 00:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年08月12日

そういえば

バリさんの日記を見ていて思い出したんですが、私も実は江戸川区花火大会に行って来ました!そうだった!いったんだった!
昨年と同様市川市側で鑑賞しました。

しかも今年はこれでもか!ってくらいど真ん中で見たので、ただならぬ迫力★★★!!!
「うっきゃーーーーーーーーーーっっっっ!!!」
と絶叫するほかありませんでした(笑)。

でも余りにど真ん中過ぎて、ふるわふるわ、花火のカス・・・・・
すんごいでっかい破片が落ちて来るんですね!真正面って!すっごーーーい!泣泣。

花火見たいんだけど、風向きによっては目が開けられません。。
しかも火がついた破片が目の前に落ちてきて、芝が燃え始める始末。

一瞬自体が飲み込めず、
「え?これってヤバイよね・・・・・?」とか妙に冷静につぶやいたりしましたが、気を取り直してなんとか消火しました。
あと1メートル後ろに落ちていたら、「この花火によるけが人が・・・・」などと、報道される羽目になっていたかも・・・・。

しかも、無事花火が終わった後も、目の前の女の子が人混みにもまれて貧血→失神・・・・・。本気で気を失っていました。
連れの男の子もあわあわ。周囲もあわあわ。あわわわわ。

そんなわけで、振り返ってみると結構スリリングな花火大会でした(笑)。
さすがに帰宅して鞄を開けたらドデカイ花火の破片が入っていたのには冷や汗でしたよ。

・・・・と、いうわけで、皆さん花火大会は気合いを入れて、体調管理に気を付け、ジーパンにスニーカーで出かけましょう♪花火カス対策にゴーグルなんて持ってくと、尚ヨシ★

でも凄く楽しんだんですよ!いや、ほんとに。絶対来年もいきたいっ★
newswing03 at 12:06|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)

2005年08月04日

夏もたけなわ。

最近「料理は頭に良い」っていうことが科学的に証明されたんだって。
お料理は、前頭葉を使う作業なんだそうです。

企画・立案→下準備→実践→結果→反省、みたいな流れの作業が頭に良いっていう話らしい。でもそんなこといったら音楽やるとか、キャンプにいくとか、飲み会の幹事をやるとか、餃子大会をやるとか、そういうのも超頭にいいじゃん、と思ったりもしますが・・・・。

きっとこれまでの大学生活は、すごいイキオイで前頭葉フル稼働、きっとあたまにとっても優しい4年半だったんでしょう。うん、きっとそうだ。



いやーそれにしても、8月のあたまっていうと、ホント夏まっただなか!ってかんじですね。まあ私はデパ地下バイトで涼しいところにいることが多いんですが・・・。

近況はといえば。

バイトは順調です。私たちバイトの者たちにくだくだとイヤミを言い続け、お客さんたちからの評判も最悪だった店長が失脚してからというもの、本当に快適に働いております。ケーキの食べ過ぎだけが心配(苦笑)。でもホントにおいしいから、場所をご存じの方は是非来て下さいね!

それからついにiPodminiを購入しました。やった。ついでに(?)めがねも新調しました。両方ともみどりです。

最近交流の幅が微妙に広がったり、過去の友人と付き合いが復活したりして予定がいっぱい。

卒論すすまない。これは非常にまずい!これからがつんと頑張ります。

8月末から再び海外で修行です。ちょっと楽しみ。ちょっと不安。

こんな所です。とにかく学生最後の夏を満足いく形で終わらせたいものです。


newswing03 at 19:32|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年07月24日

何かをとりもどすたび。2時間50分。

昨日は地震がありましたね。私は車で移動中だったのですが、それでも気づくくらい大きな揺れでした。

電車で都内へ向かう途中だったのですが、もちろんのこと電車はストップ。
でもまあ、1時間半くらいで動くでしょう、と思い、車内で運転再開を待つことに。


・・・・・いやぁ〜、動かなかったですね(苦笑)。
地震ってこんなに怖いのね。都市機能って脆弱ね・・・。

言うまでもなく、動かない電車の中で、私はどんどん凹んでいったわけです。
ちらほら引き返す人も出てきたけど、それでも粘る私。ここまで来たら根比べ。やけくそだよもう(苦笑)。

そうこうしていると、隣に座っていたおじいちゃんが話しかけてきます。

「今ラジオでは新幹線が動き出したって言っていますよ〜」
「となりの弱冷房車では女子高生がうるさくて・・・・」
「どちらまでいかれるんですか〜?」
「私はホテルオークラまで行くんですがね・・・・」
「私の後輩が・・・・」
「あそこの病院は・・・・」
「どこどこのヘリポートが・・・・」

比較的お年寄りの話を聞くのが好きな私は、1時間半くらい相づちを打っていました(笑)。

そうこうしているうちに、なんだかもう、いつまで待ったって、今すぐ帰ったって、どうでもいいような気分に。そんな小さな事はとてもくだらないように思えてきて、凄く気が楽になって・・・・。
老人てすごいですね。存在そのものがなんかゆったりしていて。その雰囲気に、のまれる(笑)。

3時間近く待ったところで「運転再開には相当時間がかかると思われる」とのアナウンス。仕方なく私はおじいちゃんにお別れを言って、駅を後にしました。

何の意味もない無駄な時間を過ごしたようでありつつも、生活のゆとりというか、余裕というか、何となく大切なモノを思い出すことのできた3時間だった気がします。

帰り道の空はきれいに晴れて、夕日がとてもきれいでした。
newswing03 at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月17日

ところかわれば。

またもやご無沙汰になってしまいました・・・・。
更新はしていないけど、私は元気に暮らしています。なかなか忙しい。
相変わらず「良くも悪くも来るモノは拒まず!」的、アグレッシブさでぎゅんぎゅん活動しています。よく遊び、よく学び。

今日は中学時代の友人と一日遊んでいました。
ショッピングモールで家具を選ぶ友人のお買い物に付き合ったり、出産した友人の家で赤ちゃんを見物したり、はたまた飲みながら友人の恋の悩みを聞いたり・・・・と、めまぐるしい一日。

すっかりママの顔になっている友人が、印象的でした。(飲み屋では、相変わらずギャルなんだけど・・・・)

赤ちゃん、久々に間近で見たけど、やっぱりかわいいねーーー!!見ていて全く飽きない。
なんかもう、笑って欲しい、というその一心で頑張っちゃいました。
赤ちゃんが「んあーーむあーー」言ってるのに、
「そうかそうかーー!!」とかいって相づちうったり、お人形であやしたりして(笑)。

このコミュニティーで学生なのは、とうとう私一人になってしまったという事実にもなんだかびっくり。彼らの考え方も、大学にいる友人とは正反対だったりして。

みんなそれぞれの道を歩いて、働いたり、ぶらぶらしたり、結婚したり、出産したり、ほんと様々。そんな彼らに比べて、自分はゆっくり歩いてるなー、としみじみ思いました。それだけ恵まれているということなんでしょうね。今まで、そんなに急ぐ必要がなかったから。

来年からは、まじめにはたらこうっと(笑)。
newswing03 at 22:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月02日

ごきげん。

内定者懇親会に行って参りました!!
まずは本社オフィスに集合して顔合わせ。内定者は結局3人でした。うん、予想通りの数字。結構うちは少数精鋭なのです。

内訳は女性二人、男性一人。女の子は語学系の人で、留学経験もあり、バックパッカーとかもやっちゃうという、なんかあたしと似た感じの経歴を持つ(笑)結構気の合いそうな子。男の子はばりばり関西人で、バーテンをずっとやってるらしく、めっちゃお酒に詳しい子。
いずれも感じよくて、人なつっこくて、馴染みやすい、いい子たちだったので一安心。いいパートナーになれそう★

その後、銀座のダイニングバーに連れっててもらい、懇談。
早くも「うーん、今年の(新卒)は飲めるねえー」と、人事に目を付けられてしまいました(苦笑)。いやーん、だって緊張すると手持ちぶさたで飲むしかないんだもーん!!笑。まあ人事の方々ともすっかり馴染んで、結構話をしたのですけど。

とにもかくにも、同期がいい感じだったのと、人事の方が馴染みやすかった事に安心しました。よかったー。

そんな感じで何とかやれそうです。英語は何とかしないといけないけど・・・・泣。他のグループ会社の新卒はTOEIC900とかザラらしい。。
うーん、凹、ともかくがんばるぞー!!
newswing03 at 01:15|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2005年06月26日

Je suis libre? Nooon, pas du tout!!!

お久しぶりです、nanaです。
近頃バイト先で「nanaさんてフリーター?」と良く聞かれます・・・・。
ええ、ええ、すいませんね、学生が週4〜5でバイトして(泣)。お金がないのよう。。

ホントは研究も二つやってる、尋常じゃなく忙しいはずの学生なんですが。
フリーだなんて。とんでもござらん(苦笑)。

近頃大豆製品を取りすぎると妊娠しにくくなる、という報告が、イギリスの学会で出されたそうな。取りすぎるとなんかの成分が受精を阻むらしい。

以前ここで豆乳野菜ジュースを紹介し、その支持層をじわりじわりと拡大しつつあった私としては、警告せずにはいられません。みんな気を付けて!
やっぱり偏食はいけないのだわ!地道に一日30品目を目指しましょう。まる。
newswing03 at 10:01|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)

2005年06月16日

とうとう彼女は知ってしまった。

皆さんご存じですよね、パソコンによく入っているゲーム、ソリティア。
あれってそんなに面白いわけではないのに、たまにやると出来るまでやっちゃいたくなるようなところがありますよね。

私もパソコンを閉じる前にちょっとあそんだりする。
その様子をしょっちゅう見ていた母。今日、とうとう言われました。

母:「ねえ、それさ、おもしろいの??」

うおお、きたきたー!
とりあえず「やってごらんよ?」ってことでルールの説明。

ゲームを始めた母、どうでもいいけどべらぼうに遅いです、カードをめくるのすら(笑)。のーろのろのーろのろやっているから、みていて疲れるよ〜(苦笑)。

5分くらいで大体ルールはつかんだようだったので、私はお風呂に。
私:「あたし、お風呂入ってくるから!じゃ、ほどほどにねー。」

・・・・・・・・・

そんな母のことはすっかり忘れ、入浴タイム。
卒論のこと、今度会う友人知人のこと、留学のこと、夏休みの予定・・・
そんなことをぼんやり考えて風呂(所要時間推定30分)からでたら。
どこからともなく聞こえるうなり声。なんだなんだ?

部屋に戻ると母は未だにソリティアと格闘していました。すっかりそんなこと忘れていたから、吹き出しちゃいましたよ(笑)。

姿勢は30分前よりダイブ崩れ、眼は座り気味。
老眼なので、やや無理のある姿勢で画面との距離を相当取っています。かなり疲れているのでしょう。

母:「うーんうーん、できないできないぃぃぃぃ・・・・・んむむむむ・・・9は出せないから・・・・赤が・・ん〜なんで黒ばっかりぃ・・・・あっしまった・・・・ここが動いて・・・・もうないよね・・・・ここ忘れてた・・・・あれ、もうできなくない?・・・うーんくやしい後一回・・・○×▲※・・・・・etcetcetc・・・・・」

彼女の格闘は当分続くことでしょう。今夜はようやく眠ったようです。
ちなみに今日は一回も成功しなかったらしい(笑)。がんばれ、母上。

newswing03 at 00:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年06月13日

ぎゅんぎゅん活動中。

なんだか忙しい毎日が続いています。
結構バイトしてるし、卒論2つやってることがそろそろきつくなってくるし、そんな、ほんとなら「めちゃめちゃ忙しい期間」のはずなのに、ためらいなく遊んでるし(笑)。

良くも悪くも来る者は拒まず!ってかんじ。一日が24時間じゃたりーーん!と思いますね。これからしばらく睡眠時間削っちゃったりするのかしら・・・・・。

そんなことより、そろそろ夏至ですね。一年中で一番明るい季節。
最近夕方でもすっごく明るくて、それだけでなんか陽気な気分になっちゃう(笑)。うっかり帰りが遅くなってしまったりして。

ヨーロッパの6月はとても好きでした。
まだ肌寒い春先には表を歩いている人も少ないけど、6月くらいになると「どっからでてきたの?」ってくらい街路に人が増えて。そこここから音楽が聞こえて。
で、夜中までテラスでビール飲んでるという(笑)。好きだったなあ、あの南仏独特の底抜けに明るい、いい感じ。夜部屋に帰っても、窓から広場のテラスをよくながめてました。

かといって、南仏に身を置きながらも、そういう風土と自分がパーフェクトに解け合うというわけでもなく。
そのそこはかとない疎外感というか、不安定感というか、宙ぶらりんな気分がなんだか切なくて。それがまた、どこかやみつきになりそうな感覚でもあったのです。

またあのへんでビール飲みたいな。

newswing03 at 22:13|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年06月11日

確かにメアドに誕生日を入れるのはいやらしいかも知れない。

先日「メアドに誕生日入れてるのって、なんか祝ってくれと主張してるみたいでイヤラシイぜ」と言われたけど、ホントにそうかも・・・!?

本日をもって23になった私ですが、今日は本当に沢山の方からお祝いメールを頂きました。しかも、すっごく古い友人たちからも沢山声をかけてもらって。
一校めの中学、二校めの中学、遠く北海道に行ってしまった高校時代の友人、就職して全国に散った学科の友達たち、そしてサークル仲間たち・・・・・・などなど。

彼らの殆どが、私の今年の年賀状にメアドが書いてあったのをみて「ああ誕生日10日だっけ」とチェックしていたそうな。ヤダァ、やっぱいやらしいの??苦笑。

でもいいです。おかげですっごい久々の人とも近況報告できたし。
ともかくも、祝ってくれた方々、本当にありがとうございました。あたくしはとてもシアワセです。

とうとう23という、結構微妙なお年頃にさしかかってきたわけですが、まあ今年もぼつぼつ頑張りますよ。環境も大きく変わる年になるだろうし、パワーためとかないとね。と、いうわけで明日はおいしく飲んできま〜す★

newswing03 at 00:36|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

2005年06月04日

最近夜明けは4時半なのね。

チバラきました。はい。
ほんと、空が白じむまで友人と大騒ぎ・・・・・・。

今年、一部の狂いもなく計画通りに予備校生となった弟(しかも今週末に模試を控えている)は、ぐだぐだ大学生たちの騒ぎっぷりに少々あきれつつも、
「昨日うるさかったよね、ごめんね・・・・」と謝ったら、
「ん、まあ想定の範囲内。」
と言っていました。彼が「だいがくせい」という肩書きをどんな風に認識しているのか大変気になります。ちょっと心配です。

昨日は餃子大会をやったのですが、最後に1枚だけ皮が余ってしまったのです。几帳面な参加者の男性Nは、みすみすあまりを出すのが許せなかったらしく、手元にあった「かんとりーまあむ」をそそくさと皮で包み。
タップリのごま油でこんがりと焼き上げました。

それ食べたのは、予備校からくたくたになって帰ってきた弟(苦笑)。
もちろんしっかりと酢醤油に付けて頂いたそうです・・・・・・。
そのときは
「な、なんと香ばしい・・・・・」とかいう意味不明のコメントをしていましたが、後で聞いたらやはりそうとうまずかったとか。そりゃそうだ。。

とにもかくにもうちの若にとっては受難の日でしたね。
すまない、弟よ・・・・・・でもあたしたちはゴキゲンでした(笑)。
newswing03 at 00:16|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)

2005年05月30日

あたしがいちばん!?

国際関係副専攻の卒論テーマを提出してきました。
仏文の事務室は担当者が留守。仕方なくポストに書類を投函してきました。

すると。

家に帰るやいなや、事務室から家電にTEL。
担当者「J大学F文学科の事務室です。あ、あの、今日こちらに提出いただいた書類なんですが、これはどういうことですか・・・・?」

私「へ、どういうことかとおっしゃいますと・・・・?」

彼女は、文学部の学生が国際関係副専攻の論文を書くと言うことそのものが理解できないらしい。それからしばらく、

「それは文学部では卒論をかかないということですか?(そんなわけないだろ)」
「国際関係の卒論の履修登録は・・・・?(いや、副専攻でしてるってば)」
「卒論を2つ書く・・・・?(悪いか!)」

等々、全て規定通りに手続きをしているのにもかかわらず、沢山とんちんかんな質問をされました。。
凹むのは、彼女が決して新米の事務員ではないということ。むしろ、勤続十ウン年のベテランだということです・・・・・。

つまり、ウチの学科から卒論2つ書く人間はあたしが初めてだっていうこと。
ホント、ガチンコで一人目だって言うこと・・・・・・!!泣!

なんか、大変なことに手を出しているようです。
2年生の頃から進めているプロジェクトなので、別にビビりゃしませんけれども・・・・。

きっと、大変なことがあたしを呼んでるんだ!ああ。きっとそうなんだ!

これからも文学部の革命児であり続けたいと思います(苦笑)。
いいもんつくるぞー!えいえいおーーー(からげんき)。
newswing03 at 18:06|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2005年05月26日

いまさら

今更ダヴィンチ・コードにはまっている自分です。ぐいぐい引き込まれ、あっという間に上巻読破。
これから下巻突入です。。今夜は寝られないかも・・・・・・?


私も見てきました、「クローサー」。
テンポよくって、最後まで楽しめたかな。ナタリー・ポートマンもかわいい!!今でもちょっとあどけなさがある感じの表情が魅力的です。年も取ってるんだけど。

でも、ストーリーの方は、胸にずーーんと来るものがありました。うむ。。
みんな幸せになりたくて一生懸命なんだけど、だからこそ起こるエゴとエゴのぶつかりあい、みたいな。登場人物、みんなちょっとずつズルくて。それぞれいい味だしてるんだけども。

しかし、あれを単純に「大人の恋の物語」とかって論じている人たちの表現は好きになれないなあ(そもそも私はこの「大人の」って言葉があんまり好きじゃないんです。なんか排他的な感じがして。しかも、詰まるところ子供っぽいエゴの世界が「大人の」って形容されていること、何故か、余りにも多い気がする)。

実際この映画の登場人物は、ホントに自分の弱さや醜さを分かっていると思うから。そんな包み隠すような言葉で表現しちゃいけないんじゃないかなー、と思った。

それから、いろいろ思い返してみると腑に落ちない部分もあって、また見たい!って、やっぱり思いました(笑)。大体映画をみるとこうなんですよね・・・・。
newswing03 at 00:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
カテゴリ別アーカイブ