2017年04月25日

4月24日、月曜日、中潮、晴れのち曇り。

今日プレオープンとなったショッピングモール「イオン」、周辺の道路はそれなりに混雑していました。午前中は市内から沖ノ洲方面行きが、約1Kmでずうっと車が渋滞していました。午前からは次第に周辺道路が込み出すと、夕方には沖ノ洲から市内向きも1Km以上車が渋滞していました。直ぐ近くにあるパチンコ屋さんの駐車場に車を止め、イオンに買い物に行く人まで出る始末だったとの事です。連休あけぐらいまで、道路の混雑や渋滞が続くのではと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った松茂町の山村さんはルアー、同行の藤原さんは沖アミのふかせ釣りと言う事でしたが、二人とも昼までの釣行でボウズだったとの事です。

三本に渡った角野さんと石井町の筒井さんは、沖アミのふかせ釣りで30−32cmの黒ダイを一匹ずつだったそうです。

赤灯台に渡った藤原さんも同釣り、30cmの黒ダイを一匹とバラシが一回あったとの事でした。同所に渡った鴨島町の木村さんは探り釣り、17−22cmのガシラを四十匹と○○エビを一匹と言ってました。今週になって、急に釣れる黒ダイのサイズがダウンして来ました。と言う事になると40cmオーバーの黒ダイは、産卵を迎えてどこかに移動したのかも知れないです。


newtakedamaru at 08:23コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月24日

4月23日、日曜日、中潮、晴れ。

今朝の気温は8度、バイクで走ると鼻水と涙が止まりませんでした。冬もの衣装を出して置くべきだったと後悔したが、いまさら悔やんでも仕方のない事です。その影響もあってか、日曜日と言うのに釣り客は十六人と少なかったです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った七條君はルアーで50cmのマゴチを一匹、同じく横尾さんも同釣りで50−60cmのスズキを三匹、赤灯台に渡った宮田君も同釣りで50−55cmのマゴチを二匹。同所に渡った松茂町の斉中さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で30cmの黒ダイを一匹。

赤灯台と中央の中間に渡った中島さんも同釣りで35cmの黒ダイを一匹、同所に渡った藤川さんも同釣りで30−35cmの黒ダイを一匹。

中央から少し赤灯台寄りに渡った田中さんも同釣り、午後2時までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。コーナーに渡った北島町の山口君は探り釣り、白灯台まで釣り歩き18一25匹cmのガシラを二十五匹。同所に渡った持山さんも同釣り、赤灯台まで釣り歩き20cm前後のガシラを十一匹だったそうです。

明日は徳島最大級となるショッピングモール「イオン」が、旧ジャスコ後にプレオープンするそうです。末広町一帯の交通渋滞は目に見えていて、船頭さんも中洲市場への通り道として利用しています。明日、通って見て酷い状態なら考えなければなりません。少し遠回りになってもいいから、混雑する道だけは走らないようにしようと思っています。


newtakedamaru at 09:35コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月23日

4月22日、土曜日、若潮、曇りのち晴れ。

日本海と太平洋を北に進む低気圧の影響でしょうか、午前中は春の装いでは寒かったです。午後になって太陽が顔を出すと少しは暖かくなりましたが、夜は終いかけたストーブが再登場となりました。

釣り客の方も一番船で四人、二番船、三番船でやっと十人と少なかったです。さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った滝口さんは沖アミのふかせ釣りで30−35cmの黒ダイを二匹、同所に渡った仁志さんも同釣りで32cmの黒ダイを一匹。中央から少し赤灯台寄りに渡った藤川さんも同釣りで30−40cmの黒ダイを三匹、同所に渡った板野町の大岡さんも同釣りで30−33cmの黒ダイを二匹。赤灯台に渡った石原さんも同釣りで30cmの黒ダイを一匹、同所に渡った美馬市の作昌さんも同釣りで36cmの黒ダイを一匹。そろそろ初夏の陽気となるこの時期、冬もの衣装はタンスに奥に終っています。明日の朝も冷え込みが予想されるので、長袖シャツとバッチぐらいは用意した方が良いかも知れないですね。


newtakedamaru at 10:00コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月22日

4月21日、金曜日、小潮、曇り。

昨日、予約のあった山ちゃんから朝一に電話があり、今日は急用が出来て行けなくなったとの事でした。釣り客が一人減ったのは残念と思いながら浜に着くと、減った処ではなく一人も釣り客は居ませんでした。と言う事で、今日は残念ながら本日の釣果はありません。

4月も後半になって来ると、乗っ込みの黒ダイ釣りもそろそろ終盤を迎えます。一文字で越冬した黒ダイが現在、胞卵状態でまもなく産卵を迎える筈です。そうなると暫くの間、まったくと言って良いほど黒ダイは釣れなくなります。恐らく産卵場所を求めて一文字の黒ダイが、どこかに移動するのではと思うのですがそれも定かではありません。

先週の金曜日、工事の開始日を教えて欲しいと国交省徳島事務所に電話をしました。が、一週間経ってもまだ何の連絡もありません。船頭さんも今後の予定を立てなければならないので、早く連絡をして欲しいものです。


newtakedamaru at 09:36コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年04月21日

4月20日、木曜日、小潮、晴れのち曇り。

まず最初におわびです。前回、県釣り連名と変換してしまったのを携帯が覚えていて、今回も同じミスをしてしまいました。徳島県釣連盟が正しく、訂正させて頂きます。

徳島新聞さんの山元八郎名人「阿波の旬を釣る」のコーナーに掲載され、さっそく何人かから船頭さんの方に問い合わせがありました。昼過ぎには小里名人からも電話があり、当日は手伝いに来て貰えるとの事でした。それから名人の友人の方が(船頭さんも知っている人ですが匿名で)、大会の賞品用にと寄付をしてくれているそうです。

5月20日(土)ともなると、乗っ込みの黒ダイはほぼ終盤を迎え苦戦を強いられそうです。この時期に大物を狙うなら、有望なのはルアーか投げ釣りではないかと思います。スズキやマゴチはルアーで、キビレやカレイは虫エサで投げ釣りをすれば大物の期待は大です。子供さんなどを連れてファミリーでと言う方は、ガシラ(カサゴ)やアイナメを探り釣りで、レディリースやペアの方はルアーと探り釣りとか、ふかせ釣りと投げ釣りと言った組み合わせもいいかも知れないですね。又、重量優勝を狙うなら、カンダイを底物仕掛けで釣るのが一番ではと思います。夕食のおかず狙いなら、引き釣りでキスを釣ると言うのはいかがでしょうか。尚、釣り場にはトイレがないので、女性や子供さんは時間を決めてトイレまでの送り迎えをしますので、安心して参加して頂けたらと思っています。

お問い合わせは、徳島県釣連盟事務局、電話088−652−9057(平日午前9時〜午後5時)5月10日が受付の締め切り日となっています。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った板野町の岩田さんは沖アミのふかせ釣り、35cmの黒ダイを一匹と30cmのメバルを一匹に28cmのマダイを一匹。赤灯台に渡った藤原さんも同釣りで37cmの黒ダイを一匹、松茂町の斉中さんも同釣りで47cmの黒ダイを一匹。同所に渡った中川さんも同釣りで黒ダイのアタリはなかったが、同行のオヤジさんが40cmのアイナメを一匹。中央から少し赤灯台寄りに渡った羽ノ浦町の西さんも同釣り、35−43cmの黒ダイを三匹と三回のバラシがあったそうです。

コーナーに渡った南あわじ市の前川さんはルアー、30cm前後のスズキが十匹ほど釣れたがリースして、50cmのスズキを一匹だけキープしたとの事でした。同所に渡った鴨島町の木村さんは探り釣り、サイズは聞かなかっかたのですがガシラを四十匹だったそうです。同所に渡った高槻市の大原さんと茨木市の細川さんも同釣り、二人合せて六十匹ぐらいのガシラを釣ったのではと言ってました。

この度は2年半の休業をする事になってしまった訳ですが、最後に釣り大会の企画を立ててくれた徳島県釣連盟さん、一般紙でこのような掲載をしてくれた徳島新聞さん、そして協賛してくれる釣り具店さんや全ての皆さんにお礼申し上げさせて頂きます。
DSC_0147DSC_0148

newtakedamaru at 09:57コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月20日

4月19日、水曜日、小潮、晴れ。

今日も風は強かったものの、西北西の風と言う事で波はまったくありませんでした。しかしなんと、一番船の出船時間に合せて浜に着くと釣り客は一人も居ませんでした。二時間ほど新聞に目を通し、最近日課にしている散歩をする事にしました。すると郡さんから電話があり、これからエサを買って行くのでお願いしますとの事でした。郡さんの電話を切ると直ぐに稲川さんから電話、内用は同じで10時に二人を赤灯台に送って行ました。

さて本日の釣果ですが、郡さんと稲川さんは沖アミのふかせ釣りで午後3時までの釣行。郡さんは35−43cmの黒ダイを二匹と二回のバラシ、稲川さんは35−40cmの黒ダイを四匹。

今日の夕方、県釣り連名の阿部さんから電話がありました。国交省の方からはまだ工事の開始日の連絡はないと言うと、それでは5月20日に釣り大会をすると言う事で、明日の徳島新聞さんにその旨を掲載すると決りました。高橋釣り用品店のオーナーからも電話があり、一つ盛大にやりませんかと言ってくれました。最後に多くの人に参加して頂けたら、船頭さんとしてはうれしいですね。


newtakedamaru at 08:10コメント(1)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月19日

4月18日、火曜日、小潮、晴れ。

今朝は北側の空は晴れていましたが、半分の南側は雨雲が残った状態でした。しかしそれも少しの間で、暫くすると良く晴れて風は強かったが気温も上がって来ました。早朝は昨日の荒れが残っていて、一文字の上をウネリが乗り越えるのがしばしば見られました。満潮まで二時間余りあるのですが、北西の強い風が波を抑え次第に小さくなって来たので、6時半過ぎに一番船を出船させる事にしました。とは言ってもウネリはまだ残っていて、波が乗り越えた後が濡れた状態で残っていました。引潮になるまでは波が乗り越える可能性もあるので、安全を考えて釣り客をコーナーに渡す事にしました。

さて本日の釣果ですが、松茂町の山村さんは沖アミのふかせ釣り、49cmの黒ダイを一匹と納竿前にバラシが一回との事でした。午前11時過ぎに大望の一匹目が釣れたのは良かったが、昼に納竿予定をしていたので時間も余りないしと思い、仕掛けが傷んでないか確認をしなかったのがバラシの原因と言ってました。角野さんと板野町の筒井さんも同釣り、波が小さくなって来たので中央まで移動したそうです。角野さんは唯一のアタリをバラシてしまったそうで、筒井さんは45cmの黒ダイを一匹との事です。

今日の強い風は日本海を北に進んだ低気圧の影響で、関東ではフェーン現象で夏日になったかと思ったら、北海道では雪が降ったと言うのですからね。幾ら日本列島が北から南に細長いと言っても、冬と夏が同時にやって来たのには驚かされました。


newtakedamaru at 08:48コメント(1)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月18日

4月17日、月曜日、中潮、曇りのち雨。

今日は荒れ模様の天気と言う事で、釣り客はなく本日の釣果はありません。6時過ぎに浜にやって来たのですが、すでに南東の風が5m近く吹いていました。時間が経つにつれ風は更に強くなり、10時過ぎには雨も降り出して来ました。午後になると南東の風は10mを超え、雨脚も強くなり小型の台風と言った感じでした。

そんな今日、岩丸の保険が今月の27日で切れるので継続手続きに行って来ました。保険会社を出ると次は中州市場に行き、今夜の晩酌の肴を買う事にしました。晩酌の肴にブリの腹身を買い、次は北島町にある丸善商事コスモ石油さんに燃料の軽油を入れに行ました。200Lの軽油をポリ缶に給油後、川内町にあるマスダマリンさんにも行く事にしました。タケダ丸のドック入りと改造をお願いすると、快く引き受けてくれ風のあまり吹いてない日に揚げる事になりました。

浜に帰ってきたのが午後4時、テント小屋に給油したポリ缶を運ぶだけでもびしょ濡れ。夜になっても依然と雨も風も治まる気配はなく、このままでは明日の出船も微妙と言った所でしょうか。


newtakedamaru at 08:03コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年04月17日

4月16日、日曜日、中潮、晴れ。
昨日、今日と、昔を懐かしんで当時の常連客の何人かが釣りに来てくれました。「やすむんでぇ」「何処かでやれんの」と、残念がってくれました。一文字の全盛期を良く知る彼らは、あの頃は隣で釣っている人と竿が当たらないように気を付けたが、と昔を懐かしんでいました。そんな訳で今日は久し振に釣り客が多く、全員から釣果を聞く事が出来ませんでした


それでは本日の釣果ですが、ルアー釣りではコーナーに渡った横尾さんが40−50cmのスズキを三匹。浜さんはマゴチのバラシが一回、七條君と吉岡君はエソしか釣れなかったそうです。宮田君は中央付近まで釣り歩き40−45cmのマゴチを三匹、同行の鴻野君はエソを一匹とエイを一匹。

探り釣りでは樋口君がコーナーと白灯台の間で17−23cmのガシラを二十匹、同所で藤沢さんも同ガシラを同じく二十匹。

沖アミのふかせ釣りではコーナーに渡った大原君が48cmの黒ダイを一匹、同行の久保さんはバラシが一回との事でした。

四番船で渡った高田君はアタリがなかったそうだが、同行の藍住町の大西君が35cmの黒ダイを一匹。

中央に渡った田中さんは43cmの黒ダイを一匹、同所から少し赤灯台寄りで藤川さんが40cmの黒ダイを一匹。

赤灯台に渡った松茂町の斉中さんは50.5cmの黒ダイを一匹、ふかせ釣りで50cmオーバーの黒ダイを釣り上げたのは初めてだったそうです。

大神子磯の一番に渡った中村君は、エサ取りのフグの猛攻に合い黒ダイは釣れなかったと言ってました。

今日は五番船まで釣り客を送る事になり、最終の迎えが午後5時でした。朝の6時に一番船の出船、午後の5時の迎えが最終と久し振に長時間働きました。

今までがけっこう暇だったので、今日はさすがにちょっとだけ疲れました。今夜は晩酌をやりながら、テレビの前でうたた寝をしてしまうかも知れないです。


newtakedamaru at 11:26コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月16日

4月15日、土曜日、中潮、晴れのち雨。

今日は午後から雨の予報、それはないだろうと思うほど素晴しい青空が広がっていました。午後になっても少し雲が出た程度で、雨の気配はまったくありませんでした。しかし、夜になるとしっかりした雨脚で予報通り雨が降り出して来ました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った阿南高専の藤山君と山田君と湯浅君の三人はルアー、午前10時までの釣行で40−45cmのスズキを三人で二匹。同所に渡った北島町の筒井君は沖アミのふかせ釣り、県釣り連名報道部に所属して木曜日の徳島新聞さんの釣り便り担当(掲載日は土曜日)、唯一のアタリをバラシてしまったとの事で、船頭さんが休業するまでにリベンジに来ますと帰って行きました。同所に渡った前川さん一行三人も同釣り、負の連鎖と言うのか一人がバラすと、同行の森さんと青山さんまでバラシてしまったとの事でした。同所に渡った町田さんと北島町の矢車さんも同釣り、町田さんが釣った45cmの黒ダイを矢車さんが血抜き〆をしたまでは良かったのですが、血を洗い流そうと再び海に浸けたら、ストリンガーから外れて沈んでしまったとの事でした。同所に渡った島田さんも同釣り、三番船で渡り昼までの釣行で40cmの黒ダイを一匹。

三本に渡った山本君も同釣り、自己記録を更新したと思ったが50.7cmで1mm足りなかったそうです。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、30−47cmの黒ダイを六匹とバラシが四回。同所に渡った鳴門市の犬伏さんも同釣り30−47cmの黒ダイを二匹。

赤灯台に渡った美馬市の作昌さんも同釣りで40cmの黒ダイを一匹、同所に渡った同町の中内さんも同釣りで45cmの黒ダイを一匹。同所に渡った石原さんは探り釣り、リリースサイズが多く持ち帰ったのは17−22cmのガシラを二十匹。同行の湯浅さんは中央に渡り同じく探り釣り、25cmのグレを一匹と15−27cmのガシラを三十匹。

ここ最近ズボンのウエストがきつくなって来たので、体重を測定すると83.2kgになっていました。こりゃいかんと思いダイエット一週間目で80.8Kg、この調子で頑張れば一ヶ月後には70kgも夢ではありません。とは言っても、現実はそう甘いものではないでしょうね。


newtakedamaru at 09:21コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月15日

4月14日、金曜日、中潮、晴れ。

春の交通安全期間中と言う事で、朝早くからしらさぎ大橋ではスピード違反の取り締まりが行われていました。走行車線が鳴門方向での取り締まりだったので、市内に向かって走る船頭さんは難を逃れる事が出来ました。安全週間でなくても、常に安全運転を心がけるようにして下さい。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った石井町の鴻野君はルアーで45cmのマゴチを一匹、中央付近で60cmのヒラメ水面まで浮かせたもののハリ外れでバラシてしまったとの事でした。同所に渡った滝口さんは沖アミのふかせ釣りで48cmの黒ダイを一匹、石井町の坂東君も同釣りで35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った藍住町の篠原さんも同釣り、35cmの黒ダイを一匹とワカメもエサバケツに満タンとの事です。

中央と赤灯台の中間に渡った林君も同釣り、43−47cmの黒ダイを二匹とハリ外れのバラシが三回。同行の土成町の岡田さんも同釣り、37cmの黒ダイを一匹と35cmのアイナメを一匹。同所に渡った羽ノ浦町の西さんも同釣り、35cm前後の黒ダイを二匹とバラシが一回。

赤灯台に渡った四人も沖アミのふかせ釣り、三人が一回ずつのバラシで一人は30cmのアイナメを一匹。

今日、国交省に工事の開始日の問い合わせをしました。週明けにも連絡を貰えると思うので、連絡が来しだいブログで報告が出来ると思っています。連休中に黒岩さんが来てくれるとコメントを頂いているのですが、小泉君からも連休中に何人か大阪からやって来ると電話を貰いました。先日の徳島黒ダイ人の集まりでは、今年の落とし込み釣り大会は中止で調整となりました。

大阪の主だったメンバーが揃うのなら、浜で焼き肉でもしながらもう一度、今後の話しをするのもいいかなっとも思っています。もし良かったら、小泉に連絡して日程を合せて貰えたらと思っています。


newtakedamaru at 11:25コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月14日

4月13日、木曜日、中潮、晴れ。

昨日の強風で、満開となっていた桜の花の多くが散ってしまいました。まさに花の命は短く、恋せよ乙女と言ったところでしょうか。さて本日の釣果ですが、昼前後に南東の風が一時強く吹いたものの、まずまずの釣り日和だったのではと思います。

コーナーに渡った南あわじ市の前川さんはルアーでスズキ狙い、前回は大小十三匹のスズキを釣ったが今日は40cmを一匹との事でした。同所に渡った鳴門市の河野さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で唯一のアタリが42cmの黒ダイ一匹。同所に渡った鴨島町の木村さんも同釣り、40cmの黒ダイを一匹とワカメをビニール袋に五袋。

中央と赤灯台の中間に渡った斉藤さんも同釣りで30−35cmの黒ダイを三匹、同行の梅田さんは同釣りで40cmの黒ダイを一匹。同所に渡った天羽さんも同釣り、昼までの釣行で35cmの黒ダイを一匹だったそうです。

赤灯台に渡った中川さんも同釣りで36−42cmの黒ダイを五匹、同行のオヤジさんは探り釣りで20cm前後のガシラを三十匹と35cmのキジハタを一匹。

今日は県釣り連名報道部の阿部さんがやって来て、5月中に一度タケダ丸の利用客全員で釣り大会をしませんかと提案がありました。長年、徳島新聞さんの「釣り便り」に情報を提供してくれたと言う事で、何かしらお礼をしたいとの申し出でした。

休業前にお別れ釣り大会も悪い話しではなく、早急に日にちを決めると言う事になりました。決まれば船頭さんのブログと、阿部さんの方からも何らかの方法で発表があると思います。


newtakedamaru at 09:12コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月13日

4月12日、水曜日、大潮、晴れ。

今日は天気が回復したものの、風が強いと言う事で釣り客は一人も居ませんでした。20年前なら考えられない事で、黒ダイが釣れている期間中は雨が降ろうが風が吹こうが、たとえ嵐がこようとも釣り客が居ない日はありませんでした。

最近では気象情報で注意報が出されると、安全を考えて渡しを中止にする渡船業者も多くなっているので、これはこれで仕方のない事ではと思っています。ただ、予報はあくまでも予報しかありません。更に最近では便利な機械に頼って船を操船するので、経験や知識がなくても免許さえあれば船長が出来ます。それが更に進化してAI化が進めば、車社会だけではなく貨物船やフェリーにも応用されるようになるでしょう。そのなるとベテランの船長は必要がなくなり、すべてを機械がやってくれるようになる筈です。

船頭さんもベテランと呼ばれる域に達する寸前での休業、それもこの度はどうしようもない事になってしまいました。後何日、船頭さんの本日の釣果を続けられるかはわかりませんが、最後までお付き合いを願えたら嬉しいと思っています。


newtakedamaru at 10:27コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年04月12日

4月11日、火曜日、大潮、雨のち曇り一時晴れ。

今日は朝から雨と言う事で釣り客はなく、本日の釣果は残念ながらありません。夕方には雨も上がり一時晴れ間も出たのですが、夜になると西風が非常に強く吹き出して来ました。明日の予報では北西の風が7〜8m、満開の桜も散ってしまうかも知れないです。

そんな今日、氷上の華とも言うべき浅田真央さんが引退表明したのを受け、各テレビ局がこの話題を取り上げていました。14才で世界ジュニア選手権で初優勝してから、GPファイナルや世界選手権など数多くの優勝を重ねた彼女ですが、オリンピックでは銀メダルで終わったのが悔やまれます。26才と言う若さでの引退、少し早すぎるのではと思いますが、今後はプロスケーターとして活動して行く見通しだそうです。

頭さんも来月中には長年やって来た渡船業に幕を下し、暫くの間休業をしなければならなくなっています。トップアスリートのような華々し引退会見はありませんが、5月中に休業の日が決まると思います。再開の方は工事予定が二年半となっているとの事ですが、工期が遅れる場合もあるのでハッキリとはしません。後一ヶ月あるかないか、名残惜し人は今の内に一文字に足を運んで頂ければと思います。


newtakedamaru at 08:08コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年04月11日

4月10日、月曜日、大潮、曇りのち雨。
先週はついうっかりと、潮回りを小潮のままで本日の釣果をアップし続けてしまいました。お気付きの皆さんも多かったのではと思いますが、ご勘弁のほどをと思っています。

10日の今日からが大潮、昨日と土曜日が中潮、7日の金曜日が若潮で6日の木曜日は長潮でした。なぜ潮にこだわるかと言えば、大潮なら昼が干潮で朝夕が満潮になります。小潮ならその逆で、朝夕が干潮で昼が満潮になります。釣り場によっては満ち潮が良かったり、引き潮の方が良く釣れるポイントであったりと、潮によっては釣果を大きく左右しかねません。また、潮干狩やワカメを刈りに行ってもそうで、潮が引いてない時間帯はなんにも出来ません。それから、人が生まれる時は満ち潮で、死ぬ時は引き潮とじいさんばあさんから聞かされた事もあります。まぁそう言う事で、魚釣りをしない人でも知っておいて損はないと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った南あわじ市の前川さんはルアー、35−45cmのスズキ十二匹はリリースして75cm一匹だけを残したそうです。

白灯台に渡った浜さんは今日もルアー、昨日の正体不明魚を狙ったが35−45cmのスズキを二匹との事でした。

中央と赤灯台の中間に渡った桜田さんは沖アミのふかせ釣り、24cmのアイナメを一匹と四回のバラシがあったそうです。同所に渡った松茂町の山村さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを四匹とハリ外れのバラシが二回。

二番船で赤灯台に渡った藤原さんも同釣り、桜田さん同様に二回のバラシで黒ダイの顔を見る事は出来なかったとのことです。

今日も日差しがなく午後からは雨、風が冷たく肌寒い一日でした。冬物の衣装を片付けるのは、もう暫く遅らせた方がいいかも知れないですね。


newtakedamaru at 08:05コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月10日

4月9日、日曜日、中潮、雨のち曇り一時霧。

昨夜はみきちゃんの家で同級生の岡久と飲んでいたので、今朝は阿南からの出勤となりました。みきちゃんの家の玄関を出ると、なんと霧でほとんど視界がきかない状態でした。走り馴れた道も別世界を走っているようで、信号機も近くに行くまで赤か青かがわからないほどでした。一番船を出すのと同時に雨が少しの間だけ降り、雨が上り風が出るとその霧も晴れて行きました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った浜さんはルアーで55cmのマゴチを一匹、白灯台の先端では正体不明の大物がヒットしたが一瞬でPラインを切られてしまったそうです。同行の戎谷君も同釣りと言う事でしたが、アタリはあるのにハリ掛りしなかったとの事です。

同所に渡った横尾さんも同釣りで50−55cmのスズキを二匹、七條君も同釣りで50cmのスズキを一匹。同所に渡った藍住町の多田さんは探り釣り、雨具を持ってなかったので二番船で帰る事にしたが、それでも24cmのアイナメを一匹釣ったと言ってました。

同所に渡った滝口さんは沖アミのふかせ釣り、午後3時半まで粘って35cmの黒ダイを一匹との事でした。同所に渡った山出君も同釣り、同行のメンバーがボウズの中で48cmの黒ダイを一匹。同所から少し白灯台寄りにに渡った岩田君も同釣り、カンダイか黒ダイかはわからないが四回のバラシだったそうです。

赤灯台に渡った美馬市の作昌さんは今日も沖アミのふかせ釣り、30−35cmの黒ダイを三匹と二回のバラシ。同所に渡った鳴門市の犬伏さんも同じく同釣り、35−50cmの黒ダイを三匹と二回のバラシだったそうです。

中央に渡った瀧上君も同釣り、35cmの黒ダイを一匹と作昌さんに三匹の黒ダイを貰い四匹になったそうです。

桜がほぼ満開の中央公園に、飲み仲間と夜桜見物に行って来ました。夜は少し冷えたものの、満開の桜の下での宴会は最高でした。週末が雨との予報だったので、今年は見物を諦めていたので尚更です。しかし、二日続けての飲み会はちょっと身体にこたえます。


newtakedamaru at 09:46コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月09日

4月8日、土曜日、小潮、濃霧一時雨。

視界がまったくありませんでした。肉眼で見渡せるのはおよそ150m、肉眼で航行するかGPSに頼るか迷うところです。とりあえず目視で出船して、新町川を横切るようにして対岸を目ざします。次は木材団地の角を右に曲がりジャンボの角に、そして一文字のコーナーではなく三本辺りを目指すように進みます。

すると、ほぼ間違いなく一文字のどこかに着きます。もし駄目だったら最後の手段、GPSを使えばいいだけの事ですからね。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った七條君はいつものようにルアー、何度かライズする光景が見られたが55cmのスズキを一匹との事でした。同所に渡った前川さんは沖アミのふかせ釣り、40cmぐらいの黒ダイを最初にバラシたのが災いして五回ものバラシ。同行の青山さんも同所で同釣り、10年振りの一文字と言う事でしたが46cmの黒ダイを一匹。

中央から少し赤灯台寄りに渡った田中さんも同釣り、37−50.3cmの黒ダイを二匹。同所に渡った板野町の大岡さんも同釣り、50cmはあるのではと検寸したら49cm。同所と赤灯台の中間に渡った石原さんも同釣り、33−35cmの黒ダイを一匹とバラシが一回。同行の鳴門市の犬伏さんも同釣り、35−38cmの黒ダイを二匹とバラシが一回。

赤灯台に渡った美馬市の作昌さんも同釣り、一投目からアタリがあり30−35cmの黒ダイを四匹とバラシが一回。同所に渡った郡さんは今日も同釣り、33−40cmの黒ダイを五匹とバラシが一回。

今日は終日霧が出ていて、釣り客が全員帰るまで気の抜けない一日でした。朝から夜まで深い霧に包まれると言うのは、今まで一度もなかったのではと思います。このまま風が出なければ、明日まで濃霧が残るのではと思っています。


newtakedamaru at 10:20コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月08日

4月7日、金曜日、小潮、曇り一時雨。

家を出る時は曇り空で道路が少し濡れている程度、それでも今日は車で浜に行く事にしました。雨は上り風も無風状態、もしかしたら何人か釣り客が居るのではと思いました。ですが、残念ながら釣り客は一人も居ませでした。と言う事で、本日の釣果はありませんとなるところでした。

が、稲川さんから10時ごろに行くと電話がありました。するとタイミング良く、その時間に郡さんもやって来て一緒に赤灯台に渡りました。二人とも沖アミのふかせ釣りで、午後3時まで釣ると言う事でした。

さて本日の釣果ですが、稲川さんは35cmの黒ダイを一匹と40cm前後の黒ダイを三匹掛けたまでは良かったが、網入れ前にワカメに絡まって三回ともバラシてしっまたそうです。郡さんも50cmのスズキを一匹と35cmの黒ダイを一匹、足元に潜られるバラシが二回あったとの事でした。

桜の花が咲く頃、決まって天気がグズ着きます。この週末に花見の予定をしていた人も多いと思いますが、せめて一日だけでもスカッと晴れて欲しいですね。


newtakedamaru at 09:19コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月07日

4月6日、木曜日、小潮、曇りのち雨。

今朝は出船前から強い南風が吹いていて、さすがの山ちゃんも日を改めると昨夜の内に電話がありました。今日は仕事が休みの斉中ちゃんは昨夜、街で一緒に飲んでいたのでたぶん家で寝ている筈。藤原さんも山ちゃんと今日の釣りを相談した筈、となると浜に行っても釣り客は居ないと思っていました。

しかし、浜に着くと藍住町の蔭本君が船頭さんが来るのを待っていました。「おはよう」と声をかけると、車からワンカップ大関とエビスビールを出し、「どっちがいいですか?」と言うので両方を貰う事にしました。天候が悪い日に、たった一人だけの為に船を出すと言うのは、大変な上に船頭さんも釣り客が帰るまで浜で待機していなければなりません。そう言う事がわかっているので、彼は彼なりに気を使ったのでしょう。良い子の皆さんは、けっして真似をして下さいね。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った蔭本君はルアーでスズキ狙い、赤灯台までキャスティングしながら移動したが、強風でラインのフケが酷く釣り辛かったそうです。粘っても釣れそうにないので、10時に赤灯台に迎えに来て下さいと電話がありました。

蔭本君の迎えを済ませると船頭さんは、実家に帰りヒウオの台を片付けに行く事にしました。すると、蔭本君も午後の予定はないとの事で、一緒に行って手伝ってくれると言ってくれました。二人で作業をしたので解体は一時間少々、おかげで雨が降り出す前に水洗いと片付けも出来ました。来年もヒウオを取る気でいる母親、来年の事を言うと鬼が笑うと昔の人は言いますが、自分の母親が言うのを見てその通りやなと思いました。そのためには、来年まで元気でいてもらわなければと思っています。


newtakedamaru at 10:45コメント(0)トラックバック(0)ルアーセイゴ 

2017年04月06日

4月5日、水曜日、小潮、晴れのち曇り。

今朝の一番船での会話ですが、中央と赤灯台の中間に渡って短時間勝負をするか、コーナーで夕方まで釣るのとどちらがいいですかとは林君。そりゃ短時間勝負やろうとは船頭さん。この会話でピンと来た人は、よほど釣りに精通した方ではと思います。今日の予報は南の風8m、午前9時には5m近く吹いて来ました。当然の事ながら沖向きのテトラ側での釣りは無理、風裏となる航路側でしか釣りをすることは出来ません。他の人は通常に2時とか3時の迎えを言い、天気が荒れて来るのを気にしている様子はありませんでした。

さて本日の釣果ですが、短時間勝負と意気込んで中央と赤灯台の中間に渡った林君、沖アミのふかせ釣りで午前9時までに35cm前後の黒ダイを三匹。10時には納竿を済ませ、赤灯台に移動して迎えの船を待つ事にしたとのことでした。

赤灯台に渡った吉岡君はルアーで55cmスズキを一匹、林君を迎えた便でコーナーに移動する事に。ところが、二時間ほどで腹が減って来たとかで迎えの要請、白灯台まで往復したらガス欠になってしまったそうです。

吉岡君と林君以外の人には釣果がなく、午後2時に全員が撤収する事になりました。明日も今日と同じぐらい南風が強く吹くそうで、夕方には雨も降り出すとの予報になっています。明日は、本日の釣果がないかも知れないですね。


newtakedamaru at 10:37コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月05日

4月4日、火曜日、小潮、晴れ。

今日はかなり早い時間帯から東の風が吹きだし、黒ダイ釣りには最悪の状態が午後2時過ぎまで続きました。それでも昨日と同様に十人ほどの釣り客が、乗っ込みの黒ダイ狙って一文字に渡りました。

さて本日の釣果ですが、昨日はサイズが少し小さいながらも複数匹の黒ダイが釣れていました。が、なんと今日は中央と赤灯台の中間に渡った松尾さんが、沖アミのふかせ釣りで釣り上げた40cmの黒ダイが唯一の一匹となりました。ほとんどの釣り人が風裏に釣り座を構える中、風に向かってテトラ側で釣り続けたとの事です。

午後2時過ぎにそれまで強かった風が緩んで来た時、大望のアタリがあり我慢した甲斐があったと言ってました。風の影響か黒ダイの産卵が間近に迫っているのか、釣れる黒ダイの型が小さいのは要注意です。

産卵が始まれば、乗っ込みの黒ダイシーズンも修了となります。


newtakedamaru at 10:28コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月04日

4月3日、月曜日、中潮、晴れ。

旧暦の3月3日を過ぎたと言う事で、渡船乗り場近くに一本の桃の木があるのですが、今まさにピンク色の花ビラを満開にして咲き誇っています。釣り客も春の陽気に誘われるように増え出し、後は天候しだいと言ったところでしょうか。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った湯浅君と小松島市の山田君はルアー、アタリは何度かあったそうだが55cmのスズキを二人で一匹。

赤灯台に渡った松茂町の山村さんは沖アミのふかせ釣り、28cmの黒ダイを一匹でリリースと思ったが塩焼きにする事にしたそうです。同所に渡った浜本さんも同釣りで28cmの黒ダイを一匹、同じく北島町の国安さんは30cmの黒ダイを一匹。同所と中央の中間に渡った岩田君も同釣り、昼までの釣行で27−30cmの黒ダイ二匹だったそうです。

昼前に東の風が強く吹き出したので、ほとんどの釣り客が昼の迎えで引き揚げて帰って行きました。コーナーに三人の釣り客が残り、午後3時まで粘ったがこちらでは黒ダイは釣れなかったとの事でした。

秋口と春先は、突然と言ってよい程まれに突風が吹く日があります。桜の花が咲きだす今頃も、気節の変わり目と言う事で要注意です。


newtakedamaru at 08:41コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年04月03日

4月2日、日曜日、中潮、晴れ。

やっと桜が咲きました。大神子の山に二本と小神子にも数本、咲いているのが確認できます。そして西の方角の山頂を見ると雪、温暖な徳島ではめったにお目に掛かれる光景ではありません。市内の桜も明日、明後日と次々に咲いて行くと思うと、何となく心がウキウキして来ます。今週の末は、花見の予定をしている人も多いのではと思います。

さて本日の釣果ですが、昨日が雨で少なかったのと逆に、今日は晴天に恵まれ釣り客は多かったです。

コーナーに渡った山川町の桧さんは沖アミのふかせ釣り、48cmの黒ダイを一匹と50cmオーバーの黒ダイのバラシが一回。同所に渡った同町の北谷君も同釣り、午後4時まで粘って48cmの黒ダイを一匹。同所に渡った田中さんと出口さんと田村さんは探り釣り、三人合せて20cm前後のガシラを二十四匹だったそうです。同所に渡った横尾さんは今日もルアー、50−58cmのスズキを三匹との事でした。同所に渡った七條君も同釣りで50cmのスズキを一匹、同行の藍住町の蔭本君はアタリがなかったそうです。

赤灯台に渡った吉岡君も同釣り、渡った早々に50cmのスズキ一匹釣ったがその後はアタリがなかったと言ってました。

中央に渡った藍住町の河内さんは沖アミのふかせ釣り、35−40cmの黒ダイを午後2時までの釣行で三匹。同所に渡った萩尾さんと坂東君と金松君も同釣り、三人とも仲良く40cm前後の黒ダイを二匹ずつ。

同所と赤灯台の中間に渡った張君も同釣り、昼までの釣行で38cmの黒ダイを一匹。同所に渡った多田君と鴨島町の中西君も同釣り、多田君が35−45cmの黒ダイを五匹で中西君は35−40cmの黒ダイを二匹。

赤灯台に渡った美馬市の作昌さんも同釣り、35−45cmの黒ダイを昼までの釣行で二匹。同所に渡った長谷部さんも同釣りで33−43cmの黒ダイを三匹、仁志さんも同釣りで33cmの黒ダイを一匹、鳴門市の犬伏さんも同釣りで38cmの黒ダイを一匹。同所に渡った石原さんは探り釣り、15−25cmのガシラを四十五匹と20−25cmのメバルを二匹。

今日は久し振りに釣り客が多かったので、全員に釣果を聞く事が出来ませんでした。4月になって早々、黒ダイの活性も良くなり連日のように複数匹釣れ出しました。明日も晴れで今日よりも気温が上がるそうなので、多くの人に黒ダイを釣りに来て欲しいと思っています。


newtakedamaru at 10:18コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月02日

4月1日、土曜日、中潮、雨のち晴れ。

今日から4月と言う事でしたが、昨日からの雨が残るスタートとなりました。さすがに雨が降っているとなると、土曜日といえども釣り客は少なかったです。それにやたら冷え込むと思っていたら、雲の切れ間から見える山並みがなんと、山頂ではうっすらと雪化粧をしているではありませんか。これを名残り雪と言うのではと思いますが、もしも例年通りに桜の花が咲いていたら、花見酒と雪見酒が同時に出来た筈。なんて思うと、今夜の晩酌は日本酒に決りですね。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った鴨島町の小泉さんは沖アミのふかせ釣り、30cmを二匹に33cmと38cmの黒ダイを一匹ずつ。同行の脇町の台越さんも同所で同釣り、黒ダイは一匹でしたが48cmあったとの事です。同所に渡った鳴門市の犬伏さんも同釣り、33cmの黒ダイが一匹釣れたので予定を早め昼までの釣行となりました。

中央から少し赤灯台寄りに渡った藤川さんも同釣り、午後4時までの釣行で35cmから52cmまでの黒ダイを十匹。

赤灯台に渡った持山さんは探り釣り、コーナーまで釣り歩いたが20cm前後のガシラを五匹、波ウネリがあり非常手に釣り辛かったとの事でした。

今夜は吉岡君達とメバル釣りに行く予定だったのですが、ウネリが夕方になっても治まらないので中止する事にしました。潮回りは今日か明日が最高に良いのでが、こんな日は無理をしてもメバルは釣れません。美味しい日本酒と肴を頂いて、雪見酒と言うのも洒落て良いのではと思いますよ。


newtakedamaru at 09:06コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年04月01日

3月31日、金曜日、中潮、曇りのち雨。

今日で3月も終わり、明日からは春爛漫の4月となります。そんな今日、先先週に送別会をした飲み友達がお礼に来てくれました。今日で徳島の仕事が終わり、引っ越しの用意が出来しだい大阪の現場に向かうそうです。飲み友達もブログを見て、休業の間の心配をしてくれていました。国交省さんから休業補償や営業補償の提示はなく、その間は仕事を探すか何かをしなければなりません。昔なら60才を過ぎると年金が貰えるのに、船頭さんの世代では65才になるまでその年金も貰えません。この年になっての失業、お先真っ暗と言ったところでしょうか。

さて本日の釣果ですが、今日の釣り客は横尾さん一人だけでした。コーナーに渡った横尾さんは今日はルアーでスズキ狙い、十回ほどアタリがあったとの事でしたが40cm級がほとんどだったそうで、持ち帰って来たのは65cmのスズキを一匹だけでした。

この度、多くの人にご心配をして頂き、今日も関連の倉田さんから電話がありました。先日もブログのコメントに書き込みを頂いた黒岩さんに、電話で交渉の経緯を説明したところです。

船頭さんのように一個人では、組合組織のような団体とでは行政の対応も天と地の差があります。このような事態をひっくり返す事が出来るのは、行政の長たる人の任命権を持つ〇〇の口ききしかないと思います。しかし、そうして頼んで行くのが決して正しい事だとは思いませんがね。


newtakedamaru at 08:57コメント(0)トラックバック(0)ルアーセイゴ 

2017年03月31日

3月30日、木曜日、中潮、雨のち曇りのち晴れ。

今日は母親が大学病院への通院日と言う事で、送り迎えを頼まれていました。予報では午後から雨になっていたので、釣り客はそう多くはなくちょうどいいかなっと思っていました。が、雨が降ったのは早朝だけで、その後は晴れて釣り日和となりました。普段の木曜日ならこの時期の釣り客は二〜三人、それが今日に限って四番船まで出す事になりました。それでも釣り客の皆さんに理解があり、お母さんの方を優先してと言ってくれたので、バスの時間に遅れる事なく送り迎えをすることが出来ました。

さて本日の釣果ですが中央に渡った石川さん親子は探り釣り、赤灯台まで釣り歩いて17−22cmのガシラを二十三匹と22cm前後のメバルとベラを一匹ずつ。

赤灯台に渡った藍住町の篠原さんは沖アミのふかせ釣り、35cm前後を二匹と45cmの黒ダイを一匹との事でした。

コーナーに渡った横尾さんは今日も沖アミのふかせ釣り、45cmの黒ダイを渡った早々に一匹釣ったものの、午後3時まで粘ったが帰るまでアタリはなかったそうです。同所に渡った石井町の原さんも同釣りで30cmの黒ダイを一匹、同所に渡った鳴門市の松浦さんも同釣りで35cmの黒ダイを一匹。

鴨島町の木村さんと藤井さんの二人も同所で同釣り、黒ダイをそっちのけでワカメを刈っていました。春の潮は大潮が終わっても良く引くので、ここ二〜三日はワカメを刈るのにいいかも知れないですね。


newtakedamaru at 10:49コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年03月30日

3月29日、水曜日、大潮、曇りのち晴れ。

今日はTFCの月例会と言う事でコーナーに二人、中央に二人と赤灯台に一人が渡りました。

全員が沖アミのふかせ釣りで、黒ダイ一匹の最長寸はコーナーに渡った品川さんの48cm、優勝は共に二匹ずつの黒ダイを釣り上げた林君と岡田会長が競う事になりました。

こちらの勝負の行方は徳島新聞さんの、釣り便りに掲載されるのではと思います。

それ以外の本日の釣果ですが、コーナーに渡った石井町の坂東君も沖アミのふかせ釣り、午後2時までの釣行で33cmの黒ダイを一匹。

赤灯台に渡った中川さん親子も同釣り、中川さんが33cmの黒ダイを一匹でオヤジさんはアタリがなかったそうです。

コーナーに渡った浜さんルアーでスズキ狙い、三匹のスズキを釣ったが40cm前後と言う事で三匹ともリリース。

2月から国交省さんと埋め立て工事による立ち退き交渉が始まり、先日は県港湾課とも話し合いが持たれたのですが決着しませんでした。今日、港の管理を県から委託されている渭東漁協されとも、県の担当者と一緒に一部を借りられない相談に行ったのですが、組合長の話ではちょっと難しいとの事でした。吉野川河口に建設中の橋脚まで、工事関係者の送り迎えをする船が使用していて、余分なスペースがないとの事でした。それ以外の場所となると、港湾課の方で一般に貸せるのは県チョピアだけとの事で、駐車場の問題もあるのでこちらは諦めざるを得ません。

と言う事で、工事が完成するまでの二年半は休業するしかなくなってしまいました。5月に工事が始まる時点で、残念ながら休業となるので了承頂きたいと思います。

img1

newtakedamaru at 09:33コメント(1)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年03月29日

3月28日、火曜日、大潮、晴れ。

今日はやっと春らしい陽気になり、後は桜の開花を待つばかりとなりました。今週末は無理かも知れないので、来週末にでも花見をしたいと思っています。参加希望者は船頭さんまでと思っていますので、宜しくです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った横尾さんは沖アミのふかせ釣りで43、45、48cmと三匹の黒ダイを釣っていました。しかし、自分以外にはコーナーに釣り客はなく、釣り上げた魚を貰ってもらえる人が誰も居ないと言う事で、三匹とも黒ダイはリリースして来たとの事でした。雨による影響で水温の低下を心配したのですが、横尾さんが黒ダイを釣り上げていたので良かったです。

そんな今日の午前中、徳島市万代町にある海運局に行って来ました。今年から海保(海上保安庁)さんに委託された仕事をするのに、不定期航路の申請をするように言われていました。フェリーや貨物船の定期航路と言うのは知ってましたが、不定期航路と言うのは初めての事です。担当者の説明では、船頭さんのような渡船や遊漁船業者には必要ないそうです。が、遊覧船や決められた場所間の荷物や人員の輸送には、定期・不定期航路の許可が必要になって来るそうです。

船舶や航空機の事故は、重大な事故に繋がり兼ねないので、厳しい法律で縛られているとも言ってました。世の中、まだまだ船舶さんが知らない事は沢山あるようですね。


newtakedamaru at 09:10コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年03月28日

3月27日、月曜日、大潮、晴れのち雨。

今日の新聞のトップニュースは、横綱「稀勢の里」の優勝でした。12勝2敗で迎えた千秋楽、13勝1敗の大関照ノ富士との本割り対戦で勝ち、優勝決定戦でも勝ち新横綱として初優勝を成し遂げました。十二日目の日馬富士戦で負傷したにも関わらず、欠場することなく横綱として十五間、相撲を取り続けたのは立派だったのではと思います。また、対する大関も古傷の膝を痛めていて、歩くのもままならぬ状態での千秋楽決戦に臨んだとの事で、多くの相撲ファンに感動を与えた名勝負だったのではなかったでしょうか。

さて本日の釣果ですが、今日は何のドラマチックな感動もありませんでした。

赤灯台に渡った鴨島町の木村さんは沖アミのふかせ釣り、午後2時までの釣行でただの一回もウキが沈む事はなかったとの事でした。

コーナーに渡った岩田君と民さんも同釣り、二人とも正午と午後2時までの釣行と言う事でしたが、木村さん同様に何のアタリもなかったそうです。同所に渡った湯浅君と阿南市の小島君と小松島市の山田君の三人はルアー、三人も同じくアタリなしのボウズだったと言ってました。

原因の一つとして考えられるのが、昨夜から未明に掛けての雨です。今日の一文字周辺は雨によると思われる濁り水が出ていて、水温が下がった可能性を否定する事は出来ません。水温が上昇傾向にある今、水温の低下は決定的なダメージとなる事は間違いありません。回復には二〜三日を要するかも知れず、明日以降の本日の釣果が気掛かりです。

それと湯浅君達を徳島大学釣り同好会と、二回ほどのブログに書いたのですが、彼らは阿南高専の学生さんと言う事で船頭さんの勘違いでした。訂正してお詫び致します。


newtakedamaru at 08:34コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年03月27日

3月26日、日曜日、大潮、曇りのち雨。

今日は徳島マラソンと言う事で、コースとなる沿道は朝早くから交通規制が行われていました。昨夜は同級生の集りに顔を出した福谷も、今日のマラソンにエントリーしていると言ってました。この日、たった一日で、徳島県はエントリー料として一億円以上を稼ぎ、釣り客が十人ほどの船頭さんとしては羨ましい限りです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った横尾さんはルアーでスズキを三匹、35cmはリリースして50−60cmを二匹キープしたそうです。同所に渡った戎谷君もルアー、60cmのスズキを一匹と横尾さんに一匹もらったとの事でした。同所に渡った北島町の山口君は探り釣り、航路側を白灯台まで釣り歩いて20cm前後のガシラを二十匹。同所に渡った長谷部さんは沖アミのふかせ釣り、雨が降り出したので2時までの釣行で40−42cmの黒ダイを二匹。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、今日はバラシなしで35−40cmの黒ダイを四匹。

赤灯台に渡った張君も同釣りで40cmの黒ダイを一匹、同じく美馬市の作昌さんも同釣りでバラシが二回、同じく松茂町の山村さんもバラシが一回との事でした。同所に渡った七條君はルアーで60−65cmのスズキを二匹、同行の藍住町の蔭本君は同釣りでバラシが一回。

今日も曇り空で午後からは雨、気温も平年を下回って肌寒い日が続いています。週明けにメバル釣りに行こうと思っている船頭さんですが、寒いのは苦手なのでどうしようか迷っています。


newtakedamaru at 08:00コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ