2017年02月20日

2月19日、日曜日、小潮、晴れ。

今日も昼過ぎに母親から電話、また何かあったのかと思ったのですがそうではありませんでした。実は昨日、直しに行ったついでに台を少し改良して来ました。竿受けの位置を少し下にずらして、引き上げる時の負荷が下になるようにして見ました。するとテコの応用と言いますか、四つ手網を上げるのが軽くなり今日は沢山獲れたと上機嫌でした。釣り客が少ない今だから出来る事で、シーズン中ならとてもじゃないですが無理です。

さて本日の釣果ですがコーナーに渡った松茂町の斉中さんは落とし込み釣り、三本の横で49cmの黒ダイをカニのエサで一匹。

中央に渡った田中さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で32−38cmの黒ダイを二匹。

赤灯台に渡った張君も同釣り、午後2時までの釣行で40cmの黒ダイを一匹。

金曜日に近畿から関東にかけてと、九州の北部や四国の一部で春一番が吹きました。が、徳島市内ではまだ吹いていません。明日は午後から雨の予報、風も強くなるそうなのでもしかしたら春一番になるかも知れないですね。


newtakedamaru at 09:00コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2017年02月19日

2月18日、土曜日、小潮、曇りのち晴れ。

何と人使いの荒い母親でしょうか。昨日、西川さんや岡久に手伝って貰って完成させたヒウオの台に、不具合が発生したから直しに来いと昼前に電話がありました。今日は土曜日と言う事で、少ないながらも釣り客を送っているので無理だと言うと、散々と悪態の言い放題です。息子ながら、この人の親の顔を見てみたいと思ってしまいました。とは言っても、この人の親は船頭さんのじいちゃんばあちゃんなのですよね考えてみたら。午後2時に釣り客全員が帰ったので、仕方なくバイクで椿まで直しに帰る事にしました。浜を出る前に岡久に電話をすると、暇してるので一緒に行くと言ってくれました。美樹ちゃんの家までバイクで行き、そこから車で美樹ちゃんも一緒に行く事になりました。

日暮れまでに何とか直す事が出来、母親の機嫌も良くなってやれやれでした。母親から今日獲れたと言うヒウオ渡され、美樹ちゃんの家で天ぷらにしました。それ以外にも、船頭さんの肴になる筈だったキンメダイの煮付けとヨコの刺身をしていると、福谷がゴチになりますとやって来ました。まぁ、何だかんだと言いながらも母親のおかげで、今年の初物のヒウオを頂く事が出来きました。最高に美味しいかったです。

さて本日の釣果ですが、今日は沖アミのふかせ釣り客が五人と探り釣り客が一人でした。コーナーに渡った美馬市の作昌さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行でバラシが一回だったそうです。同所に渡った岩田君も同釣り、昼前に計った水温が12度あったそうだがアタリはなかったとの事でした。同所に渡った小泉さんも同釣り、昼までの釣行予定を2時まで延長したが黒ダイは釣れなかったそうです。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、午後2時までの釣行で35−37cmの黒ダイを二匹と言う事でした。赤灯台に渡った脇町の片山さんも同釣り、同じく2時までの釣行でしたがアタリはなしだったそうです。同所に渡った板野町の井口君は探り釣り、コーナーまで釣り歩いて18cmのメバルを一匹と17−22cmのガシラを十五匹。

10度以上の水温であれば、沖アミで黒ダイはまだまだ十分釣れるのではと思います。それなりの結果を出すには、もう少し釣り客が多くなって欲しいですね。


newtakedamaru at 10:19コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年02月18日

2月17日、金曜日、小潮、曇り時々晴れ一時雨。

今日は釣り客が一人いたのですが、黒ダイは釣れなかったとの事で本日の釣果はありません。

心配していた雨も夕方まで持ち、午後から実家に帰りヒウオの台を作って来ました。同級生の岡久が帰って来ていると言う事で、西川さんと三人で四時間ほどで完成させました。

昨年の夏に人口関節の手術をしたので、今年はヒウオ漁をてっきり休むと思ってたのですがね。普段は腰が痛くて歩けないからと言って、駅から大学病院までの送り迎えをさせているのにですよ。そんな腰で四つ手網を上げるのは痛くないと言う、誰が聞いても可笑しいと思いすよね。まぁこれで4月の上旬までは腰が痛いとか、足が痛いとか言わず機嫌がいいのではと思います。


newtakedamaru at 08:51コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月17日

2月16日、木曜日、中潮、晴れのち曇り。

韓国の宮廷ドラマを見ているような一両日の出来事、次期王になる兄が政敵となる前に幼い弟を殺してしまうのが筋書きです。が、今回はドラマとは逆で王となった弟が、兄を殺すと言う結末になってしまいました。真相や死因の公表はまだありませんが、北朝鮮の工作員の関与が疑われています。殺害されたのは故金正日北朝鮮総書記の長男である金正男氏、暗殺を命じたのが後継者となった三男の金正恩氏とマスコミ発表はなっています。身内や前政権のトップをことごとくを粛清している原状では、日本人拉致被害者の救済は難しいのではと考えられます。弾道ミサイルの発射成功など、暴走化する北朝鮮に対する抑止力は武力以外にはないような気もします。

さて本日の釣果ですが、今日の一番船は松茂町の山村さんと北島町の国安さん、二番船で藤原さんの三人でした。

三人とも中央と赤灯台の中間に渡り、沖アミのふかせ釣りで昼までの釣行でした。山村さんは25cmのアイナメを一匹、国安さんは35cmの黒ダイを一匹とバラシが一回、藤原さんはバラシが一回との事でした。

早朝の冷え込みは厳しかったですが、日中は穏やかで釣り日和でした。明日は午後から雨の予報、釣り客がなければヒウオの台を作りに行くつもりです。


newtakedamaru at 10:02コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月16日

2月15日、水曜日、中潮、晴れ。

今日の一番船は昨日に予約のあった藍住町の株田さん一人、二番船では板野町の岩田さんが一文字に渡りました。天気の方はまずまずと言う事で、もう少し釣り客が多いのではと思っていました。まぁそれだけ、寒のシーズーの黒ダイ釣りに人気がないと言う事なんでしょうね。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った株田さんは沖アミのふかせ釣り、午後2時までの釣行予定を一時間延長したが何のアタリもなかったそうです。赤灯台に渡った岩田さんも同釣り、午後3時までの釣行でハリス切れのバラシが二回との事でした。

立春を過ぎ暦の上では春を迎えた訳ですが、海辺では早くも春が訪れているようです。今日、母親から椿川の春の風物詩でもあるヒウオ(シロウオ)漁が、数日前から始まったと電話がありました。早く帰って来てヒウオ漁の台を作れと言う催促、釣り客がなければ明日にでも帰って作る事にしたいと思っています。


newtakedamaru at 09:12コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月15日

2月14日、火曜日、中潮、雨のち曇りのち晴れ。

昨夜の雨とは別物か、朝方に少し雨が降っていました。雨量は大した事はなく、道路が少し濡れていた程度でした。午後からは晴れ間も覗いたものの、今日は釣り客は一人もなく本日の釣果はありません。

今夜の肴を買いに中洲市場のまるよし鮮魚に向かう道、警備員を雇い駐車場の整理をしていた店がありました。そんな話をしていると、今日はバレンタインデーだと教えてくれました。船頭さんも暫く街はご無沙汰しているので、今年はチョコを誰からも貰わず仕舞いです。義理チョコを貰ってそれなりのお返しをするのなら、貰わない方がいいなどと言うのは、貰えない人の負け惜しみと取られても仕方がありません。そんな義理チョコのお返しに困っても、くれぐれも万引きなどはしないようにして下さい。お店の方も有効な手立てがないと言う事で、最近は防犯カメラの画像をネットに流すと言う、荒っぽい手段を取り出して問題視されています。今のところはモザイクなどで顔が分からないようにしていますが、それでも効果がなければモザイクを外されるかも知れないです。一生懸命に働いてお金を稼ぎ、ホワイトデーにはお姉ちゃんに義理チョコのお返しをしましょう。


newtakedamaru at 10:17コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月14日

2月13日、月曜日、大潮、晴れのち夜一時雨。

寒い日の朝、ホットコーヒーか熱燗か焚き火のいずれかを選べと言われたらどうしますか。どれも捨てがたいが、船頭さんなら焚き火を選びますね。今朝もバイクで浜に向かう同中、耳が冷たさを通り越して痛さを覚えました。浜に着くと山ちゃんが新聞紙を丸めて、火をつけようとしていた所でした。段取りの悪さに文句を言ったのですが、山ちゃんもちょっと前に着いた所だとの事でした。暫く二人で焚き火にあたっていたのですが、他に誰も来る様子もなく7時半に出船する事にしました。

コーナーか赤灯台かと言う事になったのですが、昨日に藤川さんが釣った場所に行くことに決まりました。

さて本日の釣果ですが、中央と赤灯台の中間に渡った山ちゃんこと松茂町の山村さんは、沖アミのふかせ釣りで40−43cmの黒ダイを二匹、ハリ外れとハリス切れのバラシも一回ずつあったそうです。昼までの釣行予定でバラシも含めて四回のアタリ、本命のアタリ以外にもちょくちょくサシエサをかじられていたそうです。

前回、釣って帰った黒ダイは家族や親戚に大好評だったので、今回も姉さんや息子さんにお裾分けをするとの事でした。


newtakedamaru at 09:41コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月13日

2月12日、日曜日、大潮、晴れのち夜一時雨と霙。

今日も定時に浜にやって来ると、釣り客は一人もなく本日の釣果はありませんとなる所でした。7時半に藍住町の陰本君から電話があり、マリンピアでのメバル釣りが終わったので、ワンカップ大関とおにぎりを持って行きますとの事でした。焚き火にあたりながらワンカップを飲んでいたら、藤川さんから8時半に行きますと電話がありました。到着した藤川さんが森本さんも来るので、ちょっと待ってて下さいとの事でした。

すると陰本君も一緒に渡ると言う事になり、三人で中央と赤灯台の中間に渡りました。その後10時に松茂町の佐々木君がコーナーに渡り、今日の釣り客は四人になりました。

さて本日の釣果ですが、佐々木君は白灯台までの間をルアーで根魚狙い、航路側で60cmのマゴチを浮かせたものの網入れ直前にライン切れでバラシてしまったそうです。陰本君もルアーでメバルとスズキを狙い白灯台と赤灯台の間を往復、それらしきアタリが一回あっただけとの事でした。藤川さんと森本さんは共に沖アミのふかせ釣り、藤川さんは35−45cmの黒ダイを五匹で森本さんはバラシが二回だったそうです。釣り客は四人でしたが、久しぶりに仕事をした気になりました。


newtakedamaru at 12:34コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年02月12日

2月11日、土曜日、大潮、晴れ。

雪は積もってなかったです。風も少し弱まって来ました。でも気温は低く、日中でもかなり冷たく感じられました。予想通り、今日も釣り客はなく本日の釣果はありません。

明日も釣り客がなければ、今週は水曜日に釣り客があっただけとなります。毎日浜にやって来て、一週間で釣り客が四人ではやる気もなくなります。4月までは前日に予約がなければ、休みにしてもいいかなっと考えています。そんな事を思いながら岩丸のエンジンをかけに行くと、セルモーターは虫の息ほどの回転でした。それでも何とかエンジンはかかってくれたので、明日の営業は支障なく出来そうです。さて、明日は本日の釣果があるでしょうか?


newtakedamaru at 08:28コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月11日

2月10日、金曜日、中潮、晴れ時々雪。

今日は風も強く時折ですが雪が舞い、今日も釣り客はなく本日の釣果はありません。今季最強と言われる強い冬型の気圧配置の影響で、日暮れには市内でも屋根に雪を被った車が走っているのを目にしました。このまま深夜まで降り続けば、明日は道路に雪が積もっているかも知れません。

積雪量によっては、明日も明後日も釣り客がない可能性も出て来ました。明日は釣り客がなくても、岩丸のエンジンをかけて置かないとバッテリーが心配です。新しいバッテリーに交換すれば何の問題もないのですが、そう言えば今日はロト7の抽選日です。2月からキャリーオーバーの当選金が八億から十億円、ロト6も四億から六億円に引き上げられています。先週まで当選者が出ていないロト7、キャリーオーバーが八億七千万になっています。今日の帰りに宝くじ売り場に行って、一口買って帰るつもりです。

まず当たる事はないと思いますが、買わなければ絶対に当りません。もし十億円が当たったら、新しいバッテリーが何個買えるのでしょうね。


newtakedamaru at 08:11コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月10日

2月9日、木曜日、中潮、雨のち曇りのち雨。

全国のどこの市町村へでも納税が出来る、ふるさと納税と言うのがあるそうです。今年の1月から徳島市が「ふるさと納税」の返礼品に阿波踊りのポスターを加えたら、市の予想以上の寄付が相次いでいるそうです。金額は1万、5万、10万円で歴代のポスターすべてがもらえる10万円の寄付が多いとの事です。他にも150種類の返礼品が選べるそうなので、お金に余裕のある人は寄付を申し出てはと思います。

さて本日の釣果ですが、今日は予想通り朝から雨と言う事で釣り客は一人も居ませでした。明日は当然の事ながら強い風が予想され、仮に釣り客が居たとしても出船が出来ないかも知れないです。今日は早めに家に帰り、熱燗で一杯やって寝る事にします。


newtakedamaru at 08:38コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月09日

2月8日、水曜日、中潮、晴れ。

昨日、富永さんが近くの取引先まで自転車の部品を取りに来たと、バイクのハンドルカバーを届けてくれました。今日、早速おニューのハンドルカバーに付け替えて見ました(写真)。前回は山ちゃんと匿名希望さんから、写真が雪景色になってるとの指摘がありました。今回は前のガムテープで補修したのと、両方の写真を送っておく事にします。しかし、やはり新品はいいですね。走行中に冷たい風を完全にシャットアウトしてくれるので、昼間なら手袋なしで走っても手は冷たくありません。多少の雨なら手袋も濡れずに済むし、冬のバイクには欠かせない必需品です。

さて本日の釣果ですが、今日は四人の釣り客がありました。コーナーには松茂の山村さんと板野町の高畑さん、赤灯台には中川さん親子がわたり沖アミのふかせ釣りでした。昼までの釣行だった山村さんと高畑さんは、山村さんが40cmの黒ダイを一匹で高畑さんはアタリがなかったとの事でした。午後3時まで釣った中川さんは35−36cmの黒ダイを三匹、オヤジさんはガシラを五匹ほどだったそうです。

明日の天気はくだり坂、早ければ今夜にも雨が降りだして来るそうです。そして雨上りの金曜日は強風、週末の土曜日から日曜日にかけては雪の予報、もしかしたら暫く本日の釣果はないかも知れないです。

DSC_01191DSC_0126DSC_0124

newtakedamaru at 09:22コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月08日

2月7日、火曜日、若潮、晴れ。

昨日ほどではなかったものの、今日も日中は風が強く吹きました。今日も釣り客は一人もなく、本日の釣果はありません。とまぁ、今週も二日続いて本日の釣果のないスタートとなってしまいました。釣り客がないと言う事は、当然のことですが船頭さんには収入がありません。

そんな今日の国会の参考人として、答弁を求められたた文部科学省OBの嶋貫氏、月に二日の勤務で1000万円の報酬を得ていたそうです。同じ二日でも、無収入と1000万円とでは月とスッポン以上の差がある事は明白です。組織ぐるみで天下りを斡旋したとやり玉に上げられている同省ですが、人の噂も何日やらと言われていますので、ほんの暫く辛抱すれば好きな所へまた天下れるようになると思います。天下りを行っているのは霞ヶ関だけではなく、県や市町村でも退職者の再就職の斡旋はやっています。自衛隊も消防も警察も、とにもかくにも退職後にそれぞれが色んな形で再就職、それが日本の公務員の現状なんです。

ただ、退職しても働きたいと言うのは悪い事ではないと思うので、ハローワークなどで就職先を探すようにしてはと思います。そうすれば天下りにはならないと思いますが、そんな器用さを持ってる公務員さんは少ないとも思いますけどね。人のことより自分の心配、明日は釣り客が来てくれるかそっちの方が船頭さんに取っては重要です。


newtakedamaru at 08:34コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月07日

2月6日、月曜日、長潮、晴れのち夜一時雨。

今日は天気も回復して朝から青空、ただ風はそこそこに吹いていました。釣り客はたぶん居ないだろうと思いながら浜にやって来ると、岩田君一人が船頭さんを待っていました。岩田君は土日が仕事になったそうで、今日が代休の休みになったとの事でした。が、スマホで予報を見てみると、この先は更に風が強くなり向きも北に変わりそうなので、今日は諦めて帰りますと言う事になりました。二時間後には岩田君の予感的中となり、向きは北西でしたが10m超の風となって来ました。

船頭さんも朝、家を出る前にガラスマ(ガラ系のスマホ)で天気を確認したら北北西の風12mになっていました。と言う事で、残念ながら本日の釣果はありません。今までなら翌日の天気は、午後6時50分から始まるNHKの天気予報が必見でした。そんな天気予報がスマホを持ってさえいれば、いつでもどこでも見られるのですからね。その上に何とパナソニックなどのグループが、スマホの1000倍の速さでデーターを送くれる送信機を開発したそうです。

ハイビジョン画質の二時間映画を、たった1秒で光ファイバー並に送れるそうです。そうなって来ると、スマホ1台あればテレビもパソコンも必要なくなる時代が来るかも知れません。車の運転や病院での診察はAI(人工知能)が担当して、家事や介護はロボットがすべてやってくれる時代がやって来そうです。そうなると人間は何をするか、仕事すらなくなってしまうかも知れないのですからね。人間でも神の領域とされていた囲碁・将棋ですら人工知能に勝てない、人型ロボットが開発さればスポーツでも勝てないのではと思います。皆で一文字に渡って魚釣りでもしますか?ロボットの船頭さんに送ってもらって。


newtakedamaru at 09:32コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年02月06日

2月5日、日曜日、小潮、雨のち曇り。

今月1日から薬価が半額に引き下げられた薬に、小野薬品工業のオプジーボと言うのがあるそうです。この薬は、皮膚癌や肺癌の治療薬として承認され、更には頭頸部癌や胃癌(承認申請中)、食道癌や肝癌に卵巣癌(臨床試験中)にも応用が期待されているそうです。従来の抗がん剤と違い、一つの薬で様々な癌への治療効果を発揮して、末期癌の患者の腫瘍が完全に消えるそうです。人の免疫細胞であるPD−1と癌が結合すると、癌細胞は免疫細胞からの攻撃を逃れて成長して行くそうです。オプジーボによって癌細胞とPD−1が切り離されると、免疫力が再び活性化されて癌への攻撃力が回復して撲滅となるそうです。ただ、この薬が一人の肺癌患者に対して年3500万円とされる薬価の高さです。半額になったと言っても、100啼り瓶で36万円と高額で、今後は少量でも効果の出る治療法の確立が必要事とされています。

以前、船頭さんのブログでも取上げた事のある、ブレストケアークリニックの院長と徳島大学医学部が共同で研究開発を進めている癌治療薬も、癌細胞が自らブレーキをかけ進行しなくなる画期的な薬と聞いています。こう言った薬の開発が進み、日本人の死亡率一位である癌が21世紀中に克服される事を期待してます。

さて本日の釣果ですが、今日は朝から雨と言う事で釣り客は二人しか居ませでした。赤灯台から少し中央寄りに渡った高松市の中村さんは沖アミのふかせ釣り、先週は50cm弱の黒ダイを二匹釣り上げたが今日はアタリすらなかったそうです。

コーナーに渡った浜さんは投げ釣り、昼までの予定を2時まで延長したがキスを一匹とグチを一匹との事でした。

雨は降っていたものの風はほとんど吹いてなく、冷え込みもそう厳しくはありませんでした。夜明け前に降りだした雨が、昼からだったら釣り客はもう少し多かったのではと思います。明日は天気も回復するので、風が強くなければ何人かの釣り客があるのではと思っています。


newtakedamaru at 08:15コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年02月05日

2月4日、土曜日、小潮、晴れ。

今日は立春、暦の上では今日から春と言う事になります。そうな今日の新聞の社会面には、インフルエンザが全国で警報レベルに達したと言う記事が出ていました。現代の医学や科学を持ってしても、疫病の根絶は容易いなものではありません。それが今も昔も同じであるのなら、平安時代の京の都でもインフルエンザが猛威を震い、人々を苦しめていたのではと思われます。節分で鬼を追い払う豆まき、「鬼は外」「福は内」と得体のしれない外から侵入して来る鬼(インフルエンザ)などを、医学に乏しかった都人が予防の一貫として始めた唯一の方法だったのではと思われます。源頼光の家来として、大江山の酒呑童子を退治し一条橋で鬼の腕を切り落とした渡辺綱、彼は武将にして医学にもある程度精通していたのではと考えられます。何らかの治療法や予防法を人々に教えた事が、鬼退治として現在まで言い伝えられて来たのではと船頭さんは考えています。現代のように外国を自由に往来する事が出来なかった当時でも、大陸からコレラやインフルエンザは毎年のように飛来していたのでしょう。それらを鬼として称しつつ、昔の人々は恐れていたのではと思われます。タミフルなどと言う画期的な治療薬も開発されていますが、やはりインフルエンザにかからないのが一番ではと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った松茂町の山村さんは投げ釣り、15−20cmのキスを昼までの釣行で八匹との事でした。同所周辺での沖アミのふかせ釣りは、今日も黒ダイはまったく釣れなかったそうです。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、30−48cmの黒ダイを五匹とハリ外れのバラシが一回。赤灯台に渡った藍住町の山本君と板野町の井口君兄弟も同釣り、三人とも黒ダイは釣れなかったが井口ニイヤンが探り釣りをして、25cm前後のメバルを二匹と18−22cmのガシラを十二匹。同所に渡った黒島さんはルアー、コーナーまで釣り歩いて60cmのスズキを一匹との事でした。

今日は空気は冷たかったものの、陽ざしは春の暖かさを感じられました。春よ来いと言う童謡がありますが、ぴったりの気節ではないでしょうか。


newtakedamaru at 10:55コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年02月04日

2月3日、金曜日、小潮、晴れ。

今日は節分、そして明日は立春を迎えます。日照時間も少しずつ長くなって来て、後一ヶ月もすれば待ち望んだ春がやって来ます。今日は豆まきやまるかぶりと言った節分の行事を、家庭で行った人も多かったのではと思います。船頭さんも友達の奥さんが作ってくれた巻き寿司を、まるかぶりで頂き今年の無病息災を願掛けました。

さて本日の釣果ですが、三本に渡った板野町の岩田さんは沖アミのふかせ釣り、33cmの黒ダイを一匹で今日の唯一の釣果でした。

コーナーでは二人が一回ずつのバラシで、赤灯台でもバラシが一回あったとの事でした。

一文字に渡る釣り客も新年になってからは少人数ですが、まずまずの釣果と言ってもよいのではと思っています。脂の乗った寒の黒ダイ、皆さんも一度食べて見て下さい。


newtakedamaru at 08:46コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月03日

2月2日、木曜日、中潮、雨のち晴れ。

忘れられる権利と言うのがあるそうですが、船頭さんは始めて見にしました。その権利について最高裁第三小法廷は、本人の訴えを退け削除を認めなかったとの事でした。訴えの内容は児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された男性が、逮捕時の記事が検索サイトGoogleで表示されているのは不当と、削除を求める仮処分を申請している裁判でした。

性犯罪は再犯率が高いと言う事もあるのでしょうが、再犯の可能性が低い場合は一定の期間を経て、凶悪犯罪を除いて削除してもよいのではと船頭さんは思います。決して犯罪者の肩を持つのではなく、更正しようとする人には過去の罪を許してもと思います。ただ、被害者の心情を考えるとそうも言ってられないのも事実です。船頭さんのような凡人が幾ら考えても答は出ませんが、最高裁でそのような判決が出たなら従うのが司法国家と言う事なんでしょうね。

さて本日の釣果ですが、今日の釣り客は東さん兄弟の二人だけでした。赤灯台に渡り沖アミのふかせ釣りで黒ダイ狙い、午後4時までの釣行で黒ダイのアタリは一度もなかったとの事でした。

例年なら、今日は昼までの営業で終わりの予定になっていました。午後から南海フェリーで大阪に行き、一泊してフィシングショウを見学して帰って来るがここ数年来の行事になっていました。が、今年は3月に父親の13回忌があるのと、昨年の12月にも結婚式で三日間休んだりと休む事が続いています。

と言う事で、今年は仕事を優先することにしました。来年は行きたいと思っているので、申し訳ないのですが2月最初の金曜日は休ませて頂きます。


newtakedamaru at 11:48コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月02日

2月1日、水曜日、中潮、晴れのち曇り一時雨。

今日から2月、一年で一番寒い月です。午前中は良く晴れて放射冷却となり、今朝の冷え込みは格別でした。風通しが良くなっているハンドルカバーはほとんど効果がなく、手袋を履いていても手が冷たかったです。浜に着くと脇町の谷口さんが焚き火をしていてくれたので、手と耳を温めてから一番船の出船となりました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台から少し中央寄りに渡った谷口さんは沖アミのふかせ釣り、昼頃にアタリが一回あり釣り上げたのが42cmの黒ダイ一匹。

三本に渡った竹内さんも同釣り、先週はボウズだったとの事でしたが今日は33−38cmの黒ダイを二匹。

コーナーに渡った三人も同釣りでしたが、誰も黒ダイは釣って居ませでした。

今日は中潮と言う事で干潮は午後3時、それなのに大潮並に潮が引いていました。土曜日が立春と言う事なので、これからは昼の干潮の方が夜よりも良く潮が引きます。と言う事なので、春は潮干狩りに適しているのでしょうね。


newtakedamaru at 10:29コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年02月01日

1月31日、火曜日、中潮、晴れ。

新しい年を迎えて早くも一ヶ月が経ち、1月も今日で終わり明日からは2月となります。寒さも今が本番と言う事で、後一ヶ月ちょっとの辛抱でしょうか。そうな今日の本日の釣果ですが、浜にやって来たものの釣り客は一人も居ませでした。

さて今日は何をしようかと思っていたら、9時過ぎに三木君から電話があり10時に釣りに行きますとの事でした。三木君も仕事が色々と忙しいそうで、一文字に釣りに渡るのは四年振りになると言ってました。久し振となった三木君はコーナーに渡り沖アミのふかせ釣り、エサは頻繁に取られたものの65cmのボラを一匹との事でした。元バスプロの三木君も、最近はほとんど釣りをしていないと言う事で感が鈍ったのでしょうか。

落とし込み釣りを始めると同時に、次々とで大物の黒ダイを釣り上げていた当時のようには行かなかったようです。今年からはちょこちょこと顔を出せるようになったそうなので、大物キラーの本領を発揮して欲しいと思っています。


newtakedamaru at 08:37コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月31日

1月30日、月曜日、中潮、曇り一時雨のち時々晴れ。

先日、徳島市の自転車店で火事がありました。その火事が、まさか船頭さんに影響して来るとは夢にも思っていませんでした。富永さんから電話があり、バイクや自転車用品を取引していた問屋さんが火事になり、メーカーから直接ハンドルカバーを仕入れるので、バイクの車体番号を教えて欲しいとの事でした。なんでっと、思わず聞き返してしまいました。

バイクのハンドルカバーなんか全車共通、そんなもん要らないんじゃと言うと、それがないとメーカーさんは出荷してくれないとの事でした。最近は何でもかんでもコンピューター管理、便利でもあり不便でもありと言ったところでしょうか。

さて本日の釣果ですが、今日の釣り客は予約のあった二人だけでした。コーナーに渡った松茂町の山村さんは投げ釣り、15−20cmのキスを昼までの釣行で十四匹だったそうです。同所に渡った民さんは沖アミのふかせ釣り、山村さん同様に昼までの釣行だったのですが一度もアタリがなかったとの事でした。

ここ数日、春のような陽気の日が続き今日も暖かい朝でした。午前中は少し雨が降った程度でしたが、午後からは北西の風が段々と強くなって来ました。それと同時に気温も下がって来て、明日からは真冬に逆戻りのようです。明日は予約もないようなので、もしかしたら本日の釣果はないかも知れないです。


newtakedamaru at 09:55コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月30日

1月29日、日曜日、大潮、曇り時々晴れ夜一時雨

山ちゃんからの電話、「こら船頭、何がガムテープを貼ったハンドルカバーな、写真は雪景色でないかっ」と行きなりこの調子です。電話を切って送信歴を確認すると、確かに破れたハンドルカバーでした。なぜ雪景色の写真になったのかは分かりませんが、哀れなバイクの写真は忍びないと管理人さんが思い、別の写真に差し替えてくれたのかも知れません。

そのハンドルカバーを富永さんに電話をしたところ、ちょうど在庫を切らしているので二〜三日待って欲しいとの事でした。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った浜さんはルアーでマゴチ狙い、何回かアタリはあったものの一度もハリ掛りしなかったそうです。同所に渡った岩田君は沖アミのふかせ釣り、28−40cmの黒ダイを六匹釣り本日の竿頭でした。同じく同所に渡った鴨島町の宮田君も同釣り、50cmの黒ダイを一匹と45cmの黒ダイは水面まで浮かせもののハリ外れのバラシ。

中央に渡った田中さんも同釣り、今日の唯一のアタリが35cmの黒ダイ一匹と言う事でした。

同所と赤灯台の中間に渡った鳴門市の犬伏さんも同釣り、田中さん同様に唯一のアタリが35cmの黒ダイ一匹だったそうです。更に赤灯台寄りに渡った高松市の中村さんも同釣り、47cmと48cmの良く似たサイズの黒ダイを二匹。赤灯台に渡った森本さんも同釣り、少し中央寄りで30−40cmの黒ダイを二匹。同所に渡った板野町の井口君と中村君も同釣り、井口君が36cmで中村君が35cmの黒ダイを一匹ずつ。同所に渡った石原さんは探り釣り、15−23cmのガシラを三十匹と18cm前後のメバルを二十匹。

今日は朝から雲が優勢で、日中は時々しか晴れ間はありませんでした。気温は昨日のようにまでは上りませんでしたが、午後から予想されていた雨もなく釣り日和の一日でした。明日の天気は微妙、それでも二人から今のところ予約が入っています。

DSC_0119DSC_01192

newtakedamaru at 08:16コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月29日

1月28日、土曜日、大潮、晴れ。

今日は旧正月、旧暦の一月一日です。東南アジアでは旧暦を採用している国も多く、その代表が中国と言っても過言ではありません。今日も中洲市場に行くと、中国人の団体が買い物に訪れていました。おそらくは研修生として、日本に働きに来ている中国人達ではと思われます。少なからずも日本から恩恵を受けている中国人や韓国人は、学校の教育では日本人は敵と教えられているそうです。そんな日本にやって来て、何の屈託もなく買い物をしている姿を見ると胸くそが悪くなって来るのは船頭さんだけでしょうか。彼らが現在の日本を良く理解して、考え方を改めてくれるのなら逆に歓迎をしたいとも思いますがね。トランプ大統領ではありませんが、今の状況なら日本海に壁を作って欲しいぐらいです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藤原さんは沖アミのふかせ釣りで35cmの黒ダイを一匹、同じく同所に渡った市場町の中西さんも同釣りで35cmの黒ダイを一匹。
中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣りで47cmの黒ダイを一匹、同所に渡った鳴門市の松浦さんも同釣りで30−35cmの黒ダイを二匹。三本に渡った大森君一行六人も同釣り、全員に一回から五回のバラシあったとかで、近藤君の50cmのスズキ一匹が唯一の釣果だったそうです。写真はハンドルカバーにガムテープを貼って、少しでも風が入らないようにして見ましたがムダでした。今日は富永さんの店へ行けなかったので、明日は何とか時間をつくって買いに行きたいと思っています。
DSC_0117

newtakedamaru at 10:49コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月28日

1月27日、金曜日、大潮、晴れのち曇り。

今年で四年目になるバイクのハンドルカバー、遂に寿命が尽きたようで縫い目が裂けてしまいました。特に右側の裂け目が酷く、手袋をしていても冷たい風が入って来て手が冷たいです。明日にでも富永さんに電話をして、在庫があるなら新しいのに買い替えようと思っています。

さて本日の釣果ですが、天気が良かったのに釣り客は三人と少なかったです。赤灯台に渡った北島町の国安さんは沖アミのふかせ釣り、35cmの黒ダイを一匹とハリ外れとハリス切れのバラシが一回ずつ。

コーナーに渡った板野町の高畑さんも同釣り、42cmの黒ダイを一匹とハリス切れのバラシが一回だったそうです。同所に渡った石井町の坂東君も同釣り、午後1時に唯一のアタリがあり38cmの黒ダイを一匹。

今日は風もほとんどなかったのですが、午後から曇ってくると少し風が出て来ました。それも一時的なもので、明日も天気は良さそうです。グレや小アジは釣れなくなって来たものの、黒ダイの方はまずまずの調子と言った所です。明日も何人かから予約があるので、本日の釣果の方は心配ないと思っています。


newtakedamaru at 08:28コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月27日

1月26日、木曜日、大潮、晴れ。

ベトナム旅行から帰って来た藤原さんが、旅行中の話を聞かせてくれました。困った事はいまだに現地の水は飲めない、冬だと言うのに暑かったそうです。

日本は真冬と言う事で寒波に見回られ、積雪で車が立ち往生していたのにです。道路には船頭さんの愛車であるホンダスーパーカブが、もちろん偽物のスーパーカブも沢山走っていたそうです。船頭さんの愛車であるホンダスーパーカブは二人乗りなのですが、何とベトナムでは三人乗りは当たり前で五人乗りも見られたと言ってました。

そして日本との違いを一番感じたのは、町の人々が若いと言う事だったとも言ってました。若い人達に活気があると言う事は、この先どんどん発展して行く可能性があって面白そうです。そのベトナムと比較して、現在の日本の現状はどうでしょうか?政治や経済のすべてに置いて、年よりが支配していて面白くありません。一般人は定年で退職させらるのに、化石のような人が経済界や政界の重鎮として居座っています。

今、日本の国をつまらなくしているのがこう言った連中で、自分達が学生時代には赤に被れて学生運動などに明け暮れていたクセに、今の学生達にはそんな余裕も与えず就職活動に専念させる始末。こんな面白くもない日本を出てベトナムに行き、船頭さんもぴちぴちお姉ちゃんを三人でも四人でもバイクの後ろに乗せて、爽快にぜひ走って見たいのですが実現は難しいでしょうね。

さて本日の釣果ですが、松茂町の斉中さんは季節外れの幽霊でも見たのでしょうか?何とコーナーに渡ってカニのエサで、落とし込み釣りをすると言う事でした。釣果の方はブログで取り上げるまでもなかったのですが、こつこつアタリと竿先を持ち込むアタリが二回あったとの事でした。同行の勢井さんも同所に渡り投げ釣りでキス狙い、航路側でしか釣れなかったそうで16−24cmのキスを四匹。

赤灯台に渡った鴨島町の木村さんは沖アミのふかせ釣り、47cmの黒ダイを一匹と大物のバラシが二回あったそうです。

二番船で同所に渡った東さんも同釣り、午後4時まで粘って35cmの黒ダイを一匹だったとの事です。今日は気温も上り風は穏やか、28日の土曜日には旧正月を迎えます。節分、立春、雨水、啓蟄、春分の日と春が待ち遠しい船頭さんです。


newtakedamaru at 15:49コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月26日

1月25日、水曜日、中潮、晴れ。

昨日と今日が中潮で明日からが大潮、それなのに何を思ったか昨日のブログは小潮になっていました。

釣り客がなければ本日の釣果もないと言う事で、何んとなく適当にブログを書いている感はしないではありません。しかし、釣り客が渡って釣果がある場合はそう言う訳には行きません。出来るだけ忠実に、ウソや間違いがないようにしなけばなりません。以前、コメント欄に藤原さんがメモってる風でもないのに、ほぼ正確に匹数やサイズを覚えているのが不思議と書き込みがありました。一流と呼ばれる職人や技術者は、自分の仕事に関連するものはほぼ完璧にこなします。例えば一流の料理人は書道も達人、お品書きを見事な達筆で書かれているのを見れば分かるように、仕事に必要な事が自然と見に付いて行きます。

まぁ、船頭さんは一流とまでは行かないものの、何んとなく頭に入っている事が多いですね。

さて本日の釣果ですが、今日は一人でしたが釣り客が居ました。中央と赤灯台の中間よりやや赤灯台寄りに渡った脇町の谷口さんは、沖アミのふかせ釣りで37cmと42cmの黒ダイを各一匹ずつ。その後、赤灯台の先端で小アジを狙って見たがこちらはダメだったそうです。

今日、横綱稀勢の里が正式に誕生しました。別に人種差別をすると言う気持ちはないのですが、日本人横綱が一人も居ない大相撲は見る気がしませんでした。稀勢の里関が横綱として二場所連続優勝を狙う春場所、久し振にテレビで大相撲を観戦したいと思っています。


newtakedamaru at 09:19コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月25日

1月24日、火曜日、小潮、晴れ時々曇りのち雪。

上空に強い寒気が流れ込んでいる西日本、鳥取県などの日本海側で車の立ち往生が発生した模様です。

温暖な徳島でも平野部で積雪があり、渡船乗り場の砂浜もネギ畑もご覧のように雪景色となっていました。当然の事ですが今日も釣り客はなく、二日続けて本日の釣果はありませんと言うことになってしまいました。どうせ釣り客は居ないだろうと思い、昨日も今日も車で浜にやって来た船頭さんですが、ほとんどの徳島県人が雪道や凍った道路を走り慣れてないと言う事もあり、吉野川の土手を走行中の車が河川敷に転落する死亡事故もあったようです。

日中は晴れていた天気も夜には再び霙まじりの雪になり、明日の朝も積雪や路面の凍結を心配しなけばなりません。恐らく、明日も釣り客はなく本日の釣果はありませんと言う事になりそうです。二日間エンジンをかけてない岩丸、明日は釣り客がなくてもエンジンだけはかけて見なければなりません。

数日後には立春を迎え暦の上では春となる訳ですが、寒さの本番はこれから一ヶ月以上まだ続きます。風邪やインフルエンザも流行していますので、皆さん健康管理にはお気をつけて下さい。

DSC_0118DSC_0117

newtakedamaru at 10:19コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月24日

1月23日、月曜日、若潮、晴れ時々曇りのち雪。

今日は西の風が非常に強く、朝の冷え込みも大変厳しかったです。日中もほぼ気温は上がらず、風の勢いも弱まる事はありませんでした。と言う事で、今日は一人も釣り客はなく本日の釣果はありません。

そんな今日、初場所で初優勝を遂げた大関稀勢の里を、横綱審議委員会が定例会合を開き大関を第72代横綱に推薦する事を全会一致で決めたそうです。相撲ファン待望の日本人横綱の誕生がこれで確実となり、稀勢の里関には横綱としてこれから大いに活躍して欲しいと思っています。また、訃報もありました。ヤクザ映画「仁義なき戦い」などで活躍し、テレビでは「名奉行遠山の金さん」で茶の間のスターとなった松方弘樹さんが死去したとの事です。バラエティーや釣り番組にも出演して、「松方弘樹・世界を釣る」では巨大マグロを釣り上げていました。

そのマグロの幼魚であるヨコ(ヨコワ)を今夜の肴にと買いに行くと、これからは入手困難になるとまるよし鮮魚の若主人がボヤいていました。割り当てられたマグロの漁獲量を守らない行者が多く、水産庁が取り締まりを強化するそうです

。昨年末はタラバガニの値段が今までの三倍に高騰して、船頭さんは買うのを諦めました。その原因は中国が金にものを言わせ、極東で水揚げされるタラバガニを大量に買い付けた結果だそうです。最近はマグロの養殖をする行者も増え、幼魚であるヨコワの乱獲を世界的に規制する動きがあります。そう成らないためにも、近大の完全養殖マグロに期待したいと思っています。


newtakedamaru at 08:45コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月23日

1月22日、日曜日、長潮、晴れ時々曇り。

今朝は目覚めが6時を過ぎてしまい少し遅刻、なんと言っても京都から帰って来たのが深夜の1時過ぎでした。15分ほど遅れるからと山ちゃんに電話をして、他の釣り客にもその旨を伝えてもらう事にしました。淡路を通り越してわざわざ送ってくれた本間さんに、途中で寝てしまったら失礼と思い話をと切らさないようにしていました。その為か、腹が減ってインスタントラーメン食べる事にしました。やはりホテルのディナーのような食事では、船頭さんの胃袋は満足してくれないと言う事のようです。ラーメンが出来るまでに日本酒を一合、布団に入ったのが2時となってしまいました。流石にタフな船頭さんでも、今日はちょっとしんど(疲れた)かったです。

さて本日の釣果です、山ちゃんこと松茂町の山村さんはコーナーに渡って沖アミのふかせ釣り、サシエサを取られる事なく一度もアタリはなかったそうです。同行の藤原さんも同所で同釣り、唯一のアタリが36cmの黒ダイ一匹だったとの事でした。

同所から少し白灯台寄りに渡った土成町の平川さんも同釣り、36.5cmの黒ダイを一匹釣り月刊誌「画報」の取材を受けていました。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、36cmが一匹と40cmが一匹で45cmを二匹釣り計四匹の黒ダイを釣っていました。同所に渡った鳴門市の犬伏さんと高松市の中村さんも同釣り、二人とも一回から二回のバラシで終わったそうです。

二番船でコーナーに渡った浜さんはルアー、アタリはちょくちょくあったものの一度もハリ掛りしなかったそうです。

今日、千秋楽を迎えた大相撲は大関稀勢の里が横綱白鵬を敗り、14勝1負とし横綱昇進を確実にしました。これで大坂で開催される春場所は、19年ぶりに日本人横綱の誕生となりました。暫く相撲観戦をしていなかった船頭さんですが、春場所はテレビ観戦で横綱稀勢の里を応援したいと思っています。


newtakedamaru at 10:39コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月22日

1月21日、土曜日、小潮、晴れ時々曇り。

今日は土曜日と言う事でしたが、昨日、一昨日と同じで釣り客は一人だけでした。そう天気も悪くなかったのですが、午後2時で終わって京都まで行かなければ成らない船頭さんとしては、かえって好都合と言う事でした。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藤川さんは探り釣りで昼までの釣行、25cmのアイナメを一匹と18−22cmのガシラを七匹、あまりにも小さくリリースしたガシラも同数ぐらいと言ってました。12時に藤川さんを迎えに行き一度自宅に帰り、服を着替えてバスターミナルまで息子に送ってもらいました。写真はその時に息子に撮って貰ったのですが、孫にも衣装と言った言葉がぴったりの感じですね。

午後7時から10時まで京都駅内のホテルで、親睦新年会と一年遅れとなりましたが船頭さんの還暦祝いが同時に行われました。出された料理の方は今一でしたが、参加していた方々と名刺交換をしながら雑談していると、何名かの人が是非とも一文字に渡って見たいと話しが持ち上がり、船頭さんも上機嫌でお酒の量が少し過ぎてしまいました。帰りは淡路から出席していた本間さんが、深夜にも関わらず自宅まで送ってくれました。これで明日の日曜日は、通常の営業が出来るのではと思います。

DSC_0116

newtakedamaru at 11:38コメント(1)トラックバック(0)穴つり本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ