2016年12月08日

12月7日、水曜日、小潮、晴れ。

三日間休ませて頂いた本日の釣果ですが、今日から再開したいと思います。昨日の夕方、徳島空港に着陸した時に北風が非常に強く、少し心配していたのですが今日は凪の一日でした。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、マルアジを一匹と枝ス切れのバラシが一回。同所に渡った白井さんは沖アミのふかせ釣り、グレ狙いと言う事でしたが38cmの黒ダイを一匹。

コーナーに渡った中川さんも同釣りで25−47cmの黒ダイを四匹、同行のオヤジさんは25cm前後の黒ダイを二匹。同所に渡った香港の呂さんも同釣り、40cmの黒ダイを二匹釣ったそうだがリリースしたとの事でした。同所に渡った大谷さんも同釣りで35−38cmの黒ダイを五匹、脇町の谷口さんも同釣りで35cm前後の黒ダイを三匹と22−32cmのグレを七匹。

白灯台に渡った張君も同釣り、30cm弱の黒ダイを二匹とカワハギを二匹にバラシが五回。同所の先端に渡った藤原さんはカワハギ狙い、25cmのウマズラを一匹と20−23cmのカワハギを六匹。

船頭さんが東京に出発する前に変なラインが入って来ていたのですが、呂さんに同行のSOさんからのラインでした。岡山空港からレンタカーを借りて来たとの事で、明日は一番船でもう一度釣りに行くとの事です。香港から釣りの為にだけ来日したとのは考えられませんが、タケダ丸も国際的に有名になっているのかも知れないですね。


newtakedamaru at 10:46コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月07日

12月6日、火曜日、小潮、晴れ。

今日の東京は風が少し強かったものの、良く晴れて日本一の晴れ男である船頭さんにはぴったりの天気でした。朝9時にホテルをチェックアウトして、池袋駅から西武池袋線で江古田駅に向かいました。江古田駅は船頭さんが社会人生活の第一歩を踏み出した場所、そこでなんと懐かしの建物を見る事が出来ました。店の看板は変わってしまっていましたが、建物自体はまさしく丸井林江古田店でした(写真)。

本社で新入社員研修中の一週間、毎日、昼飯と夕飯を社員食堂へ食べに通った思い出の店です。研修の二日目の夕飯で、どんぶり茶碗をてんこ盛りにして三杯おかわりをしたところ、今年の新入社員の中にとんでもない大男が入って来たと噂になりました。勿論、船頭さんはそんなに大男じゃないのですが、それからは三杯飯の小島と呼ばれるようになってしまいました。本社や女子寮があった場所も探したのですがすでになく、駅前の鍋焼うどん屋さんも喫茶店もなくなっていました。次は同線の大泉学園まで行って見ましたが、こちらも上福岡店と同様にマンションになっていました(写真)。

線路脇に木造二階建てのボロアパートがあり、中学の同級生である木本が住んでいたのでこちらにも良く足を運びました。当時の面影が残っていたのは江古田駅周辺だけ、大泉学園で船頭さんの青春探しも終わりとなりました。それからは池袋駅に引き返し、山手線で東京駅に向かう事にしました。八重洲南口からバスに乗り、スカイツリー見物を締めくくりにして徳島に帰る事にしました(写真)。

午後2時、フライト時間にはまだ早いのですが羽田空港で時間待ちをする事にしました。フライト前に搭乗手続きや搭乗チェックもあるので、初日に池袋駅で迷った事を考えたら余裕がある方がいいと思いました。徳島空港には山ちゃんが迎えに来てくれると言うので、出発前に再度確認の電話をして置きました。定刻に飛行機は出発して、午後6時に徳島空港に着陸しました。今回の旅では初日に郡さんを始、山下さんや勝倉君、二日目は鈴木さんに藤澤君と鈴木君にと大変お世話になりました。迎えに来てくれた山ちゃんもありがとう、そしてすべての手配をしてくれた弟にも感謝したいと思っています。
DSC_0090DSC_0091DSC_0098

newtakedamaru at 15:57コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月06日

12月5日、月曜日、中潮、晴れ。

午前中はのんびりと喫茶店で、新聞を読みながらモーニングを食べて過ごしました。昼前に弟の自宅がある埼玉県の和光市に向かい、駅前で待ち合わせをして昼食を共にしました。

土用日にクール便で送ってあった魚を、船頭さんが刺身にして弟夫婦と二女の四人で食べる段取りだったのですが、娘と母親が味見させて欲しいせがみます。それじゃぁとカンパチのアラを塩焼きにすると、めちゃ美味しいと二女と弟は大喜びでした。カンパチの刺身が終わるとヨコを刺身にして、次はアオリイカを刺身と湯引きにして完成。普段はめったに刺身など食べないと言う弟夫婦、残りは学校に行ってる長男と三女にとラップして冷蔵庫に。夕方の5時まで弟の家で話し込んでしまい、慌てて今回の最大の目的地である上福岡駅に行って来ました(写真)。

駅前の道路を東に進み勤め先のデパートがあった場所に行って見ると、そこにはマンションが立ちかけていました(写真)。

そして、船頭さんがいつもハイライトを買っていたみたらし団子屋さんも、すでにマンションとなっていました。そこで寮までの道をたどる事にしたのですが、途中から新い道路が出来て途切れていました。また当時、船頭さんを可愛いがってくれた駅裏にある双輪商会さんも、建物はなく土地が更地になっていました。18才の船頭さんがそこに居た事は間違いないのですが、そのことを物語ってくれるものは現在残っていませんでした。池袋に引き返すと7時に鈴木さんと会う約束になっていて、藤澤君と鈴木君も居酒屋さんで待っていてくれました。時間が経つのも忘れ、飲んで食べて語ってあっという間に深夜前になってしまいました。池袋駅で三人と別れたのですが、今日も穏やかな天気に恵まれ東京二日目が終わろうとしています。

明日は何の予定もないのですが、午後4時までには羽田空港に着いてなければなりません。明日のことは朝起きてから、何をするか考える事にします。

DSC_0088DSC_0087DSC_0086

newtakedamaru at 07:41コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月05日

12月4日、日曜日、中潮、晴れのち雨。

朝の6時前に渋谷駅のバスターミナルに到着し、船頭さんの東京での一日目がスタートとなりました。駅の外に出てタクシー乗り場を探したが見つからず、しかし通りに出ると直ぐにタクシーを拾う事が出来ました。その足で明治神宮に向かったのですが、時間が早すぎてまだ開門されていませんでした。そこで朝食を先にすませる事にして、8時半に再びタクシーで結婚式場へ行く事にしました。普通は参道を歩いて式場まで行かなければならないのですが、股関節の手術をして長い距離を歩く事が出来ない母親が一緒なので、特別な許可書を出して貰ってタクシーで入場することが出来ました。

式場となった場所の隣にある本殿は、かつて船頭さんが二十歳の成人式を迎えた思い出の場所でもありました(写真)。

式は神式で厳かに行われ、控え室から式場までの道中はカメラを携えた外国人観光客や一般の参拝客が、盛んに花嫁行列の写真を撮っていました。式が終わると同じく神宮内にある披露宴会場に移動して、素晴らしい青空のもと数々の料理なども出され午後2時まで行われました(写真)。

式が終わると飛行機で帰る母親と次男を見送り、花嫁の父である弟と池袋駅に向かいました。そこで弟夫婦とは別れ、予約してあったビジネスホテルに一人で 向かう事になりました。

が、なんと言っても40年振りの池袋、まったく方向感覚が掴めず苦労しました。自販機の詰め替えをしている人や駐車場の警備をしている人、コンビニの店員さんなどに教えてもらいながら歩く事一時間、やっとのことでビジネスホテルに到着するが出来ました。ホテルからラインで郡さんと連絡を取り、丸ノ内線の淡路町駅で5時半に待ち合わせする事にしました。駅を出て車で向かったのが靖国神社(写真)、いかにも郡さんらしい観光スポットです。そして山下さんが経営する「ふうふう亭」へ向かい、勝倉さんも顔を出してくれ四人で落とし込み釣り談義で盛り上りました。

船頭さんがお土産に持参した吉野川の青海苔で、奥さんが焼いてくれたお好み焼きはめちゃ美味しかったです。お店を出ると雨が降り出していて、郡さんが車で淡路町駅まで送ってくれました。池袋駅に到着するとさすがに迷う事なくビジネスホテルに、その後で明日の夜に鈴木さん達と待ち合わせにしている東口も確認して来ました。携帯を見てみると本日の歩行数は一万七千歩、今日は歩き疲れた一日でしたが山下さんや郡さんとゆっくりと話しをする事が出来、素晴らし結婚式にも出席が出来たし、仕事を休んで東京までやって来て良かったと思っています。

明日は弟夫婦と昼を一緒にして、今回の最大の目的地である東武東上線の上福岡駅まで行ってきます。
DSC_0065DSC_0074DSC_0083

newtakedamaru at 14:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月04日

12月3日、土曜日、中潮、晴れ。

立冬を過ぎているので、今日のような日は小春日和と言えば良いのでしょうか。天気もいいし風も穏やかで、日なたぼっこには最高の一日でした。明治神宮で行われる姪の結婚式に出席するため、明日の日曜日から火曜日までの三日間を休むようにしているので、今日は釣り客も多いのではと思い30分ほど早く浜に行く事にしました。まだ夜も明けてないと言うのに、十人以上の釣り客がすでにやって来ていました。人影のない車も何台かあり、もうすでに船に乗り込んでいるようでした。船頭さんも急いで船に向かい、真っ暗な中で一番船を出航させる事にしました。

さて本日の釣果ですが、グレ狙いの釣り客が多く赤灯台が人気でした。同所に渡った林君は沖アミのふかせ釣りで22−26cmのグレを七匹、同行の富永さんは35cmの黒ダイを一匹。松茂町の山村さんも同釣りで23−28cmのグレを五匹、山添さんも同釣りで同グレを六匹。石井町の佐藤君も同釣り、35cm前後の黒ダイを四匹とバラシがそれ以上の五回もあったそうです。同町の角田君も同釣りで30cmの黒ダイを一匹とバラシが一回、同行の多田君も同釣りで30−35cmの黒ダイを二匹。板野町の井口君も同釣りで38−45cmの黒ダイを二匹、同行の弟さんは28−38cmの黒ダイを五匹。

三本に渡った福良名人も同釣りで35cmの黒ダイを一匹と小アジを二十匹、同行の湊君も同釣りで28−48cmの黒ダイを二匹。同所に渡った島田さんも同釣り、午後2時まで釣行で30−35cmの黒ダイを五匹釣っていました。

コーナーに渡った板野町の高畑さんも同釣りで30−42cmの黒ダイを二匹、同行の石井町の田中さんは35cmの黒ダイ一匹。同町の姫田さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを二匹とバラシが二回。同所に渡った大塚君は30cm弱のキビレを一匹とカワハギを五匹、同行の明石市の友達は35cmの黒ダイを一匹。同所と白灯台の中間に渡った勝浦町の日浦さんも同釣り、22cmのグレを一匹と30−35cmの黒ダイを五匹。

白灯台に渡った吉野川市の宮田君も同釣り、32−45cmの黒ダイを四匹とイソベラを一匹。同所に渡った石井町の堀江さんも同釣り、22−28cmのグレを七匹と30cm前後の黒ダイとキビレを二匹ずつ。白灯台の先端に渡った新居さんも同釣り、昼までの釣行で30−35cmの黒ダイを三匹。同所に渡った村上さんはカワハギ狙い、白灯台周辺はベラばかりでコーナーで五匹との事でした。

現在、東京に向かう夜行バスに乗っていますが、早くも睡魔が襲って来て眠くて仕方ありません。目が覚めれば東京、7日の水曜日は通常通りの営業を予定しています。


newtakedamaru at 06:23コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月03日

12月2日、金曜日、中潮、晴れ。

水温と釣りの釣果は密接な関係があり、急激な水温の上下に釣果を左右された経験を持つ人も多いのではと思います。特に水温が下がっている場合は0.5度の温度差でも、致命的な結果をもたらす時もあります。さすがに12月ともなれば、水温の低下は免れず釣り客には難儀な一日となったようです。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、マルアジを六匹との事でしたが二匹はハリ外れして四匹、25cm前後のメッキアジも四匹との事でした。同所に渡った土成町の岡田さんは沖アミのふかせ釣り、マルアジをふかせ釣りで狙ったがアタリはなく30−40cmの黒ダイを四匹。同所に渡った江頭名人も同釣りで28cm前後のグレを二匹、同行の八木さんも同釣りで同グレをを四匹。同所に渡った井内さんも同釣りで32−39cmの黒ダイを三匹、同行の多田君は23−31cmのグレを七匹と30−35cmの黒ダイを四匹。同所に渡った安芸さん夫婦も同釣り、奥さんが33−42cmの黒ダイを四匹でご主人は35cmの黒ダイを一匹と70cmのマボラを一匹。

コーナーに渡った藤井さんも同釣り、30cmのウマズラハゲを一匹とカワハギを一匹にバラシが一回。

白灯台に渡った板野町の岩田さんも同釣り、30cmの黒ダイを一匹と28cmのメバルを一匹とカワハギを二匹。同所に渡った藤城さんも同釣り、25cmの黒ダイを一匹と60cmマボラを一匹にバラシが一回。同所の先端に渡った藤原さんはカゴ釣り、グレを狙ったがアタリはなくカワハギを五匹と20cmのキュウセンベラを一匹。

12月に入ってもサビキ釣りでマルアジが釣れると言うのは、今までになかった事のように思います。これも地球温暖化の一環かも知れないのですが、釣り人にとっては逆にありがたい事となります。が、将来の事を考えれたらストップ温暖化でしょうね。


newtakedamaru at 11:05コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月02日

12月1日、木曜日、大潮、曇り時々晴れ。

今日から12月、一年の締めくくりでもある師走です。また、忘年会などでお酒を呑む機会も多くなると思いますが、痛風や急性アルコール中毒などにはじゅうぶん注意をして頂きたいと思っています。今年のタケダ丸の忘年会は14日の水曜日に決まりましたので、参加したい人は小泉君か船頭さんまで連絡を下さい。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った松茂町の斉中さんは沖アミのふかせ釣り、32cmの黒ダイを一匹と大物のバラシが一回あったそうです。コーナーに渡った角野さんも同釣りで30−35cmの黒ダイを三匹、同行の石井町の筒井さんも同釣りで38−42cmの黒ダイを二匹。同所に渡った吉岡君は今日もルアー、30cm弱のヒラメが一匹でマゴチのアタリはなかったそうです。同所に渡った藍住町の陰本君も同釣り、赤灯台まで往復したがエソしか釣れなかったとの事でした。

白灯台とコーナーの中間に渡った勝浦町の日浦さんは今日も沖アミのふかせ釣り、23−28cmのグレをを四匹と25−38cmの黒ダイを七匹。

今日は年末ジャンボとミニを買ったのですが、今年は前後賞を併せて10億円と超ビックな当選金になっています。買っても当たりませんが、買わなければそれこそ絶対に当たりません。どうせ当たらなくても、初夢は大きい方がいいですよね。


newtakedamaru at 14:28コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月01日

11月30日、水曜日、大潮、晴れ時々曇り。

今日で11月も終わり、早いもので明日からは師走となります。今朝の一番船は昨日の北風とウネリが残っていて、コーナーには接岸しずらい常態でした。昼頃にはその北風も治まって来たのですが、今年は例年に比べて北風による荒れ模様の日が多いような気がします。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、27−30cmのマルアジを二匹と25cm前後のメッキアジを七匹。同所に渡った同町の木村さんはサビキ釣りと沖アミのふかせ釣り、マルアジは釣れなかったが32−35cmの黒ダイを三匹とバラシが三回。同所に渡った福良名人も沖アミのふかせ釣り、45cmの黒ダイを一匹と25−28cmのグレを二匹。同所に渡った松茂町の山村さんも同釣り、マルアジを一匹と22−30cmのグレを七匹。同所に渡った美馬町の高田君も同釣り、30cmの黒ダイと少し小さいグレを一匹ずつとの事でした。

コーナーに渡った藤代さんも同釣り、35cmの黒ダイを一匹とバラシが二回あったそうです。同所に渡った吉野川市の宮田君も同釣り、40cmの黒ダイを一匹と同じくバラシが三回との事でした。同所に渡った石井町の姫田さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを三匹と宮田君と同じくバラシが三回。

同所と白灯台の中間に渡った勝浦町の日浦さんも同釣り、35cm前後の黒ダイを四匹と22−25cmのグレをを三匹。

コーナーから中央までを釣り歩いた吉岡君はルアー、35cmのヒラメを水面でハリ外れさせ35−45cmのマゴチを五匹。

同所に渡った八木さんは久しぶりの伊勢エビ釣り、二回ほどそれらしきアタリはあったものの、二回とも山ちゃんと電話中だったのでバラシてしまったそうです。

今日は家に帰って礼服に袖を通して見ましたが、ズボンは大丈夫だったのですが上着がちょっとキツかったです。そんなに太ったとは思わないのですが、新しい礼服など買えないので痩せるしかありません。その為には、当日まで飲まず食わずで頑張るのが一番ではと思っています。


newtakedamaru at 11:10コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月30日

11月29日、火曜日、大潮、晴れ。

今日はブログを見てくれてない釣り客用に、4日の日曜日から6日の火曜日まで休む旨の貼り紙をしました。ここ最近、訪れた釣り客には口頭でも伝えてあります。が、人間と言うのは自分に都合良く解釈する生き物ですから、右の耳から入って左の耳から出ている人の方が多いのではと思っています。特に、久しぶりに天気の良さそうな日曜日あたりは、何人かの釣り客は間違いなくやって来るのではと思っています。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った富永さんと林さんは沖アミのふかせ釣り、富永さんは45cmの黒ダイを一匹と35cmのヒラスズキを一匹に30cmのキビレを一匹とカワハギを二匹、林さんは30cmのグレを一匹と20cm前後のガシラを五匹。コーナーに渡った志和さんも同釣りで35cmの黒ダイを一匹、同行の小松島市の中根さんは30のグレを一匹。

同所と白灯台の中間に渡った嵯峨さんも同釣り、今日で一文字は二回目の釣行と言う事でしたが26−30cmのグレを八匹。同所に渡った石井町の原さんも同釣り、昼までの釣行で25−28cmの黒ダイを二匹との事でした。同所に渡った竹内さんも同釣り、バラシが五回もあり28cmのグレを一匹だったそうです。三本の左に渡った天羽さんも同釣り、午後2時までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。同所から少し中央寄りに渡った北島町の平山さんも同釣り、30−40cmの黒ダイを十一匹と22cmのグレを二匹にカワハギを二匹。同所に渡った藤井さんも同釣り、30cmのグレを一匹とバラシが四回だったそうです。

赤灯台に渡ったTFTのメンバー一行四人は、昼で帰った久保さんが黒ダイを二匹とスズキを一匹、会長の岡田さんは黒ダイを八匹、看板の立石名人はマルアジを七匹に黒ダイとグレを八匹ずつ、林君は黒ダイを十一匹(もしかすると八匹の聞き間違えかも)、黒ダイは30−48cmでグレは28−32cmにマルアジは28cm前後でした。同所に渡った小里名人も同釣り、30−40cmの黒ダイを八匹と32cmのグレを一匹。同所に渡った箕村さんも同釣り、25−30cmのグレをを五匹とカワハギを五匹。今年は良型のグレがそこそこ釣れていると言う事で、小里名人以外にも県釣り連盟の名人が釣りに訪れています。船頭さんも時間があれば、是非とも名人達の釣方を見てみたいと思っています。


newtakedamaru at 13:45コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月29日

11月28日、月曜日、大潮、晴れ。

周が明けての月曜日、そろそろ東京行きの準備をしなければならない船頭さんです。が、新しいスニーカーを買ったぐらいでまだ何の準備も出来ていません。三つ子の魂百までと良く言いますが、四ヶ月も前から招待を受けてもこのあり様です。花嫁の父となる弟は何事にも計画を立てて、一つ一つ実行して堅実派です。船頭さんの宿泊するビジネスホテルや帰りの飛行機の手配、当日の式場である明治神宮は車の乗り入れが出来ないのですが、足の不自由な母親の為にタクシーで乗り着けるようにしたり、帰りの羽田空港では搭乗口まで車椅子まで借りれるように手配をしています。行き当たりばったりで何の計画性もない兄と、良く同じ親から産まれたものだと関心します。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った岩佐君はカワハギ狙いで十匹、20cm前後のキスも十匹ほど釣り探り釣りもして18−22cmのガシラを五匹。

赤灯台に渡った釜先さんはサビキ釣り、マルアジは釣れなかったが小アジを五十匹近く釣ったとの事でした。

今日は天気が良くなって来たものの、終日北西の風が強い一日でした。釣り客が二人と言うのも仕方ありませんね。


newtakedamaru at 10:36コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月28日

11月27日、日曜日、中潮、雨。

今日は朝からそこそこの雨、阿南から浜までの道中この雨の中をバイクで走るのは、夏場ならまだしも寒くなってきた今はちょっと辛いです。そんな訳で昨日の夕方、一度家に帰ってバイクから車に乗り換えて来て正解でした。定時に浜に着くと船頭さんを待っていた釣り客は、浜さんと七條君の二人でコーナーに渡りました。その後に浜さんの友達がやって来たのですが、白灯台に居ると言う事でそちらに送って行きました。

さて本日の釣果ですが、コーナーから赤灯台までの間を何往復かした七條君は、ルアーで30−50cmのマゴチを三匹、残念だったのは60cm近いマゴチを水面まで浮かせながらハリ外させてしまった事だそうです。

白灯台までの間を同じくルアーで往復した浜さんは、マゴチやヒラメのアタリはなくエソしか釣れなかったそうです。

同行の友達も同じくルアーで、白灯台での唯一のアタリが40cmのマゴチを一匹との事でした。帰りは午後の1時半に三人とも終わるので、コーナーまで迎えに来て欲しいと浜さんから電話がありました。今日は日曜日だったと言う事ですが、雨の日に釣りに行く物好きは三人でした。

明日は雨上りと言う事で、またまた強い風が吹きそうです。当然、明日も釣り客は少ないと思います。


newtakedamaru at 13:38コメント(0)トラックバック(0)ルアー本日の釣果 

2016年11月27日

11月26日、土曜日、中潮、晴れのち曇りのち雨。

午前中は素晴らしい青空でした。午後からは雲が段々と空を覆い始め、営業時間が終わる頃には雨が降りだして来ました。今日は同級生のみきちゃんと田村が誕生月と言う事で、阿南のみきちゃんの家に集まる事になっていました。誕生月の田村は今回、出席する事が出来ず来月は必ず行くからとの事でした。今回のメンバーは真理ちゃんと洋子さん、岡久と福谷に船頭さんの六人でした。60才を過ぎて今さら誕生会と言うのもおかしな話しですが、何かに理由をつけて酒が飲めるのが嬉しいです。今日は船頭さんが5時まで仕事だったので、刺身以外は女性陣が頑張ってくれました(写真)。来月も誕生月が何人か居るので、年甲斐もなく誕生会をする事になりました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、昼までの釣行でマルアジを十匹とカワハギを一匹。同所に渡った笹さんは活きエビを使ってのふかせ釣り、25cmのメバルを一匹と58cmのヒラスズキを一匹。

同所に渡った松本君は探り釣り、カワハギを十五匹とベラを十匹。同所に渡った多田君は沖アミのふかせ釣り、マサバを三匹と25−32cmのグレを四匹に30−41cmの黒ダイを五匹にマルアジを六匹。

同所に渡った脇町の片山さんも同釣り、35cm前後の黒ダイを三匹とマルアジを三匹。同所に渡った八木さんも同釣り、22−26cmのグレをを六匹とマルアジを五匹にカワハギとウマズラハギを一匹ずつ。同所に渡った板野町の井口君も同釣り、26−36cmの黒ダイを五匹で弟さんは30cmの黒ダイを一匹。

同所に渡った吉野川市の宮田君も同釣り、マルアジを一匹と28−35cmの黒ダイを五匹。同所に渡った上板町の福田君も同釣り、同黒ダイを五匹と22−28cmのグレをを三匹。

中央に渡った持山さんさんさん(前回さんが抜けていたのでオマケ)は探り釣り、赤灯台まで釣り歩いて18−23cmのガシラを二十匹。

三本に渡った島田さんは沖アミのふかせ釣りで黒ダイを三匹、同所に渡った鳴門市の中川君も同釣りで黒ダイを三匹、二人ともサイズは30−41cmとの事でした。

コーナーに渡った石井町の堀江さんも同釣り30−35cmの黒ダイを三匹と22−25cmのグレを二匹。白灯台の先端に渡った仁木さんも同釣り、30−42cmの黒ダイを二匹と22cmのグレを二匹。同所に渡った高瀬さんも同釣り、40cmのキビレを一匹と30−35cmの黒ダイを二匹。

今夜から明日の日中にかけて雨、そうなると日曜日と言えども釣り客が居ても一人か二人、今夜は痛風の薬を飲みながらとことん酒を飲もうと思っています。
1480199688068

newtakedamaru at 13:54コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月26日

11月25日、金曜日、若潮、晴れ。

今日は母親が大学病院に通院する日と言う事で、午前10時から午後2時までの間の送り迎えに多少の問題がありました。が、釣り客の皆さんの協力で何とか通院の送り迎えを済ませる事が出来ました。限界集落に成りつつある阿南市椿町や椿町蒲田地区、それにかつては人口密度で徳島県で一二を争った椿泊町。今やその面影もなく、空き家と老人の町と化しています。漁業や農業の衰退を物語っている集落が、そのうち日本地図から消えてしまうのは目に見えています。

そんな情況の中で、自民党と公明党それに加えて維新の会でTPPの強行採決が行われました。船頭さんは今の農業、漁業に対する国の政策にははっきり言って反対です。交付金や補償金漬けにされた百姓や漁師に、外国と戦う力などないのは見え見えです。安全で美味しい米や野菜、魚介類や肉を生産する業者に対してだけ、消費者が安く購入出来るように補助金や交付金を出す。そうすれば、一次産業に携わる人達はも生き残る為の努力を惜しまなくなるのではと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーから白灯台周辺はあまり釣れていなかったようです。コーナー周辺での唯一の釣果は、北島町の国安さんが沖アミのふかせ釣りで25cmの黒ダイを一匹。

白灯台に渡った藤城さんも同釣り、22cmのグレを一匹と27cmの黒ダイを一匹。中央に渡った石原さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを二匹。赤灯台に渡った土成町の岡田さんも同釣り、27−32cmの黒ダイを八匹と22cmのグレを一匹にマルアジを十四匹。同所に渡った藤原(康)さんも同釣り、25cmの黒ダイとキビレを一匹に22cmのグレを一匹とマルアジを一匹。同行に渡った藤原さんも同釣り、25−32cmのグレを三匹とカワハギを三匹。同所に渡った松茂町の山村さんも同釣り、22−28のグレを七匹と40cmのスズキを一匹。同所に渡った八木さんも同釣り、22−28cmのグレを九匹とマルアジを一匹にカワハギを二匹。

結婚式の招待を受けた時はまだ先と思っていたのですが、いよいよ来週に迫って来ました。日、月、火と三日間休みますので宜しくお願いします。


newtakedamaru at 11:43コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月25日

11月24日、木曜日、長潮、晴れ。

写真を見て貰えばわかるように、船頭さんのバイクのナンバープレイトが半分なくなっていました。走行中のバイクから出る振動で、金属疲労を起こしての事だと思われます。気が付いたのは火曜日にテールランプの球が切れていたので、カー用品店のタックさんに球の交換に行った時の事でした。水曜日が祭日だった為、町役場に行って新しいナンバープレイトに交換して貰うのが今日になってしまいました。その足で新蔵町にある富士火災さんにも寄り、自賠責保険の書き換えも済ませて来ました。ナンバープレイトの欠損はどのような違反になるかは分かりませんが、これで何の心配もなく公道を走る事が出来ます。

さて本日の釣果ですが、今日も釣り客は三人と言う事で少なかったです。コーナーに渡った中川さんは沖アミのふかせ釣り、35cm前後の黒ダイを三匹で同行のオヤジさんは30cmの黒ダイを一匹。

中央に渡った市場町の中西さんも同釣り、25cm前後のグレをを三匹と24cmのカワハギを一匹。昨日は北の風が強かったのですが、今日は一時20m近い西の風が吹きました。

コーナーで釣りをしていた中川さんは、強風でロッドケースを飛ばされたそうですが、何とか回収する事が出来たので良かったとも言ってました。今年の秋は荒れ続きなので、船頭さんもタチウオ釣りにほとんど行かずに終わってしまいそうです。

DSC_0049

newtakedamaru at 14:48コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月24日

11月23日、水曜日、小潮、曇りのち雨。

福島でM7.4の地震があり、東北沿岸に津波が押し寄せたそうです。今朝の朝刊に、砂押川を逆流する津波の写真が掲載されていましたが、3.11の教訓でほとんどの人が地震の発生と同時に高台に避難していたそうです。近年中に必ず起こると言われている南海・東南海地震、規模は別としてこのような津波が必ず押し寄せて来ます。

もしも営業時間中に発生した場合、船頭さんとしての対応が注目されるところです。先ず第一に考えられるのは、釣り客の事は放って置いて自分だけ安全な場所に逃げる。第二に考えられるのは、津波が到達するまでの間に釣り客を全員を安全な場所に避難させる。このどちらかを選択しなければならないのですが、第二の場合は更に良く考えなければなりません。

と言いますのも、一度で全員を連れて帰れればなんの問題もありませんが、乗せられない場合はどうするかと言う事になります。また、タケダ丸以外の渡船で渡っている釣り客をどうするのかなどと、考えたら夜も眠られなくなってしまいます。出来ることなら渡船営業時間外に発生してくれれば、船頭さんも悩まずに済むのですがね。

さて本日の釣果ですが、船頭さんの予想通り今日は荒れ模様の一日となりました。赤灯台には南側の側面に船を接岸させ三人を降ろし、コーナーは沖側のテトラから四人の釣り客を降ろさなければなりませんでした。

そんな中でコーナーに渡った脇町の谷口さんは、沖アミのふかせ釣りで28−30cmのグレを三匹。同行の友達も同所で同釣り、32cmの黒ダイを一匹(名前が読み難い)。同所に渡った高松市の中村さんも同釣り、65cmのボラを一匹との事でした。同所から白灯台へ歩いて行った勝浦町の日浦さんも同釣り、22−28cmのグレを三匹とカワハギを四匹。

赤灯台に渡った江頭名人も同釣り、25−30cmのグレをを十六匹とマルアジを六匹にマサバを一匹。同行の張君も同所で同釣り、名人と同サイズのグレを九匹とマルアジを一匹にマサバも一匹。同所に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、午後から二匹のマルアジ釣れたとの事でした。

今日の最高気温は早朝で、日中は気温が下がって来て寒い一日でした。昨日まで夏服で、今日は冬の衣装でなければ寒かったです。


newtakedamaru at 10:25コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月23日

11月22日、火曜日、小潮、晴れ。
晩秋を迎えて今日の暖かさ、ちょっと異常のような気もしないではありません。一文字に渡った釣り客も上着やオーバーズボンを脱ぎ、中には半袖姿で釣りをしたと言う人もいました。

さて本日の釣果ですが赤灯台に渡った石原さんはサビキ釣り、マルアジを四匹とマサバを一匹にウマズラハギを一匹、ハリ外れでバラシたマルアジが五匹と言う事で残念がっていました。同所に渡った鴨島町の木村さんも同釣りでマルアジを一匹、沖アミのふかせ釣りもしてマルアジを三匹追加したそうです。同所に渡った板野町の井口君は沖アミのふかせ釣り、同行の弟さんと合せて25−43cmの黒ダイを七匹。同じく同行で同町の寒川さんは胴付き仕掛け、カワハギを七匹と小アジも十匹ほどとの事でした。

コーナーに渡った丁子さんは沖アミのふかせ釣り、35−45cmの黒ダイを二匹と40cmのアイゴを一匹。同所から少し白灯台寄りに渡った箕村さんも同釣り、25cmのグレをを一匹とカワハギを四匹、30cmオーバーのグレを足下まで寄せながらバラシたのが残念と言ってました。

今日の天気は申し分なかったのですが、午後から北風が強くなって来たのが少し気になります。明日は勤労感謝の日、祭日と言う事で釣り客が多いのではと思われます。しかし、今日の様子では明日は更に海が荒れそうなので、船頭さんに取っては大変な一日になりそうな気がします。


newtakedamaru at 10:59コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月22日

11月21日、月曜日、小潮、曇りのち雨。

意外と雨の降り出しは早かったようです。予報では夕方からとなっていたのに、午後の1時過ぎにパラパラと小粒の雨が降り出すと、2時前には本降りになって来ました。そんな訳で今日は、午後3時までに全員が一文字から撤収となりました。

さて本日の釣果ですが、一番船で赤灯台に渡った藤原(康)さんはサビキ釣り、午後2時まで粘ったもののマルアジのアタリには合わず仕舞いだったそうです。同じく一番船で同所に渡った鴨島町の木村さんも同釣り、午後3時まで粘ってマルアジを二匹との事でした。同じく一番船で同所に渡った安芸さん夫婦は沖アミのふかせ釣り、午後2時までの釣行でマルアジを十八匹とマサバを二匹に22−30cmのグレを六匹、カワハギを四匹と25−35cmの黒ダイを九匹で三匹はリリースしたそうです。同じく一番船で同所に渡った松茂町の山村さんも同釣り、22−28cmのグレをを四匹とマルアジを一匹。同行の藤原さんも同所で同釣り、山村さんと同サイズのグレを二匹とマルアジを一匹。

二番船で同所に渡った藤城さんも同釣り、35cmの黒ダイを一匹と25cmのメバルを一匹にマルアジを四匹。

三番船で同所に渡った林君も同釣り、25−48cmの黒ダイを四匹とマルアジを四匹。同行の阿波市の岡田さんも同釣り、マルアジを十匹と25cm前後の黒ダイを二匹に28cmのグレを一匹。

一番船でコーナーに渡った板野町の筒井さんも同釣り、午後2時までの釣行で35cmの黒ダイを一匹だったそうです。

白灯台の先端に渡った小里名人も同釣り、25−43cmの黒ダイを七匹と25−28cmのグレをを四匹にマルアジも四匹。

先月末の日曜日にFM徳島さんの呼掛けで、大勢のボランティアの皆さんが清掃をしてくれた沖ノ洲海岸、土曜日の夜に誰かが家庭ゴミを捨てに来たようです(写真)。この捨てられたゴミには、とんでもない事実が判明しましたがブログではそれ以上の追及は止めておきます。明日にでも西川さんと二人で、片付けて綺麗にしたいと思っています。

DSC_0046DSC_0047

newtakedamaru at 14:10コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月21日

11月20日、日曜日、小潮、晴れのち曇り一時雨。

目が覚めたのが2時40分、幾ら何でも早すぎると思いもう一度寝る事にしました。次に目が覚めたのが5時39分、慌てて身仕度をして家を出ることになりました。昨日の一番船では三人しか居なかった釣り客が、今日は三十人近くいて三回に分けて運ぶ事になってしまいました。船頭さんは目覚まし⏰がなくても、いつもは大抵4時半には目を覚まします。それが二度寝をしたと言う事で、不覚にも寝すぎてしまいました。6時までに一番船を出船させる予定が、寝すぎたおかげで大幅に狂ってしまいました。釣り客が少なくなって来たので出船時間を遅くしたのに、まさか今日に限って多いとは思っていませんでした。

ここ最近の天気と同様に、釣り客の動向を読むのは難しいですね。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、マルアジを二匹釣ったが潮はほとんど動かなかったそうです。同所の階段の前に渡った多田君は沖アミのふかせ釣り、25−30cmのグレを六匹とマルアジを四匹にマサバを一匹とカワハギを三匹。

同所から少し中央寄りに渡った張君も同釣り、同サイズのグレを七匹とマルアジを六匹に25cmのカワハギを一匹。同所の西向で釣った小泉君は胴付き仕掛け、カワハギを六匹と25cmのグレをを一匹。張君から少し中央寄りに渡った橋口君も同釣り、25cmの黒ダイはリリースして38−45cmの黒ダイを三匹。同所に渡った松茂町の斉中さんも同釣り、30cmの黒ダイを三匹との事でした。更に中央寄りに渡った竹野さんも同釣り、22−30cmのグレをを六匹とマルアジを二匹。中央に渡った山本君と田中さんも同釣り、山本君が27−43cmの黒ダイを五匹で田中さんが30−35cmの黒ダイを五匹。

コーナーに渡った七條君はルアーで35−58cmのマゴチを五匹、同行の浜さんも同釣りで45cmのヒラメを一匹とハリイカを二匹。同所に渡った工藤さんは沖アミのふかせ釣りで35cmの黒ダイを一匹、山川町の福岡さんは同釣りで28cmのグレを一匹と35cmの黒ダイを一匹。上板町の三好さんも同釣りで30−35cmの黒ダイを七匹、同行の石井町の佐藤君は35cmの黒ダイを一匹。

白灯台の先端に渡った小里名人も同釣り、30cmのグレを一匹と35−48cmの黒ダイを七匹。同行の仁木さんも同釣り、35cmの黒ダイを二匹とカワハギを三匹。同所から少しコーナー寄りに渡った石井町の堀江さんも同釣り、22−28cmのグレをを六匹と30−35cmの黒ダイを四匹。

今日、黒友会の山下さんと郡さんに電話をして、12月4日に結婚式に出席するので東京に行く事を伝えました。4日の午後6時頃に、山下さんが経営する「ふうふう亭」に伺う予定にしています。不慣れな東京で時間通りに行けるかは疑問ですが、迷わないように行きたいと思っています。翌日の月曜日は鈴木さんや三木さんや藤沢君などとも会い、火曜日の夕方に徳島へ帰って来る予定にしています。


newtakedamaru at 11:10コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月20日

11月19日、土曜日、中潮、雨のち曇りのち晴れ。

今朝は昨日とは逆で、南風の影響を受け暖かい朝を迎えました。そのおかげかは分かりませんが、なんと赤家蚊に頭を二ヶ所刺されていました。頭の痒さで目が覚め、一匹は退治したもののもう一匹は叩き損ねて逃げられてしまいました。髪の毛がふさふさしていれば頭を刺される事もないのでしょうが、スキンベッドの船頭さんとしてはどうしても頭を狙われてしまいます。叩き損ねたもう一匹、帰って来たら必ず退治したいと思っています。

さて本日の釣果ですが、朝方まで雨が残ったと言う事もあり、一番船の釣り客は三人しか居ませんでした。

コーナーに渡った岩佐君と矢野君は探り釣り、矢野君は初めてと言う事で15−20cmのガシラを十匹、岩佐君は同ガシラを十匹と小アジを十匹に16−20cmのカワハギを二十匹と25cmのウマズラハギを一匹。同所に渡った石井町の姫田さんは沖アミのふかせ釣り、30−35cmの黒ダイを二匹と大物のバラシが一回。

二番船で同所に渡った阿波市の高橋さん一行三人も同釣り、それぞれが25cm前後の黒ダイを二〜三匹との事でした。同じく二番船で同所に渡った仁木さんも同釣り、唯一のアタリが30cmのグレ一匹だったそうです。

晩秋を迎えているのにもかかわらず、この暖かさは異常ではないかと思う一日でした。明日は更に天気が良くなりそうなので、釣り客も多くなるかも知れないです。


newtakedamaru at 10:16コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月19日

11月18日、金曜日、中潮、晴れのち曇りのち雨。

今朝は放射冷却と言う事で冷え込み、バイクで走るにはいつもの服装はちょっと辛かったです。特に一番冷たく感じたのは手でして、そろそろ手袋の用意もしなければならなくなって来ました。午前中は北西の風がそこそこ吹いてヒンやりとしていたのですが、午後からは南の風に変わって気温はぐんぐんと上がって来ました。そして夜には、バタバタと言う雨音をたてながら雨まで降り出して来ました。なんとも目まぐるしい天気の一日だった事でしょうか。

さて本日の釣果ですが、昨日に続いて赤灯台に渡った浜崎さんはサビキ釣りでマルアジを十六匹、今日は午後2時まで粘ってエサを完全に使い切ったとの事でした。同所から少し中央寄りに渡った藤原さんは沖アミのふかせ釣り、22−28cmのグレを四匹とバラシも数回あったそうです。

中央に渡った石原さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを二匹とこちらも数回のバラシがあったとの事でした。

コーナーに渡った小里名人も同釣り、30−45cmの黒ダイを四匹と40cmのスズキを一匹。同所から少し白灯台寄りに渡った志和さんも同釣りで22−28cmのグレを八匹、同所で片岡さんも同釣りで同グレを四匹と30−40cmの黒ダイを四匹。更に白灯台寄りに渡った板野町の小西さん?も同釣り、一文字は初めてと言う事でしたが25−30cmのグレを五匹。

コーナーと白灯台の中間に渡った浜川さんも同釣り、22cmのグレを二匹と30cm前後の黒ダイを四匹。昨年の今頃なら、マルアジ釣りはとっくに終わっていた筈です。

しかし、今日も赤灯台では二桁のマルアジが釣れました。11月も下旬となって来ると、マルアジは旬の真っ盛りを迎えています。それなのに釣り客が少ないとは、バカ舌の日本人が多くなったからとしか考えられません。最近の調査でも日本人の魚離れは進んでいて、魚の需要が増えているアジア諸国とは対照的な統計が出ています。諫早湾を見ても分かるように、今の漁師さん達は漁業補償でじゅうぶに贅沢な暮らしが出来る世の中になっています。そのうち我々の食卓に昇る魚は、養殖物か台湾や中国や韓国から輸入された冷凍魚しか食べられなくなるでしょうね。


newtakedamaru at 11:30コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月18日

11月17日、木曜日、中潮、晴れ。

自民党の主導で、憲法改正の動きが始まっているようです。戦後、大日本国帝国憲法からアメリカの主導で改められた現憲法、制定から70年と言う事もあり一部の改正には船頭さんも賛成です。ただ、安倍政権が目指そうとしているファシズム的な動き、集団的自衛権や秘密保護法案など危険性のあるものは反対です。平和憲法を維持しつつ、国の防衛は怠らず国民主権の真の民主国家を目指すのが一番ではと思います。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った藤原さんはサビキ釣りでマルアジを五匹。同所に渡った浜崎さんも同釣り、マルアジを一匹と30cmの黒ダイを二匹に40cmのスズキを一匹。同所と中央の中間に渡った八木さんは沖アミのふかせ釣り、22−28cmのグレを九匹と22cm前後のカワハギと25cm前後のウマズラハギを合せて八匹。同行の松茂町の山村さんも同釣り、25−30cmのグレをを三匹との事でした。

コーナーに渡った小里名人も同釣り、今日は今一とかで25cm前後の黒ダイを四匹。同所に渡った七條君はルアー、30cmのイトヒキアジを一匹と30−35cmのマゴチを三匹。同所に渡った箕村さんは胴付き仕掛けの探り釣り、狙いのカワハギが釣れず30cm弱のグレを二匹。同所から少し白灯台寄りに渡った小松島市の大場さんは沖アミのふかせ釣り、22−25cmのグレをを八匹と同数のバラシがあったそうです。

更に白灯台寄りに渡った稲川さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを五匹とカワハギを二匹。

白灯台の先端に渡った藤城さんも同釣り、25cm前後のグレを二匹と25−30cmの黒ダイを四匹、手の平弱の小グレを十匹以上釣ったがリリースしたそうです。

明日の夜には天気が崩れて雨の予報、土曜日の朝まで残りるとの事です。そうなると、日曜日はまた強い北風の心配をしなければなりません。せめて土日だけでも、穏やかな天気にしてくれればありがたいのですがね。


newtakedamaru at 10:52コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月17日

11月16日、水曜日、大潮、曇りのち晴れ。

今日は穏やかだった昨日とは一変して、北風が強く海は朝から時化ていました。一番船の釣り客六人を乗せて出船したのですが、真横に波を受けるコーナーには接岸をする事は出来ませんでした。

赤灯台に一人を下ろし、コーナーは沖側のテトラに船の舳先を接岸させ二人を下ろしました。残りの三人は無理をするまでもないと、日を改めて出直す事になりました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った笹さんは活きエビを使ってのふかせ釣り、午前10時までの釣行で48cmのヒラスズキを一匹と60cmのスズキを一匹。

コーナーに渡った板野町の高畑さんは沖アミのふかせ釣り、30−35cmの黒ダイを二匹と18−22cmのカワハギを七匹にマルアジとマサバを一匹ずつ。

二番船で同所に渡った吉野川市の宮田君も同釣り、22−28cmのグレを四匹とバラシが二回にカワハギを二匹。同じく二番船で同所に渡った浜川さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを三匹と24−30cmのグレをを三匹に25cmのキビレを一匹。

日中、強かった北風も夕方には弱くなって来ました。明日は穏やかな秋晴れとなるのではと思います。


newtakedamaru at 11:02コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月16日

11月15日、火曜日、大潮、曇りのち晴れ。

生暖かい朝と思ったら、日中も気温が上がり汗ばむ陽気となりました。風も穏やかで釣り日和となったものの、一番船の釣り客は昨日と同じで二人しか居ませんでした。今日は9時前後に三人の釣り客があったのですが、タイミングが悪く一人ずつ送る羽目になってしまいました。

さて本日の釣果ですが、全員がコーナーに渡り探り釣りが一人と沖アミのふかせ釣りが四人でした。

藍住町の多田さんは探り釣りで20cm前後のガシラを十匹、胴突き仕掛けで18cm前後のカワハギを十五匹。

西向きに座を構えた小里名人は、沖アミのふかせ釣りで30−38cmの黒ダイを九匹。

同所から少し白灯台寄りに渡った藤城さんも同釣り、カワハギを一匹と28cmのグレを一匹に22−32cmの黒ダイを六匹。

同所に渡った勝浦町の日浦さんも同釣り、25cmのキビレを一匹と28−35cmの黒ダイを三匹に25−28cmのグレを三匹。

同所から更に白灯台寄りに渡った浜川さんも同釣り、25−35cmの黒ダイを七匹と23−32cmのグレを八匹にカワハギを七匹とマルアジも一匹。

釣り人が少なかったと言う事もあったのですが、全員が狙い通りの魚を釣って帰るのも珍しいのではと思います。釣り客も段々と少なくなって来ているし、夜明けも遅くなって来ているので出船時間を6時半にしようと思います。


newtakedamaru at 11:39コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月15日

11月14日、月曜日、大潮、曇りのち雨。

今日は午前中が曇りで、夕方から雨と言う予報になっていました。夕方から雨と言う事になると、同然ですが気圧が下がってくるので魚釣りには好条件となります。逆に雨が上がって天気が回復してくると、季節風が強まり釣り辛くなって来ます。が、雨を嫌ってか今日の釣り客は二人しか居ませんでした。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った松茂町の山村さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で25cm前後のグレを二匹とマルアジを七匹にサバを六匹、小アジもふかせ釣りで二十匹以上釣っていました(写真)。白灯台に渡った林君も同釣りで午後4時までの釣行、28−30cmのキビレを二匹と32−42cmの黒ダイを六匹にハリス切れのバラシが一回、20cm前後のガシラも良く釣れたそうでこちらも二十匹以上釣ったとの事でした。

今日は満月の大潮と言う事でスーパームーン、残念ながら雨模様で月を見ることは出来ませんでした。明日は天気も回復して、普段より大きな月が観賞できるのではと思います。

DSC_0045

newtakedamaru at 14:37コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2016年11月14日

11月13日、日曜日、大潮、晴れのち曇り。

昨夜は午後9時に反省会をお開きにしたのですが、そのまま帰宅組と街に繰り出し組とに分かれました。船頭さんは街に繰り出し組と同行する予定でしたが、奥さんが迎えに来てくれると言う山ちゃんと待っている間に気が変わり、代行運転を呼んで帰ることにしました。今日は今日でそれなりに忙しかったのに、明日も日曜日と言うことで夜更かしをする余力は残っていませんでした。次ぎは12月に忘年会を予定していますので、参加希望者は船頭さんか小泉君に連絡を下さい。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った今津さんと木内さんはサビキ釣り、今津さんがマルアジを三匹で木内さんは二匹でした。同所から少し中央寄りに渡った高松市の近藤さんは沖アミのふかせ釣り、同行の森川君と二人で28−47cmの黒ダイを五匹。同所に渡った八木さんも同釣り、グレを三匹と黒ダイを二匹とマルアジを一匹。同行の山添さんはグレを六匹とマルアジを一匹、竹野さんもマルアジを一匹とグレを三匹、張君はグレを六匹とマルアジを一匹。グレは22−30cmで黒ダイは28−33cm、八木さんはマルアジと良く似たマサバも二匹。

同所から更に中央寄りに渡った吉野川市の宮田君も同釣り、同グレをを二匹と同黒ダイを三匹でマルアジは釣れなかったそうです。

コーナーに渡った上板町の三好さんも同釣り、昼まで釣行で同黒ダイを七匹だったとの事です。同行の石井町の佐藤君も同釣り、午後4時まで粘って同黒ダイを三匹。同所に渡った山口さんも同釣り、西向きに竿を出して48cmの黒ダイを一匹。同所でサヨリ狙いの上板町の金井さんは、32cmのサヨリを二匹と22−25cm五匹に20cm前後のガシラを十匹。同所に渡った藍住町の多田さんも同釣り、22−30cmのサヨリを十匹とカワハギを十五匹。

同所から白灯台寄りに渡った土成町の平川さんは沖アミのふかせ釣り、32−40cmの黒ダイを十三匹との事でした。同じく同所に渡った勝浦町の日浦さんも同釣り、昨日と同じく今日も同黒ダイを三匹と22−30cmのグレを三匹。同じく同所に渡った仁木さんも同釣り、最終まで粘って22−28cmのグレを四匹。同所で探り釣りをした菅村さんは、航路側のテトラを探り20前後のガシラを四十匹。昨日の釣果で八木さんに同行の中野さんは、竹野さんの間違いでした。ここの所、間違いが随分あるようですが忙しいと言う事でご勘弁を。


newtakedamaru at 10:47コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月13日

11月12日、土曜日、中潮、晴れ。

今日も素晴らしい秋晴れに恵まれ、その上に市役所の有志の釣り大会があり忙しく走り回った船頭さんです。毎日、今日ぐらいの釣り客あればこの家業も面白いのですがね。ここ近年では一年でこのような日はほんの数日、マリーナの社長が勧めてくれる新造船など夢の夢でしかありません。

さて本日の釣果ですが、有志の釣り大会は黒ダイを四匹釣り上げた森さんが優勝と大物賞、準優勝は五匹の黒ダイを釣り上げた多田君、3位は三匹の黒ダイを釣り上げた天羽君でした。それ以外ではコーナーに渡った七條君が、ルアーでタチウオは釣れなかったものの35−50cmのマゴチを五匹。

沖アミのふかせ釣りでは土曜日と言うのに珍しく小里名人がやって来て、25−35cmの黒ダイを九匹釣っていました。同所に渡った鳴門市の松浦さんは25cmの小グレを一匹、山本君は44cmの黒ダイを一匹、美馬市の作昌さんは33cmの黒ダイを一匹、山川町の桧さんは35cmの黒ダイを一匹。

同所より白灯台寄りでは石井町の堀江さんが25−33cmの黒ダイを三匹と22−28cmのグレを三匹。同所に渡った勝浦町の日浦さんも同釣りで、28−35cmの黒ダイを三匹と22−28cmのグレを三匹。

白灯台の先端に渡った高瀬さんも同釣り、サシエサが残った情態が続き40cmの黒ダイを一匹。

三本に渡った北島町の平山さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを二匹との事でした。

中央に渡った石原さんも同釣り、35cm前後の黒ダイをネリエサで二匹。中央と赤灯台の中間に渡った八木さんも同釣り、22−30cmのグレをを十五匹と30cm前後の黒ダイを二匹、27cmのマサバを二匹とマルアジを九匹釣ったが五匹はバラシ。同行の山添さんも同グレをを十五匹とマルアジを三匹にマサバを一匹、同じく同行の中野さんは同グレを五匹でした 。

午後6時、日没が過ぎ夕闇が押し迫り辺は闇に包まれ出した頃、ことしの大大大反省会の開演となりました。名古屋からはテッシー、大阪は荒ちゃんと篠さんに黒岩さん夫妻、総勢二十人が浜でバーベキューをしながら釣り談義に花を咲かせました。船頭さんの日頃の行いがよほど良いのか、風も穏やかで夜の冷え込もありませんでした。船頭さんが用意した食材はすべて最高級、徳島ではこれ以上の物は恐らく手に入れられないのではと言うのも四品、サービスで店の店員がオマケしてくれました。来年も反省会のメンバーが活躍してくれるよう、船頭さんは期待してます。


newtakedamaru at 11:28コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月12日

11月11日、金曜日、中潮、晴れ。

今週は日付けを間違えて月曜日付けで二回、管理人さんに本日の釣果を送信していました。それから一日ズレになっていると小泉君から連絡があったので、管理人さんにその旨をメールで伝えておきました。管理人さんの方も何かと忙しいようで、そこらのチェックまでは出来てないようです。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った浜崎さんはサビキ釣り、午後2時までの釣行でマルアジを八匹とボラを一匹。同所に渡った阿南市の武田さんは探り釣り、25cmのアッコ(キジハタ)を一匹と18−23cmのガシラを四十匹。

コーナーに渡った北島町の国安さんは沖アミのふかせ釣りとサビキ釣りの二刀流、マルアジは釣れなかったがふかせ釣りで30cmの黒ダイを一匹。同所に渡った阿波市の北尾君もサビキ釣りと探り釣り、30cmのアイナメを一匹と20cm前後のガシラを十匹に小アジを二十匹。同所に渡った樋口君は探り釣り、航路側で入れ食いだったそうで18−22cmのガシラを八十匹とカワハギを三匹。同所に渡った松茂町の山村さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で25−30cmのグレを十六匹。

白灯台に渡った板野町の岩田さんも同釣り、28−33cmの黒ダイを三匹と25−30cmのグレを四匹。同所に渡った志和さんと箕村さんも同釣り、志和さんは25−30cmのグレを六匹で箕村さんは30cmのグレを一匹と16−23cmのカワハギを十五匹。

コーナーに渡った鎌田君はルアーでタチウオを一匹、同行のオヤジさんは45−50cmのマゴチを二匹。今日は秋晴れの快晴で、反省会の会場を設営するのに大汗が出ました。

明日もこの天気であれば、今年の反省会も大いに盛り上がるのではと思います。


newtakedamaru at 10:52コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月11日

11月10日、木曜日、若潮、曇り一時晴れ。

今朝は昨日の大荒れがまだ残っていて、一番船が出船した時はけっこう荒れていました。その荒れも時間が経つにつれ治って来て、夕方には完全に凪いで来ました。日中は雲が優勢で、太陽は一時顔を覗かせた程度で肌寒い一日でした。が、この寒さも水温にはほとんど影響なく、魚の活性は高かったようです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った中川さんは沖アミのふかせ釣り、25−35cmの黒ダイを九匹で同行のオヤジさんは小アジを五十匹。同所に渡った石井町の田中さんも同釣り、25cmのメッキアジを一匹と25cmの黒ダイを一匹にマルアジを一匹。同行の板野町の高畑さんも同釣り、昼までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った小松島市の大場さんも同釣り、少し白灯台寄りで25−28cmのグレを三匹。

赤灯台に渡った天羽さんも同釣り、25−33cmの黒ダイを三匹と22−30cmのグレを四匹。同所に渡った林君も同釣り、マルアジを一匹と25−40cmの黒ダイを十三匹。同行の阿波市の岡田さんも同釣り、マルアジを三匹と28cmのグレを一匹に25−47cmの黒ダイを十匹。同所に渡った石原さんはサビキ釣り、25cmのグレを一匹とマルアジを五匹に小アジを二十匹。同所に渡った鴨島町の大塚さんも同釣りでマルアジを五匹、藤原さんはマルアジを十三匹、松茂町の林さんはマルアジを十五匹。

少し先の話ですが、12月4日(日曜日)から6日の水曜日まで休ませて頂ます。明治神宮で姪が結婚式をあげるのですが、その式に招待をされています。そのついでに昔、船頭さんが住んでいた板橋区の氷川台や埼玉の上福岡市を訪ねたり、落とし込み釣りで徳島に来てくれている釣り客と、せっかくの機会ですから一杯やりたいと思っています。この仕事を始めて旅行らしきものはほとんどないので、たまの息抜きと思っているので宜しくお願い致します。


newtakedamaru at 13:18コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年11月10日

11月9日、水曜日、長潮、曇りのち晴れのち曇り。

今日は雨上りと言う事で、終日北風が強く寒い一日となりました。日曜日と同様に朝から海は大荒れ、一番船の出船を悩みながら浜にやって来たのですが、さすがに釣り客は一人も居ませんでした。これを幸いと喜ぶべきか、不幸と嘆くべきかと思ったのですが喜ぶ事にしました。それでも三人から出船の問合せがありましたが、今日は海が荒れていると説明して明日以降にして貰う事にしました。しかし、先日のブログで本格的な冬将軍の訪れはまだ先の話ですと書いたのに、見事に船頭さんの予想を裏切ってくれました。と言う事で、釣り客はなく本日の釣果はありません。

そんな今日、第45代アメリカ大統領の投票結果が出ました。民主党のヒラリー・クリントン前国務長官を破って、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利しました。トランプ氏は実業家で公職経験は全くなく、問題発言が多い事で知られています。フィリピン大統領を見てもわかるように、問題発言の多い人の方が、根っからの政治家よりも国民に人気があるようです。トランプ氏が大統選で訴えていたTPPの反対や、同盟国の米軍駐留費を大幅に引き揚げると言う事が現実化してきます。

日本としても今後、アメリカとの付き合い方を考えなければならなくなって来ました。その為にはロシアとの平和協定を結び、北の脅威を一つ減すと言う事も重要ではないかと船頭さんは思います。


newtakedamaru at 11:42コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2016年11月09日

11月8日、火曜日、小潮、晴れ。

予報がコロコロと変わり、車で行こうかバイクで行こうか迷いました。今朝のウェザーで天気を見ると、曇りで午前中に一時雨になっていました。それならとバイクで行く事にしたのですが、9時頃から降りだした雨は夕方まで降り続けました。

一番船の釣り客は二人、二番船の釣り客も二人と言う事で今日の釣り客は四人でした。さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣り、午後2時に帰るまで一人で独占状態だったそうです。そこで三本の竿を使ってマルアジと小アジの両方を狙い、マルアジを二十匹と小アジを五十匹との事でした。

コーナーに渡った石井町の姫田さんは沖アミのふかせ釣り、同じく午後2時までの釣行で35cmの黒ダイを一匹と28cmのグレを一匹にカワハギを一匹。同所に渡った藤崎君と吉岡君はルアー、藤崎君が50cmサゴシを一匹で吉岡君は30cmのグチを一匹と指の幅三本半のタチウオを一匹。

今朝、バイクで来る途中の交差点で変わった走り方をする車を見ました。なんと交差点で、方向指示機を右に出して左にその車は曲がって行きました。船頭さんのすぐ前を走っていて、曲がる方向が同じだったのでちょっとびっくりしました。白線をはみ出て左側をギリギリで走ったりと、なんとなく危なっかしかったので車間をかなり取って走るようにしました。つい最近もありました。通学中の児童が車に跳ねられ死亡すると言う事故が、君主危うきに近寄らずの船頭さんでした。


newtakedamaru at 10:45コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ