2017年07月23日

7月22日、土曜日、大潮、晴れ。

夏の必需品と言えばタオル、弁当を忘れてもタオルは忘れるなです。冷房の効いたオフィスなどで働いている人には想像がつかないかも知れませんが、太陽に熱せられた砂浜の温度は50度はあるのではないでしょうか。そんな過酷な状況下で日の出から日没まで居る船頭さん、さすがに還暦を過ぎた身としては良く続くと自負でも思います。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った辻さんはサビキ釣り、10時までの釣行で五百匹ぐらい釣ったのではと言ってました。同所に渡った若松さんも同釣り、お孫さんと二人で昼まで釣り20Lのクーラーを満タンにしていました。同所に渡った鴨島町の小泉さんも同釣り、トツカアジを二匹と小アジを少々と30cmのツバス(ブリの幼魚)を一匹。同所に渡った前野君は投げ釣り、20−23のキスを二十匹と小アジを少々。

コーナーに渡った横尾さんは落とし込み釣り、前打ちではアタリがなくヘチ釣りでバラシが一回、午後3時から再度同所に渡り40−51cmの黒ダイを五匹。同所に渡った藤原さんも同釣り、52cmの黒ダイを頭に四匹。同所に渡った石井町の芝原君も同釣り、午前中は四匹の黒ダイを釣り午後からは38−48cmの黒ダイを九匹。

午後3時からジャンボに渡った吉野川市の工藤君も同釣り、芝原君と同様に38−48cmの黒ダイを十二匹。

今日は芝原君が船底掃除を手伝っくれたので、ほぼ半分ぐらいフジツボやカキを落とす事が出来ました。一人でするよりは二人、三人になればもっと作業ははかどると思っています。


newtakedamaru at 10:12コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月22日

7月21日、金曜日、中潮、曇り一時雨のち晴れ。

今日から子供達は楽しい夏休み、船頭さんはあまり楽しくない船底の掃除をしなければなりません。長さが12mあるタケダ丸、一人では容易に出来るものではありません。特に舵、シャフト、スクリューはピカピカに研き上げなければならないので、船底の掃除の何倍もかかってしまいます。8月から一本釣りの漁師になろうと思っているので、出来れば今月中に仕上げたいと思っています。

さて本日の釣果ですが赤灯台に渡った笹さんは落とし込み釣り、9時までの釣行で40cmの黒ダイを二匹。同所に渡った藤原さんはサビキ釣り、昼までの釣行で22cmのトツカアジを一匹との事でした。

白灯台に渡った田村さんと梅田さんも同釣り、昼まで釣って小アジを五百匹前後ぐらいと言ってました。同所に渡った北島町の国安さんも同釣り、小アジを少々釣り投げ釣りで20−26cmのキスを五匹。

昼前にコーナーに渡った松茂町の藤井さんは落とし込み釣り、午後4時まで釣ったがアタリがなかったそうです。

午後1時に同所に渡った稲川さんも同釣り、黒ダイの姿は見えるものの同じく黒ダイは釣れなかったとの事です。

ジャンボに渡った鴨島町の大島君も同釣り、午後4時まではほとんどアタリがなかったそうだが、満潮から潮が良くなったのか38−48cmの黒ダイを十四匹。家で飼ってるトラネコが昨夜、車に跳ねられたのか大怪我をして帰って来ました。仕方なく今日病院に連れて行き治療して貰ったのですが、何と手術代金が五万八千円もかかってしまいました。国民健康保険に加入していれば負担は三割、また場合によっては高額医療費の手続きも出来ます。学校法人「加計学園」の獣医学部新設が問題となっていますが、ペットを飼う家庭がそれだけ増えて来ていると言う現状です。ペットも家族と見なして、国民健康保険に加入が出来ればありがたいですね。


newtakedamaru at 09:33コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月21日

7月20日、木曜日、中潮、曇りのち晴れ。

今日は県内の小中高で終業式、明日からは子供達にとって待望の夏休みが始まります。勉強から少し離れ、海や山に出掛け色んな経験を積んで欲しいものですね。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣り、小アジを五百匹以上と落とし込み釣りで40cmの黒ダイを一匹。

昼にコーナーに渡った稲川さんは落とし込み釣り、51cmと53cmの黒ダイを三時間の釣行で二匹。午後3時に同所に渡った藤原さんも同釣りで黒ダイを五匹、同行の松茂町の斉中さんも同釣りで黒ダイを七匹、同じく同行の橋口君も同釣りで黒ダイを十二匹。

同じく午後3時にジャンボに渡った鴨島町の大島君も同釣りで黒ダイを十八匹、同行の松茂町の山村さんも同釣りで黒ダイを三匹とキビレを一匹。黒ダイの大きさは一文字もジャンボも、38−48cmで40cmの後半サイズが多かっとの事でした。

午後4時の満潮に合わせて、今日の夕方にタケダ丸をドック入りさせる事が出来ました。二年間ドックに一度も揚げていなかったと言う事で、船底はカキとイガイが見るも無惨なほど付いていました。明日からは時間が出来次第マリーナに行き、船底の掃除にペンキ塗りなどをする予定です。暇のある方は、是非とも手伝に来て欲しいと思っています。


newtakedamaru at 11:05コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年07月20日

7月19日、水曜日、若潮、曇りのち晴れ。

気象庁は今日、関東甲信越、東海、近畿、四国、中国で梅雨明けしたとの発表がありました。空を見上げれば入道雲と青空、いよいよ夏本番の到来と言う事になりました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った久保さんはサビキ釣り、昼までの釣行で20Lのクーラーに小アジを七分目まで釣っていました。

コーナーに渡った藤原さんは落とし込み釣り、午前10時までの釣行で40cmの黒ダイを一匹。同所に渡った脇町の谷口さんも同釣り、同じく10時までの釣行で38cmの黒ダイを一匹。

ジャンボに場所替えした谷口さんは、こちらでも落とし込み釣りで35−48cmの黒ダイを八匹。同所に渡った中川さんも同釣り、40−48cmの黒ダイを十四匹で同行のオヤジさんは六匹。昼から同所に渡った上岡君と鴨島町の大島君も同釣り、上岡君が35−48cmの黒ダイを二十一匹で大島君は同黒ダイを十二匹。

午後3時からコーナーに渡った橋口君も同釣り、前打ちで40cmの黒ダイを一匹釣りヘチで40−45cmを七匹。

今日、バイクの前輪のタイヤが入荷したとブリジストンさんから電話がありました。早速マリンピアの営業所へ受け取りに行き、支払いを済ませて帰ろうとすると初老のおばさんが、ミニバイクを押しながらやって来ました。従業員の一人にエンジンがかからなってしまったので、何とかして貰えませんかと頼んでいました。しかし、従業員さんはパンクの修理は出来るが、エンジンの修理は出来ませんと断っていました。すると中原社長がおばさんに、どこまで行くのかと尋ねた後にバイクのセルモーターを回し出しました。従業員に工具箱を持って来るように指示すると、何と修理を始め出しました。それならと船頭さんも手伝う事になり、二人で分担して順番にカバーを外して行きました。中原社長はプラグを外して掃除を、船頭さんはキャブレターを外してガソリンを抜き、原因と考えられる場所を点検してエンジンを始動させました。すると一発でエンジンは始動、後は外したカバーを取り付け無事に修理は終わりました。

その間、おばさんにジュースを出すように従業員に言い、修理代金を貰うどころかガソリンまで入れ足してあげる親切さ。バイクのプレイトを見ると呉ナンバー、まさか広島の呉ですかと聞くとそうだと言います。驚いたの何のっておばさんはミニバイクで東京まで行き、帰りはフェリーで徳島に着きこれから松山まで行くとの事。中原社長と二人で、松山まで無事にたどり着くようにと見送りました。一時間ほどした時、おばさんがビールを買って引き返して来たと中原社長からの電話。知らない土地で親切にして貰ったと、たいそうお礼を言って松山に向かったとの事でした。今夜は船頭さんにと分けて貰ったビールを良く冷やし、カツオのタタキで一杯やる事にします。


newtakedamaru at 09:26コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年07月19日

7月18日、火曜日、長潮、曇り一時雨。

暫く晴れの日が続いたので、そろそろ梅雨明けかと思ったがまだのようです。ただ、しとしと一日中雨が降ると言うのではなく、降るとなるとたちまちスコールのような豪雨になります。東京では意表をつく雹が降り、新潟では豪雨と何がなんだか良くわかりません。いつ、どこで、どんな異変が起こっても不思議ではないので、海や山に出掛けられる人は細心の注意が必要ではと思います。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡ったさぬき市の木村君は落とし込み釣り、三回のアタリで二回はハリ掛りせずもう一回はハリ外れのバラシ。同所に渡った四宮君と真渕君も同釣り、四宮君が黒ダイを一匹で真渕はアタリなしとの事でした。同所に渡った土成町の平川さんも同釣り、三人が帰った後と言う事でしたが40−52cmの黒ダイを八匹。赤灯台に渡った松茂町の山村さんも同釣り、40cmの黒ダイを一匹釣ったが雨でずぶ濡れとなり、ジャンボの三人と同じ便で帰って行きました。雨にも負けず風にも負けずに頑張ったのは高松市の香西さん、午後3時まで釣り30cmの黒ダイを一匹、45−53cmの黒ダイを十六匹釣り腱鞘炎になりそうだと言ってました。

午後から同所に渡った藤井君も同釣り、45−51cmの黒ダイを十三匹で同行のオヤジさんは同黒ダイを三匹。香西さんは雨を覚悟で渡ったのですが、先に渡った四人はそうではありませんでした。雨雲が迫って来た9時過ぎに一度は迎えに出たのですが、その時は誰も帰ろうとはしませんでした。雨がピークに達しようとすると、決まってここまで降るとは思わなかったので、迎えに来て貰えませんかと電話があります。実際の所、雷が鳴ってる最中なんかははっきり言って船頭さんも恐いです。最近のスマホはリアルタイムで気象情報を得られるので、出来れば30分ぐらい前に電話をして欲しいと思っています。


newtakedamaru at 09:51コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年07月18日

7月17日、月曜日、小潮、晴れ。

今日は海の日、三連休の最終日と言う事で釣り客はそう多くなく、余裕を持って一番船の出船でした。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った藤原さんはサビキ釣り、トツカアジ狙いと言う事でしたが昼まで釣って一匹。コーナーに渡った橋本君は落とし込み釣り、ポイントの選定を誤り40−48cmの黒ダイを三匹。同所に渡った石井町の芝原君も同釣り、中央から赤灯台の間で同黒ダイを十九匹。同所に渡った藍住町の多田さんも同釣り、落とし込み釣りは初めてとの事でしたが33cmの黒ダイを一匹。同所に渡った小里名人は沖アミのふかせ釣り、10時以降は体力的に無理と言いながら33cmの黒ダイを一匹。同所に渡った郡さんと藤井さんは探り釣り、ガシラの匹数はわからないが小型クーラーがほぼ満タンと言ってました。

白灯台に渡った福田さん一行三人はサビキ釣り、昼までの釣行で小アジをそれぞれ三百匹ほど釣ったとの事でした。

海の日と言えばやっぱり花火、今日は船頭さんの渡船乗り場で花火を約20分間打ち上げました。宣伝をまったくしてなかったので、観客はほんの数人でしたがタマヤ〜の掛け声で夜空に大輪の花、真夏の夜を飾る花火は最高ですね。


newtakedamaru at 11:20コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月17日

7月16日、日曜日、小潮、晴れ。

今日は落潮会の月例会と言う事もあり、一番船は三回に分けて運ぶという大盛況でした。が、二番船は一人で三番船が二人、その後は大したことありませんでした。

さて本日の釣果ですが、落潮会の月例会では黒ダイの二匹の長寸が90.5cmの工藤君が優勝、横尾さんは三匹の黒ダイを釣り上げたものの、二匹の長寸が87.5cmと言う事で二位。木村君は48cmの黒ダイを一匹で、小泉君と益田さんも35cm前後の黒ダイを一匹ずつ。

落潮会以外では土成町の平川さんが52cmの黒ダイを頭に五匹、橋本君は45−53cmの黒ダイを二匹、茅ヶ崎市の鈴木君も40cm前後の黒ダイを二匹、田中さんは35cmの黒ダイを一匹だったそうです。

白灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、地合いは短かったそうだがトツカアジを七匹。同所に渡った田辺さんと村上さんも同釣り、小アジを三百匹ずつと20−23cmのキスを投げ釣りで三匹。同所に渡った鴨島町の乾君も同釣り、同じく小アジを三百匹ぐらい釣ったとの事でした。同所に渡った村上さんは探り釣り、コーナーまで釣り歩き20−24cmのガシラを二十五匹。

赤灯台に渡った阿波市の大塚さんはサビキ釣り、運良く角が空いていてトツカアジを十五匹。同所に渡った阿部さんも同釣り、三人のお孫さんのおもりをしながら小アジをそこそこと言ってました。同所に渡った北島町の亀田さんと松茂町の室さんは探り釣り、亀田さんがガシラを二十匹で室さんは二十五匹。

ジャンボに渡った四宮君と高知市の野口君は落とし込み釣り、3時に帰った四宮君は40cmの黒ダイを三匹とハリ外れのバラシが六回、最終まで釣った野口君は51cmの黒ダイを頭に十六匹。同じく最終まで釣った鈴木君は地合いに寝ていたとかで、40cmの黒ダイを一匹しか釣る事が出来なかったそうです。

遠征組の鈴木君と武井君が帰った後、一人で後片付けをしているとドンと腹に響く鈍い音、今日は小松島の港祭りの日と言うのを忘れていました。たまや〜と行きたい所ではありますが、疲れがピークに差し掛かっているので帰って寝る事にします。


newtakedamaru at 10:30コメント(1)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月16日

7月15日、土曜日、小潮、晴れ。

しらさぎ大橋を渡る手前でバイクがパンク、さすがの船頭さんもこれにはお手上げでした。浜までの距離は約5Km、歩くと40分以上はかかってしまいます。そこで、釣り客の誰かに迎えに来て貰おうと考えました。この時間帯に確実に浜に居るであろと思う、茅ヶ崎市の鈴木君に電話をして見ました。案の定浜に着いているとの事でしたが、地理的なことがわからないと言います。そんな会話をしていると、運良く藤崎君が電話を代わってくれ迎えに来てくれる事になりました。とりあえず、一番船の出船には支障がなくたどり着け助かりました。

さて本日の釣果ですが、予想以上に釣り客が多かったので、一文字とジャンボに渡る釣り客を分けて送る事にしました。茨木市の三木さんと同行の豊能郡の井川さん、名古屋の四人組に鈴木君と同行の稲代市の武井君、阿南市の佐藤君はジャンボ。同所で西尾市の臼井君が落とし込み釣りで40−48cm黒ダイを四匹、半田市の杉浦さんは40cmの黒ダイを一匹で豊明市の成田君はタモ入れ寸前でのバラシ、落とし込み釣り初挑戦の刈谷市の山田君はアタリなしとの事でした。佐藤君も同じく落とし込み釣り、臼井君と同サイズの黒ダイを十二匹との事でした。8時に一文字に場所替えした三木さんと井川さん、鈴木君と武井君も同釣りで11時までの釣行でした。三木さんが黒ダイを七匹で井川さんは五匹、鈴木君が四匹で武井君が一匹釣り午前の部は終了。二番船でコーナーに渡った笹さんも同釣り、航路側で前打ち釣りをして40cmの黒ダイを一匹釣り、その後ヘチ釣りをして54cmの黒ダイを頭に六匹。同所に渡った吉野川市の工藤君も同釣り、午前10時までの釣行で51cmの黒ダイを頭に十四匹。同所に渡った橋本君も同釣り、昼までの釣行で38−48cmの黒ダイを二十一匹。同所に渡った樋口君は探り釣り、白灯台までを往復して20cm前後のガシラを三十匹。白灯台に渡った石原さんはサビキ釣り、午前10時までの釣行で20Lのクーラーに小アジを八分目。同所に渡った若松さんも同釣り、昼までの釣行で中サバと小アジで持参したクーラーは満タン。午後の部では三木さん、井川さん、鈴木君、武井君の四人がジャンボで最終まで竿を出す事になりました。三木さんは九匹で午前と合わせて十六匹、井川さんさんも九匹でトータル十四匹、鈴木君は飲み過ぎて寝ていたので0匹、武井君はジャンボでも一匹で計二匹。暑さで頭の働きは半分以下になってるし、パンクしたバイクも修理もしなければな了解ません。その上に、三木さんのたっての願いて浜のスペシャル焼きそば、記憶力は0%となっているので、釣果の方はかなり怪しいと思います。余りの忙しさにネコの手を借りたかったのですが、すでにマオも天国に召されいるはずです。西川さんに応援を頼んで、何とか浜のスペシャル焼きそばをする事が出来ました。夜には名古屋組の杉浦さん一行四人も無事に帰り着いたとの事で、船頭さんのあわただしい一日が終わりました。明日は落潮会の例会もあり、また忙しい一日が待っているようです。


newtakedamaru at 11:33コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 
7月14日、金曜日、中潮、晴れ。

久保ちゃんと入れ替えに名古屋から杉浦さん一行四人が、横浜からは鈴木君が二人でやって来ました。明日は大阪から三木さんが、今週末は県外からの遠征組で賑わいそうです。

さて本日の釣果ですが今日の午前中釣りをして帰る豊明市の久保さんは、ジャンボに渡って落とし込み釣りで黒ダイを六匹との事でした。同所に渡った半田市の杉浦さんも同釣りで黒ダイを二匹、同行の豊田市の成田君も同釣りで黒ダイを一匹、同じく同行の西尾市の臼井君も同釣りで黒ダイを六匹、同じく同行の山田君は落とし込み釣り初めてと言う事でしたが黒ダイを一匹。午後から四人は一文字に渡り成田君が黒ダイを二匹、杉浦さんは黒ダイを一匹、臼井君は黒ダイを二匹で山田君は残念ながら釣れなかったそうです。松茂町の山村さんも同釣りで黒ダイを七匹、藤井君も同釣りで黒ダイを二十匹釣り同行のオヤジさんは八匹との事でした。白灯台に渡った鴨島町の小泉さんはサビキ釣り、トツカアジを一匹と小アジを少々と言ってました。赤灯台に渡った藤原さんも同釣り、同じくトツカアジを一匹とシオ(カンパチの幼魚)を一匹。夕方、久保ちゃんから無事に帰り着いたとの電話がありました。今日も東海地方では大雨、雨に遭遇する事なく帰れたようで良かったです。


newtakedamaru at 05:08コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年07月14日

7月12日、木曜日、中潮、晴れ。

一兆トン?って重さ想像する事が出来るでしょうか。今日も各地で異変が起こっている日本列島、静岡で大雨となり北海道は猛暑日となって沖縄より暑くなりました。世界各地でも大雨による大洪水や、干ばつによる山火事と被害は様々です。そんな中、南極にも温暖化による異変が現れました。海面に張り出した氷の一角が割れ、氷山となった氷の重さが何と一兆トンと言うのですから驚きです。南半球にある南極は今は冬、その冬にこのような事態になるとは完全に異常を来しているとしか考えられません。もうすぐ梅雨明け、今年の夏は暑くなりそうです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藤原さんは落とし込み釣り、35−44cmの黒ダイを九匹釣り午前の部では竿頭。同所に渡った南あわじ市の前川さんはルアー、65cmのスズキを一匹と超大物のバラシが一回。赤灯台に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣り、小アジを24Lのクーラーに八分目と60−65cmのスズキを泳がせ釣りで二匹。ジャンボに渡った松茂町の山村さんは落とし込み釣り、午前9時半までの釣行で40−48cmの黒ダイを八匹。同所に渡った豊明市の久保さんも同釣り、同黒ダイを七匹釣り午後から一文字に渡り四匹追加。大神子磯のオハナに渡った橋口君も同釣り、昼まで釣りボウズだったので一文字に渡り45−51cmの黒ダイを十匹。今日は母親が大学病院の通院日と言う事で、途中のバス停から病院まで送り迎えをしました。母親には申し訳ないのですがクーラーのガスが抜け、エアコンが使えず窓を開けての走行でした。すれ違うどの車を見ても、窓を開けて走っている車は一台もいませんでした。船頭さんが車の免許を取った時代は、バスや電車ですらクーラーはありませんでした。クーラーが付いているのはタクシーか運転手付きの車ぐらい、皆が貧乏だった時代の方が地球には良かった気がします。


newtakedamaru at 13:44コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月13日

7月12日、水曜日、中潮、晴れ。

京都人の律儀さには頭が下がります。先日の7日、一番船の釣り客は山田夫妻だけと言う事で、道中に話が弾んでしまいうっかりと渡船代金を受け取っていませんでした。その事に帰りの車中で気が付いた山田さんから電話を貰い、船頭さんもそれで気付くと言う始末でした。そして今日、その渡船代金を支払いに夫婦揃って来てくれました。地元の釣り客ならまた次に来た時でいいよとなる訳ですが、京都と言う事で今回はサービスと言ってあったのですがね。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った京都市の山田夫妻はサビキ釣り、小アジとワラサ(ブリの幼魚で徳島ではツバス)が一匹釣れたとの事です。同所に渡った藤井君は落とし込み釣り、40−48cmの黒ダイを十八匹で同行のオヤジさんは45cmの黒ダイを一匹。

コーナーに渡った笹さんも同釣り、40−48cmの黒ダイを三匹と大物のバラシが二回あったそうです。

ジャンボに渡った豊明市の久保さんも同釣り、45−50cmの黒ダイを四匹釣り夕方は一文字で同黒ダイを八匹追加。同じくジャンボに渡った中川さんも同釣り、28−55cmのキビレと黒ダイを合わせて三十三匹、同行のオヤジさんは40−48cmの黒ダイを九匹との事でした。

今日は朝夕の満潮時の潮位が高く、落とし込み釣りには最適の潮回りだったのではと思います。ここ最近の落とし込み釣り、二桁釣りが当たり前のようになっています。その内に誰かが、三桁釣りをするかも知れないですね。


newtakedamaru at 11:30コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 
7月11日、火曜日、大潮、晴れ。

今日は湿度が高く、南風が強かったものの概ね晴れの一日でした。昨日の雨、短時間ではありましたが風を伴って一寸先も見えないほどでした。そのような雨が数時間に渡って降り続ければ、川は氾濫するでしょうし山崩れが土石流となってしまいます。海辺周辺での生活は津波の心配があり、山間部では土石流に襲われる危険性が高まり、都市部では直下型地震で大きな被害が予想され、安心して暮らせる地域が極端に狭くなって来ている日本列島です。そんな今日、テロ準備法が施行されましたが、それよりも災害対策に重点を置くべきではと思います。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った松茂町の山村さんは落とし込み釣り、午前10時までの釣行で35−52cmの黒ダイを十四匹。同所に渡ったさぬき市の木村君も同釣り、昼までの釣行で40−50cmの黒ダイを十二匹。白灯台に渡った笹田さんはサビキ釣り、一時間半の釣行でマメアジを百五十匹ほど釣って帰って行きました。コーナーに渡った山添君一行三人はルアー、スズキ狙いと言う事でしたが不発に終わったそうです。スズキも旬を向かえ、非常に美味しくなって来ています。船頭さんの一押しのスズキ、一文字で釣って見ませんか。


newtakedamaru at 06:03コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月11日

7月10日、月曜日、大潮、曇り時々晴れ一時雨。

今朝もヤバかったです。一番船の出船時間に遅れそうと言う事で、ちょっとスピードが出過ぎていました。前を走る二台の車を抜こうか迷ったのですが、直ぐ先で二車線ラインが一車線になるので追い越すのを諦めました。これが項をそうした形となり、スピード違反の取り締まりを免れました。まさに紙一重の差とでも言うべきで、罰金、免許の停止、ゴールド免許でなくなるなどなどと考えれば、損失は多大なものになってしまいます。時間に余裕を持って、安全運転をと思い直す船頭さんです。

さて本日の釣果ですが、その前に昨日、コーナーに渡った樋口君が白灯台まで探り釣りをして、ガシラを百四匹釣ったのが抜けていました。午前10時には持参したクーラーが満タンになり、昼までは釣り上げガシラを水汲みバケツに入れていました。ガシラの稚魚を毎年一万匹ずつ放流しているのですが、着実に成果が現れていると言う事なんでしょうね。

今日も白灯台に渡った小山さんが探り釣りで26cmを頭にガシラを三十匹、サビキ釣りもしてマルアジを二百匹だったそうです。同行の矢野さんも探り釣りで20cm前後のガシラを二十匹、サビキ釣りは小山さんと同じくマメアジを二百匹。同所に渡った松茂町の山村さんは投げ釣り、昼までの釣行で15−23cmのキスを十四匹との事でした。同所に渡った浜さんも同釣り、午後3時までの釣行で同キスを二十匹だったそうです。

コーナーに渡った藤原さんも同釣り、こちらは食いが渋く20cmのキスが一匹しか釣れなかったそうです。午後3時から同所に渡った藤原さんは落とし込み釣り、5時までの二時間で35−40cmの黒ダイを二匹。

ジャンボに渡った上岡君も同釣り、52cmを頭に黒ダイを四十匹、同行の息子さんは黒ダイを十一匹だったそうです。午後2時からどしゃ降りの雨となったのですが、休む事なくひたすら黒ダイ釣ったとの事です。何か黒ダイに恨みでもあるのかと尋ねると、別にないけど数釣りは楽しいとの事でした。次は百匹の大台を目指すとか、当分はジャンボの黒ダイも難儀が続きそうです。


newtakedamaru at 12:18コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月10日

7月9日、日曜日、大潮、曇り一時雨。

来月から一本釣りの漁師になろうと思っている船頭さん、タケダ丸の船底掃除と魚群探知機の取り付けを急がなければなりません。マリーナに電話をすると船台が空いたので、今日の夕方の4時過ぎからなら大丈夫との事でした。が、2時頃から雨がポツポツと降り出し、4時には本降りとなってドック入りは中止になってしまいました。前回も中止になり今回も、よくよく運がないとしか言いようがありません。マスダマリンさんはクレーンで船を釣り上げるので、40フィートクラスの船は大潮回りに揚げるようにしています。この機会を逃すと、また次の大潮まで待たなくてはなりません。明日の天気も微妙ですが、せめて夕方の時間帯だけでも雨が降らないよう祈るしかないようです。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った石原さんはサビキ釣り、朝から快調に小アジが釣れ昼までで18Lのクーラーが満タンとの事でした。同所に渡った浜さんは投げ釣り、午後2時までの釣行で18−25cmのキスを三十匹と言ってました。

コーナーに渡った松茂町の斉中さんさんは落とし込み釣り、午前10時までの釣行で48cmの黒ダイを一匹。同所に渡った橋本君も同釣り、短竿でヘチを狙い40−48cmの黒ダイを四匹。同所に渡った藤井君も同釣り、同じくヘチ狙いで28−48cmの黒ダイを八匹。

赤灯台に渡った藍住町の坂東君一行三人はサビキ釣り、持参したクーラーにそれぞれ半分以上マメアジを釣っていました。

ジャンボに渡った小泉君は落とし込み釣りで黒ダイを六匹、同行の石井町の芝原君は黒を二匹、笹さんは黒ダイを一匹、土成町の平川さんは黒ダイを四匹。

今日の黒ダイの大きさは35−45cmと言う事で、一文字もジャンボでも年なしの黒ダイは一匹も釣れていません。今日、管理人さんに送った魚が届いたと電話があり、料理法と食べ方を尋ねられました。メインは何と言ってもメバル、脂が乗って良く肥えているので煮付け、マルアジは開きにして一夜干し、ガシラは三枚に下ろして唐揚げにして玉ねぎを刻んで三杯漬け、マダイは腹の部分だけを刺身にして骨と頭で出汁を取り、背の身をほぐして鯛めしにするように伝えました。

受話器越しにウンウンと頷きながら、ヨダレが出ている様子が伺えました。おそらく今夜はマダイの刺身とメバルの煮付け、明日はマルアジの塩焼きと鯛めし、明後日はガシラの三杯漬けと三日間は美味しく頂けるのではと思っています。


newtakedamaru at 18:19コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月09日

7月8日、土曜日、大潮、曇り。

今日も雨こそはそう降らなかったものの、いつ降ってもおかしくない空とにらめっこの一日でした。九州北部で記録的な豪雨となった被災地では、集落の孤立状態がほぼ解消される一方、甚大なる被害の状況が報告されています。余地予見が大幅に進んだ現代科学を持ってしても、自然の猛威には人間もなすすべはないようです。自然を壊す事なく、共存する道を世界中の指導者に求めたいと思います。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った東京都の勝倉さんは落とし込み釣り、一投目から40cmの黒ダイを釣り幸先のよいスタートをきったが、昼までの釣行で同黒ダイを一匹追加したとの事でした。同所に渡ったさぬき市の木村君も同釣り、同じく昼までの釣行で同黒ダイを一匹だったそうです。

赤灯台に渡った田中さんも同釣り、コーナーまで釣り歩き44−48cmの黒ダイを四匹。同所に渡った藤原さんはサビキ釣り、22cm前後のトツカアジを三匹との事です。同所に渡った樋口君と上板町の仁木さんも同釣り、小アジをクーラーに半分ぐらい釣ったそうです。

白灯台に渡った鴨島町の小泉さんはサビキ釣り、藤原さんと同サイズのトツカアジを四匹。同所に渡った同町の大塚さんも同釣り、同じく同サイズのトツカアジを二匹。午後2時からコーナーに渡った勝倉さんは落とし込み釣り、38−48cmの黒ダイを五匹で朝のを合わせると黒ダイを七匹。

今日はトシ君の海苔小屋で焼き肉、雨が降らなかったので良かったです。


newtakedamaru at 13:47コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月08日

7月7日、金曜日、大潮、曇り時々雨のち晴れ。

今日は七夕と言う事でしたが、雲が優勢で時おり雨がパラつく一日でした。が、夕方前には雲の切れ目から太陽が顔を覗かせ、今宵は天空で一年振りに再会する二人のラブロマンスにあやかるカップルも多いのではと思います。さて本日の釣果ですが、一番船の釣り客は京都市の山田さん夫妻の二人だけでした。癒し系顔のご主人とめちゃ可愛い奥さんと言う事で、今日の七夕祭りの主役はこの二人に決定です。

さて本日の釣果ですが、ご主人の方は今日もアジ狙いと言う事で白灯台で頑張ったが、釣果の方は今一だったそうです。奥さんの方は今日も落とし込み釣りで黒ダイ狙い、30cmの黒ダイを見事にゲットしたと満面の笑顔で船頭さんに言ってくれました。

午後からジャンボに渡った土成町の平川さんも落とし込み釣り、一時食いが悪くなった時間帯があったが40−48cmの黒ダイを十八匹。午後2時にコーナーに渡った藤原さんも同釣り、51cmの黒ダイを頭に45cm前後の黒ダイを七匹。

米大リーグのマリナーズに所属するイチロー選手が、パナマ出身のロッド・カルー氏を抜いて歴代24位とし、米国人選手意外としては最多安打記録を達成しました。とにもかくにも凄いですイチロー選手は、出来れば米大リーグ通算一位を目指して欲しいと思っています。


newtakedamaru at 11:23コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月07日

7月6日、木曜日、中潮、晴れ時々曇り。

大雨特別警報が出された福岡・大分、家屋の全半壊や死亡者に行方不明者と人的被害も出ています。過去にこう言った災害がなかったと聞けば、頭に浮かぶのは地球温暖化の影響ではと考えるのは早計でしょうか。多くの学者や知識人が警笛を発する中、アメリカや中国は自国の利益優先ではなく、地球全体の事を考えて行動するべきではと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った水戸市の市川さんは落とし込み釣り、市川さんは黒ダイを四匹とバラシが一回、中学生の息子さんが黒ダイを一匹で奥さんはアタリがなかったそうです。

赤灯台に渡った京都市の山田さんはサビキ釣り、午前中はお土産のコアジとトツカアジを釣り、午後からは同行の奥さんと落とし込み釣りをしたがアタリがなかったとの事でした。

ジャンボに渡った松茂町の斉中さんは落とし込み釣り、午前10時までの釣行で黒ダイを一匹。同所に渡った四宮君と真渕君も同釣り、二人合わせて黒ダイを三匹との事でした。

一文字から同所に場所換へした市川さんは黒ダイを五匹追加、奥さんと息子さんはダメだったとの事です。黒ダイの大きさは皆良く似ていて、32−45cmぐらいでした。

今年も管理人さんから、トウモロコシが送られて来ました。まず一本目は生でかじり、しゃきしゃき感とみずみずしいながも甘味を堪能しました。火を通して茹で揚げると、更に甘味が増してフルーツのようでした。お礼にスズキかマサバを送ろうと思うので、釣り客の送り迎えの合間を縫い釣りに行ってみようと思ってます。


newtakedamaru at 11:47コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月06日

7月5日、水曜日、中潮、雨のち曇りのち時々雨。

今日は台風一過とはならず、梅雨前線の影響を受け雨が降ったり止んだりの一日でした。幸いにも徳島では台風の被害はなく、雨風は普通の低気圧並みでした。それでも台風明けと言う事なので、釣り客はそこそこ多いのではと思っていました。が、何と一番船の釣り客は二人しか居ませんでした。

さて本日の釣果ですが、一番船でジャンボに渡った笹さんと吉野川市の工藤君は落とし込み釣り、40−48cmの黒ダイを笹さんは九匹で工藤君は十一匹と30cmのキビレを二匹。

二番船で同所に渡った土成町の平川さんも同釣り、昼までの釣行で同黒ダイを十三匹。

三番船で同所に渡った中川さんも同釣り、午後5時までの釣行で40−48cmの黒ダイを十七匹、同行のオヤジさんも同黒ダイを九匹との事でした。

午後3時半にコーナーに渡った橋口君も同釣り、前打ち釣りで40cmの黒ダイを一匹とヘチ釣りで48cmの黒ダイを一匹。同行の工藤君はダブルヘッダー、最初からヘチ釣りに徹して40−48cmの黒ダイを十匹。

二人は渡船代金を賭けて大物勝負だったのですが、同サイズで決着が着かないままでした。帰還後、どこかで決着が着くまで勝負を続けると言って足早に去って行きました。勝負の行方はどうなったのか、少し気になる所ですね。


newtakedamaru at 11:56コメント(0)落とし込み本日の釣果 
7月4日、火曜日、若潮、曇りのち雨。

台風3号が午後から直撃と言う事で、同じ港に船を係留している漁師さんと一緒に備えをする事になりました。常アンカーとは別に控えの錨を入れるのですが、タケダ丸クラスになると小回りが利かず、風などが強く吹き出すと難儀してしまいます。そんな時でも石丸なら思いのまま操船が出来ると言う事で、控えのアンカーを入れるのに大活躍をしました。8時頃に作業が終わると、それに合わせたように高松市の香西さんがやって来て、昼まででいいからジャンボに送って下さいとの事でした。台風の速度が速いので、時間の約束は出来ないがとりあえず送って行く事にしました。10時過ぎから台風の接近を思わせる南東の風が吹き出し、空も雨雲が段々と覆い被さるようになって来ました。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った香西さんは落とし込み釣り、52cmの黒ダイを頭に六匹との事でした。釣果に対して少し消化不良気味との事でしたが、午前中は潮の状況が良くないのでそれなりに結果を残せたのではと思います。香西さんを迎えた後は岩丸と石丸にも控えのアンカーを入れ、後は台風が過ぎ去るのを待つだけとなりました。

午後2時頃から市内はどしゃ降りの雨、風はそう強くないので船の方は心配なさそうです。明日は台風一過となり、落とし込み釣りでの黒ダイ釣りは面白くなるかも知れないですね。


newtakedamaru at 11:55コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年07月04日

7月3日、月曜日、長潮、晴れ時々曇り。

大勝利から一夜明けた小池東京都知事、ニュースなどのテレビ番組に引っ張りだこのようでした。また地域政党である「都民ファーストの会」を、「国民ファースト」をベースに考えて行くとの事です。もしかしたら、維新の会のように国政も視野に入れていると言う事でしょうか?しかし情けないないのが公明党、自民党と決別して都議選では小池知事の人気にすがり、そのクセ国政では安倍政権にすり寄っています。まぁ選挙は受かれば先生、落選すればただの人ですから仕方ありません。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った小山さんと矢野さんと朝日さんはサビキ釣り、共に五百匹前後のマメアジを釣り朝日さんは投げ釣りで20−25cmのキスを五匹、小山さんと矢野さんは探り釣りで15−22cmガシラを十五匹ずつ。

白灯台に渡った池田町の山下さん一行三人はサビキ釣り、午前中は食いが悪かったそうでそれぞれマメアジを百五十匹ぐらいだったそうです。

午後からジャンボに渡った上岡君と松茂町の山村さんは落とし込み釣り、山村さんは40−48cmの黒ダイを十五匹で上岡君は50cmオーバーを二匹含め黒ダイを三十四匹。

台風3号が4日朝に九州に上陸する見通しで、その後、中国や四国、近畿へと進む可能性が出て来ました。明日は釣り客がなければ、朝から船の避難をするつもりです。


newtakedamaru at 11:41コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月03日

7月2日、日曜日、小潮、晴れ時々曇り。

今日は大きな流れが二つあり、一つ目は東京都議選、二つ目は30連勝がかかった将棋の藤井四段の対戦です。東京都議選では小池知事率いる都民ファーストが都議会第一党となり、改正前は59議席の自民党は惨敗する結果になりました。竜王戦の本戦二回戦で佐々木五段と対戦した藤井四段は、惜しくも101手で敗れ30連勝とはなりませんでした。「連勝はいつか止まるもの。」との藤井四段の話でしたが、棋士生活がこれで終わった訳でありません。次は史上最年少でのタイトル獲得を狙い、各棋戦で頑張って欲しいと思っています。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った上岡君一行は昨日のメンバーに松茂町の斉中さんが加わりました。竿頭は上岡君で黒ダイを五匹、続いて中田君が黒ダイを三匹で内田君が黒ダイを二匹とキビレを一匹、小泉君と白津君に斉中さんが黒ダイを三匹、芝原君は黒ダイを一匹で大きは40−45cmとの事でした。

午後から同所に渡った土成町の平川さんも同釣り、午後4時までの釣行で40−48cmの黒ダイを三匹。

赤灯台に渡った樋口君はサビキ釣り、千匹近くのマメアジを釣り予定を二時間早めて帰って行きました。同所に渡った藤原さんと松茂町の山村さんも同釣り、山村さんがトツカアジを一匹釣りマメアジは五十匹ほどとの事でした。同所に渡った北島町の亀田さんと松茂町の室さんは探り釣り、匹数は十四匹ずつだったが25cmのガシラが二匹釣れたそうです。

コーナーに渡った藤沢さんと藍住町の多田さんも同釣り、藤沢さんは四十五匹で多田さんは四十六匹のガシラを釣っていました。同じく同所に渡った中村さん一行三人も同釣り、16−22cmのガシラを三人で五十匹余り釣ったとの事です。

白灯台に渡った鳴門市の広瀬さん一行三人はサビキ釣り、10時ごろまで食いが悪くそれぞれマメアジを百五十匹ぐらいと言ってました。

元プロ野球の阪急(現オリックス)の監督、上田利治氏が肺炎のため昨日お亡くなりになったそうです。徳島県出身の数少ない有名人、ご冥福をお祈りしたいと思っています。


newtakedamaru at 09:05コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月02日

7月1日、土曜日、小潮、雨のち曇りのち晴れ。

今日から7月、中旬頃に梅雨明けをすると夏本番を迎えます。今日は早朝まで雨が残り、その後は曇りから晴れて湿度が高く蒸し暑い一日でした。気圧の変化に敏感な魚たち、吉と出るか凶と出るかは釣り人の腕しだいと言う事でしょうか。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った鴨島町の小泉さんはサビキ釣り、遠投をして22cm前後のトツカアジを四匹。

赤灯台に渡った同町の大塚さんも同釣り、午後2時まで粘ったが同トツカアジを二匹との事でした。

コーナーに渡った脇町の片山さんは落とし込み釣り、ヘチ狙いで35cmの黒ダイを一匹。

ジャンボに渡った田中さんも同釣り、昼までの釣行で46−48cmの黒ダイを二匹。同所に渡った小泉君も同釣り、51cmと54cmの黒ダイを含め八匹。同行の上岡君も同釣りで40−48cmの黒ダイを二十七匹とキビレを二匹、同じく同行の石井町の芝原君も同釣りで同黒ダイを四匹。同じく同行の広島の中田君も同釣りで同黒ダイを十四匹、福岡市の白津君は黒ダイを二匹、北九州市の内田君は黒ダイを五匹とキビレを一匹。

迎えの船に乗り込むなら内田君が開口一番、「上岡の兄ヤン、俺らゲストに釣らさんと一人楽しんでましたワ」。中田君は船中も岡に上がってからも、「悔しい」の連発でした。当の上岡君は「ホームでは相手が誰れであれ譲れん」と、ホスト役でもお構い無しでした。今夜は上岡の自宅に皆が揃って宿泊するそうですが、一杯やった後で(怒)付き合いのケンカにならないか心配です。


newtakedamaru at 11:26コメント(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年07月01日

6月30日、金曜日、中潮、曇り一時雨。

今日で6月も終わり、明日からは7月となります。今日の降水確率は40%と言う事だったので、久し振りにバイクで来て見ると7時頃から結構な雨の降りとなって来ました。釣り客は一人も居ないと言う事で、沖釣りにでも出て行こうと思っていたら土成町の平川さんから電話がありました。雨で仕事が中止になったので、9時過ぎには着けると思うのでお願いしますとの事でした。

と言う事で本日の釣果ですが、ジャンボに渡った平川さんは落とし込み釣り、渡るなり三連チャンで45cm前後の黒ダイを釣り上げたそうです。その後アタリが遠くなったが、11時頃からアタリが出だして40−45cmの黒ダイを四匹追加して計七匹になったとの事でした。

来月はタケダ丸としての営業のラスト月、船頭さんとしても残念ですが国の事業と言う事でどうする事も出来ません。残りの一ヶ月間、安全運転で有終の美を飾りたいと思っています。


newtakedamaru at 07:42コメント(0)落とし込み本日の釣果 

2017年06月30日

6月29日、木曜日、中潮、曇り時々雨。

今日も明け方は雨、一番船の出船時間になると降ったり止んだりと言う空模様でした。時折ですが雨がパラつくと言う事で、今日は釣り客がないと思っていたら二人居ました。

一人は南あわじ市の前川さんでルアー、もう一人は橋口君で落とし込み釣りです。二人はコーナーに渡り、前川さんは午前10時までの釣行で40−50cmのスズキを二匹とバラシが二回。橋口君は午後1時までの釣行で、40−48cmの黒ダイを十一匹と50cmのカンダイを一匹。午後2時からジャンボに渡った鴨島町の大島君は落とし込み釣り、何と微妙なアタリが数回あった程度で黒ダイは釣れなかったそうです。

午前と午後でこれだけ釣果の違いが出るとは、やはり魚釣りは筋書のないドラマと言う事なんでしょうね。


newtakedamaru at 08:01コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2017年06月29日

6月28日、水曜日、中潮、曇りのち晴れ。

何となく梅雨空っぽくなって来たが、午後からは晴れて来て風もなく蒸し暑かったです。このような日は魚の活性が良くなるので、釣り人としては見逃す手はありません。ほとんどの魚は気圧の変化には敏感で、今日は大釣りが期待できそうです。

さて本日の釣果ですが、午前中の雨が災いしてか釣り客は三人と少なかったです。三人とも落とし込み釣りと言う事でジャンボに渡り、土成町の平川さんは40−50cmの黒ダイを十五匹以上釣ったのではと言ってました。中川さんも絶好調だったそうで、同黒ダイを十五匹とバラシが五回との事でした。同行のオヤジさんも40cm前後の黒ダイを二匹釣り、三人仲良く昼までの釣行でした。

今日は一文字には誰も渡らなかったのですが、一文字でもそれなりに落とし込み釣りで釣れたのではと思います。明日も午前中は雨の予報、もしかしたら本日の釣果はないかも知れません。


newtakedamaru at 09:06コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2017年06月28日

6月27日、火曜日、中潮、曇り時々雨。

こんな事をブログに載せると非常に失礼だとは思うのですが、ここ最近めちゃ汚ない原付きバイクに乗った変なオジサンを見掛けるようになりました。身なりもそう良くなく、なんとなく近寄らない方が無難と言う感じでした。が、今日、遂に正面から対峙する羽目になってしまいました。仕方なく何をしてるのかを尋ねると、オジサンは少し得意げに船頭さんにこう言いました。南海地震による津波に備えて、堤防の不備を調査しているのだと言います。そして自然の力は偉大なので、防ごうとか守ろうとか考えずに先ず逃げて下さいとも言ってました。親切に何かあったら相談にのりますと、連絡先を記したボールペンまでくれました。100%連絡したりはしませんが、とりあえずボールペンだけは貰っておく事にしました。まぁ色んな人がいて、色んな考えがあって本当に日本はいい国だと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った上岡君と松茂町の山村さんは落とし込み釣り、昨日とまったく同じ取り合わせで違うのは釣り場だけ、上岡君は35cmの黒ダイを一匹とバラシが一回、山村さんは35cmの黒ダイを一匹と50cmのカンダイを一匹。同所に渡った横尾さんは今日も二刀流、中央付近で60cmのスズキを一匹との事でした。

白灯台に渡った田村さんはサビキ釣り、7cm前後のマメアジを昼までの釣行で13Lのクーラーに満タン。

赤灯台に渡った吉岡君はルアー、30cmのヒラメ一匹だけだったそうです。

ジャンボには高松市の香西さんとさぬき市の木村君が、落とし込み釣りに渡ったのですが釣果を聞き忘れてしまい申し訳ありませんでした。

今日、船頭さんが使っているダイワのリールのハンドルが、使用中にまたもや壊れてしまいました。機種は違えどもダイワのルアー用リール、これで同じ場所が壊れるのは二回目です。昨年のフィシッングショウに行った時、メーカーさんにクレームを言ったのですが相手にしてもらえませんでした。以前、小里名人にリールは毎年替える物だと言われた事があります。使う頻度にもよりますが、せめて5年ぐらいは持って欲しいものです。1年や2年で壊れるリールを世に出しておきながら、一ユウザーの声に耳を傾けない企業姿勢、大手エアバッグ製造のタカタも欠陥には気付きながらも利益を優先した結果が経営破綻、そうならない為にも真摯な対応が必要ではと思います。今後はシマノ製のリールに順次、交換して行こうと思っています。


newtakedamaru at 10:09コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年06月27日

6月27日、火曜日、曇りのち時々雨、中潮。

遂に未到の29連勝、そしてデビューから負けなしの29連勝を達成しました。何もかもが将棋界史上最年少記録の藤井聡太四段、プロデビューが14才2ヶ月と最年少、公式戦の連勝記録とデビューからの負けなしも含め、これから勝ち続けると全てが最年少記録の更新となります。今日、東京の将棋会館で行われた竜王の本戦で増田康宏四段との対戦で、91手で勝利し、神谷広志八段の持つ公式戦28連勝記録を30年ぶりに更新となりました。勝負は中盤の難解な状況を乗り切り、得意の終盤で見事な決め手で勝ちを呼び込んだとの事でした。何はともあれ藤井四段、連勝記録単独一位おめでとうございます。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った上岡君と松茂町の山村さんは落とし込み釣り、上岡君は40-50cmの黒ダイを七匹で山村さんは45cm前後の黒ダイを二匹。

コーナーに渡った横尾さんは落とし込み釣りとルアーの二刀流、ルアーは数回のアタリがあったがハリ掛かりせず、落とし込み釣りで40cm前後の黒ダイを三匹との事でした。

赤灯台に渡った藤原さんはサビキ釣り、昼までの釣行で22-30cmのトツカアジを十五匹。

昨夜、寝る前に携帯を充電しようとすると、またもや充電が出来なくなっていました。仕事が終わってからauショップで見て貰うと、新しいのと無料で交換してもらえる事になりました(ラッキー)。ついでにタブレットを勧められ、電話料金が安くなると言うので両方を持つ事になりました。さてさて、無事に使いこなす事が出来るといいのですがね。


newtakedamaru at 09:22コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年06月26日

6月25日、日曜日、大潮、曇り時々雨。

今日は落潮会の今年初の例会日、参加者は9人で全員が一文字のコーナーに渡りました。黒ダイの計量者は二人と言うで、42.8cmの芝原君が42cmの山村さんに僅差で勝ち優勝。

それ以外の本日の釣果は、同じくコーナーに渡った田中さんが落とし込み釣りで35cmの黒ダイを一匹。同じく同所に渡った七條君はルアーで50−65cmのスズキを二匹、中央付近で60cmのスズキを一匹追加したそうです。

午前10時過ぎにマリーナから電話があり、昨日届けたウォーターポンプの修理が出来たとの事でした。昼の迎えが終わった後で、早速ウォーターポンプを石丸に取り付ける事にしました。何回も修理をしている場所なので、要領を得ているものの狭い場所での取り付けは容易ではありませんでした。約一時間ほどで完了させ、午後2時の迎えは試運転も兼ねて走らせました。今回は故障はしているものの、臨時の修理で岩丸が走行可能になったので助かりました。


newtakedamaru at 08:25コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2017年06月25日

6月24日、土曜日、大潮、曇りのち雨。

ここ最近、トラブルに見舞われ続けている船頭さんです。今日の発端は携帯電話の充電が出来ないのから始り、昼に石丸がオーバーヒートをする一歩手前で漂流。白灯台とコーナーの釣り客を迎えに出たのですが、エンジンから変なノイズが聞こえて来ました。直ぐ様クラッチを抜きエンジンルームを点検、一見なんの異常もないように思われたのですが、後方の排気管から冷却水が出ていませんでした。この事態には流石に船頭さんもお手上げ、取り合えず迎えを待っている釣り客に電話をして、状況を説明して暫く待って貰う事にしました。幸にも南東の風が吹いていたので、マリンピアのどこかに漂着しそうでした。陸にさえたどり着けば何とかなるので、岩丸を応急修理をして釣り客を迎えに行く事が出来ました。

マリーナに電話をすると部品はあるとの事で、午後から石丸の修理をする事になりました。午後4時前に部品交換を終え修理が完了したと思ったら、ここで新たなトラブルが発生してしまいました。これを、泣きっ面にハチとでも言うのでしょうか。臨時の修理をした岩丸では頼りなく、明日の事を考えたら途方にくれる船頭さんです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った橋本君は落とし込み釣り、アタリは頻繁にあったそうですが35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った横尾さんも同釣りで40cm前後の黒ダイを六匹、ルアーもして見たがこちらはアタリがなかったそうです。同所に渡った山添君は探り釣り、20cm前後のガシラを二十匹と同サイズのメバルを三匹。同行の山川町の石川君はルアー、指の幅三本半のタチウオを一匹と28cmのツバスを三匹。

白灯台に渡った樋口君はサビキ釣り、マメアジを五百匹と20cm前後のガシラを二十匹に28cmのアイナメを一匹。赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、22cmのトツカアジを一匹とマメアジを百匹。

午後5時過ぎに石丸の壊れたウォーターポンプを外し、マリーナに持って行くと修理は明日になるとの事でした。釣り客が多かったら数年置きにエンジンを載せ換えたり、新しい船を購入する事も出来ます。毎日毎日、手も服も真っ黒になり修理をするのもほとほと疲れました。と愚痴を言ってもどうにもならず、あと一ヶ月ほどですが我慢して何とか乗り切ろうと思っています。


newtakedamaru at 10:03コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年06月24日

6月23日、金曜日、大潮、晴れ。

ブログをご覧いただいている皆さん、奥さんやご家族を大切にしていますか?「愛している」と言って息を引き取ったそうです。22日に自宅でなくなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(34才)、夫である歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが記者会見で明らかにしてました。亡くなる寸前の奥さんから、世の亭主族の何人がこのように言って貰えるでしょうか。船頭さんなんかはとてもじゃないですが無理、嘘でもいいから死ぬまでに一度は女房から言って欲しいものです。「愛し」「愛され」「愛してえ(ティ)」なんて紅茶のCMがありました。まさにその通り、短くても幸せな人生だったのでは、ご冥福をお祈りいたします。

さて本日の釣果ですが、今日の釣り客はお魚さんに愛されたのでしょうか。コーナーに渡った橘君と横尾さんはルアー、昨日と同様にスズキのアタリはなく橘君が小さなコチを一匹。

白灯台に渡った若松さんはサビキ釣り、昼まで釣ってマメアジを三百匹ぐらい釣ったとの事です。

赤灯台に渡った藤原さんは投げ釣り、35cmのキビレを一匹とハリス切れのバラシが一回あったそうです。

今日の夕方、タケダ丸をドック入りさす予約を取っていました。が、マリーナの都合でドックが出来ないと道中に電話があり、途中まで向かっていたのですが仕方がなく引き返す事になりました。こんな事になるのなら、沖釣りに行ってた方が良かったのに残念でした。


newtakedamaru at 10:01コメント(0)トラックバック(0)ルアー本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ