2017年01月24日

1月23日、月曜日、若潮、晴れ時々曇りのち雪。

今日は西の風が非常に強く、朝の冷え込みも大変厳しかったです。日中もほぼ気温は上がらず、風の勢いも弱まる事はありませんでした。と言う事で、今日は一人も釣り客はなく本日の釣果はありません。

そんな今日、初場所で初優勝を遂げた大関稀勢の里を、横綱審議委員会が定例会合を開き大関を第72代横綱に推薦する事を全会一致で決めたそうです。相撲ファン待望の日本人横綱の誕生がこれで確実となり、稀勢の里関には横綱としてこれから大いに活躍して欲しいと思っています。また、訃報もありました。ヤクザ映画「仁義なき戦い」などで活躍し、テレビでは「名奉行遠山の金さん」で茶の間のスターとなった松方弘樹さんが死去したとの事です。バラエティーや釣り番組にも出演して、「松方弘樹・世界を釣る」では巨大マグロを釣り上げていました。

そのマグロの幼魚であるヨコ(ヨコワ)を今夜の肴にと買いに行くと、これからは入手困難になるとまるよし鮮魚の若主人がボヤいていました。割り当てられたマグロの漁獲量を守らない行者が多く、水産庁が取り締まりを強化するそうです

。昨年末はタラバガニの値段が今までの三倍に高騰して、船頭さんは買うのを諦めました。その原因は中国が金にものを言わせ、極東で水揚げされるタラバガニを大量に買い付けた結果だそうです。最近はマグロの養殖をする行者も増え、幼魚であるヨコワの乱獲を世界的に規制する動きがあります。そう成らないためにも、近大の完全養殖マグロに期待したいと思っています。


newtakedamaru at 08:45コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月23日

1月22日、日曜日、長潮、晴れ時々曇り。

今朝は目覚めが6時を過ぎてしまい少し遅刻、なんと言っても京都から帰って来たのが深夜の1時過ぎでした。15分ほど遅れるからと山ちゃんに電話をして、他の釣り客にもその旨を伝えてもらう事にしました。淡路を通り越してわざわざ送ってくれた本間さんに、途中で寝てしまったら失礼と思い話をと切らさないようにしていました。その為か、腹が減ってインスタントラーメン食べる事にしました。やはりホテルのディナーのような食事では、船頭さんの胃袋は満足してくれないと言う事のようです。ラーメンが出来るまでに日本酒を一合、布団に入ったのが2時となってしまいました。流石にタフな船頭さんでも、今日はちょっとしんど(疲れた)かったです。

さて本日の釣果です、山ちゃんこと松茂町の山村さんはコーナーに渡って沖アミのふかせ釣り、サシエサを取られる事なく一度もアタリはなかったそうです。同行の藤原さんも同所で同釣り、唯一のアタリが36cmの黒ダイ一匹だったとの事でした。

同所から少し白灯台寄りに渡った土成町の平川さんも同釣り、36.5cmの黒ダイを一匹釣り月刊誌「画報」の取材を受けていました。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、36cmが一匹と40cmが一匹で45cmを二匹釣り計四匹の黒ダイを釣っていました。同所に渡った鳴門市の犬伏さんと高松市の中村さんも同釣り、二人とも一回から二回のバラシで終わったそうです。

二番船でコーナーに渡った浜さんはルアー、アタリはちょくちょくあったものの一度もハリ掛りしなかったそうです。

今日、千秋楽を迎えた大相撲は大関稀勢の里が横綱白鵬を敗り、14勝1負とし横綱昇進を確実にしました。これで大坂で開催される春場所は、19年ぶりに日本人横綱の誕生となりました。暫く相撲観戦をしていなかった船頭さんですが、春場所はテレビ観戦で横綱稀勢の里を応援したいと思っています。


newtakedamaru at 10:39コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月22日

1月21日、土曜日、小潮、晴れ時々曇り。

今日は土曜日と言う事でしたが、昨日、一昨日と同じで釣り客は一人だけでした。そう天気も悪くなかったのですが、午後2時で終わって京都まで行かなければ成らない船頭さんとしては、かえって好都合と言う事でした。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藤川さんは探り釣りで昼までの釣行、25cmのアイナメを一匹と18−22cmのガシラを七匹、あまりにも小さくリリースしたガシラも同数ぐらいと言ってました。12時に藤川さんを迎えに行き一度自宅に帰り、服を着替えてバスターミナルまで息子に送ってもらいました。写真はその時に息子に撮って貰ったのですが、孫にも衣装と言った言葉がぴったりの感じですね。

午後7時から10時まで京都駅内のホテルで、親睦新年会と一年遅れとなりましたが船頭さんの還暦祝いが同時に行われました。出された料理の方は今一でしたが、参加していた方々と名刺交換をしながら雑談していると、何名かの人が是非とも一文字に渡って見たいと話しが持ち上がり、船頭さんも上機嫌でお酒の量が少し過ぎてしまいました。帰りは淡路から出席していた本間さんが、深夜にも関わらず自宅まで送ってくれました。これで明日の日曜日は、通常の営業が出来るのではと思います。

DSC_0116

newtakedamaru at 11:38コメント(1)トラックバック(0)穴つり本日の釣果 

2017年01月21日

1月20日、金曜日、小潮、曇り時々晴れのち一時雨。

今日20日は(日本時間21日午前2時)、トランプ氏が第45代アメリカ大統領に就任します。公職経験もなければ軍歴もなく、40%台と言う低支持率の大統領の誕生は始めてだそうです。そうは言っても、貿易や安全保障と言った面で日米関係は重要です。日本の最大のパートナーであるアメリカ、トランプ氏が大統領に就任する新政権の方針によっては、日本も防衛のため軍備の増強が必要になるかも知れないです。

さて本日の釣果ですが、今日も釣り客は一人しか居ませんでした。コーナーに渡った市場町の中西さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で唯一のアタリが41cmの黒ダイ一匹だったそうです。

午前中は穏やかだったものの、昼からは予報通り風が強くなって来ました。日暮れには雨も降りだし、夜中はこの雨が雪になり平野部でも積雪の可能性があるとの事です。明日は京都での新年会、寒いんでしょうね徳島よりも。


newtakedamaru at 10:08コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月20日

1月19日、木曜日、小潮、曇りのち晴れのち曇り。

今朝は道路が濡れていたので、夜が明る前に雨が降ったのではと思います。雨上りとなると一番に心配するのが強い風、それが意外にも穏やかで冷え込みもそう厳しくはありませんでした。どっちにしても釣り客はそう多くないだろうと思っていたら、船頭さんを待っていたのは石井町の堀江さん一人だけでした。一人で送ってもらうのも気の毒なので、誰か他に釣り客が来るまで待ちますと言ってくれました。そう言ってはくれたものの、今日は予約もないので待つことなく送って行く事にしました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った堀江さんは沖アミのふかせ釣り、今日はボウズも覚悟していたと言う事でしたが、午後2時までの釣行で42−48cmの黒ダイを二匹釣り上げていました。先日の八木さんに貰ったグレも今が旬なら、チヌ(黒ダイ)も寒チヌと言って旬を迎えています。特に12月から2月までに一文字で釣れる黒ダイは、鳴門や明石のマダイより美味しいと言っても過言ではありません。

水温が10度以下になると沖アミのふかせ釣りでは、黒ダイを釣るのはなかなか難しくなって来ます。それに引き換えるとグレ釣りは、一級磯にさえ渡れたら釣果は保証されたようなもの。手強い黒ダイを釣るよりは、簡単に釣れるグレに人気が集まるのも無理のない事かも知れません。いぶし銀のような黒ダイ釣り師、これも死語になってしまった気がします。


newtakedamaru at 08:32コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月19日

1月18日、水曜日、中潮、晴れ。

今日の新聞に韓国が、不法占拠を続けている竹島に慰安婦像を設置するとありました。日本政府の対応は穏やかではないようですが、韓国がやりたければ好きにさせておけばと思います。無人島に設置しても、誰の目に触れる事はない訳ですからね。それよりも大事なことは、村山政権時代と今回の安倍政権で慰安婦に対して巨額の支援金を払い、この問題に終止符を打つよう政府間で決着がつけられた筈でした。

しかし、一度ならずも二度まで約束を履行する事なく金だけ騙し取られてしまいました。これって、日本人が韓国人に舐められていると言う事じゃないでしょうか。日本人は韓国に対して、もっと怒るべきではと船頭さんは思います。韓流ドラマの放送は見ない、韓国への旅行もしない、ロッテやサムスン製品の不買運動と民間人でやれる事は沢山あります。日本は戦争に負けたと言っても、アメリカに負けただけで中国や韓国には負けてないので、いつまでもヤツらの言いなりになってる政府や政治家に、腹が立って仕方ない船頭さんです。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った中川さんは沖アミのふかせ釣りで35cmの黒ダイを一匹、同行のオヤジさんも同釣りで小アジ狙いだったが釣れなかったそうです。

コーナーに渡った早渕さんも同釣り、航路側で昼までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った仲村さんは探り釣り、リリースサイズがほとんどで持ち帰りは18−23cmのガシラを四匹。

今日、40年振りに新調したスーツを取りに行って来ました。21日の土曜日はこのスーツを着て、京都で行われる新年会に出席します。と言う事で、21日の土曜日は午後2時で営業を終わりますので宜しくお願いします。


newtakedamaru at 09:14コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月18日

1月17日、火曜日、中潮、晴れ夜一時雨。

今日で阪神淡路大震災から22年、さすがに追悼の式典数も減って来ているそうです。20年以上も経つと当然、被災者の高齢化や災害の記憶が薄れて行きます。が、そんな中でもこう言った大災害の経験を次の災害の備えにしなければなりません。近い将来、起こりうる可能性が高い南海・東南海地震や関東大震災、また最近多発しているゲリラ豪雨などなど、数えたら誰しもが大災害に遭遇する危険性が高くなって来ています。被害を最小限に食い止める為にも、こう言った経験を風化させてはなりません。

さて本日の釣果ですが、今日の釣り客は昨日に予約のあった三人だけでした。

コーナーに渡った板野町の高畑さんは沖アミのふかせ釣り、昼までの釣行で32cmの黒ダイを一匹。赤灯台に渡った藤原さんも同釣り、小アジ狙いと言う事でしたが一匹も釣れなかったそうです。同所に渡った美馬町の高田君も同釣り、カンダイか黒ダイかは分からないが大物のバラシが二回との事でした。

今日まで三日間エンジンをかけていなかった岩丸、心配した通り一発でエンジンはかかってくれませんでした。一回目は虫の息ほどのグルっグルっ、二回目はなんとかグルグルグルの三回まわってワンでかかってくれました。何の仕事をしても同じだと思いますが、稼ぎがないと色々と苦労する事が多いです。


newtakedamaru at 09:36コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月17日

1月16日、月曜日、中潮、晴れ。

今日も釣り客は一人もなく、これで三日間本日の釣果はありません。

まあこの時期、天気の良い日でも釣り客がない日もあるので、そう悲観する事はないのですが土日が0と言うのはちょっと辛いです。春分の日を迎えるまでまだ二ヶ月ほどありますが、それまでの間はこんな調子で行くのではと思います。

明日は強かった風も治まりそうで、三人から予約が入っているので三日振りに出船する予定です。ただ、心配なのはそろそろ交換時期を迎える岩丸のバッテリー、三日間もエンジンをかけていないのでかからないかも知れません。冷え込みが厳しくなって来てからエンジンのかかりが悪く、この冬が乗り切れるか疑問に思っています。もしかしたら、バッテリー上りでエンジンがかからないかも知れません。もしそうなっても、予備のバッテリーを持っているので大丈夫ですが、バッテリーの交換をするのが面倒です。明日の朝イチ、一発でエンジンがかかって欲しいと思っています。


newtakedamaru at 08:26コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月16日

1月15日、日土曜日、大潮、晴れ。

今朝は加賀須野開閉橋もしらさぎ大橋も、凍結防止剤が撒かれていました。四国の平野部でも積雪があると言う事でしたが、雪が降ったのは山間部で平地は心配ありませんでした。ただ今日も風は非常に強く、寒さも半端じゃありませんでした。と言う事で今日も釣り客は一人もなく、二日続けて本日の釣果はありません。



まあ、そう言う事で今日は早めに家に帰り、八木さんが鞆の那佐半島で釣って来たグレを二匹貰ったので、料理をして晩酌の肴にする事にしました。大きさは40cm弱の口太グレと尾長グレ、二匹とも一文字で釣れるグレと比較するとスリムな体型をしていました。刺身にしようか塩焼きにしようか迷ったのですが、魚の味を判断するには焼き魚にするのが一番なので、二匹とも塩焼きにして食べる事にしました。今が旬の口太グレ、これから旬を迎える尾長グレ、グレ特有の臭みはなかったが脂の乗りは今一でした。

水温の低い一文字のグレと食べ比べると、水温の高い県南磯のグレとの違いは良く分かります。先日の本日の釣果で、石井町の堀江さんが31cmのグレを釣って帰ったら、家族の間で大好評だったと書きましたが、同じグレでも釣れる場所によって味はまったく違うようです。寒ブリとか寒グレと言えば冬魚の代名詞、しかしそれは水温が下がっての話です。地球温暖化に伴う影響で水温が上昇し、冬が来てもある程度の温度が保たれるようになって来ています。他にも寒が頭に付く魚がありますが、そう言った魚の呼び名もやがて死語になるかも知れないですね。


newtakedamaru at 09:31コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月15日

1月14日、土曜日、大潮、晴れ時々曇り一時雪。

今朝のしらさぎ大橋をバイクで走るのは、昨夜の雪が路面に残っていたので危険度は高かったです。バイクの場合、前輪がスリップするとほぼ100%転倒します。今朝程度の積雪量なら、昨夜の内に凍結防止剤を散布しておけば何の問題もない筈です。その凍結防止剤が撒かれていなかったので、橋はアイスバーン一歩手前の状態でした。その上に横殴りのように吹き付ける西風が8m、かなり危険な状態だった事が分かってもらえたと思います。

そんな思いをしながら浜にやって来たのですが、釣り客は一人もなく今日は本日の釣果はありません。今回の寒波は数年に一度と言う超一級品、家の中に居ても冷蔵庫の中の温度より低いのですからね。明日、明後日とこの寒波が居座るようなので、三日間は本日の釣果もないかも知れないです。いつもならネコのマオが船頭さんを待っているので、雪が降ろうが嵐が来ようが浜にやって来ていました。そのマオも昨年の11月末から今日まで、浜に姿を一度も見せていません。元気でいるのか死んでいるのか、それとも道に迷って帰って来れなくなっているのでしょうか。明日は雪が積もっているかも知れないので、釣り客が居なければ休みにするかも知れないです。


newtakedamaru at 08:30コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2017年01月14日

1月13日、金曜日、大潮、晴れ時々曇り夜には一時雪。

朝は少し雲っていて、風はそう強くは吹いていませんでした。今日と明日、超一級の寒波が西日本の大平洋側にも下りて来ると言うで、このまま穏やかな状態は続かないのではと思っていました。西の方を見ると、その前兆と思われる雪雲が山頂にかかっていました。時間が経つにつれ風も段々と強くなり、体感温度は気温以上に低く感じられました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った笹さんは活きエビのふかせ釣り、今回も狙いのヒラスズキは釣れなかったが35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った北島町の国安さんは沖アミのふかせ釣り、40cm前後の黒ダイを四匹と25cmのアイナメを二匹に20cmのメバルを一匹。今日もコーナーに渡った石井町の堀江さんも同釣り、昨日のグレが家族の間で大好評だったそうで、今日もグレを狙ったが33−43cmの黒ダイを四匹との事でした。同所に渡った桜田さんと角野さんにはアタリはなく、石井町の筒井さんはアタリがあったもののバラシてしまったそうです。日没前には強かった風も少し弱くなって来ましたが、気温は更に下がり夜には雪がちらつき出して来ました。明日の朝方まで雪が降り続けるような事があれば、道路に雪が積もって車の大渋滞が起きる可能性もあります。雪国の人達とは違い、雪道を走り馴れてないドライバーがほとんどと言う徳島では、僅か数cmの積雪でも仕方のない事です。そう成らない為にも、道路を管轄する県や国の道路事務所は、今夜中にでも凍結防止剤を散布した方が良いのではと思います。


newtakedamaru at 10:41コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月13日

1月12日、木曜日、大潮、晴れ。

今月20日に、次期アメリカ大統領に就任するトランプ氏の記者会見がありました。放映された記者会見を見ていて、彼の言葉には品位もクソもあったものじゃありません。そんな彼をアメリカ国民が次期大統領に選んだと言う事は、アメリカ国民の品位がそれだけ低下して来たという表れではないかと思います。常に世界の平和や国民の幸せを願う天皇陛下と比べると、はっきり言って月とすっぽんのような気がしました。内容はお粗末で貿易赤字国に対する不満、自身の疑惑を質問する記者には答えないだけではなく、虚偽のニュースを流しでっち上げでひどい話だとも言ってました。会見でそんな大統領や米国に敬意を払えとも言ってましたが、その前に疑惑を晴らし尊敬出来る大統領になってから言って欲しいです。

アメリカ大統領ともなれば誰が考えても世界の指導者、それが自国の雇用を妨げるものには高い関税を掛けると言ったり、自分の意思に従わない企業やマスコミを批判する程度の低さ、トランプ政権ではアメリカの国威が下がるだけではと言う気がして来ました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った石井町の堀江さんは沖アミのふかせ釣り、この時期としては珍しい31cmのグレを一匹と32−35cmの黒ダイを三匹。同所に渡った同町の坂東君も同釣り、32cmのキビレを一匹と37cmの黒ダイを一匹。同所に渡った松茂町の斉中さんも同釣り、35cmの黒ダイを一匹と30cmのアイナメを一匹に50cmのカンダイを一匹。同所に渡った島田さんも同釣り、35cmの黒ダイを一匹と30cm前後のアイナメを二匹。同所に渡った勢井さんは探り釣り、15cm前後のガシラが多く22cmを一匹と25cmのメバルを一匹持ち帰る事にしたそうです。

赤灯台に渡った東さんは沖アミのふかせ釣り、二人で60−70cmのボラを三匹と小アジを二十匹以上釣ったとの事でした。

今、日本の上空には超一級の寒波がやって来ています。土曜日や日曜日には、西日本の大平洋側でも雪になるかも知れないそうです。船頭さんの風邪は良くなったのですが、皆さん風邪を引かないよう暖かくしてお出掛け下さい。


newtakedamaru at 11:13コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月12日

1月11日、水曜日、中潮、晴れ。

天皇陛下の生前退位の可能性が、年内にも決着が付きそうになったようです。平成30年の節目に年号を改めて、皇太子殿下が新しい天皇となるよう政府は方針を固めたようです。

戦後、GHQの支配下にあった日本の復興と独立のため、昭和天皇の名代として半月余りの船旅でイギリスに渡り、若き日本プリンスとして当時の英チャーチル首相や議会の理解を得たのは大きな功績でした。昭和天皇の崩御後は、象徴天皇として新しい皇室の姿を国民に示し、常に国民と供に歩んで来たのではと思います。今の軽薄で頼りがいのない政治家では、諸外国との外交では完全に舐められ切っています。

今回の韓国の慰安婦像などは、その典型と言っても過言ではありません。が、日本に訪れずる諸外国の要人のほとんどが、陛下に拝謁を希望するのはその人柄があっての事だと思います。人生の大半を国や国民のために尽くされた陛下には、残された時間を皇后様とゆっくりお過ごし頂たいと思います。

さて本日の釣果ですが、今日も釣り客は四人と少なかったです。一番船で赤灯台に渡った中川さんは沖アミのふかせ釣り、36cmの黒ダイを一匹で同行のオヤジさんも同黒ダイを一匹と小アジを五十匹。

二番船で同所に渡った横田さんと清原さんも同釣り、二人とも仲良くバラシが一回ずつとの事でした。

今日で低脂肪牛乳を毎日コップに一杯飲むと言うのが、一週間を過ぎ二週間目に入りました。その間、病院で処方された尿酸値を下げる薬は飲んでいません。アルコールの摂取は今まで通り行っていますが、この一週間は痛風で痛い思いはしていません。毎日コップに牛乳を一杯飲むだけで、尿酸値が改善されるなら安いもと船頭さんは思います。今後の経過がよければ、皆さんも船頭さんの真似をされたらどうでしょうか。


newtakedamaru at 10:32コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月11日

1月10日、火曜日、中潮、晴れ。

今日は本えびす、天気も良く多くの人が商売繁盛を願ってお参りに訪れたのではと思います。昨日の宵えびすは休日と重なって、徳島のえびす神社でもかなり混雑していたと聞きます。明日の残りえびすも天気は良さそうで、三日間の人出は相当な人数になるのではと思います。政治家や日銀頼りでは思うように景気の回復は成らず、庶民に残されたのは神頼みぐらいしかありません。まぁ神様も年に一度の稼ぎ時、しっかり儲けて景気を良くして欲しいと思っています。

さて本日の釣果ですが、一番船の釣り客は二人でその後も二人増えただけでした。

中央に渡った八木さんは探り釣り、コーナーまで釣り歩いて小型の伊勢エビを一匹との事でした。八木さんに同行の松茂町の山村さんは赤灯台に渡り沖アミのふかせ釣り、今日は黒ダイではなく小アジ狙いと言うで四匹、70cm近いボラが二匹とバラシが一回あったそうです。

二番船で同所に渡った藤原さんも同釣り、同ボラを一匹と20cmのメバルとフグを一匹ずつ。

三番船で同所に渡った名倉さんも同釣り、黒ダイのアタリはなく山村さん同様に小アジを五匹。

年明けから続く小アジの釣果、ただ今記録更新中です。例年なら年明けの水温は10度前後、南方系のアジが生存出来るリミットが13度と言う事を考えたら、水温が例年より高いということは科学者でなくても分かります。このまま温暖化が進んでしまうと、大変な事が起りそうな気がして来ました。もしかしたら、真冬のビーチでビキニ姿のお姉ちゃんが見れるようになるかも知れません。

さすがは強欲な政治家や日本企業のトップ、目の付け所が違います。地球温暖化ばんざーい、ビキニのお姉ちゃんばんざーいとエールを送りたいですね。


newtakedamaru at 08:20コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月10日

1月9日、月曜日、中潮、晴れのち曇り一時雨。

今朝は雨も上り晴れていたのですが、段々と雲が優勢になって雨まで降り出してしまいました。昨日と今日、せっかくの成人式も雨の中での式となったようです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った福山君は沖アミのふかせ釣り、36cmの黒ダイを一匹とバラシが一回との事でした。同所に渡った山口さんも同釣り、40−42cmの黒ダイを二匹と25cmの黒ダイ一匹はリリースしたそうです。

三本に渡った藍住町の河内さんも同釣りで30−40cmの黒ダイを四匹、石井町の佐藤君も同釣りで32cmの黒ダイを一匹、同行の上板町の三好さんも同釣りで41cmの黒ダイを一匹。

中央と赤灯台の中間に渡った鳴門市の犬伏さんも同釣りで40cmの黒ダイを一匹、同所に渡った高松市の中村さんはバラシが一回だったそうです。

今日は強い風を心配していたのですが、雨が一時降ったと言う事でそう強く風は吹きませんでした。正月、松ノ内、三連休が終わり、明日から暖かくなるまでの暫くの間は釣り客も少なくなるのではと思います。


newtakedamaru at 11:23コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月09日

1月8日、日曜日、中潮、雨。

今日は南岸低気圧が四国沖を通過したので、朝から終日雨の一日でした。さすがにこの雨では、釣り客は一人も居ないのではと思いながら浜にやって来ました。

まず目に付いたのが浜さんの大きなワンボックスカー、自分一人だけなら帰ろうと思っていたそうです。そこへ板野町の井口君と阿波町の宮本君がやって来て、出船間際に藤川さんも到着して四人になりました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った浜さんはルアーで40cmのマゴチを二匹、手の冷たさに耐えられず10時半にギブアップとなりました。森井名人が代表を勉めるフリークの九人も同所に渡り沖アミのふかせ釣り、廣野君が45cmの黒ダイを一匹で大阪の泉君が31cmの黒ダイを一匹、県南磯でグレ釣りの予定を急きょ一文字にしたと幹事の阿倍さん。午後1時に納竿して、友人宅でランチと反省会だとは森井名人。今は高知に居るのですが、夏に落とし込み釣りに来ますとは野口君。メンバー全員が若く最年少は中学三年生の泉君、頑張って名人を目指して欲しいと思っています。

中央と赤灯台の中間に渡った藤川さんも同釣り、30−42cmの黒ダイを四匹とバラシが三回あったそうです。

赤灯台に渡った井口君も同釣り、34−38cmの黒ダイを二匹と65−70cmのボラを二匹。同行の宮本君も同所で同釣り、同ボラを二匹と大物のバラシが二回との事でした。

低気圧が通り過ぎる明日、天気は回復すると思うのですが風がちょっと心配です。等圧線の間隔が狭いので、強い風が吹くのではと船頭さんは予想しています。明日は成人の日、新成人に相応しい天気であって欲しいものです。


newtakedamaru at 10:16コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月08日

1月7日、土曜日、小潮、晴れのち曇り。

今朝は快晴でした。その分、気温も低く厚手のジャンパーを着て出掛ける事にしました。バイクで走るとヘルメットの隙間から入って来る風で、耳たぶだけが非常に冷たかったです。浜に着くと釣り客が焚き火をしながら船頭さんを待っていたので、そこで少し暖を取って一番船の出船となりました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに上板町の金井さんは探り釣り、ベラとガシラを釣ったもののリリースサイズがほとんどで、持ち帰る事にしたのは20cmオーバーのガシラを二匹とソイを一匹。同所に渡った藤原さんは沖アミのふかせ釣りで30cmの黒ダイを一匹、同所に渡った美馬市の作昌さんも同釣りで40cmの黒ダイを一匹。同所に渡った鳴門市の松浦さんも同釣り、午後2時までの釣行で33−40cmの黒ダイを三匹。

白灯台の先端に渡った林さんも同釣り、同じく2時までの釣行で30cmの黒ダイを一匹。

三本に渡った嶋田さんも同釣り、同じく2時までの釣行で30cmの黒ダイを一匹。

中央に渡った角野さんと石井町の筒井さんも同釣り、二人とも黒ダイのアタリがなかったと言う事で、探り釣りでガシラをオカズ程度釣ったと言ってました。同所に渡った持山さんも同釣りで赤灯台まで探り、小さいのはリリースしたそうで20−23cmのガシラを十匹。

赤灯台の先端に渡った笹さんは活きエビのふかせ釣り、ヒラスズキを狙ったが釣れたのは35cm前後の黒ダイが二匹。

月曜日が成人の日と言う事で、今日から三連休の方も多いのではと思います。今年は祭日が土曜日と重なる日が何日かあるそうで、土曜日の場合は振替休日とならく休みが昨年より少なくなるそうです。明日は南岸低気圧が四国沖を通過するので、昼前から雨の予報になっています。一日繰り上げて、明日の日曜日に成人式をする自治体も多いと思います。晴れ着が濡れないよう、式が終わるまで雨には待って欲しいものです。


newtakedamaru at 09:47コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月07日

1月6日、金曜日、小潮、晴れ時々曇り。

船頭さんの友達の中で、毎日500mLの缶ビールを晩酌に五本飲むと言う人がいます。年一回の健康診断に行く度に、酒の量を減らすように注意されると言ってます。が、痛風になった事は一度もなく本人は至って健康そのもので、船頭さんもいつも不思議に思っていました。

ただ彼は、牛乳も好きで良く飲むらしいです。そこで思ったのが先日のためしてガッテン、牛乳で尿酸値が下げられると言う特集です。まぁ、それだけでなくても牛乳やヨウグルトは身体に良いので、好き嫌いを言わずに飲んで見てはと思います。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った高見さんは沖アミのふかせ釣り、30−35cmの黒ダイを三匹と65cmのボラを二匹。同所に渡った福元さんも同釣り、38cmの黒ダイが一匹釣れたので予定を早め昼で帰る事にしたそうです。

同所から少し白灯台寄りに渡った丁子さんも同釣り、手の平サイズのグレが一匹で黒ダイのアタリはなかったとの事でした。

白灯台に渡った黒島さんはルアーでマゴチ狙い、コーナーまで釣り歩いたがエソが二匹釣れただけだったそうです。

韓国の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題に対し、政府は駐韓大使の一時帰国を指示したそうです。慰安婦問題に関しては間違いのない事実と言う事で、韓国の好きなようにやらしておけば良いのではと船頭さんは思います。ただ、過去に置いて戦後賠償は国と国で決着はついています。

また、村山政権時にも慰安婦に対して巨額のお金を支払い、今回も朴政権と元慰安婦に対して援助金を支払うと合意したにも関わらすこのありさまです。日本国民の一人として言わせて頂きますが、ゆすりたかりの韓国とはきっぱりとこの際に縁を切りましょう

慰安婦像、作りたければ幾らでも作ればいいじゃないですか。日本に対して悪意を持つ韓国には、ビジネスマンを含めすべての日本人の渡航を禁止する。韓国製品は他の国を通じても一切輸入してはならない、

そして日本からも同様に他国を通じての輸出もすべてを禁止する。勿論、韓国の通貨であるウォンに対しても、今後は何があっても日本から援助は一切しない。ここまで徹底すれば、韓国人がどれだけ日本の援助で成長が出来たかと言う事を思い知るのではと思います。が、そう言った円借款に対しても、甘い汁を吸って来た人達が居るそうで反対するかも知れません。しかしアメリカ大統領にトランプ氏が就任すれば、今までのように何でもかんでもアメリカ頼りとは行かなくなるかも知れません。

日本もこれからは毅然たる態度で、外交問題を政治家に行って欲しいと思います。


newtakedamaru at 11:56コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月06日

1月5日、木曜日、小潮、曇りのち晴れ。

仕事初めだった昨日はそうも思わなかったのですが、今朝は7時前と言うのに車の通行量は結構ありました。と言う事になれば、今日から仕事をする人の方が多いのかも知れません。

そんな今日の釣り客は板野町の高畑さん一人だけ、コーナーに渡って昼までの釣行予定でした。

さて本日の釣果ですが、沖アミのふかせ釣りをした高畑さんは大物のバラシが一回と、後はエサ取りのフグしか釣れず10時に迎えに来て欲しいと言う事になりました。と言う事で、残念ながら本日の釣果はありません。

そこで船頭さんからのお知らせですが、再来週になる21日の土曜日は午後2時で営業を終わらせて頂きます。親潮の会と言う親睦団体の新年会に、ゲストして招待をされ出席する事になってしまいました。京都駅内にある有名ホテルで、船頭さんを始め会員の古稀と還暦のお祝いがあるそうです。午後の7時から開演と言う事なので、徳島駅を午後3時に出発する京都駅行きの高速バスに乗らなければなりません。と言う事になってしまったので、当日は宜しくお願いしたいと思っています。


newtakedamaru at 14:59コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月05日

1月4日、水曜日、小潮、晴れ。

今日の午後7時半からのテレビ放送で、NHKのためしてガッテンと言う番組をご覧になりましたか?番組の内容は尿酸値についてと言う事で、尿酸値の高い船頭さんとしては見逃すことは出来ませんでした。番組をご覧に成らなかった方の為、ちょっと長くなりますが出来るだけ詳しく書きたいと思います。

まず、尿酸の必要性についてですが、人類が長寿を得る為に必要不可欠な数値だそうです。要するに尿酸値の高い人ほど長寿で、低い人ほど短命と言う事がわかっているそうです。次に、尿酸が血中で飽和状態になると関節に結晶として付着します。付着した結晶が何らかの原因で関節から剥がれた時、免疫細胞が異物と認識して攻撃をするので痛風を発症するとの事でした。尿酸のメカニズムは食べ物からの摂取が二割で、後の八割は体内で製造されるそうです。そうなると食事療法を幾らしても、体内で次から次へと製造されるので尿酸値は余り下がりません。

と言う事で今までは、尿酸値を下げる薬に頼るしかありませんでした。しかし、四万数千人を十二年間対象に調査した結果、ある物が尿酸値を減らすのに効果がある事がわかったそうです。薬で尿酸が溜りにくくしたり、尿酸が出来にくくすると言う発想ではなく、尿酸を体外に排出させれば自然と改善されて行くと言う事でした。それは低脂肪の牛乳かヨウグルトを、毎日コップに一杯飲むだけでした。たったそれだけの事を一週間以上、続けるだけで改善されると言う画期的な内容でした。

要するに、腎臓に溜まっている尿酸を体外に排出する役目が、牛乳やヨウグルトに含まれる物質にだけあると言う事でした。病院で処方された薬と併用しても何の問題もなく、船頭さんも今日から早速試して見る事にします。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った上板町の池方さんは沖アミのふかせ釣り、一文字は初めてと言う事でしたが30−40cmの黒ダイを四匹。同所に渡った小山さんは探り釣り、小さいのはリリースして17−20cmのガシラを二十一匹。

中央に渡った田中さんは沖アミのふかせ釣り、30−35cmの黒ダイを四匹釣ったが午前中だけだったそうです。

三本に渡ったまんのう町の黒木さんも同釣り、同じく午後からはアタリがなく30cm前後の黒ダイを二匹。

コーナーに渡った福山君も同釣り、36−42cmの黒ダイを二匹とバラシが三回あったそうです。同所に渡った石丸君も同釣りで40cmの黒ダイを一匹、同じく松茂町の山村さんはバラシが一回と小アジを三匹。

同所の航路側で山口さんも同釣り、32cmの黒ダイを一匹と25cmのメバルを一匹に小アジを二匹。

同所から少し白灯台寄りに渡った土成町の平川さんも同釣り、30−40cmの黒ダイを七匹釣り本日の竿頭でした。

コーナーに渡った矢野さんは探り釣り、十二匹と数は少なかったが20cm以上のガシラばかりだったそうです。同所に渡った朝日さんも同釣り、中央まで探り歩いたが伊勢エビのアタリは一回もなかったとの事でした。

今日は仕事初めと言う人も多かったのではと思いますが、徳島中央市場は今日まで休みです。カツオやイカにエビ、カキに肝に魚卵などなど、明日からは痛風に悪いと言われる食材も、牛乳を飲むと言うで安心して買って帰れそうです。


newtakedamaru at 09:27コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月04日

1月3日、火曜日、中潮、晴れ時々曇り。

正月の3ヶ日、まずまずの天気でお出かけ日和でした。今日から県内の渡船業者さんも営業を始め、各磯で初釣りを楽しんだ方も多かったのではと思います。今日の一文字の釣り客は二十人、松の内は五十〜七十人の釣り客が渡っていた時代と比べたら、半数以下になって来ている昨今です。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った脇町の谷口さんは今日も沖アミのふかせ釣り、35cmの黒ダイを一匹とバラシが何回かあったそうです。谷口さんの話では、先端で釣っていた人が小アジを何匹か釣っていたそうで、これは一文字としては記録物ではと思います。

三本に渡った石井町の堀江さんも同じく同釣り、今日も32−42cmの黒ダイを四匹釣り竿頭でした。同所に渡った七条君も同じく同釣り、今日も30cmの黒ダイを一匹で明日から仕事だそうです。

コーナーに渡った高見さんも同釣りで30cmの黒ダイを一匹、同所に渡った鳴門市の岸野さんも同釣りで35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った土成町の平川さんも同釣りで30−32cmの黒ダイを二匹、同所に渡った藤川さんは探り釣りでマダコを一匹。

白灯台に渡った富永さんと林さんも沖アミのふかせ釣り、富永さんが35cmの黒ダイを一匹で林さんは30cmのキビレを一匹と35cmの黒ダイを一匹。

二番船の帰り道、徳島港沖で釣りをして帰って来た前川さんに出会い、釣果を尋ねると70cmのメジロを一匹釣っていました。徳島ではモジャコ、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリと出世魚の代名詞となっています。正月早々おめでたい魚が釣れ、寒ブリとまでは行かないものの非常に喜ばしい事と思うでしょう。が、近年の地球温暖化に伴う影響で、寄生虫に取り付かれたメジロやブリが増えて来ていると言う事です。

寒ブリと言えば冬場に食卓に上がる王道、特に氷見のブリなどは有名ですがその内、天然物のブリが食べられなくなる日がやって来るかも知れません。そのような事にだけはしたくないと、船頭さんは思う新年です。


newtakedamaru at 12:48コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2017年01月03日

1月2日、月曜日、中潮、晴れ時々曇り。

新年早々、うかつにも風邪をひいてしまったようです。昨日、おでんを食べながらお神酒を一杯二杯、もうちょっと飲んだかも知れませんが気分良くなってうたた寝をしてしまいました。夕方になって少し冷え込んで来た時に、喉に違和感があったのが風邪の引き始めでした。今朝、目を覚ますと完璧に風邪の症状が出ていました。今日は一日中暖かくして、これ以上風邪が酷くならないようにしました。

さて本日の釣果ですが、船頭さんの体調の悪い時に釣り客が多く、一番船は積み残してしまうほどでした。今日まで休みにしている渡船業者が多く、当然といえば当然の事かも知れません。沖アミのふかせ釣りでは、コーナーに渡った松茂町の山村さんが32cmの黒ダイを一匹、同行の藤原さんはバラシが一回だったそうです。板野町の高畑さんもバラシが一回と25cmのメバルを一匹、岩田君は28−35cmの黒ダイを二匹。脇町の谷口さんは27cmのグレを一匹、鳴門市の石園さんは28−32cmの黒ダイを二匹。山川町の桧さんは30−35cmの黒ダイを四匹とバラシが一回、三好郡の立花さんは32cmの黒ダイを一匹。鴨島町の武田君は32cmの黒ダイを一匹、同行のオヤジさんは60cmのボラを一匹。同所で探り釣りをした鳴門市の犬伏さん一行三人は、昼までの釣行で20cm前後のガシラを三十五匹との事でした。川辺君親子と同行の逢坂君親子も同釣り、20−25cmのメバルを十匹と18−25cmのガシラを三十匹。

白灯台に渡った小里名人と島藤さんは沖アミのふかせ釣り、名人は30−40cmの黒ダイを三匹で島藤さんは27cmのグレを一匹。

三本に渡った七条君と石井町の堀江さんも同釣り、七条君は32cmの黒ダイを一匹で堀江さんは30−40cmの黒ダイを四匹。中央に渡った桜田さんも同釣りで32cmの黒ダイを一匹、高松市の田中さんは35cmの黒ダイを一匹。

コーナーでのルアー釣りは、浜さんが50−60cmのマゴチを二匹、吉岡君はリリースサイズの35cmのマゴチを一匹。

明日からは県内の渡船業者も出船するので、一文字に渡る釣り客は少なくなるのではと思います。3月末まで暇な日が続きますが、その間に船頭さんも何日間かは休ませて貰う予定です。

直近では1月21日の土曜日は、午後2時で営業を終わらせて頂きます。3月11日の土曜日も、父親の十三回忌の法要で休ませて頂きます。

母親が年老いて来たので、これからは長男である船頭さんが冠婚葬祭に出席する事が多くなるので、臨時休業を余儀なくされる事は仕方ないと思います。出来れば前日に、出船の確認を頂ければと思っています。


newtakedamaru at 13:05コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2017年01月02日

1月1日、日曜日、中潮、晴れ。

新年明けましておめでとうございます。今日は雲一つない青空が広がり、風も穏やかな釣り日和に元日からなりました。新年早々、素晴らしいスタートを切る事が出来たのではと思っています。今日一文字に渡った釣り客は八人、それでは今年最初の本日の釣果にまいりたいと思います。

赤灯台の先端に渡った笹さんは活きエビのふかせ釣り、70cmのスズキを一匹と40cmの黒ダイを一匹。同所から少し中央寄りに渡った板野町の井口君兄弟は沖アミのふかせ釣り、33−41cmの黒ダイを五匹と65cmのボラを一匹。同所と中央の中間に渡った藤川さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを二匹と八回もバラシがあったそうです。

中央に渡った田中さんも同釣り、28−36cmの黒ダイを二匹釣り次は4日に釣りに来ると言ってました。

コーナーに渡った森本さんと佐藤さんも同釣り、森本さんは大物の黒ダイのバラシが二回で佐藤さんは23cmのグレを一匹。同所に渡った橋本君は探り釣り、ガシラとベラを合せて四十一匹ほど釣ったが持ち帰りは20cmオーバーのガシラを六匹。

今日は元日と言う事で、恒例のおでんを釣り客や初日の出見物客に振る舞いました。以前は一文字に渡って初日の出を見ると言う人も結構いましたが、ここ十年ぐらいそう言う人は一人も居ません。沖ノ洲海岸にやって来る見物客も、毎年少なくなって来ているように思います。最近は早起きが苦手と言う人が多くなっているようで、これも時代の流れと言う事なんでしょうね。そうなると、「一年の計は元旦にある」もやがて死語になってすまうかも知れないですね。


newtakedamaru at 08:29コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月31日

12月31日、土曜日、中潮、晴れ。

まずは今年一年間、船頭さんのブログにお付き合いを頂きありがとうございました。今日は大晦日、今年も色々ありましたが皆さんに取ってはどの様な一年だったのでしょうか。船頭さんは悪性の南部腫瘍の疑いありと言う事で、2月に二週間ほど市民病院に入院して手術をしました。また12月は姪の結婚式に出席する為、40年振りに東京へ行きの18才の当時の自分探しもして来ました。凪ぎの日もあれば時化て大荒れの日もありましたが、一年間事故もなく仕事をやり遂げる事が出来ました。

これもみな、釣り客の皆さんの協力とご理解の賜物と感謝しています。

それでは、今年最後の本日の釣果にまいりたいと思います。コーナーに渡った藤川さんはタコ狙い、握り拳ぐらいの頭のタコを五匹釣っていました。同所に渡った七条君はルアーで45−55cmのマゴチを三匹、同行の浜さんも同釣りで40−60cmのマゴチを二匹、同じく同行の吉岡君も同釣りでマゴチを掛けたがハリ外れのバラシが六回。同所に渡った福山君は沖アミのふかせ釣りで30−38cmの黒ダイを四匹、新年の釣り初めは4日の予定だそうです。同所に渡った森本さんも同釣りで28−33cmの黒ダイを三匹、大物を七回もバラシたので釣行予定を二時間延長したとの事でした。昨日と同様に同所に渡った千葉市の古園さんも同釣り、唯一の黒ダイが30cm弱だったとかでリリースしたそうです。同所の航路側で竿を出した山川町の桧さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを三匹と大物のバラシが二回あったそうです。

同所から白灯台寄りに渡った横尾さんも同釣り、45cm前後の黒ダイを二匹と50cmのカンダイを一匹にバラシが二回。

白灯台の先端に渡った小里名人も同釣り、エサも取られない中で30cmの黒ダイを一匹と言う事でした。

中央に渡った鳴門市の岸野さんは33−50cmの黒ダイを三匹、棚を四ヒロ以上と深くしていたので苦労して釣り上げたそうです。

赤灯台に渡った松茂町の山村さんも同釣で32−40cmの黒ダイを二匹、来年の初釣りは1月の2日を予定しているそうです。同所に渡った大阪市の岡野さんはサビキ釣り、小アジを二十五匹釣り奥さんの実家で料理して頂くそうです。岡野さんを迎えた午後4時、このブログを管理人さんに送ると今年の仕事がすべて終了しましす。

新しい年も管理人さんと二人三脚で、本日の釣果を届けて行きたいと思っていますので、船頭さんのブログを宜しお願い致します。それでは皆さん、よいお年をお迎え下さい。


newtakedamaru at 20:38コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 
12月30日、金曜日、大潮、晴れ時々曇り。

今日は朝一から管理人さんに、メールが送れない常態が夕方まで続きました。auショップに行って携帯を見て貰ったのですが、電話事態には不具合は発生してないとの事でした。ショップの店員さんが言うには、受ける相手方に問題があるのでは言う事になりました。

そこで他の何人かに試しにメールを送ると、送れる人と送れない人がありました。もしやと思い、携帯の電源を一度オフにして再起動させると、送信が出来なかったメールやラインがすべて送信する事が出来ました。と言うでやはり、おかしかったのは船頭さんの携帯の方でした。

さて本日の釣果ですが、今日は黒ダイの活性が悪かったのかあまり釣れませんでした。

中央に渡った田中さんが沖アミのふかせ釣りで、32cmの黒ダイを一匹と25cm前後のグレを二匹。コーナーに渡った岩田君も同釣り、28−38cmの黒ダイを三匹釣ったが午前中は何のアタリもなかったそうです。同所に渡った千葉市の古園さんも同釣り、バラシが数回あったものの28−48cmの黒ダイを三匹。同行の美馬町の作昌さんも同所で同釣り、唯一のアタリが36cmの黒ダイ一匹との事でした。

白灯台に渡った鴨島町の木村さんも同釣り、30−35cmの黒ダイを三匹とバラシが三回だったそうです。

それ以外の人はアタリすらなく、全員にアタリがあった昨日とは大違いでした。ここ数日の冷え込みと北風の影響で、水温が下がった可能性があります。明日にでも、水温を測って見なければならないと思っています。


newtakedamaru at 12:18コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2016年12月30日

12月29日、木曜日、大潮、曇りのち晴れ。

昨日が御用納と言う事だったので、今朝は車の通行量が何時も半分ほどでした。今年の年末年始は天気が良さそうなので、元旦は浜に初日出を見に多くの人が訪れそうです。ただ、夜明け前の冷え込みは厳しく今朝の気温は2度しかありませんでした。そんな状況で日の出を待つのですから、身体を暖めるのは焚き火が一番です。

しかし、FM徳島さんが10月末に海岸の一斉清掃を行った為、台風などで漂着した竹や木が浜にほとんどありません。そこで知合いの大工さんにお願いして、元旦に焚き火が出来るよう不要になった建築材を分けて貰ました。明日はおでんの具材を仕入れて、元旦に浜に来た人と新年を祝いたいと思っています。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った藍住町の多田さんは沖アミのふかせ釣り、小アジ狙いと言う事だったのですが一匹も釣れず、70cm近いボラを二匹と60cmのスズキを一匹。

三本に渡った七条君も同釣り、30−40cmの黒ダイを十二匹とバラシが五回にナマコが一個(写真)。

コーナーに渡った谷沢君と同行の岡内君も同釣り、岡内君が30−40cmの黒ダイを三匹で谷沢君は33−35cmの黒ダイを二匹。同所に渡った京都市の山田さん夫婦も同釣り、今日は奥さんもふかせ釣りをしたがご主人と仲良くバラシが一回との事でした。同所から少し白灯台寄りに渡った藤原さんも同釣り、36cmの黒ダイを一匹とバラシが四回。同行の松茂町の山村さんも同所で同釣り、今日はグレ釣りを諦めて最初から黒ダイを狙ったそうで30−35cmを三匹。同所から更に白灯台寄りに渡った石丸君も同釣り、30−42cmの黒ダイを五匹釣り気分良く竿納めが出来たと言ってました。

毎年恒例の事ですが、明日の30日から大晦日の31日まで新町川沿いにある中洲市場は、一般の人も買い物をする人も車の乗り入れが出来ないそうです。年末年始の買い物に出掛ける人は、近くのコインパーキングを利用するようにして下さい。

DSC_0101

newtakedamaru at 14:55コメント(0)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2016年12月29日

12月28日、水曜日、大潮、晴れ時々曇り。

今日は官庁などでは御用納、明日から仕事初めまで休みの人も多いのではと思います。今日はこの冬一番の冷え込みで、日中でも冷蔵庫の中に居るようでした。コメントを寄せてくれていた檜垣さんの住む沖縄では、辺野古の埋め立て承認を取り消した県側が裁判で負け、年明けにも国による埋め立て工事が再開されるのではと思われます。日本の領海を侵犯し続ける中国に対して、沖縄の重要性は船頭さんも認めます。が、辺野古の埋め立てにははっきり言って反対です。次期アメリカ大統領に就任するトランプ氏の言うように、自国の防衛は自前でするのが当たり前です。沖縄に基地を作るのではなく、各都道府県に地対地、地対艦、地対空のミサイ基地を建設して、訓練を受けた自衛隊員や予備隊員を常駐させればいいと思います。予備隊員はすべての公務員になってもらい、最低でも二年間以上の入隊を義務付けるよう法改正をする。などなど、色々な方々が考えられるのではと思います。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った中川さんは沖アミのふかせ釣り、35cmの黒ダイを一匹と45cmのスズキを一匹。同行のオヤジさんも同所で同釣り、黒ダイは釣れなかったものの小アジを五十匹以上は釣っていました。

三本に渡った竹内さんも同釣り、28−38cmの黒ダイを三匹とハリ外れのバラシが二回にハリス切れのバラシが一回。

コーナーに渡った京都市の山田さん夫妻は、奥さんがガシラの探り釣りでご主人はルアーとふかせ釣り、いずれの釣りもまったくの不発で終わったそうです。今夜は徳島で一泊して、明日は朝一から一文字に渡って帰るようにするとの事でした。

今日は寒かった上に北風も強く、条件的には悪かったのではと思います。明日から年始にかけては好天が続きそうなので、釣り納めや釣り初めにはおあつらえの日が続くのではと思います。


newtakedamaru at 11:40コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年12月28日

12月27日、火曜日、大潮、雨のち曇り一時晴れ。

未明の雨はけっこうな降りようで、窓を閉めていても雨音が聞こえて来るほどでした。夜が明けるとその雨も降ったり止んだり、時折晴れ間も見えましたが風が非常に強く吹き出して来ました。そんな訳で、今日は釣り客が一人もなく本日の釣果はありません。

そんな雨の日は、新聞を隅々にまで目を通し一日を過ごす船頭の傍らには、ネコのマオが何時も側にいました。釣り客が居ない日はそれこそ一日中、船頭さんの膝の上でまん丸になって寝ていたものです。

それが11月23日を最後に、今日まで浜にまったく姿を見せなくなってしまいました。掛かり付けの獣医さんの話しでは、野良ネコなら寿命は三年から五年で飼いネコなら十二〜三年と言う事だそうです。飼いネコでもなく野良ネコでもないマオなら、そろそろ寿命を迎えたと考えても可笑しくありません。以前も一週間とか一ヶ月半も突然に居なくなった事はありましたが、今回は少し事情が違うような気がしています。カラスのかーこが去った後に続いてネコのマオ、動物は人間より寿命が短いのでどうもいけません。どうせなら、次はピチピチのお姉ちゃんと行きたいものです。

しかしそうなると、エサ代が払えそうもないのでこれはちょっと無理です。まぁ、船頭さんの寿命もそう長くはないと思うので、生き物を飼うのは止めてた方がいいように思います。でも、マオの好物のカツオ節やカリカリは帰って来ると信じて、捨てずにずぅっと置いておくつもりです。


newtakedamaru at 11:14コメント(0)トラックバック(0)船頭ボーズ 

2016年12月27日

12月26日、月曜日、中潮、曇り一時雨。

今日は午後から雨との予報でしたが、早朝に少しだけ雨がパラつい程度でした。一文字に渡った釣り客五人の内、昼に帰る予定の松茂町の山村さんなんかは雨具すら持っていませんでした。とにもかくにも、五人の釣り客が帰るまで雨が降らなかったので良かったです。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った山村さんと同行の藤原さんは沖アミのふかせ釣り、山村さんが32cmの黒ダイを一匹で藤原さんは28cmの黒ダイを一匹。二人ともグレ狙いだったそうですが、グレらしきアタリは一回もなくハリ外れによる黒ダイのバラシが三回あり、次回から黒ダイ狙いの仕掛けにすると言ってました。

中央に渡った角野さんも同釣りだったのですが、小アジが群れて釣りにならず探り釣りでガシラを十匹。同行の石井町の筒井さんも同所で同釣り、午後3時まで粘って35cmの黒ダイを一匹。

赤灯台に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣り、小アジを釣ると言う事だったのですがまったく姿が見えなかったそうです。そこで沖アミのふかせ釣りをする事にして、30−36cmの黒ダイを二匹と小アジを五匹。水温が下がっているので小アジを釣るのも、サビキ釣りより沖アミのふかせ釣りが良いようです。今年も沖縄の檜垣さんから泡盛が届いたと、藤原さんが釣りの帰りに山ちゃんと船頭さんに渡しくれました。オリオンビールも一緒に送られていたと、4本ずつ分けてもらいました。船頭さんもオリオンビールは飲んだ事がないので、家に帰ったら早速冷やして飲んで見たいと思います。檜垣さんとは徳島勤務の三年ほどのお付きあいでしたが、転勤先から毎年このように送って頂き感謝しています。広島や大阪に転勤になる機械があれば、徳島にも近いし釣りをする事も出来ます。四人でまた一杯やりたいものですが、沖縄からではそれも叶わない事です。檜垣さん、今年も残り僅かとなりましたが良い年をお迎え下さい。


newtakedamaru at 10:53コメント(1)トラックバック(0)ふかせちぬ釣り本日の釣果 

2016年12月26日

12月25日、日曜日、中潮、晴れ時々曇り。

今日は今年最後の日曜日、竿納めに釣りに出掛けられた人も多かったのではと思います。一文字でも好天に恵まれたと言う事もあって、三十人ほどの釣り客がありました。一昨日の天皇誕生日が二人、そして土曜日の昨日が八人とあまりにも少なかったので、この時期としては意外と言えば意外でした。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った浜さんと吉岡君はルアー、浜さんが60cmのマゴチを一匹で吉岡君は30cmのヒラメを一匹と35cm前後のマゴチを二匹に35cmのキビレを一匹。同所に渡った雑賀さんは沖アミのふかせ釣り、水温が1度下がって14度と言う事でしたが30cmのグレを一匹。同所に渡った長谷部さんと横尾さんも同釣り、36−43cmの黒ダイを二人とも二匹ずつとの事でした。

同所と白灯台の中間に渡った土成町の平川さんと石井町の堀江さんも同釣り、30−38cmの黒ダイを平川さんが六匹で堀江さんは四匹。白灯台に渡った富永さんと林さんも同釣り、二人で30cmのキビレを一匹と32−52cmの黒ダイを十一匹。

三本に渡った嶋田さんと中西さんと鳴門市の岸野さんも同釣り、35−43cmの黒ダイを嶋田さんが四匹で岸野さんは三匹で中西さんは二匹。

中央に渡った田中さんも同釣り、25−43cmの黒ダイを八匹で二匹は小さかったのでリリースしたそうです。

同所から少し赤灯台寄りに渡った藤川さんも同釣り、33−40cmの黒ダイを四匹と倍になる八回のバラシがあったとの事でした。

赤灯台に渡った中村君も同釣り、午後2時までの釣行だったのですが28cmの黒ダイを一匹だったそうです。同所に渡った森本さんも同釣りで28cmの黒ダイを一匹、サビキ釣りもして18−20cmのアジを二百匹近く釣ったとの事でした。

年末年始は通常通り営業をする予定ですが、元旦に一文字で初日出を見たい人は前日までに予約をして下さい。


newtakedamaru at 10:22コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ