2016年07月28日

7月27日、水曜日、小潮、曇りのち晴れ。

鬼の撹乱と言うのでしょうか、夜中の2時過ぎに下っ腹が急に差し込んで来ました。トイレで座る事半時間、少し痛みが治まったのでそのまま寝る事にしました。4時半に目を覚ますと、すぐにまた激しく痛み出して来ました。ビールに焼酎の水割り、コーラやジュースと冷たい物を飲み過ぎたので、おそらく腸がまいってしまったのでしょう。家にあった胃腸薬を飲んで仕事に行く事にしましたが、ほとんど効き目はありませんでした。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った中川さん親子は落とし込み釣り、中川さんが51cmの黒ダイを頭に七匹でオヤジさんは黒ダイを四匹。

赤灯台に渡った吉岡君はルアーで40cm弱のスズキを一匹、アタリは頻繁にあり十五回もヒットしたのにエラ洗いですべてハリ外れ、それ以外にエソを二十匹と25cmのシオを一匹。同所に渡った福原さんはサビキ釣り、小アジを専門に釣って百五十匹ぐらい釣ったのではと言ってました。同所に渡ったキツモトさんも同釣り、午前9時までの釣行で30cmのマルアジを一匹。その後、竿ケースを忘れてたのに気付き、午後2時過ぎに電話があったので取りに行って来ました。

吉岡君が午後2時に帰る時に、灯台に立てかけあるのを確認していたので、そこにある事は間違いありませんでした。ただ、吉岡君はこの時点で釣り客が二人いたので、忘れ物でなく二人のどちらかが置いていると思ってたそうです。しかし、船頭さんが取りに行った時は影も形もなくなくなっていました。世にも不思議な話ですね。

コーナーに渡った脇町の谷口さんは落とし込み釣り、38-46cmの黒ダイを三匹釣り一匹だけ持ち帰る事にしたそうです。同所に渡った鴨島町の西川君は投げ釣りとサビキ釣り、15-18cmのキスを十匹と小アジを六十匹。同所に渡った小里名人は沖アミのふかせ釣り、28-35cmのキビレを三匹と40cmの黒ダイを一匹、30cmのマルアジを一匹とミズセ(スズキの幼魚)を一匹。

名人がふかせ釣りでマルアジを釣ったので、コーナーでもサビキ釣りで狙って釣れる筈です。白灯台でもおそらく釣れるのではと思うので、マルアジ狙いの人は分散して釣って見てはいかがでしょうか。


newtakedamaru at 08:52コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月27日

7月26日、火曜日、小潮、曇りの晴れ。

県営富田浜駐車場に、8月12日〜15日のお盆期間中の駐車料金を、20分100円にする看板が上がっていました。阿波踊り期間中は県内外から多くの見物客が訪れ、市内の駐車施設や宿泊所は満杯状態になります。それを見込んでの値上げ、駐車場ですらこの有り様ですから、民宿やビジネスホテルの素泊でも、一万前後の料金に設定されています。何のサービスもなく、ただ寝るだけで一人一万円以上請求するのですから、悪徳商法意外の何者でもありません。阿波踊り期間中は、出来るだけ徳島市内には近づかない方が良いと思います。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った浜崎さんはサビキ釣り、30cmのマルアジを一匹と40cmのスズキを一匹。同所に渡った若松さんも同釣り、小アジを専門に釣り13Lのクーラーを満タンにしていました。同所に渡った鴨島町の木村さんは落とし込み釣り、残念ながらアタリはなく探り釣りで20cm前後のガシラを二十匹。午後から同所に渡った長尾さん夫婦はサビキ釣り、奥さんはマルアジを狙ったそうだが小アジしか釣れず、ご主人はルアーでスズキを狙ったが釣れなかったとの事でした。

コーナーに渡った小泉君は落とし込み釣り、51cmの黒ダイを一匹と大物にハリを折られるバラシが一回。同所に渡ったさぬき市の木村君も同釣り、前打ちはアタリがなかったそうでヘチ釣りで35-43cmの黒ダイを二匹。

ジャンボに渡った上岡君も同釣り、同行の息子さんと二人で30cmのキビレを二匹と32-47cmの黒ダイを六匹。同じく同行の大島君も同所で同釣り、30cmのキビレを一匹と33-40cmの黒ダイを三匹。

小泉君が落とし込み釣り大会で今日の黒ダイを釣り上げていたら、優勝の横尾さんとワンツーフィニッシュとなり、全国大会の出場を決めていたのにと思うと残念です。


newtakedamaru at 10:16コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月26日

7月25日、月曜日、小潮、曇りのち一時雨。

今日は五・十払い(5日と10日の支払日)の上に月曜日、母親が入院する大学病院までの道のりは大渋滞でした。病室に入るなりヨーグルトが食べたいとか、洗濯をするのに100円玉がいるから両替してこいと、相変わらず人使いの荒い母親です。すると隣のベッドの女性からも声を掛けられ、申し訳ないのですが私の分もお願い出来ませんかと頼まれてしまいました。船頭さんなんかは、服が汚れていようが靴下やパンツに穴が開いていようが気にもしませんが、女性の皆さんはそうではないと言うのが良くわかりました。

昼前に釣り客を迎える為に病院を後にしましたが、渋滞は更に酷くなっていました。こんな時のバイクは渋滞知らず、忙しい船頭さんにはぴったりの乗り物です。

さて本日の釣果ですが、昨日の大会同様にジャンボでの落とし込み釣りは今一のようでた。同所に渡った藤井君は落とし込み釣り、黒ダイの姿はそこそこ見えていたが35-47cmを二匹との事でした。

赤灯台に渡った松茂町の山村さんも同釣り、主にヘチ釣りをして38-48cmの黒ダイを三匹。同所に渡ったキツモトさんはサビキ釣り、30cm前後のマルアジを四匹と25cmのトツカアジを一匹。同行の藍住町の和泉さんも同釣り、小アジを専門に釣って二百匹ほどだったそうです。

白灯台に渡った北島町の国安さんは投げ釣り、キスが釣れなかったのでサビキで小アジを五十匹ほど釣って帰る事にしてそうです。同所に渡った浜崎さんはサビキ釣り、昼まで粘って25cmのトツカアジを一匹。

コーナーに渡った小里名人は沖アミのふかせ釣り、40cmの黒ダイを一匹釣り二匹目の30cmを跳ね上げようとしたらハリ外れしたそうです。

3時過ぎに黒い雲が空を覆い、雨が降り出して来ました。慌てて家路についたのですが、間に合わずに雨に降られて濡れてしまいました。この時ばかりは渋滞に巻き込まれても、車の方がいいと思いました。


newtakedamaru at 09:15コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月25日

7月24日、日曜日、中潮、曇り時々晴れ。

今日は落とし込み釣り大会、遠くは岩手・宮城県からも参加者がありました。昨日の黒岩さん夫婦や広島の中田君、名古屋の手島君も一泊して参加してくれました。参加者は60名で、今回も地元組より遠征組が多かったと言うのが少し残念でした。

ジャンボと津田一文字の二会場で行われ、黒ダイの総匹数はジャンボが八匹で一文字が十二匹。そんな中で徳島の落とし込み釣りを長年リードして来た徳島落潮会の横尾さんが、重量と長寸と匹数での完全優勝をしました(写真右から二人目)。

二位は大阪銀ととの川辺さん、三位は徳島落潮会の橋口君で四位も同クラブの香西さん、五位は大阪宇部茅会の荒堀さんと言う結果でした。

全国大会への出場権を獲得した横尾さんには、昨年覇者の上岡君にぜひとも続いて欲しいと思っています。

さてそれ以外の本日の釣果ですが、赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、小アジには目もくれずマルアジを狙ったが25cmのトツカアジを一匹。同所に渡った山本君一行三人も同釣り、小アジの食いが今一だったそうで、午前10時までの釣行でそれぞれが五十〜百匹どまりだったそうです。山本君達と入れ替えで同所に渡った小西さん夫婦も同釣り、午後から小アジが入れ食いになりクーラーが満タンになったそうです。

コーナーに渡った七条君はルアー、40-70cmのスズキを十匹とハリ外れのバラシがそれ以上あったとの事でした。

白灯台の先端に渡った浜さんは投げ釣り、午後2時までの釣行で16-26cmのキスを五十六匹。同所に渡った清原君一行三人はルアー、なんと70cmのカンパチを一匹とシオ(カンパチの幼魚)が入れ食いだったそうです(写真)。ブリにカンパチ、沖堤防ならではの獲物ですね。

IMG_0815160724_1917~01

newtakedamaru at 10:52コメント(2)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月24日

7月23日、土曜日、中潮、晴れ。

台風2号の卵が発生したようです。明日にでも、発達して台風になるかも知れません。今年は台風の発生数が非常に少なく、まだ一度も影響を受けていません。とは言っても、このまま済まされる筈はないので、台風への備えは怠らないようにしたいと思っています。

さて本日の釣果ですが、明日の大会を前に広島と名古屋と大阪から、下見に三人がやって来ました。大阪の黒岩さんは遠征常連客組で、今回は奥さん以外にお孫さんも同行して来ました。一文字のコーナー周辺で前打ち釣りをして、45cmの黒ダイを一匹と三回のバラシがあったそうです。名古屋の手島君も同釣りをしたがバラシが二回、ヘチ釣りで40-45cmの黒ダイを二匹釣り、ジャンボにも渡って同黒ダイを二匹との事でした。広島の中田君は午前も午後もジャンボ、40cmの黒ダイを午前と午後で一匹ずつだったそうです。

それ以外では赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんが、サビキ釣りで22-25cmのトツカアジを三匹。同行の同町の岩崎さんも同釣り、28cmのマルアジを一匹とトツカアジを四匹。

中央に渡った持山さんは探り釣り、20cm前後のガシラを二十匹。同行の須原さんも同所で
同釣り、同ガシラを持山さんの倍の四十匹。白灯台に渡った藤原さんはサビキ釣り、25cmのトツカアジを一匹と小アジを百五十匹。同所に渡った村上さんも同釣り、小アジを少々と同トツカアジを二匹との事でした。

三隻の船を明日の大会では使用するので、今日はその準備に追われる一日でした。特にタケダ丸は保険の更新手続きを済ませたものの、昨年の10月から一度も動かしていませんので、果たして上手く動くか心配です。応援は昨年と同様に、トシ君とカー君と藤田君の三人が来てくれます。


newtakedamaru at 07:57コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月23日

7月22日、金曜日、中潮、晴れ。

11PMやクイズダービーなどなど、司会者として草分け的な存在であった大橋巨泉さんが、癌との闘病生活の末お亡くなりになりました。少し前に亡くなられた愛川欽也さんとは同世代で、前田武彦さんなどとも同じく名詞会者と活躍されていました。また一人、昭和を代表するスターが遠い世界へ行ってしまいました。

さて本日の釣果ですが、大神子磯のザレに渡った笹さんは落とし込み釣り、魚の姿は沢山見えていたのに30-35cmの黒ダイを二匹との事でした。名古屋から遠征して来た杉浦さん一行四人もジャンボで同釣り、臼井君の息子さんである雅貴君の35cmのキビレが唯一の一匹でした。

午後からは成田君と杉浦さんが再びジャンボ、臼井君親子は一文字の赤灯台へ渡る事になりました。ジャンボの二人は頻繁にアタリが出るものの、ハリ掛かりするような黒ダイのアタリはなかったそうです。

赤灯台の臼井君は30cmのキビレを一匹と35-48cmの黒ダイを四匹、雅貴君は40-45cmの黒ダイを三匹釣り上げていました。

白灯台に渡った藤岡さんはサビキ釣り、25cmのトツカアジを五匹と小アジを三百匹。

コーナーに渡った吉岡君はルアーと落とし込み釣り、ルアーで40cmのスズキを一匹釣り落とし込み釣りで大物の黒ダイのバラシが二回。

今日も入院中の母親を見舞ったところ、病院側から退院の打診をされました。退院の予定日は8月1日ぐらいだそうで、リハビリの受け入れ先が決まりれば退院となるそうです。主治医の先生もこの調子なら、来年もヒウオ漁をしても大丈夫だと言ってくれました。後5年、いや10年は元気でいて欲しいと思っています。


newtakedamaru at 11:13コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月22日

7月21日、木曜日、大潮、晴れ。

国際オリンピック委員会がリオ五輪に出場停止処分を下したロシア陸上選手、スポーツ仲裁裁判所が選手の訴えを退ける裁定を下しました。これでロシアの陸上選手のリオ五輪出場が、かなり厳しい状況になったようです。国家ぐるみでのドーピングが発覚して、この犯罪的行為をどう受け止めるかが注目されていました。今後はドーピングに関わっていない選手の救済が行われるのか、国際陸連やIOCに判断がゆだねられるようです。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った吉野川市の工藤君は落とし込み釣り、4時間ほどの釣行で30-35cmのキビレを三匹と35-47cmの黒ダイを九匹。

一文字の赤灯台に渡った藤崎君も同釣り、昼までの釣行で40-47cmの黒ダイを五匹とバラシが多数あったそうです。同所に渡った中江さん一行三人はサビキ釣り、それぞれ百五十〜二百五十匹の小アジを釣っていました。

白灯台に渡った鳴門市の古林さんも同釣り、25cm前後のトツカアジを五匹と小アジを三百匹。同行の同市の中井さんも同釣り、一文字は初めてと言う事でしたが小アジを百五十匹。同所に渡った若松さんも同釣り、25cmのトツカアジを一匹と小アジを三百五十匹。午後からコーナーに渡った川島町の野村さんは探り釣り、白灯台まで往復したが20cm前後のガシラを十七匹との事でした。

午後3時から同所に渡った横尾さんはルアー、白灯台の階段の前に入れられたタコ壺のブイが邪魔で、せっかく掛けたスズキがブイに絡んで何度もバラシてしまったそうです。60cmのスズキを一匹釣り上げる事は出来たが、80cm近い良型の五匹はラインごと切られたと機嫌が悪かったです。同じく同所に渡った清原君も同釣り、60cmのスズキを一匹とハリ外れのバラシが三回あったそうです。同じく同所に渡った藤原さんは落とし込み釣り、赤灯台までヘチ釣りをして45-47cmの黒ダイを二匹。同じく同所に渡った小泉君と松茂町の斉中さんは落とし込み釣り、小泉君は50cmのカンダイを一匹と30cmのキビレを一匹に40cmの黒ダイを一匹、斉中さんは25-30cmの黒ダイを二匹と25cmのキビレを一匹。

同じくジャンボに渡った鴨島町の大島君も同釣り、40-50cmの黒ダイを二匹と30cmのキビレを一匹。

夏至を過ぎてひと月余り、だんだんと日没が早くなって来ています。今日、タチウオの半夜釣りの問い合わせがあったのですが、現在は午後7時半ぐらいまでは明るいので、半夜釣りはもう少し先になると思います。


newtakedamaru at 14:13コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月21日

7月20日、水曜日、大潮、晴れ。

入院して一週間になる母親ですが、順調に回復して歩行器を使って歩けるようにまでなりました。後は日にち薬と言いますか、気長にリハビリを続けるだけで退院する日も近いと思います。釣り客の皆さんには送り迎えなどなど、不自由をおかけ致しておりますがそれも後一週間ほど、もう暫くご辛抱をと思っています。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った田北さんはサビキ釣り、昼まで釣って25cm前後のトツカアジを五匹。同所に渡った石井町の城浦さんも同釣り、同トツカアジを一匹と小アジを二百匹。同所に渡ったつるぎ町の中尾さんも同釣り、小アジを持参したクーラーに八分目ほど釣ったとの事でした。同じく同所に渡った細川君も同釣り、思った以上に小アジが沢山釣れたと言ってました。同所に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣りで小アジを二百匹、探り釣りもして20cm前後のガシラを二十匹。

ジャンボに渡った鴨島町の大島君は落とし込み釣り、25cm前後のキビレを五匹と同黒ダイを一匹、良型と思われる黒ダイのアタリはすべてバラシてしまったそうです。午後から同所に渡った中川さん親子も同釣り、中川さんが35cmのキビレを一匹とバラシが一回、同行のオヤジさんは何のアタリもなかったとの事でした。

同じく午後から赤灯台に渡った大前君と岡本君と井出君もサビキ釣り、釣りを始めて二回目で一文字は初めてとの事でしたが、小アジや中サバが沢山釣れ満足していました。

夕方の3時からコーナーに渡った橋口君は落とし込み釣り、帰る間際に47cmの黒ダイが一匹釣れいまだに罰金はなし。同じく同所に渡った藤原さんはヘチ釣りをしたそうですが、一度もアタリはなかったそうです。同じく同所に渡った横尾さんも同釣りだったのですが、航路側でスズキがライズしていたそうで、ルアーで60-80cmを三匹とハリ外れのバラシが六回もあったそうです。

今日はニュータケダ丸の保険更新手続きに、保険会社に行って来ました。釣り客が少ないと言う事で、年間の稼働率は10日も動いていません。が、万に一つ何かあったら困るので、保険だけはちゃんと加入しておかなければなりません。今年の初仕事が24日の落とし込み釣り大会、せめて年間で100日ぐらいは稼働させたいと思っています。


newtakedamaru at 10:29コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月20日

7月19日、火曜日、大潮、晴れ。

昨日、梅雨明けしたんですね。梅雨明けのパターンは三通り、前線が北に上がってか南に下がっての消滅、日本列島周辺で消滅する時もあります。明後日には学校も夏休みに入り、海水浴場も海開きを迎えます。本格的な暑さの到来に、熱中症対策も万全にしなければなりません。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った松茂町の山村さんは落とし込み釣り、コーナーまでの間で35-47cmの黒ダイを二匹。同所に渡った川島町の桜本君はサビキ釣り、22cmの中サバを五十匹と小アジを二百匹。同所に渡った北島町の国安さんは投げ釣り、キスの食いが悪かったので小アジを五十匹ほど釣って帰る事にしたそうです。

白灯台に渡った藤原さんさんもサビキ釣り、25cm前後のトツカアジを三匹と小アジを二十匹。同所に渡った井上さんも同釣り、25cmのトツカアジを一匹と小アジをクーラーに満タン。

夕方の3時からコーナーに渡った横尾さんは落とし込み釣り、最終便まで釣って40-49cmの黒ダイを七匹。

最近、岩丸の船足が極端に落ち燃費も悪くなっています。そこで今日は、吉岡君に手伝ってもらい岩丸の船底掃除をしました。潮が引いた砂浜に引き揚げ、藤壺やイガイをスクレバーでこすって落とすと言う作業、潮が満ちて来るまでの短時間に一人ではなかな仕上げれません。二人でしても半分落としただけで潮が満ちて、残りの半分は明日にでも仕上げる事にします。


newtakedamaru at 10:52コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月19日

第8回 四国落とし込み選手権

大会概要

開催日    7月24日(日)  予備日7月31(日)

受 付    午前 4:00〜 (タケダ丸渡船場)

競 技    午前 5:30〜11:00

表 彰       12:00〜

会 場    沖一文字 ジャンボ

競技方法  30cm以上のチヌの総重量(キビレは対象外)

釣 法    落とし込み、ヘチ、前打ち

参加費    3,000円(渡船代、保険代込み)

注意事項

乗船中、大会中の救命具、又は救命補助具の着用を義務付けます

一般の釣り人への配慮をお願いします

当日の事故等に付きましては、保険適用の範囲を超えるものの責任
は負いかねます

一文字、テトラ側での釣りは、足元が不安定な為、最善の注意をお願い
します


本大会は10月16日(日)に行われますチヌ落とし込みAward四国選考大会になっております。

大会主催 徳島黒鯛神


newtakedamaru at 13:23コメント(0)トラックバック(0)釣り大会 
7月18日、月曜日、大潮、晴れ。

今日は梅雨明けを思わせる晴天、とんでもない暑さになると思っていたのですが、日中は北風が強く意外と過ごしやすかったです。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った藤原さんはサビキ釣り、22cmのトツカアジを二匹と27cmのマルアジを一匹、24cmのメバルを一匹と小アジを五十匹ほど。同所に渡った朝日さんも同釣り、28cmのマルアジを一匹で小アジは釣らなかったとの事です。同行の小山さんも同所で同釣り、小アジをクーラーに満タンと投げ釣りもして15-20cmのキスを十一匹。同じく同行の阿部さんも同所で同釣り、お孫さんと三人で小アジをクーラーが満タンになるまで釣っていました。同所に渡った石原さんも同釣り、同じく昼までにクーラーを小アジで満タンにしていました。同所に渡った横尾さんは今日はルアー、赤灯台周辺はアジ釣り客でルアーを投げる事が出来ず、中央まで歩いて50cmのスズキを一匹。

白灯台に渡った鳴門市の広瀬さんもサビキ釣り、同行の北島町の清田君と桐間君も同釣り、それぞれが持参のクーラーを小アジで満タンにしていました。同所に渡った石井町の丸山君は落とし込み釣り、五回ほどアタリがあって45cmの黒ダイを一匹。

コーナーに渡った石井町の芝原君も同釣り、夕方の3時から最終便まで釣って40-47cmの黒ダイを四匹。

ジャンボに渡った土成町の平川さんも同釣り、午前9時までに35-42cmの黒ダイを七匹との事でした。昼から同所に渡った橋本君も同釣り、40cm前後のキビレを二匹と40-49cmの黒ダイを七匹。午後3時に同所に渡った上岡君も同釣り、最終便まで粘って40-48cmの黒ダイが二匹しか釣れずやや不満との事でした。

少し前に打ち上げ花火大会を20日に行うとブログにアップしたのですが、それは間違いで今日の夜の8時45分からでした。たった15分間の打ち上げでしたが、休まずに次から次ぎへと上がる花火は見応えがありました(写真)。近所の人には慌てて見に来るように電話をしたのですが、ほとんど人に連絡が出来ませんでした。来年は日にちを間違える事のないように気を付けますので、今回はご勘弁を願いたいと思っています。

160718_2044~03160718_2056~02160718_2056~06

newtakedamaru at 07:59コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月18日

7月17日、日曜日、大潮、晴れ時々曇り一時雨。

今日は午後から雨との予報、バイクで行くべきか車にするべきか悩みましたが、母親の病院の事もあるのでバイクで行くことにしました。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った七条君はルアーでスズキを快調に釣り、午後5時までで45-65cmのスズキを十二匹。同所に渡った西田君一行三人も同釣り、35cmのハマチを一匹とエソが爆釣だったそうです。同じく同所に渡った中島さんは投げ釣り、昼までの釣行で15-25cmのキスを二十三匹との事でした。同所に渡った横尾さんと小泉君は落とし込み釣り、午前10時までの釣行で30cmの黒ダイを一匹ずつ。

赤灯台に渡った田中さんも同釣り、同じく午前10時までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。同所に渡った樋口君は今日もサビキ釣り、同じく10時までの釣行で小アジを約百五十匹。同所に渡った松茂町の斉中さんは投げ釣り、同じく10時までの釣行で16-24cmのキスを十一匹。

白灯台に渡った阿部さんと友達は沖アミのふかせ釣り、黒ダイと小グレ狙いだったのですがアタリはなかったとの事でした。同所に渡った阿波市の青木さんも同釣り、エサ取り以外は何のアタリもなかったそうです。

午後2時からジャンボに渡った墨田区の鈴木さんは落とし込み釣り、43-48cmの黒ダイを二匹との事でした。同じく藤井君も同釣りで同黒ダイを三匹、阿波市の工藤君も同釣りで同黒ダイを五匹、福山君も同釣りで同黒ダイを二匹と40cm前後のキビレを三匹。

午後3時から大神子磯のオハナに渡った横浜市の藤澤君と茅ヶ崎市の鈴木君も同釣り、藤澤君が黒ダイを二匹で鈴木君は一匹だったそうです。同じく同磯の足洗いに渡った小泉君は十二匹、ザレに渡った石井町の芝原君は七匹、ジャンギリに渡った横尾さんは一時間で十匹のペース、最終便まで釣ったので五十匹近く釣ったのではとの事でした。サイズ的には大小入り乱れ、25-53cmの黒ダイが各磯で釣れていたそうです。

今日は小松島港の港祭り、打ち上げ花火を見に行こうと誘われたのですが、釣り客の送り迎えに母親の見舞い、体力の限界を感じる60歳です。


newtakedamaru at 10:07コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月17日

7月16日、土曜日、中潮、晴れ時々曇り。

7月の三連休に合わせて毎年遠征して来る関東組、ドクターとバリ君に鈴木君、そして三木さんのワンセットが定番でした。それが今回は三木さん抜きの遠征となり、お盆の墓参り遠征も三木さんは都合がつかないそうです。そこで、船頭さんが12月に東京へ行のでその時は宜しくと言う事になりました。

さて本日の釣果ですが、今年の遠征二回目となった豊明市の久保ちゃんは大神子磯の足洗いへ、二回アタリがあったものの二回ともハリ外れでバラシてしまったそうです。

ジャンボには七人が渡ったのですが、なんと六人がアタリなしのボウズでした。そんな中、一人気をはいたのが橋本君でした。40-49cmの黒ダイを六匹釣ったものの、ハリ外れのなどのバラシが十回以上あったと言う事でした。

赤灯台に渡った岩崎さんはサビキ釣り、昼までの釣行で25cm前後のトツカアジを四匹。同所に渡った樋口君も同釣り、主に小アジを狙って五百匹以上は釣ったと思うとの事でした。同所に渡った浜さんはルアーでマゴチ狙い、中央でボイルがあったのでキャストすると45-50cmのスズキが二匹。

コーナーに渡った喜多さん親子は探り釣り、20cm以上の良型が多く18-23cmのガシラを二人で四十五匹。

白灯台に渡った鳴門市の杉浦さんも同釣り、同じく型が良く同ガシラを五十匹ぐらいと言ってました。午後3時からコーナーに渡った作昌さんは落とし込み、バラシが四回と最後に掛けたキビレもタモ入れ寸前でハリ外れしたそうです。同行の千葉市の古園さんも同釣り、43-48cmの黒ダイを二匹とキビレのハリ外れが二回。同じく赤灯台に渡った墨田区の鈴木さんも同釣り、ヘチ釣りで同黒ダイを二匹との事でした。同じく同行の茅ヶ崎市の鈴木君も同釣り、風に逆らって前打ちをしたがバラシ四回で終わってしまったそうです。同じく同行の横浜市の藤澤君も同釣り、大神子磯のオハナで40-49cmの黒ダイを六匹。

今年から反省会に入会した橋本君、今日の釣果に納得が出来ないとの事で罰金を納めて帰って行きました。本人が言うには最低でも十匹以上、それが逆になってバラシが十回以上とは情けなさすぎとの事でした。その逆でここ数日の船頭さんは、スズキやサバが釣れない中でかろうじて一匹釣り、首の皮一枚で罰金の支払いを免れています。

魚が釣れても釣れなくても反省、今年も10月に賑やかに大大大反省会を行いたいと思っています。


newtakedamaru at 09:05コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月16日

7月15日、金曜日、中潮、晴れのち曇り。

しらさぎ大橋の風速計が12m、西の風と言う事でもあり今朝は涼しい筈です。その上に湿度も低いのか、肌触りがカラっとして気持ちが良かったです。日中も日差しが雲に遮られ、どちらかと言うと過ごしやすい一日でした。

さて本日の釣果ですが、ジャンボに渡った豊明市の久保ちゃんは落とし込み釣りで35cmの黒ダイを一匹、夕方は大神子磯のオハナに渡って35-45cmの黒ダイを六匹。

赤灯台に渡った脇町の片山さんはサビキ釣り、25cmのトツカアジを一匹と小アジを百匹。同所に渡った北島町の国安さんはサビキ釣りで小アジを五十匹、投げ釣りで15-25cmのキスを十匹と探り釣りで20cm前後のガシラを十匹。同所に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣りで小アジを百匹、探り釣りで16-22cmのガシラを二十匹と落とし込み釣りで35cmの黒ダイを一匹。

白灯台に渡った鳴門市の古林さんはサビキ釣り、小アジを二百匹と25cm前後のトツカアジを五匹。同所に渡った泉さんは投げ釣り、15-25cmのキスを午後2時までで二十匹。同所に渡った中村さんは探り釣り、ブラックバスの稚魚をエサに15-24cmのガシラを二十五匹。

午後からコーナーに渡った藤井君と庄野君と内村君は落とし込み釣り、35-43cmの黒ダイを藤井君は六匹で庄野君は三匹、内村君も二匹と言ってました。同じく赤灯台に渡った藤原さんも同釣り、43cmの黒ダイを一匹釣り50cm近い黒ダイは水面でのバラシ。

明日からは三連休、遠征の予約もあり心配なのは雨降りです。出来れば曇りもしくは一時雨、と願っている船頭さんです。


newtakedamaru at 13:43コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月15日

7月14日、木曜日、若潮、晴れ一時雨。

船頭さんの愛車であるホンダスーパーカブ、先日マフラーが裂けてしまったのですが富永さんから入荷の連絡があり、矢三町にある富永自転車商会さんまで行って来ました。交換を待つ間に、蔵本町にある大学病院が直ぐ近くと言う事で、代わりのバイクを借りて母親の病室も覗いて来ました。顔を見せるなり、お茶が飲みたいとか果物が食べたいと言います。果物は何が食べたいかと聞くと、ミカンと言います。ミカン?この時期にミカン?果物店でハウスミカンを見つけ、母親に食べさすと美味しいと喜んでくれました。ところが、関心のマフラー交換がナットやビスが腐食して外す事が出来ません。仕方なく専門の業者さんに頼み、なんとか交換する事が出来ました。ほっとした所に母親から電話、明日大部屋に代わるので荷物を片付けに来いと言います。病室に入ると今度は洗濯、そんなの普通は息子にさせないでしょう。なんて人使いの荒い母親だろうと思いながらも、相手は病人と言う事で我慢我慢です。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った若松さんはサビキ釣り、マルアジが入れ食いだったのですが六匹ほど釣った所で、仕掛けがもつれて切れてしまったそうです。予備の仕掛けを持って来てなかったので、その後は小アジ釣りに専念して二百匹との事です。

ジャンボに渡った松茂町の山村さんは落とし込み釣り、三回アタリがあり唯一ハリ掛かりしたのが45cmの黒ダイ一匹。同所に渡った鴨島町の大島君も同釣り、10時に山ちゃんが帰った時はまだボウズだったそうです。12時前にやっとアタリが出て、35-40cmの黒ダイを二匹釣り罰金は免れたと喜んでいました。

写真は、今日入港したオーシャンフェリーの新造船「どうご」です。「びざん」「しまんと」と四国の山や川、そして地名が船名につけられています。四隻目はもちろん、香川県に由来する「りつりん」だそうです。
160714_1012~03160714_1012~02

newtakedamaru at 20:59コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月14日

7月13日、水曜日、長潮、雨のち曇り時々雨。

なんと、天皇陛下が生前での退位を表明されたとか。200年前にそう言う事例があるそうですが、退位をされてからのお立場や憲法上の問題(年号の改名など)も含め、なかなか陛下のお気持ち通りに事は進まないかも知れません。ご高齢の陛下や皇后さまが、災害地や戦没者の慰霊に慰問される姿には頭が下がります。それだけではなく日本の象徴として、外国から訪れる要人を皇居に招いたり、国会への出席や大臣の任命と多忙を極めています。ここは憲法を改正してでも、皇室の新たな道筋をつけようとする陛下のご意志に、宮内庁も国会も謙虚に応えるべきではと船頭さんは思います。

さて本日の釣果ですが、出船時刻がちょうど雨と言う事で釣り客は四人でした。赤灯台に渡った浜崎さんと鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、浜崎さんが30cm前後のマルアジを三匹と40cmぐらいのスズキを三匹、大塚さんは同じく30cm前後のマルアジを四匹との事でした。

ジャンボに渡った中川さん親子は落とし込み釣り、中川さんが40-50cmの黒ダイを十九匹でオヤジさんは十三匹、ハリ外れなどのバラシを入れると入れ食いだったそうです。今日は釣り客が少なかったので、ほぼ一日中母親に付き添う事が出来ました。

手術は成功でしたが傷口が痛いとか、背中が痛いと言っては看護師さんに悪態をつく母親、息子としては申し訳なく思いました。しかし、どの看護師さんも親切丁寧に対応してくれ、まさに白衣の天使を見た思いでした。退院するまでの二週間、釣り客の皆さんには色々とご迷惑をおかけしますが、ご協力を宜しくお願いしたいと思っています。


newtakedamaru at 21:03コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月13日

7月12日、火曜日、小潮、曇りのち晴れのち曇り。

玄関のドアを開け外に出ると、信号待ちしていたプリウスがクラクションを鳴らしました。山ちゃんと言うのは直ぐにわかったのですが、?何をしに行くのか不思議に思いました。と言いますのは、昨日の釣りからの帰りに、竿の竿先を落としたのか帰ったらなかったそうです。

電話を受けて船頭さんも橋口君と吉岡君、それから陰本君にも加わってもらい、船の中から桟橋に砂浜と駐車場、一文字にも行き探しましたが見つかりませんでした。ので、落とし込み釣りに行く筈はなく、キス釣りにでも行くのかなっと思いながら、山ちゃんの後を追い浜へ。なんと山ちゃん、諦め切れないのでもう一度自分で確かめて見るとの事でした。

一文字にも渡り探したが見つからず、新しい竿先を注文する事になりました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った今津さんはサビキ釣り、30cmのマルアジを一匹と25cm前後のトツカアジを二匹に50cmのスズキを一匹。同所に渡った鴨島町の木村さんは泳がせ釣りでスズキのバラシが一回、探り釣りで20cm前後のガシラを四十匹、落とし込み釣りはまったくアタリがなかったそうです。

二番船で同所に渡った藤原さんは投げ釣り、30cmと40cmのキビレを二匹との事でした。

三番船で同所に渡った鴨島町の渡辺さんはサビキ釣り、昼までに小アジが二百匹ほど釣れたとの事です。

四番船でコーナーに渡った小里名人は沖アミのふかせ釣り、エサ取りが多かったが30cm前後の黒ダイを二匹。

ジャンボに渡った上岡君と福山君は落とし込み釣り、ともに30-40cmの黒ダイを三匹ずつとの事でした。

明日は母親が大学病院で手術をするので、送り迎えにかなりの支障があると思います。手術は朝8時半からなので、一番船と二番船だけになると思います。迎えの方も昼と4時ぐらいになると思うので、皆さんに協力をお願いしたいと思っています。


newtakedamaru at 11:40コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月12日

7月11日、月曜日、小潮、晴れのち曇りのち雷雨。

今日は母親が大学病院に入院と言う事で、午前中と夕方の送り迎えに支障がありました。が、釣り客の全員が時間を合わせてくれ、無事に入院手続きを済ませる事が出来ました。13日に人口関節の手術をしますので、家族全員が交代で付き添うようになります。当日も船頭さんは時間が許す限り、病院で付き添いをしますので、通常通りの送り迎えが出来ないと思います。釣行日を別の日にするか、船頭さんの決めた時間に合わせてくれたら幸いです。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った北島町の国安さんはサビキ釣りで小アジを五十匹、投げ釣りで16-23cmのキスを二十匹と40cmのキビレを一匹。同所に渡った小山さんと矢野さんに朝日さんも同釣り、同キスを小山さんが四匹で矢野さんが三匹、朝日さんが六匹とそれぞれが小アジを百匹ずつ。同所に渡った吉岡君はルアー、55cmのスズキを一匹とハリ外れのバラシが一回。

中央に渡った松茂町の山村さんは落とし込み釣り、コーナーまでヘチ釣りをして35-45cmの黒ダイを四匹。大神子磯のオハナに渡った橋口君も同釣り、53.2cmの黒ダイを頭に40cmオーバーを十匹。

ジャンボに渡った藤井君も同釣り、午後2時までの釣行で30-49cmの黒ダイを十二匹。藤井君を迎えた後にポツポツと雨が降り出し、暫くすると本降りになって来ました。夕方には雷も鳴り出して、土砂降りの大雨になりました。梅雨明けにはまだ少し早いような気もしますが、雷が鳴り出したのでそう遠い話ではないと思います。


newtakedamaru at 11:35コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月11日

7月10日、日曜日、小潮、曇り時々晴れ。

今日は落潮会の二回目の例会日、参加者は十一名で昼までの釣行でした。黒ダイの匹数では六匹を釣り上げた横尾さんですが、二匹長寸で新会員の芝原君が98cmで優勝となりました。仕事があるからと言って、午前10時に帰った山村さん以外の全員が検寸、32-50cmの黒ダイが二十匹釣れまずの結果でした。

さてそれ以外の本日の釣果ですが、白灯台の先端に渡った浜さんは投げ釣り、午後2時までの釣行で16-25cmのキスを五十八。同所に渡った鳴門市の杉浦さんは探り釣り、20cm前後のガシラを今回も六十匹以上釣ったとの事でした。

三番船で同所に渡った村上さんも同釣り、コーナーまで釣り歩いて同ガシラを二十匹ほどとの事です。

コーナーに渡った七条君はルアー、友達から呼び出しがあり昼までの釣行でしたが55-70cmのスズキを三匹。

赤灯台に渡った鴨島町の大塚さんはサビキ釣り、小アジは釣らずに22-25cmのトツカアジだけを四匹。同所に渡った高橋さんも同釣り、小アジを二百匹釣り同トツカアジを四匹に30cm前後のマルアジを二匹。同所に渡った石原さんも同釣り、小アジを専門に釣って午前10時までで約二百匹。

ジャンボに渡った橋本君は落とし込み釣り、昼までの釣行で30-40cmのキビレを二匹と35-50cmの黒ダイを五匹。

四番船で同所に渡った福山君も同釣り、出遅れが響いたのか昼までの釣行で35cmの黒ダイを一匹。

夕方に同所に渡った上岡君も同釣り、日没前の7時まで釣って40-49cmの黒ダイを五匹。

今日は参議院選挙の投票日と言う事でしたが、船頭さんは午後8時の投票締め切りに間に合わず、投票する事が出来ませんでした。選挙結果は船頭さんが投票しなくても何の影響もなく、自民党・公明党の圧勝でした。まったく実態のないアベノミクスを訴え、消費税値上げを見送り憲法改正には触れず、そんなまやかしの政党に投票した有権者はアホ以外の何者でもありません。まやかし軍団の自民・公明党、詐欺師以外の何者でもない民進党、民衆に愛されない共産党に衰退する社民党、何を言ってるのか良くわからない維新、日本の将来が良くなる筈ありません。

参議院選挙が終われば、次はいよいよ東京都知事選です。タヌキさんやキツネが多数立候補するので、船頭さんは選挙権はないのですがネコさんに投票したいですね。


newtakedamaru at 09:51コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月10日

7月9日、土曜日、中潮、雨のち曇り。

今日は朝から雨、土曜日と言うのに一番船の釣り客は三人でした。一番船の釣り客を送り終え、船頭さんがテントの雨漏りの補修をしていると鳴門市の田所さんがやって来て、この雨の中で釣りに行ってるクレイジーな人が居るですねと言います。と言うアンタはと聞くと、そのお仲間になりたいので送って下さいとの事でした。最近は希少生物となりつつある、こんなバカな釣り客が渡船屋を支えていると言っても過言ではありません。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った高松市の馬場君と亀井君は沖アミのふかせ釣り、二人とも狙いの黒ダイのアタリはなくエサ取りしか釣れなかったそうです。同所に渡った樋口君はサビキ釣りで小アジを三百匹ほど、昨日の電話では明日の日曜日はスズメバチの巣の駆除をしなければならないので、台風でない限り多少の雨は覚悟で釣りに行きますとの事でした。

二番船で同所に渡った田所さんも同釣り、数えられないぐらいの小アジが釣れたからか、クレイジーの仲間になれたからか、とにかくご機嫌で帰って行きました。

午後4時からコーナーに渡った小泉君は落とし込み釣り、白灯台の先端まで前打ち釣りをして45cmの黒ダイを一匹、コーナー周辺ではヘチ釣りで35-40cmの黒ダイを三匹。同行の石井町の芝原君も同釣り、コーナーから中央にかけて主にヘチ釣りをして30-40cmのキビレを二匹と35-50cmの黒ダイを五匹。同じく同行の橋口君も同釣り、赤灯台まで釣り歩いたがハリ外れのバラシが一回、納竿10分前に32cmの黒ダイが一匹釣れ罰金は免れたとの事でした。

明日は落潮会の例会日、橋口君の二連覇になるかそれとも別の人が優勝するか、天気予報よりも予想するのが難しいですね。


newtakedamaru at 09:41コメント(1)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月09日

7月8日、金曜日、中潮、雨。

台風1号は勢力を少し弱めたものの、台湾に上陸して中国に向かっています。これで直接は日本に影響がないと言う事になり、一応は一安心することが出来ました。しかし、今回は無事だったからと言って喜んではいられません。年々大型化する台風、直撃も考えて備えだけは怠らないようにしなければと思っています。

さて本日の釣果と言う事ですが、今日は予報より雨の降り出しが早く釣り客は四人でした。一番船で赤灯台に渡った鴨島町の木村さんはサビキ釣り、小アジを三百匹ほど釣り泳がせ釣りもして55cmのスズキを一匹。同じく一番船でコーナーに渡った笹さんは落とし込み釣り、前打ち釣りをして白灯台の先端で45cmの黒ダイを一匹。同じく中央に渡った松茂町の山村さんも同釣り、まだ体調が万全でないとかでヘチ釣で43-48cmの黒ダイを四匹。

二番船でコーナーに渡った土成町の平川さんも同釣り、山村さん同様にヘチ釣りで38-50cmの黒ダイを六匹。

船頭さんからのお知らせですが、今月の20日の海の日に渡船乗り場で打ち上げ花火大会を予定しています。今年上半期に稼いだ半分ほどの500万円を注ぎ込んで、大輪の花を夜空に咲かせたいと思っています。聴衆の真上で広がる花火、なかなかの見物ですので家族や友人を誘って、ぜひ見に来て頂きたいと思っています。それから先ほどの上半期に稼いだ半分の500万円は、すいません見栄をはって嘘をついてしまいました。本当の事を言いますと、実際はその十分の一も稼いでないかも知れません。ただ、船頭さんぐらいになると色んな人脈があるので、浜で何かイベントをしようとすると協力を求められます。今回もその一端で、大々的には公表されてないと思うので、ブログにアップする事にしました。


newtakedamaru at 08:33コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月08日

7月7日、木曜日、中潮、晴れのち曇り。

昨日、バイクのマフラーが裂けたと言う事で、富永さんからの連絡を待っていたのですが、電話はかかって来ませんでした。そこでホームセンターに行き、マフラーの補修材を買って来て修理をする事にしました。自分では上手く修理が出来たと思ったのですが、5〜600mも走るとエンジンの振動でまた裂けてしまいました。そこへ富永さんから電話があり、新しいマフラーは2万円もするそうで、中古のマフラーを探したがこちらも6千ほどするとの事でした。中古で6千円は高いと交渉してくれたらしいのですが、スーパーカブのマフラーの中古品は意外と少ないらしく、相手も強気で値段交渉に応じないと言う事でした。釣り客が少ないと言う事で、6千円の出費はちょっと痛いのですが仕方ありません。宜しくお願いしますと言って、電話を切りました。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った田村さんはサビキ釣り、昼までに13Lのクーラーが小アジで満タンになったとの事です。同所に渡った竹中さん夫婦も同釣り、奥さんは一時間ほど釣ると灯台の陰で休憩、竹中さん一人でも持参したクーラーが昼までに満タンになったそうです。同行の小泉君も同所に渡り落とし込み釣り、ヘチ側で35cmの黒ダイを一匹釣ったところで止めにして、竹中さんの仕掛けを借りて投げ釣りをする事に、16-23cmのキスを昼までに二十六匹ほど釣ったとの事でした。

コーナーに渡った脇町の片山さんも落とし込み釣り、35cmの黒ダイを一匹釣りサビキ釣りをする事にしたそうです。が、コーナーでは小アジはまったく釣れず、赤灯台に移動して二百匹ほど釣ったそうです。

午後から赤灯台に渡った吉野川市の須見さんもサビキ釣り、3時までの釣行で小アジを百五十匹ぐらいと言ってました。

夕方の5時からコーナーに渡った藤原さんは落とし込み釣り、二時間の釣行でアタリはかなりあったものの46cmの黒ダイを一匹との事でした。

今日は七夕と言う事でしたが、良く晴れていたのに夕方になると雲が空を覆ってしまいました。年に一回しか逢えないと言う、恋人どうしの再会を邪魔をするとはヤボな雲です。そう言えば40年前の織り姫達から、ここ暫くお誘いの連絡がありませんが元気で居るのでしょうか?こちらは、年に一回どころか毎月ですからね。

今夜はあまり持ち合わせはありませんが、若い織り姫さんが居るところでも覗いて帰るのもいいかも。


newtakedamaru at 08:46コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月07日

7月6日、水曜日、大潮、晴れ。

まるよし鮮魚さんへ今夜の肴を買い行く道中、船頭さんの愛車であるホンダスーパーカブのマフラー(消音器)が裂けてしまいました。マニーホールドの付け根が腐食でボロボロ、裂け目からペコパコと排気音が漏れて非常にうるさいです。富永自転車商会さんにマフラーの在庫があるか電話をすると、今出先に居るので帰ったら連絡をするとの事でした。昔は雷族と言うのが一時流行り、船頭さんもマフラーの芯を外したり、途中で切ってバリバリとやってました。しかし、いい年をした60過ぎのオッサンがこれじゃあ恥ずかしいので、早く新しいのと交換したいと思っています。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った藍住町の陰本君はルアー、南風が強くなって出た唯一のアタリが35cmのスズキだったそうです。

赤灯台に渡った南あわじ市の前川さんも同釣り、活性が悪かったのか午前10時の納竿までにスズキのアタリはなかったとの事です。阿波市の北尾君親子はサビキ釣り、小アジを二百匹ほど釣り泳がせ釣りもして40cm弱のヒラスズキを一匹。同所に渡った藤井君は落とし込み釣り、主にヘチ釣りで30-49cmの黒ダイを七匹。

午後2時からジャンボに渡った中川さん親子も同釣り、35-45cmの黒ダイを中川さんが四匹でオヤジさんは十匹。同じく午後3時からコーナーに渡った京都市の倉田さんも同釣り、同所での前打ちとヘチに航路側での前打ち、白灯台の先端まで行き35-51cmの黒ダイを十六匹。同行の神戸市の桜井さんは同所から中央にかけて主にヘチ釣り、35-48cmの黒ダイを十七匹と持参したストリンガーが足りなくっていました。

案内役の小泉君は主に航路側での前打ち、35cmのキビレを一匹と30-45cmの黒ダイを十五匹。同じく案内役の上岡君は中央から赤灯台でヘチ釣り、中央で50-52cmの黒ダイを三連発釣ったが、赤灯台周辺では35cm前後の黒ダイを十五匹。

夕方の6時からの一時間は黒ダイのスイッチが入ったらしく、どこに落としても即効でアタリが出来たとの事でした。今年も7月24日に、落とし込み選手権の徳島大会を予定しています。大会場所はジャンボと一文字、上岡君に続く選手権覇者を皆さん狙って下さい。


newtakedamaru at 08:32コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月06日

7月5日、火曜日、大潮、晴れ一時雷雨。

台風1号が925ヘクトパスカルまで発達、台湾から沖縄県の先島諸島近海を目指して進んでいます。今のところ、日本に上陸する可能性は低いようです。台湾に上陸後、そのまま中国に上陸して消滅してくれれば良いのですが、予想進路では大きく右に進路を取り朝鮮半島に向いています。台風が日本海に進むと徳島では南風が強くなり、また梅雨前線を刺激して大雨になる可能性もあります。出来るだけ台風1号には、西寄りのコースを取って欲しいと思っています。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った鳴門市の杉浦さんは探り釣り、コーナーまで釣り歩き16-22cmのガシラを約七十匹ほどとの事でした。同所に渡った前田君と友達はルアーと投げ釣り、スズキは釣れなかったが16-23cmのキスを二十三匹。同所に渡った宮本君もルアーで50cmのスズキを掛けたが、エラ洗いでハリ外れしてしまったそうです。

赤灯台に渡った川島町の桜本君はサビキ釣り、探り釣りでガシラを数匹とマメアジをクーラーに満タン。上岡君夫婦は奥さんがサビキ釣り、上岡君は落とし込み釣りで40-49cmの黒ダイを三匹、後は奥さんと一緒にマメアジを釣り同じくクーラー満タン。

中央に渡った乾さんはタコ釣り、1.5kgと700gぐらいのマダコを二匹。ジャンボに渡ったさぬき市の木村君は落とし込み、北面にあるテトラの前打ち釣りで45cmの黒ダイを一匹。

今日、家に帰ると管理人さんからの宅配便が届いていました。中身は毎年送ってもらっているトウモロコシ、茹でずに生で食べれる優れものです。みずみずしく程良い甘さ、熱を加えると更に甘さが増します。管理人さんありがとう、美味しく頂きましたよ。


newtakedamaru at 10:15コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月05日

7月4日、月曜日、大潮、晴れ。

濃霧注意報?そんなの出てましたっけ。無風状態で少し蒸し暑いなっと思っていたら、南東の方角から霧が海一面をあっという間に覆ってしまいました。視界は約300m、かなり危険な状況になって来ました。残念な事に石丸のGPSは壊れていて、このような状態になると方角がまったく分かりません。そこで以前、恵方巻きを買った時にオマケで貰ったコンパスで、一文字までの送り迎えをする事にしました。東西南北のいずれかが分かれば、ベテランの船長なら何の問題もありません。なんてことを言うと、GPSを持ってない者の負け惜しみのようにも取れますが、便利な機械に頼り過ぎるのも如何とは思います。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った矢野さんと小山さんはサビキ釣り、二人とも小アジで持参したクーラーが満タンになり、予定を一時間早めて帰って行きました。同所に渡った北島町の国安さんは今日も五目釣り、サビキ釣りで小アジを百匹ほど釣り、投げ釣りで18-22cmのキスを二十匹と探り釣りで20cm前後のガシラを十匹、泳がせ釣りで大物のスズキを掛けたがバラシてしまったそうです。

中央に渡った松茂町の山村さんは投げ釣り、赤灯台まで釣り歩き18-25cmのキスを二十五匹。今日の船頭さんは朝から霧には悩まされ、その上に桟橋の修理もしなければならず大変でした。昨日の最終便で帰って来た釣り客の一人が、桟橋に飛び降りた瞬間に異音と同時に桟橋がぐらぐらっとし出しました。この時点では暗くなり過ぎていたので、何がどうなったか原因を見つける事は出来ませんでした。今朝になって見てみると、タンカン(鉄の鋼管)を固定しているクランプ(連結器)が引きちぎれた状態になっていました。そこへ上手いこと吉岡君が枝豆を持って来てくれたので、新しいクランプでタンカンを固定するのを手伝ってもらいました。八年も使っていれば、相手が塩水と言う事で腐食で壊れるのも当然です。

形あるものはいずれ壊れると言いますが、これも世の常と言う事なんでしょうね。


newtakedamaru at 08:40コメント(0)トラックバック(0)さびき本日の釣果 

2016年07月04日

7月3日、日曜日、大潮、晴れ。

今日、台風1号が発生したようです。例年ならば、10個以上の台風が発生してその内の何個かは、日本に上陸したり接近したりしています。台風1号は発達しながら北上し、沖縄県の先島諸島近海を通過する可能性もあるとの事です。今後の進路によっては、四国にも影響が出るかも知れません。

さて本日の釣果ですが、コーナーに渡った小泉君が航路側で落とし込み釣りの前打ちをしたところ、合わせ切れで山糸を飛ばされたのが四回、ねじ伏せられるようにハリスを切られたのが三回、55cmはあろうかと言う黒ダイを水面まで浮かせながら、後一歩というところでこれまたハリ外れしてしまったそうです。結局釣り上げる事が出来たのは、30-48cmの黒ダイを四匹との事でした。同所に渡った橋口君も同じく前打ち釣り、30-40cmの黒ダイを三匹とハリ外れのバラシが二回。吉野川市の工藤君も同釣りで35cmの黒ダイを一匹、ヘチ釣りもして35-45cmの黒ダイを七匹。松茂町の斉中さんは最初からヘチ釣り、潮が満潮前後と言う事で35-52cmの黒ダイを十匹。

同所に渡った七条君はルアー、40-60cmのスズキを三匹とハリ外れのバラシが一回。同所に渡った安芸君と谷奥君もルアー、55cmぐらいのスズキをハリ外れでバラシてしまったそうです。赤灯台に渡った石原さんはサビキ釣り、昼までの釣行でクーラーがマメアジで満タンになっていました。同所に渡った鳴門市の広瀬さん親娘も同釣り、同じく昼までの釣行で二つのクーラーがマメアジで満タン。同所に渡った清原君と西田君はルアーと投げ釣り、スズキのアタリはなかったが16-22cmのキスを十三匹。同所に渡った藤井君は落とし込み釣り、午前10時までの釣行で40-48cmの黒ダイを三匹。

先日の藤井君もそうでしたが、今日の斉中さんもヘチ釣りと言う事で、こちらは好調を維持しているようです。しかし、昨年に続いて今年も前打ち釣りで黒ダイが釣れ出しました。前打ち釣りとヘチ釣り、二つの釣りが同時に出来る釣り場は全国的にも珍しく、おそらく津田一文字だけではないかと思います。


newtakedamaru at 08:13コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月03日

7月2日、土曜日、中潮、晴れ。

今日は梅雨明けを思わせる暑さ、さすがにビニールハウスのテント小屋で日中を過ごす事は無理、風通しの良い場所に移転をする事にしました。落とし込み釣りで県外からやって来た釣り客や、落潮会の月例会にも使えますし、すべてのお客に休憩場所として利用してもらえます。

さて本日の釣果ですが、写真は名古屋から遠征して来た久保ちゃんの釣果です。40-47cmの黒ダイを五匹と40cmのキビレを一匹、午前の釣りは今一だったが午後は良かったそうです。それ以外では野口君が同黒ダイを五匹、さぬき市の木村君も同黒ダイを三匹、小泉君が30cmの黒ダイを一匹、福山君は30cmのキビレを一匹、吉野川市の工藤君は黒ダイを十二匹とキビレを一匹(ジャンボでの落とし込み釣り)。

一文字の赤灯台に渡った田中さんも同釣り、3時間ほどの釣行で30-48cmの黒ダイを三匹。

二番船で同所に渡った藤原さんはサビキ釣り、マメアジが入れ食いで匹数はわからないとの事でした。

同所に午後から渡った小泉君はヘチ釣り、夕まずめの地合いで45cm前後の黒ダイを二匹。同行の石井町の芝原君も同所で同釣り、同じく夕まずめの地合いで同黒ダイを二匹。船頭さんは連日、魚を釣って釣って釣りり過ぎて、とうとう腕が腱鞘炎になってしてしまいました。今日からしばらくの間、竿を置く事にしたいと思っています。


newtakedamaru at 09:24コメント(0)トラックバック(0)落とし込み本日の釣果 

2016年07月02日

7月1日、金曜日、中潮、晴れ。

今日から7月、今月の半ばには梅雨も明け海水浴や夏休み、落とし込み釣りも本番を迎えます。今日、名古屋の久保ちゃんが宿が取れたので一人だけど、明日行きますと電話がありました。今月は落とし込み釣り選手権大会もあり日帰りで大阪、泊では名古屋や東京・横浜の関東からも予約が入っています。今年も昨年同様に、落とし込み釣りでの爆釣を期待しています。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った北島町の国安さんは四刀流、まずはサビキ釣りで五十匹ほどのマメアジを釣り、泳がせ釣りで60cmのスズキを一匹と投げ釣で15-20cmのキスを二十匹、釣り探り釣りもして20cm前後のガシラを十匹。同所に渡った鴨島町の木村さんも同釣り、サビキ釣りでマメアジを百匹ほど釣り、泳がせ釣りで50cmの黒ダイを一匹と探り釣りで16-22cmのガシラを三十匹。

二番船で同所に渡った藤原さんは投げ釣り、午後3時までの釣行で30-40cmのキビレを三匹。昼からコーナーに渡った藤原(康)さんは落とし込み釣り、3時間ほどの釣行で46-49cmの黒ダイを三匹。

午後3時から同所に渡った橋口君も同釣り、前打ち釣りで30cmの黒ダイを一匹と40cmのアイゴを一匹、ヘチ釣りで45cm前後の黒ダイを三匹。

先日、片側のエンジン不調で大阪のドックに入っていた南海フェリーの「つるぎ」、昨日から通常の営業運航を再開しました。大阪や東京へ行くには利便性ではバスですが、船には大量輸送低価格と言う船の良さがあります。島国の徳島としては、橋がかかってもフェリーは有効な交通手段です。南海フェリーさんには、いつまでもフェリーの運航をお願いしたいと思っています。


newtakedamaru at 09:38コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 

2016年07月01日

6月30日、木曜日、若潮、曇り一時雨。

今日で6月も終わりと言う事で、新年から早くも半年が経ってしまいました。6月はアユ釣りが解禁と言う事で、釣り客が少なくなるのは毎年の恒例です。が、今年は半端じゃないぐらい少なかったように思います。その6月の締めくくりとなる今日も、釣り客は二人しか居ませんでした。

さて本日の釣果ですが、白灯台に渡った浜さんはルアーでマゴチ狙い、コーナーまで釣り歩いたがエソを六匹との事でした。コーナーに渡った槙山さんは握り拳ぐらいのマダコを一匹、探り釣りもして20cm前後のガシラを二十匹余り釣ったそうです。明日から7月、落とし込み釣りや小アジ釣り客が増えてくれたら嬉しいですね。


newtakedamaru at 11:45コメント(0)トラックバック(0)ルアー本日の釣果 

2016年06月30日

6月29日、水曜日、長潮、曇り時々雨。

トルコでまたもやテロ、国際空港が何者かに狙われ多数の死傷者が出たとの事です。政治や宗教と何の関係もない一般市民を標的にするテロ、イスラム教を信仰する組織の関与が疑われています。このような行為が本当に神の教えなのか、それはもう神ではなく悪魔と言う事になるのではないでしょうか。船頭さんなんかは神の存在すら信じず、宗教は単なる金儲けぐらいしか思っていません。神を冒涜する気はありませんが、熱心に信仰したあげく家財すべてを失って夜逃げした友達を見て、神を信じて救われるのは教祖だけと言うのを痛感しました。皆さんの信仰を否定はしませが、困った時の神頼みぐらいにしておくのがベストではと思います。

さて本日の釣果ですが、赤灯台に渡った吉野町の北尾さん親子はサビキ釣りと泳がせ釣り、7cmほどのマメアジを五十匹と55cmのスズキを一匹。同所に渡った武澤君と岩佐君の二人はルアー、武澤君が60cmのスズキを一匹釣っていました。

午後から同所に渡った藤井君は落とし込み釣り、午後5時までの釣行で30-47cmの黒ダイを二十匹。ジャンボに渡った中川さん親子も同釣り、中川さんが35-45cmの黒ダイを四匹でオヤジさんは同黒ダイを二匹と40cmのアイゴを一匹。同所に渡った土成町の平川さんも同釣り、午後2時までの釣行で35-48cmの黒ダイを八匹。同所に渡った笹さんも同釣り、午後3時までの釣行で40-45cmの黒ダイを三匹。

午後2時過ぎに雨が急に強くなり、夕方には池田ダムが毎秒1000tの放流を始めたとの事です。大雨による土砂災害や、家屋の浸水も心配になって来ました。そろそろ地球温暖化に本腰を入れないと、これから先も未曽有な災害が度々起こるかも知れません。 参議院選挙がスタート、温暖化対策に熱心な立候補者を選びたいですね。


newtakedamaru at 10:02コメント(0)トラックバック(0)いろいろな釣り本日の釣果 
タケダ丸写真
乗船場所
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ