2022年05月17日 13:39

12:42 小島せんちょう 5月16日、月曜日、大潮、曇り。

なかなかスッキリと晴れてくれなく、5月中旬としては気温の方も例年よりは低いように思います。海面も連日の雨の影響か、少しうす濁りが出ていて青物狙いとしては少し分が悪そうです。

さて本日の釣果ですが、船頭さんの心配が的中してか誰一人として青物のアタリはなかったそうです。

15日の日曜日はコーナーから白灯台の間でメバリングをした二人組が、25cm前後のメバルを四匹と20-25cmのガシラを八匹に40cmのキジハタを一匹。中央付近で同じくメバリングをした四人は、同サイズのメバルを八匹とガシラを十匹にキジハタを一匹。同所でルアー釣りをした人は何の反応もなかったそうで、アイアンブレードで西向きに釣り55-65cmのマゴチを二匹。同所でメバリングをした四人組は、今日はあまり釣れなかったと言いつつも、22-25cmのメバルとガシラを合わせて十五匹と40cmのキジハタを一匹。

土曜日は赤灯台は渡った人が早々にメジロ一匹、釣れないと思ってクーラーを持って来なかったと7時に迎えの電話がありました。別の人も早々にナブラが見られたそうで、ハマチを一匹と25cmのメバルが一匹釣れたとの事です。

中央付近ではワームで50-60cmのスズキを四匹、少しメバリングもして25cmメバルを一匹。同所から赤灯台にかけてメバリングをした人は、20-30cmのメバルを九匹と18-25cmのガシラを七匹に45cmのキジハタを一匹。

この魚は船頭さんが頂き、メバルとガシラは煮付けにしてキジハタは刺身にしました。メバルの煮付けは極上、キジハタは三日寝かしての刺身でも歯ごたえバツグンです。

5709

2022年05月14日 08:27

5686


現場の真ん前が建設中の火力発電所です。

5688


作業員を送り迎えする矢倉、雷が鳴れば作業を中止にするので待機して欲しいと頼まれてしまいました。本当に寒かったです。

5月13日、金曜日、中潮、雨。

「目に青葉」「風香る」「夏も近づく八十八夜」「五月晴れ」などなど、晴天のイメージとはほど遠い数日間でした。昨日は渡船を休み交通船と言う事でしたが、終日雨の中での仕事となりびしょ濡れで風邪をひく一歩手前でした。現場が複雑な上、低い橋をくぐって行く為に屋根のない石丸での交通船。現場に作業員を送り届ければ港で待機の筈が、天候不順の為に監督さんに頼まて現場待機となり一日中雨にうたれてしまう事になってしまいました。

さてそんな今日の釣果ですが、今日も朝から雨と言う事で釣り客は一人だけでした。赤灯台に渡り朝の5時から最終の3時まで、中央やコーナーと釣り歩いたもののエソが数匹釣れただけだったそうです。11日の水曜日はメバリングに初挑戦の人が、船頭さんのアドバイスもあり25cmのメバルを一匹と22-25cmのガシラを十匹。沖アミのふかせ釣りではコーナーに二人が渡ったものの、こちらの方はエサ取のオセンと30cm前後のカンダイとの事でした。

ガシラの探り釣りも白灯台に二人、赤灯台に一人が渡りましたがそれぞれ二十〜三十匹ぐらいとの事です。

そろそろサワラが産卵に入る為、今月の15日から1ヶ月間は禁漁期に徳島県はなります。青物狙いの釣り人は、その事を十分理解した上での釣行をお願いしたいと思っています。

2022年05月11日 13:31

5月10日、火曜日、長潮、晴れのち曇り。

昨日は警戒船と言う事で、渡船の方は一日休まさせて頂きました。連休中はそこそこ忙しく疲れが残っていましたが、おかげ様でいい休養日となりました。

さて本日の釣果ですが、恐るべしはワームを使ってのメバリングでした。ポイント&ペグさんのスタッフが、バスプロの二人がアップしていたユウチューブの動画を見たとかで試したところ爆釣でした。メバルは25-30cmを約三十匹近く、ガシラも23-26cm一回り小さかったものの同数ぐらい釣っていました。他にも青物狙いで50cm前後のハマチを二匹、参加者十三人の中には二人の女性もいてガシラを五匹ずつ釣っていました。それ以外にもガシラは良く釣れたようで、コーナーと白灯台に別れた二人組も合わせて百匹ほど釣っていました。

8日の日曜日もその動画を見たと言う二人が、コーナーと赤灯台に別れて25-32cmのメバルを三十匹と22-28cmのガシラを合わせて二十五匹。

7日の土曜日またしてもビギナーズラック、初めて二回目の人が中央で40-60cmのスズキを二匹釣り上げていました。

12日の木曜日はまたもや渡船の方は休まさせて頂きますが、警戒船が早く終わることがあれば徳島港沖合いの状況を見に行って来るつもりです。マダイやブリにサワラ、50cm前後の大サバが釣れたらいいのですがね。

2022年05月08日 06:48

5月7日、土曜日、小潮、晴れ。

ゴールデンウィークも残すは一日、中盤から天気が良く連日そこそこの人出となっています。ただ、沖アミのふかせ釣り客が少ないのが気掛かりです。

さて本日の釣果ですが、そのふかせ釣りではコーナーから通称三本までで三人と言う事でした。二人はまったくアタリがなかったそうですが、コーナーで40cmの黒ダイが一匹だけ釣れたと言う事でした。ほとんどの人がルアー釣りでしたが、中央付近と赤灯台でメジロが一匹ずつでした。

三本と中央に渡ってた六人組は、青物釣りを諦め根魚を狙ったところ40-80cmのカンダイを四匹と25cmのガシラを二匹。

赤灯台で探り釣りをした人は中央までの間を往復して、16-24cmのガシラを約八十匹ぐらいは釣ったのではと言ってました。昨日の六日は平日と言う事でしたが、やはり大半の釣り客はルアー釣りでした。水温の方は16度まで上がって来ましたが、65cmのサゴシが一匹と80cm前後のメジロが二匹。

赤灯台で30cmの黒ダイがふかせ釣りで一匹、南風が強かったので西向きのテトラがない方で釣れたそうです。

5日の子供の日は中央付近で、ルアー釣りに初挑戦の人が70cmのメジロを一匹と28cmメバルを一匹。小学生の子供さんがメバリングで25cm前後のメバルを十匹、同行のお母さんも数匹の中に30cmオーバーのメバルが一匹混じったそうです。

56585659

カンダイのアップです。




来週の月曜日と木曜日は渡船は休みます。営業時間は朝5時から3時まで、6月からは夕方も延長する予定です。


2022年05月07日 23:54

5月4日、水曜日、中潮、晴れ。

今日は緑の日、ゴールデンウィークも中日と言う事で釣り客はそこそこ居ました。ただ、水温が思ったほどは上がらず15度しかありませんでした。ここ数日、決まったように午後から北東の冷たい風が災いしているのかも知れないです。例年ならば17〜18度はあり、朝夕にはベイトが乱舞している筈なんですがね。

さて本日の釣果ですが、赤灯台周辺で早朝にナブラがあったそうでメジロとハマチが二匹ずつでした。中央では50cmのスズキを一匹と50-55cmのマゴチを二匹、同行の人はハリ外れが一回あっただけとの事でした。沖アミのふかせ釣りもコーナー周辺の数人はボウズでしたがが、通称三本に渡った人は黒ダイを一匹釣りボウズは免れたそうです。

3日は大神子磯の足洗いで30-40cmの黒ダイを二匹、一番にも一人が渡っていたがアタリはなかったそうです。ルアーの方もそれほどではなく、確認したのは70-60cmのメジロとハマチを合わせて五匹。

2日は赤灯台でサゴシが二匹とサワラが一匹とバラシが一回、中央でスズキのバラシが二回と30cmのメバルが一匹。沖アミのふかせ釣りはコーナーで40cmの黒ダイを一匹、中央でも同サイズの黒ダイを一匹。

1日の日曜日は中央周辺でスズキが良く釣れ、竿頭は50-70cmを九匹で同行の人は同スズキを三匹。少しコーナー寄りでは70cm前後のメジロを二匹、赤灯台でもハマチを一匹とメジロを一匹に中学生がサワラを一匹。

最近は物覚えが悪く、もっと頻繁にブログを更新しようと思うのですがなかなか出来ません。コロナの影響で氏名や住所が載せられないので、信憑性に欠ける文面では船頭さんも力があまり入りません。そろそろ徳島港沖のルアー釣りも始まるのですが、こちらの方もブログには載せないので電話で船頭さんに問い合わせて下さい。

2022年05月01日 09:07

4月30日、土曜日、大潮、曇りのち晴れ。

今日で4月も終わりと言う事ですが、ゴールデンウィーク前半は天気のぐずつきもあり釣り客はまばらのようです。

さて本日の釣果ですが、白灯台の先端ではシラサエビ釣りで60cmのスズキを一匹と40cmのアイナメを一匹に30cmの黒ダイを一匹。

コーナーでは沖アミのふかせ釣りで24cmのグレを二匹、別の人も同釣りで65cmのスズキを一匹と40cmのキビレを一匹に30cmのグレを一匹。同所ではルアーで60cmのサゴシを一匹、大物のサワラしきアタリもあったがライン切れでバラシたとの事でした。

中央でも同釣りで、80cmのメジロを一匹に65cmのハマチを一匹に60cmのスズキを一匹。

29日は午前9時に時化模様となり、渡った全員が同時間に撤収となってしまいました。釣果の方は赤灯台でブリを一匹とハマチが一匹、中央もハマチを一匹とエソを一匹。白灯台ではシラサエビ釣りで45cmの平スズキを一匹、ルアーでメジロを二匹だったそうです。

コーナーもメジロを一匹とハマチを一匹、10時には雨も強く降りだし早めの撤収は良かったです。

28日は青物の活性が早朝だけでしたがよく、赤灯台周辺では渡った全員がメジロとハマチを手にしていました。メジロとハマチを二匹ずつの人が二人、三匹が一人で残りは一匹ずつと言う事でした。

コーナーはメジロを一匹とスズキを一匹、中央は40-50cmのマゴチを二匹とスズキを一匹。

27日は警戒船の予定でしたが前日キャンセルとなり、朝ゆっくりしていた所に電話がありました。誰も居ませんが休みですか?と言うので、そうだけど警戒船が中止になったので今から行くと出船する事にしました。釣果はメジロとスズキを一匹ずつで、一文字に渡る事が出来たので良かったと喜んでいました。

船頭さんからのお知らせですが、ゴールデンウィーク明けの9日月曜日と12日木曜日は警戒船の為休ませて頂きます。

2022年04月28日 13:41

4月26日、火曜日、若潮、曇り時々雨。

北海道の知床半島で起きた海難事故、子供一人を救助したものの病院で死亡が確認されたそうです。これで死者は計11人となり、お亡くなりになった方のご冥福と一刻も早い行方不明者の救助をお願いしたいと思っています。

さてそんな今日、徳島海上保安部から電話があり臨時点検に伺いたいとの事でした。観光船「KAZUワン」の事故を受け、県内の観光船や瀬渡し船の運航状態を一斉に点検する事になったそうです。午前10時過ぎに三人の保安官がやって来て、船の装備品や釣り客に対する安全の確保について質問されました。

船頭さんの場合は30年以上に渡る間の無事故、更には警察や消防からの要請での人命救助などが高く評価されていました。又、気象に関する知識や船の構造に加えエンジンなどにも詳しいとの事で、逆に教わる事になってしまいましたが今後も安全には十分に配慮して下さいと帰って行きました。

さて本日の釣果ですが、三人が赤灯台に渡ったもののルアー釣りはアタリなしだったそうです。コーナーは落とし込み釣りで40cmのカンダイを一匹、それ以外にも四回のアタリがあったが大物すぎてバラシ。

月曜日は一人だけでしたが赤灯台で、88cmのブリを一匹と65cmのハマチを二匹。同じく赤灯台でふかせ釣りをした人は、40-42cmの黒ダイが釣れたそうです。

コーナーでは落とし込み釣りで50cmのカンダイを一匹、バラシが四回あったがそれもカンダイだったとの事でした。月曜日は白灯台でメジロが一匹との事でしたが、赤灯台周辺はエソしか釣れなかったと言ってました。

日曜日は雨の降りだしが早く、全員が午前10時までに帰ってしまいました。中央で40cmのヒラメを一匹、白灯台で60cmのスズキが一匹が確認する事が出来た釣果です。

土曜日もルアー関係は悪く、中央で40-50cmのスズキが二匹で青物のアタリはなかったそうです。

2022年04月24日 16:24

4月22日、金曜日、小潮、晴れ。

今日、組合から電話があり27日の水曜日は警戒船と言う事になりました。ので、27日は渡船の方は休ませて頂きますので宜しくお願いします。

さて本日の釣果ですが、赤灯台では一人だけですが80cmのメジロを一匹。同じく赤灯台でふかせ釣りをした人は、38-48cmの黒ダイを二匹で同行の人も40cmの黒ダイを一匹。通称三本でも、同じくふかせ釣りで40-48cmの黒ダイを二匹。

コーナー周辺では探り釣りで二人組が、20cm前後のガシラを合わせて四十匹ぐらいとの事でした。木曜日の21日は中央周辺でスズキが入れ食いになり、30cmの平スズキを一匹と40-70cmのスズキを十三匹。同行の人もアタリだけはかなりあったそうですが、40-60cmのスズキを三匹だったそうです。

20日の水曜日は赤灯台でシラサエビ釣りで45cmの平スズキを一匹、ルアーでも同平スズキを一匹。中央ではスズキを一匹、白灯台は80cmのメジロをルアーで一匹。

5564
ストリンガーがなくなったので帰って来たそうです

4日18日、月曜日、中潮、晴れのち曇り。

木曜日に青物が今季初の爆釣となったのですが、金曜日は台風1号の影響で波が一文字を打越して出船する事が出来ませんでした。

土曜日はその波もある程度は治まったものの、池田ダム放流と言う事で辺り一面は水潮状態になっていました。六人がルアー釣りで渡ったものの、青物のアタリはまったくないと言う状態でした。

そんな状況下に置いても日曜日は、今季初の五十人を越える釣り客で賑わいました。釣果の方は赤灯台で65cmの平スズキと55cmの平スズキ、40cm前後のスズキを三人が二匹と二匹に一匹でした。

沖アミのふかせ釣りをした人は一人でしたが、同じく40cm前後の黒ダイを二匹と言う事でした。

コーナーに渡った人も同釣りで、42cmの黒ダイを一匹と一回のバラシがあったそうです。白灯台周辺では何人かがルアー釣りをしていましたが、全員が何のアタリもなかったとの事でした。

本日も朝の水温が13.3しかなく、水潮状態もまだ解消されていませんでした。釣果の方は昨日と同様で、平スズキが一匹とスズキが二匹でサイズはどちらも40cmぐらいでした。水温の上昇と水潮の改善がまだ二〜三日かかりそうで、おそらく木曜日か金曜日あたりになりそうです。

2022年04月15日 11:27

4月14日、木曜日、大潮、曇り時々雨。

ロシアに不穏な動きが、日本海で潜水艦がミサイルの発射訓練をしているとか。あるロシア通の専門家の話では、北海道が占領される危険性もあるそうです。日本が北方領土を武力で奪還すると言う、フェイクニュースを流しているという話まで出ているそうです。もし事実なら、日本もウクライナと同じように戦争状態になるかも知れないです。そのように成らない為にも、岸田政権の外交手腕に期待するしかないようです。

さて本日の釣果ですが、一文字周辺で突然降ってわいたようにナブラが現れました。赤灯台では竿頭がメジロを四匹、続いて三匹が一人で一匹が四人に92cmのブリと82cmのスズキも一匹ずつ。

白灯台の二人も75-85cmのメジロを三匹と一匹、船頭さんも通常航路側で今季初の80cmのメジロを一匹。昨日の水曜日は赤灯台でふかせ釣りをした人が40cmの黒ダイを一匹、コーナーでも同釣りで35-49cmの黒ダイを三匹と別の人が40cmの黒ダイを一匹。ルアー釣りは赤灯台でブリと思われるアタリがあったそうだが、ライン切れでバラシてしまったとの事でした。

水温は14日の朝で17度、船頭さんの予想通りベイトとなるイワシが回遊して来ました。サワラやブリ以外にも、スズキに大サバなどが釣れ出すのも半月前後ではないでしょうか。楽しい季節がやって来ましたね。

556455735571

2022年04月13日 23:49

4月12日、火曜日、中潮、晴れ。

昨日の強風で、花びらを散らして葉桜になってる木も。気温の上昇に伴い、水温の方も15度まで上がって来ました。タケダ丸の魚群探知機にも、土曜日ぐらいからベイトの群れが映り出して来ました。青物かスズキかの魚影も写し出され、急に探知機の画面がにぎやかになって来ました(写真)。

さて本日の釣果ですが、今日も午前9時頃から風が強くなり午前中の釣りとなってしまいました。赤灯台で60cmのハマチがルアーで、沖アミのふかせ釣りも40cmの黒ダイを一匹と二匹のバラシだったそうです。

昨日の月曜日はサワラのバラシが同じく赤灯台で、別の人がワームで65cmのスズキを一匹と二回のバラシ。

日曜日はコーナーでふかせ釣りで35-52cmの黒ダイを三匹、赤灯台から少し中央寄りでも三人が40cm前後の黒ダイを合わせて五匹。また中央では90cmのブリを一匹、昨日同所で超大物をバラシなんとかリベンジが出来たと言ってました。

土曜日はコーナーで沖アミのふかせ釣りで35-42cmの黒ダイを三匹、中央でも同じくふかせ釣りで40cm前後の黒ダイを二匹。赤灯台ではルアーで95cmのサワラを一匹、同じくルアーで65cmのハマチを一匹でした。日の出の時間も早くなり、今週の土曜日ぐらいから一番船の出船時間を5時半にします。
55545555

2022年04月05日 13:52

4月3日、日曜日、中潮、曇り一時雨。

桜の花が満開になったものの、花冷えと言うのでしょうかここ数日寒い日が続いています。釣り客はまだ少なく、船頭さんは毎日約1時間ほどの散歩と特保のお茶を飲んでいます。そのおかげか、血圧の上が180で下が140まで下がって来ています。体重も3.5Kg減って79.5Kg、正常値にまで回復さすのももう一頑張りと言う所でしょか。

さて本日の釣果ですが、青物狙いのルアー釣り客が増えて来ました。まだそれほど目新し釣果はないのですが、コーナーで50-60cmのスズキが二匹と赤灯台で35cmの尺メバルが一匹、沖アミのふかせ釣りもコーナー周辺で40cm前後を三人が一匹ずつと二匹が一人。

土曜日もコーナーで四人が同黒ダイを一匹ずつ、中央で同じく40cmを一匹でした。金曜日はかなりの荒れ模様、二人が赤灯台に渡り94cmのサワラを一匹。木曜日は釣り客がなく、水曜日は赤灯台でふかせ釣りをした人が55cmのスズキを一匹。火曜日はコーナーでガシラを約五十匹、月曜日は赤灯台でふかせ釣りをした人がカンダイを五匹とバラシが三回、コーナーもふかせ釣りで32cmの黒ダイを一匹と別の人が40cm前後の黒ダイを二匹。
5502

2022年03月28日 12:40

3月27日、日曜日、長潮、曇りのち晴れ。

20、21日とサンライズ大橋の開通式に参加して、23日は組合恒例の金比羅さん詣でと忙しい一週間の船頭さんでした。金比羅さんのご利益か?待望の乗っ込みシーズンの到来となりました。25日の金曜日ですが、コーナーでふかせ釣りをした人が38cmの黒ダイを一匹と探り釣りをした人が15-22cmのガシラを三十匹。2

6日は朝から雨風ともに強く、春分前なら春一番となったのですが少し遅すぎたようです。そして今日の本日の釣果ですが、コーナーに渡った八人中七人がふかせ釣りで黒ダイを一匹ずつ。三本に渡った一人と中央の二人も同釣り、三人とも昼までの釣行で黒ダイを一匹ずつ釣り上げていました。そして赤灯台に渡った一人はスズキ狙いと言う事でしたが、なんとメーター級のサワラがヒットしたそうです。ただ残念だったのがスズキ狙いと言う事で、使用していたのが3.5インチのワームだったそうです。数秒間ドラグが出っぱなしの末、あえなくリーダーを切られてしまったとの事でした。彼の話では、昨年も3月下旬から4月上旬にかけ大物のサワラやブリが釣れたので、今年もそろそろ釣れるのではないかと言う事です。水温は12度でここ数日足踏みをしている状態、徳島港沖ではメバルが一隻あたり30〜40Kgぐらい釣れ出したとの情報もあります。

営業時間のお知らせですが、4月1日から一番船の出船時間を午前6時からにします。ただ終了時間の方は1時間早く午後4時、5月は午前5時から3時までの営業時間にさせて頂きます。

先日のコロナワクチン接種の斉、医師の問診時に血圧が200を越えていて四回計り直したものの計測する事が出来ませんでした。直ちに治療しなければ、重度の後遺症が残ったり命に関わる事態になりかねないそうです。そこで半夜釣りはもちろんですが、夕釣りの方も様子見と言う事にさせて頂きます。昨年は実労が17時間と言う日が三ヶ月近く、ブラックとの噂の企業でもここまでは働かされないでしょう。当面は血圧を下げる事に専念したいと思いますので、営業時間の短縮にご協力を頂ければと思っています。

2022年03月22日 07:27

3月21日、中潮、晴れ時々曇り。

今日は春分の日、暑さ寒さも彼岸までと昔から良く言われています。そんな今日、吉野川サンライズ大橋の開通式が行われました。写真は昨日のリハーサル、そして本番の今日行われたパレードの模様です。これで徳島市内まで高速道路網が繋がり、後は県南部まで一日も早い開通を目指して欲しいと思っています。

さて本日の釣果ですが、今日はふかせ釣り客が二人でコーナーで38cmの黒ダイを一匹と言う事でした。昨日の日曜日は五人がふかせ釣りをしていたのですが、コーナーで42cmの黒ダイが一匹で中央は35-40cmの黒ダイを二匹。一昨日の土曜日は八人全員がルアー釣り、こちらは赤白中央と何のアタリもなかったとの事でした

。何か付け行事の多い3月、23日の水曜日は組合の金比羅さん詣での日となっています。釣り客の皆さんの大漁を祈願しに行ってきますので、この日の渡船の営業は休まさせて頂きます。それから4月からの営業時間ですが、一番船の出船時間を午前6時からと1時間早くします。
5426S__61014018S__61014020S__61014021S__61014022

2022年03月18日 16:21

3月18日、金曜日、大潮、雨。

今日は午後3時から、コロナワクチンの三回目の接種を予約していました。

釣り客の方は雨と言う事もあり、青物狙いが一人で午前10時で終わってしまいました。釣果は何のアタリもなかったそうで、5月まで待つようにと言った船頭さんの言葉に納得してもらえたようです。

今週はふかせ釣りもバラシばかりで黒ダイの釣果はなく、探り釣りでガシラを火曜日が四十五匹で水曜日が十匹でした。水温は11度まで上がっているので、黒ダイの乗っ込みはそろそろ釣れ出すのではと思っています。それから日曜日の予行演習の時間が変わり、午前7時半に出て行く事になりました。渡船希望の人は一番船の7時を15分早くしますので、それまでに乗り場に到着するようにして下さい。21日の春分の日は、予定通り10時から午後1時ぐらいと思います。

2022年03月14日 23:46

3月13日、日曜日、若潮、晴れのち曇りのち雨。

今週は暖かい日が多く、4月上旬の陽気となった日もありました。先週の日曜日は天候が悪かった事もあり、沖アミのふかせ釣り客が三人でこれと言った釣果はありませんでした。月曜日から金曜日までも釣り客は一人から三人、黒ダイの釣果はなく木曜日に16-22cmのガシラを十四匹と言う事でした。

土曜日は沖アミのふかせ釣り客が八人ほどいて、コーナーから少し中央寄りの人が40cmの黒ダイを一匹と50cm近い黒ダイを水面でバラシてしまったそうです。この日はガシラ釣りも中央周辺で二人連れが18-24cmを十四匹と十匹、赤灯台でも同じく二人連れが同サイズを六匹ずつとの事でした。

今日のふかせ釣り客はコーナーが一人、三本が二人に中央が三人で赤灯台が一人でした。昼に全員が帰って来たのですが、一人がバラシが一回で他の人はほぼアタリがなかったそうです。水温は11度まで上がっているので、そろそろ乗っ込みの黒ダイの便りが聞かれると思います。

それからまたまた船頭さんからのお知らせですが、15日の火曜日は警戒業務の為に休まさせて頂きます。18日の金曜日は三回目のコロナワクチンの接種日、予約が午後3時なので2時で営業を終わらせて頂きます。

そして21日の春分の日は吉野川大橋の開通日、20日にパレードの予行演習を行うので両日とも午前10時頃から午後1時まで、一文字の送り迎えが出来ませんのでご了承下さい。

2022年03月06日 11:34

3月5日、土曜日、中潮、晴れ。

3月になり、三寒四温と言う言葉がぴったり当てはまる季節になって来ました。日照時間も正月から比べると長くなり、春がもうそこまでやって来ているような気がしています。そんな今日もウクライナでは戦闘が続いていて、ロシア軍が原子力発電所を攻撃したと言う報道がありました。一つ間違えれば核爆弾と同じ威力があり、人類滅亡の危険性もあると言う事をロシア側は判らずに攻撃したのでしょうか。一刻も早く停戦交渉を結び、両国が和解する事が望ましいのではと思います。

さて本日の釣果ですが、2月末の27日にコーナーで38-40cmの黒ダイが二匹釣れたのが最後でした。今週は月曜日と木曜日が警戒船と言う事で、火、水、金曜日は釣り客がなく情報はありません。

今日の午前中は風も穏やかで気温も上がり、水温は先週の6.5度から9.1度まで上昇して来ています。沖アミのふかせ釣りでコーナーに三人が渡り、一人が49cmの黒ダイを一匹とバラシが一回で他の二人はバラシが一回ずつとの事でした。それ以外にも投げ釣りで35cmのカレイを一匹、白灯台では37cmのカレイを一匹で赤灯台は40-42cmのカレイを一匹ずつでした。

5358
コーナーの黒ダイです。まだ小さいながらも卵を持っていて、乗っ込みシーズンの本番もそろそろな気がします。

2022年02月27日 14:07

2月26日、土曜日、若潮、晴れ。

北京オリンピックが終わるのを待っての進行か、ロシア軍が国境を越えウクライナに進軍を始ました。首都であるキエフの陥落も間近となり、ロシアがウクライナ全土を掌握するのも時間の問題ではと思います。ロシアとウクライナの軍事力では圧倒的に差があり、西側諸国がもたもたしている間にのロシア領となる事は間違いないでしょう。前例が出来てしまえば中国も台湾に、ロシアも北方領土だけでは飽き足らず北海道に進軍して来るかも知れません。と言うふうに考えてしまうのは、船頭さんの悪い癖でもあるのですが皆さんはどう思われるでしょうか。

さて本日の釣果ですが、今週は船頭さんの警戒業務もあり釣り客はほとんど0でした。

唯一の釣果と言っても良いのですが、今日コーナーで35cmの黒ダイが一匹釣れました。新町川の水温は6.5度、一文字周辺の水温は7.1度しかなく例年と比べても低いようです。せめて8度台と思うのですが、まだ先の話になるのではと思っています。それから来週なのですが、28日の月曜日と3月3日の木曜日は渡船を休みますので宜しくお願いします。

2022年02月21日 10:52

2月19日、土曜日、中潮、曇りのち雨。

今週は釣り客がほとんど居なく、先週の土曜日以外はほぼ0人でした。その土曜日ですが、コーナーと中央で沖アミのふかせ釣りで40cm前後の黒ダイを四人が一匹ずつ釣り上げていました。

日曜日は雨の中、熱心な青物狙い客二人が渡ったもののアタリなしとの事でした。火曜日は探り釣り客一人で、白灯台からコーナーまで釣り歩き15-22cmのガシラを二十匹。18日の金曜日は赤灯台に青物狙いで渡ったがアタリなし、サバの切り身で探り釣りもしてガシラを四匹と言う一週間でした。

来週は天皇誕生日である23日と翌日の24日の二日間、警戒船業務の為休まさせて頂きます。

2022年02月12日 08:52

忘れてましたが、来週の月曜日14日と水曜日の16日は休ませて頂きます。

2022年02月10日 12:46

2月9日、水曜日、小潮、曇りのち晴れ。

2月になって3日は節分、4日が立春と暦の上では春を迎えました。しかし、春とは名のみで一年を通じて一番寒い時期でもあります。それでも、日の出や日没の時間を見る限りでは春の訪れが感じられるようになって来ました。

さて本日の釣果ですが、今日は釣り客は一人もなく残念ながらありません。昨日も母親の通院日と言う事もあり、休みにしていたので釣果の方はありません。6日の月曜日は一人釣り客がいたのですが、三時間ほど探り釣りをして20cmのガシラを二匹とリリースが五匹だったそうです。

日曜日は赤灯台に青物狙いが五人、ふかせ釣りがコーナーに二人渡りましたが全員ボウズでした。土曜日は沖アミのふかせ釣りがコーナーに二人、その内の一人が43cmの黒ダイを一匹釣り上げていました。このような状況ですので、船頭さんもブログの更新のしようがありません。3月の中旬ぐらいになれば、乗っ込みの黒ダイ釣りが始まるのと思うのでもう少し我慢して下さい。

2022年01月31日 13:19

1月31日、月曜日、大潮、晴れ時々曇り。

今日で1月も終わり、明日からは2月となります。相変わらず釣り客は少ないのですが、それでも毎日毎日浜に7時までには来ています。年中休みなしを謳い文句にしているのですが、明日の2月1日は警戒業務の順番が回って来ているので渡船は休まさせて頂きます。それと8日も母親が大学病院での診察日となっていますので、大変申し訳ありませんが休まさせて頂きます。

さて本日の釣果ですが、今日は探り釣り客が一人と言う事でした。白灯台に渡り、午後2時までの釣行でした。

昨日の日曜日は久し振りに十人ほどの釣り客がいたものの、コーナー周辺はルアーもふかせ釣りも全滅状態で赤灯台で40cmの黒ダイが一匹。

土曜日は四人の釣り客でしたがふかせ釣りは三人ともボウズ、カニのエサでの落とし込み釣りで40cm弱の黒ダイを一匹。

金曜日はふかせ釣り客が二人、午後1時までの釣行でバラシが一回と40cmの黒ダイを一匹。

木曜日は午前中に探り釣り客が一人、午後からも探り釣り客が一人でガシラを十四匹と十匹でした。タケダ丸の修理が今日やっと完成、近々テスト走行をして渡船の再開となります。

2022年01月28日 11:19

1月27日、木曜日、長潮、晴れ。

大寒を過ぎ来週はいよいよ立春、とは言っても春は名のみ寒さはまだまだ続きます。

さて今週の釣果ですが、水温が8.5度しかなく青物の気配は全くなくなってしまいました。それでも沖アミのふかせ釣りでは数は少ないものの、土曜日は四人がコーナー周辺で30-40cmの黒ダイを一匹ずつ。日曜日は釣り客は二人だったのですが、同じく同釣りで48cmの黒ダイがコーナーで一匹。月曜日はルアー釣り客が一人いましたが、何のアタリもなかったそうで早々に引き上げて行きました。

水曜日はコーナーに三人が渡り、沖アミのふかせ釣りで30-43cmの黒ダイを各一匹ずつ。今日は午前が一人で午後からも一人、二人ともガシラの探り釣りで十六匹と十匹との事でした。

日曜日からタケダ丸をドック入りさせ、船首部分の修理をしています。幸いにも元造船所に勤めていたと言う友達がいて、毎日修理の手伝いに来てくれています。と言うよりも、その友達がほとんどと言っていいほどやってくれています。来週の火曜日か水曜日ぐらいまでには仕上げたいと思っています。

5001521252115210

2022年01月20日 08:31

1月19日、水曜日、大潮、晴れ時々曇り。

オミクロン株の感染拡大が全国に広がり、政府は関東や東海に九州など複数県での「まん延防止等重点措置」を適用する調整に入ったようです。昨日も全国の感染者が三万人を越え、感染者が比較的少ない徳島でも安心してはいられないようになって来ました。船頭さんがこんな事を言うのはおかしいかも知れませんが、皆さん不要不急の外出は控えるようにして下さいね。

さて今週一週間の釣果ですが、ルアーによる青物狙いはほぼ全滅状態になっています。ただ、月曜日の午前10時頃に赤灯台に渡った二人組が105cmのサワラを一匹。沖アミのふかせ釣りではコーナーで金曜日に30cm前後の黒ダイを五匹、土曜日にコーナーと中央と赤灯台で30-40cmの黒ダイを各一匹ずつ。落とし込み釣りでも黒ダイが釣れ、土曜日に40cm前後を二匹とバラシが一回あったとの事でした。

今日は久し振りに風も穏やかだったのですが、釣り客は一人もなく昼前に営業を終わりにしました。気になる水温の方ですが、今日現在は新町川では8度台で一文字周辺でも9度の前半しかありません。しばらくは青物だけでなく、沖アミのふかせ釣りも厳しい状況ではと思います。

51915190

2022年01月13日 15:08

1月12日、水曜日、小潮、晴れ時々曇り。

10日は成人の日、数十年前に明治神宮で成人式をした船頭さんです。その頃は埼玉県の上福岡市に住んでいて、サラリーマンなどをしていたと言っても信じてもらえないかも知れないですね。

さて10日の釣果ですが青物釣りは全員ボウズで、船頭さんのハマチ一匹が唯一の釣果となってしまいました。沖アミのふかせ釣りではコーナーで30cm前後の黒ダイを五匹、探り釣りで15-22cmのガシラを三十匹。11日は白灯台で60cmのハマチが一匹、中央から赤灯台でもナブラは出たそうですがアタリはなかったとの事でした。釣り人は四人、全員がルアー釣りでした。12日は釣り人が三人、昨日と同様に全員がルアー釣りでした。沖合いで短い時間ナブラが出たそうですが、ジグやルアーが届く距離ではなかったそうです。そこで探り釣りをして、18-22cmのガシラと25cmのベラを合わせて二十匹。水温は10度を切る一歩手前、明日から寒波の影響で寒くなるのでそろそろ青物釣りは終わりそうです。

2022年01月10日 16:20

1月9日、日曜日、小潮、晴れ。

水温は相変わらず10度前後で推移し、当然の事ながら日を追う毎にこれからは下がって行く筈です。それでも熱心な青物釣り客がいて、いつまで続くのかと思っている今日このごろです。

さて7日の釣果ですが、船頭さんは運良くナブラに遭遇して55-75cmのハマチを三匹。赤灯台から少し中央寄りでも75cmのメジロが一匹、中央から少しコーナー寄りではハマチが一匹でした。沖アミのふかせ釣りは三本周辺で、25cmの海タナゴを二匹35cm前後の黒ダイを二匹でした。8日は赤灯台で65cmのハマチが一匹、同所で探り釣りをした人はガシラを四十匹。コーナーから少し中央寄りでツバスを一匹、中央付近は沖アミのふかせ釣りで黒ダイを二匹。今日もルアー釣りはハマチが赤灯台で一匹、中央からコーナー寄りで一匹とかろうじてボウズは免れたようです。沖アミのふかせ釣りも釣果は悪くなり、中央で40cm前後が二匹でコーナーで30-43cmを三匹。

2022年01月07日 10:48

09:39 小島せんちょう 1月6日、木曜日、中潮、雨一時霙のち曇りのち晴れ。

年が明けて穏やかだったのは2日と3日だけ、4日は北西の風が13m吹き波飛沫が一文字を打ち越していました。そんな中での釣果ですが、赤灯台周辺ではハマチを二匹が一人で一匹が一人、もう一人はメジロを足下まで寄せたもののバラシてしまったそうです。

三本でもハマチを一匹、中央もハマチを一匹釣り上げていました。沖アミのふかせ釣りは三本周辺が30-35cmの黒ダイを二匹、中央で二人組が35cmのアイナメを一匹と30-40cmの黒ダイを合わせて七匹。5日は北の風が夜明け前から強く、一文字周辺は大荒れの状態で渡らずに引き返した人もいたほどでした。

そんな中での釣果は、十人が赤灯台に渡りハマチが一匹だけでした。今日は朝から霙混じりの雨が降り、釣り客四人でハマチが一匹と言う事でした。釣り客も少なくなって来たので、暖かくなるまでは一番船の出船時間は7時にします。

2022年01月04日 09:59

1月3日、月曜日、大潮、晴れ。

元日はまさかの釣り客が一人と言う事で、情報も少なくなると思い周一のブログの更新の予定でした。が、昨日と今日はそこそこ釣り客がいたので二日分を更新します。

日曜日の2日は、水温が8.8度しかなく青物釣りには厳しい状況でした。釣果の方はコーナーでハマチが一匹、中央でタチウオを一匹と言う貧果でしかありませんでした。沖アミのふかせ釣りは釣り客が少なかったものの、コーナーで黒ダイを一人が二匹に二人連れがガシラを二十匹。中央では黒ダイを三、二、一匹と三人組が釣り上げ、少し赤灯台寄りでも五、三、一匹の黒ダイを釣っていました。赤灯台の二人組も五匹の黒ダイを釣り、探り釣りで20cm前後のガシラを十匹との事でした。

今日は昨日より水温が上昇していて、朝一では9.8度あり午後からは11.4度まで上がって来ていました。釣果の方も水温に繁栄され、三本周辺ではハマチを一匹で中央は二人で四匹とメジロを一匹。赤灯台周辺では二人で三匹、8時半過ぎから夕方までかなりのナブラが出ていたそうです。沖アミのふかせ釣りもまずまずで、コーナーで黒ダイを二匹と別の人が35cmのアイナメを一匹。三本でも黒ダイを二匹と三匹が一人ずつ、中央では五匹と一匹との事でした。黒ダイのサイズは28-48cmと言う事ですが、どちらかと言うと30cm前後の方が多いようです。新型コロナの感染が再び危惧されるようになっているので、個人名も今回からは省略させて頂く事にしました。

2022年01月01日 23:26

1月1日、土曜日、中潮、曇り時々晴れ。

船頭さんのブログをご覧の皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。今日はあいにくと東の空に雲がかかり、初日の出を残念ながら拝む事は出来ませんでした。いつも見慣れている日の出ですが、元日の朝は特別のように思うのは船頭さんだけでしょうか。

さて本日の釣果ですが、今日は釣り客は一人と言う事で少し物足りないと思います。中央に渡った藤本君はルアー釣り、午前10時までの釣行でハマチを一匹との事でした。何回かはナブラが出たそうですが、ベイトがあまりにも小さいくルアーになかなか反応してくれなかったそうです。

釣り客もだんだん少なくなって来たので、次回からは毎日じゃなく一週間分をまとめて掲載しようかなと思っています。それでは皆さん、本年もタケダ丸のご利用を宜しくお願い致します。

タケダ丸写真
乗船場所
Archives
記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ