水月



水に映る
透明な真夜中の月影は
見えるのではなく
感じるだけ
やぶれかぶれの感情を引き延ばし
揺れて
ちぎれて
半透明のくらげのいのちをみすかすかのように

世界滅亡を叫ぶ予言者が
買って出るから
迷惑な植民地のひとびとは
遙か遠く
想像だけの水の中
月影に揺れる
逃走や闘争の無駄な氾濫に
しったかぶりの心痛は恥の上塗りにちがないけれど
生きるが勝ち
夕べみた夢からのがれられず
よじれた水底に眠る小石などを砕いて白い煙と
およそ礼儀知らずの
まだ青く不機嫌な坂の上の果実に
おびえている


*ご感想をお聞かせください。いずれまとめて小さな本にします