泰生の成長

May 12, 2012

帰国後の日々〜泰生編

ハーイ♪Michaelというミドルネームはどこへやら、アメリカで生まれて僅か5ヶ月で日本に「本」帰国することになった泰生(アメリカ国籍持ってマス。笑)。
帰国後暫くの間、ニューヨークでは軌道に乗っていた生活リズムが時差ボケのお陰で大幅に乱れ、その影響なのか一時はグズグズの抱っこ星人と化して引っ越し疲れのママを更にヘロヘロにさせてくれていましたが、帰国後ひと月以上が経過した今は元のペースを取り戻し、平和な毎日を過ごしています。
(渡英を機に逸生が夜泣き小僧になったという前例があるため、ヒヤヒヤものでした…)

さて、前回成長記録を書き記したのは生後満4ヶ月の時。その後帰国でバタバタしている間に、あっという間に生後半年を迎えてしまいました。
成長著しい時期だからこそ、その成長ぶりを逐一書き留めておきたいと思いつつも、この2ヶ月ほどの間はそれどころではなく、気が付けば寝返りはしているし、いつの間にやら歯まで生えている始末。間違いなく私にとっては最後の赤ちゃん、もうちょっとゆっくり観察(?)したかったなぁと思うと残念ですが、親の都合とは関係なく日々スクスクと成長しているのは嬉しいこと。泰生にとってはニューヨークも東京も関係ナシ。学校のことも幼稚園のことも気にしなくて良い分、実は一番気が楽かも知れません。

逸生の乳児期はロンドン、悠生の乳児期はニューヨークで暮らしており、実は日本で赤ん坊を育てるのはこれが初めての私。日本の社会は乳幼児連れに厳しいと聞いており(そして既に肌で感じています)、若干ビビっていますが、日本の少子化防止に貢献している(?)三児の母だもの(笑)、ママチャリ漕いで逞しく頑張ろうと思っています。

泰生6ヶ月
写真左上:生後満5ヶ月の始め頃に下の前歯2本(乳中切歯)が生えてきました。歯の生え始めとしては早いかも?
写真左下:最近のお決まりポーズは飛行機ブーン。飽きもせずに飛んでます(笑)。
写真右上:パパのiPadにじわりと延びる泰生の魔の手。赤ちゃんにとって、家電はやっぱり魅力的(ちなみに左側に写っているのは悠生の手。iPad、すっかりオモチャと化しています…)。
写真右下:お座りも大分上手になりました。でもまだ猫背になっちゃう、その後ろ姿が妙に哀愁を誘います…(笑)。

さて、記憶にある範囲内で、5ヶ月、6ヶ月の成長記録を。
(この間、定期検診は受けていないため、身長・体重は不明)

【4〜5ヶ月】
・両手を宙にあげてジーッと観察。
・両足を発見、自分の足で遊ぶ。
・寝返り成功(3月22日/生後149日目) 数日後には、身体の下敷きになった腕を抜くことができるようになる。帰国後本格化。
※逸生は生後103日で、悠生は同150日で寝返り初成功。やっぱり逸生が断トツのせっかち(?)、弟ふたりはのんびり屋さんのようです。

【5〜6ヶ月】
・歯(下の乳中切歯)が生えてきた!←授乳中、乳首を噛まれます。痛い…(涙)。
・自分の足での遊びが更に盛んになり、両手で両足を持って動かしたり足の指をしゃぶったり。
・寝返りは左右両回りをマスター。「左右寝返り&お腹を軸にした方向転換」の組み合わせでどこへでも移動する(←逸生は“抱っこ星人”だったため常に抱っこされており、悠生は寝返りマスター後すぐにずり這いを始めたため、泰生のように寝返りと回転だけで長距離移動をする赤ん坊を見るのは初めて。面白い♪)。
・満5ヶ月を迎えた直後、寝返りから仰向けに戻る技を覚える(寝返り成功からすぐに「戻り方」を覚えてくれたため、「仰向けに戻して〜」泣きはほとんどなかった。親孝行)。
・飛行機ブーン、始まる。そのまま手足を上下させ、床にバンバン叩き付け、音を立てて遊んでいることも。
・うつ伏せの体勢のまま手足を活発に動かすため、お腹を軸に方向転換していることも多い。初めのうちは偶然だったが、最近では自分の意志で手足を使って方向転換することも。
・カーシートから反り返って脱出する。ハーネス着用必須。
・お腹が空いている時や眠い時は、ママの抱っこしか受け付けない。どんなに泣いていてもママが抱っこするとピタリと泣き止む様は、母冥利に尽きる。
・軽い人見知りが始まる。以前は知らない人相手でも目が合うと満面の笑みで応じていたが、今は硬い表情で凝視(泣くことはない)。
・抱っこでの寝かし付けはパパが一番上手。寝かし付けテーマソングはナゼかLove Me Tender。
・意思を持って目の前の物に手を伸ばすように。親指も含め、手がパーの形によく開くようになり、オモチャをしっかりと握ることができる。手にした物はもれなく口へ運ぶ。
・手に持ったオモチャを右手から左手に、左手から右手に持ち替えることができるように。
・プレイマットでの遊びが活発に。ぶら下がっているオモチャを引っ張って楽しげに遊んでいる。
・「いない、いない、ばぁ」を喜ぶように。逸生や悠生の派手なアクションも大好き。兄ちゃんsがあやすと引き笑いで大喜び。
・食事に興味が出てきたようで、家族の食事風景を穴の空くほど見詰めている。ただしヨダレは少なく、スタイはほとんど出番がない。
・指しゃぶり沈静化。おしゃぶりも嫌われ出番がなくなる…(涙)。

さて、生後半年を迎えたのを機にそろそろ離乳食をスタートしなければ。
…と思いつつ、既に生後6ヶ月半となる本日現在、未だ初めの一歩を踏み出せていません。
だってだって、一度始めたら(一応)後戻りはできないのが離乳食。すっかり生活が落ち着いたというにはほど遠い現状、まだまだやらなければいけないこと、気にかかっている事案が多数あり、どうにも腰が上がらないのです。
それに、ピーナツ・アレルギー持ちの悠生の弟ということは、泰生も何らかのアレルギーを持っている可能性大(アレルギーを持つ兄弟がいる子供の場合、いない子供の10倍の確率でアレルギーを持っているのだそうです by Dr. Maloney@NY)。アレルギー対策として離乳食の開始時期を遅らせることもひとつの手ゆえ、泰生の離乳食についてはスローペースで進めていこうと思っています。

ちなみに先述の通り、逸生の乳児期はロンドン、悠生の乳児期はニューヨークで暮らしていたため、日本の美味しそうなレトルト離乳食の恩恵にほとんど与ることなくきている私(和食中心で育てようと思うと、海外での離乳食作りは結構面倒です)。今度こそフル活用してやる〜!と楽しみにしているのですが、はてさて、小食兄ちゃんsの弟だけに、モリモリ食べてくれるかな?
(離乳食期には「食べるの大好き」だった悠生も今や小食クン…。)

★オマケの写真★
左は逸生の、右は悠生の生後6ヶ月時。髪の量が…(苦笑)。
逸生6ヶ月悠生6ヶ月

newyork_life at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 28, 2012

成長記録〜泰生4ヶ月

泰生は先日25日で生後満4ヶ月を迎え、今日は2ヶ月ぶりの定期検診の日。かかりつけの東京海上記念診療所を訪れ、チェックアップと予防接種を受けてきました。

泰生4ヶ月まずは計測、結果は下記の通り。
(左の数値は2ヶ月前のもの)

身長:60cm→66cm
体重:5,500g→6,680g
頭囲:39cm→41.5cm

順調な体重増加の目安は「生後3ヶ月で誕生時の倍」と言われていますが、3,430gで生まれた泰生、生後4ヶ月を迎えた現在でもまだ倍の体重にはなっていません。とは言え、母乳もリズム良く飲んでいるし、毎日ニコニコと機嫌良く活発に身体を動かしている様子からして心配ナシ。相変わらず背は高い方なので、何だかやけに縦に長い赤ん坊です。


さて、そんな泰生の4ヶ月ナウ。

4ヶ月になりました


【心身の成長】
・首据わり完成。おんぶや片手での縦抱きができるようになり、非常に楽。
・先月までは「眠いのに上手く眠れない」が泣く理由の大半を占めていたのが、最近では「飽きちゃった、つまんなーい、構って〜」と高度な(?)訴え泣きをするように。お陰でおんぶ紐の出番が増え、夕刻の忙しい時間帯は常に私の背中に背負われている(←常時床置き可能だった悠生にはなかった現象)。
・毎日笑顔炸裂。目が合うと、口をパカッと大きく開き、目を三日月のように細くして、満面の笑みを見せる(そしてナゼか舌が縦に捻れる)。思わず「何がそんなに嬉しいの?」と訊いちゃうほどのBig Smileに、私は癒されまくり。

寝ハゲができた・寝ハゲ発生。寝ながらも首を左右に動かすため、頭の“赤道部分”にリング状の寝ハゲができている(左の写真)。
・時折声を出して笑うように。引き笑いで「エヘッ、エヘッ」。
・嬉しくて興奮気味の時、不快を感じている時、両足を交互に激しくケリケリする。
・寝返りの練習スタート。首を90度捻じ曲げ、一生懸命に身体を反らせたり捻ったりしているが、成功までの道のりは遠そう…(逸生はこの時期には既に寝返りを成功させていた)。
・うつ伏せ姿勢に安定感がでてきた。首が90度しっかりと持ち上がるようになり、そのまま周囲を見回す余裕アリ。が、疲れると突然ガクッと沈没。
・拳しゃぶりから指しゃぶりへ移行。眠い時、そして手持ち無沙汰な時(?)、主に右手の親指をチューチューしゃぶっている。
・手を胸の前で組んで揉み手をする。
・手に触れた物を握れるようになり、プレイマットにぶら下がっているオモチャを引っ張って遊んでいる。上の写真に写っているプレイマット(TinyLove)はいただきもので、只今活躍中。Iさん、ありがとう!
・食事中、膝の上に座らせておくと、もれなく食卓の上の食器等に手を伸ばす。危険。
・ようやくモロー反射が収まりつつあり、おくるみで手足を包み込まなくても眠れるように(が、まだおくるみで包んだ方が良く眠る)。
・鏡が好き。鏡に映った自分の姿を見て喜んでいる。オルゴールなど、音の出る物に興味を示すように。

【生活の様子】
・6時〜7時起床、21時就寝。お昼寝をするとはいえ、夜の睡眠時間9〜10時間は明らかに短いため、本当はもっと早くにベッドに入れたいが、相変わらず騒音に弱く、ウルサい兄ちゃんsが起きている限りは寝付けない。
・お昼寝の時間は徐々に安定しつつあり、これまでは1回のお昼寝で15〜30分程度しか眠れなかったのが、最近では2時間近く寝ることも。どれだけ寝たかに関わらず、起きてから2時間ほど経つと再び眠くなるもよう。3時間が限界。
・日中の授乳は2〜3時間おき。1日の授乳回数合計は8回前後で安定している。
・哺乳瓶拒否の結果、完全母乳に。吸うのがとても上手で、短時間(左右の乳房各5分ほど)で飲み干す。母乳の出はすこぶる順調で、おっぱいのトラブルもナシ。
・おしゃぶりは継続して利用中。特に好きというワケではなさそうながら、爆泣き中に口に突っ込むと即鎮静化。便利。以前に比べ、口にくわえていられる時間が長くなってきたような?
・夜の寝かし付けはおっぱい頼み。お昼寝に関しては、最近気付くといつの間にかひとりで寝付いていることも(親指チューチューで寝付く)。
・夜は寝入った最初のサイクルが一番長く眠り、5時間ほど。その後は朝まで2時間ごとに起きるというパターンが多い。よって、21時就寝、2時授乳、4時授乳、6時起床というスケジュールが定番。
・ウンチの回数は2〜3回/日で安定。相変わらずのゆるゆるウンチくんで後ろ漏れ頻発。
・車のベビーシートが好き。起きていても寝ていても泣くことはほとんどなく、おとなしく座っている。ベビーシート内でのお昼寝は気持ちが良いらしく、長時間眠る。
・「高い高い」「飛行機ごっこ」がお気に入り。口をパカッと開き、満面の笑顔でヨダレ爆弾を投下してくる。
・「くすぐったい」という感覚が分かるようになってきたのか、お腹周りをこちょこちょすると大喜び。「エヘッ、エヘッ」と声を出して笑う。
・夕刻、食事の支度時にグズることが多いため、おんぶ紐で背中にくくりつけるが、おんぶはイマイチ好きではないようで、背後からうーうー文句を垂れている(が、結局諦めて寝る。笑)。抱っこ紐による抱っこは好き。ベビーカー(車のベビーシート一体型)による移動も好き。

生後3ヶ月から4ヶ月にかけての画期的な成長は、「自分で寝付くことができるようになった」こと。もちろん、常時というワケではなく、時と場合によりけりなのですが、それでも停車中のベビーカーの中で、あるいはベビーベッドに転がって、あるいはスウィングチェアの上で、ひとり静かに寝付いている姿を発見すると、思わず「おおっ!」と感動してしまいます。これ、指しゃぶりのお陰であることは間違いなく、その大いなる効能には感心しきり。とは言え、指しゃぶりは大きくなってから止めさせるのが大変だと聞いているため、できれば指からおしゃぶりに移行させたく試行錯誤しています。
泰生はかつての逸生ほどではないものの、かつての悠生よりは「注文が多い」タイプのようなので、誤摩化しグッズとしてのおしゃぶりに寄せる期待は大(笑)。逸生、悠生では体験し得なかった「おしゃぶりポンで即解決」、ぜひとも体験してみたいものです

ところで、本日の検診で受けた予防接種は注射で3種、経口で1種。
その内訳は下記の通り。

1. Pentacel:ジフテリア/破傷風/百日咳(DTaP)、ポリオ(IPV)、インフルエンザ菌B型(Hib)に対する5種混合ワクチン
2. HepB:B型肝炎ワクチン
3. PCV13:肺炎球菌ワクチン(13価結合型。日本で認可されているのは7価結合型なのだそう)
4. Rota:ロタウイルス・ワクチン

日本ではまだ認可されていない、あるいは認可されていても自己負担となるワクチンも多く、同じだけの予防接種を日本で受けようと思えばそれなりの時間とお金がかかるところ、こちらでは混合ワクチンかつ複数同時接種でサクサクと済ませることができるため、とても助かっています(今、日本でもアメリカでも予防接種を拒否する親が増えているそうですが、我が家は予防接種のリスク(副作用)<<<<<伝染病罹患のリスクとして捉えており、また、予防接種は個々人の問題に留まらず、公衆衛生上必要なものであるとの考えから、スケジュールに従って粛々と受ける派です)。

一歳代は検診毎に予防接種(しかも複数)があるのが可哀想ですが、まだまだ続く予防接種道、もう暫くの間頑張ってもらわねば。とは言え、泰生の脳内で「診療所=痛いことをする嫌なところ」という図式ができあがるのも、もう時間の問題です…。

newyork_life at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 07, 2012

親指発見

生後2ヶ月半頃から、手持ち無沙汰な時(?)には自分のげんこつをウマウマしゃぶっていた泰生。最近、その手しゃぶりが進化し、器用に右手の親指だけをお口にin、チュパチュパと美味しそうにしゃぶるようになりました。

げんこつしゃぶり指しゃぶり
左の写真のようなげんこつしゃぶりから、右の写真のような親指しゃぶりに進化。眠い時には、空いている左手でもれなく左耳のあたりを掻きむしります…。
泣いているんだから、写真を撮って楽しんでいないで早く抱き上げろ?(笑)

横綱顔指しゃぶりやおしゃぶりは、赤ちゃんの精神状態を落ち着かせるーというのは良く聞く話ですが、なるほど、泰生にも効果抜群。これまで「眠いのに眠れない」ために泣くことが多かったのが、最近では眠くなると親指をお口にin、チュパチュパしながらひとりでスーッと寝入ってしまいます。Wow!

←たまには変わったアングルで撮影。この富士山型の上唇は、3兄弟共通。それにしても、すごい横綱顔だ

逸生も悠生も指しゃぶり、おしゃぶりには無縁な赤ん坊だったので、自分の指を吸いながら寝付くというこの現象、私にとってはなかなか新鮮。まだまだ兄ちゃんsに手がかかることから、どうしても泰生を放ったらかしにせざるを得ないことも多く、ゆえに仕方なく自己解決策を見つけたーという感じかしら。そう思うと、ちょっぴり申し訳ないような気もするのですが、まぁこれも三男坊の宿命(?)ということで(笑)。
唯一気になるのは歯列への影響ですが、2歳頃まではさほど心配することもないようなので、泰生の入眠グッズ(?)となりそうな指しゃぶり、有難〜く活用させてもらおうと思っています(そしてあわよくばおしゃぶりにすり替えたい私)。

newyork_life at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 04, 2012

祝!生後100日

泰生生後100日去る2月2日で泰生は生後100日を迎えました。
当日は平日で主人の帰宅時間が読めなかったため、お食い初めのお祝いは週末に延期。
本日、お赤飯を炊き、汁物、尾頭付きの鯛、炊き物、梅干等を並べて生後100日のお祝いをしました。

ところで、いきなり話が脱線しますが、左の写真で泰生が着ているベビードレスは、元々は逸生のお宮参り用に購入したもの。
男児ということもあり、一般的なお宮参り用の衣装であるフリフリ&ヒラヒラのセレモニードレスがどうしても受け付けなかった私、シンプルな綿ニットのベビードレスを用意しておいたのですが…。
逸生のお宮参りは9月の中旬、残暑で猛烈な暑さ。ベビードレスなんて着せたら蒸し焼きになっちゃう!という状態で、結局は半袖のボディースーツ(両足剥き出し)でお宮参りに臨み、折角のベビードレスは出番ナシ。
そして、続く悠生も泰生もアメリカで生まれたため、お宮参りは省略(一応悠生については一時帰国時@生後9ヶ月に湯島天神まで初宮参りに出かけましたが)。
そんなこんなで、折角用意したベビードレス(しかも気に入っている)はこれまで出番がまったくなく、あまりにももったいないので、本日、泰生の生後100日記念に着せてみたのでした。
ちなみに、本当は揃いのニット帽もあるのですが、そちらは似合わないので省略(笑)。

話は戻って…。

本日のお祝い膳は、赤飯、汁物、尾頭付きの鯛、炊き物、揚げ物(鶏唐揚げ)、サツマイモの茶巾。プラス、縁起ものの梅干し3つに小石3個です。

お祝い膳だんご3兄弟
(2月5日追記:後からよく見たら、ご飯と汁物の位置が逆… うかうかしていると兄ちゃんsが食卓を荒らしに来るので、早く写真に収めようと焦っていたのです…。)

ボクも食べるよ!?尾頭付きの鯛は、悠生のお食い初め時同様、我が家近くの日本食材店フジマートに事前に頼んでおき、無事ゲット。歯固め用の小石は主人がどこからか拾って来てくれたのですが…デカッ。それじゃお皿に載らないよ?という大きさだったので、改めて自宅前の植え込み付近に探しに出かけたものの、残念、いびつな形のものしかありませんでした。
ま、形式は整えたということで、勘弁しておくれ。

迷惑そう…そして、いつもは家族の食事風景を眺めているだけの泰生も、今日はハイ&ローチェアの背もたれを起こして家族と一緒に食卓を囲み、パパはビールで、兄ちゃんsはジュースで乾杯。
泰生は「何が始まるんだ?」と不思議そうな顔をしながらも、家族皆から「泰ちゃん、100日おめでとう!」と祝福されて嬉しそう。が、お決まりの「食べる真似」をさせようとしたら、顔をしかめて嫌がっておりましたが…。

泰生、改めて生後100日おめでとう。
これから先、一生涯食べ物に困ることなく過ごせますように。

★似てるかな?★
泰生生後100日悠生生後100日右の写真は、悠生の生後100日時点のもの。
逸生の生後100日の写真については、ブログを書き始めたのが逸生の生後6ヶ月の時ということで、ブログ上には残っておらず。
ボクたち兄弟、似てるかな?

newyork_life at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 25, 2012

成長記録〜泰生3ヶ月

早いもので、今日25日で泰生は生後3ヶ月を迎えました。
かつて0歳代の悠生がお世話になっていた小児科医Dr. Ming Chungの診療所では3ヶ月検診があったのですが、今泰生がお世話になっている東京海上記念診療所のスケジュールでは、2ヶ月検診の次は4ヶ月検診。結果、今月は定期検診がなく、体重も身長も不明です。
とは言え、見た目順調に成長している泰生。日に日に表情が豊かになり、身体の方もずっしりと重量感アップ。抱き上げる際には思わず「よいしょ」と掛け声が出てしまう今、新生児の頃の空気のようなーというと大袈裟かも知れませんがー軽さが既に懐かしく思い出されます。

泰生3ヶ月

さて、そんな泰生の3ヶ月ナウ。

【心身の成長】
ニコニコちゃん♪・首の据わりは9割程度。首を支えずに縦抱きにしても大丈夫。左右に忙しなく首を動かし周辺観察に余念がない。とは言え、まだ突然首がガクッと倒れることも。油断禁物。
・日中は、基本は寝ているか機嫌良く起きているかのどちらか。これに、起きがけと寝入り端のグズり、時折「飽きちゃった、つまんない、構って〜」泣きがプラスされる。
・爆泣きしている時でも、私の姿が視界に入った途端に泣き止むなど、視力や認知力の発達を感じる。
・毎日笑顔炸裂。目が合うと、3秒後にニタ〜ァと満面の笑みを浮かべる。機嫌の良い時には、ひとり宙を見上げつつ笑っている。
・兄ちゃんsにも興味津々、あやしてもらってはニタ〜ァと嬉しそうに笑っている(加減の分からない悠生には泣かされることも…)。
・家族以外に対しても愛想は良い。病院のドクターやお友達のママにもニタ〜ァ。
・饒舌(笑)。顔を覗き込むと、何かを訴えるかのように「あーうー」とおしゃべりを開始。ママの語りかけに対しても、一生懸命に「あーうー」と返事をしてくれる。抑揚を付けて発声するので、本当におしゃべりをしているかのよう。数年後は逸生並のおしゃべり男に成長する予感…。
・泣く理由の90%以上は「眠いのに眠れない」。拳で目をゴシゴシと擦りながら、「眠いよ〜眠いよ〜」と大泣き。抱き上げてあげれば or おっぱいを含ませてあげれば即座にネンネ・スイッチが入り、コロリと陥落。
・ここ10日ほどの間、自力で寝入るという画期的な現象が出現。ウエッ、ウエッとベソをかきつつ(この程度の泣き方では、ママ、救出に行かず)、いつの間にか寝付いている。ブラボー!
・モノを握ることができるようになり、授乳中、私の服の端などをぎこちなく掴んでいる(まだ握力は弱い)。
・恐らく右利き。手しゃぶりはもれなく右手。右手だけをバタバタと羽のように動かしていることも多い。
・手足の動きは更に活発に。満面の笑みを浮かべて手足をバタバタさせている姿は、はしゃいでいるようでとても可愛い。
・足(かかと)で床をケリケリしながら背面移動、寝かせておいた最初の位置からズレていること多数。そろそろネンネをさせる場所にも注意を払わねば。
・1日1回、タミータイム(うつ伏せ寝の時間)を実施。首は70度程度持ち上がるように。まだ余裕はなく、アワアワしている。
・手しゃぶりが盛んになり、手持ち無沙汰(?)な時には常にチュパチュパしている。拳全体、親指だけ、4本指など、多彩なしゃぶり方を楽しんで(?)いる。グズっている時、手しゃぶりで自己解決できることもある。
・起きがけ、寝入り端に拳で滅茶苦茶に顔を擦る。よって顔は常に傷だらけ。こまめに爪を切り、手の先が袋状になっている服を着せるなどして予防に努めているものの、完全には止められず。
・鏡大好き。鏡の前に連れて行くと、鏡に映った自分の姿を見てニヤけている。
・ヨダレ増量中。縦抱きにするとダラーンと垂れてくる。そろそろスタイの出番かも。
・泣くと目から涙が溢れ出すように。
・モロー反射は未だ健在。手がバタついて眠りを遮るため、引き続きおくるみを多用している。

【生活の様子】
・6時半〜7時頃起床。就寝時刻はまちまちだが、概ね21時頃。兄ちゃんsの生活リズムに付き合わされている。
・まだまとまったお昼寝タイムはなく、1日中断続的に眠っている。相変わらずお昼寝は短く、1回15〜30分程度。1時間以上のお昼寝は快挙という状態。
・日中の授乳は2〜3時間おき。1日の授乳回数合計は8回前後で安定している。
・寝かし付けはおっぱい頼み。パパが抱っこユラユラで寝かし付けることもあり。
・夜間の授乳は4〜5時間おき。明け方近くに短いサイクルで目を覚ますこともある。
・ウンチの回数は3〜4回/日で安定。まとまって出せるようになり、量が増えたため、後ろ漏れ頻発。オムツのサイズが1から2に。

お出かけスタイル←泰生のお出かけスタイル、車編。
ネーム刺繍入りのブランケットは、かつて悠生にもオーダーしたことがある SewHappyBaby.comのもの。
クマちゃんの耳付きフリースAll in Oneは、出産祝いにいただいたもので、愛用しているが、似合っていない…

・車のベビーシート、抱っこ紐、共に大好き。特にベビーシートに関しては、乗せるとニタ〜ァと満面の笑み。そして、乗っている時間の大半は眠っている(つまり、外出時は長時間お昼寝するということ)。
・14時半の悠生兄ちゃんのお迎え、16時過ぎの逸生兄ちゃんのお迎えが毎日の日課。
・ショッピングやレストランでの食事等、外出時は眠り王子に変身する。今のところ、外出時に手こずらされたことはなく(大抵寝ているから)、外食も大いに楽しませてもらっている。

生後3ヶ月を過ぎ、母と子、良い感じに息が合ってきたなぁと感じる今日この頃。私の方は、泰生の泣きのポイントが分かったことで要求に素早く応えてあげることができるようになったし、泰生は泰生で生活のリズムが整い、加えて自分の要求が通り易くなったことで必要以上に泣くこともなくなり、毎日を穏やかに過ごしています。

母親とはいえ、泰生と対面してまだ3ヶ月。いきなり我が子の性格・性質が分かるワケでもない。お互い「はじめまして」の状態から始まって、私も少しずつ「泰生の母」として成長しています

newyork_life at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 12, 2012

寝付くのって難しい?

ちゃぷちゃぷ♪ご機嫌♪
本文とは関係ありませんが、泰生はお風呂が大好き。入浴後は、右の写真のようなBig Smileを見せてくれます♪

このブログにも度々記していますが、我が家の兄弟、寝るのが嫌いでチョ〜目が堅い。かつての逸生もそうでしたが、悠生なんて午後に僅か10分ほどウッカリ寝をしただけで、その夜の寝付きが格段に悪くなり、ベッドに入れても平気で23時頃まで起きているのです。
普通、母親が隣で寝たら(ウソ寝ではなく)、つられて寝ちゃうものですよね?ところがどっこい、悠生の場合、私が先に寝てしまい、1時間後くらいにハッと気が付いた時、まだ隣のベッドの中でゴロゴロしているのです。
もうこの人、一体どうなってんの〜(かつての逸生もまったく同じでした…)

で、そのネンネ嫌い遺伝子(?)は、泰生にもしっかりと受け継がれているもよう。このブログにも何度か書き記しましたが、泰生サン、夜はともかく昼間はとにかく寝付きが悪く、泰生が泣く理由の90%以上は「眠いのに眠れない」なのです。
もうね、どう頑張っても自力では寝付けないようで、拳で目をゴシゴシと擦りながら、「眠いよ〜眠いよ〜」と大泣き。寝付くためにはあと一手、ママやパパの助けが必要なのよねぇ。そんなこんなで、抱き上げてあげれば or おっぱいを含ませてあげれば即座にネンネ・スイッチが入るらしく、コロリと陥落することも少なくありません(それもまた可愛ゆし)。

さて、そんな泰生を連れ、今日の私は歯科定期検診。
生憎予約の時間に泰生が目覚めており、診察の途中で眠くなってグズり始めたら厄介だなぁと思いつつ、ベビーカーに乗せたままの状態で事務の女性に見守りをお願いし、私は診察室へ。
実は先日歯の被せ物が取れたうえ、新たに小さな虫歯が見つかったため、診察は小1時間ほどかかったのですが、その間、泰生の声がまったくしない。おかしいなぁ、時間的には絶対に眠くなるハズなんだけど、事務の女性が抱っこでもしてくれているのかしら?と不審に思いつつ、診察を終えて診察室を出てみると、何と、泰生サン、寝てる…。
事務の女性曰く、40分ほど機嫌良くキョロキョロして過ごし、その後はひとりで静かにスーッと寝入ってしまったとか。
えーそんなことが

何だい、泰生、やればできるんじゃない。
…というワケで、今後の泰生にちょっぴり期待(笑)。

newyork_life at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 27, 2011

成長記録〜泰生2ヶ月

にゃは〜♪一昨日25日で早くも生後2ヶ月を迎えた泰生。日本では、1ヶ月検診の次は3〜4ヶ月検診ですが、こちらでは検診と同時に予防接種を実施する関係で、アメリカ式超タイトな予防接種スケジュールに合わせた2ヶ月検診があり、今日はかかりつけの東京海上記念診療所(@ Hartsdale)を訪れました。

←最近の泰生、機嫌の良い時には笑顔連発。目が細〜く線みたいになっちゃう。これぞブサ可愛いと親バカ炸裂中。

泰生2ヶ月さて、まずは計測、結果は下記の通り。
(左の数値はひと月前のもの)

身長:56cm→60cm
体重:4,470g→5,500g
頭囲:38cm→39cm

相変わらず背の高い赤ん坊ですが、今月は体重の増え方が緩やかだったことからスリム化し、見た目にも縦に長い感じになっています(ほっぺのボリュームは相変わらずスゴいですが…)。

今日の検診では、計測の他、目や耳の検査、股関節の動きのチェックなどが行われましたが、いずれも異常なし。1ヶ月検診の時点で痛々しかったお尻のできものはその日のうちに切開して無事治癒し、真っ赤だった乳児湿疹もほぼ落ち着いて順調な成長ぶり。ただ、肌がやや乾燥気味で、それゆえに肌荒れを起こしている箇所があることから、保湿剤(EucerinAveenoなど)にプラスしてステロイド1%配合の市販の軟膏(Cortaid)を塗布してみてはどうかーとのアドバイスがありました。

そして、今日から怒濤の予防接種がスタート。
今日は注射2本&経口で、3種混合(DTaP)、ポリオ(IPV)、インフルエンザ桿菌B型(Hib)、ロタ(Rota)のそれぞれ1回目を接種。同行した兄ちゃんsが「泰ちゃん、ガンバレー!」と応援してくれましたが、もちろんウギャー!と大泣きです。
これから1歳のお誕生日過ぎまでは予防接種の予定がびっしり。頑張れ、泰生。

その他、このひと月を振り返っての変化・成長を下記に記すと…。

泰生2ヶ月
泰生2ヶ月

【心身の成長】

・あやしたり、名前を呼ぶと、3秒後にニタ〜ァと笑う。家族の声かけに応じて「アー」「ウー」などの優しい声を出し、まるで返事をしてくれているかのよう。
・泣いていても、誰かが近付いてあやすと泣き止み、3秒後にニタ〜ァ。構ってもらう喜びを、早くも良ーく分かっている。
・誕生直後は騒音に強かったが、聴覚が発達してきたのか、徐々に騒音耐性がなくなってきたような…。兄ちゃんsが騒いでいると、もれなく目を覚ます。
・手足の動きが活発に。嬉しい時は手足をパタパタ、怒っている時は足をケリケリしている(←悠生が「泰ちゃん、アンキック(アンパンマンのキック)してるよ〜」と言うのがまた可愛い)。かけておいたブランケットはもれなく蹴飛ばされている。
・首の力が強くなり、左右の動きは自由自在。音のする方を首ごと動かして見ようとする。
・未だにモロー反射が激しく、大きな音がすると両腕がビクビクッと動いて自分で驚いて目を覚ましてしまうため、おくるみを多用している。
・本気泣きに至るまでのリードタイムが長い。かなり長い間「エッ、エッ」と訴えるような泣き方をしているので、その間はつい放置してしまう。長時間放っておかれて初めて「ウギャー!」と本気泣きを始める(それでようやく気付く私。笑)。
・自分の拳の存在に気付く。口寂しい時にチュパチュパとしゃぶっているが、まだ自分の手をうまく口元に運べずに泣くことも。
・まつげが伸び、目を瞑っていても瞼の端から見えるように。
・涙の量、増量中。大泣きをすると、ポロリと一粒流れ落ちる。
・少量ながら、ヨダレが出る。
・味が分かるようになったのか、ミルク(哺乳瓶)拒否開始。一応吸い付くものの、ひと口飲むと「オレが欲しいのはこれじゃない」と言わんばかりにプイッと哺乳瓶の乳首から口を離し、反っくり返ってウギャーと怒り泣き。これでは人に預けられない…。
・ゲップ下手は相変わらず。あまりにも出ないので、仕方なくそのまま寝かせることも多いが、それでも胃や腸に不快感を覚えることはない様子。代わりに(?)オナラが良く出る…。

【生活の様子】

・逸生の学校がある時は、起床は6時半〜7時頃(休みの日は8時くらいまで寝ている)。朝、完全に目覚めるまではグズグズ言うものの、覚醒した後は最高に機嫌が良く、ひとりニコニコしながら楽しげに過ごしている。
・まだまとまったお昼寝タイムはなく、細切れ睡眠。日中は目が堅く、1回のお昼寝は30分程度ですぐに目を覚ます。
・ミルク(哺乳瓶)を拒否するようになってしまったため、止むなく完全母乳に移行。日中の授乳は概ね2時間おきで、昼間の授乳回数は6〜8回程度で安定している。
・一番好きなネンネ場所は床。が、兄ちゃんsに蹴飛ばされそうなので、大抵はハイ&ローチェアかスウィング・チェアの上に寝かされている。
・就寝時刻は兄ちゃんsの動向に振り回されて安定せず。20時半〜21時頃が多いが、19時頃に夜の熟睡モードに入ることも。
・寝かし付けはおっぱい頼み。寝付くのが苦手なようで、泣いている理由の大半は「眠いのに眠れない」。ウトウトしかかっても、そこから自力で深い眠りに入ることができず、ハッと目覚めてはウギャーと泣く(これは昼間限定の現象で、夜間は熟睡)。
・夜間の授乳は4〜5時間おき。お腹が空いたと泣いて起きるが、飲むと即陥落。そのままベビーベッドにポンと寝かせ、オムツを換えて終了。ただし、明け方は授乳後2時間ほどで目を覚ますことも。
・ウンチの回数がまとまり、夜間のウンチがなくなって大助かり。
・お風呂大好き(まだベビーバスを使用)。お風呂あがりは機嫌が良い。
・抱っこ紐大好き。乗せると即寝に入る。逸生のお迎えには大抵抱っこ紐で出動。
・車のベビーシートも大好き。車を発車させた途端、音もなく眠りに落ちる(但し、眠りかけの時に信号待ちで停車すると泣く)。
・ベビーカーも大好き。動いていればご機嫌。ベビーカーの中でも長時間眠れる(最長4時間)。
・レストラン、買い物(スーパー&モール)、デビュー。外出時は風景が変わるためか、ジーッと周囲を観察していておとなしい。

泰生についてこのひと月で特に印象的だったのは、ふたりの兄同様「目が堅い」ということ。おっぱいを飲んでウトウトしていても、5分もすると目が開いており、「あら?もう起きたの?」と驚かされることもしばしばです。
加えて、誕生直後は第三子らしく騒音に強かったのが、聴覚が発達してきたのか徐々に騒音耐性がなくなり、今や兄ちゃんsが奏でる強烈なノイズの中では眠れない様子。結果、元々短いお昼寝時間が更に細切れとなり、印象としては「昼間は常に起きている」という状態になっています。
とは言え、グズっているわけではなく、ハイ&ローチェアやスウィング・チェアの上に寝転がって機嫌良く過ごしているので、負担感はあまりなし。逸生の乳児期には、「赤ちゃんは寝るもの」という思い込みがあったため、あまりにも寝ない逸生を何とか寝かせようと無駄な(?)努力を繰り返してはヘトヘトになっていましたが、逸生、悠生を通じて「寝ない赤ん坊もいる」ということを悟った今は、もはや諦めの境地(笑)。幸い夜はガッツリと長時間寝てくれるので、それだけでもう十分です。
それにしても、この目の堅さ、先が思い遣られるなぁ…
主人も私も寝るのが大好きなのに、どうして我が家の子供たちは揃いも揃って目が堅いのかしら。

さて、次のひと月ではどのような成長を見せてくれることやら。そろそろ首も据わる頃だし…と楽しみにしています。

newyork_life at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 09, 2011

思わぬプレゼント

スヤスヤ…一般的に、母乳育児の場合、授乳と授乳の間隔は3時間程度とされていますが、胃が小さいのか消化が良いのか、「飲んだ飲んだ、あ〜満腹」という風情で寝付いても、きっかり2時間後には目を覚ます腹時計内蔵の泰生。
さすがに生後1ヶ月を過ぎたあたりからは3時間ほど続けて寝てくれる日も増えてきましたが、それ以上は期待しようもなく、0歳児のお世話とはそういうものだと分かりつつも、「あ〜、3時間以上続けて寝たいなぁ」などと叶わぬ夢を抱いていたのですが…。

何と泰生サン、昨晩突然の連続7時間睡眠を達成。
23時の授乳後にグーッと深い睡眠に入ったな…と思っていたら、次に目覚めたの、朝6時。驚いた私、時計が壊れたのかと思って何度も見直してしまいました。
私は24時過ぎにベッドに入ったので、嬉しい「連続」6時間睡眠。お陰で産後の寝不足も一気に解消した感じです。スッキリ爽快!
が、目下2時間置きの授乳を想定した生産体制を敷いているおっぱいは、7時間も放置され、カチンコチンで痛い痛い。まぁ、お腹を空かせた泰生がすぐに一気飲みしてくれましたが…。

授乳期の母体は、ホルモンの関係で短い睡眠時間でも満足感を得られるようになっているのだそうですが、それでもやっぱりある程度まとまった時間「連続で」眠った後は身体が軽い軽い。とは言え、生後1ヶ月で連続7時間も眠る方が異常事態なので、恐らく昨晩は泰生の腹時計が一時的に不具合を起こしたのでしょう。思わぬ睡眠のプレゼントをもらったママ、ラッキーでした♪

スーパー夜泣き小僧だった逸生は2歳直前まで(プチ夜泣きを含めると4歳頃まで)、悠生は1歳過ぎまで夜通し眠るなんてことはなかったので、泰生の連続7時間睡眠@生後1ヶ月は快挙。
泰ちゃん、腹時計、いつでも壊れて良くってよ(笑)。

newyork_life at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 03, 2011

まさにだんご3兄弟

生後ひと月を過ぎ、目を見開いて周囲を観察している時間が長くなってきた泰生。ネンネの時の顔も似ているとは思っていましたが、目を開くと尚のこと、その顔立ちや表情は兄ちゃんsにソックリです。

まさにだんご3兄弟

だんご3兄弟
鼻や口元はまるでコピーをしたみたい(笑)。
ちなみに、この鼻と口元は、恐らくママ譲り。目元と耳は、パパ譲り。

↓ 特に、頬のふっくら感のせいなのか、同時期の悠生とはウリふたつです(逸生は赤ちゃん時代からスリムでした)。

遺伝子パワーいや〜、遺伝子の力ってスゴいなぁ、面白いなぁ…と日々兄弟を観察しながら感嘆している私。
とは言え、逸生と悠生、ふたりの性格はかなり異なるので(もちろん共通点も多数ありますが)、泰生がどんな性格を持ち合わせているのか、興味津々です。
ま、この兄ちゃんsにしてこの弟アリ、腕白であることは間違いないと思われますが…。

ちなみに、生後1ヶ月時点での育児の「大変さ」は下記の通り。
大変 逸生>>>>>泰生>悠生 楽チン
初めての子だったという事情を差し引いても、やっぱり逸生が断トツ一位。
泰生は、同時期の悠生よりも目が堅く、寝付きが悪いという点で二位。
3人目が必ずしも一番楽というワケではないのだなぁ…と妙なところで感心しています。

さて今後、成長に伴い泰生の顔立ちがどのように変化していくのか。
ふたりの兄ちゃんsはそれぞれ、自分に似て欲しいと思っているようです

newyork_life at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 02, 2011

ママ、枯れる

プクプクほっぺ♪先日驚いたこと。
夜、寝る前にトイレに行き、次に用を足したの、何と翌日の16時過ぎ。3/4日ほどトイレに行かずに過ごしていたということで、その事実に気付いた時には我ながらビックリしてしまいました。

それというのも、泰生への頻繁な授乳ゆえ。今は水分不足からくる便秘にも悩まされているため、授乳量<水分摂取量となるよう、朝から晩までルイボスティーや黒豆茶、玄米茶などを大量に沸かして飲みまくっている(そして野菜も食べまくっている)のですが、それでも一向に改善せず。
逸生や悠生の授乳期には、こんな現象はなかったのだけれど。泰生の哺乳量が特別に多いのかも知れません(そして写真のようなプクプクほっぺに…)。

トイレに行かずに済んでラッキー♪ などと言っている場合ではなく、泰生に悉く水分を奪われ、ワタクシ、今にも干からびそう。水分不足で心なしか肌もカサカサに…って、それは年齢のせい

newyork_life at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)