渋谷の「麺屋 梵天」に行ってきました。

梵天外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入ったときはお客さんが一人もいなくて空いてました。

一番シンプルなメニューにしようと思ったのですが、ちょっと気になって「黒梵天」というラーメンに「半熟味付玉子」をトッピング。食券を買いました。

カウンターに座ってからわかったのですが、野菜大盛りやニンニクトッピングは無料のようですね。

しかし、店員の接客(というか癖というか)が悪い店です。
もう書くとこれを読んでくださったかたにも不愉快な思いをさせる(というか食欲がなくなる)と思うので書きませんが。
僕も忘れることにします。

ラーメンはなかなか出てこないので待っていたら、後から入ってくるお客さんは「野菜大盛り」を頼んでいる人が多かったですね。

梵天という名前だけ聞いたことがあって入店しましたが、もしや二郎インスパイア系なのではないかと思い始めました。

ラーメンが出てきました。

梵天ラーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり。。
二郎よりはだいぶ小ざっぱりした感じですが、通じるものがあります。

まずはスープを味見。。
と思ったのですが・・・
なんとこのスープ。
表面に1cm近く油の層があります。
ど・・どうしたら・・・
野菜を崩してかき混ぜて下のほうからスープをすくってみました。
ニンニクの香りが強力です。
たしかに黒梵天はイカ墨とニンニクが特徴のラーメンということでした。

麺は二郎を感じさせる太い麺です。
なるほど、出てくるまでに結構時間がかかったのは、この太い麺を茹でるのに時間がかかっていたんですね。
でも二郎を食べたときほどの「お!」はないですね。。

チャーシューは、肉の塊っぽい肉と、普通のチャーシューが入っていました。
これはなかなか美味しかったですね。

野菜は結構ボリュームがあっていい感じです。
味玉はスープの味にかき消されて味がしみているのかどうかもはやわかりませんでした。

一杯の量は二郎ほどはなくて、普通に食べきれる量でした。
でも、ラーメンが出てくるまでにかなりテンションが下がっていたので、あまり感動はなかった。
もう行かない店です。