東京都千代田区、銀座線の末広町駅に新しくできた『横浜家系ラーメン 港家』というお店です。
位置的には『
元祖一条流がんこ 八代目』や『つけ麺専門店 一歩』の右斜め前です。

横浜家系ラーメン港家(末広町)外観

平日昼の13時ごろ到着で、7割くらいの入り。
お店の外に券売機があります。

横浜家系ラーメン港家(末広町)メニュー(券売機)

メニューはこんなです。
醤油ラーメンと塩ラーメンの2種類で、大だと100円増しになるようです。

横浜家系ラーメン港家(末広町)メニュー(券売機)

それ以外に、ご飯系のメニューや、トッピングもいろいろ。
「うずら」とか「のり」とか。

店内はちょっと面白いです。
入って左側が厨房になっていて、その前に椅子なしのカウンター。
そして、右側の壁に向かって座るカウンターと、一番奥に4人掛けのテーブルが1つ。
で、お店に入ったら食券を店員さんに渡しつつ、厨房の前のカウンターのところに並んで、お盆にラーメンを載せてもらって自分で好きな席に持っていく、ってな具合です。

ただ、特にルールが書かれてるわけでもないので、そのお盆を受け取ったカウンターの端で立ち食いしてる人もいたりして。
信号も標札もなければ、交通整理する人もいない、みたいな(^^

横浜家系ラーメン港家(末広町)食券

食券には
固/普/柔
濃/普/薄
多/普/少
って書かれてるので、麺のカタさや味の濃さ、脂の量なんかを調節できると思いますが、こっちから言わないと、お店のほうからは聞いてこないようです。
聞かれなかったし言わなかったので全部普通で。

卓上には、醤油ダレ、ニンニク、辛いの(豆板醤?)なんかが置いてありました。

横浜家系ラーメン港家(末広町)塩並ラーメン

塩ラーメン  並 (680円)

家系といえば豚骨醤油って感じしますけど、なぜか「塩ラーメン」を注文しちゃいました。
家系で塩って珍しくないですか!?!?そんなことないのかな。
って、まあ一緒にいた人が醤油だったからっていうのもあるですが。(^^

横浜家系ラーメン港家(末広町)トッピング

チャーシューとホウレン草と、うずらの卵が一個、海苔が3枚だったかな。

横浜家系ラーメン港家(末広町)スープ

スープは、家系独特の少しトロっとした感じで、感触は家系。塩ですけど(^^
醤油も味見してみましたけど、塩のほうが味が薄めというか、コッテリ度合いは低めになりますかね。
なんとなく昔よく食べていた、豆乳を使ったラーメンを出す『満天らーめん』(水天宮前)のスープを思い出しました。
どことなくざらりとした舌ざわりがあって、ちょっと面白かったですね。

横浜家系ラーメン港家(末広町)麺

麺はブヨンとした感じのやや太めな麺です。
長多屋製麺所と書かれた麺の箱がありました。

チャーシューはまあお金出して増量したいとは思わないかな。
うずらの卵が入ってたのがちょっとうれしかったですね。

まだオープンしたてですから、今後に期待ですね。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします。
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもいっぱい見れて便利っす!

--------------------

横浜家系ラーメン 港家 (ラーメン / 末広町、湯島、秋葉原)
住所: 東京都千代田区外神田6-14-13
電話: 非公開
定休日: 今のところ無休の模様
営業時間: 今のところ24時間営業の模様