東京都足立区、東武伊勢崎線の五反野駅の『カラツケ グレ』というお店です。

カラツケグレ(五反野)

大森に移転した『麺絆 大勝彦』があった場所に新しくできたお店です。
2010/11/13 オープン。
店名に「カラツケ」と入っているとおり、辛いつけ麺のお店です。
以前神楽坂にあった『つけ麺だいご』の方が作られたお店だとか。

グレ(五反野)

あのつけ麺の超有名店、六厘舎の代表から花が届いていました。
何かつながりがあるんですかね。

カラツケグレ(五反野)メニュー

店内に入ると左に券売機がありました。
が、この日は券売機が調子悪かったようで、後払いでした。
メニューの名前がちょっと馴染みがない感じですよね(^^

カラツケグレ(五反野)メニューの説明

基本メニューは「カラツケ」。
いわゆる「辛つけ麺」的なメニュー。
「ハングレ」は豚キムチ入りの激辛。
タンカラツケは野菜炒め入りの中辛。
ブタカラツケは豚肉のにんにく炒め入りの大辛。
全部辛いやつです。

タンカラツケを注文してみました。
お店の外に、味玉かライスの無料券があったので、使わせていただきました〜(^^

タンカラツケ

タンカラツケ(820円)+味玉(無料サービス券使用)

カラツケグレ(五反野)つけダレ


つけダレは韓国料理みたいな器で登場です。

浅草開化楼の麺

麺はこんな感じ。
浅草開化楼のタピオカが入っている麺のようです。

麺はタピオカ入り?

辛旨!!!

これは辛くて刺激的な味ですね〜
野菜炒め入りなのですが、野菜のボリュームはそれほどないです。
一番辛い「ハングレ」というメニューだと「辛」マークが5つ。
僕が食べたこのメニューは「辛」マークが3つでしたが、ムセるほどではなく、美味しく食べれる旨辛です。

卓上にはお酢が置いてあります。
お酢を入れると、辛味が少しマイルドになりました。
少し入れただけで味の印象が変わりましたです。
入れすぎは危ないかも!
入れるときはちょっとずつがよさそうです。

帰りに「グレ」っていう店名の由来を伺ったところ、メニューが辛いから「味がグレてる」っていうことらしいです。
なるほど〜(^^

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←うまそう!と思われたらクリックをお願いします。
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもいっぱい見れて便利っす!
--------------------
辛つけ麺専門 カラツケ グレ つけ麺 / 五反野駅小菅駅
住所: 東京都足立区足立4-37-9
最寄駅: 東武伊勢崎線「五反野駅」
電話: 03-5681-4128
定休日: 火曜日
営業時間: 11:30 - 15:00/17:00 - 21:00

カラツケ グレ ( 五反野 / つけ麺 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ