東京都千代田区、都営新宿線の小川町駅にできた「神田つけ麺場処 大関」というお店です。
2011/11/1オープン。

神田つけ麺場処大関@小川町

小川町駅ですので、地下でつながっている千代田線の新御茶ノ水駅や丸の内線の淡路町駅も使えます。
場所は靖国通りの裏側に平行に走っている通り沿い。
ブロック違いですが、同じ通りのすぐ近くに「波(シー)」とか「526」などがあり激戦区。

券売機の写真@大関

店外に券売機があります。
メニューはつけ麺がメインで、茹であがりの重さで前頭300g/関脇450g/小結600g/大関750gが690円の同料金です。
安いですね!

大関のメニュー大関のメニュー

料金違いで900gの横綱というのもあります。
麺が多くなるだけじゃなくて、つけダレもダブルに、トッピング類も増えるみたいですよ。
自称少食のワタクシは前頭で。

大関の酒大関の酒メニュー

その他、ラーメンや餃子などもあり、お酒も少しあります。

大関のこだわり

お店のこだわりの説明。
麺は由緒ある製麺所と共同で開発したようで。

小川町つけ麺大関の説明

いろいろ気合いも入っているそうです。
がぶり寄りの琴奨菊の大関昇格なんてニュースでちょっと賑わった相撲界ですが、このお店がお相撲さん御用達かどうかはわかりませんw
元お相撲さんがちゃんこ鍋屋さんやってたりすることありますけど、このお店は大相撲が好きな方がはじめたってことみたいですね。
もうまったく関係ないですが、僕の中で印象に残っている大関は北天佑、朝潮、霧島ですw。

つけ麺前頭@小川町大関

つけ麺 前頭 690円

大関の麺

茹であがりで300gなので、ちょい控えめな量ですかね。
たくさん食べたい人は750gまで同料金ですので大丈夫。

懸賞@大関

トッピングは別皿で提供。
海苔、魚粉、メンマ、ネギ、果物の皮みたいの。

神田つけ麺場処大関@小川町のつけだれ

つけダレは結構変わった感じ。
赤茶色で表面に油の層があります。

麺の写真@小川町新店大関

麺はコシの強い太麺タイプ。
茹で時間が9分くらいかかると書いてありました。
豚骨魚介系のつけダレがなかなかアツアツで美味しいです。
魚粉が別皿で出てくるので、味変を自分のペースで試せます。
卓上には辛いやつとニンニクもありました。

満腹満足〜にさせてくれるお店ですね!(^^

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします!
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!
--------------------
住所 東京都千代田区神田錦町1-14
最寄駅 都営新宿線小川町駅」、丸ノ内線淡路町駅」、千代田線新御茶ノ水駅
電話番号 03-3291-5788
定休日 なし
営業時間 [平日]11:00〜23:00 [土日祝日]11:00〜スープ切れまで