東京都新宿区、中央線・丸ノ内線・南北線の四ッ谷駅にある「支那そば屋 こうや」というお店に行きました。

こうや暖簾

最寄りは四ッ谷駅だと思いますが、僕は都営新宿線の曙橋から歩きました。

支那そば屋こうや@四ッ谷の暖簾

「こうや系」というジャンルがあるとすれば、その源流というか、そういうお店です。
飯田橋にある「こうや出身」という『發呂』を食べて、こりゃやっぱ「こうや」を食べてみないとなと思いまして。
1983年の創業だそうです。
ちなみにもともとは屋台から始まったそうで、屋台は1964年(昭和39年)くらいの創業ということだそうですから、かなり歴史のあるお店なのです。

支那そば屋こうや@四ッ谷

場所は新宿通りの一本裏の通り。
四ッ谷内で一度移転してまして、今の場所は2011年8月からです。
店内は想像以上に広くて、カウンターが数席とテーブルがたくさん。
たぶんキャパは40人かそれよりもっとあるんじゃないかと。

こうやの麺メニュー

こうやの飲み物等のメニュー

こうや@四ッ谷のつまみメニュー

メニューは麺のほかに、単品料理も豊富で、呑める感じです。
カウンターは麺食目当ての一人客がほとんど、テーブルは呑み客がほとんどでした。

四ッ谷こうや

ビール頼んだらお通しみたいの出てきた。

雲呑麺@四ッ谷こうや

雲呑麺 900円

これこれ。
これが「こうや系」のビジュアルよね。
薄い色のスープに、万能ネギみたいな緑色のネギがたっぷり。

四ッ谷こうやのワンタン

「こうや」といえばワンタン、っていうイメージがあるので、雲呑麺で。
發呂」ではワンタンの餡がペッタンコだったけど、「こうや」はコロっとした感じ。

こうやのチャーシュー

チャーシューは小さ目のが2枚。

こうやのスープ

動物出汁がしっかり!

こりゃ見た目は似てるけど明らかに味は違うですね。「發呂掘廚箸錙
美味しいわー
この「こうや味」のラーメンは、塩ってことなんでしょか?
なんとなく醤油っぽさもある気がするんだけど。
ぽってりした舌触り(うーん言い表せんw)というか、なめらかな感じのスープ。
「發呂掘廚離后璽廚老稠だったけど、「こうや」はヤケド注意警報は出ない適度なアツアツ。

こうやの麺

麺は細めの。
白っぽい色の麺です。

こうや@四ッ谷のワンタン

ワンタンは肉がビッチリ入った食べ応えのあるもの。
これをつまみにお酒を飲んだらさぞかし美味しいだろうな。
昔よく行っていた御茶ノ水の「こうや麺房」では、麺目当てじゃなく皿ワンタン目当てで行ってよく呑んだりしてたもんなあ。

美味しかった。
また行きたい。
てかもっと早く行けばよかった。

お店は広いんだけど、それを補える十分な数の店員さんがいるので、いろいろサクサクです。

ちなみに総裁というか創業者のご主人はお髭が特徴的らしいけど、この日は見当たらなかった気がする(^^;

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします!
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!
--------------------
支那そば屋 こうやラーメン / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅
住所 東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル 1F
最寄駅 四ッ谷駅(中央線・丸ノ内線南北線
TEL 03-3351-1756
定休日 日曜・祝日
営業時間 11:30〜22:30

支那そば屋 こうや ( 四ツ谷 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ