東京都千代田区、飯田橋駅にある「餃子の店 おけ以(おけい)」に行きました。

餃子の店おけ以@飯田橋

飯田橋大勝軒」や「青葉」の隣にあります。

飯田橋おけい

1954年(昭和29年)創業という古いお店です。長いですねえ。
1954年ていうと、「ゴジラ」や「七人の侍」が公開されたり、ジャッキー・チェン、ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、小日向文世、石田純一なんかが生まれた年だそうです。

20時ごろの到着で店内ほほぼ満席でしたが、ギリギリ入れました。
店名に「餃子の店」と入っているとおり、メニューの最初に餃子が書いてあって、それ以外に麺やご飯、炒めものなど、中華っぽい料理がたくさん。
一人客もいたけど、それより複数人で来ている人が多かったね。
餃子で一杯やりながらご飯を軽く食べて帰る、みたいな客も多そう。

湯麺@おけい

湯麺 660円

おけい@飯田橋

タンメン@飯田橋おけい

モヤシや白菜などのたっぷりの野菜と豚肉が入ってる。

スープ@おけい

スープはすっきりした味だけど、旨味があるというかね。
タンメンといわれてイメージするのに近い味です。
いいですねえ。
炒めたシャキシャキ野菜がモクモク煙るイメージのタンメンもあるけど、このタンメンの野菜は茹で野菜に近い感じがしたかな。

麺@おけい

麺は太めの。
この麺が美味しい。
クニュっとした食感が特徴的な麺です。

飯田橋おけいの餃子

餃子 570円

餃子の店というだけあって厨房で餃子を包んでいるところも見えましたが、パリパリとした羽がついてきれいな餃子です。
餃子は食べようとしたら隣の餃子とくっついて皮が破れちゃって肉汁流出事件が起こったりすると一気に興醒めなんだけど、ここの餃子はお箸を入れると皮が破れずにサックリと取れてすばらしく、パリパリの羽と一緒に食べると実に旨い。
控えめの餡の量は、おつまみにちょうどいいです。

餃子はちょっと時間かかるといわれたけど思ったよりすぐ出てきたし、タンメンより後になってもいいかちゃんと確認されたし、混んでるけど客が出たらすぐに片づけて待ってるお客さん入れてるし、ホールのおばちゃんたちはテキパキしててすごいなと。
厨房も4人態勢でフル稼働している感じだった。

なるほど人気が持続するワケもわかるなあと思いました!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします!
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!
--------------------
住所 東京都千代田区富士見2-12-16
最寄駅 中央総武線有楽町線南北線東西線大江戸線飯田橋駅
電話番号 03-3261-3930
定休日 日曜祝日・第3土曜日
営業時間 11:30〜13:50(L.O.)/17:00〜20:50(L.O.)
★★★☆☆3.5