神奈川県横浜市、新横浜駅の「新横浜ラーメン博物館」にできた谷口食堂というお店に行きました。

谷口食堂(須崎名物「鍋焼きラーメン」プロジェクトX)

ラーメン博物館に期間限定オープン。
事情はわかりませんが2013年4月7日まで、2か月ちょいの営業予定だそうです。

新横浜ラーメン博物館

いい雰囲気なのよねえ。
ラーメンがなくなる日 新横浜ラーメン博物館館長が語る「ラーメンの未来」』という本がありまして、それを最近読んだのですが、この本を読んだことで、なんとなく前にラ博に来たときよりもこの雰囲気をもっと楽しめる感じがしました(^^

高知須崎鍋焼きラーメン谷口食堂

で、谷口食堂ですが、こちらは高知県の須崎というところで食べられている「鍋焼きラーメン」というご当地ラーメンのお店だそうです。
「鍋焼きうどん」はある程度市民権を獲得していると思いますが、「鍋焼きラーメン」とは珍しいですねえ。

谷口食堂のメニュー

鍋焼きラーメンは、ご飯とセットにするのが定番らしいです。
入口にいる方に聞いたら、本場ではご飯がないと帰ってしまう客がいるほどだそうです。
そういわれたら食べないワケにいかないと思って、「ひとくちごはん」も(^^

古漬けがついてくる

古漬けをつけるのも特徴なんだって。
面白いなあ。

鍋焼きラーメン+ひとくちご飯

鍋焼きラーメン 750円 + ひとくちごはん 50円

すんごいのキタ!!!

鍋焼きラーメン

鍋の蓋の持つ部分に、ちょうど小さいお茶碗がカポっとハマってます(^^
鍋と蓋の間からグツグツと吹き出る泡を見ると、中がまだ沸騰しているのがわかります。
そして蓋を開けると・・・

谷口食堂の鍋焼きラーメン

こんな感じ!

高知県須崎市地ラーメン鍋焼きラーメン

生たまごが入ってます。
・最初に割っちゃって黄身を絡めて食べる
・沈めておいて後半に少し固まってきたところを食べる
・黄身を丁寧に鍋の蓋に移してすき焼きのように麺をつけて食べる
など、お好みで食べるそうです。

谷口食堂のスープ

まったり甘旨!

見た目はとてもきれいなスープ。
なんともいえない甘味があって美味しいです。
徳島ラーメンもちょっと甘めで生玉子を入れたりの特徴だったかなと思いまして、なんとなくそれに通じるところがある感じ。
しかも、鍋焼きということで、超のつくアツアツです。

鍋焼きラーメン@新横浜ラーメン博物館谷口食堂

なんていうか、すごく和食っぽい味だと思います(^^
うん。ラーメンというより和食を食べている感覚。
すごくホッとする味でもあるなあ。
この味をおかずにご飯を食べれそうな感じ。
「ひとくちごはん」は丼の中に入れてしまいましたが、この鍋焼きラーメンのスープとご飯の組み合わせは本当にいいなと思いました。
美味しかった。

なるほど〜鍋焼きラーメンですか〜
この谷口食堂は実は30年以上前の昭和55年に閉店しているそうですが、高知県須崎市には谷口食堂の味を目指して鍋焼きラーメンを出すお店が徐々に増えて現在は30軒以上鍋焼きラーメンを出すお店があるそうです。
ご当地ラーメンというか、地ラーメンというか、一部の地域で当たり前のように食べられているこういう珍しいラーメンがあるのは面白いですねえ。
新横浜ラーメン博物館、すごいな。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします!
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!
--------------------
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
最寄駅 JR横浜線・東海道新幹線・横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」
電話番号 非公開
定休日 無休(ラーメン博物館の休館日)
営業時間 [平日]11:00〜22:15(L.O.21:45) [土日祝]10:30〜22:15(L.O.21:45)※変動あり
ラーメン博物館通販 http://www.rakuten.ne.jp/gold/raumen/
ラーメン博物館公式サイト http://www.raumen.co.jp/home/