東京都千代田区、秋葉原駅にある「らーめん紬麦」(つむぎ)に行きました。

秋葉原紬麦

行ってみたかったお店のひとつです。
2010年にオープンし、業界最高権威の認定で新人賞の上位にランクインするなど、注目を集めていたお店なのです。

らーめん紬麦の看板

一応こんな看板は出てるけど。

秋葉原紬麦の建物

場所がハイパーわかりにくい!

雑居ビルみたいな建物の中に入ると・・・

紬麦の入口

地下におりる階段があって。

紬麦の場所

それを降りていくと、飲食店が数店舗入ってるところがあるのよ。
で、その一番奥に「紬麦」があります。

紬麦@秋葉原メニュー

店外に券売機があります。
土曜日の13時半くらいでちょうど満席くらい。
場所は全然わかりにくいのに、知ってる人でちゃんと賑わってるんですね。
6月末までということで、萌え系?オンラインゲームのコラボメニュー「モモイロビリオネア 節約謙虚なアラカルト缶詰らーめん」なる、秋葉ならではな感じの限定メニューがあったりしたけど、僕は普通ので。

らーめん紬麦のこだわり

ここは無化調ってのもあるんだけど、さぬきうどん用の小麦粉(さぬきの夢)を使ってるってことで、ちょっと気になってたのよね。

紬麦@秋葉原の塩

塩ラーメン 750円 + だし味玉子 100円

紬麦の炙りチャーシュー

大きい炙りチャーシューはインパクトがあります。
あとはメンマとか白髪ねぎ、ほうれん草などが入ってます。

秋葉原の紬麦

ちょっとうどんみたいな見た目の麺ね。

紬麦@岩本町の塩スープ

じんわりおいしい!

しっかり動物系も感じるけど、そこに魚介の香りが上品に。
いいですねえ。
油は少なめで優しい感じがします。
無化調らしい。

さぬきの夢を使った麺

麺は表面がスベスベっとした感じ。
コシも強くて食べ応えがあります。
麺がちょい長い気がしたかな。
いつもの感覚で麺をすするとね、全部口におさまらなかったのよね(^^
でも、比較的太めのあの麺でも物足りなくならないしっかりした味がスープにあって美味しかったです。
「さぬきの夢」だからどうこうというのは素人には正直わかりませんが、麺はうどんに近い感じがしました。
ラーメンと饂飩が融合したみたいなラーメンね。

インパクトのある炙りチャーシューはなかなかの食べ応え。
僕はラーメンに入れるチャーシューはどちらかというと炙らない方が好きなんですが、ここの炙りチャーシューは美味しかったです。
味玉もしっとり半熟でよかった。

他のメニューも食べてみたいな。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど!と思われたらクリックをお願いします!
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!
--------------------
住所 東京都千代田区神田平河町1番地 第三東ビル地下1F
最寄駅 日比谷線中央総武線京浜東北線山手線秋葉原駅」、都営新宿線「岩本町駅」
営業時間 [平日]11:30〜14:15/18:00〜20:00[土曜日]11:30〜16:00
定休日 日曜祝日、第2・第4土曜日