東京都新宿区、飯田橋駅にある「神楽坂飯店」です。

神楽坂飯店@飯田橋

外堀通り沿い、神楽坂の坂の入口のすぐ近くです。

ジャンボ餃子とジャンボラーメン

一升炒飯と餃子100個

こちら、ジャンボ餃子とか1升炒飯とかの、ユニークというか巨大なチャレンジメニューで知られるお店です。
メニューサンプルの大きさもすごいです。
「一升炒飯」「ジャンボ餃子」「餃子100個」「ジャンボラーメン」
1階に入ると壁いっぱいのサイン色紙に驚きます。
サイン色紙って読めないのが多いけど、判別できたのは「おぎやはぎ」「バナナマン」「アンタッチャブル」「安住 紳一郎」「高島政伸」などなど。
ギャル曽根さんや、三宅智子さんみたいなフードファイター的な人もいろいろ来てるようです。

一升炒飯ジャンボ餃子神楽坂飯店

きっとデカ盛りメニューで番組が組まれたりとかあるんでしょうね。
ギャル曽根さんは制限時間60分の一升炒飯を13分で平らげたそうですよ。すごいな。

スープ無し坦々麺@神楽坂飯店

スープ無し坦々麺 730円

そんなこんなで、「へえ、そんなに大きいメニューがあるのね」と一通り感心したところで、普通の量のやつが到着。
平日のランチだし。
っていうか僕にはムリです、チャレンジメニューはw。

スープ無しだけど少しスープあり

スープなしだが、スープは少し入っています。

飯田橋駅近く神楽坂飯店

麺と挽肉の間に辛いモヤシが入ってる。辛さひかえめ。
モヤシは冷たくて、麺はぬるくてね。
これは温かいメニューなの?冷たいメニューなの?
「その中間の絶妙な温度加減でこだわってます」ってことではないよねえ、絶対。
正直味はともかく温度の問題であんまり美味しいと思えなかったんだけど、年配の方がやってる店が、チャレンジメニューというのを出して話題を作ってるってのがなかなか面白いなと。
仲間と夜行ったら盛り上がりそうだ。
ジャンボ餃子は予約がいるみたい。

オペレーションも悪くないし、お店の人の感じもいいし、メニューはいろいろあるし、値段も高くないので、近くで働いてる人には日常使いによさそう。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
--------------------
住所 東京都新宿区神楽坂1-14
最寄駅 有楽町線南北線中央総武線大江戸線東西線飯田橋駅
電話番号 03-3260-1402
定休日 日曜日
営業時間 [月〜金]11:00 - 23:00[土・祝]11:00 - 22:00
Twitter https://twitter.com/kagura_hanten