神奈川県横浜市、横浜駅にある「吉村家」です。

家系総本山吉村家の行列

横浜駅から西に少し歩いたところ。
こちら、創業した場所から一度移転していますが、1974年創業の老舗ラーメン屋さん。
「横浜家系ラーメン」の元祖といわれております。

吉村家入口

横浜家系ラーメンの店はたくさんありますが、いろいろ辿っていくと最終的にこの吉村家がルーツということだそうですから。
そんな吉村家、一度は食べてみたいと思っていたのでありました。
僕にしてはかなりかなり珍しく頑張って11時の開店時間に到着してみたのですが、最初のお客さんが席に着いたあとでも30人以上並んでました。
40人いたかも。甘かった!(^^;
遠征してオープン時間にラーメン屋さんに行くのも、こんなものすごい行列に並ぶのも、何気に初めてじゃないかしら。。

営業時間など

食券は先に買ってから並ぶルールだそうで。
そのへん知ってるお客さんが大半なことにもビックリしました。すごいな。
いったん行列を離脱して食券を買いに店内へ(^^;

吉村家の券売機の写真

デフォルトのラーメンが670円。
トッピングは券売機にあるやつもあるけど、現金で注文できるのもあるみたいで、まあデフォルトで食べるつもりなんだけど、野菜もちょっと食べたいかもなとか、トッピングにも多少興味があるものの、注文の仕組みがよくわからないまま後ろに人も並んじゃったしと、券売機の前でこっそりオロオロしつつw、結局ラーメンの食券だけ買って店の外に戻り、再度最後尾に接続。

トッピング

列に戻ってから、この一覧を見ながら、途中で味玉の食券も買ってみた。
外待ち用の椅子が20人分くらいはありました。
入口が近づいてくると、入口担当の店員さんが食券を見に来たり、何人組か聞いたりというプロセスがあって、その後5人とか7人とか、「ここからここまでのお客さんどうぞ」みたいな感じで一気に複数名が席に案内される。
回転は早くて、あんなに並んでたのに30分くらいで入れたです。

卓上セット1

卓上セット2

胡椒、刻み生姜、ニンニク、ゴマ、ニンニクチップ、辣油、お酢、青唐辛子、豆板醤みたいの、と味変アイテムがかなり豊富。
水はセルフサービス。

家系総本山吉村家のラーメン

ラーメン 670円+味玉 50円

味玉

スープは乳化気味。
味玉50円は安いですねえ。

吉村家のスープ

なるほど、吉村家の味か〜!(^^

今や、家系のラーメンは横浜、神奈川だけでなく、東京にも溢れるくらいたくさんあるわけですが、そのルーツがこの吉村家かと思うと、なかなか感慨深いなあ。
あっさりしているワケではないし、きちんとショッパいですが、ギトギトベタベタはしていない。
そんなに油っこくない豚骨醤油のラーメン。
全部ノーマルで頼んだので、なるほど、ここから油多めとか、味薄めとかの好みを伝えることで、かなり広い好みに対応できるんだなあ。
客層は男性、若者も多かったけど、子供連れの人や、カップル、年配の人も結構いて、それぞれ好みの味にして楽しめてるんでしょうね。

刻み生姜

豊富な卓上アイテムも飽きさせないことでしょう。
刻み生姜がかなり気に入っちゃった。
途中で少しだけ入れると、すごくサッパリするんだけど、「おろし」タイプじゃないから完全に味変になっちゃわないのが、むしろいいなと思いました。

麺

麺は短め。
チャーシューはちょっと珍しくて燻製香がするんですね。
あれはかなり美味しかったな。

食べれてよかった。
美味しかったです。
一気に客を入れ替えるシステムは、複数人でも一緒に座れる安心感はあるものの、食べるのが遅い人にはプレッシャーになることもありそうですが、10人以上はいたのではないかと思われる店員さんの徹底した役割分担っぷりがすごくて、なるほど行列店を維持し続ける研究されたオペレーションとはこういうものかと感心しちゃいました。
僕みたいに一見で食べに来てる客じゃなく、リピーターで混んでるらしいところに、横浜の名前を冠したラーメンの総本山としての底力というか、人気っぷりを感じたのでした。

こうなると六角家も食べてみたいな。

--------------------
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-12-6
最寄駅 相鉄線「平沼橋駅」、東横線・みなとみらい線・各線「横浜駅」
電話番号 045-322-9988
定休日 無休
営業時間 11:00〜24:30
公式サイト http://ieke1.com/
★★★★4.0