東京都杉並区、京王線桜上水駅にできた「よつ葉」です。

よつ葉外観

2016/5/24オープン。
料理もお酒も美味しい「さかなの寄り処てとら」の向かい、「萬馬軒」跡地です。
「萬馬軒」は新宿三丁目に移転しました)
入口の上の白い部分、萬馬軒の文字の跡がうっすら残ってますね(^^
こちらの「よつ葉」は、千歳船橋にあるお店の2号店だそうです。
カウンター7席くらいかなあ。
2人掛けテーブルに、奥には4人掛けテーブルがあるっぽかったです。
いつオープンかなあと思って、たまに前を通ってみると、お店の人がノコギリで木をギコギコ切ってたりしてたので、結構内装も自分でやられたのかもしれませんね。

よつ葉メニュー

メニューは
・超級!担々麺 700円(辛いのが苦手な人も最後まで飲み下せる超級バランス)
・汁なし担々麺 800円(本店スタッフ一押し!スパイスを一番感じる麺です)
・つけ担々麺 900円(麺は1.5倍。ボリューム一番。しめの割りスープとライスでおじやになります)
・鶏そば 800円(エスニック正油ベース。お子様にも大人気!安心する一杯です)
と、サイドメニュー。
「パク盛り」って何?もしやパクチー??注文時に全然気づかず。
会計後払い。

超級!担担麺

超級!担々麺 700円

なるほど!
もしかしてそうだったっけかな〜と思ってはいたのですが、これは「おくど系」担担麺ですね。

挽肉たっぷり

スープの水面から麺が顔を出して、その上に挽肉が盛り付けられているデス。

おくどスタイル

胡麻とか、いろいろ。

スープ

ほのかな酸味と辛味、複雑なスパイスの香り。ピリ辛。
普通の担担麺とは違う味です。
「おくど系」って勝手に言ってますけど、新宿御苑前にある「Okudo東京」や「おくど」で出している担々麺と、ほぼ同じ印象の味と見た目です。
「ほぼ」っていうのはスープの量がちょっと少ないところが、少し違うかも、と。
もうちょっと少なかったらもはや「汁なし」といっても違和感ないくらい。
この日がたまたまそうだったのかな。
Okudo東京」や「おくど」はもっとスープが多かったと思います。
でも、この担々麺の味は他にないというか、結構珍しくて好きです。
食べてみないとわからない味なので、最初はビックリするというか、そういうことがあるかもしれないですけど、ヤミツキ要素のある担担麺です。

麺

麺は結構しっかりした感じのもの。
麺をすすったときに抜ける香りがいいんですよね〜
あの感じは普通の担担麺にまったくないんだよな〜
最後にご飯を入れて食べるのも美味しいでしょうねえ。

美味しかったです。
パクチーがあるなら入れてみたかったな〜。

R1025299


--------------------
住所 東京都杉並区下高井戸1-21-15
定休日 月曜日
営業時間 18:00〜25:30LO
★★★☆☆3.5