東京都大田区、京浜東北線の大森駅にある「中華料理 喜楽」です。

喜楽@大森

大森は親戚が住んでて子供の頃に来たことがあったけど、それ以来だなあ。
電車で来たのか車で来たのか、それすらも覚えていないけど。
でも車だった気がするな。
大森駅と大森海岸駅以外に、大森町駅っていうのも近くにあるんですねえ。
このへんはワタクシ弱いゾーンです(^^;

駅からすぐの大森喜楽

お店の場所は大森駅改札から東口に出て、線路に沿って南の方というか蒲田側に少し歩いたところ。
隣は牛丼の吉野家。わかりやすい場所です。

大森喜楽の店の前

この日はなべさんマカイさん、それにスペシャルゲストのステキなご夫婦と〜(^^

大森ラーメン喜楽看板

こちらの喜楽、もう創業して60年以上という老舗のお店。
渋谷に喜楽という昔からやっているラーメン屋さんがありますが、ここ大森喜楽のおばちゃんに聞いた話によると、こちらの創業者の人と、渋谷の喜楽の創業者は、台湾から一緒に日本に来たとかそういう間柄だそうです。
人気があるようで、出たり入ったりどのテーブルにもお客さんがいる状態がだいたい続いていました。

入口の定食メニュー案内

渋谷の喜楽にも炒め物のメニューはいくつかあったけど、こちらの大森の喜楽の方がメニューは豊富。
定食メニューもあります。
渋谷は看板に「中華麺店 喜楽」と書かれていたけど、こちらは「中華料理 喜楽」ということで、ルーツで繋がりがあっても、コンセプトは少し違うんですね。

大森喜楽メインメニュー

麺系のメニューも結構豊富。
ラーメン 600円
ワンタンメン 700円
玉子ラーメン 700円
チャーシューメン 800円
チャーシューワンタンメン 900円
五目麺 800円
タンメン 750円
もやしそば 750円
上海焼きそば 650円
五目あんかけ焼きそば 850円
とあって、ご飯ものは
チャーハン 650円
麻婆丼 750円
中華丼 800円
天津丼 800円
さらに一品料理は
レバニラいため 650円
肉野菜炒め 680円
チャーシュー(おつまみ) 600円
シューマイ 450円
餃子6個入 380円
腸詰 500円
お新香 300円
などなど。

大森喜楽一品料理メニュー

その他の一品料理として、
とまと 350円
モロキュー 350円
とり肉正油煮 350円
春巻 450円
豚肉玉葱の唐辛子炒め 680円
レバ野菜のいため 680円
レバと玉葱の唐辛子いため 680円
麻婆ナス 680円
カニ玉 甘酢 680円
マーボ春雨 680円
豚とホーレン草の炒め 650円
ピータン 400円
などなど。

大森喜楽定食メニュー

定食もあって、実際一人でご飯を食べに来ているお客さんも結構いました。
肉野菜炒め定食 830円
厚揚と豚肉の中華みそ煮定食 830円
麻婆豆腐定食 750円
ご飯大盛 50円
料理のみ150円引き。

レバニラ炒め

レバニラいため 650円

レバニラ

細めのモヤシとニラ、レバーの炒め物。
シャキシャキで超美味しい。
白いご飯が欲しくなるです。

麻婆ナス

麻婆ナス 680円

ナスがたっぷり。
麻婆の味もいい。実に美味。
コッテリしてなくてこれはいいなあ。

大森喜楽の焼きそば

上海焼きそば 650円

上海焼きそば

もちっとした麺が美味しい塩焼きそば。
これもよかった。美味しかったな〜。

もやしそば@大森喜楽

もやしそば 750円

大森喜楽もやしそば

渋谷喜楽のもやし麺は炒めた野菜がのるみたいだけど、大森喜楽のもやしそばは、餡かけスタイルなんですね。
たっぷりの野菜の餡がのっていて美味しい。

大森喜楽ラーメン

ラーメン 600円

基本メニューのラーメンは、渋谷の喜楽に似ているですね。
モヤシ、チャーシュー、玉子、そして揚げネギ。
揚げネギの甘みの滲み出たスープと、ムッチリした麺が絶妙な一杯。

料理はどれも美味しかったです。
写真は取らなかったけど炒飯もすごく美味しかった。
実際炒飯は一番出てるかもってくらいの人気メニューだそうで、雑誌の表紙を飾ったこともあるんだって〜。

その後ネットで調べてみると、台湾から来た二人が昭和時代に大森にあった喜楽大飯店というお店で修行をし、それぞれ独立して「喜楽」を開業したということらしく、店ができたのは渋谷よりも大森の方が先のようです。
ラーメンに揚げネギを入れた最初の店が渋谷喜楽といわれているらしいということを以前渋谷喜楽で書いたのですが、それよりも前に大森喜楽、もしくは今はもうない修行元の喜楽大飯店では出されていたかもしれないですね。

帰り際にホクホク顔の僕たちに、店のおばちゃんが話しかけてきてくれました。
もうお店は60年以上続いていること。
おばちゃんの感謝の気持ちを忘れないようにしている話。
長くやってるから親子二代で来てくれているお客さんもいてねなんて話。
他の店のラーメンはもう食べられない歳になったけど十何年ぶりかにここのラーメンを食べたら美味しく食べられたと言ってもらえてうれしかったなんて話。
心温まるいろいろなエピソードを聞かせていただけたのと同時に、後継者もいないので、あと何年やれるか、みたいなことも言っておられました。

それでもおばちゃんは終始明るく笑顔で、僕たちに元気をくれた感じがしたです。

中華料理喜楽@大森外観

人間味があって長年地元に愛されている町中華。
そんなスタイルのお店が、実は東京のラーメンの歴史の一部だったりする。
そして、時間がない。

--------------------
住所 東京都大田区大森北1-7-4
最寄駅 京浜東北線「大森駅」
電話番号 03-3761-9659
定休日 日曜
営業時間 [平日]11:45〜14:00 / 17:00〜24:00 [土・祝]11:45〜14:00 / 17:00〜22:00