東京都新宿区、西武新宿駅にある「心斎橋 味仙」(あじせん)です。

大阪ミナミの名店

場所は以前「モモンガ」があったところ。
一度「レインボウスパイスダイナー」というカレー屋(ここのカレーはすごく美味しかった)になりましたが、またラーメン屋さんになりました。
かつては「」があったですよね、ここに。
一瞬「わさび」なんて店だったこともあったっけ。
結構入れ替わりのあるテナントです。

本場台湾拉麺の店

本場台湾拉麺の店ということです。

心斎橋味仙歌舞伎町店開店

だいぶ前から夜のみ営業していましたが、あれは試運転で、グランドオープンしたってこのなのかな。
2018/10/11 がグランドオープン日ということで、花が届いてたです。

担仔麺味仙

担仔麺(タンツーメン)というのも看板メニューなんですかね。

創業1981年

大阪ミナミにあった人気店が閉店して、場所を変えて再開したっていうことのようです。
創業は1981年とのこと。
へえ、35年以上前に始まったお店なんですね。

味仙メニュー写真

店内に入ると右に券売機。
台湾麺 750円
担仔麺 750円
炸醤麺 850円
四川麺 950円
葱油伴麺 850円
トッピングは
セロリ 50円
味玉 100円
すりごま 100円
ミンチ肉追加 250円
チャーシュー 250円

20181011ReOpen

入口の前で店員さんがチラシを配っていました。

大阪心斎橋で四半世紀

大阪心斎橋で四半世紀続いた台湾ラーメンの老舗ということ。

オープン記念サービス

このチラシを持っていると、味玉かセロリかチャーシューがサービスということで、この日は実質全員サービス。
ラーメンのトッピングとしては珍しいセロリを選択しました。

卓上セット

卓上にはラー油など。

味仙担仔麺

担仔麺(タンツーメン) 750円

750円は期間限定価格の模様。

西武新宿味仙

店名の入った丼。

担仔麺@味仙

向きが斜めだったので少し回転(^^

透き通ったスープ

このメニューは台湾ラーメンより少し辛いメニューということだったので、普通に赤いラーメンが出てくると思っていたら、キレイに透き通ったスープでした。

台湾ミンチとピリ辛ミンチ

台湾ミンチとピリ辛ミンチが両方入っているということです。

スープ

スープは予想外にスッキリ。
この店でいう台湾ミンチっていうのは辛くないみたいね。
台湾ラーメンって辛いラーメンっていうイメージがあるんだけど、ここの台湾ラーメンはほとんど辛くないみたいだし、名古屋と大阪でちょっと違うんですね。
公式サイトによると屋台や台湾料理店の味をアレンジしたというようなかたちで誕生したとか。
面白いな。
美味しいです。

ピリ辛スープ

ちなみに、ミンチをまぜると少し辛くなります。
とはいえ、ピリ辛程度で、優しい辛さと言えると思います。
もうちょっと辛くてもいいなと思って、卓上にあったラー油を追加したりしてみました。
今度食べるならもう一段階辛いメニューにしてみたい。
炸醤麺てやつね。
四川麺ていう一番辛いやつに急に挑む勇気はないです(^^;

セロリ

セロリは別皿。

トッピングセロリ

セロリを投入。
これが予想以上に合う。
50円のトッピングなのでこれは無料じゃなくても頼んでもいいな。
レンゲは溝のある形状で、後半スープに残ったミンチとセロリを食べやすいです。

細い麺

麺は細いタイプ。
名古屋のご当地ラーメンみたいなかたちで認知されている台湾ラーメンとは別のルーツの台湾ラーメン。
期待以上に美味しかったです。

お店の前でお店の人が「台湾ラーメンのお店で〜す」みたいに宣伝していたけど、たぶん多くの人にとっては「それなに?」っていう感じかなと。

「ピリ辛ラーメン」とかの味で呼びかけたほうがお客さん入るんじゃないかな。
で、一度食べたらちゃんとリピーターになる人が出てくる美味しさだと思いました。

--------------------
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第3平沢ビル1F
電話番号 03-6228-0933
定休日 日・祝日
営業時間 11:30〜22:00
公式サイト https://shinsaibashiajisen.com/
公式Instagram https://www.instagram.com/taiwanramen_ajisen/
公式Twitter https://twitter.com/ShinsaibashiA
公式Facebook https://www.facebook.com/shinsaibashiajisen
★★★★4.0