今年も新宿の大久保公園で開催されている大つけ麺博。

DSC_2884

行こうかどうしようかと思ってたら、仲間からお誘いを受けたので、のっかっちゃいましたー。
今年から食べ比べサイズで提供しており、1杯500円とのこと。
去年も一昨年も、たしか一杯860円でした。

DSC_2856

どこにしようかと迷って選んだのはここ。
「大津家」というお店。
全然知らないお店だったけど、家系ラーメンのお店ということで。
並びゼロ。
ちなみに、ネームバリューだけでお客さんが集まりそうな六厘舎も並びゼロでした。
第1陣から第2陣にもう切り替わったので、大つけ麺博大津家の出店は終了しています。

DSC_2860

大つけ麺博の公式サイトの店舗紹介によると「私がラーメン好きになるキッカケとなった、横浜発祥のホンモノの味」ということなんだけど、「私」って誰かしら?(^^;
ブースに貼ってあったお店の情報によると、ここの店主さんは壱六家という家系のお店出身ということ。
壱六家の関連のお店は、「壱系」という家系の中のひとジャンルみたいな感じで店名に壱がつくという系譜があるようだけど、ここは壱がついていないです。

DSC_2859

食券を渡すときに有料トッピングの追加をするか聞かれます。
食べ比べサイズというのが実際食べてみたらどれくらいのボリュームなのかわかっておらず、もう一杯食べるかどうか迷っていたので、トッピングはやめておくことに。

DSC_2857

生姜、豆板醤、ニンニクなどは有料でした。
全部たくさん入れたいわけじゃないし、生姜をちょっと欲しいだけだったんだけど、入れ放題の料金を払って生姜ちょこっとだけ入れて終わるっていうのはなんかちょっとイヤだなと思って、こちらもやめておいたです。

DSC_2868

ラーメン 500円

DSC_2866

海苔が三枚も入るんですよ。
なかなかいいですねえ。
あと、ほうれん草とチャーシュー。

DSC_2871

チャーシューは燻製らしいです。
そいや、家系の総本山「吉村家」もたしかそんなチャーシューだったかな。

DSC_2870

ラーメンはなかなか美味しいっていうか、イベント映えしない感じはしてしまうけど、真面目なラーメンだと思う。
臭みのない豚骨醤油スープで、油のベタベタした感じもなく、これはかなり期待以上。
麺のゆで加減もいいし。
麺をすすっていると、自然とスープも一緒に味わいたくなるです。
ちゃんと作ってる感じがしたなあ。
少し燻製香のするチャーシューもよかった。

DSC_2872

ラーメンの麺の量が少ないので、海苔3枚は存在感があるっていうか非常に贅沢。
ちゃんとほうれん草も入って、見た目にも寂しさがなかったし、満足です。
逆にここにさらに有料トッピングをいろいろ追加したら、トッピングばっかりになってバランスが悪くなりそう、ってくらい一杯のバランスはよかったなと思いました。
生姜・ニンニク・豆板醤が有料だったのは残念だったけど、正直それ以外は満足。
美味しいラーメンだったです。

他のお店のラーメンは、ウニ、オマール海老、アンコウ、どぶ汁、カラスミ、煮干し、伊勢海老、肉玉、大粒背脂など「おっ?」となるキーワードが散りばめられていて、それと比べると大津家はキーワードが「横浜家系ラーメン」しかなく「食べてみたい!」と思わせる要素がまわりのお店に負けていた感がなくもなかったですが、食べてみれば大津家は奇をてらわずに作ったちゃんと美味しいラーメンだったなと思いました。

--------------------
会場 大久保公園(地図)
大つけ麺博公式サイト http://dai-tsukemen-haku.com/
大つけ麺博公式Twitter https://twitter.com/daitsukemenhaku
大つけ麺博公式Facebook https://www.facebook.com/tsukemenhaku
大つけ麺博公式Instagram https://www.instagram.com/daitsukemenhaku/
大つけ麺博公式ブログ http://ameblo.jp/dai-tukemen-haku/
大つけ麺博公式チャンネル https://www.youtube.com/user/bluesmobilemovie/featured
大つけ麺博公式通販サイト http://www.takumen.com/st/lp/tsukehaku/
大津家公式サイト http://ootsuya-631.co.jp/