都営新宿線の瑞江駅からすぐのところにある「光そば」です。

R1048033

もともとは本八幡にあったそうですね。

R1048032

駅からすぐなのですが、裏路地で人通りはあまり多くないところ。
人気は結構あるようで、外で待っている人がいるのはそれほど見ませんが、お客さんが全然入っていないところもほとんど見たことがないです。

光そば券売機写真

食券制です。
以前火曜限定でやってたタンメンも食べてみたかったんだけど、最近はやってないみたいね。
二郎インスパイア的メニュー「光二郎」の味噌バージョンが始まっています。
味噌バージョンは、「味噌でお願いします」と言いながら食券と現金30円をお店の人に渡す感じ。

R1048005

卓上には胡椒と塩。
ちょっといい感じのやつ。

R1048019

辛二郎 930円+味噌に変更30円

R1048010

細切れ状のチャーシューが結構どっさり。
普通の形状のチャーシューは入っていませんが、これだけで十分な肉量です。

R1048011

ニンニクもたっぷり。
生のニンニクに、たぶん紅生姜的なものが混ぜてあるんだと思います。
それがボコんとのってる上から、さらにフライドガーリックがのるという、なかなかの戦闘力。

R1048012

野菜の上からは、グルリとマー油がかかっています。
マー油かなあ。
たぶんそうだと思う。
かけ方にもこだわりとセンスを感じます。

R1048013

フライドガーリックもかかってますが、フライドオニオンも。

R1048015

辛二郎にしたので、赤い粉も。

R1048018

ということで、ただ野菜をたっぷり入れたということではなく、いろいろと要素の多いラーメンなのです。

R1048022

これがいい!

ここの光二郎シリーズは、ド派手な見た目ながらも比較的あっさりした味わい、というのがむしろ特徴的だと思っているのですが、そんな光二郎の醤油バージョン(デフォルト)夏限定の塩バージョンと比較すると、味噌が加わってコクが増していると思います。
北海道、仙台、越後、信州、愛知の特別な味噌をブレンドしているということ。
そこに辛味が加わって美味しい。
辛さはそれほどではないというか、味噌の優しさみたいなのもあってか口当たりの刺激などはまったくないと思いますが、徐々に効いてくる感じというか、後半の方が辛く感じました。

R1048025

ここの麺は美味しいっていうか、好き。
プリっとしてて、コシが強すぎず、口の中で踊ります。
麺量自体はそれほど多くはないと思います。
そうそう、細切れのチャーシューは、何気に鶏と豚が混ざっていたような。
肉もたっぷりで満足満足。

R1048029

お店の奥様?が「ありがとうございましたー」っていうと、店主さんが「ぇ〜〜い」だか「ぁ〜〜い」だかの挨拶なのかをかぶせるアレもなんか慣れてきたw

--------------------
住所 東京都江戸川区瑞江2-4-2
最寄駅 都営新宿線瑞江駅
定休日 不定休
営業時間 [平日]11:30〜14:00前頃 / 19:00〜22:00前頃(土日祝の夜は少し早く終了)
公式Twitter https://twitter.com/LcnkBy
★★★★4.0